So-net無料ブログ作成

第1091回 鉄道問題痴漢最強対策「完全分離」 +レジ袋完全有料化への裏技 [犯罪対策]

 さて今回は少し前に話題に挙がった鉄道痴漢の問題からシャチハタ等の印鑑会社が痴漢対策グッズ政策に本腰を入れた事に対しての注意と、そんなことに力を入れるよりも確実な対策方法の紹介をさらにバージョンアップさせて話して行きます。 された後の対策に力を入れるよりもされる前の対策にもっと力を入れるべきです。そして男女共に痴漢絡みに会いたくない人にもっと救済が与えられる仕組みにしていくのが痴漢も冤罪も無くして行く動きに繋げて行けます。

 さて時事の話でここでは軽く触れますが、毎日のようにここ最近車暴走絡みで子供が被害に遭うような事が続いていて、本当に狙われているような状況が続いていますね。 そして何度叫ばれても止まらない高齢者運転での事故の続発も留まる所を知りませんね。 まあ大体事故を起こす人は自分は大丈夫だと思って人を轢くのですから、それを自信に思っている人がまず運転を止めるようにした方が良いのでしょうね。 まあそうはいっても車が必要な状況に陥らされている人は多いこの世紀末日本ですし、素直に機械のサポートに頼る形にした方が子供の命を防ぐ形に繋げ易いと思いますよ。 自殺目的の行動はダメで、車での無差別犯行は良いとか、倫理観おかしいと思うのですけどね。そちらを声に上げるのなら、こちらももっと上げて行かないと駄目なのでは?

 それで+の所の時事としては、レジ袋完全有料化の話が本決まりしたような状況になって、来年ぐらいから施行される予定になっているようですけども、この対象が全ての形になっている所で割りを食らう所も出てくるでしょうけど、それに対する裏技的な事を少し紹介して行きます。
 まず条件としては無料配布は禁止という話ですから、少額だとしても有料であれば良いという事になります。ただしいちいち聞いたりするのは面倒だしトラブルの元になったりする事での問題が多数ありそうですが、レジ袋を貰ったりするのを現物では回数券扱いでの購入体系にしたり、ポイントカードなんかを出している所では、そこのシステムに回数購入の形で10枚1円とか100枚1円とかの設定にさせても、有料化の形にはなりますし、それらさえ持っていればレジ袋をその回数分そこで貰える形に出来るので、持ち運びの手間なども省けるように出来ます。
 また、ポイント式がある所ならば、本来貰えるポイントをその袋の代金に割り当てる事が出来るようにしたり、予めそれも含めてポイントを多く配布できる形でのレジ袋有料化用に使って行くようにする事もでき、ポイントを溜めていない人に対しては、本来得られるはずだったポイント分がそれで自動消化される形での自動差し引き型有料化の形にすることもでき、その形をポイント形式ではなく、現金レジ等の形式であらかじめ袋有りでの代金設定として、袋が必要無い人だけボタン1つでその代金分を減らせる形にするようにしても、手間暇や余計な言葉掛け等を不要にしてスムーズにさせる事も出来るでしょうね。
 あとはそれぞれ独自マークとか入っているレジ袋などを買取式にして、商品を買う時に使われるレジ袋の代金分をその袋を後でまとめてなりで使用できる形で持ってきたら、使用できるレベルに応じて買い取りをするような仕組みにしても、良いかもしれませんね? これも一種の再利用!

 という感じで、いろいろ裏技なりを話した後は、鉄道の痴漢問題に対する最強の防止対策と印鑑プッシュ方式の問題点などについて話して行きます。
 まず印鑑型痴漢マーク付の話から行きますが、確かにそれは犯人特定の意味から見れば非常に有効な対策方法となりますが、同時にその効果性から大量の冤罪を生み出す可能性も秘めており、無関係で両手を上げて電車に乗った男性が女性の無理やりの行動でその手に印鑑を押されて痴漢とされて冤罪にされる可能性を作り出してしまう事となり、無実の人が確定証拠で逮捕又は女性に示談金を騙し取られる犯罪を無限に生みかねない危険性も同時に秘めているという状況になるでしょうね。 ついでにその方法で道行く人すべてに対して使って痴漢確定の証拠でもって次々と街を歩く男性全てを無差別に対象として犯罪者扱いにさせる行為が出来て、お金を騙し取る行為を横行させる事にも繋げられてしまうので、それらの対策なども考えられないと、単なる女性用の犯罪グッズにしかならないでしょうね。
 そういう対策を付けるとするなら、多少値段は高くなるでしょうが、その印鑑にボタンを付けて、一定時間印鑑内蔵の小型カメラで録画できる機能でもって、犯行の状況を録画できる形と合わせて、それを確たる証拠とするような形にしないと、女性が一方的に男性を狩り続ける無法社会となって、女尊男卑の一方的な差別社会に瞬時に変わるでしょうね。
 そしてそうなると、日本に男性の観光客は一切訪れなくなるでしょうね。法的に女性にお金を騙し取られる国で、男性側の訴えは何も聞かれないという最低の国に成り果てるでしょうからね。
 そしてその流れで女性に近付こうとしない草食男子は大量に増えて、女性を見かけたら全力で逃げろという社会になり、日本は滅びを迎える事となる。 現状の形では冤罪しか生みだしませんからね。

 そしてそういう状況に対して私が言いたい事は、された後の対策を考えるよりも、される前の対策での女性が痴漢の被害に遭わないようにする取り組みにもっと力を入れるべきだと私は考えますね。
 そしてこの鉄道に関する話においては、それらを完全にさせる方法は存在します。
 要は分ければ良いのですよ。痴漢が発生する主な要因は男女が同じ場所に居て不特定多数の人がいる状況から作り出されるというのならば、その発生源の元を完全に分離してしまえば、発生自体を防げる事に理論上はなります。
 その形の1つとして今は女性専用車両が作られて普及していますが、その1つの電車に1両のみでは不十分であり、男女不平等な形でもあるというのは毎回言っている内容ですけども、それに加えて、駅のホームにおいても完全にそれに合わせる形で分離させたら、その状況においての痴漢の発生率をさらに引き下げる形にする事が出来るのではないでしょうかね?
 つまり電車の左右と駅のホームの左右空間で完全に男性空間と女性空間を作り上げて、分けるという形にして、間に中立地帯として、主に家族連れやカップルに性的な事情で見た目と中身が一致しない人等が使える場所としての3空間を駅にも電車にも用意して完全に分けさせる形にすれば、痴漢の発生自体も防ぐ仕組みに出来るのではないでしょうかね? ちなみにそれでの中間は中立地帯としてどちらの性別でも可能という形にさせて、今までと同じ駅などでの仕組みとする。
 そして男女におけるどちらの空間にも言える事は、基本的にその性別の人しか入ってはいけない決まりとさせて、それが嫌なら中立地帯に入れば良い形にする。
 そして女性専用に男性が入って行った場合は、問答無用で痴漢扱いされても仕方なしのルールとして、男性専用の所に女性が入って行っても痴漢判定はされない状況にするとすれば、それにおける一定のルールは作られる事となる。
 なお、片方の空間に無理やり連れて行こうとする場面が発生した場合は、誘拐未遂として犯罪扱いにさせる流れで行けばよい。
 そしてその流れにおいては、電車には必要であれば、中立地帯にトイレを配置させて、機能性を上げるならば、それに加えて男女専用の両方にも付ける形で、計3つぐらい用意する形にする。

 あとは電車の構成状況等は、基本的に面倒ならば固定(男女2で中立1の編成。8車両ならば、男女がそれぞれ3ずつで両端に陣取り、間に中立を2つ用意する形にすればよい。)で良いが、男女の利用率などで変動させる場合は、それぞれ1車両分を移動出来る形にしたり、中立地帯をそれぞれの車両から増やす方向にすればよい。 そうすれば臨機応変に対応を切り替えられるようにする事も出来る。まあ基本は固定型で考えれば特に問題はない方向で、痴漢被害が嫌なら女性専用車両に、痴漢冤罪が嫌なら男性専用車両に行くという形にすればよい。
 また、状況によっては完全に電車を男性や女性で全車両分ける形にして、それに普通の形を含めて3種類の電車を用意させるなんて言う事も考える事は出来る。(まあ現実的かどうかは置いておいてね。) それにおいて、男性専用の路線や女性専用の路線などを時間帯なども踏まえて作り出して行く方向性にしても良い。

 これらが完全な分離型の考え方であり、これならば発生そのものを封じる方向に持って行く事が出来るようになる。 まあそれでの中立地帯は、現状の体制のままだからそこで起きる可能性は生じるのだが、わざわざ好き好んで行く女性は果たしてどれだけいるのだろうかね?
 あとはそこに居る人達の考えで持って痴漢の発生を防いで行くようにすれば良い。というか、大体そこに行こうとする女性には連れがいるでしょうから、その人に守ってもらう方向性で考える形にすればよく、1人だけならば女性専用車両に乗れば良いという感じでもある。この状況下では、8車両編成ならば3車両もあるのだから。基本的な状況から見ても十分な数だと考えるのですけどね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 鉄道痴漢対策~終了~レジ袋有料化対策





























 鉄道痴漢においては、空間を完全に分離させれば、発生の確率をほぼ無くせるのですし、それで男女双方に安心を与えさせる事が出来るようになるのですから、その形が最も良いと考えるのですけどね。
 そしてそういうトラブルの発生での遅延の可能性を減らせるのなら、鉄道会社にとっても問題の防止システムとしても良い気がするのですけどね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感