So-net無料ブログ作成
NEWビジネススタイル ブログトップ
前の10件 | -

第1055回 日本普及率を上げる2000円札有効経済活用法 [NEWビジネススタイル]

 さて今日は昨日の報道で見た中で2000円札が現状幻のような形になっている現状と、沖縄などの一部の店舗では今も普通に取り扱われている事に、外国人にとっては使い易い紙幣である事等も踏まえた形で、普及率を普通水準まで引き上げる為にはどうするべきかという形での経済の形の紹介回と致します。 というか…沖縄系のお店がもっと頑張るべき話だと思うのですがね。

 さてその前に恒例の時事ですけども、天皇の坊ちゃんに対する刃物の事件は結構騒動になっていますね。まあ改元直前で天皇が交代する直前の事件だから神経尖らせるのも無理はないと思いますけどもね。
 それで報道の方では犯人側の思惑が見えないとか言っていますけども、刃物がピンク色に塗られていたあたり、私が前に話した女性天皇を認めさせる為に邪魔だという意味での犯行の可能性も高いと言えるでしょうね。まあそれ以外に天皇制度反対派による子孫断絶の目的等も可能性として含まれるのでしょうけど、それだけならわざわざピンクに塗る必要はないですしね。
 坊ちゃんが居なくなって喜ぶ存在と言えば、天皇制度反対派以外に女性天皇を認めたい団体等もやりそうな状況に今なっているとも見られ、ひいてはそれを行なおうとしない安倍政権に対する批判も含めての犯行のようにも思えますかね。
 つまり安倍総理が今している事は、天皇を憎む人たちを増やす行為をしているという事にもなるでしょうかね。
 ちなみに女性天皇の件では、次の天皇の子供が成るべきだとか思っている人も少なからずいるでしょうし、女性宮家として天皇家の位置に留まって欲しいと願う人たちもいるでしょうから、そこまで範囲広げると結構な人が行なってもおかしくはない状況が今形成されているとも言えるでしょうかね。(女性差別主義者の安倍政権によって。)

 あと他の時事として、若者バカバイトの悪質動画がまだまだ健在のようですけども、もう少し罰則強めてバイトでの悪質行為を動画でばら撒く行為自体に罪を作って、反省のさせ方として市中引き回しの公開処刑に科す辺りにしたら大幅な抑止効果に繋げられそうな気がしますけどね。
 ちなみに内容は、本当に車に檻繋いで、その檻の中に犯人を両手足と首に手錠や枷で繋がせる形(うるさいようなら口は閉じさせて)で放り込んで、身動きがあまりできない状況で、檻は基本的に360度の横方向と上から丸見えな形にして、犯罪行為で何をしたのかの透明で文字入りのプラカード張り付けて、「写真にSNSに動画投稿自由でどうぞお好きに料理してください」という文字も用意して、車でゆっくりと市中引き回しでの観衆監視型公開処刑の形にさせる。
 顔は完全に晒された上に身動きのあまりできない状況で、ずっと檻の中のみじめな状況を何かしらの手段でネットに載せられまくる公開処刑の罰の形なら、犯人に対する凶悪な反省のさせ方にも出来て、抑止効果も絶大に出来ると思いますね。
 そして檻での生活では、基本1~2日間ぐらい水だけの状況で、トイレは下半身だけ隠せる形でのスタイルにして、これでもかというぐらいに大勢の観衆の中で目立ちまくれる最高(最悪)の環境にします。 これぞ市中引き回しの公開処刑(社会的精神的) 目立ちたいなら本望ですよね?

 さて怖い系統の話は終えまして、経済系に類する2000円札の日本普及率の増加に繋げようとする特殊な日常ビジネスの形を今日は紹介して行きます。
 それで今日本において2000円札の存在は幻のような形で見られていて、沖縄以外で見る事は非常に稀な状況にあります。(ただし沖縄に関しても一部の所で普通に使われているだけですが。)
 ただし2000円札は海外の外国人旅行者にとっては非常に親しみやすく使い易い紙幣だという事で、この2000円札をもっと日本で流通させて流通量を増やす事は、結果的に外国人達にお金を使ってもらい易い形に持って行きやすくなるという意味で、その辺の経済効果は高いように思われます。 だからこその日本での流通量を増やす為には、日本人にも積極的に使ってなおかつ普通に入手できるような場所を増やして行く必要があるでしょう。

 ただそうは言っても現状での形のままただ増やそうとしても難しいので、まずは基本流通量の多い沖縄の店等に頑張ってもらう形として、他都道府県においてのお店の形で2000円札が普通に使える&釣銭として2000円札が希望者に優先的に渡されるような現金扱いの形にさせて、2000円を基準とした形での特別サービスを増やして行く流れにしていくと良いでしょう。
 そしてその形の中でも2000円札での支払い時でしか受けられないサービスの形にして、そのお店で得られる2000円札の形から2000円の2000円札での支払い時だけの特別サービスを用意させて、2000円札でのその周辺もしくは店舗だけでも普通に流通させられるような形にさせます。
 それでサービスとしては割引や得点商品を付けるなどが一般的ですが、その他にも値段統一系での複数の商品まとめ型による2000円による割引の選べる形(もちろん2000円札による支払い時のみ)や、レストランや食堂形式での回数券的な役割にして、2000円札の倍数ごとの値段設定にして使わせる形にする事や、2000円札の使用や受け取りごとにポイントを溜められるようにして、使用時は倍のポイントを受け取れるようにして、ポイントによる豪華賞品やくじ等を用いた形で最終豪華賞品は沖縄旅行プレゼント(+ボーナスで付近の島々のうち1つか2つも移動費付きとか)とかでさらに沖縄にも行きやすくさせるような形にさせても良いでしょうね。

 そうやって特定の紙幣(今回は2000円札をターゲットで話していますが。)による様々なサービスの形で展開させていくと、少なくともそのお店内だけでは普通に流通させて、そこから少しずつ周りにも使用範囲を広げていく事も出来るでしょう。 特にそれで外国人観光客がこぞって訪れてくれるようにしたり、普段は基本的に使用目的のない2000円札を有効に使えて、かつ普通に入手できる場所として認識周知が進めば、それの恩恵にあやかろうと周りも使えるようにしたり入手した2000円札の使用先としての効果でもさらに流通効果を高める事が出来るようになるでしょうね。

 あとはいま世界で主流の電子決済やらクレジットでの支払い形式ですけども、これにも日本の2000円札の形として、電子データの形で2000円札のデザインが入った電子紙幣として作り出し、基本的にはそのお店(もしくは沖縄の正式ネット系)から入手できる形(普通に海外のお金とからも変えられる形で、沖縄型のクーポンみたいな扱いなら作りやすいでしょうし。)にして、同様に使える形にして、2000円札を電子の形でも所持させて見てもらって使ってもらう事による沖縄のアピールにも使わせていく事が出来るのではないでしょうかね。

 さらに2000円札の倍化式によるさらなる特典サービスで4だと幸せという事でのさらなるお得サービスが受けられる組み合わせや8でハッピーという形の言葉合わせ的なサービスを組み合わせても良いでしょうね。(ちなみに全部2000円札オンリーの話です。 1000円札等が少しでも入ったらその時点でサービス系統は無効として無かった事にされるというルールで。ただし代わりに税込含めて2000円倍化形式ピッタリの金額にする必要がある。)


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 2000円札~終了~沖縄





























 そして最後に、このサービスの仕組みを沖縄本島でももっと活性化させていく形にすれば、観光客向けのビジネスの幅を広げて行きやすく出来るのではないでしょうかね? タクシー代とかも2000円札だけならその余剰金額分割引(四捨五入形式での2000円単位型)してくれるとか。
 その他移動やお買い物に食べ物などでも2000円札の使用には何かしらの特典が付与される形にすれば、それがそのまま沖縄のサービスの形としても定着させやすくなる。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1016回 終わらない年中桜満開の施設~桜よ永遠に~ [NEWビジネススタイル]

 さてちょっと一風変わり過ぎていると思えるような今回の内容ですけども、本気で行おうとすれば可能な施設という定義において、その仕組み等の説明公開をしていきます。 これが完成すれば、春夏秋冬年中変わらず満開の桜を楽しみ続ける事も可能です。(まあ本命の内容は別ですが。一応可能とね。) ちなみに、先に言っておきますが、この方法でなら、季節に関係なく季節の花々を年中楽しむ用にする事も可能です。(ただし、複数種類やろうとしたら、相当な覚悟とコストがかかる事だけはお覚悟を。1種類でもかなり大変ですけどね。)

 さていつもの時事は、厚労省の幹部が韓国の空港でやらかしたようですね。その上で自分に非は無いとかのた打ち回って、本当にクズですね。しかも行く際にも許可を得てしたりせずに勝手に行って、勝手に行動旅行して問題起こして捕まって帰ってくるというクズ極まりない行動をして、軽い更迭で済んでいるというのは、本当に身内にはとことん甘い安倍政権という事ですかね?
 今回の行動は完全にあの厚労省のクズの責任であり、韓国の空港職員たちに非はないと見ますね。暴れていたのは紛れもない事実ですし、それがくっきり証拠映像として残っているわけですから、その状況下で自分に非は無いとか言うのは、自己責任も取れない人間のクズであるという事ですよね。 あと、韓国が嫌いなら好き好んで旅行に行くなって話なのですがね。 好き好んで喧嘩売りに行ったというのならよく分かる暴れ状況なのですがね。
 その他海外で犯罪起こしているクズ共は、そのままそこで一生終えろと言いたいですね。

 さてそれでは可能なのか?と言われそうな今回の本題である終わらない年中桜満開の施設に関しての話をしていきます。
 まあまず主題の前にこれを思いつくに至った経緯として、ソメイヨシノという桜の品種が桜が掛かる伝染病にてやられやすくて、各地でそれに代わって伝染病に強い品種に変えられる事が多くて、ソメイヨシノが普通に地上で簡単に見られる所から消えそうな話があった事に、最近の地球の気象状況において桜の開花状況が早まってきている事によるその他もろもろの影響で困る所も出てきている事から、考え付いたアイデアなのですがね。 そういえば今日ちょうど、祝日での開花宣言に沸いている都心もあるようですね。
 この桜の咲く季節に関しては、基本的に春なのですが、その日にちはバラバラで予測が立て辛い事から、予め事前準備をする必要があるビジネスには向き辛く、また桜に合う形においては、学校における卒業入学のイメージがあったりしますが、これも運の要素が加味されて、ついでにお花見においても基本的な所では場所取り戦争やら春の季節という意味での花粉との激烈な死闘も気にする人もいるでしょうから、そういう意味で気軽に行ないにくいという事もあるでしょうね。 それで屋内から外の桜を見るお花見などもありますが、それでは臨場感等が足りないなんてこともありますが、そういう問題等を全部ひっくるめて、屋内型の施設の中に桜敷き詰めていろいろな行事に使えるようなレンタル施設の形で運営させれば、四季の状況に合わせる必要もなく、決まった日取りの日程の日に桜に包まれながら卒業入学系から企業等の入社式などにお花見やその他もろもろの行事等に確実に行えるように出来て、ビジネス形態として成り立つと思うのですがね。

 そしてそれを完全に実現させる為の方法として、四季の変化における温度管理などを桜1本ずつすべて別に行なえるようにして、個別管理型でありながら、必要な際にはレンタル施設の広間などに機械的に移動させて、様々なシチュエーションの桜満開な状況で利用者達を満足させられるような形にすれば良い。
 まあただしこの形においては、桜を個別管理して行く為の広大な場所が必要となる為に、タイトルに載せたような年中形式は少なくとも縦の面積で長大な空間を用意する必要があるので、実現はかなり難しいが出来なくはない。 で、そんな年中は必要無くて春限定で良いなら、そこまでではないけどもそれなりの桜の貯蔵育成空間は必要になってきますけどね。 ちなみにこの形式であれば、強風における倒木の危険性や伝染病における病にかかる危険性を限りなく0に出来るので、その辺の心配をせずに全ての桜の種類を様々に用意する事が可能となる。 さらに言えば、個別に管理して行く形態の為、普通であれば同時期に見る事が無理な桜同士を同じタイミングで見るようにさせる事も可能である。 まあそれぞれを大量に用意しようと思えば、やっぱり長大か広大な保管育成空間が必要になってくるのでもありますがね。
 また最初にも書いたように、この形態であれば基本的に四季に影響されるような花々を全て好きなタイミングで見られるようにする事も可能で、四季のタイミングに合わせて、咲いている良い状況で見られるように調整させて、固定の日取りに合わせた行事などをこの施設で行うようにさせる事も可能である。

 それで、それらが面倒で桜の集団性を大事にしたいとかいう思いがあるのであれば、単純に温度や湿度の管理が出来るそれなりの空間の部屋をいくつか用意して、そこに桜を植えて行き、温度管理をずらしたり合わせたりして、利用者に合ったタイミングで満開の桜を楽しませるようにするという方法もある。ついでにその空間に桜以外の四季に合う形の花々を用意させる事が出来れば、年中何かしらの形で使っていく事も可能である。

 そして最終的な理想としては、日本のどこか1ヶ所ぐらいには年中春夏秋冬咲き誇り続ける満開の桜が続く場所があると、日本的には様々な行事や外国人に見せる目的等でも最高の場所に出来るのではないでしょうかね? 季節感が無いと言われようが、美しく咲き誇り続ける桜の様をいつでも見れる場所が1つぐらいあっても良いのではないでしょうかね? 日本でならば。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 桜~終了~春夏秋冬満開の桜





























 結婚式とかでは普通にいつでも使えそうですよね。その他祝いの日などにも色々使えそうですしね。 施設を作る意味合いは意外とあるのではないでしょうかね? 伝染病などにもあまり恐れる必要はないので、ソメイヨシノ等も育てて良い環境下で活用しやすく出来ますしね。ついでに、良質な桜の育成出荷販売の形にも使う事も可能ですしね。

 ちなみに、このアイデアは、元ネタというかこれを主題に用いた作品があります。私もそれを見たりプレイして良いなあと、こういう場所が日本にもあれば良いなあと思ったりもしましたからね。 その理想を実現化させる為のアイデアの1つというわけですね。
 それでその作品というのは、一般商業PCゲームとしても出されている「CIRCUS」の「D.C.シリーズ」ですね。ちなみにこれはシリーズとして長く、度々アニメ化にされていたりもするCIRCUSの代表作品でもあります。 以上、元ネタ紹介でした。(ちなみに実現過程での仕組みは原作と全く違います。現代に桜の魔法なんてものはありませんからね。) END
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第992回 AI搭載の牧場~動物と触れ合わない牧場経営~ +強烈な時事 [NEWビジネススタイル]

 さて農場牧場編の牧場方面でもネームをすごく悪く行きます。(99.99%以上わざとです。でも、内容的には良く伝わるネームですし。) 動物園等では触れ合いパーク等用意されていたりしますが、こちらの牧場経営では事実触れ合わない形の内容となり、触れ合っても間接的という動物の直接のお世話は嫌だけども、牧場経営したいという人向けの内容になっています。 まあ基本的な管理等だけこのシステム用いて、後は普通にやるという形でも良いのですがね。 ただこの形でなら、農場同じく遠隔経営も可能になります。

 さていつもの時事ですけども、沖縄県民投票の結果が出ましたね。まあ結果自体をおおよその予想通りな結果になりましたが、投票率自体はやはり低かったようですね。政府が示す普天間基地問題の解決案の確固たる代替案を沖縄県側が出せない限りは、やはり沖縄の本当の民意を固める事は出来ないという結果も同時に表明されたという事でしょうね。 ちなみにそれで県外移設を訴えたとしても、受け入れる地が見つからない限りは、政府は普通に無視し続けるでしょうから、その方法ではまず難しいでしょうね。(好き好んで受け入れたがる都道府県や市町村は沖縄の状況と同じくいないでしょうからね。それが理解できるのならその選択肢は使えないという事ですよ。) だからこそ残される選択肢は、一昨日話した内容での2択に絞られるだけという事ですね。でもまだ2択も残されて選ぶことが出来るだけ良いと思うべきでしょうかね。 沖縄在住の方でここまで閲覧している方は、どうかこの選択肢に関しての対応を沖縄県に望む形を取っていく方が良いでしょうね。将来沖縄(の陸地)から米軍基地をすべて取り除こうと思うのならばね。 ちなみに、知人に沖縄在住の人がいる場合でも伝えてみると良いかもですね。 まだ選択肢は残されているという事をね。
 それでもう1別件ですけども、今は元が付きますが自民党の魔の3回生だった強姦レイプ魔議員(正式犯罪名は、準強制性行罪)は現在逃げている様な状況みたいですね。 もうこれは自民党が共謀して逃がしていると言われても良い状況で、二階氏の指示か総理の指示辺りで匿われているのではないでしょうかね? 女性に対する性犯罪者を自民党が匿うというのは、本当に最低の政党ですね。女性を守るよりも性犯罪者を守る事が自民党の党議だとでも言うのでしょうかね。 逃がす前は自民党で国会の場に突き出す責任があって、それを放棄して性犯罪者を匿っているわけですから、総理権限でも使って表に引きずり出す事が出来なければ、総理のお友達は日本全国の性犯罪者達だという事にもなりそうな感じですね。 ああ、だから児童虐待も放置するのか。

 それでは強烈な内容終えまして、本題もまたネームが悪すぎるAI搭載の牧場の話に行きます。
 さて少し前に引きこもり農業の話をいたしましたが、今回は動物(家畜)と触れ合わない牧場経営となります。 まあもとより経営の形によっては愛情をかけすぎる人は向かない仕事でもある牧場経営ですけども、この形ならばその愛情はほぼかけずに牧場を運営させる事が出来るようになるという血も涙も無いような形態ですね。(食肉用限定でなら、良いのかもしれませんけどね。ただし高級は狙わない経営の形。) まあ基本的には今回の内容の統括管理AIのサポート系を主として、普通の牧場体系の仕事負担率の軽減効果に使うぐらいが、最もましな使い方かもしれませんけどね。 ただまあアレルギーや潔癖症な人でもこの体系の牧場経営に乗り出せる仕組みでもありますから、仕事が出来る人の裾野は広げられると考えたらよいでしょうかね。 基本的に動物臭は凄まじい仕事場でありますからね。動物にある程度の愛が無いとやってられませんし。(私?無理! というか私は基本夜型ですしね。動物との時間帯が合わない。)

 という感じで仕組みの話に移って行きますけども、基本的には農場の形とあまり変わらず、飼育小屋などを統括的に見る事が出来る体制を作り上げて、統括管理できるAIにてロボットや機械を動かしたりして動物(家畜)のお世話や畜産物や出荷形式等の事が出来るようにするだけですからね。 それでAIにおいて楽なのは、常時動物たちの状況をAIが見られる状態で異常等にも素早く気付く事が出来るようになる事と、外気の温度変化に合わせた室内等の温度や湿度変化の値を常に適切に整える事が出来るようになるという点が人よりは良く出来るという事でしょうね。 あとは掃除の形も行い易く、常に室内等を清潔に維持させる事が出来る点も利点として挙げられるでしょう。
 エサやり等も機械であれば時間帯に適切な感じで与える事も可能でしょうし、状況に応じて切り換えさせていく事も出来るでしょうね。(まあこれには学習によるビッグデータの作成が必要になってきて、初期段階ではプロの人の状況を学習させて対処出来るようにしていく必要があるでしょうけど。)

 ちなみに、牧場作業用ロボットには人型設計で人間らしい匂いを発生させて牧場経営者の画像を表示させたり、リアルタイムで表示できるようにして、それなりの人間らしさを演出させる事も可能でしょう。(意味があるのかどうか知りませんが。) そして、こちらも遠隔操作で特殊な対応等を出来るようにして、その作業をAIが学習する事が出来る仕組みにすると、新たに必要な作業などを覚え込ませていく事も出来ますし、普通に遠隔操作からの愛情などを注ぐ事も可能です。(意味があるのか全く知りませんが。)

 あとは農場の時と同じようにロボットや牧場設置型のカメラ等で周囲の状況を見回りしたり、不審者や不審動物等の接近を防ぐ方向で牧場への危険を無くして行くようにする事も出来るでしょう。 特に鳥インフルや豚コレラ等の発生を防いで行く意味においても活用させていく事は出来るシステムとなるでしょうね。 まあ今のような掘っ立て小屋のような形式じゃなくて、もっと命を守る防御体制が取れる小屋などの形に変えた方が、防げる確率は段違いに変わってくるのでしょうけどね。 現状守る気が無いとしか言いようがない。 どうせ動物の命は物以下だと見ていて、何かあったら殺処分すればよいとか考えているからの対応だと見るがね。 経営の仕組みが私から見たら動物虐待の様に見えるという事ですね。まあ家畜だから良いと考えている人が大半なのでしょうけど、その家畜動物から見れば、日本の今の現状はほぼ全てがブラック牧場という事でしょうね。
 その観点で言えば、動物園もブラック動物園ばかりで、日々展示という名の物扱いの動物虐待が繰り返されているという事ですか。なるほど、世界が批判したりするわけですね。 日本は国を挙げて動物たちを虐待しまくる国だと。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 AI搭載の牧場~終了~動物と触れ合わない牧場経営
















 ちなみに、今回の内容も動物虐待なのでは?と思われる人が少なからずいるかとは思いますが、別に野生の動物たちは人の保護下じゃないと生きていけないわけではないですし、むしろ人がいない方が割かしのびのびと自由に生を全うできるわけですから、AIロボットが常時お世話をする体系でも虐待になるような事は微塵にも無いでしょうね。(命令系統で動物虐待を人間が指示したり、遠隔操作で人間が行わない限りは。) むしろ人がいない方が余計なストレスを与えなくできるようになったりもあるかも? まあその分牧場経営に関する直接的な愛情等がありませんがね。
 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第989回 AI搭載の農場(畑)~THE 引きこもり農業~ [NEWビジネススタイル]

 さてそれではAI搭載の施設の続きを再開していく過程での今回の話は農場編からの以前からも名前だけはあった引きこもり農業のAI+版による詳しい仕組み等の解説回となります。 この引きこもり農業は、日本の農業にとっての救世主になり得て、日本の農業の後継者問題やら自然災害問題までも解決して行ける次世代型農業の形となります。 しかし、ネームだけは酷く悪イメージでしかないので、他に良い名称ありますかね?(私は注目度と面白半分以上でこのネーミングで進めますが。今の所。)

 それで本日の時事は、昨日北海道で大きな余震と思われる地震が発生しましたね。実際震度は6くらいで、あまり大きな被害は発生しなかったものの、一部断水が発生したり、鉄道等の交通機関が止まったりする事での混乱は発生していたようですね。 まあそれで被害がそれほど大きくないという事もあってか、報道でも内容的には少々控えめになっていますね。
 それで次の話題は、迫る沖縄県民投票のさなかに判明した基地建設への新たな事実にて、基地建設予定地の海中地盤に関して、想定されていた軟弱地盤の深さがさらに深い事が想定されるという事が判明して、現実上での不可能な深さにまでなっていると専門家たちが言っているようですが、政府は出来ると豪語して、専門家たちに業者の出来るかどうかも分からないを無視して意地でも作ろうとしているようですね。 もう上からしか頭ごなしに言う事はせずに、下からや横からの意見は絶対に聞く耳持たないという今の政府体制が物語る状況になっているようですね。 それで専門家が危惧する状況に陥った時は、政府はどういう言い訳をするのでしょうかね? 周りの意見を聞かずに出来ると豪語して、無理やり作らせてアメリカ兵たちを危険な目に合わせてやろうとか考えているのでしょうかね? 見かけ上は平気なように見えても、試験飛行しようとしたらいきなり基地が崩壊して、そこに居たアメリカ兵たちに死傷者が発生したら、誰が責任取るのでしょうかね? そしてそれによるアメリカとの信頼関係が壊れる可能性までも考えられているのでしょうかね?
 もう完全に安全性無視してでも基地を作り上げて沖縄を苦しめられればそれでいいやという感じで考えているのでしょうかね。 本当に周りの意見を聞く事が出来ない政府政権などクズの極みですね。 その先に待っているのはいつでも崩壊と混乱だけだというのに。

 それでは話の流れは打って変わって、ネームの悪すぎる本題の話に移って行きます。
 今回のAI搭載の施設は農場(畑)が主であり、防犯の形にAIロボット型農業の引きこもり農業を組み合わせた形の仕組みとなり、基本的にこの形は青空農業をベースに話して行きます。 つまり今の形からすぐに移れる農業の形の話という感じですね。

 それで大活躍してくれるのは、農場統括のAIと手足のように働く浮遊ドローンや農業用ロボットに既存農耕用の機械ですね。 そして基本的には、AIにお任せとしながら、大事な所は遠隔操作で細かい所なども引きこもりつつ出来るようにして、改良をする際なども引きこもって出来るようにしての農作業の形とします。 まあその際の大事なポイントや改良店等の所の操作などを、農場統括AIにも学習してもらう形にすれば、それ以降はAIが自動農業する過程の中に取り組んで行なってもらうようにする事も可能です。
 そして基本的な農業における仕組みに関しては、田畑を耕したりするのは既存の農耕機械でも行えるでしょうから、農場統括AIからの遠隔操作で自動的に行えるようにして、その際の畑や農場の大きさや範囲を詳しく見極めたりするのには、浮遊ドローンをいくつか(最低1つ)用いて、上空からの目として視認できるようにして把握させる。その際に数に余裕があれば、耕し具合を見極めたり、横からの高さなどを見極めたりする事も同時に出来て、農場統括AIが判別できる材料にすると効率性が増す。
 そしてその後の種蒔き等は、既存農耕機械があればそれで行ない、無ければ浮遊ドローンを複数(最低1つ)用いて、アーム装備の上で種を的確に蒔いていけるようにする。(これも農場統括AIにて管理&操作)ちなみにこの際もその上空から全体把握できる浮遊ドローンを配置できると、作業効率は良くなるが、最初の段階で農場統括AIに基本的な広さなどのデータを完全に覚え込ませて、GPSと連動させて行動させるようにすれば、最初の把握作業で確認するだけで、後の浮遊ドローンの配置は不要になる。(基本的な作業時においては。)
 それでその後は定期的な天気等の状況に合わせた水やりや雑草取りなどの手入れを行ないつつ、同時に周辺警戒を行なわせて、農場を守る動きにさせる。(基本的に夜は農場の周りを警戒周回させる形になる。 ここではさすがに2機以上の方が安全性は確保される形になる。)

 それで作物等が育って来た後での収穫等は、稲作等においては専用の既存機械があるでしょうから、それを農場統括AIで管理&操作出来るようにして自動で行わせるようにして、それ以外の作物に関しては、比較的軽めで生い茂る蔦や木々が無い作物等の場合は、浮遊ドローンから収穫できる体制にして、それ以外の作物に関してはAI管理で動かせる農業用の専用のロボットを作成させて、主に地上部分から悪路やデコボコ道等でも移動出来る形式の小中大の大きさのロボットを用意して、各種作物の状況に合わせて対応できるようにします。ちなみに収穫用のBOX等もそのロボットに合わせて高さと幅を自由に変更できる形でBOX用の機械としたら、その作業効率は高くなるでしょう。 ちなみに収穫においては、基本AI判断で良い物を収穫していく流れになります。(その判断は基本の情報データベースから探してきたり、熟練の人の判別の形を見て学習してさせる形でも良いです。)

 そしてその後の洗浄やら出荷作業に向けての工程なんかも全部農場統括AIの判断の下、作業用の機械を動かしたり、専用のロボットを使ったりして動かして、人は家で動かずに引きこもったままで基本的な農業の体系全てをAIが行う形で、農場を作る所から作物を作って出荷に至るまでほぼ全部をAIと機械に任せる形の引きこもり農業の形となります。
 ちなみに、夜間警戒の時にも収穫用のロボット等を配置できるようにすると、安全性のさらなる向上に役立てられます。(多少装備の付け替えなども自動で行わせて。)それによって作物泥棒から野生動物たちの襲撃から農場&作物を守っていくように出来ます。 さらに大掛かりな防衛設備(農場を囲めるように壁をせり出せるようにして、屋根も覆えるようにする。)を整える事によって、大雨や台風などの自然災害からもAIの自動判断によって回避していく方向にさせる事が出来るようになります。

 この農業形態によって、人はほぼ動かずにほぼ全ての農作業に関する部分をAIと機械が行う事になるので、面倒くさがりな人でも土に塗れたりするのが嫌な人でも生活時間帯(夜型)が違うような人でも農業未経験者でも本業がある人でもこの農業体系の形であれば、趣味の自由時間の片手間にでも農業を経営する事ができ、もちろんネームの通りニートの引きこもりでも簡単に農業にチャレンジできる形になります。 この方法であれば、今の農業離れに必ず歯止めに出来て、かつこの引きこもり農業で稼いで行きたいと考える人は今よりかは増えるでしょうから、次世代の農業改革にさせる事が出来ます。 ちなみに、牧場経営に関する話はまた別の回で行う予定です。

 そしてこの引きこもり農業体系であれば、土と森のダンジョンによる多段層構造による農場や畑を作れて、狭い立地でも何倍もの作物を実らせる事が出来るようになり、土地面積による作物の量を増やして、農業利益を増やして行く流れにする事も可能です。(ちなみにそれを人でやろうとするとほぼ確実にマイナス収支になる。)

 そしてこれが主流化に出来れば、衣食住最低保障の基礎の仕組みの1つが整う事にもなる。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 AI搭載の農場~終了~引きこもり農業
















 本当にこの流れを作り上げる事が出来れば、農業人口の高齢化問題は綺麗に片付く事になり、若者たちへの新たな仕事先の人気ランキング上位にも入らせる事が出来るようになる。 まあ基本経営主1人でAIと機械任せで、基本ほったらかし&引きこもり状態で良くなり、たまに状況確認と機械のメンテナンス等をしたりする程度で良いので、楽に出来る。 まあその分初期必要コスト等はそれなりに掛かるけどね。 まあそれを用意して、レンタルで農場土地を貸す形で今の農業関係者が渡していく形にすると、老後も安定の資金源に出来そう。(そして長期間利用すれば自動的に権利が引き継がれる形にする。)

 それにしても農業経営したら、売りに出せる物は全部出荷させて、売りに出せないけども食べる分には問題ない物を作成者が消費したり周りにおすそ分けする形にすると、意外と農業も悪くないでしょうね。 まあこの形(引きこもり農業)においては、売りに出せる物の中から幾つかを手元に残して、自己消費用に残すという形でも良いでしょうけど。(普通の農業形態よりも売りに出せない物になる可能性が低くなるでしょうから。 まあ気象変動が酷ければ別でしょうけど。)
 END

 というかこの引きこもり農業でなら、あまりお金稼ぎに執着しないで、自分が生きていく為の食糧作り目的でもやって行けたりするかもね。その意味も含めての人気度評価。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第986回 周りを気にせず安心できる席の形~新幹線・飛行機等~ [NEWビジネススタイル]

 さて今回も若干昨日と似たような回です。ただしこちらは人を守ったり、荷物を守ることに特化させた安心安全系の席の形の話です。 これならばテロや突発的な犯罪行為からもある程度自動防御させる事が可能になる。 まあその代わり分かりやすい弱点もありますけどね。 安全性は高められるけども、大量輸送には向いていない方法なのでね。

 さて時事に関しては結構昔に起きたいじめ自殺の件で民事の慰謝料請求で被害者家族の要求が通ったことがニュースで出ていましたね。 そしてそこでは、自殺の直接原因がいじめ(暴力等)によるものだとはっきり認める形で言われていましたね。 まあそれが認められる所は喜ばしい所なのですが、最近報道に出ていた悪質な暴力動画に関しても同じ事が今でも普通に繰り返されて、いじめや暴力で人を傷つける事を遊びと認識して行動を行なう犯罪者共がのさばっている状況に、少年法で守るのは間違っていると思われますね。奴らは遊びと称して人を殺しているのです。それなのに殺人犯(未成年)を守って被害者を見捨てるこの状況は社会的に間違っている仕組みだと言わざるを得ませんね。 だからこそこのような行為は後を絶たずに、こういう犯罪でも少年法で守られている状況だから、アルバイトの動画テロを起こす輩の行動も止まらないのでしょうね。
 つまり法制度等で甘やかしすぎているから、人殺しやテロを起こしまくる若者が溢れるのですよ。 そこに罪の意識なく行なっているから、後を絶たずにいつまでも繰り返されていく。 厳しく罰していく形に変えなければ、この問題はいつまでも続いていくだけです。 どんなに軽くても、中学生以上からは普通に大人と同じ基準で裁いていく形にする方が良いでしょうね。独民だと、小学生以上からとしますが。

 さて犯罪絡みの話を終えまして、本題の話に移って行きます。
 今回の話は主に新幹線や飛行機の座席に関する安全性と利便性を上げる為の仕組みに関する話ですね。 まあその代わりに当然のことながら1つの空間における座席の配置スペース数自体は減少する事になるので、現在よりも大量輸送に向かず、また席数の減少と設備費による席自体の単価は上がってしまう事が予期される弱点ですかね。 ただしその代わりこの形であれば、突発的なテロや犯罪等が起きたとしても人の安全を今よりも確実に守ることに繋げられ、ついでに外部的含めた事故による衝撃の緩和効果を高めて、人命をより守ることに繋げ易く出来るようになります。 飛行機においては、例え墜落して爆発するような事があっても、席に座っている人の人命を守る働きにさせるぐらいは出来るようになるでしょう。(座っていない人は知らないという事と、その為の設備費はかなり必要になるのが欠点だが。) あとは身近な所において、他の人がその席を不法に占有する事を防いだり、席から離れている間の席に置いた荷物を自動的に守ることに繋げられたり、隣の人の迷惑を未然に防いだり、席の予約や購入の形において利便性を高める動きに繋げ易くなるという感じですかね。

 さてここまで特徴を言っていて、何をどうするのかという事に気付ける人はいるでしょうか? 全体的に置いて防ぐ守るを重視したこの形というのは、見目分かりやすく1つの席ごとに卵もしくは丸型での包まれる形での席の形になります。 まあ基本的には、基本の席の形に席前面&側面部を覆えるシールドを展開出来るようにするというか、普通に未来系のコックピットのような感じをイメージしてもらえたらという感じのデザインである。 それにおいて席を完全に覆えるようにして、守ることに重視した形になる。そしてそのシールド部分を開くのは、内部からはボタン式で、外部からは席のチケットのデータが入っているスマホ等を近づける事で、または実物チケットを外部から入れて起動登録させる形にする。ちなみに閉じるのは、内部で落ち着いた状況の時と外に出てしばらくしたらという形にして、オートロックのような仕組みにする。 ただそれだとチケットを忘れて出る可能性があるので、即時用のパスワードや設備費は掛かるが顔認証系の機能を付けるなどで対処可能である。
 また、チケットに関しては、実物形式での使い捨ての形から、専用の小型ウェアラブルデバイス等でスマホや券売機等からデータを入れて使える形式を取ると、利便性を上げやすく出来る。特に電波系感応式にすれば、改札口をそのまま素通りにする形態を取らせる事も可能になる。(チケットデータを持っている場合。) この仕組みでなら、チケットの管理はしやすくなり、購入等においても今よりも利便性を上げる事が出来るようになる。

 それで席の基本的機能においては、ガード&周りをあまり気にしなくても良いように出来る事が基本的な機能で、その他では設備費によって利便性能を上げる事が出来る要素として、宇宙船のようなシールド2段構成での透明と完全防御の2段を用意して、用途別に使い分ける事が出来る事や、連結席での間を別のシールド仕切りで構成させて事実上席を繋げる仕組みにしたりフロア単位等で繋げられるようにしたりする機能に、側面部等に両外の景色を表示させる仕掛けや、内部から販売の人等を呼び出せる&購入もその場で行える機能(電子決済等)に、防音の機能やテレビ系表示に丸く覆う為の背もたれの稼働も普通に行なう事が出来るようになる機能に、荷物の上方向への移動機能から、命の安全確保用に防弾防刃加工や炎熱耐水防爆機能等に加えて救命ポッドとしての機能まで備える事も可能です。 まあこれらのどこまでを備えて行くのかは機体毎等で分かれて良いのですが、基本的な機能だけでも、それなりには守る事が出来るようになるでしょう。基本構造で球体型防御の形になっているのですから、ある程度の状況による衝撃には守れるように出来ます。

 まああとは、この仕組みを新幹線なら指定席から飛行機ならファーストやビジネス席等辺りから順に搭載設置していく感じで使えると、安全性を高めて行きやすく出来るでしょうね。 私が示すのは、席毎の個別防御方式での最終安全の守らせ方ですね。これなら空間においての危機や危険が発生しても、個別に守らせる事が出来るようになる。
 これなら基本的な利便性を損なうことなく、新幹線や飛行機内における空間の安全性を高める事が可能となる。 まあ、大規模輸送としての利便性は多少損なうがね。 少なくとも、火災が発生して煙が充満するような状況になっても、席にいる限りは安全を保たせる事が出来るようにもなるけど。 あとは状況に応じて、内部か外部からの行動によって対処方法を変えて行けば良い。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 安心安全な席の形~終了~卵型
















 日本においても新幹線の安全神話は崩壊気味ですし、世界に目を向けても悲惨な事故等が発生していたりしますし、飛行機でも発生数は少ないですけど、いざ起きれば重大な状況下になりやすいし、最近日本ではパイロットの質が落ち気味ですから、乗り物個体の状況による防御の形よりも、もっと中にいる個人毎の防御の形にもこだわっていくのが、人命を優先して守っていく形に出来るのではないでしょうかね。 そしてその形では、人の安心空間を維持させてリラックスして移動させやすくも出来るようになります。 多空間に居ながら個としての平穏を得られる仕組みですからね。 まあもちろんその仕組みを全部に施すのではなく、一部安全性を高める動きにする機体だけでも良いですしね。それで人気が出たら増やしたり能力上昇させて行けば良いわけですし。 まあ初期でどこまでするのかは各社に任せますがね。 こういう安全の守り方もあるよという話なだけですからね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第985回 コンパクト収納式地下駐輪場 見た目すっきりで防犯性能も高い [NEWビジネススタイル]

 さて防犯系とカテゴリ悩みましたが、ビジネス寄りなのでこちらのカテゴリに致しました。 それで、この形であれば、地上をすっきりさせやすく、ついでに地下収納で行くので防犯性としてもかなり高める事が可能となります。 そしてある意味闇の効果も…

 さて時事に関しては特段の物は無いのですけど、政治国会模様では野党が統計調査不正問題で総理の関与に関して攻撃しまくっていますけど、そんな意味のない事を続けるから支持率が伸びないし時間の無駄とされているのですよ。 不確かな事で与党政権攻めても意味のある事にはほぼ繋がらないのは分っている事でしょうに、いつまでもワンパターン戦法というのは、本当にバカですよね。与党政権側は素直に国民の為に話す事なんてありえないというのに。 それよりも確かな事で、総理の対応状況や不正統計に関する本質の問題に関する部分を追求するべきでしょうね。 まあ口頭能力の乏しい野党のバカ政治家達では、そんな高位の論戦は出来ないという事でしょうかね。 どうせなら改善策を独自に考えてきたうえで、今の不正問題に対する問題への追求にしていくとかできないのでしょうかね。 そこまでの知性が無い奴がほとんどでしょうかね。もしくは単なるパフォーマンスがしたいだけか。 真実を語る気の無い与党とレベルの低すぎる野党という構図ですかね。それでレベルダウンを狙って行動しまくるのが自民党という感じで、政治の質を下げる事だけに全力を注いでいる状況ですね。

 それでは本日の本題の話に移って行きますが、今日は結構軽いです。本題自体はかなりシンプルな話ですからね。 ただそれの応用まで含めると少し長いですが。
 それで何がコンパクト式地下駐輪場かというと、地上の部分がコンパクトに収められる駐輪場という感じですね。
 車の方では、立体駐車場という縦にそびえる駐車場が存在して、そこに大量の車を搭載させる事が出来ますが、車の大きさもあってそこまで防犯性を高める事は出来ないのが現状ですが、自転車であれば、物の大きさはそんなに変化する事はなく、普通の機械止めの駐輪場でもコンパクトに1つずつ収められる形になっていますけど、あれを入り口の形として地下に収納できる形にすると、基本的に所有者以外は触る事も出来ずに防犯性を高められて、地上の入り口部分には1つないしは2つぐらいの駐輪場への入り口の固定型昇降システムを組み込めれば良くて、基本的に地上はすっきりできて、割かしどこにでも設置させていく事が出来るようになるので、各店ごとに簡単に駐輪場を併設させる事も出来るようになるのではないでしょうか。

 仕組みとしては、地上の自転車止めの機械に固定させて駐輪の設定をしたら、自動的に地下に昇降システムで収納されて、引き取りに来て手続きを済ませたら、地上へ上昇してきて引き取れるという形で、地下へ収納された後は、一旦固定を解除されて機械の移動で地下駐輪場に駐輪番号と共に固定配置されていくという形にて、機械式収納だから場所面積もコンパクトに収納させていく事が出来るようになります。 もちろん地上入り口と地下の収納が1セット形式で、単純に地下に収納させる昇降機能だけの形にしても良い。(個人宅用や地下駐輪場の必要が無い場合等。)

 この仕組みでならば、地上の駐輪場よりも遥かに安心安全の防犯設計にでき、かつ地上の見た目的にはかなりすっきりさせる事が出来るので、地上の交通の妨げ要因にならせにくいように出来ます。 まあそれでも置かれている物に関しては、行政で強制的に持って行けば良いわけですしね。
 この仕組みを義務化させたら、行政で持って行く必要がある違法駐輪の自転車等がすぐに見分けられるようにもなりますし。 ちなみに今回自転車でやっていますけど、自動2輪のバイク等でもまあ何とか似たような所にはできるでしょう。(そこまでの需要が普通の場所にあるかどうかは知りませんが。)まあやっても1セット形式の昇降式収納の形ぐらいでしょうかね。

 そしてこの仕組みの最大の利点は、立地面積が狭い場所等でも設置させやすい事と、地上の交通面を良くさせやすい点ですかね。 まあその代わりに費用コスト面は普通の場所よりも高いですが、その代わりに盗難や破損させられる等の危険は回避できますし、雨や雪などからも普通に防ぐ事が可能です。ついでにカゴの中の物も自動的に守ってくれる仕様に出来るので、非常に安全面は高く出来て、駐輪場等でたまにある自分の自転車を探す手間や持ち出して乗り動くまでの時間を短縮させる事に繋げられます。 なので、コストに見合うだけの安全性と利便性は高められる仕様になっており、今の時代にとっては良い仕組みとして機能させられるのではないでしょうか?
 またこの仕組みにおいては、地上設置部分の機械等の部分も非常に少なくて済む為に、店内やマンション等の玄関口やエントランス等に設置させやすくでき、外に置く場所を用意できなくても駐輪場所を用意させる事が出来るようになります。 また、地下に作る事が出来なくても、店内等においては、天井部分に収納させるような仕組みにする事もでき、この場合は縦置きではなく横置きのスタイルにすれば、狭い店でも最低1つぐらいは店内に自転車を安全に置く事が出来るようになります。それにより自転車の安全面と移動の利便性の良さを上げる事が出来るようになります。

 あとは面白い形の利便性重視の収納方式ですけど、建物や家の壁に収納できるようにして、その自転車を鍵と認識させて収納させたり外に移動できるようにすると、玄関等使わずに家の内部で自転車に乗ってそのまま外に出られて、後は自動的に収納部分に鍵が閉められるようにすると、利便性重視の収納スタイルにする事が可能。ちなみに収納する際は、外から自転車を近づけるなり収納壁に一部くっつけるなりして起動させてからの形にする。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 コンパクト収納式地下駐輪場~終了~防犯高性能
















 そしてこのブログの回を作っている最中にまた自転車に関する良いアイデアが思い浮かんだので、近日中に公開する予定。
 ちなみに私は自転車にワケ合って乗れませんけどね。 身体障害者一歩手前の状況だと難しいのでね。
 そういえば電動自転車って、免許要らないようですが、あれも状況で見れば自動2輪と似たような扱いにならないのでしょうかね? 見た目が自転車だから良いのか? ならばその形で漕がなくても良くて、充電式と太陽光に風力・推進力などで常時電動式自転車が作られたらどうなるのでしょうね? END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第974回 AI搭載の施設~店内自動応対機能とレジサポシステム~ [NEWビジネススタイル]

 さてそろそろAI搭載の施設のコンビニやスーパー系の話の最後と行きますかね。最後は主にサービスカウンター的な物やレジ業務におけるサポート体制についての内容になります。 そしてAIの機能を使えば自動的にポイントカードのようなシステム等をAIが自己認識型で学習して有効活用させていく事も可能になります。 その他年齢確認機能とかね。 AIにサポート等を任せた方が、いろいろと業務が楽になり、客としてもスムーズで手間がなるべくかからない形になる事も出来るでしょう。

 さて本日の時事は、特段の内容は特に無いのですが、北方領土の日とやらで何やら集会が行われていたようですけども、総理は売国奴になる事を本格的に決めたような感じでしょうかね。 アメリカにも絶賛土地明け渡しまくって、お次はロシアですか、日本の領土を売りまくる歴代最強の売国奴総理の誕生ですかね。 現状平和条約結んでも、ロシアの属国みたいな扱いにされて、アメリカにも遜ってロシアにも遜(へりくだ)る日本を世界的に落とす事に執念をした売国奴総理という事ですね。
 北方領土問題は何も日本は得られず奪われ続けて今後もロシアに今度は北海道すらも奪われる可能性を残して、平和条約でも結ぶのでしょうかね。 あそこにロシアの基地があるという状況は、日本にとって脅威に成り得る物なのですがね。 現状今でもロシアのミサイルの範囲に北海道全域が含まれている状況ですからね。 そこに核ミサイル持ち込まれたら、あとはどんな脅威が待ち受けているかは分かるでしょう? それで一生脅され続ける可能性がある。

 さてそれでは本題のAI搭載の施設の話に移って参ります。
 今回は主に来店入店客へのAIにおける音声対応や客の情報収集能力にレジのサポートに関する機能に関しての話になります。
 それでまず音声対応に関しては、今でも普通になりつつあるAIスピーカーの店内対応版という感じで、サービスカウンターや案内窓口の業務をAIに任せられるようにするという仕組みです。ちなみにその仕組みにおいては、中型の画面付き端末にて音声並びにタッチパネル式で案内や対応を受けられるようにして、不特定多数の人がその店舗に存在するAIと応対できるようにさせます。 そして余談的な仕組みですけど、これをAIで任せる形又はその業務のサポートを行なえる形にすると、AIで搭載できる世界各国全ての言語で対応させる事も可能になります。 この仕組みにて、多言語対応出来る人を配置する必要性が低くなります。まあこれだけに関して言えば、全ての商業やサービス業に行政窓口等で役に立てさせられる仕組みになるのですけどね。
 また、店内防犯カメラの画像識別機能を強力にして、AIがはっきり人の違いを画像で識別できる機能または顔識別能力を持たせるようにできると、客の出入りの状況をAIが自動で認識できるようになり、その機能から客ごとに個別の情報として記憶させていき、良く訪れる客や客の行動パターン等をAIが自動で覚えて行くようにでき、スマホ等と連動させて客ごとに違うサービス情報を渡したり、利用率における常連客を覚えての対応を自動で行なっていくような仕組みにさせていく事も可能となる。 それにおいては客ごとの来店回数を1日単位でカウントして、何日間通ったら常連客としての認定でのサービスやら通算で切れの良い数字ではそれに見合うサービスを出させるような対応を自動で行わせていく事も可能になる。それらは全て客が今までに購入した物に合わせる形の対応含めてね。 つまり客ごとにきめ細かい対応やサービスなどを与えられるようにも出来るという話です。 これは店等にAIを搭載させてカメラで認識させられるようにしないと使えない仕組みとなります。

 また、レジのサポート業務においてもAI搭載の施設における機能は有効で、主にコンビニレジの前等にもAIが認識できるカメラを用意して、AIが判断する大体の年齢確認を自動で判別させて、必要な場合は免許証の提示などをさせる形にすれば、それ以外は基本スルーしても問題無しに出来ます。また、何かしらの確認事項に関しても、AIスピーカーの時とよろしく声で対応させる事も出来るようになるでしょう。
 そして先程の客の顔ごとに認識をするという機能において、コンビニやスーパーにおける箸や袋にその他の有無に関しての自動識別でのレジ業務のサポートに客ごとに必要無いという人も中にはいるので、その情報も記録させて次回以降の利用にその対応が自動的に行なえるようにしていくという対応方法にしていく事も出来るようになるでしょう。
 また、面白い機能として、AIの画像識別とレジの打ち込み業務の機能をリンクさせて、バーコードをいちいち読み込む必要無く、商品の画像だけで購入の形に自動的に入力させていくような仕組みにさせる事もでき、AIのカメラに商品を見せて行くだけでバーコードよりも早く入力させていくようにする事も可能になるでしょう。(商品の数が少ないと一瞬で全部入力) また、先の店内での自動識別機能をフルに有効利用させると、レジに並ぶ段階やその前の段階から客ごとの支払うべき金額情報を入力し終えた状態で素早くレジの清算だけをするという形にしていく事も可能になるでしょう。 さらにそれをAIが対応リンク出来る無線式のスマホ等の電子決済にすると、商品持ってレジを通過するだけで自動的に全ての処理をAIが行なって済ましてくれるようにもさせる事が可能になり、面倒な要素を全部AIシステムが行なってくれて、レジ店員も客もかなり楽な環境にさせる事が出来るようになるでしょう。 ちなみにこのシステムならば段階的にどの状況の客の形にも対応させる事が出来るようになる。 特定の条件を達成した客だけが利用できる形ではなくね。

 まあここまで来ると、どっちかというとAIに頼んで商品自動的に持って来てもらって、清算だけして商品受け取るという形にした方が、安全面的にも時間的にも人材的な面にしても最強となるのですがね。それで店内を見回る楽しみを得たいというのなら、VR利用して疑似的に楽しめる形にしても良いですしね。 完全安心無人販売店舗型にしていく方が、仕組み的にはかなり楽なのですがね。 会話で楽しく的な意味に関しても、AIにおける会話能力も日増しに上がってきていますしね。 まあ簡単な対応目的で人を配置して、買い物などにおける面倒な部分を全部店のAIが行なうという形にしても良いですけどね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 AIのお客情報自動学習~終了~レジサポシステム
















 最終的には、好みのAIアバターが投影されて客対応を個別に行なって買い物ができる仕組み辺りになっての完全無人販売店が増えて行く形になって行くのではないでしょうかね。 機械ならば人的ミスは起こさなくなるし、人材的な技術力のバラつきによる速度の違いも起こさなくなりますからね。 どうしても人の人情味が欲しいのならば、専用で必要な人にだけ会話対応用で人材置いておけば対処は出来るでしょうからね。
 ああ、AIやVRを含めて最後に完全無人販売店のコンビニやスーパーの形を出しても良いでしょうね。 あらゆるニーズと要望に対応出来るAI搭載型での完全無人販売型の仕組みをね。 これならば食品の安全は確実に守られ、買い物時間の短縮と労力削減に繋げられる。 END
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第972回 外来害獣害虫ハンター制度~日本を守る新たな仕事~ [NEWビジネススタイル]

 さあて本日も今朝の報道番組(たしか、あさチャン)から見て考えついた話ですけど、日本には外来生物にて生態系が破壊されたり地域の人達が多分の迷惑や被害を被る事が頻発して、度々行政が駆り出されて対策を打たれたりしていますが、現状手が足りず被害拡大を食い止める事も難しい状況が続き、対応に困る自治行政も多いでしょう。ならばハンター制度を作り上げて、普通の人にもバイト感覚で参戦してもらえれば良いのではないでしょうか?という話を詳しい仕組みの説明付きで話して行きます。

 それで本日の時事は、小泉進次郎氏が自民党に限りなく染まったという内容ですか。少し前までは若さと国民の為を思った与党にもきつい発言を繰り返していましたが、ついに与党の腐敗に染まり始めたという感じでしょうかね。 結局は内部から変える事等不可能で、どんなエースも自民党に入れば必ず腐るという良い前例になるのでしょうかね。 これは昨日辺りの国会討論の場で出てきて発言した内容に厚労省は批判しても安倍政権に居る人は批判しないという安倍政権だけを慮る内容に終始して、腐敗自民党とほとんど変わりない状態の事での意見ですけど、まあやっぱり自民党は女性蔑視で国民蔑視の最低政党という事でしょうね。 最低と野合と頭固いのと正常な主政党は日本には存在しませんね。 ある意味全部腐ってやがる。
 あと現状どうやっても与党政権はこの不正統計の問題をどうにか隠蔽しようという意思ぐらいしか見えませんね。後の選挙の影響考えているのでしょうけど、国民への丁寧な対応よりも自己保身しか考えられない与党自民党に国を任せる事は無理な話という事ですよ。 だからと言って国民民主のようなゲスな野合政治家共は要らないのですがね。 現状数は少ないですけど、立憲民主が政治家政党の中では1番ましな方に入るでしょうかね。頭が固くて政治スピードがかなり鈍そうなイメージは拭えませんが。まあ少なくとも安倍政権のような国民無視やら女性蔑視の状況はかなり改善されるでしょうけど。

 さてそれでは今日の本題の外来害獣害虫ハンター制度についての話と説明をしていきます。
 これは新しいビジネスの形で、主に都道府県単位や市町村単位で外来生物に困っている所が決める制度で執り行って欲しい所の話ですけども、無理ならその外来生物の何かしらの利用が出来る会社等の企業が買い取る仕組みにしても良いです。 要はハンター制度というのは、外来生物に掛ける懸賞金システムなのですからね。
 外来の害獣害虫限定において国や各行政等が問題としている生物を生死問わずに捕まえて持ってくれば、生物の種類と数に応じて懸賞金が支給されていくというゲーム等でもよく見かける特定の敵を狩ってくるハンター制度を日本にも導入して、やる気のある民間人にも自己責任込みで対処に乗り出してもらおうという新たな仕事の形の話です。 ちなみにこの自己責任というのは、その捕獲又は駆除において受けた被害や怪我等は自己責任の形で、懸賞金の受け渡し以外は特記が無ければ関与しないという話です。

 そして制度に関しては、外来の害獣や害虫に指定されているもしくは環境等を破壊する特定外来生物等に対して、1匹ごとに懸賞金を用意して、生死問わず持ってくるたびに懸賞金との引き渡しを資格不要(ただしハンター系の身分確認の受付登録は必要。何かしらの技能等は必要無く、受付さえ済ませられれば懸賞金を受け取れる資格が貰える仕組み。)で行なえる制度です。 この害獣等は基本的に動物や鳥獣が種類で、害虫は虫と爬虫類等が種類に該当します。
 そして貰える懸賞金額に関しては、1匹当たり最低金額として害獣は1000円で害虫は10円設定として、それぞれ上限は設けません。(ただし設定するのは行政等の制度を行なう側ですが。)
 この金額設定は捕まえる際の難しさが害獣と害虫では大きく違う事と、基本的な繁殖能力での数の多さから来る内容になっています。 ちなみに、害虫にはヒアリ等も含まれるようにするので、巣を1つ潰せば結構な金額になる?(ついでに女王だけ別金額で5000~10000円設定にした方が良い。)

 ただし、このハンター制度においての注意点は、基本的に外来生物の捕獲には生死は問いませんが、外来生物と間違えて殺して持ってきたら相応の処分が下される仕組みにします。虫だと軽度の罰金で、動物類だと種類によっては懲役刑も科される仕組みとして、一応の種類等の確認は各自徹底してもらう為の注意事項として用意しておきます。(無差別にやりまくる事を防ぐ為。) また、それらの行為を外で見られた時も同様で、それが外来生物の時は登録が成されていた時はスルーという感じになります。 まあこの辺は、それが怖いなら生存状態の捕獲にすれば問題は無くなる。 ただし間違えの場合は、その生物と懸賞金害獣等との違いなどの注意説明をしばらく受ける羽目にする。 ちなみに、黒アリを赤く塗った場合も注意説明や軽い罰金の扱いに。偽装工作は間違えと基本同扱い。(ただし基本偽装はその分の方が面倒になる生物ばかりなので、あまり気を付ける必要も無いが。どうせ詳しく生物鑑定して本物だと確認されてからお金が支給される仕組みになるから。)
 また、一部の危険外来生物を自宅で繁殖する所を見つかったら普通に犯罪として処罰する。これはハンター制度と同時期に作る。

 この制度の仕組みによって行政は行政側から人手を使う事無く害獣や害虫の駆除掃討に民間の力を借りて対応する事が可能となる。 そしてこれは懸賞金制度による害獣害虫ハンターという仕事を作り出す事になり、割かし気軽にバイトやお小遣い稼ぎ感覚で、お金を稼ぐようにも出来る。
 ちなみにこれは、バイトの区分には入らないのだけどね。賞金稼ぎの仕組み自体では、バイト等には根本から該当しませんからね。専門として仕事にする事は出来るけども、それを名乗らなければ、単なる小遣い稼ぎのフリーの賞金稼ぎにしか過ぎない。 まあ仕事に出来ても害獣が最低レベルで、害虫は小遣い稼ぎ用のレベルになるでしょうけど。 まあ行政等の設定金額にもよりますがね。 その金額次第では、人手を大量に用意させる事も可能となるから、数が大体判明していたりするのならば、行政等も金額設定しやすいでしょうね。 これは、行政が従来通りに公務員や専門家等に依頼するよりも比較的安価な方法にもなりますしね。

 さて朝の報道番組では、神奈川県のある場所でタイワンリスが10万匹以上で増え続けているようなので、この制度導入させたら東京から数千人以上は増員できるのでは? アルバイトで時間制ではなく、ハンターによる懸賞金制度なら、十分大量の人手を呼んでも支払う金額は少なく出来るでしょうからね。 まあ少ない人手が大量に取りまくっても良いのですがね。人が少なければ、ハンターで月に数十万は普通に稼げそうな数ですし?
 その他ジャンボタニシの大量繁殖では、子供の小遣い稼ぎにはちょうど良さそうですしね。

 ハンターでありながら、同時に日本を守る仕事にもなるというのは良い仕事なのでは?


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 外来害獣害虫生物~終了~ハンター制度
















 現実版日本を脅かす危険生物ハンターが普通になったら、ゲームよりも盛り上がったりするかもですね。
 ちなみにこれを外来生物に限定しているのは、駆逐が目的の制度なので、駆逐目的にしてはいけない日本特有の危険生物にはできない仕組みになっているからですね。 あと日本特有だと、怪我人がやたら増えそうですしね。(クマやイノシシ等) END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第968回 AI搭載の施設~自動価格変動システム~ [NEWビジネススタイル]

 さてAI搭載の施設の食品雑貨類の第2弾ですね。相変わらずメインターゲットはコンビニやスーパー等ですが、小売り系の実店舗型の店であれば大体どこでも活用可能な形です。 まあシステム自体は株や為替絡みの所であれば普通の仕組みですけど、これを普通の小売販売の所に持ってくると、様々な面でコストが減ったり手間が減り、ついでに食品廃棄のロスの減少効果にも繋げられるので、コンビニ・スーパー限らずに、全ての飲食店でも使えるシステムになります。(この食品廃棄ロスの減少効果システムだけを見たら、サブの方がメインの様に見えますが、メインはお手軽コスト減の方です。)

 さて時事は、以前話に挙げた「ビルを燃やせ」発言の市長が突然に辞任する方向で動いた模様ですね。 まあ市の行政に批判系の電話が6割くらいで、残り4割が擁護の声という構成で、市民の声を聞くという意味でも辞任の形の方がけじめをつけやすかったという事なのでしょうかね。 まあこのまま職にこだわっても良い結果には繋げられず、再選の可能性も潰える結果になりかねないからという事なのかもしれませんけどね。 まあ、やってしまった事に対する罰の形を取るのは良い事だと思います。 これを機にしっかりと反省と再勉強をし直してから、やる気があるのなら次の次辺りを目指して頑張りなおせばよいのではないでしょうかね。 少なくとも安倍総理のように政治能力として全くの無能であるわけではなく、自身の得意分野における良い改革能力では確かな結果を残して一定の支持を得ているわけですから、間違った部分を反省してそれを起こさせないように勉強し直してから、再度出直して頑張ろうとするのならそれでも良いのではないでしょうかね。
 なんにしろ決めるのは市民の民意によりますし。 現状今の悪い点を改善し直せれば、真っ当な市長としてやっていける能力はあるようですからね。 罪を認めて反省出来る事にはまだ救いがある。 罪を認めずにさらに不正を重ねる行政は日本に存在するのですからね。
 そういえばその罪と不正を重ねる行政では、また新たに統計不正が出てきて、次から次へと小出しに出てきている状況で、本当に人がやっている状況では、不正が横行しまくりだという事なのでしょうかね。 単純面倒で平凡な仕事でもきっちりまじめに仕事を素早く出来るのは機械ですから、さっさと時代の流れの通りに切り換えていく事が大事だと考えますね。

 さてそれでは本題の話の方へと移って行きますけども、今回のAI搭載の施設のメインシステムは、主にコンビニやスーパー等での生鮮食品やその他の飲食物等に関する価格の賞味や消費期限に関する自動変動に関するシステムなのですけども、これを応用して飲食店等のメニューの売り上げ状況に対しての食材の残り状況に関して廃棄ロスを少なくさせる為の児童価格変動システムにも応用して活用させる事も可能になります。 まあどちらにも共通する話としては、時間帯による割引システムの構築を手軽にAIに任せられるようにして、作業効率の向上と作業負担率の減少効果に総合コストの減少効果と食品等の廃棄ロスの減少効果に繋げられるシステムとなります。 特に食品等の廃棄ロスを減らす目的として、とある特殊なアプリを開設して、それに関する情報を店舗統括のAIが自動的に管理更新できるような形に出来れば、店側として廃棄ロスの可能性を大幅に減らせて同時に売り上げ上昇に繋げて、お客側としては安売りの飲食品や外食等にありつけるように出来るので、ある意味win-winな形を作り上げる事も出来るようになるでしょう。 だからこそ後半を今回サブとして位置付けているのに、サブの方が飲食店から見れば超メインのような感じにもなってしまう状況という感じですね。(サブは普通にメインの後から思いついた内容なのですけどね。)

 というわけで期待のサブを普通に後半に回すとして、まずメインの本システムの解説説明に移って行きますけども、この話に似たシステムはAI抜きにして前にも話した事のある内容のAI管理によるさらに利便性を高めて強化した内容になっています。 要は、人間が行う面倒な部分をAIがほぼ一手に引き受けてくれていろいろ助かるようになるという感じですね。
 それで肝心の内容は、コンビニやスーパー等のお店にそのシステムの統括管理AIを置くのはいつもと同じで、それに加えて商品に対応させられる値札や商品名などが記されている紙などの媒体のAIが介入できる形の小型デジタル表示型を複数用意(基本的にはその日毎に置く商品の種類毎と同じ数が望ましい。)する事と、AIが介入できるレジスターの導入に商品の種類が多い状況への対応と各種詳しい商品説明などが見られる中型画面のデバイス端末(デジタル形式の種類ごとの統括案内板のような物。 図書館で言えば、図書検索専用のパソコン。)を複数機配置できるようにする必要があります。
 そして商品名や価格を商品の種類ごとに表示させて、種類が圧倒的に多く乱雑に置かれるような物に関しては、その付近に中型固定配置のデバイスを用意して、まとめて閲覧できるようにします。(ついでに商品毎の個別の詳しい説明等も手軽に表示できるようにする。) この小型のシステムだけなら今の店舗等でも導入されたりしていますが、これにAIの管理機能を加えて各種商品の位置を店内カメラでAIが個別に把握できるようにすると、商品に近いデジタル表示の形を自動的に商品に合うように変更させる事が出来るようになり、データさえ揃っていれば適当に配置してもいちいち小型デジタル表示器を変える必要等が無くなります。そして種類が多すぎて、小型版では表示しきれない場合は、商品数や売り上げ数の多い商品だけの表示にさせて、残りを中型デバイスから閲覧できるようにすれば、今よりも顧客の為に良くさせる事が出来るようになるでしょう。
 そして、賞味期限や消費期限によって値引きや割引がなされる物に関しての時間による瞬時の価格の切り替えと同時にレジスターの設定にも介入してバーコードに関する商品情報の価格情報の一部変更も可能にさせる事によって、レジスター側の操作負担を減らして、確実に値引き額などを反映させるように出来るようになります。 ついでに残り時間による適時割引の金額を変更して即時対応させていくように出来るので、食品廃棄のロスを減らすとともに、お客としては安い商品を狙って手に入れやすくもなります。
 さらにこれだけでは、店舗内でしか知る事が出来ない状態ですけども、これに加えて店舗毎の特設割引値引き情報のサイトアプリを作り上げて、その状況の更新作業をAIが自動で適時更新表示していく事が出来るようになると、外部からでも安売りの状況を確認して選ばせる事が出来るようになり、食品廃棄のロスを減少させるとともに、お客としての値引き等の安売り狙いをさらに広げさせられるようにも出来るようになります。 この値引き等に関しては、賞味期限や消費期限から来る時間に対しての残り時間から自動的に算出する形や残り数や他の要素等も踏まえて変更する形の2種類を取って、なるべくAIの判断からロスの削減に繋げていけるように価格設定を行なえるようにして、その後の展開としては、その後の納入数等を決めるビッグデータ的な仕組みでそちらもAIが管理して行けるようにすると効率化を図って行けるようになるでしょう。

 それで、その本システムの仕組みを主に飲食店にも応用させると、商品メニュー毎の売り上げ状況と残り材料の状況によって、自動的に廃棄ロスを無くして行けるようにメニューの適時価格自動変動を出来るようにして、特設サイトアプリにて同様に随時表示更新されていくという形を取れれば、割引等を狙う最後の客までしっかりと確保して廃棄ロスを減らしてなおかつその分を利益に繋げさせていくようにする事も可能となります。 まあこちらは食材ごとの状況をAI管理カメラとAIが確認できる重量の量りにて、状況把握を行ない変動できる仕組みにすればよい。
 こちらも食材や店舗の残り時間に合わせて適時価格を自動調節出来るようにして、AIの統計データからあまり人気の無いメニューに該当する物を早くから割引するといった形も取れるようにしていくと、効率的に利益拡大や作業量の削減効果等が得られるようになるでしょう。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 AI搭載の施設~終了~自動価格変動システム
















 これにて、値引きシール等の有無に張り付け作業などの作業負担は無くなり、同時に即時レジの方にも自動で価格反映されるので、レジ業務の負担軽減に時間短縮効果に繋がり、買う側にとっても値引きシール等の状況に拘わらず値引き等が行われるようになるので、確実性等が高まりいつも以上に選びやすくもなる。
 さらに飲食店にも導入させると、売り切れ表示や値引き表示等も行えるように出来て利便性を高めるとともに、残りそうな食材に関するメニューの値引きでさらなる売り上げ増と廃棄ロスの削減に繋げられて、お客としては安く食べられて、またいろんな層の開拓に繋げていく事も可能となる。
 そしてこれらをさらに特設サイトアプリにて外からスマホ等で手軽に情報閲覧できるようになれば、購入したい人や食べたい人等をより効率的に集める事が出来るようになり、より効果を高める事に繋げていく事が可能である。 END
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第967回 実力お楽しみゲーム 宝探しin目隠しスイカ割り [NEWビジネススタイル]

 さて年末年始から言っていた夏のビジネス系の話です。冬が雪合戦ならば、夏はスイカ割りです。(実際にスイカをぶっ叩く内容ではありませんが、気分は同じ。) 今回も中身はやや冬と似ていますが、今回は個人戦重視になっています。まあ個人戦とは言っても、実質チーム戦ですけど。(個人も可能。)

 さて時事に関しては豆を撒かない豆まきのニュースに関しての話ですけど、子供が豆を喉に詰まらせて窒息するから豆まきに豆は撒かずに新聞紙丸めた物を投げるとかいう意味不明な催事になっている所が多いようですが、子供には投げる豆を食べないように徹底させて、食べる豆は細かく粉末にして豆菓子やビスケット等に混ぜて食べさせるという形に切り替えれば、普通に可能なのでは? そうやって投げるだけの豆と食べる豆は違うと認識させる形にしても、誤飲はかなり防げるかと思われます。 もしくは投げる豆に関しても、さらに細かく4等分くらいの大きさに予め切っておいて使う等すれば普通に回避可能かと。
 さらに鬼の存在も怖いから中止してファンシーな物に代役とか、仲良くしようとかしている所ありますが、もはや過去の歴史を改悪して消滅させようとしている悪しき行動にしか思えませんね。
 鬼の存在は昔は害悪や病気等の存在と言われていたようなので、それらと仲良くするという事は、みんなでインフルエンザにかかって苦しもうとか言う事になったり、お化け屋敷が怖いからと言ってファンシーなぬいぐるみばかりにして、お化け屋敷の本来の意味を無かった事にして破壊しようとする行為と等しい行為ばかりの愚行が目立ちますね。 最近無形文化遺産に登録されたなまはげ等の神様代行業も普通に怖い事が基本の設定であって、あれを怖くさせ無くしたら神の存在意義が無くなってしまうのに、神を殺す事が大事?というおかしな話になってしまいますからね。
 あまり教育に関して温室にさせ過ぎると、無知で中途半端な子供が多く生み出されてしまうでしょうから、注意が必要でしょうね。 対策ならいくらでも可能なのに、それをしないのは怠慢である。要は大人が楽したいが為にそれのしわ寄せを子供が喰らっているだけの話である。

 さて最近の豆まきを断罪した所で、本題の夏の実力お楽しみゲームである宝探しin目隠しスイカ割りの話に移って行きます。
 こちらも去年公開の冬版と似たような物の夏版という感じなのですけども、形はかなり変わって最近は廃れてきた目隠しスイカ割りの形をベースにした実力お楽しみゲームとしてのビジネスの話になります。
 まあやる事自体は目隠しスイカ割りと基本的には変わらないのですが、叩く物がスイカではなくなり(一応商品にはスイカも含まれるので間違ってはいないけど)、固定のターゲットに向けて棒もしくはピコハン(ピコピコハンマーの略)等(ハリセンとかでも面白くは出来る。)で叩いて様々な商品をゲットしていくという形になります。

 それで基本的なゲームの流れで行くと、直接挑戦する人とそれを指示誘導して目的物に叩かせる人の最低2人は必要なこのゲームですけど、直接挑戦したい人がお金を支払って、周辺にいる観客等に無料で手助けしてもらい手に入る商品の一部を手助けした人も手に入れられるというビジネス形式で行なうと、個人の参加も可能に出来ます。(基本は誰かと一緒に行うチーム戦形式です。チーム戦とは言いつつ基本的に直接の挑戦者は1人ですけど。)
 そしてピコハン(文字的に楽しいので今回はこれを棒の代わりにチョイス。)を直接プレイする参加者が持って、目隠しされて3回程回転させられてからスタート地点でゲーム開始という流れで、基本的に制限時間内であれば何回叩いても良くて、その間にゲット出来た商品はすべて入手できるのが魅力のゲームなのですけども、ランダムに叩きまくれば良い話ではなくする為に、1発でゲーム終了にする爆弾と呼称する物やマイナス要素のターゲットに罰ゲームまで含まれた物が商品の周りに配置されて、基本的にマス目上の形で一定の範囲内のフィールドで行う形になります。 ちなみに配置はマス目上の配置を基本としますが、それに当てるターゲット物はそれをよりも小さくして、きちんと上から叩かないと無効とします。(まあ感覚的には縁日の射的にも近い感じかな?)
 それでターゲット物に関しては、遠目からでも確認出来るように商品や外れごとに色分けされている状況にして、狙った商品に向けて直接の参加者をその方向に誘導させてピコハンを振り下ろさせて叩いてゲットしていく形になります。 ただし、リアルタイム状況変化型として、基本配置はマス目上の形にはなるのですが、直接の参加者が動くと必然的に足が当たって場所が変化する可能性が出てきますよね? その場合はそのままの状況でそのまま進められる事になるので、基本的に問題は無いのですが、それが外れや爆弾の場合は、足がぶつかっただけでも当たり判定として、1発終了の爆弾は効果の半分の残り制限時間の半減効果として、マイナス効果等も基本的に効果半減で実行される形になります。 なので誘導&移動は結構慎重に行く必要が出てくる事になり、そこはチームの腕の見せ所となります。

 それで商品に関しては、基本のスイカ1玉を含めて、主催者提供物や現金にその開催地の砂浜など周辺で使える割引券やお得なチケット等が良いでしょうね。それで個人戦の場合は、手助けする人も一部商品が手に入れられる形にします。(ちなみに一部というのは、その商品の中からではなく、別途手助け分という内容で手に入れられる形になります。スイカの場合なら、切り分けられた冷えたスイカの一部がその場で食べられるようになるといった感じで。 食べ物絡みなら、砂浜屋台の制限時間付き食べ放題の権利とかでも良さそうでしょうけど。)
 そしてマイナス要素というかいわゆる外れの物に関しては、基本的にそのゲームに作用する物ばかりで、外れ実行時には制限時間は止められて外れの内容を実行してから再スタートの形になるのですが、外れの方は当たった際に手助けしている人や指示誘導している人がくじ引き形式で外れの内容を決めるという形になり、外れの内容としては、制限時間の10~30秒くらい減少やその場で再度数回転したり、最悪ランダム外れくじとして、外れの全爆弾化で次以降外れに当たっても爆弾と同様の効果が発生していくだけの効果とします。=いつも以上に気を付けて移動する必要が出て、より制限時間が短く感じるようになる。

 このゲームは基本的に直接参加する人に対して手助けしたりする仲間が指示誘導をして商品をピコハンで叩いていく形なのですけども、商品のターゲットだけでなく、外れの場所に関しても注視しながら移動する場所やタイミングを見て指示して行かないとうまく行かないゲームとなり、基本的には仲間同士や利害関係での息の合ったプレイが必要になる実力お楽しみゲームとなります。 まあこれも観客として見ているだけでも十分楽しめたりするゲームになるので、個人でも参加はしやすいゲームとなります。

 さらに対戦ゲームとして、1つの特定の商品等に対して複数のチームで参加して、他のチームの指示と勘違いしないようにしながらうまく誘導させて当てていく形も行えるでしょう。この時フィールド内には、外れの代わりに砂浜での凹凸による山や落とし穴を用意して、うまくそれも回避しながら制限時間内で先に当てる必要がある状態にすると、盛り上げも出来るでしょう。 さらにこのターゲット物を機械操作で色が変えられる形にして、複数ある中から当たりの位置が時間ごとに変わる仕組みにしてもゲームとして楽しめるように出来るでしょうね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 豆まき~終了~宝探しin目隠しスイカ割り
















 このゲームにて、スイカ割りのゲームの面白さの再認識と、ビジネス要素としての面白さの発見に繋げてみてはいかがでしょうかね。 まあ普通に砂浜競技なので、ビジネス含めて集客効果も挙げられるでしょうし。 ちなみに余計な一言ですけど、私インドア派なので砂浜でのスイカ割りなどしたことはありませんがね。(そんなことする友もいなかったし。) END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - NEWビジネススタイル ブログトップ