So-net無料ブログ作成

第1147回 体調は回復傾向です。 しかしもう少し休みます。 +時事雑記 [休憩]

 さてタイトルの通り昨日までで何とかアートの箱を片付けて、部屋から追い出してからは体調が回復傾向になっています。 ただ喉を完全にやられて、肺もかなりダメージを負っているので、もうしばらくは休ませていただきますが、簡単なのは出来るぐらいまで回復しているので、本日も時事雑記で参ります。

 さてというわけでの時事雑記ですけど、梅雨明けしてから猛暑ですね。まだ明けていない所もあるようですが、基本的には日本中が猛暑になっているような状況ですね。
 それで熱中症絡みの話ですが、関西地区にあるひらかたパークにて、着ぐるみを着ていた男性が熱中症で倒れてそのまま亡くなったという事が発覚して、業務上過失致死含めて警察が捜査しているようですね。
 まあ着ぐるみでの熱中症などの例はよくあるようですし、それ以外でも着ぐるみに関しての問題は多々あるようで、度々報道の場に上がっているようですけども、今の時代…無理して人が付ける必要があるのでしょうかね? こういう過酷な労働環境の場にこそロボットに任せるという考えも今後は必要になってくるのではないでしょうかね?
 ロボットならば、多少の熱環境には人よりも耐えられるでしょうし、排熱空冷装備も搭載させて動かせやすいので、人よりも安全についでに「中の人など居ない」と豪語できる状況で、一部においてのイメージを守る事に繋げたりも出来るし、基本的に長時間動かせて疲労等も関係無いので、今の時代に最も適した人材候補なのではないでしょうかね? これなら、常時大量動員をいつでもかけられますからね。
 まあ逆にこれまで通りで人を活用させていくというのなら、最低でも中の温度を冷やす装置類での空冷装備は必ず付けさせて、それらでの重さが加わったりするので、同時に中の人用でパワードスーツを付けさせて、着ぐるみの重さにも十分耐えられるような形でアシストできるようにするなどを検討して実行させていく方が良いかと思われますね。
 今回は踊りの練習中とかだと言っていましたが、これが祭りなどのパレードの途中や子供たちとの触れ合いの最中に起こったら、そのテーマパークの人気にも直結する形での大惨事になりかねませんから、労働環境をいち早くブラックからホワイトにさせて行く必要が日本の温度上昇率が高まっている日本では必須だと思いますね。
 というか貴重な人の人材を着ぐるみに当てはめようとせずに、無理なく多少お金かけてもロボットにさせて行くのが、長い目で見た時のコスト減に繋げられると考えますけどね。
 それにロボットならアニメ等で出ている声で普通に会話させて行けるようになったりするメリットが多くありますからね。その着ぐるみの元を大事にして活躍させていきたいのなら、ロボットを活用していくのが良いでしょうね。
 ちなみにロボットの場合取れる方法は3つで、1つは完全自立型で動いてもらう形と、1つはモーションキャプチャー等で別の場所で動く人の行動を現実のロボットで再現させて動かして行く方法に、1つは普通にラジコンみたいな遠隔操作で動かして行くという方法が考えられますね。
 まあ予算と技術力で方法は選んで行けば良いと思いますね。

 それでもう1つは、少し前の参院選挙にてれいわ新撰組と共に注目を集める事になったNHKをぶっ壊して国民を守る党の通称N国と呼ばれる基本政治無関心で、1つの野望の為だけに政治家になって税金という甘い汁を吸う人たちの党も注目されているようですが、まあ考え方の1つとして私もNHKをぶっ壊すような内容を政策に掲げていますが、こちらはそれだけが目的で、「NHKをぶっ壊す」というフレーズだけで当選したようですけど、その後の行動が正式な政党に格上げさせる為に政界の問題児やはぐれ者たちをかき集めて、税金泥棒の党になったとしても取り敢えずNHKをぶっ壊しにかかってスクランブル化での視聴したい人だけが受信料を支払う方式に変えさせるという事ですけど、今の状況だとNHKに強制徴収される分よりも税金泥棒の党に強制徴収される分の方が割合が高くなっているような気がして、ついでに闇の政治家集団になりそうで、そのまま何も出来ずに税金だけ貪って行くというNHK以下の政治家集団になりそうな状況ですね。
 これは本当の民主主義の議会論議の場の形であれば割かしまともな政党になり得たかもしれませんが、今のような民主主義と語って独裁政治がまかり通るような議会制度の状況では、NHKを擁護して国民のお金を強制的に搾取させようとする自民党にはとても太刀打ちできずに無力化されそうですね。
 ついでに今回の参院選挙でもNHKの自民党応援が酷かったようですね。もはや基本的な選挙の今の枠組みを通り過ぎて、NHKだったら違法も無法というような状況になっていて、NHKの放送的公平性や信頼性は尽く存在していないような状況ですね。
 まあこれらのNHKと自民党は裏で政治的に繋がっているわけですから、自民党が野党に転がり落ちない限りはお互いに不正による甘い汁を吸い続けようとする腐れ外道状況でいるという事ですよね。
 もう日本でNHKを信用してはいけないでしょうね、少なくとも報道分野においてはね。虚偽報道か自民党万歳放送ぐらいしかしない独裁政党の公式放送局のような形になっていますからね。

 これだと、もっと民放にも力を付けさせたり、新たな放送番組の形を増やせる方法を取らないと報道における不公平さがNHKによって行われ続ける事になり、独裁政治により拍車をかけるので、アメリカのようにもっと自由な放送権を日本でも作って行く方が良い気がしますね。
 少なくすると中国や北朝鮮のような状況になるのでね。
 まあ私もNHKの放送番組など年間通してコンマ1秒以下ぐらいしか見てませんけどね。(うっかり押し間違えた時ぐらい?)
 だからこそ私の方は、スクランブル化をさらに強化させて、民放に関しても似たような仕組みを広げて行き、視聴者が見たい放送局を自由に選んで、それにおける視聴料を払っていく仕組みにすれば、正しく視聴者もある程度納得できる形で視聴料の支払いに繋げて行く事が出来るようになると考えています。 私の方はより変化版という感じでもあるでしょうかね。


 というわけで意外と長くなりましたが今日はここまでと致します。
 着ぐるみロボット~終了~NHKをぶっ壊せ 完膚なきまでに





























 それにしても本当に原因はアートの箱のようですね。有ると無いとでは私の体調に大きな違いがあるのですからね。まあここまでに毒され過ぎていたためか、すぐに全回復とは言えませんが、どうにかアートの毒による殺人は成されずにもう少し延命できそうです。
 ちなみに引っ越し後の感想は、部屋は狭くなったけど、基本的設備はかなり良いですね。 今考えると、前の住みかは掃除がやたら大変な感じでもあるでしょうかね。やたら凹凸が多かった状態でもありますからね。あと風呂場やトイレの壁と風呂場自体が同じ材質で続き型になっていて、空間的な空洞も広くて、叩いたらすごく良い大きな音が鳴りますね。これがこのマンションの騒音の問題の1つかな? END
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感