So-net無料ブログ作成

第1048回 時事雑記「無差別殺人運転・酒と本性・アイドルと運営・スリランカテロ」 [犯罪対策]

 さて先週は酷い事件やテロ等が相次いでいますけども、今回はそれらにまとめて解説して行きます。 ちなみに真ん中2つは芸能人関連です。

 それで時事の方でも犯罪絡みな大阪での堺市の市長の問題多数発覚による本日辞任状況に追い込まれるという事になりましたが、説明責任は最後まで果たす気はないようで、これまた自民党がどんな犯罪者も守り抜くという犯罪者擁護の基本理念の下に行動している模様ですね。 被害者なんて全員死んでしまえというのが自民党の基本理念ですからね。 だから腐っているし、こんな市長を生み出したという事でしょうかね。というか不正の背景に自民党が関わっているのでは?
 だって、資金の流れをちょろまかすなんて今までの自民党の十八番芸じゃないですかねえ。特に市議会議員辺りでは普通に日常茶飯事な感覚だと思われますしね。 それが自民党クオリティ。
 まあ辞任会見での内容も、自分は何も悪くないと言わんばかりの状況で、不備だったとしても、それに事前に気付けない時点で、既に市長職の存在価値無しだったというだけです。結果的に市民を不当に騙す事になったことに違いは何もなく、その事に対する真摯な謝罪がなかったというのは、人としてもクズでしかないという事ですね。

 さて本題の方に入って行きますが、タイトルとは順序バラバラで行きますが、話的に軽い方からという事で、まずはスリランカで起きた同時多発大規模テロに関する話題からですが、あれは世界でも稀に見るクラスの悲惨な同時大規模テロの惨状ですね。
 特にキリスト教会が狙われたことから見ると、イスラム系の過激派でイスラム国の残党当たりの仕業のように思われていますけど、基本は宗教対立の関係から見てもそうでしょうね。あとは時期的にもキリスト教を狙う形になっていますしね。
 それで、警察や政府側はそのテロの危険性(起こりやすい)を予め情報として知っていたという事で、それに対する警備体制の不備などを責められているような状況になっていますね。
 まあそれは、基本的な安全神話をどこかで作って無いだろうと備えなかったからの状況であり、仮に体制を強化させたとしても、完全に防ぐ事は無理だったのではないでしょうかね?
 いくら警備態勢を強めようとしても、その辺歩く人すべてに厳しいチェックを仕掛けて行くのは無理な話ですし、そもそも死んでも良いという自爆テロ犯であれば、あまりそのような警戒網には関係なく突っ込むでしょうしね。 やるとするならば機械的な対応で、危険物の自動チェックと引っかかった場合には自動的に侵入不可にする仕組みを取り付ける辺りの対策が望ましい所でしょうかね。
 ちなみに今回のテロ攻撃の状況を見て、手軽で簡単にかつ確実に大量の人達に爆弾を突っ込むという危険なアイデアを思いついてしまいましたが、ここで語るのは止めておきましょう。(こういうのを普通に思いつけてしまう私は、ある意味そこら辺のテロ集団よりも危険かもしれませんね。)

 それでお次は酒と本性の話ですけど、これは何のお話しかと言えば、人気音楽グループのたしかAAAというグループのリーダーが酒に泥酔して、ナンパに失敗したから怒って平手打ちの暴行したり追いかけて蹴りつけたりしたという事件が起こったことに関してですけども、本人は記憶にないという事ですけども、酒は飲み過ぎるとその人の本性を外側に出す効果を見せるので、それがその人の本性だという事でしょうね。
 この酒と本性に関しては昔にも話しましたが、人は基本的に自分の本性や本能に関する部分を理性によって押さえつける事によって清く正しいような姿を見せられるのですが、お酒にはその理性を一時的に無効化させる働きがあって、飲み過ぎて泥酔状態になると理性が完全に無くなり、本性や本能のままに行動する状態となって、普段とは全く別人のような様子になることがしばしば起きています。(ならない人もいますが、それは素でも本性のままに行動出来ている人やお酒に対してかなり強い人に限りますね。普通は酔ったら少しでも変化するものです。)
 つまりお酒によって本来その人はどんな人間であるのかが、その酔った状態で分かるという事ですね。 それで今回はお酒によって理性を失ったその芸能人が自分の地位に溺れて、ナンパに成功せずに自分も知らない女性に対してイラついて暴行したという形ですかね。 自分の思い通りにならないと手を出す人の典型例という事で、それがその人の本性だったというだけでしょう。
 まあ基本的にこういうのは、お酒に飲まされなければ良いだけで回避できるので、本当に反省したり自分の本性を封じ込めたいのなら、お酒とは完全に縁を切るのが正しい選択でしょうね。
 ちなみに私は、基本的にほとんど酒類を飲みませんが、たまに飲む際(数年~数十年に1度)は酒水氷のローテーションで飲みますね。こうするといくら飲んでもそこまで酔わずに済む。(というか合成して大幅に成分中和させていますし、泥酔する事はほぼ起こり得ない。ちなみに分量としては、氷が少ないので、酒2の水2の氷1ですね。そして氷を水と同等と扱ったら普通に水の量が大きくなってしまう。ちなみに氷はかみ砕いていたりします。冷気が身に染みる。)

 それでお次はアイドルと運営ですけども、これはAKB系のNGT48(でしたっけ?)での事実上殺人未遂にも発展しそうだった事件に関する騒動ですけども、結果的には運営会社が無理やり追い出す形での被害者と擁護したアイドルの卒業の形で幕が降ろされてしまいそうな状況になっていますけども、今回の騒動の1件においては、アイドル同士の紛争というよりも運営会社側も何か直接的に関与しているような疑いがもたれるような感じになっていますね。
 事件に対する対応と警察や第3者委員会による対応等は、全て自分たちに被害が及ばないようにして、一方的に被害者アイドルを落とし込もうとする意図で仕組まれた様な状況に見え、アイドル紛争の状況に運営側も加わっての運営にとって不必要なアイドルたちをあわよくばこの世から消してしまえばよかったというような状況で、仕組んだ事件だったのではないでしょうかね? つまり首謀者のアイドルに実行犯の男たちにサポートの運営会社という体制にて、首謀者アイドルグループと運営会社が手を組んで今回の被害者女性アイドルをどうにかしてアイドルから引きずり落とす為に仕組まれた事件である可能性が高いという事です。
 という仮定の状況推測においてなら、現状の運営会社側の一連の対応には納得がいくような状況となり、最初からすべて仕組まれた事件である可能性が高いという事です。 まあそれでの誤算は、被害者が死んでいない事と、猛反論の行動を繰り返す事だったのでしょうね。
 運営会社達の目算としては、あわよくば殺されての状況対応を後からやって行くか、もしくはその心理的恐怖によって心神喪失に追い込んで何も言う事をさせずに無理やり退場に追い込む事だったのでしょうけども、ここまで戦われる状況では、完全に敵だという扱いで無理やりにでも追い出そうという事にして幕を降ろそうという事に至ったのでしょうね。
 それは被害女性や応援してくれるファンたちの為ではなく、全ては首謀者アイドル達と運営会社が思う形に体制を作って望むままにしたいが為の犯行でしょうね。
 まあ私の推論ですが、的外れではない事は、現状の運営会社の対応が示していますがね。
 ちなみにアイドルの卒業からその辺の行動を許している状況は、それすら行なわせないと、ファンの怒りなどで二度と運営できない状態にされる恐れが強い為でしょうね。(最悪を回避する為には、それぐらいは許可しなければならない苦渋の判断だったという事でしょう。 本当に運営会社側は殺したいぐらい憎んでいるでしょうね。あそこで死んでいれば良かったとか今思っているのでは? それぐらいの状況推測が成り立ってしまうのですよ。)

 それで最後は4日連続での話の高齢者たちによる車による無差別殺傷テロ事件ですけども、なぜ私がこれをテロだと言っているのかという事に対しては、高齢者を活用しなければならない社会の体質と高齢者が運転をしなければ生活出来ないこの社会体質に高齢者の無謀運転に対する国行政の対応が非常に悪くて放置されているから起きている状況だから、総合して政治的な日本の社会体質の酷い現実によって繰り返されている無差別殺傷事件だから、私はこれも1つのテロの形だと思って発言しているというわけですね。
 対策して行こうと思えばできるはずなのにそれをせずに放置して殺されていく被害者を無尽蔵に増やそうとしている行為は、現政権主導型による無差別テロの形と言えるでしょう。日常的に車による無差別テロが起こる状況を今の日本の社会が国の体制がそれを誘発させているという事であり、車による無差別の時点でもテロと一緒であり、ここに高齢者運転が加われば政治的なテロという事になるわけですね。
 テロが自然と発生するように種をまいて、事が発生するのを待ってテロを起こして行くこの形は、まさにテロの形とあまり変わりようがないという事です。
 現にこれの被害者たちから見れば確実にただの過失運転事故ではなく、突発的に起きる車による無差別大量殺戮のテロと何も変わりありません。起きている現象としては何も変わらないのだから、それをテロと呼称しても何も不思議な話ではない。

 また今回の事件においては、いずれも高齢者の運転によるアクセルとブレーキの踏み間違いによる事件で、車に異常が無くて健康状態などに不備が無くても、高齢者による認識ミスによっていくらでも起こり得てしまう事件であり、現状それを防ぐ為の義務化が成されていないというのは、今の安倍政権が間接的にテロを引き起こしているという事と同義になります。
 さらに言えば、過失と言われていますが、今回の件ではどちらの運転状況においても、アクセルブレーキは仕方がなかったとしても、ハンドル操作による回避の形は行なえたはずであり、それによる行動をせずにまっすぐに轢き殺して行ったというのは、未必の故意による感情があったと言われてもおかしくない状況でもあると言える。
 また、市バスの件ではさらに加えて、危険を知らせる為にクラクションを鳴らして伝えるという行為も行なえたはずであるのに、それを全く行わなかったというのは、こちらも未必の故意が認定されてもおかしくはない状況とも言える。

 やはりこのような状況に対する最速の対応策としては、高齢者が乗る車だけでもAIを搭載させて、運転に対するサポートを行える体制を早急に整えさせていく方が良いでしょう。
 それを免許更新の際や車検の時には義務付けさせて、最初の段階(あと運転高齢者年齢区分に入ってから一定期間)で自ら名乗り出なければ、以降有料にするという形にすれば、対応させやすく出来る。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 アイドルと運営~終了~車による無差別大量殺戮テロ





























 本当に日本はいろいろと腐りきっていますね。 相次ぐ政治テロを自ら主導しているのですからね。
 そして高齢者運転による特徴は、60歳を過ぎたらだれにでも確実にランダムのタイミングで起こるという事で、それに10歳ずつ足していく毎に発生率が倍以上になって行くという事ですよ。
 年齢と体の健康さには十人十色程の違いがあるわけで、60歳代だから全然大丈夫というのは何の根拠も欠片もない話でしかない。 あれは、政府が高齢者運転による事故の数を少なくしたいが為に出している情報なだけである。 またもう少し経ったら、高齢者運転の範囲を今度は80歳以上に限定して少なくしようとするのではないでしょうかね?(事故の総数を減らしたいがために。)
 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感