So-net無料ブログ作成

第599回 休憩~ あと雑記? 火災対策? [休憩]

 普通に休みです。今日はのんびり日常系雑記で行きます。というか最近nice系回が多いので、メリハリをつける意味でも休憩というか、何も無ければ、次回中身もスケールも果てしなく大きいネタを入れようかという意味での台風の前の静けさ回にという意味も込められています。大体何の事か分かりますね?雷に対抗する防護も含めた発電の解説回の予定です。まあ何とかサブ目的も付けられそうなので、公開という形にしようかと思います。

 それにしても作成時刻の私事なのですが、この近辺で最近やたらと火災報知機のベルがサイレン上げているのですよね。大体ボヤなのでしょうけど、普通に朝夜関係なく多くて、少々雑音がある状況で過ごしています。私としては、以前それで何度か訓練させられたので、かなり耐性が付いてしまって、今では対応が慣れたものになっています。まあこの時期はマンション暮らし等の集合住宅で複数の人が住んでいる状況では、火災の元などが発生しやすいでしょうから、サイレンが鳴っても慌てず騒がず行動していたら最高なのでしょうが。まあその場合で本火災の場合の対処行動として有効なのは、さっさと避難する事というのではありきたり過ぎるので、逃げ遅れて逃げ道が炎などで塞がれてしまった時などは、炎の範囲が短ければ、多少の危険覚悟で突き抜ける事が有効(そこから逃げて煙と熱でやられるよりは。)でしょうし、長い場合などは、近くに水を出せる場や消火器がある場合は、消火器ならばそれで一時的な道を作るという方法で、水であれば周りに炎だらけなら出しっぱなしで対抗して、逃げ道を進むのなら、衣服や水を纏える布に水を大量に含ませて、それに身を包んで進めばある程度の炎は無事に通過する事が可能です。さらに煙の危険性もこの水布である程度防護可能なので、それらの危険性が待ち受けている時には、炎に対抗する手段として水を連想させられるように出来れば、助かる確率を上げられるでしょう。これは別にマンションなどの話ではなく、ビルや店などでも同じ話です。とりあえず火災現場に遭ってしまった時に、逃げ道確保と共に水場の確保も考えられれば、生存確率を上げる事に役立つでしょう。どんな場所でもトイレや蛇口くらいありますよね?ある程度の街等であれば。 ちなみに稀なケースですけど、土で埋めるという方法も有効ですね。

 さて、あとは特に無しという感じですけど、次回以降の話として、私が今までに話してきた独民や各種政策などでの具体的な効果や何が具体的に変わっていくかなどを改めて話していく予定です。今政治や経済の中で問題にされてきているものは、大体それらを根本的に解決させる内容のアイデアばかりですからね。ブラック企業や長時間労働なども私のビジョン内には存続させる事が不可能になってきますからね。あれらの根本原因は、お金を稼がなくては生きて行けない事が問題となる話ですから。あとは政府の介入力の向上で、純粋に技術を教えられる環境の構築によって、外国人労働者とブラック企業の結びつきは根絶できますし、あの方法であれば、日本人は行く必要が無くなりますからね。長時間労働に関しても、結局は生きて行き豊かになる為に必要なお金が元で生まれて行った制度です。それで今是正問題になっていますが、肝心のお金の面だけが切り離されていれば、足りなくなったお金と余った時間を使って、最近新たに設けられた副業可能と合わせて、また自然と長時間労働に戻ってしまうでしょう。そしてそれも規制しようとすれば今度は慢性的な給与格差や生活環境レベルの低下に導かれていく結果になるので、不法労働が今度は増えてそれがまた問題として出て来るでしょうから、結局はイタチごっこで問題の闇が無くなることはあり得ない話となるでしょう。それで成果性としたとしても、それを判断するのが各会社であれば、結局のところの根本問題が解決されることは無いでしょうね。まあ会社の業績が良くて関係良好であれば良いのでしょうが、全てが全てそうである可能性はあり得ないので、いくら働いても稼げない割りを食らう可能性が無いとは言い切れない問題になっていくでしょうね。成果性の1番の闇は、会社や判断をする人といかに関係が良いかどうかに起因する可能性が高いという事です。それが金儲け第1主義などがその位置に付けば、結局ブラックに陥るだけでしょうし。
 あと言えるのは、この資本主義社会において、生きて行く為には働いていく必要があるが、その基本的賃金が低く、それを今まで日本では長時間労働によって賄ってきたという歴史がある。それをただ無くした時に起きる恐れのある問題に気付けている人はどれだけいるだろうか?さらにそうだからと言って長時間労働を許せば人同士の虐殺が起きる状況になるということでは、これを簡単に解決するのには、根本問題をどうにかしなければいけないという事になる。何がその根底にあり、それをどうすればよくなるのかまで考えた事はあるのだろうか? 本当に成果が大事だという働き方に変えていくというのであれば、働かなければ生きて行けないという仕組み自体が問題を抱えている事に気付けるだろうか? まあ働かざる者食うべからずとは言うが、今の現状は働きとその対価の釣り合いが非常に悪い方にだけ偏っているから問題ばかり起こるのですよ。それを何とかする為には、ほとんど働かなくても生きて行ける環境構築が必要という事です。人間や動物などにとって1番必要な物はお金ではなく、自由に使える時間です。そして次に生きて行く為に必要な物で、3番目辺りにお金となるでしょう。愛や友情などはこれら前提条件が無ければあまりできない事ですしね。


 さてそれではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 休憩~終了~火災対策?
















 さてのんびり気分に、私が今気に入っているアニメは、ゆるキャンですね。ゆる~いキャンプでゆるキャンという感じのアニメです。私自身はインドア派ですけど、ゆる~いのほほん系は好きなので見てます。 傾向的には、ある雑誌系の漫画やアニメばかりという事になりますね。私の癒しの求め方はそれ系という事です。 FIN
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感