So-net無料ブログ作成

第1036回 休憩 小話 日本での殺人事件が減った理由 [休憩]

 さて意外なほどの反響呼んでいる昨日の回ですけども、私としては軽く考えた内容だったのですがね。(仕組み自体は本気で考えたけども、私自身の使う労力はそれほどかけていないという意味。)
 それで本日はいつもの通り休憩回として、本題に入れているのは小話程度での日本での殺人事件が減っている理由に関しての話ですかね。 まあ実際殺されている人の数はあまり変わらないのでしょうけど、殺人事件は減っていると言えるでしょうね。(警察基準で見れば。)

 さて時事に関しては、今日は天皇の祝いの日という事で、それらしいネタは収集できなかったのですけども、日本の防衛に関する問題としては、日米最新のステルス戦闘機の墜落問題がいろいろ騒ぎになっているようですね。
 それを場所が場所だけに中国やロシアに先に回収されると、機体の機密情報が漏れるという事で、日本が相当まずい状況に立たされるかもしれない感じといったようですね。 まあそんな場所で訓練行なうという方が悪い気もしますしね。(アメリカ側の海上で飛べばよいと思ったりもしますが。) やはりどこか日本の防衛体制は抜けている面が強いのではないでしょうかね?
 今回の件も問題としては機体的な所の整備不足のような気もしないではないですね。現状今の自衛隊においてはそれが深刻な問題として出ていて、それを知ってか知らずかそんなことは気合で解決しろという感じで、そこに予算は出さずに全部新機体購入費用とかにつぎ込んで、整備の質の問題が悪くなる一方という噂も出ていますからね。
 どんなに高性能な機体でも、整備が整えられていなければ最高のスペックは出せないというのに、そこら辺を理解出来ていない人たちが防衛の予算を握るというのは、最悪な状況ですよね。(ねえ?安倍総理&麻生財務大臣副総理?)
 これを人間に置き換えると、どんなにハイスペックなエリートでも、健康状態が最悪では、その力を存分に使えないのと同じという事です。そしてその健康管理はどうでも良くて、ハイスペックエリートの肩書さえあれば良いとしているのが、現安倍政権という事です。(大事な事なので置き換えてみました。)

 さて、現政権への恒例のダメ出しを終えまして、小話的な本題として日本での殺人事件は減ったけども、総合的に殺されている人の数はそう大して変わらない事に関しての話です。
 これは警察などが公開するデータ上では確かに日本での殺人事件や凶悪事件の件数は少なくなっているように見えますが、これが=治安が良くなっているというデータには決してありません。
 殺人事件等は確かに減っているのでしょうけども、その代わりに増えてきている問題は、殺人認定はされませんが結果だけを見れば殺人行為である車による交通事故事件ですね。
 この車による事故事件は、現状殺人行為での殺人事件として認定されていないので、これによる故意を含めて殺人件数で見たらあまり変わらなくなるかむしろ増えている恐れがあるという事です。 その代表例が高齢者運転による踏み間違い等での過失殺人行為ですね。これだけでも1度に大量の人達を殺す事件(事故)は度々報道されていて、その他狙ったような重過失による事故で殺される人の数なども含めて、さらにブラック企業に代表される長時間労働等での虐殺行為も殺人認定させると、あら不思議…日本の殺人事件に類される状況は昔よりも酷くなっているように思える状況となります。 ついでに、いじめ自殺等に代表される行為も、間接殺人と同じ行為であり、警察は認めませんがそれも殺人に加えたら、人が警察が認める殺人事件以外ではむしろ前よりも酷くなっている現状が垣間見える事になります。
 そしてそれらで主に被害を受けるのは若い人や子供たちであり、その殺人虐殺が横行しているから日本の少子高齢化が進んでいるというのも要因の中に入ってくるでしょうね。
 要は警察が自分たちの成果を誇る為か政府が成果として誇る為に殺人行為の認定条件を絞り込んで少なくさせて、それを誇れる成果として日本の治安は良くなっている風に見せているけども、実際に車使ったり間接殺人などで殺されている人は増えていて、むしろ日本の治安は悪くなっている感じにも見えると言った方が良いかと思われますね。 現状学校でも虐めて殺したもん勝ちな無法状況になっている所が散見されますし?ブラック企業も已然大量にあって長時間労働で殺されるケースや管理の悪さで殺されるケースが多いし、車を使えば故意だとしても殺人事件認定されにくいのだから、やりたい放題で罪の意識も軽く殺したい放題な状況になっている状況で、むしろ治安は悪くなっていると見た方が堅実ですかね。
 昨日の件も同様ですけど、盗撮や盗聴の犯罪道具が普通に購入しまくれて犯罪やりたい放題の国が治安が良いなんてとても世界に自慢できるレベルじゃありませんからね。
 ついでにブラック含めたら外国人の働き手に対する対応が世界でも劣悪過ぎる状況で、治安が良いなんてとても言える状況じゃありませんよね。

 安倍政権になってから治安がどんどん酷くなっているイメージしか湧かないですね。まあ現状政権の腐敗というか自民党政権での腐敗がこれを深刻化させているのでしょうけど、こんなに人が殺されまくる状況が続く状況では、とても日本は未来に生き残れないと思いますけどね。
 そしてお次は幼保無償化の件で、対象範囲を認可外まで認める形にして、子供の安全は二の次で高所得者たちの暮らしがさらに豊かになる為なら、低所得者たちの子供なんて皆殺しにしてしまえばよいという安倍総理の思惑が透けて見える感じの状況になっていますね。
 今やるべき対策は無償化よりも、安全安心の受け皿である場所をもっと拡充させる事なのですけども、東京に一極集中させているだけの状況では、何も問題は解決されないという事をおバカな国民も知っておいた方が良いと思いますね。
 どうせやるならば、東京以外で人口密集地以外の場所に子育て特区地域を設立して、そこに大量の安心な受け皿(幼稚園なり保育所なりに、小中高大含めた学園都市特区)を一気に用意させていく形にした方が良いでしょうね。 じゃないと狭い場所で土地価格の高い所に作っても、コスト面で不可能になるケースや保育士たちの状況で悪質にされて子供が大量虐殺されるだけになりそうですからね。

 ちなみに今の少子化問題というのは、何も生まれてくる子供の数が減ってきている事だけが問題ではなく、いじめや虐待に安全上の事で殺される数が年々増加してきている事も関係しているのですよ。 要は子供の安全を守る事が出来ない状況だから少子化が加速しているという状況であり、それが安倍政権では一気に加速して上がっているという事です。 だから私は安倍政権が子供を虐殺しようとしての政策ばかりを進めていると言っていたりするわけです。
 子供や若者を安心して守っていける政治や社会の体制になっていれば、このような少子高齢化の問題や人材不足の問題が引き起こされる事もなかったわけで、それらは全部高齢者ばかりに優遇して行った安倍政権の最大の過ちというわけです。 結局自分で自分たちの政治の首を絞めているけども、それで良いとしている醜いゾンビ共ですよ。(ゾンビだから脳みそは溶け落ちたのでしょうね。)

 現状でも、現在問題になっている子供の安全状況を改善するだけでも、少子化状況はかなり抑えられる形になり、それによる人材面の不足状況も少しずつ改善させていく事も可能なので、そちらに日本全体でシフトして行く事が必要だと思いますけどね。 まあこのまま問題がより酷くなって混乱を重ねたいのなら別ですが。 ちなみに、私の政策上ではAIやロボットの大量導入を掛けて行くので、どの道人材不足の状況はかなり改善されていくでしょうけどね。
 そして余るようになった人材は、お手軽農業に向けさせるか、造船技術からの海上都市構造で増設させて行ったり、地下都市の建設を進めたりして、新たなフロンティアの開拓を日本でも進めるようにして、そこに新たな仕事を増やして行けるようにしていくつもりですね。だからこそそれらをマニフェストにもしっかり記述しているわけですね。
 住める土地の広さが陸地上には無いのなら、地下に空に海に新たに作り出して行けば良い。地下を掘った土で、空や海の上に土地を作っていければ、無駄になったり余ったりする心配も必要無い。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 殺人事件~終了~子供の安全





























 私の考えやビジョン構想などは、大概遠くのより良い未来を見据えて考えているものがほとんどですね。 今の安倍政権みたいに1,2年先ぐらいしか見通せないバカとは違います。
 私は基本的に数十年から数百年ぐらいの状況を考えて政治の話をしていたりするので、その辺での違いは当然のようにあるでしょうね。 まあ即効性のある内容から、それが後により良くなるような形に持って行ったりする事も多いですけどね。
 ちなみに現状の考えでも、衣食住最低保障に関する制度的な物は、最初は確実に首都や大都市からは外しますね。(東京の人に嫌がらせ目的(主にバカにしている奴ら)で、埼玉や栃木らへんに作るというのもありかな。近畿ならば滋賀辺りに。) なるべく落ち着いた場所や閑散地域に作って、そこに新たな人を増やして行く過程の形で増設させて制度を大きくさせて行く形にします。
 だってこの制度では、特に働かなくても生活して行けるというのが基本なのですから、都心に作る必要性は皆無ですからね。(まあ人の分散化を狙う意味でもその方向性で大きくさせて行くと、全体的に良くなりやすくなる。先の子育て特区のような意味も含めてね。) END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感