So-net無料ブログ作成
犯罪対策 ブログトップ
前の10件 | -

第1048回 時事雑記「無差別殺人運転・酒と本性・アイドルと運営・スリランカテロ」 [犯罪対策]

 さて先週は酷い事件やテロ等が相次いでいますけども、今回はそれらにまとめて解説して行きます。 ちなみに真ん中2つは芸能人関連です。

 それで時事の方でも犯罪絡みな大阪での堺市の市長の問題多数発覚による本日辞任状況に追い込まれるという事になりましたが、説明責任は最後まで果たす気はないようで、これまた自民党がどんな犯罪者も守り抜くという犯罪者擁護の基本理念の下に行動している模様ですね。 被害者なんて全員死んでしまえというのが自民党の基本理念ですからね。 だから腐っているし、こんな市長を生み出したという事でしょうかね。というか不正の背景に自民党が関わっているのでは?
 だって、資金の流れをちょろまかすなんて今までの自民党の十八番芸じゃないですかねえ。特に市議会議員辺りでは普通に日常茶飯事な感覚だと思われますしね。 それが自民党クオリティ。
 まあ辞任会見での内容も、自分は何も悪くないと言わんばかりの状況で、不備だったとしても、それに事前に気付けない時点で、既に市長職の存在価値無しだったというだけです。結果的に市民を不当に騙す事になったことに違いは何もなく、その事に対する真摯な謝罪がなかったというのは、人としてもクズでしかないという事ですね。

 さて本題の方に入って行きますが、タイトルとは順序バラバラで行きますが、話的に軽い方からという事で、まずはスリランカで起きた同時多発大規模テロに関する話題からですが、あれは世界でも稀に見るクラスの悲惨な同時大規模テロの惨状ですね。
 特にキリスト教会が狙われたことから見ると、イスラム系の過激派でイスラム国の残党当たりの仕業のように思われていますけど、基本は宗教対立の関係から見てもそうでしょうね。あとは時期的にもキリスト教を狙う形になっていますしね。
 それで、警察や政府側はそのテロの危険性(起こりやすい)を予め情報として知っていたという事で、それに対する警備体制の不備などを責められているような状況になっていますね。
 まあそれは、基本的な安全神話をどこかで作って無いだろうと備えなかったからの状況であり、仮に体制を強化させたとしても、完全に防ぐ事は無理だったのではないでしょうかね?
 いくら警備態勢を強めようとしても、その辺歩く人すべてに厳しいチェックを仕掛けて行くのは無理な話ですし、そもそも死んでも良いという自爆テロ犯であれば、あまりそのような警戒網には関係なく突っ込むでしょうしね。 やるとするならば機械的な対応で、危険物の自動チェックと引っかかった場合には自動的に侵入不可にする仕組みを取り付ける辺りの対策が望ましい所でしょうかね。
 ちなみに今回のテロ攻撃の状況を見て、手軽で簡単にかつ確実に大量の人達に爆弾を突っ込むという危険なアイデアを思いついてしまいましたが、ここで語るのは止めておきましょう。(こういうのを普通に思いつけてしまう私は、ある意味そこら辺のテロ集団よりも危険かもしれませんね。)

 それでお次は酒と本性の話ですけど、これは何のお話しかと言えば、人気音楽グループのたしかAAAというグループのリーダーが酒に泥酔して、ナンパに失敗したから怒って平手打ちの暴行したり追いかけて蹴りつけたりしたという事件が起こったことに関してですけども、本人は記憶にないという事ですけども、酒は飲み過ぎるとその人の本性を外側に出す効果を見せるので、それがその人の本性だという事でしょうね。
 この酒と本性に関しては昔にも話しましたが、人は基本的に自分の本性や本能に関する部分を理性によって押さえつける事によって清く正しいような姿を見せられるのですが、お酒にはその理性を一時的に無効化させる働きがあって、飲み過ぎて泥酔状態になると理性が完全に無くなり、本性や本能のままに行動する状態となって、普段とは全く別人のような様子になることがしばしば起きています。(ならない人もいますが、それは素でも本性のままに行動出来ている人やお酒に対してかなり強い人に限りますね。普通は酔ったら少しでも変化するものです。)
 つまりお酒によって本来その人はどんな人間であるのかが、その酔った状態で分かるという事ですね。 それで今回はお酒によって理性を失ったその芸能人が自分の地位に溺れて、ナンパに成功せずに自分も知らない女性に対してイラついて暴行したという形ですかね。 自分の思い通りにならないと手を出す人の典型例という事で、それがその人の本性だったというだけでしょう。
 まあ基本的にこういうのは、お酒に飲まされなければ良いだけで回避できるので、本当に反省したり自分の本性を封じ込めたいのなら、お酒とは完全に縁を切るのが正しい選択でしょうね。
 ちなみに私は、基本的にほとんど酒類を飲みませんが、たまに飲む際(数年~数十年に1度)は酒水氷のローテーションで飲みますね。こうするといくら飲んでもそこまで酔わずに済む。(というか合成して大幅に成分中和させていますし、泥酔する事はほぼ起こり得ない。ちなみに分量としては、氷が少ないので、酒2の水2の氷1ですね。そして氷を水と同等と扱ったら普通に水の量が大きくなってしまう。ちなみに氷はかみ砕いていたりします。冷気が身に染みる。)

 それでお次はアイドルと運営ですけども、これはAKB系のNGT48(でしたっけ?)での事実上殺人未遂にも発展しそうだった事件に関する騒動ですけども、結果的には運営会社が無理やり追い出す形での被害者と擁護したアイドルの卒業の形で幕が降ろされてしまいそうな状況になっていますけども、今回の騒動の1件においては、アイドル同士の紛争というよりも運営会社側も何か直接的に関与しているような疑いがもたれるような感じになっていますね。
 事件に対する対応と警察や第3者委員会による対応等は、全て自分たちに被害が及ばないようにして、一方的に被害者アイドルを落とし込もうとする意図で仕組まれた様な状況に見え、アイドル紛争の状況に運営側も加わっての運営にとって不必要なアイドルたちをあわよくばこの世から消してしまえばよかったというような状況で、仕組んだ事件だったのではないでしょうかね? つまり首謀者のアイドルに実行犯の男たちにサポートの運営会社という体制にて、首謀者アイドルグループと運営会社が手を組んで今回の被害者女性アイドルをどうにかしてアイドルから引きずり落とす為に仕組まれた事件である可能性が高いという事です。
 という仮定の状況推測においてなら、現状の運営会社側の一連の対応には納得がいくような状況となり、最初からすべて仕組まれた事件である可能性が高いという事です。 まあそれでの誤算は、被害者が死んでいない事と、猛反論の行動を繰り返す事だったのでしょうね。
 運営会社達の目算としては、あわよくば殺されての状況対応を後からやって行くか、もしくはその心理的恐怖によって心神喪失に追い込んで何も言う事をさせずに無理やり退場に追い込む事だったのでしょうけども、ここまで戦われる状況では、完全に敵だという扱いで無理やりにでも追い出そうという事にして幕を降ろそうという事に至ったのでしょうね。
 それは被害女性や応援してくれるファンたちの為ではなく、全ては首謀者アイドル達と運営会社が思う形に体制を作って望むままにしたいが為の犯行でしょうね。
 まあ私の推論ですが、的外れではない事は、現状の運営会社の対応が示していますがね。
 ちなみにアイドルの卒業からその辺の行動を許している状況は、それすら行なわせないと、ファンの怒りなどで二度と運営できない状態にされる恐れが強い為でしょうね。(最悪を回避する為には、それぐらいは許可しなければならない苦渋の判断だったという事でしょう。 本当に運営会社側は殺したいぐらい憎んでいるでしょうね。あそこで死んでいれば良かったとか今思っているのでは? それぐらいの状況推測が成り立ってしまうのですよ。)

 それで最後は4日連続での話の高齢者たちによる車による無差別殺傷テロ事件ですけども、なぜ私がこれをテロだと言っているのかという事に対しては、高齢者を活用しなければならない社会の体質と高齢者が運転をしなければ生活出来ないこの社会体質に高齢者の無謀運転に対する国行政の対応が非常に悪くて放置されているから起きている状況だから、総合して政治的な日本の社会体質の酷い現実によって繰り返されている無差別殺傷事件だから、私はこれも1つのテロの形だと思って発言しているというわけですね。
 対策して行こうと思えばできるはずなのにそれをせずに放置して殺されていく被害者を無尽蔵に増やそうとしている行為は、現政権主導型による無差別テロの形と言えるでしょう。日常的に車による無差別テロが起こる状況を今の日本の社会が国の体制がそれを誘発させているという事であり、車による無差別の時点でもテロと一緒であり、ここに高齢者運転が加われば政治的なテロという事になるわけですね。
 テロが自然と発生するように種をまいて、事が発生するのを待ってテロを起こして行くこの形は、まさにテロの形とあまり変わりようがないという事です。
 現にこれの被害者たちから見れば確実にただの過失運転事故ではなく、突発的に起きる車による無差別大量殺戮のテロと何も変わりありません。起きている現象としては何も変わらないのだから、それをテロと呼称しても何も不思議な話ではない。

 また今回の事件においては、いずれも高齢者の運転によるアクセルとブレーキの踏み間違いによる事件で、車に異常が無くて健康状態などに不備が無くても、高齢者による認識ミスによっていくらでも起こり得てしまう事件であり、現状それを防ぐ為の義務化が成されていないというのは、今の安倍政権が間接的にテロを引き起こしているという事と同義になります。
 さらに言えば、過失と言われていますが、今回の件ではどちらの運転状況においても、アクセルブレーキは仕方がなかったとしても、ハンドル操作による回避の形は行なえたはずであり、それによる行動をせずにまっすぐに轢き殺して行ったというのは、未必の故意による感情があったと言われてもおかしくない状況でもあると言える。
 また、市バスの件ではさらに加えて、危険を知らせる為にクラクションを鳴らして伝えるという行為も行なえたはずであるのに、それを全く行わなかったというのは、こちらも未必の故意が認定されてもおかしくはない状況とも言える。

 やはりこのような状況に対する最速の対応策としては、高齢者が乗る車だけでもAIを搭載させて、運転に対するサポートを行える体制を早急に整えさせていく方が良いでしょう。
 それを免許更新の際や車検の時には義務付けさせて、最初の段階(あと運転高齢者年齢区分に入ってから一定期間)で自ら名乗り出なければ、以降有料にするという形にすれば、対応させやすく出来る。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 アイドルと運営~終了~車による無差別大量殺戮テロ





























 本当に日本はいろいろと腐りきっていますね。 相次ぐ政治テロを自ら主導しているのですからね。
 そして高齢者運転による特徴は、60歳を過ぎたらだれにでも確実にランダムのタイミングで起こるという事で、それに10歳ずつ足していく毎に発生率が倍以上になって行くという事ですよ。
 年齢と体の健康さには十人十色程の違いがあるわけで、60歳代だから全然大丈夫というのは何の根拠も欠片もない話でしかない。 あれは、政府が高齢者運転による事故の数を少なくしたいが為に出している情報なだけである。 またもう少し経ったら、高齢者運転の範囲を今度は80歳以上に限定して少なくしようとするのではないでしょうかね?(事故の総数を減らしたいがために。)
 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1035回 盗撮盗聴用の小型機器の取り扱いについて(国家的話) [犯罪対策]

 さて今日の本題は今朝のビビッドで取り上げられていた長谷工の物件にて共用トイレ部分に現場所長が仕掛けた盗撮カメラの件で、問題発生後に新住居に住む人たちに説明がされていなかった県などの状況踏まえて、それらに関する国家的な今後の正しい取り扱い方としての提案内容の回ですかね。 まあ犯罪者が好き放題やった方が良くて、女性なんて侮蔑の対象だと国(安倍総理と権力一味)が思うのであればやらないでしょうがね。

 さて時事に関しては今日はいくつかありますけども、まず今注目されている報道は日本の現金の模様替えの告知で、様々に注目が集められているという事ですけど、一般的には名前を聞いた事のないような偉人とか出てきて、選考基準も不当面感が大きいような気がする形になっていますね。(麻生財務大臣の好み?)
 次はゴーン氏が予め撮影していた動画の公開がされていろいろ騒ぎになっていて、その内容を見るに、ゴーン氏も自分が事実上日産を滅ぼすように動こうとしたから逆に攻撃を受けたというような感じで話していましたね。それで仕方ないとか言っていますが、その程度の事で日産を捨てる行動を勝手に取ろうとしたのなら、逆に反撃されても仕方ないですし、それに勝手に行動を起こす事自体が株式的な体質の裏切りなどにも繋がりますし、完全無罪を言い切るのにはゴーン氏の話を信じたとしても無理があるような気がしますけどね。 日本のことわざで、煙のない所に火は立たないとも言いますし、何かしら不正を疑われるような行為をしていたことは事実でしょうし、それにおける株主たちに対する裏切り行為の罪は普通に存在するかと思われますがね。 まああとは現経営陣たちが、株主たちの言うとおりに責任を取る形が必要という辺りでしょうかね。
 それで最後は、豊洲市場の話ですけども、なんでも開いてから半年の間に死亡事故が2件発生していたことが判明されたようで、構造上の働く人向けの環境になっていない事が事故の原因ではないかとも言われていますね。
 あと東京都と都知事は否定している感じですけど、豊洲市場内の空気的にごく微量な有毒物質が含まれている恐れがあり、それによる健康被害が既にいくつも発生していて、それが酷くなったら本格的な毒魚パラダイスな状況になるかもしれないという感じで、問題が発生しているというのを少し前にも言いましたが、このままのペースだと前にも言いましたが、本気で呪われている事だと思った方が良いかもですね。築地市場と築地に関わる人たちの怨念が呪いとなって豊洲市場に暗雲をもたらしている?(都知事が築地は完全に潰して再興する事はないと言い切ったし。)
 見よ、これが都となったことによる最大の暗黒の問題状況の発生だが、これでも大阪都構想は良いと思えるのだろうか? というか、豊洲の下には大量の有毒物質が埋蔵されているわけですし、大きめの地震や何かしらで地面に強い衝撃が与えられたら、豊洲市場がそこで閉幕にならないですかね? 猛毒市場の毒魚天国で楽園な状況になって、働く人も食べた人も猛毒で苦しみまくる死の市場になりそうな強い不安感が。(日本って地震大国だし? 首都直下とか南海トラフの影響とかで大地震が起こると、直撃しなくても豊洲市場が滅びる恐れが強い気がする。 それでなくとも空気毒汚染が進んでいるようだし。)
 やはり前にも言ったように海上移動型市場の建築とか考えた方が良いのでは? 日本には大型の造船技術があるのですから、普通に可能なはずですけどね。

 さて少し長くなりまして本題の方に移って行きますけども、今回の話はあくまで提案程度のお話であり、こういう仕組みならば防ぎやすく出来るという話です。
 それで先に長谷工の問題の話ですけど、現場所長が盗撮やっていたという事で、その担当建設場所が疑われるのは当然ですけども、長谷工自体の対応としても問題発生からの対処が非常に遅く、ついでに居住者が使う場所での問題だというのに、周知徹底をせずに売り出していたりするわけで、一部詐欺と言っても良いような状況ですね。
 というかこの対応状況では、長谷工自体に盗撮系統の蔓延した体質があったとしてもおかしくはないような対応の様に思えて、長谷工が手掛けた建築物全てに対して大規模にチェックを掛けた方が良いかもしれませんね。もしかしたら他の社員もやっている可能性が現状無いとは言えませんしね。(会社の対応の遅さ悪さを鑑みて。 説明からも騙すような意図が散見されるので。)
 というか、建築問題ではレオパレスの次は長谷工ですか、大きな所も信用して良いものか悩むような腐敗状況ですね。 こういう現状はそれらのチェック体制が甘すぎるからという事が問題にもなってくるのでしょうかね?(主に自民党政権)

 ってな感じで問題の本質である盗撮や盗聴で用いられる小型機器にカメラ等が非常に簡単に入手しやすい状況で、犯罪を誘発させている状況とも言えるこの状況は、とても治安が良い国とは言えない状況にありますね。だってどこに盗撮機器や盗聴機器が潜んでいるのか分からずに、普通に蔓延していて誰でもすぐに出来る国なんてほとんどないでしょうし。 まあ女性の人権が紙よりも軽い日本でだからの状況なのかもしれませんけどね。(ねえ?自民党政権さん? ちなみに言っときますが、私は反現政治体制活動家でもありますからね。誹謗中傷大好きサイトにも言っときます。ただし私(悪魔)にとってはそれらのほとんどが誉め言葉ですが。以上小時事でした。)
 それで、現状はそういう犯罪道具が非常に手に入りやすい状況にあり、その状況故に盗撮やら盗聴の問題や事件が多発しているのだと思われますが、これ系統は販売においては子供やペットの安全確認用とかでうまく逃げているから取り締まれないという状況のようですけども、その販売体系の形をある形に押しはめるようにして、販売会社にも販売における責任を負わせるような形にすると、防ぎやすくなっていくでしょうね。
 その方法としては、販売における体系をレンタル(又はリース契約)だけに制限させて、販売元と販売個人主などに繋がりを持たせさせます。そしてレンタル販売におけるそれ系の機器には必ず固有識別に出来る形と、位置の特定が可能な発信機機能にそこから撮影録音されるデータを販売元にも自動的に送り付ける機能を持たせて、販売元による仲介監視体制と、そのデータの状況やレンタル状況に使用状況等の情報を国や行政に警察などの機関が不特定日(要は抜き打ちで、年3~4回)に確認できるようにして、犯罪に使われている疑いや情報の不備があった場合にはレンタル先の人物への犯罪の疑いをかけて調査させることにして、販売元のお店の人を犯罪ほう助の容疑で逮捕する形にして、最低でも懲役5年の実刑判決辺り(罰金形式だと、レンタルできる機器1つ当たり×50~100万円ぐらいに、レンタルの期間分含めた金額)に処させると、強い抑止効果を販売先並びに販売元に与えさせる事ができ、使用に対する厳重化を進めさせる事が出来るでしょう。
 ついでに、それで犯罪として見つかった場合も容赦なく販売元が普通に完全逮捕される形にする。つまりそれ系の機器をレンタル販売する為には、販売元にも一蓮托生する事が義務付けされるようになると、必死に監視するようになって、犯罪の抑止に繋げられるでしょう。 ちなみにそれで、先に販売元の方が犯罪に気付いて通告してきた場合のみ、やった犯罪者だけが罰せられて、販売元には厳重注意のみで逃れられるようにする。(ただし1年内に数回やると、犯罪ほう助となるが。)

 あとはレンタル販売の体系において、新機種などの導入などには国の許可が必要になるとさせて、不審な疑いなどが長期間無い事が必要となるとさせると、さらに抑止効果を生ませやすくなる。
 そして作成会社や部品の作成等にも犯罪にも関わる要素が強いという事での監視体制を強くさせて、問題のない安全実績のある会社同士での開発製造体系の確立にまで持っていければ、それらが普通に巷に流通する事も少なくなって、盗撮盗聴の問題を減らして行くようにも出来る。

 あとはそれらを実行して行く前に完全不意打ち気味に、国からその辺の法規制前の機器の強制買い上げが現場と知らせ同時に行なわれて押さえる形にもする必要がある。

 ついでにその辺で新たなビジネス体系として、盗撮盗聴機器発見調査の仕事(月1(仕事)契約など。 安全を守る系の警備の仕事等(ALSOKとか)が追加サービスで行ったりするようにすると楽。(単体でも個人家庭とかで契約数が増えるかも?))を作ったり、その仕事に用いられる発見器などの個人用レンタルを簡単に出来るような体制を作ったりすると、意外とビジネスとして成り立たせる事も可能でしょうかね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 盗撮盗聴器等の犯罪機器~終了~発見調査のお仕事





























 単純な話でもマンションごとの警備でその辺の盗撮盗聴機器の調査(発見)辺りまでを月1でも毎月やってくれるような形にすると、安全性の担保の形にはしやすいのではないでしょうかね?
 各個人家庭向きにしても、月1契約という形式で、作業時間を1回10~15分程度(家と間取りの大きさや数による。)で行えるような感じでならば、作業の負担率も少ないでしょうしね。
 そしてそれを専用のドローンが行なっていけるようにすると、さらに安全警備での仕事の利益率を上げる事にも繋げて、マンションやビルに各家庭の安全安心度も高めて行けるようにもする事が可能なのではないでしょうかね? ついでに、貸し会議室とついでに盗聴機器等の発見器を1回分レンタルできるような形で、自分たちでも十分な安全を確認できるようなサービスとかあっても良いかもですね。(ただし備え付けではなく、専用の体系のレンタル会社から直接形式。備え付けだと壊されている可能性も否めないし。) END
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1009回 違法適法薬物休憩所~違法薬物の司法取引所~ !閲覧危険! [犯罪対策]

 さ~てまた問題作になるのか?という辺りの違法薬物犯罪対策での薬物中毒者達を殺させない&暴走させないようにする仕組みに関しての新たな形についてのアイデアです。 ただまあ今回も大体生かさず殺さずがコンセプトになってきますかね。(笑) まあこの段階で言えるのは、前にも話に挙げた違法薬物天国の地下都市の地上型簡易版みたいな内容ですね。それに+して犯罪対策系統の機能を盛り込んだ内容になっています。

 さて時事に関しては、イギリスのEU離脱のブレグジット大混乱が間近に迫って右往左往していますね。元から真っ二つな意見状況だったわけですし、その迷走によるグダグダ感での世界の企業の撤退なども影響して、より反対に回る人も出てきていて、対立構造が激化している状況ですけども、これでまたEUに戻ろうかとしても、離脱派の不満はまた蓄積される状況でしょうし、最早この状況ではどちらに転んでもイギリスに明るい未来は訪れないような気さえもしてきますね。
 元から連合国家での4つぐらいの国が集まって出来ているイギリスなわけですし、それでこの状況で意見をまとめるのはかなり難しい気もします。 ならば、秘中の秘策として、EU内に残りつつイギリス自体が1つでありながら分断される状況を作り上げれば、良いのではないでしょうかね? その状況下で国民の形を分けて体制作りもそのようにして、その分かれた2つはEUと仲良くする勢力連合とイギリス単体でいたい勢力連合にて集まり、実質的な国のシステムとして壁を作り上げて、移民に寛容な社会の仲良く勢力の南部側と、移民が来ても待遇最低の社会のイギリス単体勢力の北部側で分かれるという形でなら、イギリス自体は1つでEUに加盟していたとしても、イギリス両陣営の納得にまとめやすい形に出来るのではないでしょうかね? 混ぜるから問題や衝突が激しくなるのですから、国内できっちり分ける形にすればよいのですよ。 ほら、街作り都市作りの形の中でも隣とは全然違う形になっている所も不思議ではないでしょう? そういう感じであれば、EUもそれに文句を付ける事は出来ない。というかやったら国政介入にしかならないしね。(ついでに宗教差別とかで問題視して反撃する事も。) まあこれもまた黒い内容なんですがね。

 それでは本題も光の明るさがほとんどないダークで危険なアイデアの話に移って行きます。
 さてこの話は相次ぐ有名人の違法薬物による問題に絡んで思い浮かんだアイデアなのですけども、まあこの手の犯罪にされている事はなくならないですよね。国によっては違法性が無いとされている国もありますし、合法化の動きになっている国(軽い物等)もあったりしています。それで日本は厳格性を守ろうと頑張っているわけですけども、暴力団がのさばらしな状況で厳格さの欠片も見えてこないのは日本の悪い所ですよね。大半は奴らですし、今の日本のチェック体制もかなりゆるい事が多いので、それ以外で取引する犯罪者共は普通にいるでしょうけどね。 でもまあ、基本的にそれを購入する需要の客がいなければ意味がない事であり、それがいる事や興味を持ったり1度でもやったことがある人が普通に存在する状況では、絶対に無くなる事はない繰り返しとも言えますね。
 だからこそ私は、その悪い因果を断ち切る為に違法薬物天国の地下都市の建設に関して言及して、独民においては作る事に決定しています。 要は外部との繫がりがほぼ断たれた状況でのみ、薬物中毒者達が普通に生活できて、稼げる状況がある限りいくらでも好きにやって良いという薬物使用者の楽園と言える場所の形ですね。まあそれと同時に強力な薬物に対する信用試験の場としても使えて、地上での再犯発生を強く抑制させて拡散も防げるような形になります。 そりゃまあ薬物が普通に買えて周りがその人達ばかりでハッピーな環境下でいて、地上に出て生活する為に長期間薬物断絶で我慢できる精神力は、並大抵の精神力以上でないとできませんからね。(まあたぶん99%以上は永住になるでしょうし。) そしてそこで薬物依存者の拡散を抑えて、ついでに引き寄せて幸せ満点で留めさせれば、地上での需要はほとんど無くなることになるでしょうからね。
 ただその方法においても作るまでには時間はかかるわけでして、それまでの繋ぎ的な地上型の簡易楽園施設という感じの今作のアイデアになります。

 その内容がかなり前にも話に挙げた違法薬物合法化の範囲限定型&使用場所も限定型の休憩施設という感じの形ですね。 大きさは簡易宿泊所という形式での小規模~中規模くらいの形(感じとしては大体ラブホの薬物版みたいな? 部屋の広さは半分以下だけど。)にして、そこでは違法とされている各種薬物などの国で認可された販売所という形式で、そこで購入&使用して落ち着くまで宿泊所内で休憩するという形で1セットという形にします。 要は購入から使用してまで全部その場所で済ましてね?という感じの場所である。もちろん購入物を外に持ち出す事は禁止だが、逆に外で買った物を中で使用する事は可能で、それに関しての使用に関する犯罪処罰は適用されない形とする。 ただ、その前の入る前の段階で違法に所持をしていた罪は普通に処罰される形だが、そこに入れた時点でその罪は減刑されて、さらにその薬物の販売ルート等の情報を提供して見事その末端でも確保出来たら、褒美としてその施設の地下側に作る特別刑務所にて薬物に浸かりながら施設の仕事補佐の労働をして刑期を全うさせる形にする。(ちなみに購入代金は自腹&仕事から貰える給金支払いも可能にする。)そしてその後、そこで購入出来る違法薬物の金額に値引きされた状態で購入できるようにする。(ちなみに確保まで至れなかったときは、無給で仕事で、値引きも無しなだけの形になります。) また、浸かる以外は普通に刑務所で断絶に向けた治療を受けながら過ごすという道も選べるようにする。(ちなみにこちらはルート潰しに成功出来れば、刑務所内での待遇が良くされる条件付き。) ちなみにこの選択肢の形においては、執行猶予は発生しない事とする。

 違法とされている薬物でも容量用法良く守って適切な環境で使う分にはあまり問題性は発生しないので、そういう場所を作って、薬物使用者や中毒者に対するホイホイ施設みたいな感じですね。(何ホイホイかは書きませんが。黒虫) そこで正直に使っている事を認めれば、普通よりも軽い罰にするとさせて、ついでにルートを1つでも潰す事に協力(仲間を売れば。)すると、選択できる道での恩恵が与えられる仕組みになっているので、まさに薬物使用者に対する一時休憩楽園施設型ホイホイですね。
 まあ基本的に使用者の確認と安全使用と違法にならない形での安定購入が出来る場所になっているから、需要の削減効果に繋がり、ついでに仲間を売れば、継続利用などにおいても恩恵が得られていく形になるので、どんどん末端からでも潰しやすくなる。

 ちなみに、その休憩所で販売される違法薬物の入手先は、基本的に摘発した違法薬物から回します。残りは同施設内で作れる物は予備が無くなってくれば作るという形にする。 まあ基本的にこちらは地下都市までの繋ぎ的な形でもありますからね。 地下都市が完成すれば潰しますし。
 なので、基本入手元手0からの高額国収入にもなります。(ある意味悪魔ですね。)


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 違法適法薬物休憩所~終了~一時休憩楽園施設型ホイホイ





























 まあ摘発した物の有効活用の餌として用意して、薬物使用者や中毒者の数を見たり、外で問題を起こさせ無くするように出来て、ついでにホイホイ効果のルート潰しにも効果を見せられるこの施設なら、一時的な対策効果として効果を出す事も出来るでしょう。
 ま、ちなみに、地下都市内で流通する物も基本は地上で摘発された物が流されて、そこで作られている物は、流された物の量が無くなった際に製造されていく形にする。
 ついでに言えば、その地下都市にも海外からの移民を受け入れられるようにする。ただし、基本アリジゴク形式だが。(行きはよいよい、帰りは…蜘蛛の糸?) END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1005回 児童虐待防止に向けた早期対策法 児童虐待司法取引じゃないけども… [犯罪対策]

 さて近代史のたかじんは無視して、時事報道で言われていた児童虐待のニュースは相次ぐのに政府の対策的動きは亀より遅いという事に関しての批判と早期に実現できそうな対策法についての話とします。

 それで先に細かな時事から行きますけども、米中貿易戦争の行方がどうなるのか不明な状況で良好ムードだと報じられていますけども、その状況下でファーウェイ側と中国が共同でファーウェイ排除の行動に関する法的な訴えを繰り出したようで、また暗雲に逆戻りしそうな予感も致している状況になっていますね。 これがファーウェイ単独でならばまだ別だったのですが、途中から中国政府が支援に回ったものだから、普通に中国政府の先兵として行動しているような節が垣間見えて、言っている事とやっている事は違って、アメリカの方がまだ良いと言える状況にも思えますね。 まあファーウェイが好き勝手にやると、それと同時に中国の暗黒世界制覇も同時に達成しそうだからアメリカが反発しているというのも理解できる話ですからね。利便性とお手ごろ感だけを追い求めて中国に全人権奪われて生殺与奪権も奪われて好きに殺されたいですか?という話も出てくるようですからね。 まあ簡単な話、今のトランプ外交の最悪パターン(現状的に今の沖縄の植民地常態と同じ環境)だと思えば、非常に分かりやすいでしょ? 今でも中国という国においては人権が存在しない国で有名なのですし、それの行動範囲が広まれば、どうなるかは百も承知で分かるでしょう。
 あと日本の報道では人工透析に関する病院問題みたいなことが発生しているようですけども、一生受け続けていく必要性があるのならば、ペースメーカー等みたいに体に専用の機械取り付けて固定化させて、必要処置行為が行い易く手軽に済ませられるような形を開発すれば、もっと良くなるのではないでしょうかね? それこそその取り付け機器と簡易装置を自宅に置けるようにして、装置の作動に必要な物をカートリッジ形式で使用して交換して行くという形ならば、出来なくはないかと思われますけどね。 いちいち針刺してやるよりも腕なりの血管部分に機械制御でいつでもバイパスできるような制御機能を持たせて、そこと専用機械を接続して人工透析がスムーズに行える形式にすれば、今よりも負担の率をかなり下げる事は可能になるかと思われますがね。 まあ難点は普通に見た目ですけども、それと日常の負担を考慮して選択出来るようになればより良く出来るようになるのではないでしょうかね? ついでにその機械にウェアラブルデバイスみたいな機能やスマホ等でも取っ付けると、見た目の悪さも少しは無くなりますかね?
 今の時代義手や義足の人も普通になっている状況下でならば、人工透析をよりスムーズに負担を少なくさせる為に機械の取り付け固定化の流れに舵を切っても良いかと思われるのですがね。
 少々大きめの腕時計型くらいにまでコンパクトに出来れば、見た目の悪さも少しは解消できるでしょうし。

 それでは本題の話に移って行きますけども、最近もまた児童虐待での問題報道が相次いでいますね。海外からも日本に対して厳重注意が出されるほど問題が深刻化されている状況ですけども、政府の動きは遅いですね。早くても5年とか試算が出されていたりしますが、その間の虐待問題は全て放置ですか?と言いたい状況で、老害の感じる5年は短いのかもしれませんが、実際現実時間では相当長いと見るべきですよね? というかまともに解決しようとする意識が欠如していると見るべきで、やはり今の政府機関は子供を虐殺しようと虐待を推奨している日本政府のようにしか映りませんね。 早急に助けるべきは親ではなく子供です。それをあの老害共は子供に対する愛を忘れて親や高齢者を大事にする事しか考えておらず、子供を見殺しにしようと行動しているだけと見るべきですね。動こうと思えばすぐに動けるやり方はいくらでもあるのに取ろうとしない事がその証拠であり、安倍総理は子供を殺すのが大好きな総理という事ですね。 助ける為の早急な行動を起こしていないのですから当然ですよね。海外から厳重注意されても動く気配がほとんど見られず緩慢な対応しかしないというのは、子供を救う事に関する興味がほとんどない表れでしょうね。
 あくまであの総理は自分の野望だけしか頭に入っておらずに、日本国民を助けたり子供の命を助ける事なんて二の次以下ぐらいにしか考えていないのでしょうね。

 まあ批判はさておき、私が今回示す早急に行なえそうな対策法案としては、児童虐待に対する厳罰化は基本(普通に児童関連に関する傷害や殺人罪も含めさせる。子供と言えども人間である事に変わりがないのに、これらの罪が適用されずに軽い刑罰になっているから平気で繰り返されるのですよ。)として、司法取引という所ではないけども、自分で児童虐待を認めて子供を児童相談所などに渡す事が出来れば、虐待の状況の程度に合わせて減刑が成される形にすると、1つの抑止力として効力を果たせるようになるのでは? まあ認めようとせずに続けるのが一般的な児童虐待の状況なのですけども、1つの法律の体系としてその行為を認めて子供の今後の安全を確保できる行動に繋げる事が出来れば、その行動の分だけ与えられる罪の重さが少し軽くなるという法律を作れば、少しは児童虐待状況の縮小と死亡に繋がる状況は減らせられるのでは?という形ですね。
 これは児童虐待に対する罪の重さの状況が強くなればなるほど効力を上げていく事になります。 だって、後々判明してからの重罪を受けるよりも命が助かる状況での少しばかりの減刑が与えられるのなら、手遅れと思わずに我が身可愛さで児童虐待司法取引みたいなことに手を伸ばすような人が出るかもしれないでしょ? どのような状況でも子供が死ぬ前に、まだ生きられる状況で自首すれば確実に少しばかりの減刑が成されるという状況でなら、手遅れになる前に行動してくれる率を高めやすく出来るでしょう。

 また、もう1つ早急に出来る対策法としては、児童虐待に対する通告や通報においてそれが児童虐待に認められる事であった場合は、状況に応じてお礼金が国や行政から支出される仕組みにすると、助けようと行動する人の数を短期的に増やして、助けられる確率を上げて行くように出来るでしょう。 まあ基本は善意などで助けて行くのが当たり前と思われる人もいるでしょうが、金が絡まないと動かない人や動きにくい人も世の中には普通にいるので、その人達の力も借りる為には必要とも思える対策であり、ついでに家族での虐待の状況を止めにくい人に対しても、売る事を勧める内容にも出来ます。児童虐待司法取引みたいな事と踏まえさせて、密告による発見の可能性を高めさせる動きにも繋げていく事も可能でしょう。
 児童虐待を止める動きに繋げられて、同時に感謝とお礼金が貰えるのならば、それに対してやる気を出したり行動しようと思う人が増えれば、子供が助けられる確率も増加して行くでしょ?

 まあでもこれらは短期的に長期的な対策を講じていくまでの児童虐待の発生を少なく、また亡くなる事を防いで行く事にさせて行く方法でしかなく、長期的に必要になる対策としての児童相談所の仕組みの大幅強化や子育てのサポート体制の拡充などが必要だと思われますけどね。ただ長期的な方はすぐに行なうという事は難しいから、短期的に行なえる対策を先行させて少しでも子供を助けられる率を上げていく仕組みにしつつ長期的な方でしっかりした対策を整えていく事が必要と思われます。
 ああ、短期的な方法に関しては赤ちゃんやら子供等を家庭の事情で置いていける場所の全国普及化に、買い取りも出来る制度を整えれば、より助けられていくのでしょうけど、その制度の細かい所などは今のクズ政治家共では構築できないでしょうね。 どうせザルにして、より子供の命を紙より軽くしようと虐殺傾向に走りそうですし。

 そして、預けられたり引き取られる子供の環境もしっかりと良くしていけるようにして、しっかり国の宝として普通の家庭の子供と同じレベルの環境が与えられる仕組みにしなければ、不公平な状況と日本の質が悪くなっていくでしょうね。
 それは、高齢者にお金を使うよりも子供にお金を使う方が大事であると私は思う。それが出来なければ国が滅ぶだけなのだから。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 児童虐待~終了~子供を助ける方法






















 ああ、やり方は少々あくどいかもしれませんが、国や行政にて子供の虐待を未然に防いで行く方法として、日本全国都道府県の市町村にて、最低月1回ペースで子供の安全状況の確認というのを行政側で行なって、行政の役所や児童相談所に来てもらう方法か学校教育機関に来てもらう方法で子供の安全状況確認が無事に通れば、育児に関する少しばかりの支援金が給付されていくという仕組みにすると、発生を防いで行く内容に出来るでしょうね。 これは0歳児から成年になるまでの子供対象という事にして、幼稚園や小学生以上で通学等出来ているのならば、そのタイミングで自動的に行なわれて、それ以外のケースでは子供だけもしくは親同伴にて来てもらい、確認できれば同様のことになるという仕組みにすれば、安全状況を確保しやすく、また同時にこれに連続で来なかった家庭に対して厳重注意として児童虐待を疑ってかかる形にすれば、対策が取りやすくなる。
 ただし、この方法も実施できるまでに少し時間がかかりそうな方法ですが、確実的な安全の餌釣りとしては効果を見出せそうです。 子供の日々の安全確認と引き換えにさらなる育児に関する支援金の支給制度。 END

 最後のこれは独民の対策の方にも加えても良いかな。
 ついでにこちらの仕組みをもっと詳しく解説していくかな?(別の回などで。まあこの文だけでも良いですがね。)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第997回 電話による主に高齢者への特殊詐欺を99.99%防ぐ為の方法 [犯罪対策]

 さて今日は報道特集が予想通りの米朝会談に適した内容だった為、今日の報道特集の始めの方でも少し出ていたりもした、アポ電強盗に並ぶ特殊詐欺に関しての防ぐ為の方法を真面目に公開します。 まあこの方法自体は主題としては挙げていませんでしたけど、どこかの回のサブ要素としてちょろっと話した事はある内容です。 まあそれの本格まとめ版の方法説明という回ですね。 この方法ならほぼ100%電話から始まる特殊詐欺を防ぐ事が出来るようになります。 まあ方法はとても簡単なのですがね。

 それで時事としては本題前の軽い特殊詐欺問題に関する話ですけども、最初はオレオレ詐欺から始まって、ずっと長くこの系統の特殊詐欺事件が繰り返されて被害に遭う人が多く出ていますよね? そのほとんどが多少ボケた老人や心配性などで騙されやすいご高齢の人が多く狙われているこの詐欺事件なのですけども、肝心の高齢者にいくら心配などをしたり騙されないように注意をしようとも、相手はプロなのですから状況に応じて回避が出来る可能性はかなり難しいと言えるでしょうね。 特に最近は電話から始まって直接強盗に押し入るアポ電強盗というのが都心で流行っているようですが、これに至る経緯になったのは、確実に特殊詐欺による犯罪の罪の罰し方が非常に甘すぎて、それを怖がらないから頻発している事や、味をしめていて刑罰も軽いから再犯に手を染める奴らばかりな状況で、それが過激化して行ったのは間違いなく法律と警察が緩いからという事でしょうね。 刑罰が甘すぎて犯罪者達の間ではたぶん手軽にお金を稼げて、もし捕まっても平気な楽な犯罪だという認識になっているからの状況ではないかと思いますね。 どうせ捕まっても重くて数年で、軽ければ執行猶予ですぐに再犯に手を染められる状況にあるのですから、楽な犯罪ですよね。まさにやりたい放題出来て騙しやすいご老人が日本にはごまんといるから、やりやすいという事で増加し、さらに確実に素早く入手していく為にアポ電強盗にまで特殊詐欺の規模が拡大していく事になったのでしょうね。 つまり法律が犯罪者保護になっていた事と、警察の職務怠慢がこの結果を招いているという事ですよ。 防ぐ方法なんて簡単にあるというのにね。

 というわけで電話による特殊詐欺をほぼ確実に防いで行く為のその方法を説明して行きますけども、このケースの特殊詐欺の基本パターンは、不確定な電話番号から電話が来て、それに受け答えしたら特殊詐欺が発動する事になる事が多いという事ですよね? この状況で大抵は受け答えに応じた高齢者の対応能力次第で状況が変わってくるという事ですけども、ここで高齢者に電話を取らせて対応させるという所でアウトなのですよ。 現状今の対策は電話を取らせた後の予防策で終始されていますが、それでは時すでに遅しです。だから毎年多数の人が詐欺被害に遭っているという事ですね。 ほぼ確実に防ぎたいのなら、その不確定な電話をその高齢者が直接受け取らなくても良い環境を構築させれば、そもそもの詐欺成立に結びつけなくさせる事が可能となります。
 当然ですよね?詐欺犯の電話を受け取る相手がその狙われた高齢者ではなく別の相手が受け取る形にすれば、その高齢者に被害が及ぶ事はほぼ無くなります。 まあ今の機能での特定された番号以外受け付けない対策方法でも良いのですが、これでは詐欺犯共をお縄に付ける事が出来ないので、逮捕させる為の行動に繋げる目的として、別の専門の対策チームに繋がれる仕組みとさせます。

 要は、高齢者に掛かってくるであろう電話に対して、予め契約やシステム等で不特定な番号からの電話に対しては自動的にその専門対策チームの方に繋がれるようにして、そこで内容確認を行なってから、正規の対応であると認められた場合には、本来繋がる筈の高齢者の電話にそこから正式に繋げ直されて話せるようにするという仕組みにすれば、詐欺犯罪者達の行動を防ぎつつついでに逮捕に向けた行動にまで繋げていく事が可能になります。 その専門対策チームは警察が部署を立ち上げて大々的に行なっても良いですし、民間で営利目的で高齢者の安全を守りますという形で行なっても良い。 まあどちらにしても契約においての多少の守ってもらう為のお金が必要になってくる形になるのかな?と思われますが。 つまり「電話の安全守ります。」という仕事ですね。

 まあ主な仕組みとしては、契約元の各種電話会社等と協力する形で、そこの電話に登録された番号以外からの電話全てをその専門対策チームの方にまず繋げて、そこで対話して安全確認を行ない、確認が取れたのなら元の繋げる番号の方にそこから繋げ直す事が出来るようにするという仕組みを取ります。 まあこれは大昔の電話サービスが始まった頃にあった仕組みに似ているので、今でも行う事は可能でしょう。というか今これだけ複雑に電話機能が出来る状況で、この仕組みは出来ないとかいう道理はないですよね?
 それで専門対策チームの受け答えとしては、若い人が出るのではなく、ここには専門で配属された高齢者の力によって対応してもらうようにして、そばで若い人にサポートしてもらう状況で、専門の高齢者が対応する形になります。 これは掛けた詐欺犯罪者は相手が高齢者だと思って掛けているわけですから、そこに若い人が出てきたら切りますよね?それを防いで誤魔化す為にあえてそこに高齢者に対応してもらうようにして、電話の内容もそのサポートの人が聴ける状況で、直接の対応のみ高齢者が行うという形式とします。 それで対応の高齢者とサポートの人の2人以上の体制で、その電話先の相手が安全であるかどうかの確認をしてもらい、その後の対応に分かれるという事ですね。(ちなみに、受けるはずの高齢者の性別は分る形にして、予めそれに対応する形で対応する高齢者の性別の人を用意しておく必要があります。) そしてそれが犯罪者だったとしても、受け答えする直接の人が高齢者であれば、普通に騙せるでしょうし、そこから専門対策の誘導に乗せる事も行い易く出来るようになるでしょう。

 あとはそのチームに十分な受け答えが可能な高齢者を複数人以上雇えば、数多くいる高齢者の電話の安全を高齢者の力で守っていく事が出来るようになるでしょう。 ちなみにこの方法は、高齢者が簡単に出来る仕事の形でもあります。 まあ高齢者の形で話せる人が対応しても良いのですけどね。 手っ取り早く人数を増やせるのは、やはり現役高齢者の人達に手伝ってもらう方が早いでしょう。
 そしてこの方法であれば、アポ電強盗も事前に襲撃予定がすぐに分かってしまう状況になるので、ほぼ防ぐ事が出来るようになります。 判明後に警察などに家や付近で待機してもらえば、そのまま御用の流れに。

 まあこのシステムで専門対策チームに電話を切り替える事は簡単に行なう事は可能でしょう。電話会社の協力さえあれば、着信拒否系の機能からそのまま流してもらえるようにすれば良いわけですからね。基本的な電話の内部システム的にはそう複雑なシステムでもないと思われるので、警察や民間会社が対策の為にうまく協力できる体制が取れるのならば、この手の特殊詐欺は契約した人に限り99.99%以上防ぐ事が出来るようになるでしょうね。 基本的な体系で警察又はその協力民間会社に高齢者への電話に対する不確定な番号は自動的に繋げられていくような制度に出来れば、ほぼ確実に電話からの特殊詐欺は防いで行く事が出来るようになるでしょうね。
 要はやろうと思えばほぼ確実に防ぐ事が可能な犯罪の形でもあるわけですね。この手の特殊詐欺に関しては。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 特殊詐欺~終了~電話の安全を守るサービス






















 まあこの話を広めて犯罪の被害を減らせるかどうかは皆さん次第ですがね。自分もいつか被害に遭うかもと思われる方は、率先して広めて実行動に繋げていけるようにすると良いでしょう。あとは守りたい高齢者の人がいて不安な方とかね。 この方法であれば、防げるのですから。(専門対策チームが職務放棄しない限りは。) END
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第971回 AI警備ロボ~広域ガード戦術~ 性善説と人頼りでは何も守れない [犯罪対策]

 さて今回の話は今朝のビビッドでのとある公園が何者かに度々襲撃されている話や最近頻発する国の重要文化財や寺に神社などに対する被害等に関してのお話ですけど、性善説と人頼りでは何も守れないからAI警備ロボに任せていく方法が妥当であり信頼出来る方法だというお話です。 本気で守りたいのなら、機械に任せる事が大事である。

 さて本日の時事は何やら麻生副総理がまたまた問題発言を繰り出している様子ですねという話で、相も変わらず女性は産む機械であると思っているかのような「子供を生まない方が問題」という発言を繰り出して撤回しているようですけど、未だにその考えが正しいと思っている副総理な状況にあり、それを安倍総理が容認しているという状況は事実として存在する事になります。 こういう発言が頻発するのは自民党が単独トップな状況で、そういう発言をすると褒められるのも自民党ならではであり、そういう発言での処分がほとんど無いのも自民党であるという女性蔑視最高の自民党政権という感じですね。 むしろ女性の地位を落とす事に躍起になっている政党のような気もするほどに。 厚労省の不正統計問題で揺れている最中に麻生副総理爆弾も今年も平常運転で起爆しまくるというのは、今の政権が完全に腐敗しきっている証拠でしょうね。
 まあ野党側も選挙控えて野合の集い合戦で野党第1党の戦いをしたりで野党連合とか模索している所がありますが、与党を打倒する為だけの野合の連合では何の意味もなく、余計に国を荒らすだけの混乱しか生みださないでしょうから、そんなことに国民が票を入れるとも思えないのですけどね。 現状腐敗か混沌かを選べと言われれば、まだ腐敗の方がいくらかましではありますからね。
 その状況でまだ何とかギリギリまともなのが立憲民主ぐらいですけど、頭が固くて古いのが玉に瑕で残念な部分ですね。 国民民主はまとまりのない野合集団としか思えない。ついでにここが与党になっても、一瞬で腐敗しきるというのが分かり切ったオチである事もまた事実。自民党と変わりようがない。

 それでは本題のAI警備ロボ~広域ガード戦術~のお話に移って行きますけども、仕組み的にはAI搭載の施設に準じる部分はあります。 ただしこちらは施設や建造物に限らず、公園等の広い場所や空間の警備も行える形の為、別枠で話をしていきますが、基本的には似たような内容になります。
 まああと基本的な形としては、警備における統括管理のAIを守るべき場所に配置して残りの警備ロボは普通のロボ型や動物型にドローン等を用いるタイプになるので、特段特殊な形を用いるわけではありませんが、警備ロボによる警備の形自体が今の役に立たない人頼りな警備よりも優秀なので、その辺の話を重点に話をしていく形になります。 基本的にはAIを用いて機械の警備ロボだけによる警備体制の確立を屋外の特定場所や広域警備等に用いろうとするお話なだけです。

 それで警備において機械と人との違いではっきりな部分と言えば、身体的な疲労や眠気に関する部分が機械には存在しない事や技術におけるバラつきが無い事に人とは違って常時大量の数を配備しようと思えばできる点にあるでしょうね。 つまり24時間くまなく大量動員による警備が可能になるのが機械であるAI警備の最大の利点です。 人ではこのような方法はよほどの重要設備や人物を守る際にしか使えないし、何より人件費等が尋常じゃないほどに必要となるので、24時間そこに存在する国の重要文化財や寺に神社などに対しては絶対に人では警備に付けないという事になります。 しかし人では無く、機械でありAIの警備であれば同様クラスの警備体制がそれなりに築き上げる事が出来るようになるので、被害を未然に防いで行く事は可能になる。 大量配備が可能な事や24時間警備が出来るかどうかに関しては警備において非常に重要な部分であり、それによって対象物を守れるのかどうかが変わってくる事になる。
 あと、AIが警備の統括管理をする状況になれば、防犯カメラにおける人的見逃しは無くなり、かつ全カメラを常時見張りつつ不審な点等があれば実行部隊の警備ロボにすぐに指示を行なえるという点では、非常に警備的に有利である。ついでにそのカメラにマイク機能を付けて警告するという使い方にも出来る為、人がやるよりも守れる確率は高くなりやすい。
 ちなみにこの警備に関しては、人が普通に入り乱れている状況でもしっかり状況を認識させて警備させる事が出来るようになるので、日中堂々の犯行すらも防いで行く事が出来るようになる。

 そして警備の体制についても、主本体の警備AIは防犯カメラを主軸に警備全体の統括管理を行ない、付近の見回りや不動警備型のタイプ等にもチーム単位でAIを配置して警備対応に当たらせる仕組みにすると良いでしょうね。 そして基本的な見回り型としては、空中ドローンによる浮遊警戒によって見回り警備に当たらせて、基本的なロボ型や動物型等は人が複数いる昼間は人の行動に注意しながら自立行動で対象目的物の場所ごとにうろうろする形(もしくは目の前で不動からの犯行に対して行動する形。)にして、夜は基本的に不動型にて特定の場所をきっちり警備する対応にする。 周回警備等は空中ドローン等の移動が簡単な警備ロボに任せて、地上型は基本的に基本配置場所から動かずに、そこに近付こうとする不審者や攻撃しようとする犯罪者の行動に応じて反応して対応する形の動きにさせる。 ゲームでよく言うゴーレム的な感じですね。
 その上で統括型AIによっての何かあった場合の警察への自動通報や管理元への自動連絡等の機能も付けたら普通に人以上の働きを常時変わりなく発揮させられて守らせる対応に出来るでしょう。

 ちなみに警備ロボへの武装は拘束用の強力ロボットアームや電気ネットにスタンガンや射出用の睡眠薬や麻痺薬に催涙ボム等ですかね。 それで防弾防刃加工まで施せればかなり強力ですけど、そこまではコストもかかるでしょうから目的に合った形での形態にするという事で。

 ちなみに性善説に関しては、現実問題として全国各地に被害が広がっているのですから、何も対応策を講じずに性善説で大丈夫とする考えは完全に間違っているという事ですね。 あと防犯カメラをただ付けたぐらいではあまり効果がありません。それを有効利用出来る仕組みが無ければ、いくらでも抜けられますからね。
 ああ、AIと合わせて防犯カメラに水道水の圧縮水弾を発射できる機能とか付けたら、防犯カメラからの物理的防衛攻撃とか可能ですね。 物理防衛用防犯カメラですかね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 AI警備ロボ~終了~物理防衛用防犯カメラ
















 ちなみにこの系統の警備システムは、大規模会場やコンサートの警備とかパーティー等にも使っていけるシステムでもあります。人だけでは数が足りない場合や危険も踏まえての警備任務を任せる場合等でも非常に有効になって行くでしょうね。 機械ならば壊れても大体直せるのですから。そして能力は落ちたりしない。 END
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第965回 AI搭載の施設~商業店等の自動防犯システム~ [犯罪対策]

 さてようやく今回からAI搭載の家の応用版である様々に役立てられる内容を紹介していくシリーズとなります。応用編の最初はコンビニやスーパー等でよく行われる万引きの自動対応対策や強盗防止に美術館等での窃盗防止等に役立てられるシステムのお話です。

 さて時事はインフルエンザが大流行していますねと軽く流しながら、兵庫の明石市で行われていた市長による犯罪指示の決定的証拠が出てきたという報道に関してですけど、これは道路拡張工事の為にとあるビルに対して立ち退き交渉をしていて、それがえらく時間が掛かっていたから市長がキレて「そのビル燃やしてこい」等と犯罪を部下に要求したという発言で、騒動になっている問題です。 もうこれは一種の政治的な思惑でその建物を消し(破壊)て来いと言っているのと同じで、若干テロの法律違反にも該当しそうな内容ですね。 というかそんなに時間が掛かる事でイラつくのなら、市長自らが自分で交渉しろという話なのに、それもせずに部下に責任全部押し付けて犯罪まで要求して、最悪人も殺して来いというのは、最低な市長のようにも思えますね。
 それでいてどれだけの罪深いことをしていたのかを理解していながら近く行われる市長選挙まで辞める気はなく、ついでに自分に罰を科す事も無くのうのうとその地位に固執しようというのは、クズの極みですね。何も反省していない事と同義にしか見えません。

 それでは本題の方に移って行きますけども、この内容は本来コンビニ編とかでまとめようかと考えていたのですが、システムの内容があまりにも多岐にわたり、一部他の業種とも被る事が多い状況になる為に、システムごとに分けて細かく説明していく形にしましたので、全体数はその分増えています。なのでこのシリーズはしばらく続きます。
 それで今回は商業店の主にコンビニやスーパー等でよく発生する万引き犯罪をベースについでに強盗系と美術館等での窃盗も同様の事なのでまとめてシステム解説して行きます。(AI側が行う事には特に変わりがないので。)

 中身のシステムとしては、建物やその店舗等にAIにおける管理体制を導入するという形で、今回の自動防犯システムにおいては、基本的に防犯カメラと警報システムや通報システムに機械制御の自動ドア等に関する部分になります。 そしてこの体制においては、建物内を稼働時間いつでも常にAIが防犯カメラを通してチェックできる状態になる為、主に客などの不審な動きには自動チェック機能が出来る状態になり、万引きにおいては盗みをした状況(レジ等に通さず出入り口から出ようとした時)をカメラで確認できたら、店員に情報を細かく説明したり、自動ドアなら強制的に閉じたままで固定させて逃げられなくして、店員による確保を促す形か強行突破された場合に備えて、蛍光塗料弾を備えたドローンにより逃げた犯人に撃ち込んだり、人型や動物型等で直接AI管轄の下取り押さえる警備システムを用意させても万引きへの強固な対策に出来るでしょう。
 この万引きにおいては、いちいち店員等がカメラで確認する作業等がいらなくなるので、負担削減と確実性の低さを防げて、見極めがカメラを通してですがかなり精度よく万引き防止に役立てられるようになるでしょう。 特に逃げられる確率を大いに減らす事には繋げられるようになるので、万引きの被害をかなり減らす事に役立てられるようになるでしょう。ちなみに万引き被害はコンビニやスーパー以外にも小売店舗では被害に遭っている所は多く、敷地面積のある程度広い店舗等では、万引きGメン等を雇ったりしている所もありますが、小型の所ではそれも難しい所が多く、店員が確認したりする必要がありましたが、このAIのシステムでなら防犯カメラの設置場所と可動範囲にさえ気を付ければ、どんな小さな店舗でも専用の防犯担当として役立てられるようになります。(AI導入系のコストさえ支払えば、その後の人件費は必要ありませんしね。)

 また、この仕組みにおいては小売店や主にコンビニ等で発生するレジ強盗等の犯罪においても素早く対処させる事が出来るようになります。 例によってこちらも防犯カメラによる確認(AI)が必要となりますが、レジ付近等での客が危険物を取り出した場合にはすぐに警察に自動通報が成されてそれを行なったと店内放送で呼びかけて犯人に自制を要求させる動きにして、さらにその状況の録画やカメラ情報を頼りにAIが大体の人物像や身長の割り出しを行ない、音声記録からの声の認識も行えるように出来れば、その後の犯人の確保にも役立てられるように出来るでしょう。 また必要に応じて、防犯用のドローン等の警備ロボットがいる場合はそれを自動稼働させて対処に移らせる事も可能になりますので、犯罪における対応を素早くさせる動きにする事が可能です。
 この方法でなら、店員等が通報ボタンを押す手間などが省ける為、より早く対応にさせる事もでき、AIが店内放送等によって状況を報告して他の客の避難を誘導させたり犯人に何もせずに逃げてもらうような動きに繋げさせる事も出来やすくなるでしょう。もしくは店員や警備ロボ等の配備において直接捕まえる等の動きにしても良いですけどね。

 さらに万引きと似たような事で、美術館等の展示品や置物を窃盗しようとする犯人等の行動を防犯カメラを通してAIが自動で常に監視する動きを取れるようになるので、不審な行動による自動注目機能や窃盗行動により自動警報や通報を発生させて、警備員や警察官への確保要求を出したり、警備ロボへのAIの行動介入での直接取り押さえ確保などに役立てさせるなどの動きにもする事が出来て、人が目で確認していくよりも早く同時に複数の場所での対応をしていく事が出来るようになるでしょう。 これなら、人の目でチェックのし忘れや認識ミス等の人的ミスによる犯罪の発生を防止して、窃盗犯罪を防いで行く流れに出来るでしょう。 それは基本的な防犯システムにおいても、AIも管理して常に自動で把握認識が出来るような状況であれば、防犯効果をさらに高めやすく出来るようになるという事になります。
 犯罪を防いで行きたいのなら、人に頼っていくよりもこれからは同時に全部のカメラの画像認識を行なえるAIに仕事を任せた方が効率は良くなるでしょうね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 AI搭載の施設~終了~自動防犯システム
















 AIならば状況の積み重ねによって犯人の行動原理をある程度予測させやすくなったり、より早い的確な対応へ進化させていく事が出来るでしょうから、AIの人工知能に任せる方向が最適です。
 これで万引き家族のような万引き犯罪者達の仕事が行いにくくなる。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第944回 日本の法律体系のダメな点~自白絶対主義は現在の拷問制度~ [犯罪対策]

 さて今回はゴーン氏絡みの件と大阪で起きた冤罪事件においての件を絡んでの話になります。まあそれに加えて、日本が今も続けている自白絶対主義についての批判や様々な法律やら警察の体制についても諸々合わせて批判していく内容にします。日本では今も過酷な拷問が繰り返されているという現実の話をね。(ゴーン氏の話でも体重が落ちた件は、一種の拷問状態にも近しい状況でもある。(元の体重が肥満気味以上でなかった場合。))

 さて今回は時事がそのままなので、そのまま行きますけども、今日の報道内容は大体ゴーン氏の逮捕拘留に関する説明での内容で法廷が開かれた状況にあって、ついでにゴーン氏の訴えを生で聴ける状況も作り出した状況にありますけども、私は詳しい日本の裁判沙汰の話に言及する気は特に今の所ありませんが、ゴーン氏の罪で現状はっきりしているのは、日産を裏切って潰そうとしたら返り討ちにあったという事ぐらいでしょうかね。これ自体何の罪に当たるかと言われれば何も無いのですが、日産側にとっては何にも代えて許され難い重い罪だと認識してはいるでしょうね。だからこそのその後の対応の形であったと思いますけどね。日産を裏切らずにフランスの野望から守っていく行動をこれからもずっとして行ってくれる状況であったのならば、裏切られる事もなくこのような状況にはならなかったのでしょうけど、裏切ろうと行動したから、返り討ちにあって今までの不正と思わしき物を引き合いに警察に売られたというだけでしょうね。 まあその不正の真偽は私としてはまだ定かではないと思いますが、今後の状況はどう転ぶか分からない所ではありますね。ゴーン氏側から見て世界基準で違法に当たらなかったと思っていても、日本独自の法の基準では何某かの違法に当たる可能性が無いとは言えませんしね。あとはゴーン氏が上から目線で、被害は無いと言っていても、下の方から見れば被害に遭っていたという事が無いとも言えませんしね。今風で言うならばパワハラに該当するような権力の乱用に対する信頼的な被害も考慮すれば、日産側が思う被害の形というのもあるのかもしれませんからね。まあ現状どれも憶測の話に尽きず、決定的な状況が付きつけられているわけでもないので、犯人確定で事を運ぶのはどうかと思いますけどね。 疑わしきは全部罪とされたら、冤罪生み放題の無法国家にしかなりませんからね。
 容疑者状態での取り調べに弁護士等が付かない状況というのは、見方を変えてみれば現代の拷問と見る事も出来ます。だって警察側が複数でやりたい放題追求などしまくれる状況というわけで、それを正常にさせる要素は警察側にしかないというのは、容疑者の段階なのに犯人確定とされて人権剥奪されて拷問を受けている状況とあまり変わりがないように見受けられるのですからね。 それを警察側が否定しようとも、証拠となり得るのが警察の主張のみの段階では、それを拷問とは言えないという根拠がどこにも無くなるわけで、現に今の状況でも警察が主義するのが自白絶対主義の名の下どうにかして罪を認めさせるように仕向けて、物的証拠など無くても重い罪に仕立て上げられる状況が未だに残っており、これで法治国家を名乗れるのは甚だ遺憾な状態にあると言えるでしょうね。 何せ取り調べで拷問と同じような事をしても、その証拠を握っているのは同じ警察官だけで、事実を捻じ曲げて自白に追い込む為に物理的な拷問や精神を摩耗させて心身衰弱状態にさせて自白に追い込むなんて普通に出来る状況にあり、それで追い込む事が出来る状態で警察の証拠だけというのは、あまりにも警察の無法が過ぎる状態が残り続けているのではないでしょうかね?
 せめて弁護士とは行かなく(まあ弁護士が最適ではありますが)ても、最低でも中立性を持って取り調べが成されている事を証明できるように取り調べ専用での第3者機関の報道記者を最低でも2社ぐらいは取り調べの際に必ず付けるぐらいは必要なのではないでしょうかね? この話は相当前にも話していますが、それぐらいできなければ、容疑者に対する人としての人権は守られなくなる可能性が高いと言えますし、警察官が行う非人道な拷問は無くならないでしょうからね。
 そして拘置所での扱いの件は前にも言いましたが、犯人確定ではなく容疑者の段階での待遇としては、人権をあまりにも無視し続けて、容疑者に対する段階としてはそれも一種の精神的な拷問を常に科している状態と同じだと言えるでしょうね。 つまり今の容疑者に対する取り調べの体系は、自白絶対主義の名の下における非人道な拷問体質にあると言っても差し支えないでしょう。だからこそ世界が日本のやり方に異議を唱えているという事もあるのでしょうね。未だに拷問取り調べが日常的に行なわれている無法さに対してね。

 そして大阪の冤罪事件に関しての話ですが、これは地方ニュースに該当するでしょうから他の地域の人は知らない可能性が高いのですが、内容としては強姦罪の冤罪で逮捕されて懲役刑12年ぐらいが確定して牢に入れられたのですが、その後確実な無罪が確定して出られたのですが、その際の慰謝料などの請求を大阪地裁に完全否定されて、冤罪で捕まったのに何も国から補償されずに打ち捨てられる事が起きたという内容が大筋の話で、冤罪に至る状況は被害者とされた少女の話が完全に嘘偽りであり、被害の絶対証拠が何もない状況で警察側が少女の話だけを鵜呑みにして冤罪逮捕で裁判にかけて、裁判所側も冤罪者の話には一切耳を傾ける事無くこれまた被害者とされた少女の話だけで懲役刑を下したという自白のパターンとよく似た証拠が何も無くても言葉だけで罪が勝手に決められる状況の法律状況であるとの現実問題が発生したというのに、その物的証拠や状況証拠を何も捜査せずに逮捕から懲役刑確定のプロセスには何も裁判所として誤りはなかったと自分たちの罪を認めない大阪地裁の話です。
 つまりこれは被害者とされた嘘つき少女の言葉だけで、罪が勝手に確定されて冤罪が発生した事例なのに、そのプロセスに何の誤りも無いとする警察や裁判所の形には無法としか言いようがない状況としか言えないでしょうね。というか権力乱用で罪もない人を強引に犯罪者に仕立て上げている状況はおかしくないと言っているわけですよ今の司法は。 これが無法状況と言わずに何を無法というのでしょうかね? そしてその嘘つき少女には何の罰則も無く、平然と過ごせている状況というのは、本当の加害者は罰せられないのに罪もない人が一方的に逮捕されて懲役刑にされている現実があるという事になります。 それは拷問による自白の体系でも同じ事であり、今の日本では未だに証拠品よりも自白や言葉だけの方が強いという不確かな内容が強い状況にあり、法律体系は無法に近い状態で残り続けていると言えるでしょう。 だからこその警察の逮捕の後の罪確定率にも繋がっているのかもしれませんね。物的証拠が何も無くても無理やりに言葉や自白だけで重い罪が確定させられるから、拷問をしてでも自白に追い込もうとしたり嘘偽りでも罪に確定できるならそれでよいとしたりする最低な状況が続いているからの状況とも言えるのでしょうね。 日本では違法に警察機構が人権を奪っていて、拷問が繰り返されているからこのような冤罪事件や世界からも批判される状況になっていると言えるのでしょうね。 拷問を正当化する日本は世界の法治状況から見て非人道な状況に近いと言えるでしょうね。 そして冤罪事件において真の加害者を罰しないというのは、警察機構や裁判所が犯罪者の支援をしている事と同じだと言えますね。 だからその余波が様々な所で社会の問題として出てくる事になるわけなのですがね。全ては犯罪者が犯罪を行ない易いように作り出している国や警察に裁判所などのせいでね。そうでしょう?主に警察がそれを罪と認めなければ犯罪として認知されないのなら、違法に犯罪を隠す事だってやりたい放題なわけですからね。 状況によっては需要と供給に仲介まとめて叩いていく事も必要な事が多いのですよ。どれか1つや2つだけを叩いても犯罪は無くならないのですからね。そこから逃げ伸びて被害者と位置付けられた奴がまた同じ事をする可能性が無いわけではないのですからね。完全な被害者でない限りはね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 自白絶対主義~終了~拷問取り調べ制度















 まあ今の日本において拷問取り調べは普通に繰り返されていますよね。1人を相手によってたかって袋叩きにする構図でやっているのですから、そりゃあね。それでいて自白強要や自白のでっち上げを警察が狙っているというのは普通に酷い状況で、警察の本来の職務放棄による無法状態とも言える状況にあるでしょうね。 それでいてドラマなどでよくあるかつ丼とかのあの状況は今も昔もあったかどうかは定かではありませんが、あれも内容よく観察してみると拷問ですからね。自白しないと食わせないとかは普通に人権的にも非人道な拷問になります。警察があわよくば餓死を狙っているとも思える行動ですからね。もしくは心身衰弱状態(飢餓による)に追い込んでの自白強要拷問の形ですから、普通に人権無視しています。これと同じように恫喝などで脅したりする行為や行動を制限する行為(飲食の自由やトイレ等)は拷問に完全に分類されるでしょうし、それを避ける為の方法を取っていないのは、警察の取り調べによる拷問を正当化している状況にあると言って良いと言えるでしょう。 END
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第926回 悪質転売をサポートする犯罪者お助けのフリマアプリを血祭りにして、モラル更生する方法 [犯罪対策]

 さて本日もまた結構過激なタイトルから始まる皆さんが普段よく利用しているであろうフリマアプリをメインターゲットにして、モラルなき悪質転売の横行や盗品のお助け販売に使われるフリマアプリを徹底的な粛清の下血祭りに上げて、正常化を図ろうとする独民でやろうとする新たな法律系のお話ですね。 まあ現状からの改善目的でやってもらいたい所ですが、フリマアプリを普通に血祭りに上げるので、普通じゃあなかなか出来ないでしょうから独民系でのお話という事にしておきます。 内容的に現状のフリマアプリサイト共がほぼ半殺しにされます。(出品物の半数近くが粛清されるという意味で。 ね?血祭りでしょ?)

 それでいつもの時事ですけど、今日はゴーンショックでの再発状況といった感じでしたかね。裁判所が同じ事での長期拘留は認めなくて、仕方なく奥の手だった別の容疑で再逮捕するという方法を取ったという事で、昨日に引き続きどんでん返しが続く状況になって行っているようですね。 まあそれで批判されるポイントは、人権無視に近い拘留が引き続き行われるという点でしょうかね。取り調べの際に弁護士等を付けないというのは今の世界情勢下では、完全に無法国家がやる人権を無視して侵害すらもする野蛮な行為という事になっていますから、そりゃ世界から猛反発を受けるのは当然でしょうね。そして拘置所での待遇も容疑者に対してなのに犯罪者確定と同じでの酷い状況で、こちらも大きな人権侵害の状況で、日本は世界から無法国家として見られていてもおかしくはない捜査体系をしているという事ですね。 これに関しては私も批判しかする事がないくらいに日本の状況は世界から見ても酷すぎる劣悪国の状況です。 これもあれですかね?日本政府の方針で外国人だから特に人権無視しても良いとかいう外国人労働者と同じような状況で見ているという事なのでしょうかね? 特に今回の件に関しては何が何でも長期拘束させておけとか言う政府命令でもあったのでしょうかね? どちらにせよ現在の問題では、フランス政府VS日産の構図で、フランス政府が自分たちの利益の為だけに日産を世界から消滅(吸収)させようとしているのを日産が激しく抵抗しているという状況で、日本政府は技術の流出を防ぎたい思惑もあるので、フランス政府と一定の距離を置こうとしているといった感じですかね。 ただフランス政府が完全に躍起になって是が非でも日産を吸収してこの世から消そうとしたら、それは日本の経済の大損失にも繋がる事になるので、事実上のフランスからの経済戦争を挑まれたことになりかねなくなるでしょうね。そうなると反撃をせざるを得なくなる。 私ならその前に仕掛けますがね。これ以上やるなら今の状況からフランスに対して経済制裁を発動する準備があると言えば、フランスのマクロン反対派がまた再加熱させられる事になるでしょうからね。
 そして人権無視の件で中国もまたファーウェイ騒動からのカナダ人を不当に拘束しているという情報が流れて、最早見境なしに中国に居るカナダ人を根こそぎ不当に捕まえまくって、完全なる人質にしてカナダを脅そうという状況になっていますね。そして弁護士付けずに殺すと。 さらに別件ではウイグル人に対しても似たような件で、数百万人を不当に捕まえて拷問にかけて強制労働やら殺しまくるヒトラーのユダヤ人大虐殺と同じような事を普通に行なっている状況にあるようですね。 もはや今の中国はウイグル人というだけで人種差別して皆殺しにしようと大弾圧を繰り広げているようですね。 気に入らない奴らは女子供関係なく全員皆殺しにするのが今の中国の真実です。 彼の国の状況は現代のヒトラーと言っても良い状況で、今の中国のトップにはヒトラーの守護霊でも憑いているのではないでしょうかね?

 そしてもう1つ時事としては、日本がIWC(国際捕鯨委員会)から脱退して商業捕鯨を再開するといった報道が流れていて、一部の街等は喜びに包まれていますけど、これ完全にアメリカのトランプが世界に対してやっている傍若無人な我儘のそれと瓜二つですよね? さすがトランプと仲の良い安倍総理はやることが全般的に似ていますね。 自分の気に入らない事には世界から抜けてでも自己中心的行動を貫くという態度ですか。 そして捕鯨の件と似たような状況で、最近の漁獲関係の問題では日本は中国や韓国に北朝鮮が乱獲するから減らせと要求をしていたりするのに、捕鯨に関しては自分達が乱獲したいからIWCを抜けてでも実現をするとかいう我儘を押し通すのが正しいとか、何様のつもりでしょうかね? そんなに日本は世界から見て偉いのですか? 今の日本はただのジャイアニズムに従うスネネズミでしょうに。 虎の威を借る狐とはまさに日本を指す言葉であり、そして今回はその虎すらも裏切って独断行動を貫くというのは、まさにトランプと大の仲良しがなせる業ですね。 そこまでしてクジラが食べたいのですかね? 私も試しに数回食べたことはありますが、そこまで食べたいとも思う物ではなく、クジラを絶滅に追い込む状況にしてまで食べたいとは到底思いませんね。
 それに世界に認めさせる形でクジラを食べたいのなら、十分にクジラの数を増やせば良いだけの話であり、それが出来ないくせに適当な数が揃ってきたからまた絶滅寸前になるまで食べ尽くしたいというのは、傲慢な考え方ですね。 認めさせる形での繁殖数を増やす方法はあるのに、誰もそこに辿り着けていないというのもおバカな話ではありますがね。 そしてこのまま世界の反対を押し切って捕鯨を続けようとするなら確実にいつか日本に対する世界からの経済制裁でもって反撃を食らわせられる事になるでしょうね。日本の経済をどん底に追い込んでまで捕鯨&鯨食の文化は必要ですかね? 他に方法はいくらでもあるというのに、本当に今の日本の政治家達には無能しかいないようですね。

 それでは続け様にフリマアプリの血祭大会のお話に移って行きます。
 まあこの話は今朝のビビッドにて主にフリマアプリやらオークションサイト等で限定商品やら善意の品等に芸能人の非買グッズやサイン色紙等を金目的で転売して、人の思いを踏みにじる行為が日常的に繰り返されて金の為なら全ての思いは踏みにじられる無法状況になっている感じで、それを大いに支援して自らも金の為に突き進もうとするメルカリ等のフリマアプリやら楽天等含めたオークションサイト等は、転売目的の人や犯罪者の盗品等を主に扱う無法闇サイトになっている状況にある事での私なりの粛清血祭にて、人の思いを尊重してモラルの守られた状況に改善する為の方法を紹介して行きます。
 それは主に法の下で警察なんかとも連携しますが、一般社会的モラルの無い販売や人の善意などを踏みにじるような販売状況が確認された場合、あからさまに悪い品物(基本的に無料配布される物や芸能人などの人の善意が詰まった物だと1目見てわかるような物)に関しては値段が付けられて売り出されていたのを発見次第その販売サイトに対してそれらの販売行為の禁止と1点辺りでの罰金にそれらの出品者の情報提示とそれ以降の出品停止にさせる行為をまとめて義務付けさせて、それを守らないようならサイトの運営自体も停止させる対処に移る事にします。 さらにそれらの品物に関して、特定の人達(有名人たちや特定の事業者や団体)がそれに対する心的な被害を訴えたり止めて欲しいという状況が政府直轄の取り締まり機関に報告が行った際には、追加でそれらの出品物が見つかったり既に停止させていた場合には、追加でその販売サイトに慰謝料等を支払わせる方向にします。 さらにそれらを販売する出品者個人の特定が判明次第警察による逮捕を行なわせて、特定の特別な罪(精神的障害罪とか詐欺罪等)によって処罰していく方向にして、さらに購入者に対しても販売物の平均金額に応じた罰金を科すようにします。 要は全員まとめて罰するという感じですね。需要と供給に仲介含めて全てをまとめて取り締まる形にします。
 さらに限定品などの転売に関しては、その元の販売元が定めている適正金額以上の価格を付けた出品物全てを同様に出品者に購入者に販売サイトへの上記モラル系の物と同じ罰を与える事にして、転売物は可能ならば押収して、正規の販売店に返品するかその政府直轄の取り締まりの場所から適正価格の10~20%引きの価格で販売する形にします。ちなみに言い忘れていましたがモラル系の品物も可能ならば押収して、元の持ち主などに無料で返したり、元の持ち主などとの話し合いによって同じく無料で新たな引き取り手を探したりする対応にさせます。
 さらに海外サイトへの高額転売等を行なっていた場合は、個人特定後に取り締まり機関からブラックリスト入りをさせて、日本全国でのそれらの転売をされそうな品を販売する所に対して免許証等の提示での確認する仕組みを徹底させて、日本国内では二度と購入できないようにさせます。(これは海外に逃げている場合もある為で、日本にいる場合は普通に逮捕する形になるだけですね。) ちなみに海外サイトに対しても同様の要求から、拒否した場合の日本へのアクセス停止までも込みしますが。

 これぐらいの血祭対応を行政府と警察タッグの下行なえば、高額転売並びにモラル等の無い販売物の出品物は正規のサイトやアプリ等ではほとんど見かけることは無くなり、表立って活動を出来ない状態にさせて取り敢えずの無法状況を改善させる所まで辿り着かせる事は出来るでしょう。 まあそれでも闇サイト等で隠れて行なう事はそれでも普通にあるでしょうが、表から姿を消滅させる意味は十分にありますし、そちらも順次摘発していくだけですけどね。まあ公式闇サイトならば、違法販売系で普通に犯罪摘発逮捕に結びつけるので楽ですが。
 それで日本での高額転売やモラルの無い販売状況が改善されれば、救われる人は大勢出てくるでしょうし、本当に欲しい人にその品物が届けやすくなる事にも繋げられます。

 まあその結果日本での経済の熱は少し水を被せられたりもするでしょうし、メルカリ等のフリマアプリやオークションサイトの販売物の大半が消えてなくなる事に繋がっていく事になるので、それらでの一時的な大幅事業縮小を余儀なくされたり撤退に繋がっていく事にもなるでしょうが、転売目当ての心どす黒い資本主義真っ盛りの輩共は粛清されて、元の平和な人の善意で繋げられるフリマアプリやオークションの形に戻す事が出来るようになるでしょう。 他人の心を踏みにじっても金を稼ごうとする心悪しき輩共を社会の表から消えて無くならせる事が目的ですから、その為ならば粛清の血祭は必要な行為です。 人の純真な善意の心を守ろうとするのならば、時には犯罪者系の輩共に対しては徹底的な血祭の粛清劇が必要なのです。
 私ならこれぐらいの事は進んで取り組ませますね。(私の性格 ドS)


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 フリマアプリ~終了~粛清血祭
















 ちなみに今回の内容はかなり物騒な言葉がふんだんに飛び交っていますが、実際に行おうとする内容はそこまで危険な内容ではなく、普通に超厳しい取り締まり&被害に遭っている人達を助ける内容がメインでしたからね。 なので、言葉は過激だが閲覧注意にする必要は無い今回の内容です。 そういう言葉のチョイスは普段の私のブログ状況から見ても大体雰囲気に合っているでしょ?悪魔の作戦やら最強最悪に包囲殲滅作戦とか私の本来の性格に合った言葉ばかりをあえてチョイスして、私ならではのブログ状況にもしているわけですね。 だからこそコピペフリーと言いつつ状況に応じて適時添削してね?と言っているわけですね。そのまま丸コピだと、私のブログ以外だと普通にぶっ叩かれるでしょうからね。 私はすでに精神的にもおかしいマッドサイエンティスト系サイコパスでもある奇人変人な鬼才の世界の破壊者で闇魔導士と肩書が多い、ある意味狂ってある意味まともである謎の人になっていますからね。それぐらい変であれば、叩こうとしても叩く場所が無いでしょうからね。ついでにいくらでも言論勝負でなら反撃は行ないまくれる私ですし。 END
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第922回 クレジット決済での情報抜き取り防止用プログラム「正常ウイルスボム」 !取扱注意! [犯罪対策]

 さて今回は今朝のビビッドでも報道されていたペイペイ等のクレジット決済における情報抜き取りでの不正使用の問題から、その部分のみの情報抜き取りに対する特殊な防止用のプログラムというか方法を思いついたので、今日はその方法を公開して行きます。 ただしこの方法は、ある程度の危険要因を持っている不正対策のプログラムの仕組みなので、不正に対して毒を持って制する的な感じで、取り扱いを間違えたら普通に様々なお店の方が大被害を被る危険性を持ったプログラムになっているので、検討する際は重々注意してください。 まあその分抜き取り対策としてはかなりの能力を秘めていますけどね。普通の状況下では回避不可の爆弾ですからね。

 それでいつもの時事に参りますけど、水道の民間法みたいなのが政府で強行されてまだ久しいですが、もう岩手の地方で民間事業化されていた所で、突然業者から命の水止めるぞという脅しが発生していた事実が報道されていましたね。 やはり発生したこの問題で、民間事業の形態ではこうなるのも当然かと思う状況で、当然のように行政がやっても赤字続きな水道事業を民間が行った所で、赤字がかさむのは目に見えていた状況で、赤字が続いているから現地の住民たちに対して追加のお金を50万円くらいを支払わないと水道やら電気も含めて止めるぞという脅しが発生していた模様です。そしてこれに対しての説明会では、事業の透明化は隠されて何をやっているのか不明な状況で、追加で金だけよこさないと水道止めるぞという実質の脅しが繰り広げられていたようで、裁判沙汰にまで発展して現状何とか防がれている状況だが、民間業者が半ば逃げているような状況で、地方住民の命が脅かされて、ついでにスキー系による地方経済も完全停止に追い込まれるかもしれない危機的状況に追い込まれているようで、安倍総理の思惑はやはりこれにあったのかと思わざるを得ない状況になっている。 つまり地方殺しをもっと円滑に進める為に水道民営化を押し進めているのではないのか?という状況である。
 それと雑多な時事として、東京の高級ブランドな地区においての児童相談所建設において批判が殺到しているような感じですけど、その批判の大半が子供に対する締め付けと貧困者に対する差別意識の塊によるもので、普通の人を見下す高慢ちきな奴らばかりが住む、いけ好かない地区の様相を呈している状況にある。 あたかも貧困者は来るなとか言っている状況や児童相談所が作られると家庭内暴力が見つかりそうで怖いと考える金持ち暴力者達が住む危険な地区というイメージが付きつつある。 批判者達のクレームに品性の欠片も無いので、その方がブランド力を大幅に下げている状況になっている。 まあ行政側の言葉足らずで受け答えの押しの弱い状況も酷いのだがね。 延長を要求する住民たちには、その分の追加会場費負担するぐらいの度量を見せて欲しかったですね。あれでは単なるケチの品の無いクレーマーである。

 それでは本題の情報抜き取り防止の危険プログラムの「正常ウイルスボム」のクレジット決済機能に関して解説して行きます。 ちなみにウイルスの種類は、トロイの木馬型です。
 この問題の前に話しておくことで、ペイペイに関して情報管理のセキュリティー管理が非常に甘かった事実が報道されていましたね。セキュリティー部門はド素人が行なっていたのかというぐらい甘いもので、本来クレジットカードにある不正防止用の3桁のコードの登録が、無限にいくらでもやり直せる状況にあり、頑張ればなんとか不正使用できる状態にあって、それによる情報の抜き取りからの不正使用の被害が相次いで起きているようで、なにか100億円に掴ませて犯罪に絡ませているような疑いすら持ち得てしまうセキュリティー管理の実体になっているようですね。 元からそれが狙いだったと言われても反論できないような状況ですね。 その他の登録の仕組みも非常に甘い状況のようでしたし、ド素人が組んだか情報流出狙いで組んだかのどちらかぐらいしか見当たらない状況にあって、ペイペイの危険度が一気に高まっている状況にあるので、使っている人は特にご注意を。(何なら1度ペイペイ止めて、クレジット番号等も変えた方が良いかもしれません。)その他の何とかペイでも似たような状況なら、同様に危険性が出て来るでしょうし、そも今回の事象ではペイペイ利用者以外でのペイペイ被害も数多く出ている状況で、今お手軽に使えるキャッシュレス決済のクレジット系から情報が簡単に抜き取られて、不正使用されまくっている可能性も高いですね。 最近Facebook等でもそうですけど、個人情報等の流出事件が数多く発生している状況ですから、注意しておいた方が良いでしょうね。
 まあペイペイに関しては経営元がソフトバンクで通信がファーウェイに絡んでいる所も含めて、その辺の危険性も込みで利用されていたのかもしれませんけどね。 日本の情報流出の元はあそこでしょうかね? 個人情報とクレジット番号等の大量流出を狙っての蛮行か、そもソフトバンク並びにファーウェイが不正に儲ける為に使ったのか知りませんけどね。邪推でも考えられる事件ですからね。 ちなみにこの話を、拡散させると確実にペイペイ並びにソフトバンク系が窮地に陥らせれるかもしれませんが、私は知りません。間違えたのはその方々ですからね。

 それで、現状便利なクレジット決済は同時に不正に情報を抜き取られやすくて犯罪被害に遭い易い一面も持っていますが、それは便利であるが故の性という物でありますが、この情報の抜き取り系のスキミング等を防止する危険な防止プログラムとして、正常ウイルスボムという物を思いつきました。 これはデータによるクレジット決済の時のプログラム内に正常な形でトロイの木馬型のウイルスを仕込ませる形にして、決済を行なう度にそのウイルス付きの情報が店側に送られるのですけど、その際すぐに対応のクレジット会社等に確認連絡をする形でならば、その戻ってくる情報の中にウイルスとクレジット情報を共に破壊して無害化させるアンチプログラムを送って利用履歴だけが残る形の仕組みにして、その後の不正使用等が出来ない形にし情報が残らないようにしつつ確認での履歴証拠が残ってクレジット決済が行える形にします。
 そしてこのウイルスプログラムの恐ろしい点というのが、基本的に情報の抜き取りを行なわれる際はその情報を保持したままになって持ち去られたり他の場所に送られるわけですけど、このウイルスの特徴はトロイの木馬時限式のタイプで、数秒~数分ぐらい後にアンチプログラムによる破壊が行われないとウイルスが自動起動されてその情報端末やらPC等に対してウイルス攻撃を始めさせると同時にその情報や位置情報をクレジット会社に送れる場合は送るようにさせて、抜き取られたという状況の報告と共にウイルス起動によるそのクレジット情報自体も破壊させて、抜き取りを行なった時報端末等も含めて全てを破壊するウイルスボムとして機能させると、普通には抜き取りを行なえなくさせる事が出来るでしょう。
 そしてこの方法では、正常に起動してもアンチプログラムによってクレジット情報は破壊されて隠し持ったとしてもウイルス起動による情報が破壊される形になるので、どちらにしろこのタイプからは情報の抜き取りを行なう事が不可能となります。 ただし店側の対応で間違えると、店のシステムがウイルスによる攻撃で無力化されてしまう危険性もあるので、クレジット会社への連絡が出来ない状況になった場合の対策として、瞬時にその情報プログラムを別の場所に移して、機能停止にさせるプログラムを用意しておかなければならなくなりますがね。 そして正常に対応させてからお金と共に情報を抜き取ろうとしても、情報はアンチプログラムで自動的に破壊されて、ついでにやり取りの情報がクレジット会社に記録されて足が付く事になるので、そちらに対する防止機能も高いです。 つまりこの正常ウイルスボムでは、何をどうしようとしたところで最後にはクレジット情報が破壊されて無くなるわけですから、抜き取り防止効果が高いプログラム方法となります。 そして、クレジット会社とそのプログラム決済の形に対しての特別なウイルス検知には引っかからない対策システムにして、それをウイルスと認知させて駆除しても情報が消える状況にすると、犯人側はウイルス駆除での対応すらも出来なくなるという事になります。ウイルスとクレジット情報が一体型になっている仕様となるわけなのでね。

 まあただしこの仕組みは、決済時での情報抜き取り対策用でしかないので、それ以外の方法には対応していません。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 正常ウイルスボム~終了~水道民営化の危機
















 そういえば追加の時事で、北海道で何やら大規模なガス爆発が起きた模様で、建物等が木端微塵になっていましたね。それでどうやら大量のスプレー缶のガス抜きを屋内で行なっていて、給湯器で着火させての事件になるという状況のようですけど、ガスを室内に充満させる危険性に気付けなかったのでしょうかね? 言っちゃあ悪いですが、自爆テロの形とほとんど変わらない気が。
 まあ今回の本題も爆弾系ですがね。あと、コードランダム打ちの対策として、初回アドレスではクレジット情報等以外にも他の個人情報等も色々打ち込む必要がある設定にすると、ランダム打ち対策にする事が出来ますが、利用者にも多少の不便性を伴ってもらう必要が出て来ます。 ただしこの方法なら完全にクレジット番号とセキュリティコードのランダム打ちによる対策として効果を持たせられます。 要は繋がる元が違ったら、不正も疑う形で個人情報にクレジットとは違うパスワード等も入力させる必要がある設計にすると、利便性は失われますが安全性は大幅に向上させられます。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 犯罪対策 ブログトップ