So-net無料ブログ作成

第1078回 休憩 公平性は機械にこそあり(inスポーツ) [休憩]

 さてお馴染みの休憩回です。今回も真面目な所は少しな感じで気軽に行きます。まあ言いたい事は、人間での判断では確実な信頼は置けないというだけの話ですけど。 ついでに判定においてはスポーツ以外にも話しますが。

 さて時事に関しては、高校男子バレー部での体罰改め殺人未遂な暴力問題の話ですけども、学校側の隠蔽責任も認められるような形になって、本当に子供を見殺しにしようとするモラルの欠片もない教職員が増えているといった感じですかね。 まあ権力握ったり、学校の名声と子供の安全を天秤にかけて、学校の名声を取るような輩は教職員の風上にも置けないクズ共という感じになるだけですけどね。 それはクラス的ないじめ暴力問題にも言える話で、子供の安全と教育を二の次以下に考えるクズな学校権力者や教職員が多いとも言えるでしょうかね。
 今回の件では、コーチが度重なる体罰という名の脅して部員を従わせる為の暴力行為を日常的に振るっていたようで、それは部の監督も同じような状況で、子供を暴力等で脅して従わせるという行為が部活内でも学校内でも蔓延していたようで、そこはもう教育機関というよりも一種の暴力団組織の場所のような状況になっていた感じですかね。
 そしてその状況を校長なども黙認というか子供の健やかなる教育と安全よりも学校の名声の為に扱う道具のような感じで見ていたという状況になっていたようですから、学校の体質自体が問題の状況であるとも言えるのではないでしょうかね。
 だって今回の隠蔽暴力事件でも、死ぬかもしれない状況で子供を放置するコーチや監督の状況があった事も事実で、その問題に学校は匿名情報で気付かされたが、話を聞いたのはコーチや監督だけで被害生徒には一切聞かずに、加害者の言う事だけを信じて被害生徒は無視して状況を公に公表していた事や監督が責任を被害者家族になすりつけようとした行為は、完全なる組織ぐるみの隠蔽体質であり、子供を教育機関として預かっているという自覚が感じられない状況であると言えるでしょうね。
 まず最初に子供やその家族の方に事情を聞く行為が出来なかった学校側は、それだけで隠蔽体質と言われても反論できない状況であり、教育機関の形としても最低基準以下の状況ですね。
 やはりこういう状況でも子供の安全を守れる公平な目は必要なのではないでしょうかね?(本題とは別件です。) 建物やドローン等の形でAIを搭載させて、機械の形による公平的な安全や教育状況における見守りの第3者?の目を入れて、そういう問題状況が発生しないような形に努めて行く必要性がこれからの状況では必要なのかもしれませんね。
 ちなみにその機械の目の形から、きちんとしたセキュリティを設けて、学校に通う子供の保護者ならばいつでも部活に入っている子供の状況(ただし入っている場所のみ。他の子供の部活は見られないような仕組み。部活が同じなら別。)を確認できるような形を作るというのもありでしょうかね。 そして状況に応じて子供からの要望次第では、特定の親の閲覧を禁止させるといった事もして良いですが。(性的な事情も含まれてくるでしょうからね。あと思春期特有の状況から、その閲覧に対して親子喧嘩の勃発やら家出の誘発に不登校などに繋がる恐れも出てくるでしょうからね。) まあその辺の仕組みは作る際に厳しく問題がない体制を作る必要があり、基本的にはAIで判断させられる機会の目の形が無難でしょうかね。(保護者も見られる形は1つの例です。)

 それでスポーツ話中心な今回の休憩回ですけども、本題の方では公平な判定にスポーツに関しては基本的に全部機械でも判定させられるような形にして、人間による邪な欲望や不正判定が横行されないような形にしていくべき必要があるかと思われます。
 これは先のボクシングの問題にも言えて、最近の各地の人間の不正判定やら世界大会での不利益判定の問題の発生なども含めて言えるのですが、人間の判断では間違える状況発生してくる恐れに見ていなかったなどの状況が発生する可能性があり、その状況でも審判等の判定員の判断が優先されるような状況があり、それによる審判等の技術不足による不正判定や情や邪な欲による友好国びいきや地元国びいきの不利益判定が横行したりする状況が散発されている状況で、それはスポーツにおける公平性と楽しさなども穢している状況にあり、公平で楽しめるスポーツにしていく為には、人間の判定を極力無くして行き、ほとんど機械やAIによって判断して行ける仕組みに変えていく形が世界の大会等に置いても必要だと思われます。
 人は間違える可能性が高いが、機械なら情報が同じなら同じ判断しか行わないのでね。ついでに言えば、機械が瞬きしていて見えていませんでしたとかはないので、その辺の状況を詳しく判断して公平な判定を下す事には強いと言え、それを嫌がる国があるとすれば、スポーツにおける公平性を必要としていない最低の国だとも言えるでしょう。
 世界共通でスポーツを共に楽しめる形にしていくのならば、判定の判断は人よりも機械に全て任せて行く形にしていく方が良いでしょうね。
 それは演技など技術や美術で見せる競技スポーツ等に関しても、基本的な型や人間が取れる行動での難しさなどを機械が判定させて、得点を正確に付けさせる事は可能であり、それらの状況におけるビッグデータを活用させていく形での精度を高めさせていく事もでき、さらには観客の盛り上がり具合にその観客1人1人の出身国に置ける状況等も分析した上での観客ポイントを計上させていく形も機械の形でなら組み込んでいく事も出来る話となるでしょう。

 機械でなら細かい形でも判断して判定を公平に下す事が可能なので、より公平により強みを目指して行く為の判定を分かりやすくさせる意味でも使える形になるでしょう。
 ただし、機械のプログラムにおいては、複数の国共同で作り上げてどこかの国が不正に優遇されるようなプログラムにさせない仕組みは必要です。なので、判定プログラムにおいてはどこか1国や2国だけの開発の形は絶対に導入できないし使えないという形においての厳密な公平プログラムの形は必要でしょうね。

 ただしこの判断は既に本競技となって世界に進出されているスポーツに限る話で、特定の国だけで流行っていたりする形においては、その限りではなく、そのプログラムが作られた状況でそれを世界が認めれば、世界でも使える規格として認定させていくような仕組みにすると良いでしょう。
 そしてこの話で特に言える事は、判定が基本的に公平であるeスポーツの形に言えて、eスポーツは基本的にゲームにおける公平なルールは予めゲームであるが故に決められているので、その最初の設定を基準に決めて行く形にすればよい。 そしてそれを世界が認めて全世界的にするかどうかは、各国の反応の状況に応じるという形にすればよい。
 元よりeスポーツは完全なる機械が公平なゲームマスターでルール管理していますから、人間に置ける不正判定がバグ以外ではまず起こり得ないので、公平な形で納得できる判定になっています。

 そしてVR含めたeスポーツの形においても、判定の形は基本的に機械が自動的に判定を下して行く形になるので、公平な判定が下される形になります。 ついでに機械ならば事後確認もしやすいですからね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 スポーツの公平な判定~終了~機械の判定





























 さて次は、ウェアラブルAIデバイスとOCGS辺りの組み合わせに行きますかね。紙の情報に対する互換性をね。そして繋がるアニメやゲームのような世界。 END

 忘れていたけど、高齢者などの車の免許の形も機械判定にした方が良いのでは?
 ついでに、交通違反者の免許再取得などにも同様の機械判定などを入れるなり。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1071回 休憩 世界の問題に日本の車問題 [休憩]

 さていつもと変わらず休憩回です。 今回は割かし話の中身も休憩っぽい感じですかね。まあ困った問題等に対する話が中心ですけども。

 それで時事の方では、園児や子供を狙う車の事件が後を絶たないようですね。今度は公園で遊ばせていたらまるで狙っているかのように公園に車が突っ込んだという状況のようで、最早地上に安全な場所は無いと言わんばかりの車の無法状況ですね。 アクセルとブレーキを踏み間違えたと言えば、何百人数千人殺しても許されるのでしょうかね?この日本は。
 日本は島国で狭いから地上で歩車を完全に分けるのが難しいというのなら、縦構造的に分けるという選択肢は取れないのでしょうかね。 それとも、子供を殺したいから放置という状況なのですかね?
 あらゆる事で子供の命を守ろうとしないこの日本の惨状ですからね。特に安倍政権からは酷さが増す一方。安倍総理が極秘に子供を殺して行けと命令しているかのようなほどに。
 アメリカを守る為にはいくらでもお金を使えるが、日本の子供を守る為にはお金を出し渋る安倍総理ですからね。子供が大嫌いなのでしょうねあの総理は。

 さてまずは世界の問題からですけど、今朝のビビットがやっていた問題としては中国の悪魔のような子供たちのいたずらというのをやっていましたが、あれはイタズラではなく普通に犯罪行為です。ほとんどが犯罪行為であり、あれに対して注意だけでは軽すぎる話と言えるのではないでしょうかね? だから無くならないのでは? 車燃やしたり殺人未遂がイタズラ認定されるのでは、いよいよ本格的に中国の無法化が始まったと言わざるを得ないような問題ですね。
 それもこれも中国の政策の1人っ子政策が発端のようで、それで甘やかされて育った子供の子供がまたも甘やかされて育って、いくら犯罪をしても平気だと思う無法者に育ったという事での問題のようですね。
 そういえば中国でのパクリやら無法状態になる形は、その甘やかされてきた第1世代が現在やらかしているからの問題状況なのではないでしょうかね? 韓国の2世3世よろしくな問題が、今は中国でも騒動の大炎上に繋がっているのかもしれませんね。
 子供だからと言って罰も甘やかすのではなく、それだけの重犯罪をイタズラ感覚でやっていたのなら、それに対する罰は重く与えるべき話であり、子供だろうと罪の重さに比例する形の牢獄生活を体験させるぐらいの形にするべきではないでしょうかね?それで親もダメなら親子そろって体験させていくというのも良い教育体験ににさせて行けるのでは?

 そしてお次は昨日の報道ステーションで話されていたアメリカに向かう移民キャラバンの話ですけども、力強い団結力でもって様々な困難に協力して立ち向かって、アメリカに不法入国しに行くのが正しいというような内容でしたが、それだけの力強い団結力と協力して行ける精神がありやる気があるのなら、なぜそれを移民キャラバンたちの本国の治安改善や経済活性化に持って行く流れに繋げられないのでしょうかね? その状況でよその国に不当に入って行って移民としての幸せを得ようとする行為は、荒れた本国のギャングたちがやっている行為と何1つ変わらない事には本人たちは気付く由も無いのでしょうね。
 結局は弱い奴から幸せと土地を奪いに行くという構図で成り立っている形で、キャラバンに参加する者達は自分たちよりも弱い人達に対してその土地と幸せを奪いに行こうとしているギャングと同じという事です。
 ただ、その移民の行動も移民を募集して受け入れてくれる所に行く形には何の問題も無いのですが、許可なく勝手に移民として押し入って強硬的に土地や仕事等を奪おうと行動して行けば、それはその現地の人から侵略者とか略奪者の犯罪集団と言われても何らおかしくはない状況でしょうね。 だって行なっている事は何も変わらないわけですからね。
 なので、受け入れて募集している場所に行く形には何も問題はなく、受け入れが容認される限りは移民として行っても良いのでしょうが、それを拒否している所に無理やり押し入る行為はそこに居る人達の幸せと土地を無理やりに奪いに行く行為に等しい行動となり、ギャングや犯罪者集団がやる弱い者から優先的に奪っていく構図と変わらなくなるでしょうね。
 そしてアメリカに関しても受け入れている所と受け入れていない所があり、そこで無理やり大量の数が来たから受け入れていない所にも押し入らせようとしたりすれば、それは侵略者に対する行動を取られても何ら不思議ではない事になりますね?
 結局今のトランプサイドにいる人達が思う不安はそれなのですよ。自分たちが保っている何とかの生活を奪いに来て殺しに来る侵略者という不安があるから、反対する勢力が出来上がるわけですね。だからこそその受け入れの区分けはしっかりするべきであり、それが出来ずに強制させたEUは現在移民難民の件で崩壊状態にまでなり始めている状況にある。
 今の資本主義の形では、世界全てにいる移民や難民を受け入れる事の出来る用意のある国はどこにもないでしょうね。それはたとえ複数の国がまとまろうともね。
 そしてそれらによって移民たちに住む場所や生活の糧を奪われた人たちが行き着く先は、今の移民キャラバンと同じような事をやるかテロリストになってその形に対する報復攻撃を行なうかの選択肢となり、どちらにしても負の連鎖にしかならない。(そのまま移民に殺される選択肢も一応あるが。) つまり大量の移民が押し寄せたら、その押し寄せられた国のもともと住んでいる人達が今度は同じような事にされて、負の連鎖が続けられる事になったりしているから、問題は深くなっていると言える。

 まあそれに関して私が提唱する移民難民の地下都市構想で行ければ、安定的に移民難民を救っていく事も可能になる。ただしその形において選択を求められるのは、安全を取るか自由を取るのかの2択です。そしてこの地下都市構想では、安全を選択できなければ入ることは出来ない仕組みとなります。一定の自由な環境を捨てて、生きる事においての安全を取る選択肢が出来るのであれば、どんだけ大量の移民難民が押し寄せてきても受け入れさせる事の出来る形に出来るでしょうが、どちらもでないと嫌だとなれば、それは戦争でしか解決できない形になってくる。移民難民の数が少なければまた話は違ってくるのですけどね。
 私なら救う為の1つの希望を世界に与える事は出来ますよ。移民難民が数十億人発生しようがそのすべてを救う事も出来る方法がね。 ただしその過程で、資本主義等は木端微塵にさせていただきますがね。でないと実現不可。

 それで最後の話は、日本の車問題なのですけども、報道番組は戻りましてビビットになりますけども、今日本の全国各地で名称付けまでされるような道路交通法違反の行動が頻発して常態化しているようですね。だから事故は無くならないし、子供たちが優先的に狙われて殺されていくのかもしれませんけどね。
 この道路交通法違反の形は、直進や左折優先の基本的な運転技能のマナーを無視して、無茶が普通の右折優先でやっている所や、信号無視しても良い地域まで出てきているようで、道路交通法的な無法状況になってきているようですね。(警察は何をしているのでしょうかね? 堂々違反しても何のお咎めもしない警察官もいたりしたようですし。)
 それで常態化による名称付けまでされても交通法違反はなくならず、増えている状況では、今後もそういう事故や人殺し運転はなくならずに、ついでにその流れの飲酒運転も無くならない事を如実に表しているとも言えるでしょうね。 だって道路交通法に違反する行為をしても警察のマンパワーでは取り締まり切れない状況にあって、無法化の流れに進んでいるわけですからね。
 やはり無人運転の早急な対策は必要になってくるのでしょうが、それよりも先にAI搭載車によるサポート&口うるさく交通ルールを守らせる働きにさせたり、無免許運転の防止用に免許証の差し込み機能を付けたり、道路標識などに細かい機械等を付けて機能リンクを図って、違反者の自動割り出し機能やマナーを守らせる流れに変えていく流れの形を導入させて機械的に自動取り締まりなどを行なっていけるような仕組みにしていくのが早い対応策として良いかと思われます。
 そしてそれらは、無人運転の技術をより安全にさせて行く仕組みの1つとしても使っていけるようになるので、手早く出来る方から導入させていく方が人の命を守りやすく、道路交通法を正しく守らせて運転させていく流れにしやすくなるでしょう。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 世界の問題~終了~日本の車問題





























 車にAIを搭載させていくだけなら、早ければ年内からでも出来るぐらい簡単な形である。
 直接運転は出来なくても、運転のサポートに特化させるのなら、そしてそれを機械の判断で瞬時に行えるのであれば、組み込む事は比較的簡単であると言えるでしょう。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1064回 休憩 車からの危険から身を守る為には…エアバックの小型化 [休憩]

 さていつもの感じでの休憩回です。まあ今回もある意味いつもの感じで休憩回と言いつつそれなりの内容を話したりしますが、基本的に休憩回というのは、私の頭にとっての休憩という意味での回であり、そこまで考える必要もないものが基本的な内容になっている回ですね。だからこの回では結構言葉遣いもラフな感じになっていたりする時もありますね。(言っては何だが、頭からっぽで思ったままに書いている時間も多い。)

 さて休憩回の話は基本フリーダムで言っていますが、時事的な話で言えば、米中冷戦による株価の影響値が酷い状況のようですね? まあ中国の進出によるアメリカ側の警戒とかもあるのでしょうけど、基本中国は無法者国家ですからね。独裁が成せる意味での世界の事より自分たちが第1の今のアメリカと変わらない状況での基本スタイルであり、それ故に今のトランプアメリカとの対立構造は深い物になっているのでしょうかね。
 ただしその中国も今は人口や経済規模が世界1だから良いものの、少子高齢化による人口減の影響も相まって、中国が思い浮かぶ理想状況になる前にその世界1の座から陥落しそうな状況にあり、そうなった時でも変わらず今の中国体制は維持できるのでしょうかね? その座から追い抜こうとしているのがインドですけど。そしてそのインドは、中国によって苦しめられている国々を救う動きをしていて、同時に経済状況の活性化にも繋げて行って、人口の増加率も高いようで、時期に中国を普通に追い抜くような経済大国の可能性を秘めているという事で、日本やアメリカも目を付けて動き始めているようなので、その動きをさらに活発化させたら、同時に中国に対しての対策にもして行けるので、その時には中国の状況も分からなくなってくるのでしょうかね?

 あとは日本の選挙体制が明治時代よりも前から変わっていない事は前から言っている事なので特には言いませんが、その事に対して電子投票の有効性を訴えている場所に対して、今の新大阪市長は原始的の方が政治家にとっては励みに繋がると言っていたようですが、選挙という物は政治家の為に行なう物ではなく、国民や都道府県民たちの未来を決める為の物ですので、趣旨をはき違えた発言かと思われますね。
 政治家の為に有利になるように原始的にして国民の苦労や実際に行なう側の問題を無視するのは違うと思われますね。 それに実際的に電子投票形式ならば、書き間違えなどの無効票を無くして行く事に繋げられて、より民意を反映させやすくなる効果があり、民意を反映したくないから原始的なままで残そうとしているとしか思えない状況でもあります。

 さて最後はタイトル系の本題ですけど、まず1点はロシアでの飛行機の胴体着陸による火災発生での半数以上が死亡した事故ですけども、何らかの状況で燃料を大量に積んだまま強制着陸するしかなかった状況のようですが、結果としてそれが胴体着陸による火災を発生させるに至った形になり、避難誘導の形と客の脱出行動が悪すぎた為に半数以上が人的要因含めて殺される状況になったようですね。
 それらについて私が現段階であまりとやかく言うつもりはありませんが、飛行機は空を飛ぶ物であり、現状空を飛ぶ限りはどこかの陸地に降り立つ必要があり、それが無事に降り立てる形でなければ落下のような墜落状況になってしまうのですが、その際の衝撃緩和などによる防御機構を今の飛行機は保有搭載されておらず、安全管理の面では不完全な状況であると言わざるを得ないでしょうね。
 それは陸地への胴体着陸に関わらず緊急時の墜落に近い形での海や山などに何とか胴体着陸気味に落ちる場合等でもそうですが、それらに対するもしもの備えとした安全対策の装備が現状飛行機には搭載されておらず、その辺の意味では緊急時の対策能力が欠如されたまま空を飛んでいるという形になっており、味方を変えればある意味こちらも安全神話的な物で、常識を考えて、緊急時の大惨事を考えていない状況であると思われますね。
 やはり対策としては飛行機の機体下部辺り(もしくは覆えるような感じ)に緊急時に独自回路で発動させられる超大型で耐久性のあるエアバッグ系統を展開出来るような形で、衝撃の緩和能力を上げる形にした方が良いかと思われますね。
 さらにこれにクッションの地面と触れ当たる部分に瞬間接着成分を付けておいて、それによる勢い減退効果も狙えるような形にすると、さらに大きな事故に繋がりにくい形に出来るのではないでしょうかね?
 そしてこの考えは小型機などにも搭載させて、より空の移動の安全性を上げる形にした方が良いかと思われますね。 ああ、その流れで、空飛ぶ車にも必須装備にさせて空を正常に移動できない状況になったら柔らかいクッションの塊で車を覆ってから下に落ちるような感じに出来れば、被害も最小限に出来るかもしれないですね。それも2重構造で、外側スライムジェル状にて、受けた衝撃にて、車に近しいほうだけを固めさせて、地上方面にある物の存在への衝撃をなるべく緩和させられる構造にすれば、人への直接ダメージも減らすような仕組みにする事も。

 それで2点目は今日起きた車同士の衝突から起きた影響で、その余波で吹き飛ばされた車が保育園児の列に突っ込んで多くの園児の死傷者が出た事故に関してだが、これは直接の車の影響は無いのだが、事故を起こさせる要因が無ければ発生していない状況であったことは確かで、保育士たちの回避の状況に関する話も出ているが、大量の子供を引き連れている状況での回避の形は現状まず無理に該当すると見られ、散歩状況での形やルートの話なども出ているが、車の道を完全に回避するなんて地下歩道でもない限りはまず無理な形になるので、基本的に現状打つ手はない。
 ただし回避の形においては、車等によく付けられるエアバックなどの瞬間的なクッション性防御製品の技術を応用させて、それの小型化により手で持てるような形か腕に付けられる形にさせて、緊急時のクッションの盾として守れるようにさせる形にするほか、衝撃前面と回避ゾーンの後面にも同時に展開させられるようにして、覆いかぶさるクッション型での個人または集団回避の形で展開出来るようにすると、こういう事故などの被害を減らす形にしていく事も可能。
 あとは対物感知でのAI等によって車等の急速に迫る物体とぶつかりそうになったらクッションを展開出来るような形のランドセルや学生カバン等が作り出されると、子供のいざという時の安全を守りやすい流れにもしていく事が出来るでしょう。

 まあもしくは、非常時用でAI搭載型の無人小型ロボットにいざという時に庇って守ってもらえるような形の護衛ロボットが出来るならそれでも良いのですけどね。
 そしてそれを昨日の透明化と組み合わせれば、屋外でも多少無理がありつつ(自然的弱点要因の無い晴れの日ぐらい?)も要人警護などに作ることも可能。(基本屋内や外の自然環境の影響値があまりない場所。) まあ警備の形で多少存在がばれても良いような状況では普通に使えるけども。(平常時に基本見えなければ良いというぐらいなら。それ以外は普通の警備ロボットの形になるだけだし。)


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます、
 飛行機とエアバック~終了~小型手持ちクッション防御





























 不幸な事故等に対する安全の守らせる道具はもっと大幅に普及されても良いような気がするのですけどね。
 例えばホバー性能のある飛行機(海に不時着後、移動可能用)とか、緊急時の救助要請用に小型ヘリ搭載飛行機(山に墜落後、早期の救助要請&重症者の病院直行に向けて。)とかね。
 そう見ると安全性の面では飛行機自体の大幅な改良面がまだまだたくさんあると見ますね。
 シンプル性能改良だけではもう古い。 次の時代はもっとユニーク性能での特化型に変えて行くべきですよ。 そうするとビジネスの形も…わあ……相当思い付きましたね。
 ふむ…それで小型飛行機の活用の形もさらに広げられて、ビジネスとしての質も向上させる方向にも考えて行く事が出来るでしょうかね。 この詳しい話はまた後日にいくつか紹介して行きますかね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1057回 休憩 平和終焉から0和へと時代は変わる。どうなる日本 [休憩]

 さてもうタイトルでお気づきだと思いますが、皆さんのある意味予想通りに私オウカハルを貫いた形のタイトル名になっていますよね?(完全故意100%再び。追加でさらに前方の名称も良く見たら酷い内容に。平成ではありませんね。) ちなみに0和というのは、私のブログでのみ付けている令和元号に対する負の別称です。平和が無くなる意味でも0和として読めてしまう元号だという事でね。 まあ一部の状況は確実に平成の状況よりも悪くなるのは現状確定なので、あながち的外れな言葉では無いのが悲しい所だが。

 という感じで休憩回はこのままの流れで進んで、天皇行事に対する突っ込み所やら平和ボケした皆さんが思い浮かぶ幻想の破壊屋として、今日も今日とて通常営業で参ります。

 それで令和に入ってからの小時事としましては、天皇や令和のニュース以外にも少し普通の報道を見ていましたけども、基本的に元号変更の影響はあまり関係ないニュースも意外とありますね。
 令和入ってからの事件で、飲酒運転らしき状況で店に突撃して2人に怪我負わせて逃げたという飲酒絡みのひき逃げ事件も発生していたようですし、自衛隊の基地敷地内部の建物で突然の火災発生とかもあったようですし、この辺も平成から変わらずの通常営業ですね。まあ普通の暮らしに何か劇的な変化があるわけでもないわけですし?そこの所はいつもの通りで特に変わらないと思った方が良いですよね。

 そして令和へと変わる瞬間は私は普通にテレビの特番見ながらいつも通りの生活していましたので、特段の内容はありませんけど、盛り上がる人たちは結構多かったようですね。 まあ昨日も言った通り新年度系のお祭りと同じ感じと思ったら良いだけな状況ですし、お祭り好きな日本人にとっては良かったのではないでしょうかね。(一部お祭り好きな外国人もかなり混ざっていたようですが。令和の意味知らずに。)
 それで天皇行事に対する突っ込み点としては、ある意味この辺に突っ込むのも天皇に対して特段敬意を示す事もない私ぐらい(陛下とか様とか付けて呼ぶ気が微塵にも無くて、式典とかも私だったらパスしそうだと思っていたが故の状況で、多分直接会ってもフリーの状況なら特段敬意を持った対応はせずに普通に行くと思いますね。)かと思いますが、天皇での3種の神器ってあるようですけども、あの箱の中身には本当にその神器が無事な状態で存在するのでしょうかね?
 オリジナルはきちんと別の場所で保管されていて、神が宿っているとされるレプリカを普段はあのような状況で箱に入れて持ち運ぶようですけども、その箱の中身はたとえレプリカと言えども、神が宿っている依り代だから絶対に箱の中身を確認してはいけないとかいう奇妙な神事になっているようですが、誰も見てはいけず箱の中でずっと秘されたままにされているという事は、その依り代の状態がどうなのかも分からず、本当はボロボロに朽ち果てているからみすぼらしすぎて絶対にその姿を見てはいけない状態になっているのでは?という邪推が出来てしまいますね。
 というか何十年何百年も箱の中での保管ですけども、相当保管状況が良い状態で入れておかないと、絶対に朽ちるでしょうし、その状態で放置している事自体が神の逆鱗に触れないのか疑問ですね。あとはこの中で姿を見せる事無くずっとそのままというのでは、神器的な神の依り代としての信仰は得にくいと思われ、結果的に天皇とその周辺以外からの信仰の力が得られずに、力が弱まるのでは?という形にも見て取れて、それでは現在の形はその神様の力を故意に弱める為にしている反逆行為なのでは?という風に憶測できてしまうような形にも見て取れる。
 まあ私は天皇に対して神的な敬う気持ちが全くない為(神的除けば多少はある。)にこうして好き放題言えるわけだが、隠されている物はその状況が伝えられている通りであると信じ込んではいけないと思うし、神器と言いつつも現状の言い伝えはまるで呪いのようにも見えてしまい、良いイメージが湧きにくいというのもあって、天皇とその神に対して今の状況はむしろマイナスになっていないのか?という思いもあるわけですね。
 ちなみに私は神的天皇は敬わないが、八百万の神として全部まとめたら数ある中の1つとしての敬意は示しますね。ただし1番ではないが。(少なくとも100位以内には入っていない。)

 さて一部の熱狂的天皇崇拝者に対して暴言吐いた所で、令和に対する願望などのぶち壊しの話をしていきますかね。我がブログの正式名称にもあるように、いろんな意味での破壊屋(主に腐敗状況や間違った概念)が現状の私の天職ですからね。
 さて令和になってからも平成のような平和な状況が続いて、平成よりも災害含めて混乱少なく出来るのかと言えば、現実的には不可能でしょうね。(笑)
 現状地球の環境は変化の最中にあるようですし、地球温暖化と呼ばれる現象での問題になっている最大要因が世界的な人口の大幅増加に起因する物である事から、むしろ平成以上に世界で今までにないほどの災害が頻発して行くでしょうし、気候変動は発生して海面上昇による水没などはどんどん加速して行くでしょうね。
 それでここでこの地球温暖化の状況にある仮説が立てられるのですが、この現象は今の人類にとって耐えがたい状況の連発のように見て捉えられて、何とか世界的に対策を取ろうとしているとのことですが、この現象を地球が増えすぎた人類の数を減らす為に行なっているウイルス駆除行動と見立てると、1つの仮説が成り立ちます。
 要は増えすぎた人類の状況が地球にとっては少し増えすぎた微生物であり、その数を減らす為に地球がコントロールできる自然現象にて各地に災害を引き起こして減らそうとしているというのであれば、その状況にある程度の納得がいきますね。 まあ基本的には結果として地球側が現状況に対して動き方を変えようとしている余波が大きく影響しているだけかもしれませんが、結果的に現状況で地球上の氷が全て溶けて、水の膨張によってほとんどの陸地を海に沈めれば、基本的に陸上の生物はそのままでは生存する事が出来ずに、ほとんどが死へと追いやられて、数が大きく減少する事になり、地球温暖化とされる状況からは大きく減退して、地球の氷河期の厳しい状況へと変化して行く流れになり、またその流れによって氷が増えて海の水が減って行く状況からまた元の陸地の状況に戻って行く事までを地球の生きているサイクルの現象の1つだと仮定すれば、地球の歴史として氷河期やら熱帯期が繰り返している現象にも説明が付くでしょうね。 結果それにより対策が出来ない生物が1度ほとんど駆逐される事になるわけですし、地球にとってはいつもの状況の1つの現象に過ぎないのかもしれませんね。来るべき大氷河期時代へ移行する為の陸上生物の大幅減少の形として、地球の温度を上げて海も引き上げて住む場所も少なくして数を減らさせていく行動だと思えば。
 さて地球的な事を語った所で、他の問題としては、少子高齢化による悪影響はこれからもさらに悪化を続けるでしょうし、資本主義における悪影響も悪化を続けるでしょうし、腐敗政治における経済含めた一般国民の生活環境も悪化を続けるでしょうし、安倍総理が何やら軍事戦争面で暗躍(戦争の準備をし始めている疑い。)しているようですし、確実に平成よりも平和が無くなるのが令和だと言えるでしょうかね。まさしく0和ですね。
 腐敗政治も加わって全てにおいて負の方向に進んでいく時代が令和になって行く気がしてなりませんね。 地球温暖化も回避不可能として、それに対応する対策を考えて行かれなければ、より深刻に不幸が相次ぐようになるでしょうね。
 ちなみにいくつかの対策はこのブログでも紹介していたりしますがね。 地球は人の物であるというバカな考えは捨て去るべきですよ。当時の恐竜たちも似たような事考えてほとんど滅びたわけですしね。地球は安全で自分達はそのままでも地球に守られているなんて夢想は考えない方が良いですよ? 地球という生命にとっては、人も恐竜も微生物の1つにしか過ぎないわけですからね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 平和終焉~終了~0和





























 本当に通常営業で終わりましたね。ちなみに明日からも変わりなく通常営業で参りますが、今夏のどこか辺では少々こちらの現実でドタバタして、ブログの通常営業が出来なくなる恐れがありそうな事を予告しておきます。(住んでいる場所の問題がちょっと酷くなってきたので。耳が聞こえない人にとってはそれなりに住み心地の良い場所なんでしょうけど。) END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1050回 休憩 粗大ごみの問題 働き方改革で見つかる貧困社会の実体 [休憩]

 さていつも通りに休憩回です。 まあ今回も中身はちょいちょいあるのですけどね。

 さて本題は時事含めた話なのでそのまま行きますけども、まずは粗大ごみ関係での意外な事実に今日の小さな報道で気付いた点ですかね。
 これはひるおびの報道番組を見ていて「そうだったのか~」という内容なのですが、チラシや宣伝カー含めて街中等で粗大ごみなどの無料引き取りとか有料引き取りとか勝手にしている業者の大半は違法業者のようですね。 そしてそれが違法業者として知っていて依頼すると依頼した人が罪に掛けられる恐れが出てくるようですね。
 それで正規の所は基本的にそういう目立つ事は行なわずにマンションや自治体などときちんとした契約の下で張り紙などが張られていて、その他は普通に行政から受け付ける形になっているようで、もっぱら目立ちまくっている似たような所は大半が違法業者で、自然環境の破壊工作など(つまり不法投棄に汚染物質垂れ流し放置)もやっていたりする業者が多いとのことでしたね。
 私もそれで利用しかけたのですが、出そうとした物が今となっては骨董品クラスのDVDレコーダーで受け付け欄内のどこにも無かったので、多分無理だろうと思って止めた辺りでこの内容見たものですから、助かったという辺りですかね。
 それにしても、平然と犯罪行為をそこら辺で行なっているのに、警察は何をしているのでしょうかね? 私の所だと、歩いて5分くらいの所に警察署があるのですが、完全悪事放置状況ですからね。 それでいて、犯罪を事業として展開する輩共を逮捕しないで、それに依頼してしまった人達だけを逮捕しようとかするのって、警察と違法業者が組んでいるようにしか見えないのですけどね。 そこまで日本の警察機構は落ちぶれてしまっているのでしょうかね?
 まさか警察も不法投棄などに一緒になってやっているのでしょうかね? だから検挙しようとしないと。(違法業者にお世話になっているから。)

 やはり無人型のシステムによる廃家電等の粗大ごみの買い取りシステムでも構築させて普及させた方がより効果的に出来るのでしょうかね?

 それでもう1つの話ですけども、安倍政権の作り出した働き方改革での影響で、残業時間が大幅に削られるような状況になったとのことですが、これに問題は残る状況でさらに、基本的な給与体系の仕組みの中で残業代に頼らなければまともな生活が送れない社会環境に日本全体が落とされている状況というのも、かなりの深刻な危機的状況だとも言えるのではないでしょうかね?
 つまり普通に働く形だけでは、今の日本では生活する事が出来ず、普通の生活水準などを満たせない状況になってしまい、貧困状況がさらに加速されて、経済的にも落とされまくる状況になったり、それを回避しようと副業などでまた長時間労働が普通に行なわれて過労死するケースが増大してしまうというのでは、結局何も変えられておらず、普通の人達が日本の社会と政治に虐殺されていくような状況下になってしまっているという事で、今の日本の社会は全体が貧困社会になってしまっているという事なのではないでしょうかね?
 その貧困社会から脱する事が出来なければ、一般国民の基本生活水準的に納得の行く形で上昇して行く事はあり得ず、基本的な国民目線の経済は停滞したままかもっと酷くなっていく状況になり、貧富の格差はさらに酷くなり、一般国民を無視したまま国が経済良くなったとさらに物価を上げさせて国民大虐殺を図って行く形になって、日本壊滅までのシナリオにひた走るのではないでしょうかね?
 今の状況では、基本生活の最低水準までお金を稼ぐ為には死ぬ思いをしなければ稼げない状況が普通になってきていて、死ぬか生きるかの瀬戸際で働きながら、生きる為だけに働かされて、なのにも拘らず国は基本物価上昇における値だけで経済が好調になっていると頭ごなしに見て勘違いをし、また基本的な自分たち富裕層をもっと裕福にさせる為の財源が足らないと税金を引き上げさせたりして国民から搾取しまくる状況を続けて、国民を虐殺するシナリオの社会体質に今なってきていると言えるでしょうね。
 これでは日本に未来はないと思った方が良い。今の自民党政権並びに既存政治家達に国民の目線に立って物事を考えられる政治家はほとんどいない状況下であるという事で、普通の人が死に物狂いで働かないと生活する事も出来なくなってきているこの現象に気付けないようでは、最早その辺の改革は不可能という事になる。
 現にそれにて、生活保護費の金額がどんどん引き下げられる事によって、本来の法律からも違法状況となる生活最低水準以下の形の金額にまでされてももっと下げようとか言う始末で、貧困者を殺す気でしかない今の政治体質は悪の政治体質で独裁気質でしかない。

 この資本主義社会の中では、これの解決策としては会社が基本時給や給料の大幅な引き上げを実現させていくか、国が制度として残業代を削る代わりの特別給与形態を国民に渡して行く形が成されなければ、状況を良くしていく事は出来ず、現状そんな夢絵空事は不可能として、やはり打開策は資本主義の破壊でしかないでしょうね。
 現状では基本的生活ですら普通の仕事では不可能になってきているので、その基本的な社会体質は並大抵の方法や政治の大改革をしようとしても直せる物ではない。 要は資本主義における猛毒が本領発揮してきているという事だ。
 それに対する解毒薬は、資本主義自体が発する猛毒の存在自体を破壊して、基本的な最低生活水準は国において国民ならば誰でも確実に保障される形の衣食住最低保障の仕組みを確立させて、基本的な生活が出来ないレベルの状況の打開と共に、貧困者たちの一括救済と今までの貧困者たちでも頑張りさえすれば上に上がって行ける資本主義とは違う新たな主義の体系によって立て直していく必要がある。 現状ではどれだけ頑張っても生きて行くだけで精一杯な資本主義に成り果ててしまっているのだが、独民式自由主義の形では、国民ならば生きて行く為の最低状況は国が完全保障する形となるので、純粋に生きて行く為の労働の形から自分たちが望む形に進む為の労働の形に変わることで、本来の資本主義が謳っていた頑張れば上に進める事がようやく本当に実現されるようになる。
 資本主義では基本的に嘘を言っているわけですからね。言葉として大事な言葉が抜けていて、資本主義なら頑張れば一握りの優秀な人だけが自由にいろいろできるようになるという言葉を隠したが為に、普通の人々は騙されてそれが凄い事だと思い込んでしまったという事ですね。 全てはその時の権力者や裕福層たちが自分たちの資金をもっと増やす為に普通の人々を騙して誘導する言葉に変えての状況という事ですよ。
 だからこそ資本主義で謳われる言葉の本当の意味を持つ形に変えようと思うのならば、「頑張り努力する事で誰でも上に向かって進められる社会」に本当に変えようと思うのならば、衣食住最低保障制度の搭載する独民式自由主義の形に変える必要があるという事ですね。
 その形でなら、どんどん経済を上向きにさせつつ国民の生活水準の向上と誰もが夢に向かって頑張り次第で進めて行ける社会環境にしていく事が可能です。
 ついでに、今の資本主義社会で起きている問題の7割くらいはそれだけで解決出来るでしょうかね。 ついでにその体系に変えるだけでも、普通に今の人材難な状況も改善方向に持って行けますからね。今の日本の社会で問題視されている状況のあらかたは独民式自由主義で解決可能ですね。
 ただし、経済的には一時的に大きく落ち込むでしょうし、主義体制が変わる事の混乱は相当大きな物があるでしょうけどね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 粗大ごみの問題~終了~日本の貧困社会





























 老後に不安を抱えなくても良くなり、育児に関して悩む必要も少なくなり、結婚に関するハードルも下がり、生きて行く為の強制労働も無くなり、子供だけでもすぐに自立する事も可能な社会における児童虐待状況からの脱出の手助けにも、経済的社会的な逃避行動が出来る事での自殺防止にも効果を持たせられるこの衣食住最低保障制度の入った独民式自由主義ならば、これらも含めてそれ以上の効果での現在の問題の改善効果をもたらせることが可能ですね。
 ついでに言えば、この体制が出来れば、日本の研究における発展性が格段に向上されていくようにもなります。基本的な生活費は国が保障して行くのですから、研究部門にも早くから没頭して行く事も出来るようになるでしょう? 経済力が少なくても予算が少なくても、研究を進めて行く事も可能になるのが、この形でもあります。

 ちなみに私が国王で天皇も存在させると言いましたが、国王は天皇の身代り的な意味合いでも配置させるといった感じですね。政治的に関わる部分は全て国王が身代わりとなって、今の平和的等に関わる部分をこれまで通り天皇に行なってもらうという形にして、陛下の名称も私が持つ形においては必要とせずに、天皇に持たせたままにしますよ。 ある意味見かけだけは2大王体制という感じかな。 まああくまで私が成れた場合の形での思いですがね。 そもそも私の形は単に腐った状況の改善だけして、さっさと降りる気ですから、トップでありながら本来のトップの位置は必要としない形でいる気持ちですからね。 だって私はどこまで行ってもオタクを辞める気はありませんからね。いつまでも政治の権力の位置にしがみついてオタクする時間が無いとか最悪ですし?(笑)
 というか終えたら、作者の心の赴くままに出版とかそれのゲーム版とかする形で楽隠居する方向に動きそうですが。(笑) まああくまで大きな夢の段階ですが今の状況では。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1043回 休憩 携帯情報端末のオーダーメイド制度~自分好みのスペックを~ [休憩]

 さていつも通りの休憩回ですね。 まあ今回はちょっと特殊な内容を話して行く予定ですけども。 まあ休憩ついでに話して行く内容ですがね。

 さて今日の時事は…特に無いですね。昨日の報道では日本の方でも熊本の阿蘇山また噴火とかいう報道がありましたけど、そこまで深刻なレベルでもないようですし、昨日のフランスの世界文化遺産のノートルダム大聖堂のニュースに飲み込まれている感は否めないですね。
 あとは細かい所で、私も好きな作品の1つのルパン三世の原作者のモンキー・パンチさんが亡くなったという報道も少し出ていましたね。
 あとは、そろそろ迫ってきた10連休について嬉しくないと答える人が嬉しいと答える人よりも上回っている事ですか。 ちなみに私は関心ない派です。だって、祝日休日関係無しにほぼ毎日ブログ作成に時間を費やしたりしている私には特段関係無いですからね。金銀銅の休日だろうが私には関係無いですね。
 まあその件で嬉しくないとか関係が無いとかいう人の大体の所では、休日系が関係がない仕事の人が日本には多いという事で、現状人頼りの仕事現場スタイルが普通の状況では、いくら休暇日が増えようがあまり変化が無いという事ですね。 やはり人を有意義に休ませようとするのなら、AIやロボットの導入をもっと進めていく必要があるでしょうね。そうすれば保育所系統や介護に病院系の仕事の人達にももっとゆっくりとした長期休暇を与えられるように出来るでしょうに。
 そういえば、とある都市部系の病院で、分娩医が居ない為にしばらく休む事になる病院が出ているという報道で、日本の深刻な医師不足がここでも露わになっているような感じですね。それでネットを繋げて他の医師がネット越しに立ち会えるようにしても、それも結局は医師1人当たりの負担が増して行くだけで、根本的な解決にはならない為に、医師の基本業務の負担率軽減の為には、AI医師をもっと増やして行くような体制にしていく方が良いかと思われます。
 どうしても人だけでは成り手の少ない職種も出てくるでしょうから、多少機械的にでもAIロボットが代わりをある程度担って行ける体制を構築していくべきだと思われますね。 人じゃなければいけないとした時、今の時代では相応の不便さも覚悟しないといけない時代になってきている。利便性や不自由のない形を目指すのであれば、AIロボットの積極的導入はしていくべき話になる。

 さて雑多な小時事終わりまして、休憩的本題の話に移って行きますけども、少し前から日本でも機種本体と月額支払いなどの金額をセットにした従来の販売体系を無くして行く試みが行われて、競争力をもっと上げようとする政府の思惑も出ていたりな状況になっていたりしますが、その状況で物の値段が上がる物が機種毎の本体価格ですね。
 この価格帯は新機種になって行く毎にどんどん値上がりして行って、果ては10万円台も普通になってくるという話になっていますが、そこまで行くと最早携帯通信機器だというのに贅沢品の産物となって、貧乏人には気軽に手に出来ない物になって行きますね。
 そこでの私のアイデアなのですけども、基本携帯電話に類する携帯情報端末はメーカー毎の組み立て完成品だけの販売体系が普通で、デスクトップ系のPCみたいな個人で改造したりオーダーメイドで自分好みのスペックで作ってもらうような試みはたぶんほとんど無いのかと思われますけども、携帯情報端末も機能要素的にはいくつかの要素に分かれているはずですし、それぞれごとの機能のパーツ等で性能の違いを分けさせて、オーダーメイド感覚で自分で選んでいって、自分が望む形の携帯スペックで選んで、組んでもらっての購入体系にするといった感じで、性能や機能のパーツごとにそれぞれの価格が違う設定で、本体(ボディだけ)の基本価格と共に個別の選択制の機能や性能ごとの違いで、自分好みの性能にしたり合計価格をなるべく下げるような形に組み上げるといった方法の販売体系もありなのではないでしょうかね?
 販売会社に通信企業にメーカー等も売れない商品を作っても意味はないわけで、顧客が望む体系である程度機能や性能の自由選択でなるべく自分好みの設計で金額も満足できる所にまで落とし込む事を自分で選べる形ならば、普通の販売体系よりも確実な購入率の上昇には繋げて行けるのではないでしょうかね?
 だって皆さん?全てにおいてメーカー毎の最高のスペックだけで組み込まれている端末において、そのすべての機能や性能をフルに使えている人ってどれだけいるでしょうか? 割合的には2割台ぐらいかなと思いますけども、携帯情報端末ごとの最高スペック全てを望む人はそこまで多く無いとも思いますね。
 どれだけ自分好みの性能であるのかを、現状はメーカーの大量生産の既製品の中から選ぶしかないのだけども、それでは今の状況価格帯が高騰していくのでなかなか手が出し辛くなって行って、多少性能が低くても良いという事で中古に流れる人も出てくるでしょうけど、そういう状況下でならば、新品でありながら自分好みの設計で、自分好みの機能や性能で組み込まれた納得のできる金額でのオーダーメイド形式の販売体系もありなのではないでしょうかね?
 それはメーカーが単体で行える形式にしても良いですし、複数のメーカーが合同でお互いの機能性能を持ち寄らせて選ばせる形でも良いですし、はたまた販売会社の方が専用の組み立て工場用意して、自社オリジナル組み立てブランドを作り上げても良いのではないでしょうかね。

 全てにおいてフルスペックを望まないのであれば、いくつかの機能性能を今の基本水準よりも低くさせて、安上がりに抑えさせるなんて形で新品を手に入れて行く形にする事も出来るでしょう。
 全員が全員メーカー毎の最高スペックだけを求める世の中で無いのならば、自分好みで機能性能を選んで組み上げて購入して行くような形にしても良いかと思われますけどね。
 それが基本価格が高くなっていくのならなおさら求められていくようにもなるのではないでしょうかね? そしてその後は、欲しい機能や性能のパーツなどが出てくるたびにその部分だけ追加交換して新しくしていく形の個別改造販売体系というのもありなのではないでしょうかね?

 まあそれとは別に従来基準の形の製品も同時に販売して行くようにすれば、緊急の用入りの人向けにも良いのではないでしょうかね?

 今や携帯電話というよりも1つの小型携帯情報端末という形式であるのならば、今のPCの形の1つでもあるオーダーメイド制度(もしくは個人改造型)の形も同じ情報端末の形としてありなのではないかと思った次第での話です。
 この顧客ごとの思う自分好みのスペックの形での販売体系であれば、日本のメーカー等でも販売戦略として海外メーカー等に立ち向かっていく事も出来るのではないでしょうかね? もちろん海外がやっても良いのですけども、そこは顧客の思う層によって決めて行けば良いでしょうかね。
 単純販売で行けるのならば、それでも良いでしょうし、それが難しいならばより顧客毎の思いや考え方に沿った形での機能性能スペックを構築させて選んで貰っての販売体系に出来れば、メーカー側としても顧客側にとっても満足の出来る販売体系に出来るのではないでしょうかね?
 つまりより自分好みな特化性能で携帯を持って行く形の販売体系にすれば、確実な形に持って行きやすいという感じですかね。
 今の形から行けば、通信速度体系だけを5G辺りとして、他の基本性能(通信速度に関与しない所)を1~3世代ぐらい前での構築体系にすると、結構本体価格引き下げられた状況で、5Gを得るといった新品を作り出す事も出来るのでは? メーカー毎のフルスペックだけを必ずしも求めないという人が結構いるのなら、この形は結構魅力的な形にもなるやもしれませんね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 携帯情報端末~終了~オーダーメイド





























 それで、この体系においてボディの方にもいろいろ改造やら改良を施せるようにして、色やデザイン系の形において、表と裏で違う色形の構築で組んでみるとかいう形に出来ると、それも1つの楽しみ方という事で人気を出せるのでは?(今まではカバーでしかできなかったけども、この形でならば本体の方にも自分好みの色形に。) ついでに、本体裏面を2以上分割で色を分けて組み合わせられるようにして、カラフルな本体を作り出せるとか、デコレーション柄本体とかも自分好みで選んだり作れるようにしたりとかできると、なお良いかもしれませんね。(追加費用形式で。 そしていつでも好きな時に交換して行けるような形にも。) そしてカバーと本体を組み合わせるようにしてまた新たなデザイン体系を構築して楽しませていくような形もありなのでは? まあ本体の柄などにそこまでのこだわりがある人が多いならの話ですが。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1036回 休憩 小話 日本での殺人事件が減った理由 [休憩]

 さて意外なほどの反響呼んでいる昨日の回ですけども、私としては軽く考えた内容だったのですがね。(仕組み自体は本気で考えたけども、私自身の使う労力はそれほどかけていないという意味。)
 それで本日はいつもの通り休憩回として、本題に入れているのは小話程度での日本での殺人事件が減っている理由に関しての話ですかね。 まあ実際殺されている人の数はあまり変わらないのでしょうけど、殺人事件は減っていると言えるでしょうね。(警察基準で見れば。)

 さて時事に関しては、今日は天皇の祝いの日という事で、それらしいネタは収集できなかったのですけども、日本の防衛に関する問題としては、日米最新のステルス戦闘機の墜落問題がいろいろ騒ぎになっているようですね。
 それを場所が場所だけに中国やロシアに先に回収されると、機体の機密情報が漏れるという事で、日本が相当まずい状況に立たされるかもしれない感じといったようですね。 まあそんな場所で訓練行なうという方が悪い気もしますしね。(アメリカ側の海上で飛べばよいと思ったりもしますが。) やはりどこか日本の防衛体制は抜けている面が強いのではないでしょうかね?
 今回の件も問題としては機体的な所の整備不足のような気もしないではないですね。現状今の自衛隊においてはそれが深刻な問題として出ていて、それを知ってか知らずかそんなことは気合で解決しろという感じで、そこに予算は出さずに全部新機体購入費用とかにつぎ込んで、整備の質の問題が悪くなる一方という噂も出ていますからね。
 どんなに高性能な機体でも、整備が整えられていなければ最高のスペックは出せないというのに、そこら辺を理解出来ていない人たちが防衛の予算を握るというのは、最悪な状況ですよね。(ねえ?安倍総理&麻生財務大臣副総理?)
 これを人間に置き換えると、どんなにハイスペックなエリートでも、健康状態が最悪では、その力を存分に使えないのと同じという事です。そしてその健康管理はどうでも良くて、ハイスペックエリートの肩書さえあれば良いとしているのが、現安倍政権という事です。(大事な事なので置き換えてみました。)

 さて、現政権への恒例のダメ出しを終えまして、小話的な本題として日本での殺人事件は減ったけども、総合的に殺されている人の数はそう大して変わらない事に関しての話です。
 これは警察などが公開するデータ上では確かに日本での殺人事件や凶悪事件の件数は少なくなっているように見えますが、これが=治安が良くなっているというデータには決してありません。
 殺人事件等は確かに減っているのでしょうけども、その代わりに増えてきている問題は、殺人認定はされませんが結果だけを見れば殺人行為である車による交通事故事件ですね。
 この車による事故事件は、現状殺人行為での殺人事件として認定されていないので、これによる故意を含めて殺人件数で見たらあまり変わらなくなるかむしろ増えている恐れがあるという事です。 その代表例が高齢者運転による踏み間違い等での過失殺人行為ですね。これだけでも1度に大量の人達を殺す事件(事故)は度々報道されていて、その他狙ったような重過失による事故で殺される人の数なども含めて、さらにブラック企業に代表される長時間労働等での虐殺行為も殺人認定させると、あら不思議…日本の殺人事件に類される状況は昔よりも酷くなっているように思える状況となります。 ついでに、いじめ自殺等に代表される行為も、間接殺人と同じ行為であり、警察は認めませんがそれも殺人に加えたら、人が警察が認める殺人事件以外ではむしろ前よりも酷くなっている現状が垣間見える事になります。
 そしてそれらで主に被害を受けるのは若い人や子供たちであり、その殺人虐殺が横行しているから日本の少子高齢化が進んでいるというのも要因の中に入ってくるでしょうね。
 要は警察が自分たちの成果を誇る為か政府が成果として誇る為に殺人行為の認定条件を絞り込んで少なくさせて、それを誇れる成果として日本の治安は良くなっている風に見せているけども、実際に車使ったり間接殺人などで殺されている人は増えていて、むしろ日本の治安は悪くなっている感じにも見えると言った方が良いかと思われますね。 現状学校でも虐めて殺したもん勝ちな無法状況になっている所が散見されますし?ブラック企業も已然大量にあって長時間労働で殺されるケースや管理の悪さで殺されるケースが多いし、車を使えば故意だとしても殺人事件認定されにくいのだから、やりたい放題で罪の意識も軽く殺したい放題な状況になっている状況で、むしろ治安は悪くなっていると見た方が堅実ですかね。
 昨日の件も同様ですけど、盗撮や盗聴の犯罪道具が普通に購入しまくれて犯罪やりたい放題の国が治安が良いなんてとても世界に自慢できるレベルじゃありませんからね。
 ついでにブラック含めたら外国人の働き手に対する対応が世界でも劣悪過ぎる状況で、治安が良いなんてとても言える状況じゃありませんよね。

 安倍政権になってから治安がどんどん酷くなっているイメージしか湧かないですね。まあ現状政権の腐敗というか自民党政権での腐敗がこれを深刻化させているのでしょうけど、こんなに人が殺されまくる状況が続く状況では、とても日本は未来に生き残れないと思いますけどね。
 そしてお次は幼保無償化の件で、対象範囲を認可外まで認める形にして、子供の安全は二の次で高所得者たちの暮らしがさらに豊かになる為なら、低所得者たちの子供なんて皆殺しにしてしまえばよいという安倍総理の思惑が透けて見える感じの状況になっていますね。
 今やるべき対策は無償化よりも、安全安心の受け皿である場所をもっと拡充させる事なのですけども、東京に一極集中させているだけの状況では、何も問題は解決されないという事をおバカな国民も知っておいた方が良いと思いますね。
 どうせやるならば、東京以外で人口密集地以外の場所に子育て特区地域を設立して、そこに大量の安心な受け皿(幼稚園なり保育所なりに、小中高大含めた学園都市特区)を一気に用意させていく形にした方が良いでしょうね。 じゃないと狭い場所で土地価格の高い所に作っても、コスト面で不可能になるケースや保育士たちの状況で悪質にされて子供が大量虐殺されるだけになりそうですからね。

 ちなみに今の少子化問題というのは、何も生まれてくる子供の数が減ってきている事だけが問題ではなく、いじめや虐待に安全上の事で殺される数が年々増加してきている事も関係しているのですよ。 要は子供の安全を守る事が出来ない状況だから少子化が加速しているという状況であり、それが安倍政権では一気に加速して上がっているという事です。 だから私は安倍政権が子供を虐殺しようとしての政策ばかりを進めていると言っていたりするわけです。
 子供や若者を安心して守っていける政治や社会の体制になっていれば、このような少子高齢化の問題や人材不足の問題が引き起こされる事もなかったわけで、それらは全部高齢者ばかりに優遇して行った安倍政権の最大の過ちというわけです。 結局自分で自分たちの政治の首を絞めているけども、それで良いとしている醜いゾンビ共ですよ。(ゾンビだから脳みそは溶け落ちたのでしょうね。)

 現状でも、現在問題になっている子供の安全状況を改善するだけでも、少子化状況はかなり抑えられる形になり、それによる人材面の不足状況も少しずつ改善させていく事も可能なので、そちらに日本全体でシフトして行く事が必要だと思いますけどね。 まあこのまま問題がより酷くなって混乱を重ねたいのなら別ですが。 ちなみに、私の政策上ではAIやロボットの大量導入を掛けて行くので、どの道人材不足の状況はかなり改善されていくでしょうけどね。
 そして余るようになった人材は、お手軽農業に向けさせるか、造船技術からの海上都市構造で増設させて行ったり、地下都市の建設を進めたりして、新たなフロンティアの開拓を日本でも進めるようにして、そこに新たな仕事を増やして行けるようにしていくつもりですね。だからこそそれらをマニフェストにもしっかり記述しているわけですね。
 住める土地の広さが陸地上には無いのなら、地下に空に海に新たに作り出して行けば良い。地下を掘った土で、空や海の上に土地を作っていければ、無駄になったり余ったりする心配も必要無い。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 殺人事件~終了~子供の安全





























 私の考えやビジョン構想などは、大概遠くのより良い未来を見据えて考えているものがほとんどですね。 今の安倍政権みたいに1,2年先ぐらいしか見通せないバカとは違います。
 私は基本的に数十年から数百年ぐらいの状況を考えて政治の話をしていたりするので、その辺での違いは当然のようにあるでしょうね。 まあ即効性のある内容から、それが後により良くなるような形に持って行ったりする事も多いですけどね。
 ちなみに現状の考えでも、衣食住最低保障に関する制度的な物は、最初は確実に首都や大都市からは外しますね。(東京の人に嫌がらせ目的(主にバカにしている奴ら)で、埼玉や栃木らへんに作るというのもありかな。近畿ならば滋賀辺りに。) なるべく落ち着いた場所や閑散地域に作って、そこに新たな人を増やして行く過程の形で増設させて制度を大きくさせて行く形にします。
 だってこの制度では、特に働かなくても生活して行けるというのが基本なのですから、都心に作る必要性は皆無ですからね。(まあ人の分散化を狙う意味でもその方向性で大きくさせて行くと、全体的に良くなりやすくなる。先の子育て特区のような意味も含めてね。) END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1029回 休憩 無人運転自動車の前にAI搭載自動車で事故やあおり運転抑止に? [休憩]

 さていつも通りに休憩回です。 まあタイトル通りのちょっとしたことは話す予定ですけど、基本休憩回です。

 それで時事は特に無いですね。相変わらず報道の目玉は令和ですし。それ以外もちらほら復活してきましたけども、私が取り上げる内容はあまり無いですね。
 まあ令和に関して追加で言いたい事は、「そりゃねえわ」という言葉に新元号が当てはめやすい事ぐらいでしょうかね。という意味でのマイナス元号交じり言葉の完成という相変わらずの野次りぶりでございます。
 ちなみに令和という元号は春だからあれでよいですけど、冬になったら冷和に変わったりするのでしょうかね?(というか誰か書き間違えそうな気も。) それとも、霊和?(殺されて霊になって和やかに。そんな元号。) という感じで、いじろうと思えばいくらでもマイナスにいじれる元号それが令和。(エイプリルフールで私が例えた0和の如く、マイナスの意味も非常に多い新元号ですね。)

 そういえば、元号変更の際の小話として、令和に決まったのって、やはり総理が最初に決めていて、その方向に限りなく近づけるようにいろいろそれとなく誘導していたようですね。
 最初は令和以外の5案が気に入らなくて、急遽新たに用意させたのが令和で、それを安倍総理が大変気に入って、有識者の意見を聞く頃にはそれとなく令和をみんなが選ぶようにいろいろ細工していたようですね。
 中国由来の漢文からは今回はやめておきたいと言ったり、残った二つで「えいこう」は人の名前と被りそうと言ったりで、消去法で令和に自然と辿り着くように総理がうまく誘導させて今回も決まったような形のようですね。つまり今回も独裁的に総理の好き嫌いで日本の元号が勝手に決められたというわけですね。
 なのにも拘らず、令和という言葉も元の言葉を見直せば、万葉集から選んだというのだが、その万葉集を作る元になった文書は漢文辺りから来ているようで、よく似た文言がそちらの方にもあって、純粋な国産元号ではないという状況にもなっていますね。結局中国からは元号体制がまだ完全には脱せていないという事ですね。
 私が勝手に決められるのなら、日本をイメージする言葉として、「和桜」(わおう)みたいなのにしたいですかね。(まあ私の原則は天皇に決めてもらう形が1番の最適な所ですが。)

 では、休憩がてらにいろいろ言った所で軽い本題の話ですけども、今車に関して開発が進んでいるのは無人運転車ですけども、簡単な所で車にAI搭載させていろいろサポートできるようにさせても、事故や踏み間違いにあおり運転等の抑止等々で使えるようになるかと思われますね。
 この流れはすぐに活用させる事も出来るでしょうし、私のマニフェストに~とかいちいち言う気はありませんけども、車に運転サポート用でAIを搭載させて、いろいろ話したりできるようにすると、運転初心者へのサポートは元より、高齢者運転へのサポート能力として、歩行者などのAI認知により自動的にブレーキが掛けられる等の対策をAIが自動的に行えるようにすると、対策もしやすくなるでしょうね。(仕組み的にも、車載カメラでAIが認識できるようにして、ブレーキシステムとリンクさせれば良いだけですし。)
 他にも運転時の各種注意情報や自動的なアクセルとブレーキの使い分けの補助等も頼めるように出来るでしょうし、緊急時での的確なハンドル操作ぐらいならば、無人運転化させなくても対応させる事は出来るでしょうし、従来のカーナビ系のシステムをAIが認識して音声などで伝えて、自動的に更新して行くようにする事も出来るでしょう。
 あとは事故等をした時の対応もすぐに登録した電話に自動対応で掛けてくれるようにすれば、対応早くする事も出来るでしょうし、あおり運転に代表される事でのドライブレコーダーとのリンクも含めて、状況に応じて自動起動させて、AIも状況を把握できる形にして、その状況を適時登録の保険等や警察などに自動で繋いで、対応を聞いたり呼び出す事もすぐに出来るようにして、相手が止めてくる状況になる前に警察に来てもらう事も場合によっては可能に出来るかもしれなくなり、ついでにその他の危険性への対応をAIが自動的に行なって対処するような対策にて、撃退させるなども可能になるでしょうね。(クラクションの機能に音楽系の機能を組み合わせたり、警察との連絡状況をそのまま繋いだりすると、相手も好き放題しにくくなるでしょうね。 あとは、ワイパー水の辺りを少し改造させると、危険人物撃退用にさせる事も。(AI専用システムで。))

 基本的にこれらの話は、車にAI搭載させて、いろいろ車の機能にリンクさせて使えるようにして、使用権限を与えさせるだけで、使えるようになる方法ですから、いろいろと人の運転の補助要員として便利かもしれませんよ。
 というかこれを思いっきり応用させると、自動車教習所の実技教官が必要無くなる可能性も?


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 令和裏話~終了~AI搭載自動車





























 元号に関する情報に関しては、報道の力はすさまじい状況ですね。まあもっとも、決める有識者の中にはおしゃべりさんが幾人か混ざっていたようですし、情報が瞬時に流出するのは仕方の無い状況でもありますけどね。
 どうせ今回も数十分辺り前位にどこかが令和確定の情報は掴んでいたけど、先に出すと変えられる恐れがある為出せなかったのでしょうね。 ネット経由式で、元号発表の確定状況で壇上に上がって、いよいよ発表の十秒ぐらい前に公開という形なら、できなくもなかったのでしょうけどね。(そこまでの知恵と方法は思いつかなかったかな? それとも記者も人であるから良心でやらなかったか。)
 やはり天皇に直接選んで決めてもらう形式の方が、情報漏洩の危険性も最小限で行けるのではなかろうかね。 決めるべきは、旧時代の高齢者ではなく、新時代の若者の方がふさわしい。
 平和に成る時代を無かった事にしようとする気満々な今回の新元号ですしね。平和な時代を消して、戦乱の昭和時代に巻き戻そうとする動き。 中国じゃないですけど、バックorバック。
 時代後退の新元号。それも令和。 END
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1022回 休憩 新元号改定について少し思った意見 [休憩]

 さて休憩回ですけど、同時に例の更新もしていたりします。ちょっと更新パターンを変更していたりします。
 さて今日の休憩回については、新元号の改定についてふと思った事についてですね。醜い奴らが決めるよりも、バシッと新時代の人が決めた方が良くない?という話ですね。

 さてそれで本日の時事に関しては、国内外問わず幼稚園などの幼い子供を預かる施設で教職員などの虐待行動が目立つ事に関してですけど、まあそりゃ人ですから、低賃金で子供の世話する重労働で子供が言う事をあまり聞かないともなれば、そうなるのは人として結構普通にあるでしょうね。 普通に子供が好きだったとしても、子供や仕事に関する事で異様にストレスが溜まれば子供に対して攻撃する危険性も無くはないでしょう。それに基本的に1人の世話人が見るに値する児童の数の割合が多すぎる事もそれに起因していて、利益目的だか人材不足だか知りませんが、それで結果的に子供に被害が出てしまう体制ならば、変える必要性はあるでしょうし、それを早期に発見して抑止させていく形としても最低でも、AIによる子供の安全を優先して守るシステムで構築させた方が良いのではないでしょうかね。それなら、その空間内に保育士と子供たちの他に絶対公正なりて子供の安全性だけを優先するAIが存在する事となり、保育士の虐待に繋がる行動の防止と抑止に大きな効力を発揮できるでしょう。 AIは正しく使えれば、戦争や攻撃等の行為を止める最強の平和の管理者にする事も可能です。個人的な人の意思の介入を全て防いで、人や子供の命や安全だけを最優先目標として設定させる事が出来れば、何がどうなろうともその存在を守る最強の存在になり得ります。
 昨日も言いましたが、そこに人の個人的意思が介入すれば、いかようにも悪い方向にも変化してしまうのもまた然りな実情ですけどね。それで悪いのは機械ではなく、結局最後は人でしかないという事ですね。

 と、いつもの感じで行きましたが、ここからは割かしのんびりとした意見に関してですね。(まあ既に政権共を醜い奴らと言ってしまっているけども。(笑))
 それで間近に迫ってきた新元号の発表に関していろいろと揺れている日本ですけども、前回は毎日さんが発表目前で暴露しちゃって、一騒動になったみたいですね。(私は生まれてもいないので詳しくは知りませんが。) それでその反省からか、今回は厳しく厳重に決める人達の行動から携帯の持ち込みまで厳しく徹底管理して決めようとして、そこまで信用出来ないのかと逆に大反発で混乱している状況になったりもしているようですね。
 でも、そういう混乱が起きるのって、決める奴らが政府の人間ばかりで醜く決まりきった感じで決めているから起きるのであって、そんなややこらしくわざとらしく決めないで、さっぱりと案を3つぐらい新天皇の元に持って行って、そこでスパッと決めてもらう形の方がいろいろと良いのではないでしょうかね? それに天皇を象徴する元号でもあるので、最後の決断を新天皇に最初の仕事として決めてもらった方が国民感情的にも良いのではないでしょうかね? その時の新天皇が自分が目指すべき道の在り方の1つとしても定めやすいように天皇に決めてもらう方が私は良いかと思いますね。 まあもう1つの本音を言わせてもらえれば、時の政治家トップが勝手に決めて天皇に当てはめさせるのもどうかと思ったりもしたからですけど。 特に今のほぼ独裁者が選ぼうとしたら嫌な戦争国家な元号にされたりするかもと一筋の嫌な予感もあったりしてね。 どうにも最近のニュース見ていると、安倍総理は日本を軍事国家に変えたい目論見があるようですからね。そんな血なまぐさい奴の決めた元号よりも、イメージ的にクリーンな新天皇に平和的に決めてもらった方が心根的に気持ちよく納得できそうじゃないですか。 まああくまで個人の意見ではありますがね。


 それではここまで見て頂き誠にありがとうございます。
 AIと人~終了~新元号





























 さて久しぶりに私の話ですけども、相も変わらず私は今で言うとレトロ系なゲームをしていますね。まあそこまでレトロではなくて、ゲーム機における1世代前ぐらいの物(DSやPSVita)をやっているわけですけど、今流行りのソシャゲやスマートフォン系のゲームは全くしていませんね。 基本的にあれらは課金ありきのゲームが多くて、総合的な価格と満足度で行けば、普通にゲーム機型の方がコスパが安いですからね。それに、専用系ではない場合で携帯等から使う場合には、必要な時には本来の機能が使えなくなる恐れや充電器の大量持ち運びなどが必要になったりと面倒なので、面倒事を嫌う私とは合っていないのですよね。 形態も未だにガラケー型(一応存在レアなガラホだが。)ですしね。この型だと、面倒なアプリ系は来ないし、ウイルス感染での被害もほとんど無いので、その辺の対応をしなくても良い点が魅力ですね。まあその割に基本操作は面倒ですけど、1日の使用率が基本的に24時間中の0.5%以下(1日放置していることもざら。)なので、別にどうでも良い状況で、そんな状況ではスマホに変える意味すらも無いので、契約会社のサービストークは全部無視っている状況ですね。(笑)
 まあそれでゲームに戻って、今やっているのは主に大戦略というゲームですね。まあ名前の通り戦争ゲーム系で、リアルを求めた感じのゲームになっているのですが、バグの残りが凄まじいですね。特に雪国のマップではこまめにセーブしないと、すぐにバグで強制的に切られるので、短気な人には確実に向かないゲーム状況になっていますね。
 まあそんな感じで雑多な休憩回でした。 END



 問題のソフト名? PSVitaの大戦略パーフェクト どこがパーフェクトだ?
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1015回 休憩 新法”体罰禁止法”において、体罰以外の的確な決まりを守らせる方法 [休憩]

 さて休憩回ですが、新たに取り決められる予定の体罰禁止法において、的確な体罰以外でダメな事や良い事を守らせる為の良い方法を紹介します。 これは体罰などよりも遥かに効果的な方法になります。 まあそれと同時に体罰禁止法だけに留める政府の無能状況にも話しますけどね。本気で対処する気が無い。

 それで時事の欄においては、大阪都構想での話なのですけども、今日のten.で対立候補同士の対話が行われていたのですが、それを見た感想から言うのですけど、どうにも大阪都構想というのは、大阪に絶対なる独裁者を置きたいという感じの話のようですね。 それは今の問題連発で都民を無視し続ける都知事の悪政連発やら安倍総理のような長期独裁政権で国民を無視する事ばかりの政治を最高に良いと考えて、それを大阪にもしようと言うような内容に思えましたね。 というか、この大阪都構想は中国の1党独裁の政治の仕方を見て良いと思ったようなので、基本的に独裁者が好きなように政治を振るえる悪政の確率が非常に多いやり方が良いと思って考え出されていたようで、それでただ良くなると言っていても、今の都政や国政の形を見ても、良くなるとはとても思えませんね。 ただ、府と市で長同士が対立するのも問題ですから、お互いに住民の暮らしを良くすることで一致団結出来ればそれでよい形に出来ると思われるのですがね。 やはり政治家の老害共や独裁政権こそが権利を集中できて正しいという傲慢さでしかなれない奴らばかりで、碌な人材がその位置に成れないその制度に問題があるのでしょうね。 私が前に言った地方議会運営の新体制の方法でなら、こういう問題はきれいさっぱり無くせる話でもありますからね。 政治は住民を従わせる物ではなく、住民の協力と共に作り上げていく必要のある物ですから。
 なので、私の意見としては、ただの悪政独裁にしかならない大阪都構想には反対の意思ですね。 間違えたら選挙で切り換えれば良いとか今の府知事はほざいているが、間違えた奴がその土地をぼろぼろになるまで好き放題する事を良しとするのか?という事と、それに至る道の責任が取れるのか?という事を挙げたら、多分話をすり替えるか遁走するでしょうね。 間違えている輩ほど、その独裁者の席にしがみつこうと好き放題悪事を働く物ですからね。それで被害に遭う住民の事を無視するなんて、政治には向いていないと思いますね。 あと今の大阪市長は、私たちを選ばないと府民市民は不幸になるとか言葉で脅していますから、碌な資質ではないでしょうね。次の府知事には落とした方が良いのでは? 次の維新の市長候補は、その辺はまだましな考えのようですけど。 まあでも、維新ダブル勝利後に都構想に至る道辺りを全て潰せば、それでも良いのですがね。 都構想を分かりやすく言えば、権力集中での独裁者を作りたいという話なだけですからね。大阪完全ブラックボックス化させたいのなら、権力者の為の都構想でも良いのでしょうけど。

 それでは本題の体罰に変わる効果的なしつけ方の方法ですけど、その前に、法律として決まりそうな体罰禁止法に関して言いたい事を言いますが、これの趣旨自体はとても良い内容だと思いますが、その実現性という意味では大幅な疑問でしかないですね。 まず明確な罰則条項は特に無いようですし、それを見極める事としても、外で行なわれるのは止める事も可能ですが、大体こういう体罰は屋内で密かに虐待形式で行われる物であり、それを止められるだけの効力はこの法律には存在しないという事なので、現実上あまり変わらないというのがこの状況の悪い所であり、これだけに留めているようでは、政府側の本気度は全く見えてこない状況にしかならないという所ですね。
 ついでに言えば児童相談所増設の件でも大人側の意見が強く反映されて、自治体などの強い反発で増設が出来ない状況になっているようで、その原因は地方自治体の資金面の不足と人材の不足状況が挙げられて、それに対して国は無関心な状況だからやる気が無いと言えるわけですね。
 増設に対する国の補助や人材を集めたり育てたりする事の本格体制作りを国が主導で行う必要があるのに、それを行なわずに地方に丸投げで逃げているだけというのでは、子供なんて全員死ねば良いと政府や安倍総理が思っている事に等しい状況と言えますね。
 まあ人材面に関しては、この少子高齢化の問題と、きつい内容での低賃金体系みたいなのがあって、ついでにお役所仕事でのやる気のない体制と相まって、かなり厳しい状況になっている事が多いようですけども、ここでも子供の命と安全を守るために、どうしようもないクズな人間よりもAIに任せて守って行く形に切り替えて、専門的知識を蓄えさせて随時学習できるAIに基本的な児童相談所の統括的地位で守らせた方が対応能力が高められるのではないでしょうかね? そして人が使えぬのなら、ロボットを使えばよいわけですし、必ず全てを人間だけで行なう必要がある物と考えを固執しない方が良いかと思われます。 それは柔軟性に欠けた行動で、それでダメ大人の逃げる道を作って、子供の命が守られないのなら、守るために全力を尽くせる形を見極めていく為にAIやロボットの活用の形も追い求めて実現させていく方が良いかと思われますね。 能力のあるロボットならば、人間以上に数の量産体制を作りやすいですしね。 ついでに多少の刃物程度であれば、身を挺して子供を守る行動に移せますしね。
 私なら、多少の倫理や人道性を無視してでも助けを求める命の安全を最優先に行動して行きますね。それをより多く助けられる道でね。

 それでは長く語りまして、ようやく話の本題ですけども、体罰が禁止となってしつけ等が大変になると考える人も多いかと思いますが、ある体系の形でならば、非常に効率よく決まり事を守らせていきつつ虐待にも全く触れない方法とする事が出来ます。
 その方法は非常に簡単でコスト的にもそこまで高くありません。悪い事をしたら子供の好きな物ではなく、普通の食事や体に良いとされる嫌われる食事を出して、悪い事に対する反省や良い行動が出来たら、その行動理由を褒めつつ子供の好きな物(好きな食材やお菓子等。軽いお小遣いでも良い。)を何か1つ与える形にすればよいのです。 つまりダメな行動の時には普通の対応や子供が嫌いだけども健康に良い物を出して、良い行動が出来た時には、その行動を褒めながら好きな物を出すようにすれば、必然的に子供はご褒美を求めて、良い行動をしていくように出来ます。 これなら体罰などよりも遥かに効率よくしつけ(決まりを守らせたりする事。)させていく事が出来るかと思われます。
 また、交通ルール等での危険な事を分からせる為の決まりなどを教える事においては、多少の怪我等で済むのなら、あえてその状況を放置して見守り、その行動における結果を実体験させてから、その行動に対する注意などをしっかり説明して行くという形でも、しっかり覚え込ませていく事も出来るでしょう。 それの応用の形で、そういう交通の決まりなどを多少の危険や怪我等で実体験させられる施設で身をもって覚えさせていくような施設があっても良いかもしれませんね。 交通安全を無視すれば自身の身にどんな危険な事に遭うのかを大怪我をしない程度に遭わせて、守ってもらうように自分から考えて行動できるようにする施設などをね。 人や親から言われただけで全て聞くような聞き分けの良い子ではない場合、こういう施設によってどんな目に遭うのかを実体験させて学習させた方が良い可能性が高いでしょうからね。 まあその状況で無視しまくれば、平気で擦り傷や打ち身がどんどん自分の行動で増えて行くだけで帰れないとされたら、どう足搔いても学習して自分が傷つかない決まりを守る行動を覚えていく事でしょう。 その施設においては、多少心を鬼にしてでも子供に安全な決まりを守らせる行動に施設の人と親たちが徹する事が必要です。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 大阪都構想~終了~体罰禁止法





























 まあかいがいでは体罰禁止の流れは普通であり、日本が大幅に後れを取っていただけの話である。 これからは軽く叩いたりしただけでも体罰に認定されてしまうのかと恐れを抱く親もいるようだが、体罰による教育に良い事は特に無く、悪い事しかない状況では、その意識として悪い事で叱る形から、良い事で褒める形に教育思考を変化させる必要があると思われる。 叱るのではなく、良い行動が出来たらそれを褒めてご褒美をあげて行く事を少しでも慣れさせれば、必然的に決まりを守る良い子に育てていく事にさせやすくなる。 ただし、良い行動が出来なければ普通の特に何も変わらない状況か、子供が嫌いだけども健康などにおいて良い物を与えるという形でならば、子供にとっては嫌だけども全く虐待には当たらない行動に出来る。
 叱って育てるよりも、褒めて育てる方が将来性は確実に高くなりやすい。 まあそれでも時には叱ることも必要だが、そこに体罰に当たる行為は必要無いという話です。

 と、散々教育の何たるか等について語ってはいますが、私は現在でも1人身最高な状況の為、すごい説得力は全くありませんけどね。(笑) でも、統計や様々な育児教育に関する情報を集めた形では、この方法が決まりを守らせるにおいては効果を発揮できるでしょう。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感