So-net無料ブログ作成

第661回 時事系雑記「混迷国会・北朝鮮情勢・暴力相撲問題」 +日本のデモ温い事について [政治経済改革]

 さていきなりですが、昨日は午前中と昼間の間サーバーでエラーが出ていたようですね。そして私はちょうど回復寸前でログインしてきて、何事もなく入れてしまったので多少不思議な状況を味わう事になりました。アクセス時間をいつものように見て、ついに政府が手を回したのかと邪推しましたが、特にそんな事でもなかったようですね。まあ手を回すのならばブログ事消去するはずでしょうしねぇ。(気付かれないように閲覧のみ禁止にさせる手法でも取っているのかと。私の活動は確実に表現の自由が無い国ではアウト間違いなしの活動にしかなりませんから。)さて今回は、時事系雑記で闇連発がてらに日本のデモの有効性の低さと知能の低さについて語っていきます。あんな程度ではほぼ独裁者然の政権には小石に躓く程度の痛みすらも与えられない。数は最大の力とも言うが、別にデモに集まるだけが数という古典的な考えでは生温過ぎるし、数が少なくても気持ち強めに動かなければ日本が大混乱するという方法もあるのだという事を軽く紹介する予定です。 まあそういう意味では、今回も危険回でしょうね。ただし日本の政権が行なって欲しくないワーストに入りそうな危険の方で。

 さて時事という事で今日の報道特集の話も一部含んでいきますが、中身が軽い方から話していきますかね。 という事で暴力相撲問題からですが、結果的にはあの有名親方が最下位に転落させられる方向で結末へと向かいましたが、協会の規則違反というのは社会の規則違反よりも重いというのが今の相撲協会の判断という事でしょうね。何せ今理事に入っている数人は過去に暴力問題を隠蔽した事実が発覚しているのに特に厳しい罰則等は何も無しでスルーしていますからね。さらには前横綱カラオケリモコン暴行事件の親方も特に厳しい罰則等何も無しの状態でスルーしていますので、暴力隠蔽問題は協会内において協会規約違反よりはとても軽い内容で、特に罰する必要も無しという見解で今も通っているという事でしょう。つまり無くなるわけもなく暴力相撲協会の下、また隠蔽して特に罰則無しで今回の反乱者のみ厳しい処罰で済まそうと考えたという事に尽きるのでは? 協会のルールこそが絶対であり、社会のルールなど不必要というのが現在の暴力相撲協会というのがはっきりと分かる結末となりましたね。とは言え、今回の暴力事件の事に対して擁護する気は特に無く、孤軍奮闘は現状打開には良かったかもしれませんが、何分その途中の行動が悪手過ぎて完全孤立支援なしで突き進もうとしたのは間違いです。せめて同じ一門内での結束と団結力だけは最低でも固めておく必要があったと思いますね。それすら捨てて何の革命に意味があるのでしょうか? 個だけで革命を起こそうとしても、それは革命ではなくただのクーデターにしか過ぎないでしょうね。 それに弟子の数問題に関しても、同じ一門で協力できれば良かったという事に尽きる話でしょうし。まさかそれすらも疑う状況で同じ一門として見ていたというのであれば、統率者としての質が低いと言わざるを得ませんね。 まあ暴力隠蔽しても理事を認める今の理事長もまた社会から見れば質のとても低い理事長なのでしょうが。

 さてお次は北朝鮮情勢ですけども、最新報道では日本のオリンピック出場にも意欲を見せているようですが、これは一種のアメリカに攻撃をするなという意味も含まれているのでしょうね。あくまで今の所は平和的に動いているのだから、下手に即攻撃の判断をしないでくれという考えを出す為の行動であり、同時に日本との関係においてもこれによっての経済関係などで話がしたいという思惑と拉致問題に関してのさらなるプレッシャーを与える要因と見るべきでしょうかね。どちらも達成したかったら先に経済制裁を解除しろという感じで、そして五輪出た後は拉致問題何それ?で通して、また返す手順でしてほしければさらなる経済制裁解除をしろという事で迫ってくるという作戦を考えているのかもしれませんね。そしてその最中でまた核問題再発させて、拉致問題解決自体をうやむやにするという常套手段を取ってくる可能性も。北朝鮮は日本に特に何も与えずにただ搾取するだけ儲けもん状態になると。まあそれでそのまま黙っていたら、単なるアホ政権というだけの話でしょうね。拉致被害者の苦しむ顔見たさの行動かもしれませんが。というか実現が現状ほぼ不可能に近い状況で下手に期待を掛けさせて裏切る方法しか取ってこない現政権の行動は、単に拉致被害者たちの苦しむ顔を少しでも長く眺め続けたいという悪意にしか見えない。それか下手な期待でもって支持率回復とでもいう事でしょうかね? どちらにせよ、浅ましい考えでの行動にしか見えませんね。 拉致問題とオリンピックを掛けて、再度北朝鮮に拉致される可能性がある為禁止と拒絶してから、拉致問題が完全解決されたらオリンピック参加を許可するという感じの強硬手段を取れるぐらいまで日本が出来なければ難しいでしょうね。しかもその状況に持って行くと、北朝鮮は自ら行動しなくては平和行動として主張し辛くなるという負い目を与えられる事にできますからね。
 それで、現在北朝鮮の最新情報では原発が稼働していて核兵器の材料作成を開始したという情報が出てきた(質疑不明)ようで、米朝首脳対話の前にさっそく裏切り行為かな?という状況が噂されている。そして中国との急接近に関しても、中国報道では非核化云々の話も出ていたようだが、北朝鮮国内では全く話されずにまた中国は対等関係というよりも核強国を認める国の1つのような報道になされている状況で、非核化という話どころか核兵器をこれからも存続させ続ける意識の方に比重が置かれている状況である。 まあ中国に泣きついた時点で核の放棄する気が無いという証拠にもなっているので、今後の米朝対話の戦争開幕の有無に関してが焦点になってくるでしょうね。現在アメリカでの朝鮮半島戦争の機運がトランプ陣営で固まりつつある状況ですから、どうにかして実力行使が出来ないかを考えているという事でしょうねトランプ陣営は。それでおバカで国民の事を考えない安倍政権はそのまま戦争に自衛隊突入させる気でしょうかね?集団的自衛権という名の戦争攻撃国の仲間入りを果たす為に。 ああ、突入と言っても韓国方向で、自国民の保護などをしながら、北朝鮮軍勢が来たらむしろ応戦を重視する方向の参加の話です。これなら集団的自衛権の拡大範疇内に収められるでしょうし。

 さて最後の時事は混迷国会の状況下に関してですが、今週初めの方での忠犬証人喚問では、安倍政権に忠誠を尽くして国民を見下した元官僚が安倍政権擁護での答弁で終了し、安倍政権並びに自民党主力派はそれで幕閉じを図っているという状況ですけど、これで何もなく終了となると、安倍政権が犯してきたその他の大罪も全て無罪という安倍政権判断となり、これからも似たような問題が確実に繰り返される前提条件にしかならないでしょうね。隠蔽しても公文書改ざんしても国民のお金不正使用しても政権が何の責任も負うことなく終了するというのは、単なる独裁政権の行動他なりません。確実にこの問題などに対する政権判断に関しては国民を裏切り続けたという大罪を犯しているのですし、国会を無視して民主主義を完全否定する行動も全てが重大な違反でしかない事です。なのにも拘らず何の責任としての罰則を負う事もなく逃げられるというのを見て独裁政権でない証拠はどこにも無い状況です。日本に国民を無視し続けて裏切り続け、さらには日本人であるはずの沖縄県民に犠牲を強い続けてほくそ笑んでいる政権が存続している状況を悪いと言って何がいけないでしょうか? まあ沖縄問題に関しては、現状どの政治家であったとしても解決する気のない沖縄県民にとって逆賊の集団でしかないのですがね。本気で考えようとすれば私のような異端者の考え方ぐらいでなければ、沖縄が日本の民の仲間だという正式な事にはできないのでしょうね。 私の考え方は数世紀を軽く超えて出している物が多いですから。そのままの状況で行くと、早くても100年後辺りで、遅ければ4~500年後くらい経たなければ沖縄の基地問題関連で沖縄の苦しみが解決されることは無いでしょうね。沖縄の苦しみは今現在までも続けられていて、その苦しみの業の深さは原爆被害者以上の物である。何せ今後もこのままでは数百年以上続くのだから。それに日本で本土決戦の被害を受けた場所も沖縄であり、その被害は原爆被害に勝るとも劣らないかもしくはそれ以上の被害があったとみられるのに、軽視されている現状は今の本島日本や政権の態度は非常に嘆かわしいばかりであり、同じ日本の仲間であるという意識の欠如性が見られるばかりである。
 さて久しぶりに沖縄の事に触れた後に再び国会状況に戻りますけど、自民党が必死に森友問題の火消しに走っている最中に財務大臣兼副総理がトランプ並みにやらかす問題を起こしましたね。向こうはフェイクニュースでしたが、こちらは自分たちの活躍の記事が新聞にすら載っていないという完全な誤情報の発信を副総理が堂々とマスコミに対して文句と苦言を並べ立てたという内容です。これはマスコミに対する明確な攻撃行動ですね。トランプは情報の有無の確認は行なっているのに対して、こちらはその確認もろくにせずにマスコミ攻撃の為だけに発しているとしか思えない無責任行動ですね。独裁然とした意識からこういう行動に繋がっているのかもしれませんね。副総理でそれなら総理もまた同じような思考でいるという事でしょうね。なにせそんな副総理がすごく大事という立場であるのですから。 そして同時に森友問題の事を低くして扱っている状況でもありますし、なぜこれに対して国民やマスコミが躍起になって反応しているのか理解出来ていないのでしょう。国民の気持ちを鑑みて忖度の出来ない副総理がいて良いのでしょうかね?部下は必死に火消しに走っている最中に再度別の所で放火しまくる大臣がいるというのは、政権運営として正常な状態なのでしょうかね?

 そして続け様にデモに関してですけど、経った都内数千人程度での抗議デモ行為であの独裁政権が耳を傾けるとは到底思えませんね。多少うるさい意味不明なヤジくらいにしか感じていないでしょう。あんなの私から見ればお遊びパレードのようなものですよ。不満や怒りをあそこで大いに発散しているようですけど、あれで総理の耳に届くとか本気で考えているのでしたら、どれだけ能天気脳ですか?と疑いたくなりますね。あの程度のデモで声を届けたいのならば、少なくとも都内だけでも数百万人規模は集められなければ意味がありません。やるだけお遊びです。それでも少ない状況でやるというのならば、官邸前や国会前では効果はいま一つでしょう。どうせやるのならば、多少強行突入感が出ても良いぐらいに各政治家が出入りする場所(車含め)に張り込んで突撃がてらにデモを行なったり、野党張りの国民突撃を行なう状況にまで発展させられれば、それを無視する行動は取りにくくなるでしょう。それをマスコミに叩かれれば、国内外での政権批判が高まりを始めていく結果になって、どちらに対しても強みが無くなっていくでしょうから、民主主義の気持ちがあるのならばそうするべきでしょうね。 まあそれは最終手段くらいでしょうけど、本気で大規模なデモをしたいというのならば、芸能人達の力や報道関係の力をフルに活用して、それらの連携やデモとは一見関係ないけどデモの流れの一部でお祭りやコンサートなどを韓国みたくやって行く流れに出来れば、今よりも強化を図れるでしょうね。別に一気に集まってやる必要はなく、報道の力をフル活用させて、日本全国で時間差の抗議を各地で絶え間なく波状攻撃のように続けていくというのも良い。それを主に各自民党本部や支部に自民党政治家の事務所中心で行なっていく。ついでに今のデモなどもこれらを主にターゲットにしたり、自民党支援の団体などを中心に抗議デモなどを行なっていく方向に変えると、地味にダメージが厳しく変わっていくようになる。現在揺れる公明党の支持母体などに対してデモ隊で突撃とか行なうと、政権の土台が完全崩壊の憂き目に遭うとかなりそう。直接やっても効果が少ないのであれば、周りから少しずつ潰して痛みが増していく方向でデモ抗議を行なっていく方がよほど効力が高いでしょう。
 また、集団の力を大いに発揮させていく方向では、先にも言った自民党本部や支部(又は公明党本部や支部)や政治家事務所に抗議の電話を波状攻撃で仕掛けて行って、物理的に混迷させる方向性もあるだろうし、安倍政権批判や財務大臣批判などでの商品を作成して、サンドバックとかパンチングクッションとかはたまたペットの餌にするとか面白い効果を発揮させられるでしょうね。(いや、国民の怒りの解消先にとても便利な安倍総理のぬいぐるみとか、安倍印の食べ物はペット(家畜等)の餌程度で十分とか(笑)) 安倍政権抗議用の簡単アプリゲームなどを作っても面白い普及効果を見せられるかもですね? それが大ヒットして大人気になったりすると。 例えば、ポケモンGOならぬ安倍モンGOのような形で、安倍政権や自民党の政治家共を何かしらで捕まえて行って、捕まえられたら反省のコメントなどが見れたり聞こえるとか?(ゲームとして現内容だけで面白いのかは別として。面白くする事は普通に出来そうだけど。(笑))
 抗議の方法がワンパターンでは意味がありませんよ? もっと今の時代に合った新しい形で戦っていくような事が出来なければ、国民の声を独裁政権に届ける事は出来ないでしょう。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 時事雑記~終了~安倍モンGO
















 まあなんですかね。全てにおいて古典的な考え行動ばかりが目立つ昨今の情勢は、人間としての進歩が感じられない堕落状況ですね。私の考えの多くは数世紀先の事を話す事が多いですが、現状人間の進化の過程を普通通りに行けばそれは先ではなく普通の話であり、今の皆さんが人間としての成長を止めて堕落して遅滞しているから数世紀先に見えるという内容なのです。 要は皆さんの考え方が昔に囚われ過ぎているというだけです。 私の方法であれば、沖縄基地問題など既に解決させられているでしょうからね。海上都市構造は、造船技術さえあれば完成可能で、なぜそこにまで考えが及ばなかったのか、進化を止めたからと言わざるを得ませんね。 END
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第660回 独裁的民主主義 移民難民受け入れ態勢について(後編)!閲覧注意! [世界問題]

 さて闇爆弾回の後編です。まあ閲覧数が低いのも予想通りですかね。何せこれも一種の差別に近いものがあると見えるでしょうからね。ただしそうでもしなければ、分断が起きたり戦争が始まる種にしかならないので、分ける必要性があるのですよ。それにこの方法は海外のテロリストを容易に侵入させないという目的なども考えられていますからね。日本で活動させないと共に地下大都市においてもその行動の意味を無くさせる目的でね。

 さて時事は無視して本題の移民難民専用地下大都市の基本構造の解説に移っていきます。前編において一部構造紹介をしましたが、それらも含めて再度話していきます。まずこの地下大都市は階層構造性となっていて、上層と中層と下層に分けられています。そしてそれぞれの区分け区分としては、上層には日本語に関しては大体知識を得ていて、あとは文化やルールの学習と日本についての専門的知識の獲得に向けて勉強する状態の人々が集う場所で、親日日本人に向けて本気で目指す人が集う地下大都市の最高地点という位置です。次に中層は日本語をそれなりに使える状態の人々が集う場所でより日本語に関しての知識やその他の知識などを学習しながら上層へ向けて頑張る位置です。最後に下層は日本語をほとんど使えない移民や難民が集う場所で、基本的な日本語などを最初から学ぶ場所の位置です。 そして階層構造的にはこれに日本の大地部分を加えた全4層構造方式になります。 ただしこれは移民がより日本の知識を習得させていきやすい構造にさせる為の階層構造方式であり、別に移民として日本に定住する気のない難民やそこまで(親日日本人になってまで)して日本で住もうとしていない人に対しては、下層や中層辺りでも十分に暮らせる構造になっている。 またこの地下大都市では外部との連絡が取れないという事で昨日話したが、全く取れないというわけではなく、各大使館との連絡は普通に可能で、一部のネット等を通じて情報を得たり逆に発信する事も可能である。この連絡が取れないというのは、持ち込み携帯系が使用不可になるというだけである。(通話やインターネット系の機能のみ)それ以外の都市デバイスや都市内の端末などによって情報を得たりする事は可能だが、個人番号などでは使えない仕組みや一部のネット情報が定かではないサイトなどには閲覧できない仕組みにする。(こちらは単にウイルス対策。)まあ大使館通せば、基本自由ではあるけども。(一応の不正なやり取りなどの防止の仕組み。隠れテロリスト等が外部との連絡を自由に行なえないようにする仕組み。) ただしこの仕組みは、各階層ごとに使える権限範囲が異なる。これら連絡系やネットに関してかなり自由に行なえるのは上層に居る人であり、中層は端末を含めたネットの閲覧までで、下層になるとネットは使用禁止で日本や海外の一部テレビ放送などをそれぞれの母国語対応で視聴可能な事と全階層で同じ大使館を通じてのやり取りのみである。まあ厳密にはもう少し詳しく分けるのだが、今の解説ではこんなところ。
 そして全階層での基本的な構造としては、ほとんどの施設などに関しては機械で管理管轄されており、日本人などが直接いる事等は基本的になく、特に中層や下層に至っては完全に国際色豊かで日本だけども日本ではない状態の都市状況になる。上層に関しては日本人も入る事が出来て、地上に行くまでの交流を深めたりする事に用いたりも可能とする。そして基本的に法律は日本の物を適用で、文化の押し付けなどは基本的に存在しないが、上の階層に行くほど日本語の上達レベルに関する内容が増える為に、自然と受け入れざるを得ない環境となる。下層で留まったり中層でそれなりにのんびりするに関しては、気にする必要は無いけども。
 それで入る際には持ち物検査が行われて、危険物が無いかなどのチェックが行われてから試験結果に応じた各階層に行く事になるのだが、ここで中層以上の結果の人は任意で下の階層に行く事も可能である。というのも、階層で上に行くほど日本語のレベルなどが様々な物事に関与してくる事になるので、運良く通ったと思う人や母国語などで気楽に住みたいと思う人にとっては、下層の方が楽な環境になる事もある為。 そしてそれぞれの階層に着いた後は、個人認証と各情報端末の機能も備えたデバイスを渡されて、住居場所を好きに選んでいく。 この後の基本的な仕組みは衣食住最低保証とほぼ同じで、違う事と言えば上に行くほど同じ建物内での施設の充実差に影響がある事と、毎月入手できるお金代わりのポイント入手量に違いがある事ぐらいである。どちらも上に行くほど待遇が良い。ただし基本的なシステムの辺りに関しては変わらない。(料理の質や手に入る物など。まあポイント量に応じて質の良い物などを手に入れられる機会が増える為に、その辺での違いは生じて来るが。) さらにこの地下大都市においては基本的な現金が存在せずにすべてポイントによって支払う形式になる。まあ地下大都市全体で衣食住最低保証の機能であるという感じであるのだけども。それの移民難民専用版という感じである。 また、支給されるデバイスの中に頭に付けるタイプの物があり、それによって外国語変換が自動で行われて通訳される機能を持たせるので、基本的に他の言語を覚える必要などが無くなる。ただし日本語だけはこの効果の対象外となる。(そもそも日本人が存在しないから必要が無いという意味もある。ついでに不正の防止効果も含めて。)後は医療分野においての治療などは高待遇ではなく低待遇で行なわれ、基本的な最低限の対応は基本システムの範囲内とするが、それ以上はポイントを稼いで使う方式とする。

 そしてここからが都市機能などの紹介だが、各階層共に基本的な都市としての設備や機能は整えられている状態で、普通の都市とほぼ遜色ないほどに使う事が可能なのだが、先にも言ったようにそれを担当するのは全部機械やロボットなどである。それによって、直接移民や難民が職を探して稼ぐという事は出来ず、機械などが行なうとあまり意味が無いバイトなどをデバイスを通して選んで稼ぐといった事は行なえるようにする。(ほぼ基本日雇いの仕事感覚?)ちなみにそのバイトは、人力発電系や人間用農業や漁業牧場系統の仕事です。(余剰分として。最低限必要な物に関しては、全部ロボットや機械生産。) それで、そうなるとポイントを稼ぐことは難しいと思われるでしょうが、基本的に日本に関しての勉強をする事でポイントが多く手に入る仕組みであり、日本ならではの仕事の体験などでもポイントが多くもらえる仕組みとします。まあつまり日本を勉強して日本をよく知っていく活動を行なえば行うほどポイントが多く手に入る基本システムという事です。そしてこれも上に行けば行くほど稼ぎやすくなりポイント自体の基本入手量も多くなっていくという仕組みです。基本的にはどの階層においても数ヶ所ある巨大図書館(デジタル)などで、デバイスを通じてデータの受け取りを行なってからの学習と試験形式でのポイント獲得の流れになり、仕事体験の方は機械判定で出来栄えによるポイント入手となります。まあ日本に馴染む行動を取れば取るほどその都市において豊かに生活しやすくなるという形です。まあ逆にそれに全く関与しない形でもバイトの頑張り具合によって同程度のポイントを稼いでいく事も可能にします。ただし、学習や勉強に体験の方が比較的楽な仕組みになりますが。 そしてそれらもポイントによってさまざまに行なったり環境をさらに良くしたい場合に行う行動であり、最低限の生きる環境で十分な場合は全く不必要な行動でもあります。
 そしてポイントの使い先は何かを得る為だけではなく、当然の如くその都市で様々なサービスなどを受けたりする事にも消費する為、娯楽などを楽しんだりする為にも必要になってきます。また、各国の状況に合わせた学校授業も平均的な範囲で開校される状況にして、必ずしも日本で過ごす必要のない環境も整えます。(ただしこちらは中層までの施設とします。ただ中層においては一部日本語の知識が必要な場合も含まれるので、完全に日本NGの場合は下層で居る方が楽です。)

 そして各階層ごとで基本的に1日1回階層を上に行く為の昇格試験が受けられる状態にしていつでも受けられるようにします。(ちなみに、下がる事は関係なく簡単に行なえます。)ちなみに階層を変えた場合は、住居は自動的に変更されるのと、その内部の荷物などは自動的に機械などで運び出されて変更場所まで送られます。 そしてこの試験に関しては、赤ちゃんは受ける必要はなく、親の会話レベルで判定されるのですが、言語が話せる基本年齢からは子供も受ける事が必要になり、家族で移動(階層移動)する場合には試験を受けられる全員が合格しないと全員一緒に上がる事は出来ない仕組みとします。 そして都市内部での試験に関しては、上層から上に行く場合は、最初の試験と同レベルの事が行なわれ、中層から上層へは日常会話レベルの判断のみが行なわれて、下層から中層へは勉強試験形式の問題が出されて答えていくという方式で試験を行ないます。

 まあ基本的な全体像的仕組みはこんな所ですかね。つまりこの移民難民専用地下大都市は、下層であれば普通の移民の街として使う事ができ、中層は日本の文化が入り混じりな感じになって、上層では本格的に日本と仲良く暮らすまでの感じという階層構造としていますが、中身は全く別の街な構造の仕組みになります。これによってどこが1番良い場所であるのかは、各移民や難民が思う心次第で変化する状況となり、基本的に上層は親日日本人目指しての移り変わりが多く、中層は日本風味それなりで頑張る人やその環境で馴染む人が入り混じる環境で、下層においては完全に日本の中にある外国人専用の街という形式になります。 そしてこの地下大都市においては、物流面などにおいてかなり閉鎖的環境となるので、危険な薬物や武器や危険物が入る可能性がほとんどなく、また内部においても機械やロボットが管理を行なう事になるので、人間による調合や合成が行ないにくい状況になるので、普通の街よりかは比較的安心安全に守られた環境になります。さらに警備のロボットも巡回して警邏する事になるので、治安状況はかなり良い状態で維持されるでしょう。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 独裁的民主主義~終了~移民難民専用地下大都市
















 まあ前編だけを見れば監獄都市のような様相で見られそうだけど、実際は非常に安心安全を確保する為のそのような構造形態という形です。移民や難民などに関してはその辺の危機意識に敏感な人も多いでしょうしね。ついでにそこには日本人がいて、うるさく言ったり嫌な風に扱ったりする状況にも無いという感じになるから、さらに穏やかに過ごせる環境が整えられる。ついでにその場所でなら、領土乗っ取りもあまり意味合い性が無くなる。移民が1ヶ所に多くなるとどうしても自国民を排他的に考えて行動するようになる傾向が強い為。アメリカのように白人差別を平気で行なうようになったりとね。日本でもとある地域においては日本だというのに日本語半ば禁止状況で、日本人お断りな地域が出来ているようで、ある意味これは侵略に近い見方で見られることもあるでしょう。え?どこの国の人か?中国人。 まあ現在世界中に向けて侵略戦争(不法移民)を仕掛けている最中ですからね。それが日本にも来ているだけです。だからこその私の移民難民受け入れ態勢の考え方でもあるという事です。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第659回 独裁的民主主義 移民難民受け入れ態勢について(前編)!閲覧注意! [世界問題]

 さあて闇的爆弾回です。私が掲げる移民難民の受け入れ態勢の仕組み解説の回です。なぜ?1000万人規模を平気で受け入れさせることが可能かつ安心安全と衣食住最低保証までも与えられる仕組みに出来るのかの説明と答えですけども、物理的にも精神的にも闇色な話で大体進みますので、十分ご注意ください。アメリカや他の国等でよく発生する移民や難民問題での国民とのトラブル回避と日本の良き友になる為の試験という意味でも必要な仕組みです。まあそれを無視しても最低限はちゃんと保証される仕組みですがね。最低限はね。(今回の内容では嫌でも記憶しておく必要のある言葉なので念を押しました。)

 さて時事は特に目新しいのは無いですけども、現在日本で発生進行中の問題の闇はほとんどが解決されないまま次へ進もうかとしているようですね。政治の公文書改ざんや消えた8億円然り相撲暴力協会問題然り北朝鮮との抜本的解決然りと、どれも一筋縄ではいかない情勢ですね。ちなみに私は何度も言っていますが、拉致問題解決は現状不可であるという見識です。北朝鮮が中国に泣きついた状況では、中国は保護するような対応を取るでしょうから、その後で日本が経済制裁の一部解除を独断したところで、金だけ奪われて音沙汰無しという二の舞なだけでしょう。(前回のように。)現状日本は北朝鮮に対して有力なカードを現安倍政権下では入手できないでしょうから、ほぼ不可能ですね。私の場合では完全に流れを断ち切ります。現在日本で救出を待ち望む人に対しては、そんなに家族に会いたいのなら自分達がそのまま拉致される覚悟で北朝鮮に行けばよいと言うでしょう。どうせ老い先短くこのまま出会えるかどうかも不明なままよりかは十分に意味のある行動になるのでは?ただしその後どうなろうと助ける気は一切無いという立場でいますがね。(非情な考え方ですが、あの独裁政権は現状何がどうなろうとも拉致した人を返す気は微塵にも無いでしょうから、その状況でどうしても会いたいというのなら、自分から死ぬ気で行けばよいというだけです。もしくは戦乱を望むかですけどね。)

 さあ今回は全編通して闇色全開な状況ですけど、本題の話に移っていきます。 この世界でも頭を抱えてトラブルの絶えない移民難民問題ですが、気軽に国に迎え入れてすぐさま生まれや風習や価値観の違う者同士で仲良くなれという状況を作っても問題やトラブルが発生する事はほぼ必然でしかないでしょう。そしてそれの際たる問題としてはアメリカという移民大国での大規模な国を分ける分断問題やヨーロッパで相次ぐ難民過多でのEU分断分裂騒動に運び、国内で集まった同じ国の移民同士などによるその国民追い出し行動などは何の体制も取らなかったが故の侵略行為を許すかの行動に等しいでしょう。(最後のは世界各地で結構発生。) これらは気軽に移民難民を受け入れ過ぎたが故の行動やその国の風土や風習文化について知らぬ人間が土足で踏みにじるような行動をしていったが故の問題に繋がっているという事でしょう。 言葉もほとんど通じぬ状況や文化や国のルールを少しも理解せぬ者が移民で通る事は問題の発生や侵略を容認するに等しい状況です。私はそれらを未然に防ぎつつ日本人と共に仲良く過ごしていく事が出来るかどうかの認定試験制度を移民の定義に組み込みます。つまり正式な日本への移民として認められる為には、認定試験を移民希望の際に受けてもらい、それに合格できれば親日日本人という移民として日本人と全く同じ待遇が得られるようになる称号を与えるようにします。つまり生まれや元の国籍文化が違えども、試験に合格さえすれば今後は同じ日本人として受け入れるという制度です。まあその上で区別がつきやすいように移民であるという事を知らせる意味でも親日日本人という称号にするという事です。日本人と互角以上に日本人である証です。そしてその子供が日本で誕生した場合は、普通に日本人という認定がされた状態となります。(ちなみに親日日本人もその後10年以上日本に住んだ場合は、親日が取れます。) さてここまで合格すればの話で行きましたが、これについての本当の本題は不合格になった場合ですよね? 不合格判定がなされた場合は、1度国に戻ってもらって半年の期間を経た後にまた再度試験が受けられるという方法を取るか、日本の地下大都市(移民難民専用)で日本語や日本の文化などを徹底的に学びつつ安心安全で衣食住最低保証も完備された環境で生活するのかを選択させます。ただし地下大都市の方を選択した場合は、そこで合格するかリタイヤをするのどちらかでしか地上には戻れなくなります。さらにリタイヤをした場合は今後二度と日本で移民申請の受付が行なえなくなる事のペナルティ付きです。そして、その地下大都市では基本設計として、外部との連絡手段が取れなくなっているので、気軽に向かう事が出来ない作りになっています。 さてそれで話が漏れた難民に関しては、自動的に地下大都市での生活になります。(その状況で移民希望をしても良い。)そして難民の場合は、元居た場所が落ち着いた場合(日本から連絡あり)はさっさと戻ってもらうような状況になりますが、そのままその地下大都市で移民希望として住む事も可能とします。(ただしこちらの場合も、正規の移民試験不合格からの流れと同じ仕組みとします。つまり二度目はない。ついでに外部との連絡手段が無い状況が基本となるので、基本的には難民の人は戻る事推奨設定。まあ試験合格すればよいという事なのだが、難民から入る人にとっては、かなり厳しい試験になる事必須である。)

 さて度々話に出てきた試験に関しての中身だが、これは親日日本人としてふさわしいかどうかの試験である。その試験内容は3つの判断基準があり、それらすべてにおいて基準を超えている事が条件となる。まず1つは日常会話レベルで日本語が話せること。おはようやありがとうだけでは当然不合格でしかないので、日本語の認識が不十分な外国人の方はくれぐれも注意。この会話レベル試験は試験担当員達と毎回ランダムで日常的な事から最近の話に関してなどで5~10分話してもらい、点数を100点満点で評価してもらい80点以上で合格とする。この評価は実際に話す担当員とそれ以外の別途審査員などの総合評価で決定する。(不正防止の意味を大いに含む。)基本的に80点ラインは少し話で詰まったり、用語で知らない事があっても意味が何となくわかったりすぐに理解して覚えられる辺りである。まあ途中途中で日本語が分からなくて母国語で話せば話すたびに減点になるが。(分からない場合は素直に認める事が減点回避。)2つ目の内容は日本の文化や風習に関して理解がありそれを認めていること。これはそれがある事を認識していて、認めて受け入れる事が出来ればそれでよい。ただし半分以上がそこで初めて聞く様な事ばかりの状況の場合は理解受け入れ関係なく不合格とする。まあこれはどこまで理解出来ているのかを自分から話してもらい、その上でそれを容認できるのかの試験とする。その中身としては、文化や風習に国や社会での基本ルールから日本独自の宗教観などである。まあこちらは会話とは違い、暗記とそれに対応する日本語の暗記で通過する事も可能。ただし根っからのキリストイスラムユダヤ教等で他の宗教観を受け入れる事が不可能な人は絶対に合格できない事は言える。ある程度の寛容さと許容の広さが必要になる。 まあこの場合に際して、日本の日常的宗教神道に関しての説明や代表的な神などについての説明が求められることになるけど。(心から容認していないとほぼ不可能。) そして3つ目は日本が好きな理由というかなぜ日本が良いのかについての詳しい話をすること。まあこれは日本に移民をする為の詳しい理由などの説明を行なってもらうという事だね。(言っておくけど今までのも含めて移民希望者はほとんど日本語での会話が要求される。まあ123の順に試験が行われて、どれかでも落ちれば即不合格判定だから、23については1ありきの話です。)ただしこちらの方では、何んとなく等は不合格判定で、具体的な日本の魅力や日本で好きな事を熱く語れなければ、不合格判定となる。(それもほぼ日本語で。) 以上の3点が基準判定の内容だけども、日本語のひらやカナに漢字を書くことに関しては試験の対象に含まれず、言葉として話せて文字を読む事が出来る状態であれば最低条件としては良い。まあ但し書く事が出来れば多少話せなくてもその補足分で埋め合わせする事も可能とする。
 これらの厳しい認定試験を無事に合格できれば、晴れて親日日本人の称号を取得出来て、地上の日本での生活が許される状況となる。同時に日本人と同等の待遇が即時に得られるようになる。そして不合格の場合は先程の選択肢として、出直すか地下大都市で日本の勉強を集中して行なうのかを選ぶ事になる。また地下大都市の詳しい解説に関しては後編で語る事になるけど、基本的に3階層構造となっていて、上層と中層と下層で構成される。この振り分けに関しては、試験の判定基準の点数ごとに分けられて、上層は基本的に1を合格以上のレベルで、中層は1を50点以上の場合、下層はそれ以下となる。(難民はほぼこちらに分類される事になる。) この階層構造に関してや詳しい仕組みなどは後編語る事になるけども、日本の勉強レベルの度合いと生活環境の違いが主な違いである。 ただし何度も申しますが、どの階層になったとしても安心安全で衣食住最低保証は完備されている環境になります。違うのはそれ以上の事に関してです。

 さてそれでは以上が移民難民受け入れ態勢の前編である地上対応編となります。後編は地下大都市の仕組み編でお届けする予定です。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 独裁的民主主義~終了~移民難民受け入れ態勢
















 さて話が長いので2つに分ける事になりました。今回は主に地上での対応と基本的な仕組みに関しての話で、後編では地下大都市の仕組みやこの仕組みの意味や効果などに関しても話していく予定です。 ちなみに、この制度を本格始動させる際には地上にいるえせ移民やなんちゃって住み込みをしようとしている外国人の一斉試験勧告をして摘発させていきますので、このシステムが運用された場合はご注意を? どれかで引っかかった場合は、強制退去(自発的)か地下送りになります。なあなあで今いる外国人ももれなく全員適用させます。まあそれまでに完全日本国籍を得ている人は対象外になりますが。ああ、親日日本人というのは称号と言っていますが、正確には日本国籍の別称で使っています。

そして私のブログで基本的にniceが付きにくいワケは、私自身が作成時に必要無いと思う回が多い事でしょうね。基本的に狙っている回が少ないですから。誰かに盲目的に良いねをされるよりも、ちゃんと効果や中身を知ったうえで評価される方がその意味合い性は強いですから。まあ基本的にこのso-net内での認知度よりも一般での認知度が高ければそれでよいという感じですので、これからも基本的に数が増えることは無いでしょう。 ちなみにこういう危険な回は端から狙ってません。(笑) というか迷路以降狙っていないから当然の結果ですしね。何かにおいて狙わせない工夫をしている所もあったり。(笑) END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第658回 日本と神道について 日本の文化的宗教 [授業]

 さて昨日ほぼネタ晴らしした日本の日常宗教文化についてのお話です。答えはタイトルでも載せている通り神道です。とは言え、日本人であっても神道という言葉を知っている人や熱烈な信者はそう多くいないでしょう。別に言葉を知ったり信者になる必要性は特に無く、日本人が日本人としての最低限の心構えを有しているのなら誰でも既にその心構えは有していると言って良いものですからね。まあ神道において代表的な指標の1つは八百万の神辺りでしょうか? まあ超多神教宗教とも言えますね。(笑) 多分この宗教が世界で1番多数の神様が存在している宗教ではないでしょうか? ギリシャを超絶的に超える数でありますし。しかも言葉では八百万(やおよろず)ですが、現在の状況では軽く超えるでしょう。何せ全ての物や全ての物事等に神が宿るという教えであり、人すらも神に等しくなれるという他とは全く違う宗教観ですからね。 今回はこの神道に関してより深く語っていきます。

 さて時事の方では、北朝鮮が中国に泣きついたという報道がされていますね。どうも冗談をアメリカに本気にされて、これ好機と戦争態勢万全で話し合いをしようとしている様を見せつけられて、さすがにこのままいけば攻め滅ぼされるだろうと思ったから泣きついたという状況でしょうね。つまりこの時点から見ても、北朝鮮の本意は核戦力を本気で完全に消し去る気はなく、いつでも復活や隠し持ったままでアメリカを撤退させて韓国も支配して経済支援も勝ち取って、世界に対してアメリカに完全勝利したいという意思の表れでしょうね。そして日本の専門家も今頃になって、私が昔指摘した点を言い始めて、考え方が非常に遅いという所ですね。その指摘点は、これで北朝鮮が核の完全無力化を果たす前に全部受け取れた場合、第2第3の北朝鮮がアメリカに対して核の挑発で北朝鮮と同じように行動し始めてアメリカの緊張状態と危機が今よりも数倍増す結果に繋がるという事ですね。そしてその危機はアメリカの同盟国にも広がっていくので、このまま北朝鮮が万々歳となれば、世界に核拡大の危機が非常に広がっていく状況となり、世界の核戦力の全面放棄&不使用が永遠に成されない状態になるでしょう。 ちなみに今回の泣きつきで、日本はますます何もする事が出来ずに見守る事しかできず、そちらの問題に遁走する事が難しくなるでしょうね。まあ逃げた上で何も得られなければ、逃げ場所を失う結果に繋がるでしょうけど。 それともバカヒヨコはまたバカヒヨコで居るのでしょうかね? 今もなお国民に対して大罪を犯し続けている政権だというのに、それすらも忘れて苦しめ続けられるのが良いという馬鹿共でしょうかね? 政権変えねば多分またやらかしますよ? 公文書改ざんやら税金や国民の財産の不正使用を。

 さてそれでは本題の日本の日常宗教神道の話に移ります。前説の方でも少し語りましたが、神道と言えば八百万の神や万物全てに神が宿るなんて言葉が比較的有名ですけど、全ての神を一様に崇めたり称えたりしているわけではなく、その人が信じる神を好きなように選んで信じたりするという超自由な宗教観です。そんなわけで、日毎に信じる神様変えたり、場合や状況によって信じる神様変えたりともう超自由状況で、神様への超グローバル状況とも言えますね。(笑) まあこれを他の神様が存在する宗教が見れば、緩いと言ったり意味不明という言葉辺りが妥当でしょうけども、それが日本の日常宗教神道の扱いです。だからこそ、その神道を容認して認めてくれる仏教もまた日本の文化的宗教の位置付けに入れたという事でしょう。(あっちも神様じゃないけど、そういう祭る対象の数が非常に多いからね。仏様 ただし、今では一部神様も入る。)そういう意味も含めて、その他世界で一般的とされるキリストやイスラムやユダヤ教は、唯一神や絶対神という神様1人だけという宗教観なので、日本人との相性が悪いという事なのでしょう。というか日本人が成る場合、日常宗教神道残したまま他の宗教に入るという行動が普通に行なわれてそうで、そういう意味も込めて日常に溶け込んだ宗教観の力は強いものを感じるところですね。 だからこその日本人という民族で、日常に神道が溶け込んでいるから、多神教においての考え方で、他も認めやすいという事に繋がり、日本の各地においていろんな宗教が普通に点在するという状況になっているのでしょう。昔は騒動が多かったですが、今では神社も寺も教会も普通に存在していますからね。(笑)

 さてこの神道という八百万の神についてもう少し簡単な言葉で表していくと、部屋や周りの物全てに神様が存在していて、それを認識して敬うのも雑に扱うのも超自由であり、100や1000ぐらい認識しても自由という状況は、非常におおらかな宗教観です。これこそが宗教観において世界の人を平和に繋げて行ける宗教にも思えてこないでしょうか?他の宗教観を一切排する事が無い宗教観ですからね。というか、八百万やもう1億を軽く超えそうな神様が存在する宗教だから、唯一神や絶対神と言い張る神が存在しても何ら不思議ではないという状況で、世界の宗教を繋げる意味合いを持つ宗教としては最も適しているのではないでしょうか?(まああの代表的な神様宗教の対象は同じで、教えが違うという事のようですけど。) そして日本においては日常に溶け込んでいる宗教だからこそ、日本に住むにおいてはこの宗教を嫌でも認めなければ、日本人との交流で差異や違いが生じてくる事になる。
 さてドラマにもなったぐらい代表的なのはトイレの神様で、商売繁盛や子宝祈願に交通安全の神様なども普通に存在しているわけ(宝くじで七福神とか普通に居ますね?)ですが、日本が主に出すゲームにおいてもゲーム内で普通に神が存在していたり認識されている事に気付いている人は多いでしょうか? ポピュラーなのは火や水や風に大地といった自然にまつわる神で、良く登場されていますね。
 その他日本の伝統的文化の言葉として「もったいない」という言葉にも、神道の影響は強く反映されているでしょう。大事にするという意味が強い言葉ですが、その大事にするにはその物などには神が宿っているという事やそれらに代表される神様に失礼であるなどの言葉が日常的に溶け込んでいるから出てくる言葉なのだと思います。昔から日本では、長く使った物などには神が宿ると言った言い伝えなどが存在していますから、それも込めてもったいないなどの言葉が強く反映されたり物を大事にするという文化が根強いのでしょう。そして様々な物に神が宿るからこそ、ちゃんとした供養などや祭りが行われる事が多い。日本の祭りには神を楽しませる事や怒りなどを鎮める意味合いがもたらされている事が多いですからね。

 それでここから少々移民の話との結合部分に参りますが、私は独民において移民や難民を大歓迎する事は既に表明していますが、受け入れる事と日本において正式に認める事は違います。何がどう違うのかは、その時の回を見てください。(次回以降) そして正式に認める事に際して必要な事は、日本の文化や宗教観を知り、それらを容認して受け入れること。そして日本人と日本語で会話できるかどうかです。それがどこまで出来るかによって対応が変わってくるというのが私の受け入れ態勢です。まあもちろん移民や難民としてきて住むだけであれば、別に何も無くても日本を好きでなくても安心安全に暮らす事だけは可能であり、日本人に嫌な顔をされたり差別される事がほぼ無い条件で可能です。なぜここまでの事が言えるのかについては、その大々的回を見てもらう事ですが、もうだいぶん昔に一部その内容は話したことがあるので、分かっている方は知っているでしょうね。この階級体制による日本であって日本ではない場所に住んでもらう方法を。だからこそ何千万という人数でも受け入れ態勢を可能に出来ると表明できるのです。 私は受け入れには非常に寛容だが、日本の事に詳しく日本人と仲良くしようともしない移民等に日本人と共に生活できる場を与えるつもりはありません。これが寛容だけども非常に厳しい私の移民観です。 ああ、ちなみにその際は、今馴染んでいる移民等に近い人達はトランプ氏の不法移民対策並みに恐怖する事になるでしょうけど。(まあ、日本人よりも日本人らしい状態であれば、何にも憶することは無い状況ですけど。むしろ喜ばしくもなるかな?)


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 日常的宗教神道~終了~八百万の神
















 さてそろそろ独民の移民難民に関する壮大な話に移行していきますか。これによって今後どこで戦争紛争が発生して大量の移民や難民が発生しても、その全てを一様に受け入れる事が可能になる最強の人助けにも出来るその仕組みを。まあ安心安全と衣食住最低保証は付く環境ですから、非常に好待遇である事は確かでしょうね。それ以外は絶望的ですけど。(笑) まあここら辺であまり多くは言わないでおきましょうかね。 思いは半々様々出てくる問題に近い私の考え方ですから。
 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第657回 誰しも必ず使った事のある忖度の意味を簡単解説(小学低学年以上版)+桜問題 [授業]

 さて今回は番外編です。ネットなどで普通に解説が出回っている忖度の意味をとても分かり易く子供でも簡単に分かる解説でお届けします。「相手の気持ちを推し量る」や慮ると言った言葉ではなく、もっと分かり易い例えがあるでしょうという内容です。それはほぼ誰しもが必ず1回は行なった事がある行為です。まあ普通に生きて仕事などをしている状況では、忖度社会は普通の状況でしょう。 何か今回の忖度問題において忖度自体が悪い意味になぞらえて誤解している方も多いので、私の方でも明日からでも子供に教えられる簡単解説内容を今回は話していきます。ついでに日本の問題の1つである桜問題に関しても。

 さて時事の目玉としては元理財局長の証人喚問が行われたことが報道部門持ち切りのニュースでしたが、完全に安倍政権と与党に忖度をした証人喚問となりましたね。そればかりか野党の質問に対してはほとんど答える気も無いようで、あの人自体も民主主義なんぞ必要無いという人物のようですね。与党の刑事責任を追及されそうな質問には答えられて、野党の何でもない質問には確固として答えないという姿勢は、官僚として安倍政権の忠実な犬としては誇らしい行動でしょうが、本来忠誠を誓う国民を完全に捨てている態度は国民にとっての国家反逆者という位置付け的対応状況ですね。まあ始めから与党や政権と裏で通じていたようですし、国民の思いを堂々と裏切る為の茶番という状況でしょうかね?まあ与党自民党も安倍政権擁護に熱心になっていたようですし、安倍政権どころではなくて、自民党主戦力も共に腐っているという所でしょうね。まあそれにしても野党の戦力不足というか追及能力の低さはやっぱり信用実が無いと思えるレベルでしょうかね? こういう状況が続くのであれば、野党側の切り札としてTV等で良く出て来る専門家などを特別召還とか出来る制度があればまだ良いのでしょうかね? というかむしろそれが行なえればまだ民主主義らしい国会情勢に出来るのかも? さすがに専門家の言葉までガン無視するような状態であれば、国民の思いなどは不必要と断言している状況になるでしょうし。 ああちなみに、独民において国会議論等においては、むしろ大盤振る舞いで入れますよ。今想定しているのは、政治家4:専門家&専門の仕事人4:マスコミ&視聴者国民2ぐらいの割合で考えていますけど、政治家で専門知識ある人が少なければ、マスコミと対比率逆転で行なわせるつもりです。関心興味があって話し合いに参加したい人は誰でもウェルカム(ようこそ)な国会情勢を築くのが私の目指す独民の国会運営です。まあ無関係人物は関係なく追い出しまくるけど。(政治の話し合いに筋肉談義の人は要らないでしょ?)

 さて簡単解説忖度の意味ですが、相手の気持ちを鑑みたり推し量ったり慮る事が分かり易い解説という事で、一般的には大体そうなっていますけど、まだ具体的に分かるのか分からないのかの瀬戸際的な解説でしょう。これは小学生高学年辺りには分かるでしょうが、低学年(1年等)だと少々厳しいかもしれません。という事で、あの頃の年代の子でも自分達が普通に行なっている行動が既に忖度であるという事で解説していきます。 忖度とかで分かりにくい言葉になっていますけど、早い話が相手の心情(心の状態)を思いやって自分から行動したり考えたりする事が忖度という事なのでしょうから、という事は子供が一般的に自発的に見様見真似でやるお手伝いなどはまさに忖度の理に適っている行動だと思いますよ?最初の内は真似っ子気分で行なっていくのでしょうけども、1度その行為を褒められたりした後は、それと同じようにまたやれば親が喜んでくれるとかまた褒められるとか考えるでしょうから、それで行なっていく行動はまさに忖度であるという事でしょう。自分にとって親しい人や家族が喜んでくれるからとか褒められるからとかで、自分から考えて行動していく事は普通に忖度と言えるのではないでしょうか? という事はテストで良い点を取ろうと考えて行動するのも忖度で行なわれているという事になるでしょうね。まあ多少おかしな意味合いとしてでも良いなら、相手を思いやる行動が忖度であるという事でしょうね。という事は親子間や友達同士で普通に行なうあいさつなども忖度が発生しているという事でしょう。普通に挨拶としてするという事では違うでしょうけども、相手の様子が少し違う場合などに確認などの意味も込めて挨拶をすれば、それは忖度であると言えるでしょう。例えば、大丈夫ー?と声を掛けたり、そっと気付かれるか分からない程度にお助けする事も忖度でしょう。それらは全て相手の事を考えたり思いやったりした上に行なわれる行動ですから。 もう少し高難易度の例えで行くと、校長先生などの話を最者から静かに聞く態度は、忖度そのものですね。普通は素直とか良い子であるとか例えますけど、忖度にも言葉の意味合いだけなら該当します。誰かの為にルールやマナーを守る事も忖度と言えるでしょうし、それは社会や人間としてのルールでももちろん言えるでしょう。つまり忖度というのは、今迄であまり知られていない言葉であったけども、実は普通の暮らしに普通に存在していた言葉だという事です。要は知らなかっただけです。まあ知ったところでいちいちそんな言葉に変換する必要は特にないでしょうけどね。 これらの意味合いでも分かる通り忖度という言葉自体はありふれていて害悪の象徴というのは嘘偽りです。まあそれでなぜこの国会で大問題になっているのかというと、忖度によって犯罪が行なわれた疑惑が高いから問題として取り上げられて、政治に対する忖度の悪名度だけが異常に上がったという事です。 ちなみに政治の場においての本来忖度される頂点に来るのは国民なのですが、今の政権政府がその頂点を国民から奪い取ったことで、悪用されているという事です。政治家も官僚や公務員も本来は国民に忖度して政治を行なうのが正しい状況だったのに、その忖度されるという権力を政権政府が国民から強奪したため、その忖度が悪用される状況になって今に至るという事です。 つまり悪いのは忖度という言葉でなくて、それを悪用しようと強奪した不届き者達です。 ちなみにこの不届き者達は安倍政権だけではないと言えます。このような政治体系の礎を築いた者共が、既に不届き者共という事です。そしてそれに気付きつつ改善変革してこなかった今までの政治家共も同じ不届き者であるという事です。

 さて桜問題の話に移っていきますが、この桜問題と言われてもピンとこない方は多いかもしれませんが、簡単に言えば桜の花見に対するマナーの問題です。まあ桜を根本から枯らして腐らせる外国産害虫の問題もありますけど、それは特効薬などの作成と日本国内徹底根絶やし作戦敢行で対処していくしかないでしょう。 で、問題として毎年悪報告されているマナーの問題ですけど、飲みや宴の問題やゴミ問題に英語読みでDon't Touch me!!(私(桜)に触れるな!!)問題等です。(いや、英語の理由は外国人観光客が特に多いからという問題状です。) これらの問題が現在日本の各地で乱発されて非常に問題になっている事から、各行政は対応に四苦八苦しているようですが、通行に対する有料制度にして防ごうとするところも出てき始めました。これには物議が出されているようですが、一向に解決されないマナーの問題に対しての苦肉の策でしょう。 これらの問題において解決させようとして手っ取り早いのが、全国統一ルールとしてマナー違反者に対する罰金制度を導入する事でしょう。そして支払いを拒否した場合は、警察署の拘置所や待機場所にて、違反の度合いに対する何も出来ない懲罰をさせればよいです。手荷物を一時的に預ける状態(拘置部屋の目の前等)にさせて、軽ければ1時間程度で、長ければ10時間程度辺りで時間的拘束を与える形にします。 こういう方法でなら、罰金も痛いですが時間的短時間拘束も貴重な時間を失うという意味において、観光客にとってはかなり痛い状況となります。ついでにスマホも取り上げ状態ですから、依存症にとっては1時間でも拷問状態でしょうね。(笑) これらのマナー違反摘発は防犯カメラや警察の力に無人機の活用などでどんどん見つけ出して罰していく方法にして、みんなが気持ち良く出来る状況になるまで厳しくチェックしていくように続ければ、自然と収束していくでしょう。 ちなみに飲み会に関しては、花見酒という言葉がありまするけども、本来の花見からは逸脱しているというか、花よりお酒な輩がほとんどなので、専用のスペースを作ってそこで飲み専用で騒げる状態(外には漏れない防音状態などにさせて、ついでに団体ごとの個室制in料金発生体系)にさせて普通の桜の花見と宴席を切り分けるか、もういっその事さくら観光シーズンの最中での場所取りや宴席を開く事自体を禁止にする方向で行った方が面倒事の発生も無くなるでしょう。あいつらは宴として楽しく酒が飲めればどこでだって良いのでしょうし、途中から酔ってきた奴らは桜の事なんてどうでも良いと考える連中が大半なのですから、直に見る必要は無くて映像(リアルタイム)などでも十分に楽しめるはずでしょう? まあ少なくとも酒タバコを完全排除する辺りが落としどころかな? そしてそれに違反する場合は、罰金刑30~50万円辺りで、支払えないなら1ヶ月拘置所や刑務所で反省という処罰にすれば、バカもほぼ発生しなくなるでしょう。 タバコは桜に害悪になる不始末問題や煙での周りに対する絶大な問題になるとして、酒は言うに及ばず花見等どうでも良いという態度そのものであるから花見を愚弄する行為として。
 というか何で桜に対して言葉がお花見なんでしょうかね?桜だから桜見という言葉が本来の意味として正しいはずなのですがね。花見だと、全てのお花全般どれでも良いという事になります。というか花屋に行けばいつでも花見できますし、会社でも家でも花見ならいつでもできますよね? なので私はこれから桜見で行こうかと思います。 ちなみに私のネット名のオウカハルは、漢字で書くと桜花春というまさに春の桜満開な言葉です。まあ私が好きな言葉を合わせて作ったネット名ですからね。桜ってオウとも読めるのですよね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 忖度~終了~桜見
















 さて日本の宗教論話にするかビジネス系挟むか悩みどころ。ちなみに宗教論では、別にこれ日本限定の話ではないのだけどね。一般的大別宗教に染まっていない少数民族などもこれに該当される。日本では普通に馴染んでいるけども。ちなみに日本でポピュラーという時点で、2択に絞られるでしょうが、日本誕生の辺りから古く伝えられている宗教の方です。そういう意味で言えば、マヤとかアステカ等は似たような宗教観ですね。 ちなみに日本で熱心な信者はほとんどいないでしょうけど。日常に溶け込んでいるから。信者で居る必要が無い宗教。一般から見ればかなりおかしい部類だろうけど。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第656回 休憩雑記 進む世界の独裁化と政治と腐敗にその他諸々 [休憩]

 さてお休み。と言いつつ基本雑記系と変わりません。私が作る際に考える率の違いです。 さて明日は国会で注目イベントが行われる予定ですね?どう出るのでしょうか?安倍政権は権力用いて必死に口止め&責任の押し付けを行なおうと頑張っているようですけど、その姿勢自体が安倍政権への不信感そのものに繋がる事に何も気付いていないようですね。今回の問題において安倍政権が誤った最大の責任は問題の闇を払おうとする行動を率先してしてこなかったことでしょうね。国民に対して情報公開をする必要がある物を隠して、問題に対して国民が疑問に感じる事があればそれを解決して国民の不安を取り除くという国のトップとして最低限の責任から逃げて隠蔽しようとした事です。もちろん公文書改ざん問題や消えた8億円に関しての問題も疑念としてありますが、明確に判明している安倍政権の責任は総理として国民を裏切る行動を取り続けた事です。本当にこれに対して責任を深く感じているのなら、身内に対して謝罪するよりも前に国会前にいるデモの皆さんの前で謝罪を堂々とするところから始めるべきでは? それすらできない事が安倍政権の最大の問題責任ですよ。

 さて昨日それに関する話で「権力は必ず腐敗する」とか小泉氏を若干応援するような発言をしましたが、現状ではその他雑多政治家よりは、まし程度の応援です。必要な時に必要な行動が出来ずにそのままであれば、結局その程度の人間という事です。私と違って政治家としてそれなりの地位にいて国民の人気も高い状態で政治観に関しても今の所はまともな状況で、何もせずに口だけで放置では、結局そこらのダメ政治家と変わらないという事ですから。まあ現在安倍総理の次の要因としてはまた別の大物政治家などが話に上がっていますが、既に権力塗れの政治家が次の総理になっても腐敗状況はほとんど変わらないでしょうね。どうせ大改革らしいことはほとんどしないでしょうし、ただ頭が変わったぐらいではないでしょうか?(ア〇パ〇マ〇のように。〇=ン) まあその点で言えば、微応援の小泉氏が成っても五十歩百歩になる可能性もありそうですが。(他の腐りきった年長議員に押されたりして。) ちなみに今のバラバラ過ぎるどの野党が成っても特に目新しい変革は生まれないでしょうね。だってどの政治政党も我が身可愛さ権力手にして好き放題で国民無視政治しか行えないでしょう。ある意味日本の政治にこそ公平中立な第3者の分析が必要なのでは?(笑)
 さて腐敗する権力政権ですけど、これは日本語として非常に分かり辛いですね? これを簡単にすれば、どのような権力や政権でさえも年月過ぎれば年を取ってご老体になるという感じです。どちらも最初は生き生きとフレッシュな若者でしょうが、年月過ぎれば権力や政権も関係なく年を取って生まれ変わる事や若返りが必要だという事です。人間や動物なども例外なく年は重ねてほとんどが寿命を有して子供から成人向かえて高齢になっていきます。それに政治政権も変わらないという事です。下をいくら変えても上がそのままでは老化し続けるという事です。この例えは植物と逆ですね。老化すれば若者のような行動は取り辛くなりますし、若者のような考え方も無くなって固くなっていきます。そしてそれは政治政権も同じで、時代は常に進んで新しく変わっていくというのに、それについて行く為の若さが無ければ、付いて行けずにいろいろ不具合が出て来るでしょう。そしてそれを変えるのは、若者の力です。 そして独裁政権や長期政権下では今までの言葉で例えるのならいつ死んでもおかしくないご高齢状態という事です。そんな状態で未来の政治について考えていく事は出来るでしょうか?現状今で精一杯の状況で未来へ目指していく事はほぼ不可能でしょう。 そしてもう1つ言いたいのが、高齢者の多くは今までの自分達の実績を自慢に思って、社会のルールよりも自分達の独自ルールこそが正しいと考えるようになります。まあこれが政治で言う所の腐敗ですね。一般的な社会のルールよりも自分たち優先で考えるようになる。 だからこそそれ以外がどうでも良くなる。だからこそ国民の事等どうでも良くて独自ルールで行ければそれで良いと権力腐敗に突き進むという所でしょうね。

 さてもう1つのタイトル話で、世界の独裁化の話ですけど、隣国の北朝鮮は言うまでもありませんが、この間の中国の行動も事実上完全独裁国家誕生状態で行なわれましたし、ロシアの選挙でも政権側の選挙不正乱発によって圧倒的勝利に終わりましたし、アメリカでもトランプ乱風が巻き起こっていますし世界の大国レベルでは独裁化が一般的になっていますね。そして日本も安倍一強という名での半ば独裁状態ですしね。 世界においての民主主義の道はどこへやら?結局は権力と腐敗によって民主主義から独裁国家への道が普通になっている昨今情勢という事ですね。まあそもそも今の民主主義体制が民の為の民主主義体制ではないのですから、独裁国家に元通りになるというのは約束されたことのようなものです。形式上では民主主義の名を取っていても、中国では厳しい情報統制や他の意見を挙げる者は殺戮しまくりの恐怖政治で縛り上げている状況では、独裁を認めさせる選挙になっていますし、ロシアにおいては現政権が勝てるのならどのような不正も認められて全て無罪放免で、野党がやれば死刑な状況だから、公平正大な選挙は端からやる気なしという民主主義をゴミ箱へ捨てた選挙をやっていますし、アメリカはまだ選挙に関してはまともと言いたい所ですが、国民の数というよりも最後は政治家の数で決まる所から、完全に公平性が認められる状況ではないですし、世界においても違う意見を述べる者の言葉はゴミに捨てられる選挙が起きていますし、日本においても国のトップを決めるのは腐った政治家共で、その腐った政治家共を決めるのも国民の意思や清き1票を穢す仕組みですから、それ自体も民主主義をないがしろにしていると言ってよいでしょう。ちなみに日本の最大の選挙不正は国民の意思を1票も受け取らないで政治家になれる現状でしょうね。つまり現政権に気に入られれば、たとえオウム真理教の首謀者(テロリスト)でさえも政治家になれる選挙システムの最大の欠陥でしょうね。(ちなみにかなり真面目な話です。だって国民の投票がいらなくて勝手に政治家に出来るシステムが日本ですから。これこそ民主主義を完全に否定する選挙システムでしょう?) 政治家を決める段階の選挙前において、対立候補が1人もいなければ、無投票選挙で自動的に政治家になれるシステムが日本では適用されています。つまり国民の気持ちを全く得ずになれる政治家が存在するという事です。そしてこのシステムを最大限に発揮させる為に選挙に出る場合高額の参加費を設定して民主的な選挙をなるべく減らそうとしています。さらに東京一極集中化のもう1つの狙いとして、地方を衰えさせて対立候補が出る事自体を少なくさせてなるべく無投票で政権側の政治家が当選できるようにしているのでしょう。これに関しては中身は違えどロシアと変わらない選挙風景という事でしょうね。ロシアでは得票数の不正を大々的に行なうけども、日本では逆に人を減らして選挙自体を潰して当選させる方法を行なう。だからこそ今の時点で与党の議席獲得率が異常に高いのですよ。国会地方問わずにね。 そして金持ちか権力腐敗した人しかほとんど選挙に出られない仕組みにしている点は、中国等と同じという所でしょうね。つまり現状日本においても、捨てられた民意というものが多数存在するという事です。民主主義を否定する選挙を行なっていく事によってね。総理を決める方法も、国民の民意ではなく、腐敗の塊から抽出される選挙体制ですから民主主義の欠片すら残っていませんしね。ほぼ独裁国家が行なう方法ですよ? 現に今の総理だって国民が期待して成った総理じゃない事ですしね。日本では総理も政治家も国民が本意で決められない選挙体制ですから、これのどこが民主主義の選挙か?と問いたいですね。誰か自信をもって反論できる安倍政権万歳派の人はいませんか?(まあここにのこのこ出てきたら、袋叩きに遭う事がほぼ確約されますが。)

ま、普通の人の精神では権力の闇には抗いきれないでしょうね。超人クラスでも人である限り最高10年くらいでしょうかね?(普通だと1年持たない。) 私?私の精神は人に非ず。とは言え、私の場合は熱意の問題でしょうね。(あらかたの問題解決したら、それ以上やる気しないので。私の性格はフリーダム(自由)ですからね。いつまでもそんなところで固まりたくない。独民やっても、途中で勝手に降りますね。本当の民主主義を行なう土台があらかた達成されたら。) それに私はオタクなので、政治だけで何十年もとか普通に拒否です。(笑)


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 世界の独裁化~終了~腐敗とは老いである。
















 ま、現状そんな未来は今の所ないのでしょうがね。(笑)ただし私なら、少なくとも国民の生活を第1にする改革中心で行なう事は約束します。権力や政治の闇に一切掛かっておらずに独自の闇全開でいますので。 そして今後話す世界の溢れる移民や難民をまとめて日本で安心安全に暮らせる環境構築も果たす所存です。 ああ、毎回言っていますが、経済なんか知ったこっちゃありません。国民の生活の担保がしっかりされた後で自動的に少しずつ回復していくでしょ?辺りの考えです。まあ地方活性化は結構早目に行なっていくから、それで普通以上に回復しそうな気もするけど、あくまで地方の力回復が目的であって、経済発展拡大が目的ではない。普通に日本中がそれなりに栄える状況になれば良い。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第655回 雑記 「たかじん委員会・移民問題・壁の代わり」 [世界問題]

 さてある意味中途半端に終わった前回の補足や続きに今日のたかじん委員会での言いたい事等まとめて雑記ペースで今回は行きます。それなりに厳しめの爆弾系の最中なので、少し気を付けて見てね?(お遊び要素が少ない。)

 さて時事はたかじんは後にするとして、アメリカの話で昨日言いそびれたのですが、銃の連射機能のパーツに限って販売ならびに所持の禁止の対策に移るようですね。少なくともの乱射による被害発生率を減らす動きを取らざるを得ないとトランプ氏を始め銃社会大好き派も大多数の国民の意思に譲歩せざるを得なくなった形ですね。まあこれだけの譲歩を現段階で出せたのならば、この活動をもっと続けて規模を広げて行ければ、全米銃規制まで持って行く事は夢ではないでしょうね。ただ注意してほしいのは、全米で銃規制が完全に敷かれるようになったとしても、メキシコから不法移民や武器所持者が普通に持ってこれる状況では何も意味が無いと思いませんか? 現状通り抜け放題の状況ですから、たとえ全米で銃規制が徹底されたとしても、分かり易い抜け道が堂々と存在している限り悲惨な事件の発生を防ぐ事は絶対に出来ないでしょうね。(本当にあの地での調達は簡単でしょうからね。まさに犯罪者やこれからテロを起こそうと考える人にとっての楽園無法地帯でしょう。それを許容できますか?)
 そしてもう1つの話では、自民党在籍の小泉氏が結構政権に対して意見を強く言っていますね。これは自民党や政権側のガス抜き発言というよりも、今の国民感情の火に油を振り撒く発言に等しい状況ですね。「権力は必ず腐敗する」でしたか? まあその通りでしょうね。ましてや1つにまとめて一強と化せば、腐敗の進行速度も早いものでしょう。人は絶大な権力という力を持てば、必ずそれによって腐敗していくものです。それを抑える為には権力をなるべく分散させる事や透明性や公開性を高い状態で維持して、権力の強みの土台を薄める事でしか弱める事は出来ないでしょう。それでもいずれは腐敗が進行していく事になるでしょう。 私の独民でさえも終わりの頃では腐敗しているでしょうね。(10年か20年後かは知りませんが。そもそもそこまでやる気も特に無いけど。まあ日本浄化までと言えば、10年単位で掛かりそうですが。) どうせ市政のやる気なくして、各担当に任せたという感じで、責任の取り方と重要案件の最終決定権だけ持って後の権力投げ出し状態で、民の為の民主主義移行を待つという意味で。(改革が済んで民の暮らしにおいて貧困と呼ばれる問題の一掃がほぼ完全に果たせれば、満足ですからね。後は大体の権力を投げる。その意味での独民体制としての腐敗です。いや解体寸前状態かな?(笑) その状況下でなら、辞めてものんびりできるし。) 結局のところ1人の王がいつまでも権力にしがみついていても、国民の為にはならないという事です。 現状進む独裁政権下した中国やロシアの将来の明るい未来は来ないでしょうね。現状不老不死の秘薬が完成していない状況では。 アメリカはもう少し待てば自動的に変えさせられるでしょう。(それまでに既存政治家が虐げられている国民を救う行動(白人や移民黒人の垣根関係なく。)が出来ていれば。) 日本もこの状況下では少々難しいのでは?それでも安倍総理がしがみついた場合は、日本の将来の行く末を諦めてください。この政治政権体制の仕組み上では、もう明るい未来は無いという事になりますから。国民の為の抜本的超絶改革が行なえなければ、最早この腐敗による国家存亡の危機は救えない。手始めに国の借金返済と国民の暮らしの貧困問題などを解決する為に政治家の全体数大幅削減と給料の削減に公務員や官僚の基本給制度の見直しまで出来なければ、意味はない。ちなみに私はそれ全部予定(笑)。基本給の基本的な仕組みを大幅に変更させます。まあそれはまた機会があれば。

 という事で雑記なのでどこが本題なのかはさておいてな状況で、たかじん委員会の話に移っていきます。今回は様々な不安に対しての話でしたが、スポーツ関連については、私も現状改善の為の打つ手なしという判断ですね。いや出来ないというわけではなく方法もあるのですが、それ管理する役割の各省庁があんなふざけ切った腐敗状況では無理ではないかなあ?というのが現状です。 ちなみに方法というのは、先にも話した権力は必ず腐敗するという言葉のように、権力を1つにまとめてしまえば腐敗によって正常にならなくなるので、最低でもトップ権力を2分させる必要があるでしょう。つまり重要役職などの責任者等は最低でも2人以上用意する事が最低条件にすれば、腐敗進行速度や腐敗による正常な判断が出来ない確率は抑えていく事が出来るでしょう。それでも確率を下げるという事でしかできないので、ことスポーツにおいては選手ごとの頑張り度合いや強さなどに一定の明確な基準を設けて、それが内外にはっきりわかる形で常に情報公開されているような状況にするか、もしくは各種決断などの状況においてマスコミや報道系の力を大いに取り込んで、各種専門家やその他スポーツ選手を各自呼んでもらい、その専門家たちの意見と選ぶ際の決定権力を踏まえた上で民主性に則った決め方で選んでいくという方法であれば、権力による腐敗汚染の闇をかなり取り払えるようになるでしょう。 まあその他細かい所の話は多々ありますが、大体の所はこんな感じでしょうかね。
 次に仮想通貨に関しては投資という観点で行くならば別にいいのでは? 通貨としては今後の揉め事を増やすだけになりそうですから、信用しない方が良いでしょう。理由としては、世界規模で扱う電子データだから絶対の通貨安全性は存在しない事と、世界規模で扱う為に通貨の価値が毎時大幅に変動していく事によって、買い物などに使用する際にその変動値を考慮しなければならなくなり、スムーズな買い物は出来なくなり、また変動値の状態によっては悪いレートの時に店が会計決算を行なったとして、それによる揉め事が世界規模で発生しないとも限らない。つまり1単位通貨としての信用性が取れない通貨は通貨としてなじむ事は難しいという事である。 これを分かり易く言うと、日本円で例えて1分前の物が100円だったけども今はもう150円くらいまで値上がりされているとかのような問題である。これは客にとって損だが、通貨の特性上店に文句を言っても意味が無い状態になり、また返金などの問題に際しても、常に変動している状況では、正しく返金が出来ない事になる恐れが高い為にこれまた問題が問題であるとしか言えない事になってくる。それによって店などが一方的に損を積み重ねてしまう状況にもなり得るので、あのコインチェックの対応の問題性もこの点で説明できる。
 さてAIに関しては、前から何度も申し上げている通りであるという感じだな。将来的に必ず大半の仕事がこの現状のままでは奪われる事確定でしょう。そしてそれにより事実上の人による資本主義社会は終わりを迎える事になり、格差問題が酷く激しくなり、世界各地でこれの不満による国内テロが散発する非常事態に発展するでしょう。そしてこれに密接に関係してくるのが移民問題でもあります。現状機械による仕事の移り変わりが進んでいる状況で、国民に仕事がなくなって困窮する事態になってきて、その上で優秀な移民がさらに少ない仕事まで奪って国民が殺される状況になると分かってしまえば、移民反対や廃絶の流れになる事は当然でしょう。つまりそれによって世界では小規模な戦争が散発的に広まりかけているという事です。資本主義において機械の普及や移民による安い労働力によって職を奪われる人が大勢出てき始めて、貧富の格差の問題が酷くなっていけば、必然的にそれに対する国内小規模戦争が繰り広げられる状況になるでしょう。 それに機械であれば、単純労働作業においては人以上の経済効果を持っています。人件費は必要ありませんし、不平不満やベア要求などは行ないませんし、人的ミスの発生が起こらずにスムーズに行なっていく事が出来るでしょう。つまりそういう意味においての機械の力は強いという事であり、前にも言った通り単純労働作業はほとんどこれからは機械が代わりを務める事になるでしょう。 まあそれで機械がなかなか取って代われない分野という事で言うと、たかじん委員会でも出ていた企画発想の仕事や経営者にタレントや俳優などの芸能界仕事に人が行なう事に意味があるスポーツ選手などはまあほぼ奪われないでしょう。ちなみに科学者など小難しいの専攻系も企画などのクリエイティブ部門です。まあ要は私が教育でよく言っている特化された能力ですよね。近い将来において何かしらで誰にも機械にさえも負けないと言える特化された能力を持ち合わせないと、仕事を行なう事が出来なくなるという事です。 これによって人の資本主義が終わりを自動的に迎えさせられるからこそ、私が早期に自由主義への変化を掲げているという事でもあります。
 移民問題においても私のアイデアである衣食住最低保証制度によって基本的な問題はほぼ解決させられます。(余剰分は知らん。)次以降ではそういう話をしていく方針です。私が考える日本の大移民難民受け入れ計画の全貌を。最低でも数百万~数千万人ぐらいの受け入れ規模は出来ますね。ああもちろん、話には天国あれば地獄もありますよ?

 さてまたこんなところに追いやった壁の代わりの話ですけど、昨日も言った通り前時代的乗り越えられるか破壊されそうな壁に変わって、近未来的で常時更新進化させていけるロボットによる国境警備に切り替えるという話ですけども、これのメリットは、適正な人とそうではない人をきちんと選別が出来るようになるという点です。不法移民を昨日も話した受け入れ方法によって認定不法移民として受け入れたり、敵対してくる存在や犯罪者などは普通に追い返していく対応が出来るようになるので、判別が行ない易くなります。要はその大軍勢のロボットに戦いなどを仕掛けに行くかどうかです。壁であれば一概に乗り越えたりする為に行なう行動は一緒になりますが、相手が数えきる事不可能なロボットの大群という事であれば、普通はおとなしく捕まるか引き返す選択肢になります。そういう人たちには穏便に対応させて、何とか隙を突こうとか敵対行動で切り抜けようとする人たちに対しては、非殺傷設定の装備で制圧確保する流れにしてそれ以降完全に動きを封じさせる流れに出来るでしょう。それに機械のAIであれば人の記憶に頼らずに生体認証系の確認が瞬時に共通認識で行なえるように出来ますので、その点の簡略化にも出来ます。それにそもそも縦横無尽に行動可能な国境警備AI無人機が所狭しと無数に地上空中水中などにいる状態化で、その網を無事突破しようと考える人はほぼいないでしょうね。少なくとも壁よりかは難易度が格段に跳ね上がるでしょう。そして常に連携を取りつつ各自の自動行動パターンに変化がある状態まで持って行くと、人以上にほぼ不可能に出来るでしょうね。始めから認可不法移民で入ってくるという選択肢以外は。
 そしてこの方法は、将来に渡って機能させ続ける場合、壁よりも遥かに低コストで実現できますし、即時活動させて防いでいく事が可能です。エネルギーに関しては無人の詰め所用意で、太陽光や風力などで大規模確保していく流れにすると良いでしょう。 そして見た目のインパクトも壁よりも高いですからね。少々高い壁だけなら、攻略の余地はありそうだけど、地平線を埋め尽くすほどのロボットの群れを全回避で突破は事実上不可能でしょう。ついでに軍隊式で別の指揮系統で10部隊ぐらいまで分けて第10次防衛ラインまで設定すると、問答無用の不可能状態に陥るでしょう。それこそ大国軍事レベルの戦力でも持たない限りは不可能レベルにすると。(やる気も起こり得ず、普通に正式移民の道を選ぶ羽目になる。) ついでにロボットであれば、昼夜の時間帯関係無しだし。 そして最終的には、その国境付近の街等に普通に国境警備ロボットが馴染んで人助けしつつ不法者の管理確認までするような時代になるのかな?


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 たかじん委員会~終了~壁とロボット
















 移民問題に関して私が非常に寛容的に現在見られるかもですが、私はかなり厳しい派の存在ですよ? 少なくとも今の日本の体制よりも厳しい対応を取って行きつつ、衣食住最低保証のシステムとAI無人機の大量導入によって世界中の移民や難民を日本に集めて安全安心に過ごせる環境作りはしていきます。現状言葉的に矛盾している部分が多いですよね? それは今後公開していくとして、今言える事は、私は日本が好きで日本と共に生きていきたいと考える移民を正式な移民として認定とする考え方の持ち主です。それ以外は…?という話も今後。 ちなみにその話の間に密接に関係していて一見関係が無いような話を挟みますので、その点は注意しておいてください。それはある意味日本人にとって切っても切り離す事が不可能とも思える気持ち的な話です。この気持ちが無ければ最低条件にすら満たない。日本人は日本人として潜在的に特に教えられるものでもなく自然と覚えていきますけどね。ヒントは、一種の宗教的観念です。(ああ、キリスト教ではないですよ。) END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第654回 世界規模で役立つ不法移民対策 +壁の代わり [世界問題]

 さてここからしばらくは世界に対しての怖い爆弾タイムと行きますか。これを怖いと見るか良くて優しいと見るかは分かれる所ですが、不法に侵入して来る移民などを正常化させていく流れとしてはかなりの効果を見込める方法です。そしてこれを元に普通の移民に対しても簡易版で施行させていく流れにすれば、元から住んでいる国民もある程度納得できる形にする事が出来るでしょう。(移民反対派を少なく、またはある程度おとなしくさせていく事が出来る。)

 さて間に挟まる時事も今回の本題の際たる地であるアメリカ絡みなのですけども、ついにトランプ氏が貿易戦争?に至る道に踏み出したのか?という行動をしたようですね。それによって株価などに大混乱を与える形になって、そのメインの対象国である中国は対抗策に打って出る形を決めているようで、世界的な経済混乱がまたしてもアメリカを中心にして引き起こされようとしているようですね。まあこの流れを世界基準で見ると、不毛な争いとかお互いに何の益も無い戦いだとか世界の経済を低迷させる動きだとか散々な言われようになっていますけど、なあなあで片方の国が損をし続ける貿易には意味がある事だというのでしょうか? 現実問題としてそれが事の発端なのですから、それを少なくしてお互いが納得できる形にしようと得をしている側が思わなければ、損をしている側がそのような事を思って行動するのは半ば仕方のない事なのではないでしょうかね?その為の打開策としてこのような事をするというのは、今まで損をし続けてきたというのであれば、得になるか損が続くかの選択肢ならば、1度やって行動を起こしてみると考えるのも当然の事なのでは? 結果としてお互いが疲弊する結果になる事はまあ言うまでもないでしょうが、今後そのような事を引き起こさせない為の話し合いに至る道を作り出す為としては意味のある行動になるのでは? 誰だってお互いに損しかないのは嫌だろうけど、片方が損をし続けてそれを強制されるというのも、その片方がいつまでも受け入れるわけでもなくなるわけだし、お互いが納得して満足できる形に至る為のプロセスというのであれば、必要な事ではないでしょうかと思う。(片方にとっては損が続く事自体に変化は起こりえないわけだし。) まあ私はこの問題に関して特に気にするわけでもありません。私の方法自体が1度国内経済を破壊し尽くそうとしている行動なわけですし、そもそも資本主義ぶち壊そうとしている時点で、経済の上下に対しての興味は特にありません。経済の上下と国民の住環境や幸せなどと密接に関係しあっているわけでもないわけですから。むしろ格差問題での反作用が強いと見えるからこそ、資本主義は人の幸せや平和から見れば間違っている主義だと思うに至るわけですし。(私が国の要職に就くと、必ず保証する事は、世界の経済情勢(主に日本)が今のトランプ以上にひっきりなしに乱高下するでしょうね。(笑) その場合、私は落としてから上げるという話し方が好きなのでね。)
 さて時事もう1つで、この前起きた米学校での銃乱射事件の影響その後で、学校内に防弾シェルターを配置する動きが出てきて、それに注目が集まっている流れが出ているようです。自衛手段の方法としては一見良いように見えますが、これが完璧な方法であるはずがありませんね? 分かるでしょうか?これは事が起きてからでないと自衛が出来ない手段であり、状況に応じては即座に対応が出来ない自衛手段です。報道では完璧と自慢していましたが、事が起きてから対応がなされる形なので、犠牲者はどうしても発生するでしょう。さらに内部に巧妙な仕掛けなどをされた場合は、一瞬にしてその場所が最も危険な場所に早変わりする事になるでしょうから、その点の注意をよく考えて運用するようにしなければなりません。まず1つは、内部学生犯には効果が無い事、そしてもう1つは爆発物を内部に仕掛けられる可能性が出て来る事でしょう。後者に関しては、それを優先目標にして、銃乱射襲撃を引き起こして、シェルターに隠れた後に爆破して一網打尽という戦法が取られる可能性があるので、そこの管理セキュリティーは厳重にする必要があるでしょうね。そういった目的で深夜に忍び込んで仕掛けを施す輩が出ないとも限りませんから、そういった面での全体的な警備体制をさらに強化しなければ、安心しきった後に悪用での被害を出しかねませんよ?

 さて長い時事の後に来るこれまた長い本題へと移りますが、今回の内容は不法移民対策です。これは今や世界規模で反移民や難民の動きが強まり、それらの風当たり厳しい情勢になってきていますが、その風を吹かせた当事国であるアメリカとその風を大きくしたトランプ氏が行なう行動は現在でも続く世界の問題の種となっていますね? 今の現状は正常な移民でさえもその地に元からいる国民に対して見れば危機的に見るところも多く出てきている状況で、アメリカの不法移民問題はそれ以上根が深い問題として見るべき事柄でしょう。世界の流れでは移民と不法移民の明確な区別なく対等であると言っている人が多くいますが、片方は明確に不当に侵入している移民ですからね? 移民と言ってはいますが、その方法が法律違反で人の善意に反する行動である場合でさえもあなた方はその存在を対等に見ますか? これが国であるから寛容な人が多くいるという事なのでしょうが、普通の個人毎の家に例えると、不法移民廃絶に賛成したくなってしまうでしょう。というのも、1つの持ち家があるとします。そしてこれはシェアハウスと呼ばれる特定の人々が共有して住まう家の形態なのですが、正常な移民というのはここでは正式契約をしてちゃんとした鍵を持って住む人たちです。そして不法移民というのは正式契約知ったこっちゃ無しに土足で勝手に無理やり侵入してきて強引に住み始める人達の事です。その家のルールや決まりに賛同していまいが勝手に住み始めて時に元からいる人と仲良く、時に不法移民が多くなれば元からいる人を追い出してでも入ろうとする人々の状況です。 こんな人たちをあなたの家で常に「ようこそ」と言えるのでしょうか? 住居不法侵入者に対してあなたは対等なそこの家に住む人と認められるのでしょうか? 例えば泥棒が勝手に不法侵入して、「一緒にこれから住むからもう泥棒じゃないよね?」と笑顔で平然と言って来ている状況です。あなたはこれに許容できますか? 1人暮らしの女性宅に強姦がこれから一緒に住もうと押し入ってきても許せますか? 厳密なそんな狭い状況ではないにしても、似たような話です。要はあなたが広い家に住んでいたとしても、勝手に押し入って不法滞在して住処にする輩がいても許せますか?という話です。そしてその人は完全にどういう人なのか不明で分からなくて、これから何をしてくるのかも分からない人を善意の塊で許せますか?という話です。そしてこの状況がアメリカであるのなら、その人はついでにいつでも自分を殺せる銃を所持している状況で、心許せますか?という話である。 これを聞いても不法移民は悪ではないと思うのであれば、今すぐこれから今住んでいる家や住みかのカギをこれから24時間全開放状態で過ごしてください。まあ確実に不法移民がうろつき始めたりしそうですがね。

 だからこそ移民と不法移民の違いははっきりと明確に理解しておく必要があります。さてそれでは他の説明文が長くなってしまいましたが、ようやく本題の方法について話していきます。私が今回話す不法移民対策とは、不法移民だからと一方的に追い出すのではなく、これらも国できちんと管理していくようにするという内容です。この対策方法の一部はアメリカ壁問題の対処策でも語りましたが、それに改良を加えて、不法移民を正常化させていく新たな方法に進化させました。さらにその過程においても移民や不法移民の存在を国民たちに納得させていく方法にもなります。要はそれによって損が発生する状況を出来るだけ少なくして、逆に全国民にとって一律に利益が発生していく方法に切り替えていくという方法です。これにより移民などがいる事によって国民たちの生活などに何らかの形で必ず返ってくるという話になるのであれば、納得せざるを得なくなってくるでしょう? 現在はこの制度が不十分過ぎるから不満が多く移民廃絶の動きが強くなっていくのです。 移民に対しては住む事を認める行動をして、国民に対してはそれにより住環境に利益が必ず発生する事が保証されれば、双方に利益が生じる形として移民廃絶運動が小さくなっていくでしょう。まあもちろん民族問題が根深い場合はそれに限らないでしょうが、移民の全排除には一概に進ませ辛くさせられる方法です。
 仕組みはとても簡単です。10年未満の正常な移民には特別税として全収入の5~10%のお金を1年毎に国に納めるという方法にさせます。これは移民が国民に対してしばらくの間迷惑などを掛ける事になる事に対しての保証金のような形です。(この間に何も問題などを起こさなければ、後に正式国民としてこれの恩恵が得られるようになる。) そしてこのお金を国民だけが受けられるサービスや利益に繋がる事に使っていくという仕組みであれば、移民が増えれば増えるほど国民の生活が良くなっていくという仕組みに繋がっていくので、不満を挙げる人は少なくなるでしょう。お金を国と言いましたが、厳密に言えばその住む地域ごとにお金を収める形にして、そこに同時に住む国民の不満を少しでも軽くさせる為のお金に使っていくというスタイルです。(これを移民にも還元させては意味が無く、国民の不満は改善されないでしょう。) そしてこの流れから来る不法移民が支払う金額は全収入の10~30%の金額にして、初めて見つかって登録する場合にはその国の平均収入の1~3ヶ月分のお金を収める形で不法移民状態での滞在が認められることになる。(認可不法移民状態)こちらも毎年にお金を支払う事は同じなのだが、何年住んでいようがこの状態が変化することは無く、死ぬまで一生続く状態にさせる。これを解除させるには正式な移民の手続きを行なう必要があり、それを行なった際には、不法移民での滞在期間は帳消しにして、新たに移民1年目からのスタートとしてお金を支払わせていく仕組みにする。 こうすれば、不法移民でも認可されて住む事が出来るようになるが、正常な移民になるように行動させていく事が出来るようになるでしょう。 もちろん最初の認可金を支払わなければ追放という形で、以後正常移民も不可にするという形にする。 さらにこれの事で、年毎の特別税を支払わずに逃げた場合は、1ヶ月毎に倍額されていき、支払えない場合は追放と同じ形にする。(追放は不法移民のみ) ついでに正式移民の方も10年未満の国内滞在状況では、移民であり国民ではないという対応にさせて、しばらくの国民への移行期間とする。その間に旅行や仕事の都合以外で海外に移動すれば、期間を0に戻す仕組みにする。ふらつき移民対策として。そして問題を起こす移民対策としても。まあその辺の厳密なルールなどは国ごとに決めて良いが、移民などから特別税を徴収して、それをそこに住む国民たちだけに還元できるシステムを作る事が出来れば、国民の移民認可拡大などにも繋げられるでしょう。 その上で、不法移民からその国での移民認定昇格の難易度を上げれば、わざわざ不法移民から入ろうとする人を減らしていく事に繋げられるようになる。ちなみに難民に関しては、その国で労働している場合は不法移民と同じような待遇とする。

 さて時間が詰まってきたが、アメリカ壁に関しては、壁を建設するよりも簡易電気柵を不慮の事故防止で作って、その内側に超大規模編成の24時間稼働型の対人捕縛&追い返し用のオートマシンを用意して対抗していく流れにすると壁を遥かに超える効果と導入費の削減効果に繋げられるでしょう。そしてアメリカでの身分証明書等(国民や認可移民等)を提示する事で普通に通り抜けられる仕組みとして、その後護衛兼不正防止で国境越えの検査所に行く事になり、そこで手続きを行なうという流れとして、不法移民は即刻追い返し&捕縛のシステムにさせる。 オートマシンつまり無人機であれば、人の行動に対応が出来るし、常時能力などを向上させて対応力を高めていけるうえに、アメリカにとっての敵対対象かどうかを判別させる方法として優秀に効果を発揮させられる。さらにこの方法であれば、地形や領土の曲線などにも厳密に対応させる事が可能になるので、壁以上の効果を見込む事が可能になる。 つまり壁というバカげた前時代的な物を作るぐらいなら、近未来的な防衛対策手段を取る方がよほど建設的だという話である。 そしてその方が見た目的にも相当な脅威に見えるしね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 不法移民対策~終了~移民と国民
















 さて何やらまたランダム閲覧者が復活したようですが、まあしばらくはあまり気にせず参りましょう。 というかしばらくはこの移民関連爆弾内容で参ります。 さて、壁の代わりの話は別の回でもう少し詳しく行くか。言い足りない。 FIN
 そして長くなりすぎそうなので、タイムオーバーです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第653回 回る美術館カフェ+コース美術レストラン [NEWビジネススタイル]

 最近多めのこのカテゴリ回です。そして最近回転系のネタがやたらと多い気が… 少し変えていくべきかな? それはひとまず置いておいて、今回のビジネス話は1つの場所で動かずカフェや料理を楽しみながら、美術鑑賞の部分が移動していろいろ見て回れる場所を作成できれば、どちらも楽しめる作りに出来るのではないのか?という話です。大事なのは、人が動かず他の物が動く事によってそこにいる限りいろいろな物が時間の変化とともに見て回れる状況にさせるという事です。新たな絵画や美術品の楽しみ方を創造する事に対して考えてみてはいかがでしょうか?

 さて時事は野党が籠池夫妻に事実確認に赴いたという報道がなされていたことぐらいでしょうかね? これは公文書改ざん問題との直接的な関係はないでしょうが、その次の消えた8億円問題に関しては十分に関係がある内容ですから、その意味も込めての行動でしょうね。意味が無いとは言いませんが、あまり有効と言える手段でもないでしょうね。もっと周りから事実確認の証言などを集めていく事を考えて行動出来ないのでしょうかね? まあ官僚などが政府の犬で国民の敵と化している状況では、あまり進みにくいのかもしれませんがね。
 そうそう、安倍妻が森友問題に全く関与していないという話は完全な嘘の証拠がありますね。名誉校長を引き受けたという過去の事実は政府も認識をしている所ですから、全てにおいて関与していないとする総理の答弁性には矛盾が生じてきます。ここをうまく突くと、総理を少し黙らせる効果の他に、うまく行けば総理から情報漏れが零れる可能性があるでしょうね。不確定な要素からでははぐらかされるのならば、確定要素から突き抜ける話に繋げていくと効果的です。ついでに質問の際に答えなければ個人的に国民の敵となる様な文言でこれから意識して発言していくと添えると、相手の精神力に大幅なダメージを与えて行動不能にさせていく事が出来る。(逃げ解答用の人員をことごとく潰していくとどうなるでしょう? 答え:トップが出て来らざるを得なくなる。 人材とは無限に存在はしませんし。(黒笑)) 何せ官僚の答弁能力は国民から逃げる為の言葉に特化されているようですからね。その優秀な知能を国民の真実が知りたいという切実な思いから逃げる為に全力を挙げているというある意味人間のクズ共が賢い官僚だという状況みたいです。という事は財務省の人間は、知能としては超人的だけど、人間性としては底辺以下というクズ共という事でしょうかね? 国民の為にしっかりと頑張るという気持ちと行動力がある人以外は。(こういう感じの話し方が、逃げ場のほとんどない潰し質問です。現状況認めても認めなくても辿り着く先は同じ。あれだけのことが発覚した後は。違うの末路の後の話。)

 さてさて、恒例になりつつありますが時事が長い時は大体本文が短くなるのが通例です。まあ今回も中身に関してはかなりペラいですね。回ると言っても2種類ぐらいしかないですからね。縦横含めたらもう少し出て来るけども、コースの方は完全1択です。 これのコンセプトは美術品などを見て楽しみながらカフェなどの休憩や食事を楽しめる環境構築という辺りの話になるのですけども、回る美術館カフェというのは、カフェなどを楽しむスペースは固定で周りの壁がカフェスペースを中心に横にゆっくり回転する形で、同じ場所でゆっくりしながらも見られる美術品が少しずつ変化して楽しむ事が出来るという内容です。それ以外にも柱の周りに美術品が回転する形でセットされている物でも有効ですし、頑丈なガラス張りなどで、地面や天井などに美術品を配置して、それらが時間とともに縦に回転して同じ場所に居ながらも違った角度や向きで見られるという内容にする事も出来るでしょう。 人が動いて見て回るのではなく、人はカフェスペースなどでゆっくりしながら美術品が周りで少しずつ動きながらゆったり休憩しながら鑑賞する事が出来るという方法もありなのではないでしょうかね? 1つの所に固定式では人が移動する必要があり、それにより人だまりが発生したり人の行列などが発生する。それらを防いでみんなでいろいろ見て回れるようにする手法の1つとして、美術品の方を移動させて、人はカフェスペースでゆったりしながら動いていく美術品を時には見たり、時にはゆっくりする事などで混雑を少なくしてのんびりゆったり美術鑑賞をするという空間作成に出来るのでは? 1つの場所で待っていれば自然と見たい美術品の方からやってくるという状況ならばね。
 そしてもう1つは美術品などのコース巡りとレストランなどのコース料理を組み合わせた内容なのですけども、美術品などのコース巡りのルートを人が歩く方式ではなく、テーブルやイス等の料理を楽しめる環境1セットごとにまとめて自動移動出来るようにさせて、コースの料理を楽しみながら同時に美術品などのコースも楽しむという方法を作成してみてはいかがでしょうか? 人(客)は移動せずに環境が移動して同じ場所でコース料理を楽しみつつ美術品巡りを堪能するという両方セットにしたコースの作成はどうでしょうか? 新たな顧客の開拓に進ませられるかと思います。 これで料理を運んでくるウェイターなどが必要な場合はそれで、それすらも外して楽しませる事に集中させたい場合は、移動させていく仕掛けの部分で上または下から料理が変わっていくという作りに出来れば、ウェイターの代わりにもなるでしょうし、いろんな要素なども付与して行けるでしょう。

 そして散々美術品などとしていたのは、別にこういう環境下で鑑賞する物は美術品だけに限らないでしょうからね。メモリアル記念展とか、希少品展とかや様々鑑賞する物や店の商品などをこのような形で色々見せていく作りにもしていけるでしょう。それにこういう展開方法で行くのならば、カフェスペースや料理が楽しめる環境を併設させて楽しませる事が可能になり、いろいろな物を時間の変化とともに楽しみながら関係する料理や飲食物を楽しませていくなんていう方法も考えていけるので、魅せ方楽しませ方にもさらにバリエーションを持たせられると思います。 見せ方の新たな方法として、人が移動して見ていくのではなく、人は動かずに見たい物が移動して来る方法で見せていくという方法もありなのではないでしょうか? そして人が動かない環境下で楽しませられる状況で1番簡単なのが、料理やカフェなどです。 この方法では、店側や関係者が特に見て欲しい物を見せやすく出来る為、いろいろと便利に出来るかもしれませんね。


 それではここまで見て頂き誠にありがとうございます。
 回る美術館カフェ~終了~コース美術レストラン
















 それにこの方法であれば、人の動きの管理による安全面の確保がしやすく、人の動きなども分かり易くなるので、防犯の面でも有効に出来るでしょう。

 さて、次は勝負形式とかの方法紹介にしますかな?タイプで言うと迷路のような感じ。 fin
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第652回 仮想現実(VR)+車=運転能力超向上~気分は車と一心同体~ [新アイテム開発]

 さて今回は突然閃いたアイデアの紹介です。この方法により、人の運転能力を格段に引き延ばして、不注意のミスなどが起こりにくいように出来ます。方法は至って簡単で、車に仮想現実の機能を取り付ける事です。

 さて時事の方はようやく報道も混迷国会ならぬ崩壊安倍政権各省庁の方へと向き始めましたね。ようやく気付きましたか、安倍政権になってから各省庁含めて腐敗の進行速度が加速度的に早くなって、最早国民にとっての敵になりつつある状況だという事を。森友問題での財務省然り教育への政治弾圧の文科省然り国民の年金守る気なしの年金機構然りという各省庁の腐敗ぶりが酷く顕現しています。これらの問題の起点は全て安倍政権に集約される状況で、憲法改正の前にもっとするべきことがあるはずなのにそれを怠っている責任は酷く重い物があるでしょう。各省庁の国民目線の抜本的改革が下せないようでは、憲法改正も腐敗させる気満々となるでしょう。今回の文科省問題は、先にも述べた通り自民党+安倍政権の敵は堂々と政治弾圧をして潰すという独裁政治の方法そのままですからね。政治家の個人の意見でそのまま文科省が付き従うというのは、民主主義を完全に否定する行為であり、その対応は人格否定攻撃(話をでっちあげて民間人を不当に犯罪者に仕立て上げている。)に該当する政府が1番やってはいけない行為である。ちなみにこれは安倍総理のご意向を独自に組んだ自民党議員が行なったものだが、今このタイミングにおいては自爆用の爆弾を愛すべき安倍総理に間違ってプレゼントしてしまった行為に等しい。(まだね、森友財務相問題で大混乱していなければ、クリティカルヒットで済んだのだろうけど、致命的な誤爆状態になっている。)ついでに年金問題もこの嫌なタイミングで重なるとさらに安倍批判の相乗効果に繋がっていく事になる。これらも放置すると、支持率回復が絶望的になる可能性高し。ひたすら国民に対して謝罪の対応を取りつつ問題の闇を無くしていく努力を積極的に行なっていけなければ、かなりの国民から最悪の総理のレッテルが張られかねなくなるでしょうね。 さて自民党も安倍政権擁護で共倒れの可能性が高くなってきたから、どう出るのでしょうかね?ここらで重要役者の誰かが自民党から離脱するような状況になると、自民党がまた地に落ちる結果になりかねないでしょうね。 まあとは言え、安倍の次の候補が少ない事もまた事実。野党はほとんどが候補にすら上がれないバカ共揃い。今現時点で、自民党内で安倍政権に若干噛み付いている議員辺りが有望株かな?(まあこの問題の当初から主張する人たち辺り。それ以外は党首の器として論外。)

 さあて辛口政治批判の後に本題行きますけど、まあ今回は特段凄い内容ではありません。単純に車の運転に関して操作性や利便性がこれまで以上に格段に向上されるという方法ですからね。これによって左右や後方確認が非常に簡単になって、またカーナビの超新型のようなとても分かり易いルートマップを教えてくれるような機能が追加されるというだけです。それも、その際にいちいちちょっと視線をずらさずにそのまま運転に集中しながら常時確認できて、現実視野的に分かり易く表示されるという方法ですから。ついでに車間距離も非常に取りやすくなりますね。
 さて魅力を並べ述べてみましたけど、どういう感じかは車に仮想現実を取り付けるという事で、大体想像できるでしょう。そう、特殊な頭部を覆う機械又はバイザーのような形でもって頭というか目線の辺りに追加でデジタルデータが表示されるようにするという方法です。これはある程度の大きさでもっていろんな情報が表示できるようにすれば便利に活用させていく事が出来ます。このVR機械では車やカーナビのシステムと同期させて使用します。それで車のシステムに関しては、VRの方に現在の速度や車のエネルギー量やその他の表示を常時表示させておくことが出来るよう(一部は非表示可)にして、車のいろんな部分にカメラを付ければ、その映像と同期させて確認が行ない易いように出来るでしょう。ついでにそれに加えて常に前の車両との車間距離も表示できるようにするというのも良い機能でしょう。(現在の時速との有効車間距離が表示される仕組みにすると、安全運転に努めやすく出来る。ついでにそれに天候などの条件値も計算できるようになるとさらに便利に。)さらにブレーキのタイミングのアシスト機能も付けられるし、バックの際の後方確認からバックの状態であるという確認がよく分かって誤認回避にも繋げられる。 さらに車に様々な特殊機能が備わっている場合は、それを視覚的にも表示させて危機回避やそのタイミングを知らせてくれるようにも出来るでしょう。
 そしてカーナビゲーションシステムとの同期によって、さらに運転性の向上と利便性が急激に上昇する事になるでしょう。3DVRとしての仮想現実の画面も加えて、多角的かつ現実的に様々な情報を視野角内に表示させる事が出来るようになります。これによって通るべき道のロードマップに色を付けて、今走っている道路に色味付けがされた状態で表示させて、どこを通れば良いのかを視覚的に常時判別させる事が出来るようになり、また曲がる際やルートの確認による間違いもほとんどなくなる事になるでしょう。(ついでに、分岐ポイントなどでは矢印の表示なども出させるとより見やすく分かり易く。)さらには周囲の状況情報が瞬時に視覚的に見られるようになりますし、詳細情報などの閲覧もしやすくなるでしょう。(運転中ではなく、停車中に見られるようにすれば余所見運転防止として対策に出来るでしょう。)ついでに道路状況の随時確認やルート変更時でもすぐにその表示を出せて、非常に分かり易く迷わなく運転がして行けるようになるでしょう。 まあ簡単に言えばレースゲームの画面よろしくな状況に出来るでしょ?という事である。(まああれよりも運転補助機能に特化する形になるけどね。) この方法はとても簡単に車に装備させられるでしょうから、運転補助の機能としては比較的優秀でお手軽に組み込めるものであると見る。(実際車に仮想現実の機能を車の機能やカーナビと同期させて、簡単に見られるバイザー型デバイスなどを作れれば良いわけだし。まあ始めの内は機械の帽子をかぶる形でも良いだろうけど、今の時代なら視野角の広いバイザー形式等が作れるはず。竜玉好きなら片目スカウターか?) まあ実装させようと思えば、今の時代結構簡単に装備できると思うので、特段新しい内容のアイデアというわけではないという事です。むしろ誰かが既に考えて作成していてもおかしくはない技術レベルなんですけどねぇ。自動運転化や電気自動車大発展などに気を取られ過ぎという事でしょうかね? 確実に言える事は、運転が非常に楽になる便利な方法という事です。仮想現実情報投影搭載車(VRカー)はね。


 それではここまで見て頂き誠にありがとうございます。
 VRカー~終了~道に迷う確率ほぼ0%
















 まあ道なき道やけもの道や山道などのカーナビ非対応な場所などは無理でしょうけどね。(当然か。)ちなみにどうやって操作するの?という至極簡単な問いに対しては、声で操作出来るようにすれば良いという回答です。
 別談ですけど、カメラの機能フルにすると、頭的にはよそ見をしながらちゃんと前を見ながら運転をするというような方法も可能になり、仰向けやうつ伏せ運転なども可能になります。(まあ警察に見つかれば確実注意されそうな機能ですがね。)

 さて、車の運転で雪に悩まされる地域が多いようですが、地下に道を作れば良いという簡単発想にはなぜ辿り着こうともしないのでしょうかね?バカ真面目に地上だけで考えて、毎年のように事故多発で、長蛇の渋滞行列や天候不良での交通機関不全で動けなくなる人多数発生を何度くり返すのでしょうかね? 地下車道(最初は国道から)作れば、ああいうトラブルはほとんど起こり得なくなる問題でしょうに。多額の費用が掛かるからと言って、人命や混乱に帰す状況が繰り返されて多額の被害を毎年のように受けるよりかは非常に少額で済むと思うのですがねぇ。そうすれば物資の滞りになる様な事も少なく、またこれから増えるであろう自動運転の車が予期せぬ事故を起こす可能性も無くせて安全面良く出来ると思うのですがね。雪に対してはこれ以上ないほどの対抗策なのですがね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感