So-net無料ブログ作成

第1137回 報道特集特集 私の言う2つを実現できれば、投票率90%以上は普通に可能 [政治経済改革]

 さて今日は報道特集での選挙投票絡みの内容ですね。 そして今回は投票の度に捨てられている日本国民を救う為に声を上げる形で書かせてもらいます。 選挙投票に行きたくてもいけない人や言ってもどうにもできない人がいて、そんな人たちを見捨てている状況だから日本の選挙投票率は低いのですよ。 それは既存報道各社でさえも気付く事が出来ない事がほとんどですしね。
 それぐらい気付かれないけど、確かに数多く存在する見捨てられた人たちへの声を上げやすくさせようとする今回の話です。 この簡単な方法2つを実現さえする事が出来れば、投票率を90%以上に上げる事は普通に可能という事ですよ。そしてそれこそが本当の民主主義の選挙体制でもあるという事です。 半分近くの人達を見捨てている選挙が民主主義の選挙なわけないでしょうに。(まあ実際見捨てている数は10~20%ぐらいで、それ以外はその状況からの余波の数ですが。)

 それではその前にいつもの時事ですけど、今日は京アニ爆発テロに関しては特に目新しい情報が入っていないので休みにしますが、社長は知らなかったと言っていましたが、社長の耳に入るまでも無い形でなら、製作員の誰かは知っていた可能性があるかもしれませんね。門前払いとかのパターンなら、社長の耳には確実に入らないでしょうからね。
 それで時事の方は、昨日も語った吉本興業の闇についてですけど、やっぱり謝罪会見させたくないわけがあったという事なのでしょうかね?今回の当人たちの謝罪会見を急遽開く事になった状況から察するに。
 まあ謝罪がある事は有名人として、1人の大人として良い行動だと思いますけど、やっている内容に関してはもう少し深い反省で挑んでほしかったですかね。
 そして吉本興業は、当人たちの話が事実であれば、反社会勢力との付き合いの形を隠蔽しようとしていた疑いが出てくる事になり、何らかの反社会勢力との事務所との付き合いがあるのでは?という疑惑がより深くなってしまうでしょうかね? やはり吉本興業には芸人ブラックに苦しめて反社会勢力に近付けようとした辺りでの闇が何かしらあるのではないでしょうかね? 本当に反省する気があるのなら、書面ではなくて報道カメラの前に顔を出すべきだと思いますけどね。
 今回の件で1番反省しなければいけないのは、直(闇)営業をしなければいけない状況を作り出して反社会勢力との付き合いを誘発させる環境を作り出した吉本興業にある筈ですからね。 仲介芸人も基本吉本芸人から発生している事からも鑑みてね。
 芸人世界も基本縦社会ですからねえ、先輩後輩の力関係は強いようですし、巻き込まれる危険性は十分にあるかと思いますよ? そしてその巻き込みの原因を作っているのが吉本興業の経営方針にあるわけですからね。そこを改善できないのなら、反省はしていないという事でしょうからね。
 やはり今の時代に注目を集め始めている副業バリバリ芸人という新手のスタイル特化で攻めて行くというのは1つの手ではないでしょうかね? それにそれなら、今の人材不足な日本の為にもなりますしね。

 さてそれでは本題の選挙投票においての見捨てられている人達を救い、投票率を90%以上まで押し上げる為の簡単な2つの方法を話して行くとしましょう。 まあ基本的には前から言っている内容ですけどね。しかしそれこそが基本であり、基本をおろそかにするからその上の部分もまとめて選挙投票に行かなくなるのである。
 地道に上げようといろいろ努力しても、選挙に行きたくても行けない固定票が見捨てられている限りでは、あまり現実的に投票率を上げる事は出来ないでしょうね。上がっても微々たるものか、特に選挙に関心が無い人が物に釣られて適当に投票だけするというアホ投票になるだけである。そんな事には何の意味も無い。投票率だけ上げても、政治に対する関心度が上げられなければ、それは無意味なバカを応援するだけの票にしかならず、政治の腐敗を生み出す為の投票にしかならない。
 そんなことになるぐらいなら腐敗選挙投票体制に対する抗議として鋭意ある行かない事での声を上げる方が効果的ではないのかとも思う。

 まあ見捨てられるような人たちにもちゃんと行けるような形にさせて、民意の声を上げられるような形に改善していく事が出来るのなら、私も率先して投票に行こうかと思うのだがね。
 現状私が行ったとしても白票で破り捨てられるだけになるのだから、そんな状況では行く必要はないでしょう?

 それで2つの方法というのは、とても簡単な内容で日本全国どこからでも投票に行くようにできるネット選挙投票体制を確立させる事と、選挙投票においての選択肢の中に誰でも無いという名の白票を正式に投票の民意の1つとして認めて数も集計されるようにして、さらにそこからの余白部分で今の政治に求める事等を書けるような記入欄を設けるようにして、その情報(民意の求める声)を各報道機関に全部公開できる状況(個人情報は伏せて)にする事が出来れば、確実に90%以上に押し上げる事は出来るでしょうね。
 いろんな理由で故郷を離れて生活する人はいるわけですし、現実社会で普通に出歩く事が難しい人や病気や怪我等でも難しい人は数多くいるわけですし、そういう行きたくても行けない行く事が出来ない人はかなり多く日本国内に存在すると思いますよ? それらを無視して投票に行かない事が悪いという主義主張をするのは差別にも繋がる酷い事だと私は思いますけどね。
 行きたくても行く事が出来ない人は確実に存在するのです。その人達に選挙に自由に行けるようにさせる為には、やはりネット環境から自由に行く事が出来るような環境は必須であるかと思われますね。それはPCやスマホにガラケーからでも行けるような形にさせて、本人確認は厳格でも投票にネットから実際に行ける形はオープンにさせるべき必要があると思いますね。
 まあ携帯とかならQRコード+内カメラ自動発動とかで、PCからならハガキに添付される選挙番号とWebカメラ式で行けるようにするとかすれば、それなりに厳格に出来るのではないでしょうかね?(ついでに行きやすさも上げられるし。)
 そしてもう1つの誰もいないという事での白票を正式に認めて集計し、選挙や政治に対して好きな事を書ける書く事が出来て報道に見てもらえるという形は、本当に今国民が選挙を通じて政治家等にやって欲しい事を直接に言える場を作る事が出来る事になり、民意の声を上げる事が出来る場にする事も出来るようになる事であり、無関心なら無関心で興味が無いという事も素直に載せられて見せられるようにして、誰もいなくてバカばっかりだから誰にも投票はせずに期待できる政治家候補が出てこれない事に対する不満や抗議の声の1つとして白票をしっかり認めて行く事が、民主主義の選挙の形ではしっかりと必要な事だと思いますね。
 よくアンケート等でもどっちでも無いとか言う選択肢が用意されていますけども、今の選挙投票ではその選択肢が排除されていて、どれかに強制的にでも選べという事になっているのは自由な民意の形を否定して、腐敗政権を長続きさせようとする悪だくみから作られている状況だと思いますね。 どっちでもないとか誰でも無いとか言う選択肢が今の選挙には必要なのですよ。
 それで、自分が望む投票したいという事の求める内容を書き込める形が出来るのならば、自由な民意の声を上げられる場所として、より政治に関心を向けて行かせるように出来るのではないでしょうかね? そしてそれを各報道各社が見られるようにする事で、より民意の現実の声を伝え広めさせていく事に繋げ易くなるという事で、その投票行動に対する深い意味が高められやすくなり、投票に行って白票でもいいから自分の声を自分の求める政治の形を聞いてもらえる場に出来るのであれば、投票率は確実に増加すると思うのですけどね。
 現状は聞いてる聞いているというだけで実際の事は何もしない政治家達の戯れしか言葉が無い状況ですからね。1人1人の民意の言葉が発せられてきちんと文字で表現されるような場所が民主主義の国ではあっても良いのではないでしょうかね? それすらさせないとか?そこは本当に民主主義の言論の自由のある国ですか?

 その上で、ネット選挙からでも何かしらの有益なサービスを選択して選べるような形の特典を付けるとさらに有益でしょうかね。(ただし何かしら意味のあるコメントを書いた票を出した時だけ。)

 この簡単な2つの方法が実現されて実装されれば、普通に日本でも投票率は急上昇するでしょうね。なにせ投票においての自由な政治等に対する発言の場ができ、日本に住んでいるのならどこからでも投票に行く事が出来るというのは、本当に全ての人を対象に選挙投票に行く事が出来る環境が整えられるという事になりますからね。
 ついでに清き白票連発で当選者0とかできるようにして、まともに国民に信頼してもらえるような候補者が当選できるような形やもっと候補者を多く集める事が出来るような選挙体制に変えて行く事が出来るような状況にして、より良い選挙の形を常に新しくしていけるように変えて行ける環境が構築されていけば、普通に国民の政治への関心度や投票率の上昇には繋げて行けるように出来るでしょうね。
 それをせずに今の少ない投票率が良くて民主主義を否定するのが現与党政権ですけどね。そしてバカな投票が増えれば得をするのは自民党ですから、自民党にとっては今の数値でも十分に満足なのでしょうね。たとえ世界から民主主義に程遠いと言われても、独裁政治には問題ないのでしょうからね。
 まあ現状野党でもバカ発言ばかりですし、無意味な良い事ばかり並べて現実を見ていない議員は数多くて、与野党ともに今の形がちょうど良いとしているから腐っているのですよ今の選挙体制はね。
 今の政治家達が日本に民主主義は必要無いとしているから投票率が低いのですよ。バカな票でも集められればそれで良いと考える与野党のバカ議員が多くて、それが成されてしまう選挙体制だからのこの惨状とも言えますね。
 だからこその白票を正式な票にカウントさせるというのは、与野党ともに嫌がる内容でしょうね。国民を言葉で騙して当選させるバカ議員を当選させ辛くなるでしょうからね。
 ついでにコメント欄も与野党ともに嫌がるでしょうね。自分たちの政治発言の無能さが浮き彫りになってしまう国民の現在の思いとは乖離したことが書かれてしまってはね。

 しかしそれが成される事こそが本当に言論の自由がある民主主義の形だというのに、それを否定するから一部の人達を見捨てて民主主義を否定する選挙になってしまっているのですよ。
 自由な民意を示せる場所が必要なのですよ。公の場所にてね。
 ちなみにネット選挙は、若者の投票率を上げたくないから高齢者議員たちが止めているのではないでしょうかね? 高齢者独裁をしたいからの悪行ではないかと。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 報道特集~終了~選挙投票率





























 ちなみに、私は今回も全く行く気はありませんよ。ゴミとして破り捨てられるだけの票を投じに行く気はありませんからね。民意が無視されるような投票になんて行く意味無いですからね。
 ちなみに私が実際に行って書いたとしたら、「バカ議員共に入れる票はどこにもない。by破壊の党 オウカハル」と書くでしょうから、100%破り捨てられて無効票扱いにされるでしょうね。 それが分かり切っているのに、行く意味はどこにもないでしょう?時間の無駄です。 それをきちんと今の議員たちへの批判票として1票とカウントされるのであれば、行っても良いかもしれませんけどね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感