So-net無料ブログ作成

第905回 AI搭載の家+目覚まし機能~確実な起床からその後のサポートまで~ [建築]

 さてAI搭載の家に関する基本的な解説が終了したので、今回からはその応用の話や有効活用する為の仕組みなどの話を進めていきます。 それで今回は朝のおはようの辺りの機能説明ですね。この仕組みにすると、1人暮らしの人にとっては様々な面においてより快適なサポートが得られるようになります。

 さて本日の時事も特にこれといった内容の物はありませんね。被り物の神様のなまはげ等が無形文化遺産に登録されたりという話がありますが、それだけでその他に特に変化があるわけでもないという事なので、後継者問題は以前変わらずが続くでしょうね。ここに外国人の移民が担える形が出来ればまだ違ったかもしれませんが、基本業種体系で言えば、ボランティア神様代行業のような感じですから、金銭的に余裕がある人しか成れず、それが今の若者の財政難とマッチしていないからの状況でしょうね。きちんとした仕事の体系に出来れば、まだ求人率は出て来るのでしょうけど。
 そしてもう1つ話題なのが飲酒運転が無くなりませんし再犯率も高いですねというのが再度話に挙がっていますが、これで海外のやり方参考にして車にアルコール検査機によって動かせるかどうかをチェックさせる体制は、国や会社等で義務化させなければ、まるで意味が無いと言えますね。むしろその状況では、酒飲みたい人運転者は極力そんな機能が付いていない安い車に乗りたいと考えるでしょうからね。 やはり即効性が高いのは、飲酒運転が己の酒好きに明確な罰として返ってくる酒税増減税法案で行くのが最善の方法であると考えますね。 他の酒好きにも明確な影響を与える分周りが確固たる意志を持って止めやすくなるという意味も持ち合わせての内容です。 飲酒運転したらその後、他の酒好きから袋叩きに遭うという明確な社会の恐怖環境が整えられれば、飲酒運転はしてはいけない事であり、しようとする人がいたら何が何でも実力行使でも止めるべき事として認知されるようになりますからね。 甘い考えをしたら、その後一生酒仲間から袋叩きに遭い続けるとかいう状況は、普通に懲役刑喰らう事よりもきつい罰になるでしょうからね。 飲酒運転を日本から完全に無くしたいのなら、私のアイデアが最も早く辿り着ける方法となります。

 それでは、AI搭載の家の本題の話に移って参ります。
 それで今回は朝の風景の目覚ましの辺りから朝に必要なサポート系の話の辺りの説明解説なのですが、基本的な仕組みの上では、AIの家と目覚まし時計をIoT等で接続出来る状態にさせると、目覚まし時計のONOFFを人がやる必要は無く、また人が寝ぼけてOFFにしてもAIが判断してまたONというかすぐに鳴る状態にさせる事が出来るようになり、人の完全起床までをAIの家が目覚まし時計を使ってサポートしてくれるようになります。 なので、これによって目覚まし止めての二度寝コースが完全にAIの家によって防がれる事になるので、その辺の寝坊などを防ぐ事が出来るようになります。 また、その他でAIの家独自にも目覚まし機能を付けて、時計と共に連携機能させて起こさせるという方法も使えるようになりますし、AIによるボイスチェンジで多種多様な音声によるAIからの目覚ましコールを発生させる事も可能となります。

 そして朝の目覚めからは、AIの家が今日の予定などを伝えてくれるようにしたり、ネットと繋いで外の天気の状況や必要な情報に鉄道などの公共交通状況等を説明してくれるようにも出来るので、今までよりも朝の行動が行ない易く出来るようになるでしょう。
 その他、寝坊時の報告などをAIが代わりに自動で行なってくれたり、調子が悪い時の連絡を行なってくれる形や症状に応じた対策の形に必要の場合は薬などの通販や病院等への予約も自動で行なってくれるように出来るでしょう。 これは特に1人暮らしの人にとっては心強いシステムとなるはずでしょう。 普段は全部自分1人でやらなくてはいけない事を、AIの家が自己判断でいろいろサポートしてくれるような状態になれば、1人暮らしでも安心感は十分に高められるようになるでしょう。 そしてその他の機能で、ロボットアームや無人機への操作介入まで行なう事が出来るのであれば、AIの家による看病の体制や顔を洗ったり着替えのサポートまで行なってくれるようにも出来て、いろんな時間の短縮にも繋げて行ける事になるでしょう。
 そしてこれらの機能は後に詳しく話していく予定の子供に赤ちゃんや老人に介護の所まで含めても便利の良い体制として使い勝手良くなる事になるでしょうね。

 特にAIの家で部屋の壁からロボットアームが出て来るような形や備え付けのドローンや無人ロボットによって自立行動がある程度行える形に出来れば、家の中で様々な事においてサポートしてくれる体制や、AIの家が家事の代行等をしてくれたり、部屋の中等で欲しい物を持って来てくれたり出来るようになります。 これなら狭い部屋でもある程度は可能に出来ますので、人型ロボットよりも使い勝手良く出来る仕組みにもなるでしょう。 これは人型ロボットによるサポートの形ではなく、AIの家という形において家全体でのサポート体制を取る事が出来るようになる仕組みです。 ついでに建設時からAIの家前提でロボットアームを壁の中ある程度貫通移動させられるようにすると、物の移動などの面でかなり便利にする事が出来ます。(例えばお風呂の脱衣所に直接タンスから衣服を移動させたり、お風呂とトイレ一体型での代わりの衣服をお風呂から上がったら自動用意とかに出来るでしょう。)
 ついでに基本システムにホログラム投影機能を付けると、家の中にAIのアバターを出現させて、あたかも疑似的に一緒に暮らしている感を表現させる事も可能になり、寂しさを紛らわしたりカウンセリング系の相手にしたりも行ない易く出来るでしょう。そしてこの方法なら、形が決められたロボットの顔ではなく、好きな感じに変更させる事が出来るので、より親しみを持ってAIの家と共に過ごせるように出来るでしょう。 まあこう言ったら正しいのかは知りませんが、家という体系に置き換えたそこに住む人専用のメイドや執事のような感じという事ですかね。 人とは違って基本的に裏切る事の無い、AIの家の体系による専属のお手伝いさんがいろいろ住むに当たってのサポートをしてくれる未来の家の基本形の形という感じですね。
 これが確固たる形としてすべての国民が利用出来る所まで普及出来れば、保育関係の問題や介護関係の問題がほぼ解決の形へと持って行く事が可能でしょう。 それへの近道の初期段階の話をまた別の回で近々行うつもりです。AI搭載型の保育所や老人ホームに介護施設とかという感じでね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 AI搭載の家~終了~目覚まし機能
















 朝の快適な完全起床のおはようを再現してくれるAI目覚ましサポートは、今後1人暮らしの人にとっては絶対の必須内容へと変わっていく事でしょうね。それこそが人が求める未来の形の1つでしょう。これで若い男性や女性ならば、想像しやすい物として理想の相手像のホログラム映像と音声によって朝の目覚めを演出して起こしてくれるようにも出来るので、より快適に起きやすく出来たり、朝からいろいろハッスルしやすくも出来るでしょうね。(何のハッスルかは知りませんが。) ついでにホログラムのアバター投影からラジオ体操実演まで一緒に行なったりも可能に?
 END
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第904回 AI搭載の家のネットワークセキュリティについて‐基本分断機能直通方式‐ [建築]

 では少々期間が開いたAI搭載の家に関するネットワークセキュリティに関する解説の回とします。 ちなみにこの仕組みは普通に他の仕組みで使うにしても通用させられるであろう話でもあるので、ネットワークセキュリティに多少の関心がある方が見ても良いかと思われます。 まあ基本的に利便性よりも防御系を重視した形の仕組みですからね。攻撃されて抜けられても被害を最小限にするという形においてもね。

 それでいつもの時事ですが、今日は訃報系の報道ばかりで特段の話はありませんが、中国の研究者の人間の生命の誕生に関して遺伝子改変させて誕生させたことに関していろいろ問題が出ているようですけど、あの話はまんまガンダムSEEDの初期頃の話と同じ状況になっていますね。本編の話では、遺伝子改変されていない人をナチュラルと呼び、遺伝子改造された人たちをコーディネイターと呼んで、人種差別からの戦争に発展して最後は核戦争になっていくというお話ですけども、現実も同じような道を辿る結末になっていくのでしょうかね? そしてあのガンダムアニメは、未来予知系で現実に起こりそうな未来をコンセプトに作られたのでしょうかね? まああのアニメでは核攻撃や原発利用を出来なくさせる為にニュートロンジャマーがストーリー冒頭から使われていましたけど、あれがこの現実でも作られれば、相当な核抑止力には使えるでしょうね。(同時にその国内での原発も全て機能停止しますが。) ちなみにニュートロンジャマーのお話もブログ初期頃に出していたりします。(ただしアニメの最後の方では、ニュートロンジャマーキャンセラーが出ていましたけどね。そしてガンダムたちが核武装化。)

 それでは本題のAI搭載の家に関するネットワークセキュリティに関する解説をしていきます。
 少し前のAI(機能)搭載の家の方でも話しましたが、様々な住宅やマンションの部屋ごとにAIを搭載させて、その部屋内や通路の壁の上部に2~4ヵ所ほど住んでいる人を感知認識できるようにカメラ又はサーモグラフィー系を付けていろんな行動に役立てさせていくのが基本という形は話しました。 それでの基本としては、どこに居たとしてもAIと話す事ができ、複数の場所で複数の人が同時に同じAIと別の会話をしたりする事が出来て会話の内容もそれぞれ別に記録出来るようにして個としてのAIの家と一緒に生活するような状況にします。(まあ正確には家の守護管理者AIという事ですが。) これは基本的に今までの会話できるAIの機械と似たような物で、それの家というか住宅版という事です。ただし他と大きく違うのは、AIの家で人間を認知して見守る存在である事から、AIの判断でそこに住む人を守るように独自行動で手早く対応していけるようになったり、他の部屋や近隣との対話交渉の仲介に出来たり留守番対応でもしっかりと家や中に住む守るべき存在を守るように自立的に行動して守るように出来るという点です。その為にネット接続や直接機械的接続によってほとんどすべての家の中の機械や家の仕組みに繋がり操作できる権限も備える状況になります。 そこで重要になってくるのは、現代社会においてはインターネットとの繫がりの状況はほぼ必然になってきているような時代(ちなみになくても普通にAIの家として機能させられる。)なので、ネットワークセキュリティのシステムに関しては、普通のシステムよりもより防御性能高めに構築させて、守り抜いていくような仕組みが必要になってきます。 というわけでようやく今までのおさらいと追加解説を終えまして、AI搭載の家の基本ネットワークセキュリティの話に移って行きます。

 それでAIの家は基本的にインターネットに接続するしないはどっちでも良いのですが、する事を基準に解説していきます。 それでまずは、AIの家のネットワークセキュリティは基本的に外部とのネットの繫がりを遮断した状態で稼働させて、家の中の内部家ネットワークの繫がりを重視で行なう状態にします。つまり外とは繋がらないけど、1つの家では全部繋がっている状態のこと。ただしこの時に常時接続が必要な物は、そのタイプごとに直通で繋がるタイプにして、他と混ざらないようにする。(ついでにホームAIも無視して、家の中で設営されているネット環境との繫がりのセキュリティ依存の形にする。ちなみに設定はAIの家と決める形。) そしてそれ以外のインターネットと繋がる必要の無い物や常時接続の必要が無い物に関してはAIの家(ホームAI)が一括管理で守る形にする。 そしてその家に住む人がいる場合といない場合ではネット環境のセキュリティを自動切り替えにするようにして、住む人がいる場合は基本的にその人がよく使っていく物を基準に自動接続状態にさせて、基本的なセキュリティ対策はしつつも住む人の利便性をなるべく重視する対応にして、いない場合は基本的にホームAIは外部との繫がりを断った状態にして、それとは別に主に住んでいる人との通信連絡用(もしくは緊急情報等も含む)の接続回線セキュリティを用意して、家に住む人がいない場合基本的にこの通信連絡用のセキュリティが初期対応とセキュリティチェックして対応するようにして、これとAIの家であるホームAIとは住む人がいないときは基本遮断する状況(外部ネットワークとの遮断)で、こちらの通信連絡用セキュリティは人の居るいないに関わらず常時インターネットに接続されている状態で、ホームAIに通すべき通信などがある場合にまずここで第1のチェックの正常な通信であるかどうかの確認を行なって、それが通った後はその通信に関する限定的な対象機器等に通信内容の実行などを行なうようにするのだが、ここで第2のチェックでその通信命令の内容は基本的な考え方に基づかれた内容であるのかをチェックして、その住む人の基本生活状況の行動から逸脱した内容である場合は、通信内容命令を受け付けない仕組みにする。 要は第1のセキュリティを不正に通ってきても、犯罪に関する内容や不審な命令の内容はAIの判断によって却下させて住む人を自動的に守るように動ける形にするという事である。 第1は機械的に適正か不正かをチェックするだけだが、第2でAIによってその住む人が本当にそんな命令を出して来るのかをその人の家での行動基準と普通に人が住む事においての基本的な基準と当てはめさせて、それから逸脱して犯罪に該当しそうな事や家に危害が加えられそうな命令に関しては、AI判断で命令を無視に出来るという仕組みというわけである。 このセキュリティ体制ならば、たとえ不正アクセスで違う誰かが命令を行なって犯罪の行動に繋げようとしても、それをAIが判断して未然に防ぐ流れに繋げられるように出来るという事であり、さらにこのAI判断の仕組み自体はネット環境に接続されている時は常時発動するようにさせて、中に住む人の危険から自動で守る仕組みにもする。 これならば、今までネット進入での覗きなどをAI判断で未然に防ぐ形にする事が出来る。(そのカメラを使って中に住む人がいるのに、その人を写すようにカメラを動かす必要は無く、それは犯罪に使われる事だとAIが自動判断するようになればね。)

 つまり第1の方は今までと同じセキュリティ体制の形なのだけども、第2の方はAIの判断によってその住む人に危険が及ばないかどうかを考えて、危険や犯罪になりそうなことは全部防ぐというシステムにする事が出来ます。 基本的な判断の仕組みが全く違うセキュリティ体制の組み合わせによって、今普及しているIoT家電などへの不正アクセスでの危険に繋がる事はこの方法で回避する事が出来るようになるでしょう。 ちなみにネット接続のみならず、AI判断によって中に住む人が間違えて危険な設定にしてしまいそうな場合は警告や自動で防ぐ形の対応にする事も出来るので、寝起き直後や酔っぱらっている人に子供や認知症への対応としても十分に使えるシステムになるでしょう。(ついでにペットの行動による誤操作等)

 そして気になる内カメラ(AIの家が中に住む人たちを確認する用)ですけど、AIとは言え視線が気になるという人にはサーモグラフィーでの体温表示の形に切り替える事(設置の際)が出来るようにして、このAIの家が管理するカメラは基本外部ネットとの繫がりは一切遮断する設計で、AIの家だけが管理できるシステムにします。(ただし、直接でのデータの受け渡しだけは本人等の許可があれば可能とします。) これによってAIの家のカメラが不正利用される事を防ぎます。
 そしてこれで気になるのは、ホーム自体に第1から繋ぐ形はどうなのかというと、原則的にホームAIのセキュリティにはホーム自体に対する命令は受け付けない事として、ホームの管理下にある家の各種機器にのみその命令が出せる形にします。(スマホ等でのネットからの命令等。) 要は、ホームAIも外部からの接続に対して基本的にはセキュリティそのもののような扱いとなるので、セキュリティそのものに外部からアクセスしようとする命令行動には、第1の段階で弾かれる設定とします。 これなら第2まで辿り着けるのは、ホームAIの管理下への命令だけとなるので、ホームAIが攻撃を受けることは無くなります。(まあ基本的にAIの家自体にも通信用とは別に個別のセキュリティ対策を用意させておく必要はありますけどね。AIによる自己進化型のような形でね。)


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 AI搭載の家~終了~ネットワークセキュリティ
















 そして、ネットのセキュリティにAIの家が管理して守る体制が出来たら、悪質性の高いサイトへの自動防止対応やネット詐欺等への自動対応も自動対応して守っていく形にしていく事が出来るでしょうね。なにせAI側の自動対応でネットワークから分断された状況でそのウイルス等への対応をさせていく事が出来るようになるという事ですからね。そうなると、会社等でのメールチェック等も行ない易く出来るようになっていくでしょうね。 という事での基本セキュリティの対策の形の解説は終了と致します。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第903回 休憩 日本の水道の危機・義務教育だけども受けられない子供たち [休憩]

 さてタイトルはいろいろ長いですが基本休憩雑記系で参ります。

 それでいきなり時事雑記の方の水道話に移りますが、現在外国人労働者受け入れ法案で激しく揉めている国会ですけど、時を同じくして日本の水道事業を公営から民営化にしようと政府が行動している事でも議論を生んでいますね。 公営では運営が成り立ちにくいから民営化にしようという流れのようですが、公営でうまく行かない事業を民営化にしようとした所で変わらないかさらに悪化するかの選択肢しかない様に思えますね。現に世界では既に民営化の流れを進んできて、今現時点ではそれによる問題の悪化に深刻化で命の安全を守る為に再度公営化する流れに戻っている最中で、日本は国民殺しにも繋がる水道の民営化の道に進もうとしているというようですね。まあ法案の中にはそれとは別に日本全国での水道管理の協力体制を強める事に関しても盛り込んであるので、それだけ残して民営化だけを外せば、取り敢えずの第1段階としては上々に出来ると思われるのですが、どうにも安倍総理は国民から飲み水すらも奪い取って水分不足での虐殺を目論んでいるようですね。特に赤ちゃんや子供たちを標的にしている感じで、これも少子化促進の為の政策の1つなのではないでしょうかね?
 それで日本の水道の危機という原点に戻りますが、現在日本の良い水道環境は少子高齢化による人口減少と過疎化等による集落点在型によって運営がかなり厳しい状況に陥り、それに追加して水道の要である水道管の老朽化によって水道料金の引き上げや水道管破裂による断水が頻発する混迷状況に陥り、現体制のままでは日本各地で断水が長期化するような最悪の事態になる恐れや有害物質が混じって毒水になる危険性が高まっているという事であり、早急に何とか対処しなければならない問題になっているようで、だからこその政府が海外の失敗例を参考に日本でも失敗して国民をさらに苦しめようと民営化の流れを進めているという事ですね。 まあ政府側の言い分としては、民営化による効率化と投資の拡大に仕事を増やして経済力を上げる効果があると言っていますが、早い話がいつもの責任の丸投げで国民の安全を守る事の責任から全力で逃げようとしている表れですね。 現状日本での少子高齢化による人口減少での利益減少は避けられないですし、水道管の老朽化の酷い有様によるマイナスコストはかなり酷い状況で、それ自体の修繕が利益に直接繋がらないので、民営化でも基本放置される事になりやすく、問題は解決されずに人工需要が少ない事による低品質または毒水で殺されかねないのに高価格な水道水価格になりかねなくなり、日本の安全品質は地の底に叩き落されて、次第に観光客すら寄り付けない国になっていくでしょうね。 誰が好き好んで負債しか抱えそうにないビジネスに参入すると考えるのでしょうかね? そして水道問題は公民ほったらかしで国民は水不足での混迷を迎えさせられる事になる。 そしてそれは全て安倍総理の思惑道理の満足状況となるでしょね。 要は問題が極まったから、国民からの全ての責任(水道水)から逃れたい一心でこの法案を押し通そうとしているという事ですね。 そしてそれは国民の命を危険に晒す事も普通に納得した上での行動である。 単に虐殺者ですね。

 この水道水の問題を解決する為には、人口増加が手っ取り早いのでしょうが、それだけでは水道管の老朽化問題は早期に解決に導けないので、やはり今のライフラインの位置を面倒で手間と費用に時間のかかる地面すぐ下の災害に弱すぎる場所から、ある程度地下深くですぐ横に管理用の地下歩道を用意した上で、ロボットによるオートメンテナンスの仕組みを整えて管理維持させる仕組みに切り替える必要性があるでしょう。 これなら老朽化で腐りきる前での交換切り替えが非常にしやすく、交換に関する手間や費用に時間の大幅な軽減効果に出来ます。 まあその体制を整えるのに結構な費用負担が必要になりますが、後の管理コストがとても低い事と断水の発生率をほぼ0%まで引き下げて災害による破損もかなり防げる状況に出来るので、総合100年以上の長期に渡って見れば遥かにこちらの方が効率的(ちなみに金額面からだけで見ても10年ぐらいで全てのコスト見積もりしても安く出来ます。だって同時に電気やガス等も込みでまとめる形ですからね。)であり、人口が多少上下しても問題が起こらない体制に出来ます。 そして管理メンテナンスの常時チェック体制を基本ロボットで行なうようになるから、人手は必要ありません。 さらに水道管の交換作業が必要になる点において、基本的に水道管を2つ使用して交互に交換していく体制にすれば、交換作業時に断水も防げるように出来ます。
 そして、水道料金と水道の使い方の問題として、基本的に水道水とは言っても飲み水に使う物やお風呂に洗濯等で使う水とトイレで使う水などは同じ水道水だとしても使い方は違うし水の扱い方も違いますよね? これを全部きれいな水で使うのではなく、トイレ等の基本的に飲み水として用いなくて別にそれほど綺麗なじゃなくても飲みたいと思われない水に関しては水の水質のレベルを下げて使う形にして水道管も分ける形にしても良いのではないでしょうかね? そして下げた方には同時に水力発電用の仕組みを取り付けて、そこで電力を生み出しつつ基本的流し用目的だけでの使用にする形にすれば、多少は水道料金を下げる流れにも取り組めるでしょう。(ああ皆さんの中で、トイレで流れる水を好んで飲んでいるという方が大勢いるのであれば、この案は取り下げますが。)

 それでもう1つの話の方は移民受け入れに関する子供の教育問題とも少し絡んできますが、基本的には日本での貧困問題に対する子供の状況という話が中心ですね。 まあ外国人の子供の教育に関しては、そもそもの言語が大きく違う点や文化も大きく違う点での隔たりは酷い状況ですので、無理にまとめようとしない方が良いでしょうね。 現在国が子供見殺し体制の下、外国人の子供の教育は完全無視している状況ですけど、基本的には国が責任をきちんと持って日本に慣れさせる教育体制をしっかりする必要があります。まあその段階で日本と付き合おうともせずに金目的だけの家庭に対しては放置しても良いですが、基本的に日本と仲良く付き合おうとしている外国人達に対しては、手厚い支援体制が必要でしょう。まあそちらに関しては私は移民難民の地下都市による教育&生活保障の体制にて行う方法が最善と考えている点に変わりは微塵もありませんので、この話は終わりにしまして日本の貧困による義務教育すらも満足に受けられない子供たちが結構増えてきている問題に対して警告を発します。
 日本の学校教育では小中は基本義務教育の範囲内で高校も普通であれば受ける必要が半ば必須な教育課程になっていますが、現在においても高校に行けるだけの余力のない貧困家庭の状況や小・中学校においても給食費の問題やその他学校備品等の問題によって行けなくなったり行く事が精神的に不可能になる子供は多く存在しています。 これらの子供たちを助ける事が社会にとって国にとって少子高齢化を改善する事にも必要な事だと思うのですが、なぜかこの救われない子供たちよりも高校卒業まで行けるそれなりに恵まれた子供たちをさらに勉強できるように支援する仕組みばかりが目立っていて、本当の貧困家庭で低所得者の子供たちには社会からも国からも見捨てられた対応にされているのが現状です。 この救われずにいる子供たちを救う必要があると思うのですがどうでしょうかね?
 それで問題の給食費に関する事は、海外の今まで学校がなかった地域では基本無料で満足な食事が出来るという事を目的に学校に通わせるようにする動きを取っているわけですが、日本は今でも貧困家庭でその日の食べ物にも困る家庭の子供からも給食費をせしめようとして、金の無い子供は義務教育に来るなという酷い差別状況にあります。この状況は海外に学校を作ろうと考える団体にとってどう見る状況なのでしょうかね? 海外の子供たちは救う必要があるけど、日本の子供たちは救う必要が無いとでも考えているのでしょうかね? それは子供の命に対して優先順位を付けているという事でしょうかね?目の前にいる子供を見捨てて他所の子供を助けようとする行為は褒められた行為であるのでしょうかね? どうせ助けようと思う心があるのであれば、どちらも助けようと頑張るのが必要な心構えなのでは? 国や行政でやるのでなければ、現状日本での貧困家庭や低所得者家庭にだけやるというのでも十分対応できると思われるのですけどね。
 次に教育における備品等ですけど、これは先の給食費と同じように解決させる為の回を2桁回の初期頃(26周辺)で出していますが、そこでも取り上げたような制服や服装のお金や基本学校授業を受ける為のノートや筆記用具などの備品等も全部基本的に家庭持ちですよね?(一部学校や国行政にボランティアが負担してくれる所もありますが。) これらを貧困家庭に支払わせる状態で義務教育と言っても、ノートや筆記用具すら買い与える事が出来ない家庭の子供に対しては学校に来るなという事になりますね? これで義務教育というのはどういうことなのでしょうかね? 義務なのに行く為にはそれなりのお金が必要になって、それが買えるだけの余力がない貧困家庭の子供は義務教育すらも受ける事が出来なくなっているという事になります。 これは仕組みとして大きな問題だとは思いませんかね? その他いじめ問題にも繋がる事なのですが、あまりにも財力的な差が大きい子供たちの状況では、貧困家庭の子供たちが優先的にいじめの対象になる事が多く、それによる義務教育を受けられない子供やそれを恐れて最初から学校に通えない子供もかなりいるという事が判明している状況です。つまり貧困である事を理由に学校に行けなくされている実情があるという事です。これを何とかするのが今日本に必要な事なのではないでしょうかね?
 だからこそ私は小・中だけでなく、高校も含めて全部完全無償化させて給食あっても給食費は必要なく、学業において必要である制服や筆記用具等の備品も含めて全部希望あれば支給される形にして、基本誰もが最低のスタートラインから始められる教育環境を構築する事が必要だと考えられます。 この方法であれば、どんなに貧困家庭の子供でも基本的な所では他の子供たちとあまり変わらない状況で学業に挑めるようになるので、そういういじめは少なく出来るでしょうし、給食費も無料で貧困家庭ならば食費の事も含めて海外の子供と同様に学校に送り出す事を好んでするようになるでしょうね。 さらに学校教育での必要な物として、デジタルデバイスを必須として用意(教育上無料支給)させれば、さらなる貧困故の問題によるトラブルの回避にも繋げられ、ついでに総合的にコストを抑えたり、学校授業における先生側の負担を低くしたりする事にも繋げられるので、積極的に導入すべき内容です。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 日本の水道~終了~日本の教育と子供たち
















 教育分野において思い浮かんだことで、AI搭載型の家と学校を組み合わせたら、子供たち個別への常時カウンセリング対応が整えられたり、いじめ状況の早期発見から防止の流れにも繋げられるようになって、総合的に子供の安全を守れるようになると思いますね。先生だけでは目の行き届かない可能性があっても、学校が意思(AI)を持って子供たちを見守るような仕組みに出来れば、健やかな教育に繋げられるのではないでしょうかね? まあこう何度も言っていますが、セキュリティの詳しいのをまだ話していないので、あまり信用出来ないでしょうが、もうしばらくお待ちください。(しばらく時事ネタが溜まっていたので。) END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第902回 戦闘系時事雑記 「故意の国会無視自民党・アメリカVS不法移民・ゴーンショックの戦い」 [授業]

 さて時事ネタがまた溜まってきたので、ここらでまとめて雑記感で話して行きます。 今回の主用タイトルは基本的に戦いですね。 それにしても独裁強行を自民党も半ば認めてきているこの現状況になってきていますね。国会を無視する事が自民党の基本常識という感じで公言し始めましたからね。このまま公の場でも独裁政権として内外に知らしめるつもりでしょうかね?

 さてその前に軽い時事ですけど、認知症の父親をパーキングエリアのコンビニに放置してきたことで逮捕された娘の事件が出ていますけど、完全にこれは介護疲れによる内容でしょうね。このままでは殺すしかなくなるから、それを実行するよりも他の誰かに任した方が命を奪わなくて済むと考えての犯行という事でしょう。なので私はその行為に対して責める気は全くありませんね。むしろこんな介護疲れを誘発させて放置するような社会の仕組み自体が間違っていると考えますね。 介護を押し付けてその人(主に若者)の人生を奪う事が社会の常識だというのなら、そんな社会は間違っていると私は思います。 それは、少子化促進にも繋がる愚かな考え方だからです。 延々と認知症者が死ぬまで介護に勤しまなければいけないなんて、その人の人生を否定する事でもあるでしょうね。 特に認知症だと介護疲れのストレスは普通の介護よりも激しく精神を摩耗させていくので、社会の仕組みとして専門家に預ける方法が基本的な方法になり、それが義務として全員が受けられる仕組みを作る必要がある。そうでなければ、これからも介護疲れによる犯行や介護疲れによる見落としでの多数の人を巻き込む事件が後を絶たないでしょう。 事件事故防止の面でも国の義務で面倒を見る制度が必要である。 あとそれも人に任せていると、似たようなストレスでの大量殺人が起きかねないので、ストレス関係ない機械に任せていく方が不要な人死にを発生させない様に出来るでしょう。 だからこそ、それの基本要素になりうるAI搭載型の家を考え付いたわけでもありますがね。人型ロボットだけでは限界がありうるのだから、住む場所全体で見守れるようにする仕組みが必要であるという考えの元ね。まあそこからの派生で、赤ちゃんやペット等も見守れる仕組みにもなっているという汎用タイプになって行ったわけですが。 まあこちらの詳しい話はまた別の回にでも。

 それでは本題タイトルの内容の方に移って行きますかね。 まずは小時事と同じく喫緊の報道である外国人労働者受け入れ拡大の法案を自民党与党がほぼ強行可決によって衆院突破させた事の話(衆院予選?)ですが、これに関して少し前に自民党の公式見解として問題がいくらでもあって、いくら話しても現状解決の目途が立たないから国会での話し合いは無視して強行可決するという感じで公言しましたね。 もうこれは国会を民主主義を否定して無視して与党の思うがままに基本的に全ての法案を押し通していく覚悟であるという事の表れですね。これで独裁ではないという事は無理がある状況ですね。最低限の国会の役割も無視する与党自民党は民主主義の日本に必要なのでしょうかね? 民主主義を否定し自分たちの欲望だけで突き進む独裁政党は必要ないのではないでしょうかね? そしてこれを問題だらけを認めて突き進もうというのは、明確に外国人労働者を使い潰す気満々で、外国人差別の表れであるとも言え、同時にそれらによって不利益を被るかもしれない日本人(主に低所得者)すらも殺してしまおうとする弱者皆殺し法案という事ですかね。人を助けずに人を殺す事しか考えられない独裁政党は世界の敵にもなっていく事でしょうね。なにせ移民希望者のような外国人労働者に対して不法な会社で強制労働させて、使い潰して皆殺しにしようとする裏が完全に見えている状況ですから、全世界に対して明確な敵対行為を示しているも同然ですからね。 この考え方は、戦争を引き起こしまくっていた第二次世界大戦時の日本と同じ思考の物であると見るべきですね。 これに関してトランプ氏も似たようなことしていたりしますが、さすが似た者同士の仲良しさんという辺りですか? 今度はトランプと組んで第三次世界大戦でも引き起こすつもりでしょうかね安倍総理は?集団的自衛権でのアメリカ支援の名の下に援護攻撃による他国攻撃支援をしまくって元の大日本帝国に戻そうという腹積もりでしょうかね? 現在までもアメリカからどんどん他国侵略用の攻撃兵器ばかり購入している安倍総理ですからね。防衛の為には他国を滅ぼす必要があるとか考えているのではないでしょうかね?
 外国人労働者の話に戻しますが、まあ日本の外国人労働者に対する悪評は既に世界に広まりつつある状況ですから、このままいけばほとんど誰も来ずに終わる可能性も非常に高いでしょうね。もしくは、今のアメリカの状況と同じように不法移民が大挙として押し寄せて、日本人を日本から追い出して日本を消滅させる動きに繋がる事になるのでは? もしくは日本でありながら、日本語は全面禁止の国にされて日本人が奴隷のように扱われる国になるとかね。 まあ言える事は、どれに関しても日本人や外国人を殺しまくろうと考えてこの政策を押し通そうとしているという事ですね。この法案はその隠れ蓑にしているだけですよ。 ヒトラーと同じように虐殺願望があるから無理やりにでも押し通そうと考えているのでは?
 だって、日本で人材不足が問題になるように仕向けていたのは紛れもない安倍総理の政策なのですからね。 年寄りばかりに優遇させて、保育所問題等を無視してくれば当然起きる問題であったはずの事なのですから、総理が前向きに日本で人材不足で困窮するようにと仕向けたとすればしっくりくるという事です。

 それで似たような状況のアメリカと不法移民のキャラバンとの戦いで軽い紛争状態になっている事に関してですけど、メキシコでも不満が高まっているように増えすぎる移民は問題にしかなりません。これを仮に受け入れたら、今後もどんどん押し寄せて、現状今でも職にありつく事が出来ず困窮しているアメリカ在中の人達がさらに増えて貧困状況が加速され、不満が高まってのテロが頻発する事になるでしょう。アメリカ在中の誰もが基本的に就職難になることなく、求職率も平均的に高い状況で人材不足の状態では無ければ、移民をその分受け入れても問題は起きずに更なる発展へと進める事が出来るでしょうが、そうではない状況では、アメリカの貧困率の増加に国の財政の圧迫に国民の不満の増加に繋がり、いらぬ対立やテロでの紛争状況が散発するようになる為、その状態では入れられないというのが基本であり、基本的にトランプ支持の人々はその貧困層が主になるので、基本的に移民や難民たちを大量に受け入れていたらまた自分達が貧困に落とされたりもっと酷い環境で生活しなければいけなくなるので、それを拒否する流れは当然の事であるでしょう。要は今の世界でも起きている観光客過多のキャパシティオーバーの状況という事ですよ。そうなると基本的に海外では受け入れ減少に動くわけで、その流れを否定する事は出来ないでしょう? 何せ観光客の多すぎ状況によって引き起こされているわけですからね。
 そしてキャラバンの彼らは犯罪者扱いは酷いとか言っていますが、無理やり不法侵入して、アメリカで幸せにしている人々から無理やり幸せを奪って貧困死に追いやるような事をするかもしれないその状況を見ても犯罪者ではないと言えるのでしょうかね? 自分たちさえ幸せになれるのであれば、アメリカ人達はいくら死んでもかまわないというのであれば、犯罪者や侵略者として見られてもおかしくはないと言えますがね。 そもそも基本的に移民だと、祖国を見捨ててきた人々という見方も見えますよね?自分たちで祖国を再興する事はせずに、ただ単に目先の欲と幸せを求めて他国にその幸せを求めて奪いに行く輩を受け入れてくれる善良な国はあまり多くないでしょう。これが明確な難民ならばまだしも、自己中心的に自分たちの幸せのみを追求して、実りある土地の果実だけを貪ろうとする行為は、それがその土地に無くなったらそこを捨てて別の実りの土地に行こうとするという事であり、単に楽をして略奪していく集団にしか見えない。 正常な移民であるならば、行く先を幸せにするという目的や発展させたいという目標などを目指すべき事であるはずである。それなのに、自分の利益や幸せだけを追求する移民はその富が無くなったら平気で国を捨てる薄情で残酷な寄生虫移民だという事でしょうね。 その行く国でしか成せない自分の目標や発展の形があってその国の発展などに繋げられる良い移民であるならば、それを断る方が悪いと言えるでしょうが、その国の甘い汁だけを吸う事が目的で、それが無くなったらポイ捨てするような寄生虫移民は排除する姿勢が正しいと私は見ますね。 そして今のアメリカに向かうキャラバンの移民の大半は甘い汁だけを根こそぎ吸おうとしている寄生虫型の移民たちです。少なくとも、報道記者に応える輩はそれが大半ですね。

 それで最後はゴーンショックの戦いですけど、現状世界では日産がクーデターでの裏切りを行なった悪い奴という見方も増えていますが、この問題を引き起こす原因となった悪の親玉は現フランス政府(マクロンでしたっけ?)にある事を分かっているのでしょうかね? 今回のゴーンショックの引き金は、日産が会長であったゴーン氏を裏切る形で司法に売り渡した事が騒動の発端のように言われていますが、それの引き金になった出来事は、ゴーン氏が自分の欲望の為に日産を消滅させようと動いていたからであって、さらにその動きにさせた張本人はフランス政府であるという事です。現在フランスのルノーはフランス政府の庇護化にあり、その発展はフランスの為になるとして盛り上げようとしているのですが、そこに今の連携関係にある日産を吸収して消滅させて日産ブランドを全てフランスのルノーの物にしようと企んで、そこにルノーの会長職の現役維持が欲しかったゴーン氏に取引を持ち掛けて、今まで守っていた日産をルノーに吸収して消滅させる代わりにルノーの会長職を引き延ばしてやるという約束をさせて、ゴーン氏が動いていたのだけど、その情報を事前に知った日産側が今まで共謀というか見て見ぬ振りをしていたゴーン氏の金銭関係の不正等を引き合いにして司法に売るという形によって、先に裏切ったゴーン氏を会長職から引きずり落として、日産を守ろうと動いたというわけでしょうね。もちろんそれによる騒動や日産への世界からのバッシングで日産が潰れるかもしれないという事は考慮に入れていたようですけど、このまま放置していたら、フランス政府とゴーン氏によってどのみち日産ブランドと日産はルノーに吸収されて完全消滅されてしまうので、道連れ覚悟で裏切ったという事でしょうね。 だからこそこの問題の全ての責任はゴーン氏や日産ではなく、フランス政府にあると見るべきです。フランス政府がルノーの発展だけを考えて日産を消滅吸収しようと行動を起こさずに今まで通りの連携関係で満足していれば、ゴーン氏は裏切られずにそのまま不正等も見過ごされて何事もなく連携状態維持で済んだでしょうに。
 この問題に関して、織田信長と明智光秀による裏切りに真似る話が出ていますが、現状だと、織田信長が親愛なる仲間にそそのかされて明智光秀を斬り殺そうと動いていて、それを事前に知った明智光秀がその前に討ちに行ったという感じですかね。 今まで仲良くしていても、そのままで殺されそうになったら自己防衛で先に殺しに行った形が今のゴーンショックの形という事でしょうかね。 それはゴーン氏から見れば日産の裏切りやクーデターかもしれませんが、同時に日産側から見てもゴーン氏は自分の欲とフランス政府にそそのかされた裏切者であり、先にクーデターを仕掛けようとしていた者という事になりますね。今回は日産側の行動が速かっただけで、逆になって問題になるケースもあったという事です。
 そしてこの問題においてフランス政府が日本側と戦争状態(経済)になるかもしれないという噂がありますが、日産が一方的に消滅させられるような状況になっても、日本側からの反発的な戦争状態へ移行する可能性が高かったでしょうし、フランス政府が売った戦争と見るべきですね。(自国第1主義の下) ゴーン氏を中心にして仲良く3連携で満足できていれば、今回の事にはならなかったのでしょうけど、フランスが一方的に自国の発展を優先して他を吸収消滅させようと画策してゴーン氏をそそのかしたから、ここまでの事態になったというわけですね。 だから、この問題の責任者というか真の悪の親玉はフランス政府にあると見るべきです。ゴーン氏は使われたにすぎませんね。まあ不正があったことも事実なのでしょうが、今までそれを日産は黙認していたわけですしねぇ? 許容の範囲内だったけども、日産消滅に動かれたら、そりゃ今までの許容も範囲外になりますわね。
 そしてこれからの動きとしては、日産とルノーの連携関係はどこまでを維持されるのか?という辺りでしょうね。依然フランス政府の野望強く日産消滅を図ろうとするのであれば、日産は株の買い増しで連携解消に動こうとするでしょうし、現状維持に戻すのであれば、もうしばらくは連携が維持されるのでしょうけどね。 でも1度裏切ろうとした事実は消す事が出来ないので、日産は生涯ルノーを信用する事が出来なくなるでしょうね。まあルノーというよりもフランス政府の現政権派でしょうけど。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 移民問題~終了~ゴーンショック
















 ルノーが日産を強制吸収する動きは、日本技術の強奪になりますから、その動きは日本国としても看過できないでしょうし、どちらにしてもフランスからの戦争行為に他ならないですね。仲良くしようとしつつ技術を中国みたく強奪しようと企んでいたわけですからね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第901回 危険 テロ&大混乱を非常にしやすい国 日本 !超危険地獄級! [授業]

 さて祝の後に続きましたるは久々の危険回ですが、今回は以前までのと比べて超ド級です。何せ日本においてこんなにも大規模テロを引き起こさせやすい身近な弱点を今回話すからですね。 本当に今回話す弱点を狙えば、非常に簡単に日本全国を混乱の坩堝で阿鼻叫喚の地獄絵図に切り替える事が出来るでしょうね。 世界のテロリストの皆さん?私と組みませんか?と言いたくなるほどの弱点が普通に存在しまくって、これを現段階のままで防ごうとしても100%以上不可避という日本が抱えるお国事情的なスーパーデンジャラスなウィークポイント(日本名 超危険な弱点)です。
 そして今回のこれを参考にすれば、皆さんも日本でテロが非常に行ない易くなるという物でもあるので、閲覧には重々注意してくださいね。まあ世界のテロリストがなぜ今まで日本を狙わなかったかと言えば、この弱点から来る狙おうと思えばいつでも日本沈没クラスのテロが行えるからだという事でしょうね。 これだから日本は平和ボケしすぎていざテロリストに狙われたら国家転覆の恐れがある国であるという事なのでしょうね? 狙うのは簡単すぎるから、逆に大きなイベント事があるまでは狙わない方が警備が緩くて楽だという認識なのでしょうかね? まあその辺の弱点に私も普通に大発見して、改めて日本での大規模テロのやり易さに納得してのこの公開です。 車でのテロや自爆テロ以上に効果的でやりやすい日本の風土上の弱点ですね。 ちなみにここで出すヒントとしては、度々自然災害で被害に遭っている事に関してです。

 それで時事の方も危険性というか見積もりに関して非常に甘い事に関しての注意喚起の話なのですが、大阪万博において日本においての開催費用が1250億円ぐらいの目算が出ているようですけど、前にも言った通りこの金額は非常に現段階であやふやな数字ですね。今の少子高齢化に関する問題や建設業の人材不足の問題等を考慮に入れてなく、また、現在でも開催予定地の整備が整えられていなく、埋め立て工事等が進められている途中である事や、長年計画自体が頓挫されていた地下鉄計画の事を再開しようとしている事まで計算式に入れると、現時点だけでも軽く2~3倍には膨れ上がるでしょうね。そして関空でも起きたような事故防止や警備の事まで含めて、さらに人工島という特性における自然災害対策での高潮や津波対策に地震の可能性による地盤沈下の恐れへの対策なども含めたら、普通に4~6倍くらいには膨れ上がってもおかしくはないでしょうね。そしてその費用負担を現在の体制で賄い切れるかと問われれば、かなり難しいと言えるでしょうから、やはり見通しが甘すぎるとしか言いようがないですね。 その件で昨日報道番組に出ていた橋本さんは現在の金額少し上で必ず出来ると豪語していましたが、地下鉄計画再起動の事は頭に入っていないようでしたね。あれだけで軽く500億円以上は行くと予想されるので、どうなる事でしょうかね?もし放置した場合はただの無駄な負の遺産にしかなり得ない場所でもある為に、判断が問われる所でもあるようですけど。 あと言いたいのは、予期されている南海トラフ大地震が万博までに来ないと良いでしょうかね? 来たらほぼ壊滅しそうですし。(人工島の特性上崩壊の可能性大。)

 それでは本題の方の超危険地獄級な話に移って参ります。 それで、日本で大規模テロが非常に行ない易いという話ですけども、現在日本の主なライフラインは整備や補修がやりやすいからと目に見える街中や道路や歩道のすぐ下に設置されていますね? その為、地震や台風に高潮や大雨の影響で度々甚大にも繋がる被害が多発して、その度にすぐに整備したりするの繰り返しで現状の問題を解決してこようとして来ませんでしたが、この自然災害に弱いとする問題は同時に人為的なテロでも狙い易い大混乱ポイントに使えるという事です。 わざわざ警備の硬い発電所や人が集まりやすい場所を狙うよりも街中の至る所に張り巡らされたライフライン網を優先的に狙うようにすれば、容易く大規模テロへと発展させる事が出来るようになるでしょうね。
 この大規模テロの形で分かり易いのは、北海道などでも発生した大停電が分かり易く、発電所を狙うよりも街中の至る所に張り巡らされた電柱から伸びる電線を片っ端から切り落としまくって行けば、それで引き起こされる大停電からの交通マヒによる多重事故の発生に各種会社への経済的な大損失が狙え、さらに各個人への大混乱(エレベーターパニックや自動ドア絡みなど)も同時に狙いつつ切れた電線の近くに発火物質を用意しておけば、同時にあちこちで発生する火災現象でさらなる大混乱とあわよくば大火災まであちこちで巻き起こす事が出来るでしょう。 警備のしようがない街中での突然の大停電とあちこちで火を噴く火災現象の連続発生により、街中は普通に大混乱の坩堝へと落とし込まれる事でしょうね。 それは電気のライフラインが非常に狙い易い地上の上にあるから故の大弱点と言えるでしょうね。 さらについでに、切れた電線から大量の水を撒くような形にすれば、そこから繋がる感電死の水の流出現象へと発展して、さらに逃げ場のない混乱状況へと発展させられる事になるでしょう。 そしてこれらの実現に関しては、絶縁装備で直接切っていく方法やブーメランに刃を仕込んで適当に投擲したり、ナイフ等の短剣等を射出できる銃や強力な弓矢などがあれば、比較的誰でも起こす事が出来る大規模テロの道具となりうる。 要はある程度の切断力さえあれば、電柱の電線を切って行けば良いだけのお手軽大規模テロに出来るので、簡単に事が行えるという物である。 まあその他には、電柱に即席の爆発物仕込んで根元から倒して行きつつ同様の効果を狙う方法も出来るし、切れた電線を直接通行人に向けて狙ったり、車等に狙ってもかなりの効果を発揮させる事が出来る。 場所は日本中そこら辺にある物であるので、警備のしようがなく、防ぐ事は不可能であるという事になる。 これをオリンピックや万博開催地から少し離れた所からやり始めれば、それだけでも大混乱の超絶大規模テロに発展させられるようになる。何せこのテロは防ぐ事がほぼ不可能ですからね。無電柱化による対策を行なわない限りは。

 そしてお次は地下のライフラインの話もしますが、こちらも電気の電線系統と内容はほぼ同じです。地下のライフラインとは言っても、地下深くではなく補修工事のしやすさの面を取って浅い場所にガスや電話線に水道等のライフラインが複数通っていますけども、こちらに対してはアスファルトを破壊する系の爆発物をそこら辺で爆発させたり、地下掘削用の小型ドリルを小型射出武器で持って射出攻撃しまくる形にすれば、簡単に地下ライフラインを破壊して周囲に大被害を与える大規模テロへと発展させられるようになるでしょう。また、地下のみならず関空やらの橋にもライフラインが通っている事が多いので、橋の爆破を狙っても良いのですが、それよりも水中に潜ってからのライフラインだけを狙い撃ちにする形でも同様の大規模テロへと発展させられるでしょうね。 それによるガス管ぶっ壊しての大爆発大火災大炎上やら水道管破壊しての水没状況に水が出ない事による大パニックは相当な被害になる事は自然災害でも痛烈に体感している事であり、それがオリンピックや万博の際に引き起こされた時の被害は超絶規模のテロとなりうるでしょうね。

 また、その他にも電気関連の鉄道網でも大体の鉄道関連は線路の上の方に無数の電線がございますよね?あれを全部叩き切られまくったら、電車の交通網はどうなるでしょうかね?それを各区間どころではなく至る所で行なわれれば、大停電合わせて大交通マヒ状態へと発展する事になるでしょうね。 その他線路も剥き出し状態が数多いので、何かしらの異物を投げ込みまくっても大脱線や急停止による交通マヒやらが普通に狙える状況となるでしょうね。そしてその脱線をホームに帰ってくる所で行なうと、ホームに突っ込む圧倒的な暴力の嵐で大被害炸裂になる大規模テロに成り得るでしょうね。
 そして飛行機類の滑走路に対しては、直接忍び込む必要は無く、あれだけ広いのですから大砲や投擲機などによって放物線を描く爆弾や大岩を降らせれば、簡単に滑走路の破壊や妨害に飛行機への大規模被害を発生させる大規模テロへと発展させられるでしょうね。

 あとはこれらの行動実行をドローンで行なうという事も出来るでしょうし、本当に日本では大規模テロが非常に行ない易い国であると言えるでしょうね。 何せ簡単に大規模テロへと発展させられる弱点が街中の至る所に点在している国ですからね。 そこは日本にとって何気ない普通の場所でしょうが、テロを行なおうとする犯罪者心理の視点から見れば、どこも非常に魅力的な大規模テロの発生源となるわけですね。 それは発電所や重要機関に人が集まる警備の堅い所ではなく、普通の街中で警備のしようがない場所に点在しているからこそテロとして非常にやりやすく大規模テロとしての効果も非常に高めやすい日本の弱点と言えるのです。
 だって重要な場所だけ守って、普通の住民が過ごす場所での凶悪な大規模テロが繰り返される状況を無視してオリンピックや万博を続けるなんて真似できませんでしょうからね? そんなことを無視して進めば国の威信は全部丸つぶれになるし、仮に警備をその被害地区などに向けた場合、今度は重要区周辺の警備がその分少なくなり、狙われやすくなるという事になるから、さらなる多重連続大規模テロの引き金にもなってしまう可能性が出てきてしまいますからね。 もうその状況になってからでは、阿鼻叫喚の地獄絵図で埋め尽くされる事になる戦後の壊滅状況以上の地獄を見る事になるでしょうね。 そしてその状況で逃げ惑う人が溢れかえって大パニックになる事でもさらなる被害を乗算的に生み出していく事になるので、最悪正常な場所が見つからないほどの大混乱の坩堝へと発展していくでしょうね。

 まあこれらの防ぐ為の対処法はあるのですが、これから迎える日本の重大イベントには到底間に合わないでしょうから、こうなるテロが起こらない事を祈りながら過ごすしかないのでは? 今までこの問題を放置してきた報いが今祟るだけですから。
 オリンピックや万博で喜び勇むバカ共たちへの多大な冷や水含めた危険勧告ですよ。 この現状を国に伝えたら、国は動けるのでしょうかね? まあ99%動かないで大規模テロを甘んじて受けつつ日本の世界的安全神話を崩壊させるようになるだけですかね?
 日本では大規模テロを引き起こそうと思えば非常に簡単に出来るのですよ? それは、街中にありふれたライフラインを狙う事によってね。 別に重要施設や人が集まる場所を狙わずとも大規模テロの大被害大混乱を引き起こさせる日本の弱点は普通に存在するわけですからね。 その弱点を曝け出しているのに平和とか、平和ボケもここに極まっていますね。 私1人でも普通に大規模テロが簡単に行なえそうな無防備体制ですからね。ここまでテロがやりやすい国はそうそうないのでは? 守る必要がある物を守ろうとしない国ですからね。だからテロリストたちはいつでも日本沈没クラスの大規模テロが出来るからと基本狙わないのでしょうね。今後国際的な催しがある時までそれが狙われないとは限りませんが。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 大規模テロ~終了~日本の弱点
















 ちなみに、対策というのは今までに既に話していて、地下深くに地下道の近くにライフラインをまとめて守るという方法ですね。これなら、地上で野放し状態や地下浅い状態での狙われ被害を防ぐ事が出来ますから、今までよりも非常に守るを強く固める事が出来るようになります。 まあここを突破されたら全部危険になりますが、それは地上での重要施設や人が集まる場所でも似たような事になるので、安全性は全然違うでしょう。 少なくとも空中剥き出しの電線類は全部地下に埋めるなり別の形に変換するなりする方が良いでしょうね。 じゃないと大規模テロが非常に狙い易いだけなのでね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第900回祝 新しい家の体系 AI機能搭載の家(又は部屋) [建築]

 さて長い事続けて来ましてようやく900回目です。(正確には回数違うのですが。前に少し(0.5)があったのでね。) まあなんにせよ数えで900回目達成です。そして次は大台の4桁に行く事になりますかね。それまでも気概変わらずのんびり参っていく所存です。
 そして今回の話は、900回目にはある意味ふさわしい新しい家の形の概念的な新体系に関しての話の基本部分です。 この家に対してもAIを搭載させて管理できるようにする事で、家での暮らしの充実性やトラブル対策などに大いに役立てていく事が出来るようになるでしょう。 それは仕組みとして、戸建ての場合での家やマンション等での部屋単位において1つごとに個別の管理システムまたは警備システムが常に常駐管理して守ってくれるような仕組みに出来るからという事です。それは家や部屋全体を管理して内外問わず便利な対応や危険への備えや内部でのトラブルなどにも瞬時に自動対応させる事が出来るようになるという事で、この仕組みシステムは普通に生活する用だけでなく、子供の安全を統括的に見守るシステムから高齢者への対応用に介護のシステムにおいてまで幅広く様々な分野に対応させられるようになります。ついでに、会社等においての人よりも早いサポートシステムの導入にまで到達させる事が出来るようになるでしょう。 インターネット環境の充実発展とAIの状況の構築が普及してきている次の段階のシステムとして、住宅住居ごとの個別AIサポートシステムの導入へと舵を切っていくと良いでしょう。 こちらならば、基本システム系での導入は割かし早く進めていく事が出来るようになるでしょう。

 それで本日の時事は特にありませんね。たかじんも歴史と映画系統で話していましたが特にコメントするようなことは無く、他は基本的に大阪万博やゴーンショックの話ばかりですからね。 そしてどちらも問題として挙げられているのはお金問題と、金銭関連の話ばかりですね。オリンピックでさえ金額が膨れ上がっているというのに、万博の初期費用計算は見込み甘すぎのような気が… これからさらに人材不足と建築会社不足等で費用負担が上昇して行きそうな未来丸わかりな状況ですから、こちらも終わって見れば赤字で終わる負の遺産直行コースになるやもしれませんね。 それで万博の方で新技術公開の方では私の考えと似た形の物がいくつか散見していますね。ウェアラブルを基本とした新デバイス構想や道路を走るだけで電気自動車が自動充電されていくシステムに関してですね。 やはり私は時代の先取り系のアイデアが多いという事でしょうかね? まあどちらもまだまだな点が多いですけどね。 ネックレス型新デバイスはスマホの本体をホログラム系で手のひらに表示させるという形を取るようですが、そこまでしても面倒な手間を取る羽目にしたいのでしょうかね?そしてその形式だと、結局携帯機能は別に必要となるので、デバイスの二刀流での面倒が増えるだけのような気が。(スタイルと危険が増えても良いなら統合型も出来るでしょうが、現実採用はされないでしょうね。) そして自動充電の方も機能効果としては十分魅力的で良さそうなアイデアとして見られますが、それを満足に供給できる十分な電力供給体制が必要となってくるので、現状の発電形態体制で果たしてそこまでの供給能力を上げる事は出来るのか?という問題が残されるでしょうね。 毎時電気供給量が今の最低倍以上になる事は普通に想定される範囲内(都道府県や市町村単位から見ても。)ですからね。

 さてそれでは本題の方に基本部分として軽く解説していきたいと思います。
 このAI機能搭載の家というのは、AIスピーカーの様に自動ネット接続での機能や会話機能の他にIoT接続の家電とのリンクシステムでの使える形と似ているのですが、家の方ではインターネットの広い接続だけに頼らず、外部と家のネットワークを分けて活用出来るようにして、統括的な形において直接接続も出来る形においての家を守る守護者のような役割にさせます。 つまりAI搭載型になった家が、家の様々な機能と接続してその家に住む人を守るように自立行動させるというシステムですね。
 そしてその為には家の建設段階から基本システムを組み込むタイプか後付けで内部の壁に沿ったりする形で取り付ける形にして、基本的に家の部屋ごとのフロアなどをくまなくAIが認知できるようにさせます。 その際に確認用でカメラを用いても良いのですが、外部ネットワークと繋いだ状態でのジャックされての映像や音声の流失による問題を防ぐ為に、サーモグラフィー形式での人の状態をAIが認識して確認できるだけの形にしても良いでしょう。 まあ基本的には家のネットセキュリティを住んでいる人が使う場合やAIの判断で必要な時だけ繋ぐ形にして、それ以外は基本的に家の内ネットワークでのみ接続される形にすれば、ネットを介するジャック系の問題に発展する可能性はかなり低くする事が出来るでしょうけど。 そして居住者の携帯等からの命令を聞く際は外部受付の機器を使って、そこから本人確認をする形で、そこが承認されてから直接内ネットワークに指示を出す形式にするという形にすればよいでしょう。外部受付の機器はそれを受信して確認して指示を出したり情報を発信させる為に常時ネットには接続する形になりますけどね。 そして家のネットワークのAIの方は常識の範囲内でその命令を聞くという形の使い方にすれば、変な内容でのおかしなことを防いで行くように出来るでしょう。

 そして家の各システムとリンク出来るようになっての便利な点はスピーカー以上の機能で、直接家の各機能に接続する事も考えれば、家の防犯システム等をAIが常時確認して対応させる事や扉の開け閉めや鍵を掛けたりするのも自動対応させていけるようになります。ついでに小さな事ではありますが、人がいるフロアをくまなく認識させる基本システムにより、電気のONOFFを自動でAIが出来るようになり、人の移動に合わせて自動で全部行なっていけるようになるでしょう。あとはスピーカーと大きく違う所で言えば、基本的にこのシステムはどこかに本体を置くタイプではなく、家に付けて壁等から住む人たちの状況を常時確認認識できるようにするシステムになるので、どこの場においても会話する事が可能になり、身体の状況の確認等も常に行ってくれるようになるので、急な病気等の対応も自動で対応してくれるようになりますし、予定やその住む地域におけるルール等の記憶から状況に応じての解説まで任せて対応できるようになるでしょう。

 これ以降は基本的に各種家電機器や機能等との連携要素になってきて、今後詳しく解説していく予定ですが、こちらも軽く紹介していくと、固定電話と回線込みで直接繋いで、電話内容に合わせてアドバイスをしたり、本人が受け取る前にAIで初期対応をしておいて、犯罪やトラブルの被害から自動で回避させるなどの警護をする事にも使えるでしょうし、電話相手の情報や要件などを先に聞いて会話しやすくさせるといった事も可能になるでしょう。その他防犯システムとのリンクにおいて、外の防犯カメラとのリンクから近付いてきた場合の自動対応や家のAIに合わせた形のロボットを使う形での被害の防止から侵入防止に役立たせたりも可能になるでしょう。洗濯物の窃盗防止に目を光らせたり、空き巣を自動的に防ぐや撃退して捕まえて警察に自動引き渡しにまでさせる所まで出来れば、家の安全性はかなり高められるでしょう。 また、玄関のインターホンにカメラを設置する形での相手の確認をAIが顔認証能力みたいな所で発揮させれば、変装している怪しい人物かどうかを識別判断させて対応させられるようにも出来るでしょうし、個人郵便ポストとリンク&内容物受け取りをポストから家まで運べるようにして自動判別させたりする事に、大きな荷物等もAIが判別して必要な行動において自動受け取りをするという形にして、宅配BOXの形から外部から窓への輸送や通路移動用のロボットを使っての玄関扉からの荷物移動まで家のAIが自動判別して対応させる所まで行なう事も出来るようになるでしょう。 その他子供の危険除去の形を自動で行なう形やある程度のベビーシッター的な所まで行なわせる事も可能になるでしょうね。そしてもちろん介護に関しても。 まあこれらの詳しい話はまた別の回で話す予定ですけどね。

 まあなんにせよこの話の基本というのは、パソコンで言う所の本体ソフトウェアですね。 その家単体の基本機能に他の機器や設備の機能もリンクさせる形にして、家(部屋)を中心としていろんな仕組みをより便利に機能させられるように出来るというお話です。 ちなみに内部の方でカメラを使う形にすると、家の備品等のストック状況で何が無いのか等をAIの家が教えてくれるようにも出来るでしょう。(そしてそれを携帯デバイスに送ったりとか。)


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 AI~終了~家
















 さて実はセキュリティというかネットワーク関連ではまだ話す内容があったのですが、今回は軽く全体的な事を話すという事で省いた内容を、次の解説で詳しく説明して行こうと思います。(意外と長いので。独自セキュリティ対策関連まで含めるとね。) END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第899回 自動車&自転車の自動大交通安全システム~警察不要の取り締まり制度~ [犯罪対策]

 さて長い事引っ張ってきた自動車自転車での隠れ犯罪が出来なくなり、ついでにこれ関係の窃盗における問題すらも瞬時に解決出来るような交通システムの紹介です。 これでいちいち警察のチェックでの安全意識を高めさせる必要は無くなります。(まあ基本的運転以外の事では必要なのですがね。) 要はスピード違反に危険運転からあおり運転に信号無視や駐停車や一時停止等々の車の行動に関する基本的な所の管理が車や自転車と交通において必要な設備によって自動でチェックされていく体制になるので、必然的に交通ルールを守る必要性が出たり機械アシストによって自動補正を掛けられるように出来るシステムになるという事です。それによって主に今まで起きていた事件事故の発生確率を大幅に下げる仕組みにする事が可能です。あとは今まで見逃されてきた傲慢な運転が逐一チェックされていくようになるので、あおり運転やら危険運転へと発展する確率を引き下げていく動きにも繋げていけるようになります。 これらは何事も小さな積み重ねの小犯罪がいずれは大きな犯罪の動きになっていく物ですからね。これぐらいは許されるがだんだん大きくなっていけば、危険運転やあおり運転に発展しやすくなるからという事です。 ちなみにこれの仕組みや整備はかなり簡単で、あまり大掛かりなシステムを組む必要も無いですね。まあ対応用の整備は全国各地に隅々としていく必要はあるでしょうけど、道路交通整備の流れから普通に行なえる程度なので、そこまで追加の費用も掛かりませんからね。 まあ掛かるとしたら主に信号機とのリンクシステムの辺りと車や自転車に付けるメインシステムの辺りでしょうかね。

 それで軽めの時事に移りますが、大阪万博開催決定したそうですね。まあ私としてはロシアに決まらなければどっちでも良かったので、まあよかったですねという感じですね。(ロシアだとそれを好機にまた野心全開で世界に恐怖を与えるような行動にしかねない危険がありましたからね。) それでも大阪万博でもまだ油断は出来ないでしょうね。カジノとの問題はまだ残っているし、それでまた負の遺産に逆戻りになる可能性は否めないし、あとあそこは関空と同じように人工島という事ですから、これからの地盤沈下や高潮や津波によって大被害が発生する可能性も秘めている事ですから、その辺りの危険性もきちんと考慮に入れる事が出来なければ、開催すらままならなくなるのではないでしょうかね? ああでも、カジノタワー辺りがピサの斜塔みたくなったらそれはそれで名物になるのでしょうかね?(ちなみに本家の方は、復旧によって倒壊の危険性がしばらく遠のいて無事になったようです。)

 そして報道特集は予想通りのゴーンショックとISに支配されていた町の今を伝える内容でしたけど、ゴーンはどうでも良いとして、ISの方は結局テロリストの悲惨な状況と守れるだけの力がなければ何も平和を守る事が出来ずに殺されたり性暴力に晒されてしまうという事を物語っているような感じでしたね。武器を持たなければ平和に出来ると語る人は多いですが、現実では多くの人達が守れるだけの武力を持たないが為に一方的な差別や暴力で虐殺されている現状ばかりの惨状です。 これでもまだ守る力すらも放棄する事が平和に繋がると思えるのでしょうかね? 何に対してもこの世界で生き残れるだけの最低限の守りの力は必要だという事ですよ。今の社会を生き残るのにも力が無いと生きて行けない社会ですしね。 どこかのキリスト教のバカはインドの原住民族に対して強制布教をしに行って殺されたようですし、ある程度の守りの力も持たなければ殺されるだけなのですよ。 というかあの場合は、持っていく物は餌で釣ろうというのではなく、原住民たちと同じように手製の武器で対等に渡り合えるだけの武力で持って戦いながら語り合う方法で仲良くなるというのが正しい道だったのでしょうけど、キリストの神様はその正しい道を教えてくれなかったのでしょうかね? 一部の戦闘民族は己の力を示す事で互いに信頼の形を交わせる場合がありますからね。ただ笑顔でエサ持って突撃しても、相手から見れば毒殺しようと突っ込んでくる馬鹿にしか見えないでしょうからね。 それぐらいの基本的な知識もキリスト教信者は知らないのでしょうかね? キリスト教の信じる平和の教えと原住民の知る平和の教えは最初から違うというのに、キリスト教を強制しようと相手の事を考えないからこのような事になるのですよ。今のキリスト信者には、相手の事を思いやる心が足りない。(アメリカのプレジデントにもそっくり当てはまりますがね。(笑))

 そして交通システムの本題に移って行きますが、仕組みは本当に簡単なんですよね。以前に話した信号機と車のリンクシステムがありますよね?信号機の色によって車のエンジンの掛かり具合を車自体で抑制させるシステムです。これによって信号無視や無理な突撃を封じさせる仕組みに出来るのですが、これに加えて自動運転での白線システム等を普通に加えながら道路交通標識等にも同様の仕組みを施していく形で、道路交通に関わる全ての物に何らかの車や自転車とのリンクが出来る仕組みを整えさせると、基本的な自動車や自転車の交通マナー等を機械制御で守らせていく事が出来るようになります。これは自動運転技術への応用だけでなく、普通の人が運転する車においても基本システムとして組ませて、補助サポートを目的としてAIの必要性無く整備を整えて安全運転を守らせる事が出来るようになります。 ただしすべての安全を守るサポートが出来る車にしようとするとそれだけの費用がかさむ状況になるので、金銭面で普及させる事が難しい状況になりがちなので、基本的な取っ掛かりの始めとしては、各種交通違反を記録して運転者に警告として表示&後の罰金として支払わせるシステムを初期無料で配布&購入時に付ける事が出来るようにして、一定の期間ごとに料金が上がっていく仕組みにして、最後の装着義務の所だと結構な金額を出さないと車を運転すらできなくさせる仕組みにすると、必然的に運転者全員が付けるようになるでしょう。
 そしてこのシステムを組んで義務化させた後は、そのシステムの簡易版以上を付けていないと公道運転時の監視網においてシステムを付けているかどうかのチェックを行い、付けていなければ問答無用で安全運転義務違反で逮捕又は一時車の没収&チェックがされる仕組みにすると、ルール無視の犯罪者の車に盗難車の確認がすぐに識別できるようになり、それらの取り締まり強化に役立てられる形から、付けていたとしても盗難車の行方がすぐに掴めるようになるという点から、日本国内においての盗難被害の件数を下げる事が出来ます。(動かさないまま海外に持ち運ばれるのは防げませんが。) あとついでに犯罪を犯した車の行方を見つけるのにも役立てられますし、その他交通渋滞の状況や事故などで動けなくなった場合の状況確認等にも使えるようになります。
それでこの仕組みは自転車の方にも同様に取り付けさせて、装置の起動条件を自転車の移動回転にさせて、それによるエネルギーの補給も加えれば、盗難されてもすぐに見つけられるようになるし、装置を外したら義務違反で捕まるか要確認される事になるのなら、どちらにしても逃げ道はほとんど無くなります。それによる有効性は無くなりますし、そしてどちらにおいてもこのシステムの特性において駐車禁止の場所に置いて放置したりしても何時間放置しているのかもシステムですぐに確認出来るようになるし、そもそも置いた事もシステムで認知される事になるので、気軽に出来なくなります。

 あとは道路標識とのリンクシステムによって簡易版では道路交通違反時でのチェックは自動で加算されていくようになり、本格版ではそもそもの段階で機械の自動サポートが働くようになるので安全運転をする事になります。 それは普通見逃しがちな小さなことから普通の人はあまり覚えきれない交通ルールの事まで逐一システムで自動的に判別して記録したりサポートしたりするようになるので、簡易版では安全運転をより心がけるようになるでしょうし、本格版では度々サポートが働いて安全運転にされるようになるでしょう。 これを鬱陶しいとか煩わしいとか思われる人もいるでしょうが、それは安全運転を反故にする精神であり、その積み重ねが事件事故の元となり、危険運転やあおり運転に繋がっていると言えます。それにどうせ自動運転技術が本格導入されていくと、その安全運転が機械の普通になるわけですから、人間が機械に完全に劣るような状況にはしたくないでしょう? それに安全運転を心がけるようにすれば他は割かし好きに運転しても良いように出来て、足りない部分は機械の自動補助が成されるシステムになるわけですから、むしろ好きなように安全運転の範囲で出来るようになるという意味では、運転しやすくなるのではないでしょうかね? AIサポートの様に口うるさくされるような可能性はないわけですし。このシステムはあくまで道路交通ルールに基づいて機械が自動的に作動して働く補助機能となりますからね。(車の本格版のみ。車の簡易版や自転車は除く。(というか自転車はそもそも簡易版のみ))

 そしてシステムでは、車の登録と運転免許証の登録とで自動車が起動できるようにして、違反点数が上限を超えたら、車の場合は自動的に路肩などに自動停車させて警察を呼ぶ形にして、自転車の方は単純に安全違反での点数に応じた罰金支払いの形にします。
 それに関して自動車の方は運転免許証でのカギの1つにする義務化をさせると、無免許運転を防いだり、盗難時の登録一時停止で動かなくさせたり位置の即時特定に役立てたり、反則の類型をカウントしやすくなったり出来るでしょうね。 特に無免許運転や盗難車を犯罪に使用させない仕組みとしては非常に効果を発揮させる事が出来るシステムとなります。(ついでに免許証忘れ対策としても使えます。)

 そしてこれらのシステムの本格版を車の事故や犯罪を犯した人には再度免許使用時に強制で付けるようにさせて、同じような事が出来ないようにさせながら同時に一定程度の監視にも機能させられるようにすると、犯罪や事故の抑止に機能させられるようになるでしょう。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 交通安全システム~終了~信号機や道路標識等と車のリンクシステム
















 これの普及方法は、手始めに各種信号機に車等の確認と信号機の色に対応する仕組みの信号を発信できるようにさせて、それを受信する事が出来るメインシステムを車などに付けて普及させていく所から始めて、徐々に道路交通整備の再補強がてら道路交通標識や白線等に追加や再設置系で発信用の仕組みを付けていき、あとはそこを通るシステムを付けた車等が自動受信して確認をするという形にすれば、様々なその場所での道路情報を得る事が出来るようになります。それを運転者に見やすいように表示させたり機械が自動判別してサポートさせるのかは簡易版や本格版の精度によって変えるとして、それの簡易版を初期は無料で、本格版はかなり格安で付けられるようにして、徐々に義務の期間に近付くごとに金額を釣り上げていきます。 付ければ安全運転を心掛ける必要が出て来る代わりに、付けなければ最初はそのままでいいが後々の金額が高くなっていくというジレンマを用意させる事によって、早期のシステム設置を呼び掛ける形での普及&義務化に持って行く流れにすると良いでしょう。 そしてこの流れが全国隅々まで普及出来れば、車の自動運転化での安全運転にも役立てられるようになりますし、同時に運転者が操縦する方でも事件事故の発生確率をかなり引き下げられるようになるので、道路交通の安全が確保されていく仕組みに出来るでしょう。 ついでに本格版サポート体制だと、蛇行運転や過度や急激なスピードの変更等にもサポートさせて予防させる事に出来るので、居眠り運転での補助や飲酒運転の補助にあおり運転の防止にも役立てられるようになるでしょう。 道路標識や白線でのスピード調整とはみ出し防止機能に、車同士に付けての車間自動調節などの機能を付けられれば、これらを事前に防いで事故などを発生させ無くする事が出来るでしょう。(高速道路での車線内急激なブレーキの制限とか 路肩よりするまでは掛け辛い形に。) END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第898回 政治系時事雑記 「還元5%・五輪大臣と野党・大阪万博」 [授業]

 さて今回は政治系の時事雑記で参ります。大体が現在の目玉の内容ばかりですね。 まあ大阪万博に関しては、私の今いる場所が大阪だからという盛り上がりのようなのですが、私自身はそれほど興味ありません。ついでに大阪都構想自体にも未だあまり興味ありませんね。どちらに関しても私が今いる場所にはあまり響いていませんからね。民間浸透率が低くて上が騒いでいるだけの政策に何の興味を抱きますでしょうかね?

 という感じで続け様に大阪万博系からタイトル逆順に話をしていきますけども、万博に関してはカジノとも複合的な話になっている噂もあり、いつもの政治の汚いやり方を自民党に習って大阪も実行しているのだとしたら、すごく残念な感じの元大阪府と市の長を務めた橋本さんに泥を塗るような行為にも見えますね。いや日産よろしく裏切りですかね? とまあそんな感じで、大阪市民の感情的にも万博は良いけど、カジノは反対という人も結構多くて、行政と市民の心の乖離はこちらでも通常営業という感じですね。何の為の改革なのか?市民を無視して進める改革に何の意味があるのか?という感じですね。そこに住む地元住民を無視する行為はただの一方的な価値観の押し付けであり、悪政独裁者達が良くやる事と同じです。それは大阪都構想でも同じように言えて、市民と向き合わずに説明もあまりせずに突き進んでいる感が強いから前回失敗したというのに、また同じ轍で失敗に進むつもりでしょうかね? 前回の失敗から何も経験を得られないバカ共に政治をやる資格はどこにも無いでしょうに。 行政をやるにおいていつまでも上から目線では何も始められないという事ですよ。現在の府知事と市長が当選したのは、大阪都構想の話というよりも他にましな候補がいなかった事と、カリスマ橋本さんの影響が強かったからではないのでしょうかね? 要は親の七光り的な感じ? それで勘違いして進んでいるとか正しくそれに該当しますしね。
 カジノも目先の利益重視で市民性の事を考えずに突き進もう(アメリカのトランプと似たような傾向)としているし、万博に関しても以前に失敗して大無駄になった土地を使おうという感じでいるようですし、それを大阪全体で未だに盛り上げ切れていないどころか、カジノと無理やり組み合わせようとして、それ相応の反発も巻き起こっているようですから、どこまでも上から目線で物事を進ませようとしている感が否めなく、今どきの腐れ政治家らしい道を邁進していますね。 まあ橋本さんはカリスマ性はあったものの無鉄砲に突き進む猪武者な感じがあったという所ですか。 そして今は、カリスマ性はなく、悪い部分だけが残った出涸らし状態ですかね?

 それではお次の五輪大臣&サイバーセキュリティ担当大臣と野党の幼稚なお遊戯会の話に移って行きますけど、いつまで続ける気でしょうかね?あの知性のとても低いお遊戯会のような答弁は? あれを国会の場でやる与野党ともに知性が低すぎるとしか言いようがありませんね。あれでは双方ともにバカにされても反論のしようがないのではないでしょうかね?与党に関してはほったらかしでの身代りの盾という国会を侮辱する行為を続けて、野党は知性の欠片も無い幼稚な質問ばかりで時間を無駄にする事しか頭にないとか、全員政治家から引退してもう1度幼稚園入学からやり直した方が良いのではないでしょうかね? 野党の大臣を小バカにするような質問は国会の場でいつまでも続けるのは意味が無いというか時間の無駄という事です。それだから自分たちの支持率が増えないのですよ。もっと突っ込んだ五輪関係やサイバーセキュリティの深い話を質問に盛り込んで論議すべき筈なのですが、現野党陣営にはそこまでの知識が無いという表れなのでしょうかね?そうなると、今責められている五輪担当大臣と本質的な知識量ではそう大差ないおバカという事になるのでしょうかね? 弱点少し見つけたからその浅い領域において小突く事しかできないなんて政治家として失格ですね。そんなことは普通の意地の悪い人でも普通に出来るのですから、もっと政治家らしい論議の質問が出来なければ、野党としての存在意義は無いですし、政府政権にいいようにあしらわれるだけという事ですよ。 サイバーセキュリティ関連だったら、基本的な所の深い突っ込みだとしたら、代表的な各種ウイルスとその対策に関してどのような基本方針で対処して行くのかぐらいを質問するべきでは?ウイルスごとに対処の仕方や対策方法は変わってきますし、それが対象の物によっても対応は変えて行かなければいけないですからね。サーバー自体のセキュリティ関連や末端から入らせないようにさせる仕組みに現在進んでいるIot関連の対策も必要になってきますからね。(似たようなテロは、今年の名探偵コナンの映画でも使われていましたしね。家電製品を間接的にネットを介して爆破させるという方法がね。)
 ちなみにサイバー関連は私だと普通の人よりも少し詳しい程度ですね。ただし、画期的な対策方法に関してはいくつかアイデアはありますけどね。 簡単な方法で行くのなら、不正アクセス系を仕掛けられそうな所に予め地雷的なウイルスプログラムを仕掛けて、そのアクセスが情報を入手するデータに偽装して乗っかる形にして、逆にウイルス起動をするプログラムを作れれば、防衛攻撃プログラムとして機能させられて、相手の不正アクセスの邪魔と時間稼ぎぐらいには使えるのではないでしょうかね? 仕掛けられてきたデータに偽装する方法ならば、プロのハッカー相手でも初手は効く可能性があるでしょうしね。そして断続的に複製進化させた防衛攻撃プログラムを随時相手が戻り受け取るデータに乗っかる形にして送り込み続ければ、相当な嫌がらせ程度には使えるでしょう。それで不正アクセスの進行速度を鈍らせるという感じでね。(場合によってはそれだけで相手を倒す事も可能?) まあ基本的に深く詳しいわけじゃないので、簡単な所の話ですけどね。いくら高く強固な壁だとしても、いつかは打ち破られるのならば、攻撃してきた相手の出戻り情報に乗っかる形の地雷を続々投入させたら、相当な嫌がらせに出来るでしょうというアイデアですよ。 不正アクセスで第1関門突破で喜んでいる最中にウイルスがそこから「ヤッホー」と雪崩れ込んで来たら相当嫌な感じでしょ? まあそれに際する正当プログラムでの対処の仕方もより複雑になるのだけど。

 それで最後は、何やらキャッシュレス決済の還元率をオリンピックまで一時的に5%にしようと検討している動きが政府であるという報道ですけど、増税での税収入増加をする気あるのでしょうかね? そしてここまで来るともう低所得者対策というよりもお金持ち優遇政策でしかなくなってきているような状況ですね。 低所得者対策と言いつつ、キャッシュレス決済が必要な仕組みというのは矛盾している仕組みであり、中小店舗では導入が現在難しい状況を知らないのか?という状況でその対策も放置して、基本的にそれなりの経済力がなければクレジットやその他キャッシュレスが使えない状況であるからして、低所得者よりもクレジット普及率の中所得者以上向けの対策である事は明らかであると言えるでしょうね。要は経済の中心であり貧困層を切り捨てる傲慢な政策だという事でしょう。そしてお金持ちたちを助ける為の政策であると言えて、やはり安倍政権は庶民の敵でしかないという状況ですね。 そして政策は5%にすると決めているのに、それに対応させる為の費用は出さないというのは、端から低所得者層は無視して、経済力のある会社にのみ力を貸すような経済を破壊しようとする政策であると言えるでしょうね。これでは細々とした個人経営店が被害を被るだけでしょうね。 そしてそこに行く低所得者達をも被害を被るだけにする政策という事です。 本気で低所得者対策にするというのなら、せめて導入に関して大幅に資金援助や補助金をする必要があるでしょうね。私のやり方のように。
 そしてポイント還元がキャッシュレス限定で、主にクレジットカードというのも酷い仕組みですよね。子供や老人に地方はその恩恵にあずかれない事が多いし、低所得者層も契約の段階で弾かれる可能性が高いので、使いたくても使えない人が多い所に低所得者対策だとかふざけた政策はね。 それにクレジット以外のキャッシュレス決済に関しても、使える所と使えない所がばらばらで、恩恵にあずかれない人が大量に発生しそうで、さらにポイント還元という形に関してもどこまでその状況を把握できるのか大きな不安があり、実際は還元をするという政府の大掛かりな詐欺政策である可能性も否めないでしょうね。 時の消えた年金の様にこの還元システムも少し経ったら全部消えて、第2第3以上の消えた事件に発展する可能性が高いでしょうね。 あとキャッシュレス決済だと、ポイント支払いの仕組みもあるのですが、そこまで政府は考えられているのでしょうかね?まあ政治家さん達はそんな買い物ポイントを普段使う事はないでしょうから、気にもしていない可能性は高いのでしょうけど。

 どうせ仕組みとして低所得者対策として出すのならば、5%還元なんていう戻ってくるのかも分からない詐欺システムよりも、200円以下の単品生鮮&加工食料品に限り軽減税率をさらに低くする(現金可能&外食込みも可?)ぐらいしたら、相当な低所得者対策として機能させられるでしょうね。ちなみにこの話は、現政権版の話です。独民の消費税の仕組みとは違います。 なぜ?200円以下なのかというと、大体の低所得者層が狙って買えるお買い得な商品の値段がこれぐらいだからです。(まあ300円辺りでも良いのですがね。) ほら?100均の少しお高いのでも200円台くらいでしょ? だからそれを目安にした金額設定という事ですね。 そして単品だから、その値段以下ならかなりの数変えてお得に出来るので、低所得者対策に出来るというわけです。 これなら高所得者層には庶民の暮らしを体験している人以外にはほとんど効果がない仕組みにする事が出来ますからね。 低所得者対策だというのなら、きっちり値段を区切った使い方にした方が効果高く出来るでしょうし、庶民にとってはかなり嬉しい仕組みにもなりますからね。
 クレジット5%(2%)還元とか、明らかに低所得者は死ねと総理自ら公言している政策ですね。
 あとキャッシュレス促進を目指したいのなら、クレジットに頼る方向ではなく、仕組みの導入に費用の掛からない国独自のネットマネー制度を作り上げる方が普及目的では確実になるでしょうね。 それは単なる後払い式の形ではなく、単なる現金のデータ形式版であり、現金の使用の形とあまり変わらないスタイルで便利に使える形を目指すのがベストです。その仕組みによって直接的には誰も得をしないが、経済の流れを早くする物には成り得るので、総合的な経済の流れをスムーズにする潤滑油として機能させる事が良い使い方になるでしょう。 私が提案するネットマネー円はそんな感じでの提案するシステムであります。 それなら誰もが(主に日本人&外国人観光客&日本在住の人だが)気軽に使っていけるネットマネーに出来ますからね。
 ちなみに韓国での普及率がやたら高いのは、ほとんどの店が大企業の傘下の店ばかりだからという事でしょうね。それは日本には全く当てはまらない経済の形ですから、当然の状況とも言える。それを目指すのはナンセンスであり、そんな特殊状況を羨む必要は無い。問題だらけの大企業経営の実態に関して。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 五輪大臣と野党のお遊戯会~終了~低所得者対策
















 安倍総理は本当に国民をただ殺す政策を考える事しかしていないな。99%を殺して1%の為だけの日本を作り上げたいのでしょうね。その為には日本人1億人以上は殺しつくしたいという腹でしょうね。だからこその少子化推進法ばかりを政策として繰り出しまくっているのでしょう。全ては日本という国を死の国にする為に。日本人を虐殺して、外国人労働者をも虐殺しまくり、悪徳企業だけがのさばり暴力団が闊歩できる国作りを目指すのが安倍総理の目指す国作りなのでしょうね。そして政治家が寝るだけの日本と。 今の総理からはそんなビジョンしか見えて来ませんね。 END
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第897回 現実+仮想現実のVRビジネスゲーム第13弾‐楽器演奏‐ [魔法&ゲーム]

 さて最近間隔短めですけど、VRゲームの第13弾の楽器演奏です。今回はゲームというよりもビジネス寄りで、楽器に触れあって演奏練習を気兼ねなく出来る場所を増やそうというコンセプトで構成されています。あとついでに、場所やお金の面をあまり気にすることなく、気軽に楽しんでいく事が出来るようにという意味も含まれていて、楽器演奏へのハードルを引き下げる目的での今作となります。 まあそれとは別にフリー楽器システムも含ませますけどね。

 さていつもの時事は、日韓関係がさらに冷え込む形になったとかの報道がありましたけど、もういまさらというか、あれが韓国の反日の通常営業だと考えて、アメリカを通す形の最低限の対応で良いのではないでしょうかね? それを超えてうるさくするのなら、韓国国民の望む通りに日韓国交断絶をして、韓国経済から日本が総撤退を決め込めれば、やがて自分たちの首絞め自傷行為に気が付くでしょうから、そこから話し合いの門戸を開く形にしても遅くはないでしょう。 何せ相手はトップが変わる度に国際間の約束をきれいさっぱり無かった事にする国民性を有していますから、1度その国際間での約束を綺麗に消す事の反動を強く反映させて実感させた方が良いでしょう。 そして相手は何度もしつこく「反省をしろ」と言いますが、それを受け取る気の無い相手にしても意味は無いというのですから、現状やる必要は無いでしょうね。トップが変わる度に受け取った謝罪をゴミ箱に捨て去る韓国の風土を改める事が無い限りはね。
 そして今度はアメリカでの世界からの反発問題になるサウジ人記者の暗殺事件に対してですけど、トランプ氏は明確に殺人事件よりもサウジとの貿易関係が大事だと言いましたね。あれは状況的にこのまま解明されると、サウジの実質トップの王子に責任がある事が明らかになりそうだと思っての行動でしょうね。つまりこのままでは避けられない予測がついてしまったから、サウジ側に経済目的で付いたという事でしょうね。世界の平和よりも自国が良ければそれでよい自国第1主義のトランプ氏らしい普通の選択でしたね。まあここで意思を折れたら、2年後の選挙で自身の固定層が離れる事になりかねないからという目的が強いのでしょうけどね。 でもこの明確な行動自体がかえって王子の関りがあると世界に対して発信する事にもなってしまっていますがね。 曖昧なまま秘かに付き合う辺りが出来ればまだ大人な政治家であった事でしょうけど、政治レベル子供には難しい話でしたかね?
 そして長くなっている時事ですけど、最後にビビットに軽く流されたコンビニワークと呼ばれる問題についてですけど、駐車場内の通り道の真ん中に関所を突っ立てて、コンビニでの当日1~2時間以内のレシート情報が無ければ通行できない仕組みにすればこの問題は普通に改善できるでしょうね。システムはコインパーキングや高速道路の出入り口と似たような物を設置すればよいわけですから、対策しようと思えば簡単にする事は可能です。

 それで本題のVRゲームの楽器演奏に移って行きますけども、基本的にはそんなに難しい話はなく、単に仮想現実空間通して楽器の演奏を好きな場所で行なえるようになるというごく普通のそれこそ仮想世界でのゲームなら考えつかれそうな仕組みの話なのですが、それ以外の所が私のVRゲームでは違う所であり、単純に練習目的等で楽しんで終わりでは普通過ぎてつまらないですからね。 そして、フリー楽器システムに関しては少し長めに解説していく予定です。こちらは普通に現実+仮想現実でのゲーム性を持った楽しみ枠としての話ですね。
 それで基本的なVR機器(ウェアラブル)はVRバイザーにグローブやシューズにボディの部分といった完全装備系で整える方が良いでしょうね。まあ基本的な楽器演奏目的だけならばグローブの完全装備だけでも良い(一部シューズも必要ですが。ドラムやピアノ等。)のですが、フリー楽器システムの方も盛り込む場合は、シューズやボディの必要も出て来ます。

 そして基本的な楽器演奏での仮想現実において様々な楽器を弾く体験が出来たり練習が出来る内容は大体想像の通りで、現実と変わらない感じで演奏をする事が出来るようにする。そして場合によってはここで本物感を出す為にも手入れの練習なども体験できるようにして、本格的に現実版で取り組む前の練習用に用いる形にしても良い。このVRゲームで楽しむ分では、場所や時間帯に関係なく何処でも楽しんだり練習する事が出来る為、普段は苦情が来たりする練習を行なう場としては最適の空間になる。 ただしこの方法だけでは、仲間を募ってセッションを行なったり誰か不特定多数の人に聞いてもらったりする事が出来なくなるので、ネットを介して一緒に演奏してくれたり練習してくれる仲間を募ったり、公開モードでリアルタイムで聴いてもらったりも出来るようにする。 この方法ならば、同じ機械やゲームを使っている全世界の人と繋がって行なったり聴いてもらう事が出来るようになるので、繫がりを広げやすくなる。
 ついでにボイスの歌声の方も機械が読み取る形で認識するか、その思念波を読み取る形で機械が認識できるようにすれば楽器と同様の事にも使用可能になる。(音量はその機械で自身が聴く分だけ大きくすれば良いしね。)

 そしてVRならではの高等演奏のスタイルとして、様々な楽器を目の前の空間等に浮遊させて、各曲楽器のソロパート等で楽器を次々と変えて行ったり、1人多段式セッションの形態を取る事も可能になる。 もしくは自分の演奏データを記録させておいて、全部1人で演奏データを取った上で、得意な楽器で演奏中に他の演奏データを流して全部1人で行なうといった事も可能に。そしてそれを、時間ごとに使う楽器を変えて行くというチャレンジ系ゲームとしてやることも。
 あとは仮想空間上では、楽器を直接手で持ったり基本地上配置型でやる必要性が必然ではないので、例えば複数主のギターやベースにバイオリン系等の弦楽器に対して、それぞれの本体を空間上にいろいろ並べて、手足を使って最大2~4つ同時演奏という超高等演奏の形にする事やパートごとに流れていく楽器に合わせながら演奏する事や、様々な打楽器を複数合わせる形のドラムをさらに進化させて、周囲空間全方位(上下左右各斜め含めて)にドラムやその他打楽器集めてこちらも手足含めた最大2~4つで演奏を行なう形や体の体感を使ったり音楽の状況に合わせて周囲の楽器空間が回るような仕組みにすると、これまたVRならではの超高等演奏の形にする事が出来るでしょう。 まあこれらになると難易度が現実よりもさらに難しい領域になるので、正しくのVR楽器演奏ゲームの真骨頂とも言えるでしょう。(動体視力的にもプロ以上のレベルは求められる。)

 あとVRならではの機能としたら、楽器を実物大とは変えて、大きくしたり小さくしたりして演奏における大変さや勝手を変えて楽しむ用にしたりも出来るという所でしょうかね。 ただどちらにおいても音を出す感覚が大きく変化させられるようになるので、現実版に慣れすぎるとうまく演奏できない可能性が強くなるでしょうね。 そしてこれにゲーム性を少し追加して、時間によって大きさが変化する楽器を使っての演奏というゲームにすると、難易度が飛躍的に高くなる演奏ゲームになるでしょうね。音楽の感覚的タイミングと大きさの変わるタイミングからの対応をしっかりと取れなければいけないゲームになりますからね。

 そしてフリー楽器システムというのは、現実空間とリンクさせて、仮想現実で表示される音楽を鳴らす物を様々に使って現実空間に溢れる様々な物を叩いたり弾いたりして、音をいろいろ奏でていくフィールド演奏スタイルのゲームです。ちなみにこれでは、人間や動物はNGとして音が鳴らないもしくはマナー違反表示が出される仕組みにするとして、基本的に固定の物質等で音が鳴ったり♪などが表示されるようにすると、普通に道を歩くだけでも楽しみながら様々に音の反応を楽しみながら移動したり、音楽に合わせて演奏する形で楽しむという感じにも使えるでしょう。
 この仕組みにおいては、楽器のタイプごとに固定で音が鳴るようにするタイプと、その物の状況や質量などを機械が自動判断して、いろんな楽器や音を割り振る形のタイプにする事が出来るようにして、後半の方だと普通の楽器演奏では出す事が難しい音などを演奏の中に盛り込んで行なう事が出来るようにして、演奏のバリエーションや表現性を豊かに増やして上げていく事も出来るようになるので、現実の様々な場所に足を運んで演奏音を探したりする事をさせる事にも繋げられるでしょう。 これに関しては、普段の演奏用に使えない物にも音を割り振って様々に豊かな演奏のパターンを作り出していくという形に使っていく事も出来るでしょう。例えば、ドラム系のパターンみたいに草木生い茂る場所で現実の葉っぱ等に仮想現実のバチを当てて叩いたり等や、食パン等を叩いたり、信号機や電柱等を弾いて奏でてみるといった感じのスタイルも出来るでしょうから、既存の概念とは違った形の演奏パターンを新たに作り出していく事も出来るようになるでしょう。 あとは流れる水に合わせて奏でてみるとか言うのでも面白い感じに出来るでしょうね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 楽器演奏~終了~フリー楽器システム
















 さてこれを基本として、また別の日によりゲーム性の高いバージョンを出す予定です。ダンスからの剣舞と似たようなパターンですね。 fin
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第896回 休憩雑記 ゴーンショック何処まで? [休憩]

 さて意外な人気を博した昨日の回となりましたね。そして今日は普通に休憩回ですね。時事雑記は少し話すものの、まあ基本的な休憩回という感じですかね。 空気清浄機がドローンと合体してヤマタノオロチとなりて空を舞い、空気の清浄を行う現代の神龍と化すという形が良かったのでしょうかね。(まあ普通に仕組みと機能に対しての人気でしょうけど。)

 さて時事の本題は昨日に引き続きゴーンショックに関する話ですけども、何やら追加で新情報がどんどん出てきていますね。それで情報を統合していくとどうやら日産がゴーン氏によって潰されそうな状況が見えてきたから、それを阻止する為にも見て見ぬ振りをしてきたゴーン氏の不正を暴露して日産取り潰しというか大元のルノーに強制吸収を避ける目的があったという所でしょうかね? まあ日本の日産がフランスのルノーに対して、現在経営能力で優っているのにゴーン氏の私欲での会長職続投の為の捨て駒に利用される事は避けたかったという所ですかね。どうにもフランス政府が現在ルノーに肩入れしまくって、ルノーの会長職がこのままでは任期満了になりそうな所をフランス政府が何とかしようという対価で、日産の強制吸収を持ち掛けてゴーン氏が勝手に約束していたようで、それに気付いた日産側が今までの不正のネタを元にして、ついでにゴーン氏からの権力を奪い返す目的でも狙って今回のような動きに相成ったという所の様子が現状の情報内容ですね。
 ゴーン氏が途中で日産を裏切るような行動をし始めてそろそろ決定打になりそうな所まで来たから、我慢ならんと逆に日産に裏切られる形となった壮絶な戦いの結果という事ですかね。 これを日本の言葉で表せば、「飼い犬に手を噛まれた」という言葉になるのでしょうか? まあ現状飼い犬が主人を倒して序列変更の所まで議論になっているようですけどね。(犬的理論で言えば。)

 そして世界規模での脱税騒動にまで事が進んで来そうな所で、この世界を揺るがすゴーンショックはしばらくの間余震が続きそうな所ですね。 これも未来から見たら歴史の大きな変換点になるようなポイントとして見られるのでしょうかね?(リーマンショックやオイルショック等と同じような。)

 そして別の話題ですけど、こちらも世界の話題と言えば世界の話題なのですが、スポーツ等の得点判定における内容が徐々に人間の個人価値観から、機械による不正のほぼ無い公平な仕組みに切り替わりつつある様な状況になってきているようですね。 この件に関しては、得点競技ではなく物が高速に動く系のスポーツ等では判定の1つとして機械が導入される事が増えてきていますけど、ついに得点系の競技に関しても導入が始まり出したみたいになっているようで、これがどんどん広まって行けば、国による好みでの判定の違いや今年の日本でも多かった山根判定(奈良判定)やらスポーツ界での様々な得点系の不正等も誰が見ても納得できる形の公平性が保たれた形へと変わって行けるのでしょうかね。 個人が判断するのでは好みや私欲によって判定基準が捻じ曲げられがちになるけども、機械ならばそんな心配は不要ですからね。 まあ機械の導入は始まったばかりで、人間が作り出す新技の判定などはまだ出来ないでしょうから、これからもしばらくは人間での判定が必要になるとして、日本スポーツ界としては、これからは団体内部の個人に全部決めさせる形よりも、そのスポーツに熱烈なファンたちを呼んで決めていく形に切り替えた方がよほど公平な決め方に出来るのではないでしょうかね? もしくは長年取材している報道機関の意見を重要視して聞く体制とかね。


 では終了
 それではここまで見て頂き誠にありがとうございます。
 ゴーンショック~終了~機械判定
















 さて、特殊特化家電シリーズやVRゲームシリーズ系はまだまだ続く予定です。その他魔法武具関連も色々考えていますし、今期間のお掃除関連ネタもまだもう少しあります。 そしてその辺が尽き始めたら、元ゲームプランナー志望としての未来あるゲームの形についての話も出して行く予定です。 現状私だけが認識できているような新システムの体系がいくつかありますからね。どれも既存のゲームシステムからはかなり逸脱していて、新たなゲーム世界の幕開けにもなりそうなシステムばかりです。 ならなぜその方面に独自で行かないのかというと、大衆世論全般系向けのゲーム作成には興味無いからですね。そして何より、最初の方では結構解説していた通り、私はアクション系やレースにシューティング系のゲームが大の苦手で、その方面のアイデアはさっぱりという大欠点がありますから、既存のゲーム会社系とは合わないのですよね。だから止めたというのもありますけどね。 逆にRPGやシミュレーションにカードやテーブル系では様々なアイデアが思い浮かぶタイプで、今の世の中のゲームの流れとはかなり違うタイプなので、向かないという感じですね。あとゲーム会社ではあまり自由が無いというのもプランナー殺しという面で好きではないですからね。 だからこその前に好評を博した漫画や小説系の気ままな出版会社のような体系を思い浮かぶわけです。 私は動物で猫が大好きですけど、性格も猫に近い物がありますので、時間的拘束を受けるのが嫌いな性格であります。だからそういうのが強い所には仕事として向かないというわけですね。
 以上、本日の休憩回でした。 END

 今日は、いつもの更新日なので流れ的に早めに作成を開始していて、こんな時間になっています。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感