So-net無料ブログ作成

第571回 大晦日 だからと言って特にない。 [休憩]

 さあ大晦日です。明日は新年ですので、さっさとこのブログ閲覧を止めて、盛り上がりの方に向かうか楽しく過ごしてください。最初からクライマックスみたいなこと言いますが、新年の明け方3時頃までは来訪者0でなるべくお願いします。もし仮にその時間帯に来る人がいた場合は、次回以降で暇人めと罵りますのでご注意を。新年明けてまでここに来る必要はないでしょう?それ以外の暇な時間帯で来ればよいのですから。どうしても暇で仕方ないというのであれば仕方ないですが、来た方には私から最高の暇人の称号を嫌でもプレゼントします。ドМの人も来ないように。(ふりではありません。)

 それにしても大晦日だというのに地方も都市部も事件やら火事やらが発生しているようですね。ああいう人たちにとっては年末年始も何も関係ないという事でしょうね。まあ特にこれと言って劇的な変化が待ち受けているわけでもないですし、それほど大騒ぎする行事でもないでしょうからね。(バカ騒ぎしたい人は別。)そして年始だからと言って特に変化ない所は変化ないでしょうし、最近のお年寄りや一部の若者はすでに私と同じく達観している状況ですからね。今日と明日で何がそこまで変わるのだろう?ってね。
 さて今日のかすかな報道ではまたもや日本の悲しいニュースが出ていましたね。少子高齢化加速止まらず。成人数横ばいで、次回以降はさらに減少傾向という状況のようで、日本の危機的状況はさらに熾烈を極めて行く傾向にあるようです。(私の策を取り入れてさえいければ回復まで持ち直せることほぼ間違いないというのに。まあそうなったらなったでロボットとの激しい就職戦争時代に入るから、今の社会体制上はこのまま悪化し続ける方がまだ得策かな?)

 さて今日は本気で特に無く、休憩気分満載なので、ここら辺でお休み&年始番組へ向けてチャージしたいと思います。


 それでは来年(明日以降(台無し))もまた皆さんお元気に過ごしてください。
 ここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 大晦日~終了~少子高齢化















 こちらも見ますか?ですが再度言います。新年からこのブログに来ないように。よほどの究極暇人魔人でもない限りは別の事に意識を向けて楽しむなり休むなりしてください。特に明け3時頃までは来ないようにしてね? トリプルスリーin000を目標にしたいと思います。(まあどっかのバカなどは来そうですが。)
 それにしても大晦日のテレビ番組はつまらない物が多すぎる。私の所ではテレビの休息日になっています。さて新年明けてからも休息日が続くのだろうか? まあ別段他の楽しみがある私は特に何でもなかったりするのだけど。 END

 大味噌か?
 そして蕎麦は食べる派の私。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第570回 大掃除 NHK受信料強制支払い義務の完全撤廃 そして、TVに平等制度を [政治経済改革]

 もういくつ寝る前に今日は大掃除~ というわけで、大掃除回です。大掃除する内容はいろんな人が恨みを持っているあのNHK受信料問題に関してです。まあ完全撤廃に関してだけなら私などが日本の頂に辿り着けば簡単に抹消する事が出来るので、その方法に言及する気はありませんが、その代わりとなる新たな受信料支払いの形についてのアイデアを今宵大掃除の日に紹介していきます。

 少し前にもこれで法廷闘争が繰り広げられて一方的な法律の悪さに屈する事になった支払者側がいて、法律とこの制度の悪の歪みをこれまでと無く思い知らされましたよね?これは現状政府というか、既存の政治家が政権を握り続けている限り一生解決できない問題です。これを国民勝利の形で無くす為には既存政治家以外が政権を奪還して、新たに法律として明言させる必要があります。 しかしその方法であれば、今の政治家達にお願いすれば平気に出来るのでは?と考える方もいるでしょうが、政治家達とNHKの間に闇の繫がりがあるとしたらそれは絶対に不可能な事だと言えるでしょう。まあそれも関係なく国民の為の行動を取れる民の為の真の政治家が政権の長になれたら別でしょうが、そんな未来が自然に待って訪れる可能性は皆無に等しいでしょう。繫がりの件に関して言えば、法律で定められているからという事と、今現在でもこの現状を知っているはずなのに政府や政治家共が行動をしないという事から、何かしらの裏の闇的繫がりが密接にあると疑って考えた方が良いでしょう。それにその状況では政府にとってもいざという時の政府直属放送の代わりに使えて、選挙等においての利があるしNHKにとっても無条件でお金が大量に入るので利があるでしょうから、むしろ何の繫がりも無いという方が不自然な話です。それにその何もしなくても勝手に大金が転がり込んでくる状況下において、NHKは最近堕落している状況下にあります。社員の不正も他と比べて少し高めですし、信頼あるとされるはずのNHKが不正やら虚偽報道(朝日も昔結構該当したが)や真実捏造などの問題が多々あり、とても強制でお金を取れるところにはふさわしくない行動が悪目立ちしており、それもあってか受信料未払い問題で揉める現状になっています。 要はNHKが何もしなくても自然と大金が転がり込んでいる商売についているから傲慢になり過ぎている面があるという事です。TV業界での一種の独裁状況になっているからこのような問題が発生するのです。民放とは違うと言いますけど、普通の一般国民から見たらTVでの関係性の違いは全くありません。さらに昔は信頼されていたからまだましだったでしょうが、今の信頼度はかなり落ち込んだ状況なので、全体的な質で言えばむしろ民放の方が信頼できるような状況という事もあるでしょう。その状況でも相変わらずNHKのみに受信料が強制的に集まるこの制度はまさに悪法制度と言わざるを得ないでしょう。こんな独裁的な制度は廃止して、もっと民の為の民主主義に溢れる受信料支払い制度に切り替えるべきです。 今日はその制度に関しての私からのアイデア紹介です。

 その制度とは、「TV受信料お気に入り支払い制度」です。TVの設置と共に受信料を支払う必要があるという事自体は変えませんが、その支払先とその金額を大いに変更します。支払先はNHKだけでなく全てのTV会社や番組に支払えるようにします。そしてその金額もTV1台につき最低100円(月)の支払いのみです。そして最高は2000円までとします。なぜこのようなばらつきが出るのかについては後程解説します。そしてこの設定に関してもいちいち人がやってきたり電話などでするのではなく、TVの初期設定や制度開始時なら即時の追加設定で行なえるようにします。(ただし支払いに関しては今の形と変わりませんが。銀行等もしくは振込用紙。)ちなみにその制度開始以降はその設定が完了されるまで一切のTV番組の視聴が出来ないようにします。
 そして詳しい内容としましては、自分が好きなTV会社(TV局)や番組などにお金を支払うという形の受信料支払い制度です。つまり、自分のお気に入りの会社や番組などをTVに対してリモコンなどを使って選んで受信料を1口100円で支払っていくという形の支払い方法にします。つまり最高金額の20口(回)以内であれば何回何番組でもお気に入り受信料を支払う事が出来るという仕組みにするわけです。これによって各テレビ局の番組により正しく競ってもらえるようにします。つまり視聴率とは別の形での視聴者の人気集計の形にも用いる事が出来てなおかつその番組に対する支援金のようにも使われる事になるという方法です。ただし、最低金額としての100円というのは、これらを無視してどこにも支払わないとする人を防ぐ為に初期設定の段階で契約という形で、どこにもお気に入りが無い場合の支払いTV会社をどこにするのかを決めなければいけないという事にします。(まあ単純に良く見る局を選べばよいでしょうという形です。)ちなみにこの最低支払金額の100円ですが、どこかに1口入れればこの初期金額が0になります。という事で合計しても最大20口2000円までの支払いになるわけです。そして同時に最低金額も100円どこかに支払われるという事です。これなら年間のTV受信料の金額が1200~24000円となり、あまり見ない人や良く見る人で受信料が変化する流れになると共に、好きな番組を応援していく事がある意味直接的に出来るようになるので、その楽しみを追加していく事ができ、同時に番組側もやる気を込めてかつ正統的に番組作成に挑んでいけるようになります。(視聴率以外の形での人気がよく分かる形になるから。)
 またこの支払う番組の選択方法に関しては、データ放送や番組表から番組(または設定の中に組み込む。)を選んで、その月以内(月ごとに集計されるので。)であれば好きな時に好きな番組に1口ずつ入れられるようにします。また、同時に外す事も出来るようにします。(何やら大問題を引き起こしたりして興味を失った時など用の為に。) これならその放送時間内でなくても良くなるので、時間があまりない人や録画視聴組の人でも簡単にお気に入り番組応援が出来るようになります。
 ちなみにこの金額設定は現在のNHKの金額よりも低めに設定しています。そして口数を限定するのも国民レベルで金持ちと一般の区別をつける事があまりない金額にして対等で平等な条件にする為の設定です。(回数付けなかったら、裏金系の巨額投資で不正連発になりかねないので。あと人気番組操作。)

 この私の考える新たなTV受信料お気に入り支払い制度なら民の為の民主主義性にあふれる形の受信料支払い制度に出来るでしょう。それに、最低金額も月100円なので、現生活保護系の人でも今よりも暮らし良くTVを見る事が出来るようになるでしょう。さらにはそのお金を別の所に回す余裕も出たり、もしくは好きな番組をもっと好きになれるように応援も出来るようになるので、TVを見る事の楽しみ増加にも繋げる事が出来るようになります。 さらには番組に対して自分たちの意見を伝えやすく出来るツールにする事も可能かな?(特殊方法 質問が無い限りは答える気はない。) ともかく、TVと視聴者の繋がりをさらに深めてより良い番組作りに視聴者も参加していく事の出来る新たな制度にする事が出来るでしょう。 このアイデアを今の制度に不満を持つ人々にぜひ伝え広めてほしい。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 NHK受信料強制支払い~終了~TV受信料お気に入り支払い制度
















 さて大掃除終了~(現実の方はほとんどして無いけど。新年と言っても特に何が変わるわけでもないし、そもキリスト系が元の新年だから特にやる必要はないかな?という感じで。) さてカッコ内で散々言っていますが、もういくつ寝ると~というかあと2日で終わりですね。(正確には1日半ぐらい?) 年末年始は私もさらに休憩多めで行く予定ですので、皆さん期待せずに年末年始の暇つぶし用としてください。(正直言うなら、皆さんここに気にせず楽しむか休んでください。(笑)新年からこのブログを見るとか、私が言うのもなんですが、正気ですか?と言いたくなります。(そこまで暇?)新年ぐらい(さっき散々けなしたけど)は皆さんもゆっくりしましょう。) 
 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第569回 気温発電(水銀発電) !閲覧危険! [新アイテム開発]

 さあ年末へと入って来まして閲覧者も普通に少なくなってきたこの段階で少々危険な発電を紹介していきます。この発電は現実上原子力発電の次に危険な発電と言えるでしょう。ただし似たような危険性はあるもののゴミが出ない事と何かを消費する必要が無い事の点だけで言えば、遥かに原発よりも安全な発電であると言えるでしょう。クリーンだけどクリーンじゃない。あえてこの発電を言うのならば、クリーンポイズン発電という感じだろうか?(言葉としてかなりおかしいが。)何かを消費することなく発電を続けられる点はクリーンだが、その物質存在はかなりの毒である事からこのような感じとなった。

 さてこの気温発電に用いられる物質の水銀とは、人体にとってはかなりの毒で水分中などに含まれるだけでもまずいとされる毒物質でもある。昔は不老長寿の薬として使用されていたらしいが、もちろんそんなことは科学的に示されていない間違いなのでご注意を。ちなみにこの水銀という物質は液体金属である。ゆえにわずかな温度変化などでも膨張や縮小を引き起こす性質ゆえ、昔は室温計や体温計として用いられていて、今でも使用者は存在しているであろう存在でもある。ついでに乾電池にも用いられている物質であり、現在も水銀を用いたことでしか扱えない物がある為に使用は普通にされている。要は空気中や水の中に紛れ込まなければ取り敢えず安心な毒であるという感じだ。(蒸発系で空気拡散になると結構まずい状況になるが。まあ原発被爆よりは程度軽いけど。) まあそんな危険物質として恐れられる点はあるものの体温計などにも用いられていたという状況から、わずかな温度変化によってもその物質の質量が常時変化する物質であることから、これを発電に用いる事も可能という事である。仕組みは解説するまでもないが、体温計というか室温計と要領はほぼ同じで、外気温の変化の影響を受ける場所において、水銀の質量を常時変化させて発電に用いるという内容である。質量変化によって収縮を繰り返すのだからそれの運動エネルギーを得る事は普通に出来るだろうから、それで半無限的に発電エネルギーを生み出す事が出来るようになる。また水銀は質量の収縮を繰り返すだけという性質で、不要なゴミや何かを消費する事は何も無い為に毒という性質の危険性を除けば比較的安全な発電用物質になりうる。あとは何か内部か外部機械的原因などによる爆発や事故が起きた際に水銀が外に漏れださないような構造が出来れば比較的安全で大規模な発電施設にすることが可能。 あの小さな室温計や体温計の中だけでも質量を大きく変化させていたのだから、それの大型発電版クラスの規模にすれば、かなりの規模の発電量を常時生み出す事が可能になるからである。しかもそれに用いる自然環境は気温という事になるので、これまた常時常に発生し変化していく物なので、四季や天候に左右されにくい発電とも言える。ついでに言えば気候も特に関係なく使用可能。 人体にとっての毒物という性質さえなければ、これ以上の発電に向いた物質は無いというぐらいの発電に向いた物質でもある。まあ毒という面を考慮しても非常に有効的に使用可能な発電であるとも言えるのだが、安全管理において使用者などが不安な場合は止めておいた方が良い発電方法だろう。 あとこれの最大の特徴を挙げるとしたら、体温計でも使われていたように大きさを自由に使えるという点だろうか。あとは気温の変化がある場所であれば良いので、内外問わず安全管理がきっちり出来ているのならどこでも使う事の出来る発電方法であるとも言える。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 気温発電~終了~水銀発電
















 今回は報道番組が年末で消えたせいもあってか早めにブログ作成をしています。いつもは大体報道番組を大体見終わってから始めている感じなので。(夕方) 明日の大規模大掃除の前に今回は軽く危険で終了したいと思います。
 そういえば少し前のとある番組で、何でもない日に花を売る為の新たな方法と、バッティングセンターの新たな取り組みの方法についていろんなアイデア分野の天才たちにアイデアを求めて勝負する番組があったのですが、期限は1週間で実際的には仕事の関係上大体1日ぐらいでまとめ上げたと思うのですが、私は番組見ながら5~10分でそれぞれアイデアが閃きました。しかもそれぞれの分野の特徴を殺さなく生かす形で売り上げを伸ばす方法なのですが、簡単にまとめますと、花の方は即席で購入者の服やアクセサリーの場所などにその購入した花でのデコレーションというか、さらに魅力的なコーデにしてくれる追加販売の形にする方法と、バッティングの方はAI技術などを使って、その人ごとに合わせた練習メニューを組んでくれたりストレス発散用に打ちやすい球を投げてくれるように学習してくれるピッチャーマシンにするのと、プロの球をプロのような感覚で撃ち出してくれるマシンにするという内容です。 これらを軽く考えられる私は天才を普通に超えるのでは?まあ得意分野が違うから必ずしもそうであるという事はないので単なるうぬぼれかもしれませんが。(ちなみに私も得意分野ではありません。私の得意分野は主に政治系と新規アイテム開発です。) END
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第568回 日本政府が行なおうとする国民虐殺の手段 +17年間監禁虐殺殺人事件について [犯罪対策]

 さて今回は昨日のニュースでとても興味のある報道がなされたことについてと、それに一部関係する17年間監禁虐殺殺人事件についての事件の内容に関する予測です。一見関係がほとんどないこの2点ですが、虐殺方法に関しては一部類似するところがある事が関係しているわけです。

 それではまずは時事の方の話から行きますけど、両親が娘を家の一部の場所において、17年間も監禁して放置凍死殺人を犯したという事件です。ただ現在の日本の法律のゆるみ上から殺人にはできにくく遺棄致死が最高辺りというようで、本当に殺人犯を助けまくる日本の法律という事がよく分かるような状況です。どう考えても殺人事件該当なのに殺人罪に問えない法の無能ぶりには日本は本当に法治国家なのか疑いたくなる気持ちもすごくあります。(大多数の人の世間的批判を回避する名目で殺人犯たちを助け褒め称える制度ではないのでしょうか?) この事件の真相や両親の行動には謎がまだ多く残されている状況ですが、現時点での情報を元にした私のこの事件に対する仮定の説が出来ましたのでそれを今回話していきます。今回の事件はその娘とされる被害者が幼少期に精神障害で暴れていたから閉じ込めて治そうとしていたという証言でしたが、この現状情報の中ではどう考えてもそれが真実であるとは言い難いでしょう。報道などでも言われるように病院や警察などに助けを求めればよかったはずなのに行なわなかったというのはおかしな話で、あの劣悪環境に17年間も押し込めておいたというのは虐殺目的であったと言われても何らおかしくない状況です。精神異常に関しては一部証拠があるみたいですからそれは正しいとして、なぜそれが発病したのかに対しては、現状では監禁の前後によって変わってくるという見解のようですが、また1つ新たな情報として精神異常になる前の学校に通えている時期に体にあざがあるのを見かけたという人が出てきているようです。つまりこの状況情報で導き出される答えは、小学生の頃から両親による虐待が行なわれていて、それの結果精神異常を発病する事になり、その精神異常の原因が犯罪者達の虐待によるものの可能性を疑われる可能性が非常に高い事から誰の目にも見つからないように押し込めて世間的に封印してしまおうと考えたという事ではないでしょうか?ただ虐待をしていたという状況でもDV(ドメスティックバイオレンス)のように普段はとてもやさしい心があるという人物で、その監禁状況に一種の愛情が含まれていた可能性はありますし、もしくはただ単に支配欲などによる行為での愛玩動物観賞用飼育の状況によるものかもしれません。そして最近ではその行為にも飽きが来つつあり、いつ死んでもおかしくない状況でも放置していたという事は、生きている事に対しての興味が尽きたという事でしょう。(もしくはどこまで生きるのか観察していたか。)そしてその対象が亡くなって初めて罪悪感が芽生え始めて、その後自首をするという事に繋がったと仮説します。この説であれば一定のつじつまが合うでしょう。(全部が真実とはまだ分からないけども。)どの状況行動にしても娘を殺すまで監禁して人生の半分以上を奪い取った罪は殺人の罪以上に重い物があります。私なら最低でもこの被害者が受けた時間分以上は牢獄の中に閉じ込めて、被害者の気持ちをほんの少しでも理解出来るように閉じ込めさせる刑にしたいと考えます。これは厳しすぎますか?私の中ではまだ甘い方ですけど。(私の犯罪者の処罰方法を見ている方はよく理解しているでしょうが。)

 さてこれに一部関連してくる日本政府が貧困者へ送る最低なクリスマスプレゼント情報です。なんと生活保護費を来年10月辺りにさらに低く下げる予定のようです。つまりこの上文の被害者のように飢えて狭苦しく寒い状況で凍死に至らしめる事が政府から貧困者へのクリスマスプレゼントにしようという考えのようです。これは決して誇大で言っている内容ではなく、今現状の生活保護の中でもまともに生活できなくなっている貧困者が数多くいる状況のようで、ご飯は3食食べる事は出来ず、この地球温暖化の影響かは知らないが寒暖の差がとても厳しくなっている環境下においても暖房冷房を付けて耐える事すらできない人が多くいるようである。さらにそれが出来ないという事は、もちろん遊ぶ遊興費は全く無い状況だろうし、最低生活用のお金以外は全く無くて、服も買えず最後にはボロボロでホームレスと変わらない生活をしなくてはいけない困窮者もいるようで、今現状でも生活保護受給者の生活は最低レベルをぎりぎり下回らないかもしくはすでにボーダーラインを軽く超えている状況のようである。その状況を知ってか知らずか政府は現在の給与を得ている層の最低収入が前よりも下がったから、それに合わせて生活保護の方が上回ったから下げると言っている。だがそれはもはや普通に生活できない人のレベルに生活保護の人達を当てはめる事であり、その行動は重大な憲法違反に該当する事になる事を当の政府は知る由も無かった為の行動であろう。最早現段階ですら最低生活水準を下回る状況でさらに下げるという事は、つまり生活保護のような下賤な国民は飢えて寒空の下凍死して死ねという事である。これが意味する事は、政府による明確な国民虐殺の為の行動だという事だろう。自分たち政治家の遊興費確保と政治家後の生活保護受給は嫌という理由で簡単に議員年金復活を目論んでいる状況で生活保護費の削減というのは、貧困者を殺してその浮いたお金で政治家が楽しむ為に使いたいという事に他ならないのではないだろうか?このような安倍政権が日本の国のトップに居てよいのだろうか?この今の日本政府の行動は北朝鮮と実はほとんど変わらないのではないだろうか?戦争攻撃用の軍備拡張を思いっきり加速していて、その逆に地方と貧困者の生活水準が低いのをさらに下げて、自分たちや首都の周りだけを華やかにしようという行動はまんま北朝鮮の行動と何も変わらないような気がしてくる。実は北朝鮮のトップと日本の安倍総理がとっても仲が良くて一緒になって世界を操ろうと企んでいるとかでも何らおかしくないような状況である。それぐらい国内の行動が似過ぎているのですよ。それに事実上の独裁政権という所も同じですしね。 本当に日本が北朝鮮化してきましたね。そしてそのまま先進国の栄誉も剥奪されるのでしょうかね? さらに生活保護者達を苦しめる行動がひいては日本の大混乱に繋がる行為だとなぜ気付けないのでしょうかね?それほど能無しの連中ぞろいなのかな? 生活保護者の生活が破綻する。そうなると自然と治安は乱れていき犯罪者が増えて、日本の安全神話が崩れ去り、観光客なども減り、生活保護受給者の需給が減るという事は国内の需要もまた下がるという事になるからデフレスパイラルがますます加速されていく事になる事を何も理解できないのだろうか?オリンピックが迫る状況で、観光客がたくさん来る状況で同時にその近くに大量の貧困者たちがいる不可思議な状況にでもしたいのだろうか?今の圧政政府は。そして治安が乱れまくった後に起こるのは日本各地で昔の一揆さながらのテロ行為連発状況になり、日本が混乱のドツボに嵌まる状況になりかねないだろう。 生活保護の金額に関して収入がある人の最低レベルに合わせた金額にするとあるみたいだが、それの行き着く先が生活出来ない人のレベルに生活保護者を当てる事になるという事に何も気付けなかったのだろうか?それはすなわち、飢え死に凍死で死体蔓延る街にするという事にも気付けないバカ政治家共という事になるだろう。 本当に今のお高く留まり切った政治家達は普通の国民の生活の最低基準ラインがどこにあるのかを全く知りもしないし知ろうともしないで勝手に金額を設定しようとするから問題が起きるのです。これを最低政治と言わずしてなんというのでしょうか? だから国の国民レベルの水準は良くならずに貧困者が増え続けて国が荒れて行くのです。政府と国民の心がどんどんと離れていき過ぎた為に。必要なのは改革です。今の国民をただ苦しめ虐殺の限りをしつくそうとする悪性独裁政権を潰して、民の為の民主主義を新たに築けなければ、日本に明るい未来はないでしょう。あなたであればどれを選びますか?今の総理と共に貧困者全員を虐殺しまくって血に濡れた政治家優位の日本の道にするのか、それとも無能な政治家達に期待して何も出来ずにただ衰退して滅亡する道を選ぶのか、大規模な混乱の下に新たな芽を探していく道を選ぶのか。あなたであればどの道に進みたいでしょうか? 今のルートは貧困者虐殺のルートです。(まあ猛反発の現状まだどうなるか分かりませんが。)
 まあそれに今の惨状を生み出している原因は政治の悪政だけでなく、資本主義社会がもたらす崩壊の状況も大いに加味されているのでしょうけどね。あと言いますが、皆さん気付きも出来ないかもしれませんが、現段階で少子高齢化加速だからAIロボットの活用状況が爆発的に伸びる状況になっていき、今の予測でも人の仕事のおよそ半分は奪っていくと予想されていますが、未来の話で少子高齢化が解消された時どうなると思いますか? 答えは簡単、ロボットに職を奪われて仕事に就けない人が非常に大量に発生して、生活保護受給者が今の最低3~5倍は発生する過酷な状況になるでしょう。人は1度楽を覚えたらそこに縋りたくなるもので、人よりもロボットが楽だという事が普通になれば、大量の人など邪魔な存在になって大量に仕事難民が発生するという事です。それをどう助けて行くのかが今後の未来の課題になる事は簡単に想像がつくと思うのですがいかがでしょうか? つまり資本主義の世の中では今後大量の仕事難民が発生して世の中を混乱のドツボに落とし込んでいく事になりかねないという事です。これこそ資本主義社会の完全崩壊です。私はこの流れを既に予見していて、誰もが自由な道を選べる自由主義の道を皆さんに示しているわけです。衣食住最低保証システムはまさに資本主義社会の完全崩壊を見越した上でのシステムというわけです。そして私が独民で掲げている勉学などのシステムもこれらを見越した上での考え方なのです。つまり私は100~200年先すらも見据えながら話をしているわけです。そして当然その中に今の私たちの幸せも見据えながらの内容にしているわけです。 まあ今すぐ全部を信じろなどと到底言えませんが、遅すぎては何も成りませんよ? まあこんな私にリーダーの素質があるかと問われれば、かなり微妙ですがね。せいぜい影の大賢者兼知識者での重要なご意見番くらいでしょうかね?誰も適役者がいないのなら別ですが。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 国民虐殺~終了~17年間監禁虐殺殺人事件
















 さて私のこの感じも見納めかな?いやまだ大掃除が残っていますな。日本の国民のかなりの人が思う、すごく大掃除をしたい場所。今の制度に不満を感じて、立ち向かう人が多くいるが、国民蔑視の法律で叩き落とされているあの問題への大掃除アイデアです。私なら確実にあそこを大掃除してあげます。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第567回 雑記 来たる戦争に向けて準備を始める日本政府 日本列島軍事基地化? [政治経済改革]

 今日は軽く政治系雑記を主で行きます。

 が、軽く他の時事雑記から行きますが、相撲問題未だに取り上げられ続けていますね。(あとパンダ)その件で最近発生した被害側の部屋で他の力士が3役?辺りに昇進したとかでの会見では、普通親方が付くはずなのに異例で居なくって1人ぽつんと会見を行なったという内容がありました。あれでいろいろ説が取りただされていますが、私が思うに親方がこの問題の事を含めて自分が行くと昇進祝いのコメントや質問がほとんどなくなって祝いの会見では全く無くなる可能性が高いと考えて行かなかったのでは?現に他の昇進会見で親方などが同席している場合は、ほとんどが親方の発言ばかりにクローズアップされている映像が多くて、祝いの雰囲気を記者がぶち壊しにしている所が多かったですから。そういう事も考えて出るべきではないと考えて行動したのでは? まあどちらにしても記者があらかた祝いの会見をぶち壊しにする最低の行為ばかりが目立ちましたけどね。だから信用されなくて返答する気は無いという考えなのでは? あの親方はどうにも信用に足る人を選んで相談をしたり発言をしたりしている事が多い気がする。ただ改革派と言ってもあの人も相当な頑固者のような気がするのは私だけではないでしょう。(頭の固さでは協会連中と変わらない可能性も。)

 さて政治系雑記の方ですが、何やら今日本政府は大型護衛艦を戦争戦闘用の空母に切り替えようと画策しているようで、本格的な戦争の準備を始めようとしているようです。その少し前辺りにも敵基地攻撃用のミサイルをアメリカから購入するとかで話題に上がっている状況で今度は、大型護衛艦を空母へと改造しようとしているという話が出てきて、本気で日本政府はこれからどこかの国と本気で戦争をする前準備を行なっている雰囲気が出てき始めています。まあどこと言われれば答えはほぼ予想通りの国でしょう。それに対してアメリカと共に先制攻撃による戦争を引き起こすという事になれば、日本政府の蛮行は留まるところを知らない行為へと繋がっていき、そのまま戦争大国の日本帝国復活を目論んでいるのではないかという事まで予感させる動きですね。そもそもその国と戦争する事になったら確実に今の流れでは、日本政府は本土を簡易軍事基地化してアメリカの先兵基地になろうと行動する事になるでしょう。それによって国民の被害が発生しても仕方のない事だで切り捨てる目論見かな? そして今の行為は自衛隊憲法に確実に違反するところまで踏み込んでいるようで、その説明をどうするのか?と、もしくは国民へ隠蔽して強引に戦争大国になったから国の為に死んでくださいとでも命令する気でしょうか? そんな予感すら匂わせる状況ですね。 専守防衛で必要最低限の防衛力を保持する事に確実に違反する空母に関してはどのように言い訳して押し通して軍事国家復活へと進ませるのでしょうかね?そもそも空母自体を持つ事はほぼ攻撃用の最大能力を保有する事に繋がるのですから、これを防衛の為というのは無理があり過ぎますからね。そして最後はこれに加えて核ミサイルも防衛の為に必須とか言い出しそうですね。この流れはほとんどヒットラードイツと同じ流れを進んでいる事に気付いていますか?北朝鮮が暴走する前に日本政府が暴走する可能性も大いにありそうなキナ臭い状況になってきましたね。まあその最たる原因はアメリカにあると言えますし、平和的解決とか言って何もしない国際連合にも問題があると言えますけどね。 私を頼ればいくらでも平和的解決へと向ける術を授けられるのに誰も頼ろうとしないという事は、つまりは戦争を待ち望んでいるという事でもあるのでしょうかね? 世界の災厄から逃れる術があるとしても、使おうとしないのであれば、それは戦争を待ち望んでいる事と同義ですね。まだ公開していないだけで、黒い平和的な作戦は結構持っていますけどね。(笑)

 さてさて、ここから打って変わってのほほんコメント少しですが、超高速超電磁砲交通というのを少し前に公開していますが、あれはモノレールの技術を少し応用したら簡易版はすぐに作れると思いますよ? なんと言ってもモノレールも強力磁力の反発によってレールから少し浮かせた状態で走行させているのですからね?そのレールをぐるりと囲んで一気に押し出していく方向で行けば、意外と簡単に初期段階建造は出来ると思いますね。あとは威力出力の調整でどこまでレール的部分を削って少なくしていけるかの流れで行ければ、今から行なって早ければ2025年ぐらいまでには初期段階の完成から簡易実用化まで行なえるでしょう。何せ元の技術での運用が既にあるのだから。 ちなみになぜその後ろに閲覧不要とか付けたのは、落とし穴的意味合いと名称だけで見たらふざけていると思う人が大半だろうと思っての事です。何せ超電磁砲という砲の部分があるのに交通ですからね。全く意味の分からない人が見たら電気の力で動かす人間大砲かと思う人もいるでしょうから。
 まああそこでは結構複雑に解説していますけど、前段階の乗り物としてモノレールが既に存在しているわけですから、それの改造進化版として見たら意外と簡単に出来そうと思いませんか?(レールを輪に変えて同じ構造磁力反発型で発車させる形ですから。そのおかげでレール以上に抵抗値を減らせて、磁力の効果をより高めて加速化させる事が出来ると導き出されるでしょう?) まあその考え方でリニアにも使われているのでしょうが、私の考え方はさらに5歩ぐらい先に進んだ考え方という事です。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 戦争へのカウントダウン?~終了~超電磁砲交通withモノレール
















 もう年末はこれから思いっきり休憩ムードで行きますかな。ああそうそう、大掃除は今年も行いますよ。少し前にこれの話が出ていましたけど、私ならきれいさっぱり大掃除して、もっと有意義な使い方に昇華させる方法にします。
 さてそろそろ危険な気温発電の紹介でもしますかな?(原発の次に危険な発電。ただし大爆発の危険性は少ないが。元は不老長寿の薬として誤認されていたようだけど。ちなみに少し前の世代の人なら大体見たことあるのでは?この物質。) END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第566回 街の防犯警護にレンタルシェアガードシステム [犯罪対策]

 さて今回は社会の発展とともに物騒な状況も強くなっている昨今に便利な無人機活用術の街の防犯警護編をご紹介していきます。この方法で行けば、無理に防犯監視カメラをあちこちに設置しなくても十分以上に防犯警護能力を高められるという方法で、カメラ以上の防犯力を上げる事ができ、不安に思う人たちを直接守っていけるように出来ます。ついでにこの方法は昔に話したストーカー対策などにも応用させたり、子供の登下校時の防犯対策などにも応用が可能な方法です。 まあデメリットとしては街の防犯系コストが結構増える事ぐらいですか。

 さて今回の時事は軽く、崩壊民進党がますますをもって崩壊にひた走っている状況になっているという事ぐらいですか?かつての重役の議員がどんどん抜けて行き、名称変更などの変化をしようとしているみたいですが、いまさら党名変更ぐらいで変われるはずもなく、崩壊から消滅の危機にまっすぐ進んでいる民進党の状況ですね。そこで起死回生の一手(悪手)で元民進党議員の多くがいる失望の党や立憲民主党に再度集結を呼び掛けているようですが、立憲民主はほぼ拒否するでしょうね。支持率を0に近付けてまで数を増やしたいと到底思わないでしょうし、自分達を捨てた所がまた仲良くしようと言ってもまた勝手に裏切られて捨てられる可能性があるから、合流する事はまずないでしょう。失望の党は現状不明ですが、合流した場合余計に支持率が低迷して、数はあるけど支持率0%近くの意味無し政党に成り下がりそうですね。もう議員待遇での金目当て議員は日本もうんざりという事を理解出来ていないのでしょうかね? すでにそれでアメリカや他の国も既存金目当て議員たちの支持率が急落して、自国優先主義政党が強くなっている現状を知らないのでしょうかね? 日本国民はバカですぐに忘れるヒヨコだから大丈夫と高をくくって侮りまくっているのかもしれませんが。 与野党の腐り果てた議員共は年末の大掃除と共にゴミに放り出したい所ですね。今の状況じゃあ政治の年始は最初から粗大ごみの不法投棄場のような惨状で幕を開けるのでは?

 ではでは街の防犯警護力を高められるレンタルシェアガードシステムの説明に移っていきますが、内容は至ってシンプルで、AI会話機能搭載型地上もしくは空中移動型無人機を街の至る所にレンタルシェアで配置していきます。レンタルシェアと言っていますが、意味はほぼ被っていますね。要は誰でも使用可能で使える状態という事です。この無人機の機能としては目的地と中継ポイント(買い物などで店などに少し立ち寄る場合の一時待機してもらう場所。)をその場で設定して、そこまでの道中を一緒に連れ立って来てもらえるというシステムです。つまり簡単に一定距離のボディガードのような事をしてもらえるというサービスです。そこでレンタルというのは、サービスの信用性を確保する意味でも支払ってもらうようにします。(正確には維持管理費の補填目的)まあそれでも1回の使用料金は数キロ単位で100円ぐらいの簡単料金で動かせるようにして、誰でも手軽に安全を買えるようにします。 基本的には目的地と中継ポイントまでを利用者と共に移動していきガードするという行動(会話はその時の状況に合わせた補助)ですが、不審者の気配などがある場合はその状況がしばらくの間中解除されるまで利用者を守るという行動に自動的に切り替えるようにします。(周囲探知系の機能などを付けて、不審者に該当しそうな人のチェックやカメラや利用者との会話などでの不審人物の探知発見など。)そしていざという時の機能として、催涙スプレー系を常備&状況によって噴射する事や緊急性を伝えるサイレン機能や即時その場において警察と音声電話を繋いでその状況を伝えるとともにその位置情報もそれで伝えるという機能を持たせれば、十分以上に防犯警護の能力を持たせて街を安全に警護してくれる存在に出来るでしょう。ついでにこの無人機に危害などが加えられた時も同じような機能が発動するようにすれば、さらに安全性を高める事が出来るようになるでしょう。 そしてこの街配備型の警護無人機を各都道府県市町村が防犯の為に配備する形(警備会社等が積極的に取り組んでも良い。)にして、警護を必要とする人がいそうな場所に複数機配備(さらに正確に言うと、数十~数百配備できるとなお良い。)する。数機ぐらいであれば地上にそのまま配備する形でも良いのだが、数を多く配備する場合は詰め所というか警備用基地みたいなものを設置させる必要が出てくる事になる。まあこれに関して特に言及はしないが、どちらにしても催涙スプレーの補充や充電ができる環境は必要だろう。 ついでに言い忘れていたが、任務を果たした警護無人機は自動的に元の地点まで戻るというシステムにする。さらにその時には近くで使用を求める人がいる場合にはその場で警護契約を取り交わせるシステムを付ければさらに良い。 そしてこのシステムをその場で直接契約する形かスマホのアプリなどで予約する形などで行なえるように出来れば、さらに防犯警備力は高められるだろうが、いたずらやそれの妨害目的に悪用される事を防ぐ為に、予約はあくまでその場での契約時間の短縮と直接の現金支払いをしなくても良くする事が出来る機能にして、予約をしたからと言ってその無人機が使えない状態になることは無いようにする。つまりはどちらにしろ現地での警護開始という事にして、予約があったとしても現地の人優先で警護が行なわれるという事にする。さらに任務を果たした警護無人機帰還中の契約に関しても無人機のその時の状態を自動的に分析して、消耗品の欠如や充電残量が少ないなどの場合は契約は行なわれない仕組みとする。

 それでこの警護無人機の配置場所としては、人が多く集まる場所や人通りが少なくなるような場所の近くに配置できれば効果的と言えるでしょう。 そして基本的に形状としては、人型や動物型無人機に空中ドローン等が今の所普通に配備できる無人機になるでしょうが、将来的にはある程度の可変が可能なタイプで人を乗せて移動もできる能力やとっさの壁になれる能力などを持たせても良いでしょう。ついでに目的地到達後しばらく利用者の様子確認機能などがあっても良いかもですね。(家の中に不審者が隠れ潜んでいた場合などに対応。)


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 レンタルシェアガードシステム~終了~街の防犯警護
















 こうやって安全確保の為に警護無人機を普及させていくと事件事故の発生確率を少なくして治安をもっと良く出来る仕組みに成り得るでしょうね。 さらに将来的には突然の大型テロなどに対して、一気にすべての警護無人機がその場の一般人の安全確保に行動を移せるような機能まで持たせられれば、さらに安全性を高めていく事も出来るでしょう。もしくは事件などが発生した場合に警察が来るまでの対抗手段として使えるようにするとかね?(最終的に発展していくと、警察や消防隊が不必要になって行ったりして。(笑)) END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第565回 クリスマス休憩 +新カジノのイベントについて [休憩]

 さあメインクリスマスの日ですね。と言ってもこの日本ではキリスト教がそれほど多くもないので、普通に現代サンタの日という感じですね。(キリスト教的にはこのサンタの元もキリストの変装みたいなものであるという感じで言っているようですが、まあはっちゃけ日本では完全別物で扱っていますね。)もともとはキリスト教での聖誕祭が元なのですが、世界ではどちらかというとサンタの方の知名度だけが大きくなって広まっている感じですね。(しかも元ネタとは別物で。)ついでに言えば現職本物サンタ(職業サンタ)も存在して、厳しい試験に合格すればサンタになれるような時代ですから、そりゃキリスト教の影響度合いも薄れるわけですね。ただまあ今はそんなクリスマスもあまり特別感が無くなって、特段騒がずに楽しむもののような形に落ち着いてきているようですね。やはり本職のサンタを国に招くぐらいのイベントが年に1回ぐらいでもなければ、基本的に普通の日扱いでも良いですからね。(というか年末年始に近しい日で、庶民の経済状況が芳しくない状況では、年末年始の方に盛り上がりを吸い取られているという感が否めないですね。)
 そんなわけで今日は昨日の大きい内容の事も含めての休憩回です。 ただまあ追加で昨日の続きのような事も少し話しますけど、カジノギャンブル系を盛り上げる1つのイベントネタという形でもって見てください。

 さてイベントという事ですが、昨日のギャンブル依存症特効薬の話の中で、当日褒賞の話をしましたが、あれのさらに上のランクで回復時間ー10分(増加分のみ)を組み込むとさらにやる気になる人とギャンブルに対して冷静になる人が増えるでしょう。(それを狙って負ける人が増えて回復時間が短縮されるどころかさらに増える事になる人が増える事によって。何事も適度が大事ですよね?という話で。)さらにこれに加えて、その上のランクに特殊条件で当日回復時間が累計3時間以上経過している人なら増加分半減という最上級の褒賞を組み込むと、さらにいろんな意味で効果的になるでしょう。(これに釣られて負け込むと、1回の回復時間が平気で2~3時間超えたりしてとんでもない休憩を強いられて、嫌でも現実に自ら直面していく事になりますから。)このようにわざと高い位置にプレゼントをぶら下げて、狙える状況にすると引っかかって長くプレイしようとする人が出てきますけど、それ=回復させようという治療の罠です。回復が発生すれば嫌でも同じ遊戯は一定時間できませんし、回復時間の延長から回復時間の短縮に繋げられるチャンスやポイント倍加のチャンスなどでもデメリットになりうるので、こういう所に餌と落とし穴を作る事で、後からこの現状に気付かせやすく出来ます。そして自ら勉強して学習していくようになると。(ついでに罠回避でもそれ自体が勉強したことになるというどっちでも良い状況。) そしてこれに+して、現金貰える褒賞後の当たる確率ランダム系の物では、Hit率を減少傾向にするという工夫をすれば、見事に引っかかる人が続出して、嫌でも治療の部分を自分で考えざるを得なくなるでしょう。 まあそもそも私がこれに大きく関わっている状況であれば、前に紹介した当たり方の増減設定を適用させるので、運の要素が絡む物に関しては一定以上から当たりにくくなるように狙う事が出来ます。(まあそれ+他のイベントと併用したら十分に狙う事が出来るよう調整はしますけどね。こうやって悪魔の誘いで回復地獄に引きずり込もうとして、勉強学習させていく。つまりそれのイベントを待つという事の学習。) まあ実力ゲームに関しては、ランダムでのあれこれというよりも、イベントでの落とし穴に魅力を出すという形で誘い込む方法にする。例えば競馬や競輪などのほぼ実力で決めるタイプのギャンブルであれば、レース開始10分前辺りにいきなりダークホースと1つ良い所の倍率増加とか行なうと、狙いたくなる人が増えるでしょう?もしくは一定時間が経過するまでは1番人気の所の倍率が最低値にされていて、経過後からじわじわと10分単位で増減が始まるとかすると、回復系と組み合わせると狙いにくくなる人も増えてより賢く学習していかなければならなくなるというような事にも。

 ランダム系で面白いのは時間限定系の倍率や最低掛け金の増減などが出来るとして、あと面白いのは私のカジノ系限定の話(設定を逐一変えられるのなら別)ですが、数時間ごとにランダム系の基本当たり率を変化させていく方法も面白いでしょうね。つまり長く座っていると総合的に見てマイナスになる可能性が高くなると。そしてついでに長時間その場所にいる事への妨害兼健康的な面での配慮とかの意味で。さらにこれ+誰もが長時間座っていない場所は基本値に上昇傾向が重なっていくなどするとより動き回る必要が出て来るようになる。 あとはマイナスのイベントを発生させた後に、それに甘んじて耐えれば救済幸福イベントが始まるとかをするとより学習の幅を広げられる。 これらはカジノプレイを個人IDカードなどで情報記録できる状態でなら色々と工夫を凝らして楽しませる事が出来る内容となり、カジノとしての楽しさからエンターテイメント性としての質を上げる手法にも取り入れる事が出来るようになる。本目的はギャンブル依存症からの治療と依存症予防のカジノであるが、それで楽しみなどが減るのでは本来の意味が達成しにくくなるので、よりアミューズメントゲームとしての楽しみを入れられる工夫を入れる余地を作って増やしていけば、大損カジノよりも集客率と経営効果をより高くしつつ治療効果の増加にも繋げていく事が出来るようになる。大損カジノではデータでやろうとすれば不正の温床にしかなりかねないが、こちらの治療目的ベースなら楽しさを比較的に上げられる手法にすることが可能という事である。そうする事でこちらをより正道のカジノにする事ができ、こちらを広める事に繋げられて、よりギャンブル依存症の治療と予防効果を強く広めていく事が出来るようになる。 大損カジノはいかに一獲千金を掴み取れるかどうかにこだわるが、私のカジノはいかに楽しく賢くカジノをプレイできるかにこだわりを置いている。 これこそが誰もが楽しめる全年齢向けのカジノの形とも言えるでしょう。 (嫌でも休憩時間(回復期間)を余儀なくされるプレイヤーが多く発生するので、その休憩を狙う店などにも多くのチャンスを狙う事が出来るようになり、これこそIR(統合型リゾート)にもってこいのカジノにも出来ると言えるでしょう。そしてこれは商店街などを活性化させる為の起爆剤として使う事も可能な方法です。)

 本格的に経営しようと思って楽しく盛り上げたいのなら、条件によっては協力しますよ? これはカジノだけでなく医療用としても機能できるので、様々な方面で良い方向に持って行きやすい内容ですからね。(無条件協力はしません。)


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 クリスマス休憩~終了~カジノイベント
















 さて次は街のレンタルシェアガードシステムの話にしますか。(注:無人機の活用の話ですよ?) 監視防犯カメラだらけの社会にしなくても良い対抗防犯策です。 FIN
nice!(0)  コメント(0) 

第564回 ギャンブル依存症治療特効薬?~楽園地獄~ [NEWビジネススタイル]

 私から皆さんへのクリスマスプレゼント?な回です。(もちろん受け取り拒否は認められます。)今の日本でも問題視されて世界でも問題視されるギャンブル依存症に対しての対処ですが、今回は私がこれの特効薬にもなりうるアイデアを紹介させていただきます。 ちなみにこの内容は本来のギャンブルの世間的良イメージを前面に出した遊技としての特効薬で、これの存在を否定する事は既存のギャンブルが遊戯でない事をあからさまに意味する事になるので、その方々が批判しにくい内容になっています。(端から多数の人からぼったくる目的の所は批判出来ますけどね。)

 さて今日は時事無しで、クリスマスプレゼント回を突き進めて行きます。
 ギャンブル依存症というのは、結構世界でも知られている病気?ですが、その内容は大量にお金を消費する可能性のあるカジノなどのギャンブル系遊戯にお金をつぎ込みまくる人々の事を一般的に指します。これで破綻する人や家庭崩壊する人や犯罪犯す人が出て来る為に危険視されている病気でもあります。そして現在有効的治療法は無く、地道な我慢の積み重ねなどによる治療法しかない状況です。そして時にカジノなどは犯罪集団の収入源にもなりうるというそういう意味でも危険な場所たりえる状況です。 カジノの遊戯で求められるものは何か?それは一攫千金でのハイリスクハイリターンと純粋な勝負の楽しみによるところが大きいでしょう。ただその金に目がくらんで負ける人は多数存在して、散財になる人が数多く存在してギャンブル依存症になる人が多く出て来る事になり、治安などの都合や平和をかき乱す存在になりかねない事が問題視されている。 今回の私のアイデアは今の様々なギャンブル依存症対策が必要になってくる常に大金が蠢くカジノではなく、もっと遊戯性を高めつつ実力と時の運による一攫千金に近い事が出来る新たなギャンブル依存症治療の特効薬兼カジノの遊戯力を最大限まで高める形の方法です。 この方法ではハイリスクハイリターンに近い形を取りつつも現実的な懐事情に変化はほとんどなく、なのに一獲千金を目指しつつも遊戯の純粋な遊びをいつまでも続ける事が出来るというまさに楽園のような方法です。ただしこの楽園はのめり込んでいくと次第に地獄に変わっていく場所(金銭的ではなく、精神的苦痛時間)でもあり、大金散財をさせずにカジノとしての遊びを満足のいくまでさせて我慢させずに治療させていく新たな形です。つまり、アミューズメントゲームの要素を最大限まで高めていく形のカジノの形紹介という感じですね。ちなみにこれでなら、ギャンブル依存症に気にする必要無く子供もカジノで遊べるようにも出来ます。(料金も超リーズナブル)

 さてここから具体的な中身紹介に移っていきますが、前の私のカジノのコンセプトを知っている方はご存知かと思いますが、誰でも楽しめる形のカジノにするというのが基本コンセプトです。そして同時にギャンブル依存症の治療と封じ込めにも役立たせる機能を盛り込んだ新しい形に今回昇華しました。 この新しいカジノでは全ての遊戯を同じコインなどで使用可能にするために、電子データで個人の会員情報を管理していく形でのプレイとなります。つまり現実のパチンコの玉やカジノコインなどは一切必要無く、電子データの専用カジノコイン使用していく形になります。(つまり現実上ではプレイするのに必要な物は個人認証用のIDカード系のみという形です。)そして料金体系が1番変わっている内容なのですが、1日(又は24時間)ごとの遊戯施設料金のみの支払いになっています。つまり持ちコインが無くなったからその日の内にまたお金を使ってコインを再度購入という形を一切行わない形(使用不可)にします。そして1日のプレイ料金だけで、その遊技場内の全てのカジノを無制限に行なう事が出来るという内容にします。(これは各遊技施設の内容ごとに分ける形が良いでしょうかね。ただし個人認証に関してだけは共通で。)でもこの形だけでは初期コインが無くなったらプレイ不可になるのでは?と思うでしょうけど、ここにお金を使わせずに無限プレイが出来る仕組みで、コインが完全に無くなった後は時間経過によって初期のコイン数まで回復するという形にします。つまり全部失っても時間が経てば回復して、また遊べるようになるという事です。ただしこの経過時間というのは、1回目は10分で2回目以降はそれに+1分をしていく形にしてどんどん増えて行く形にします。つまり負けまくるとどんどん回復までの時間経過が長くなって精神的苦痛を受けて行くという流れですね。(まあ休憩時間的扱い)そしてこれは基本的には1年間加算方式で1年間過ぎるまでリセットはされない仕組みですが、1ヶ月全く回復状況を発生させなければ、+1加算分が半分に減少するという仕組みにします。(基本値変化無し。余剰分のみ。)ここでいう回復状況というのは1日の開始初期コインが0になって回復する時の行動を指し、つまり回復時間があまりにも長くなって1日に何度も楽しみたいのなら、なるべく0にしない行動を1ヶ月キープする形にしなければならないという形にする。これでのめり込むと地獄で、治療にも繋げていく事が出来る部分は少し理解していただけたかな? つまり基本的に毎日プレイ可能で最初はいくらでも少しの回復時間で出来るけども、だんだんと負けが重むと自動的に1日のプレイ時間を制御していく方向に切り替えていけるという事になる。そしてこれをうまく調整できるようになれば、楽しい時間を長く多く続けられるという事にでき、理知的に治療に進めていく事が出来るようになる。これが楽園地獄である。

 さて時間と楽しみについての部分は語ったが、これだけではまだカジノ本来の一攫千金などのお金の部分が足りないですよね?なのでここからはそちらの説明ですが、先の説明の通りに1日に基本いくらでもプレイが可能で初期コインが無くなってもいくらでも回復可能という事で、いささかカジノとしてのギャンブル要素が少なすぎる結果になっていますし、換金要素などが0に近しいと思われますよね?でも私のカジノの形にそんな隙はありません。まず簡単な部分での1日の目標的な物として、1日の内に獲得できたコイン数(0になるたびリセット。つまり勝ち続けた時のコイン数)が一定値を超えれば賞金をプレゼントされるという形にします。(このお金系の基準は後程語ります。)ただし金額はそれほど高くもなく、あくまで1日の目安であり勝利の褒賞みたいなものです。(1日に個人毎に1回のみ。つまり利用者全員にチャンスがあり、1日の内に何人も出る可能性がある。ちなみに遊戯ごとに料金を分けている場合は、遊戯ごとにチャンスがある形にする。)でもこれだけではカジノとしてのギャンブル的楽しみ要素が少ないですよね?なのでこれに追加する形で、1ヶ月又は半年か1年毎のポイントランキング勝負を行なわせて、それでの勝利者など(優勝者や1~3位)に賞金を与えるという形にさせます。つまりその遊戯においてのポイント制勝負で一獲千金のチャンスを与えて行く形ですね。そしてこのポイントというのも非常に簡単なシステムで、その日の終了コイン数がポイントにそのまま変換されるという仕組みです。つまりコインを稼ぎまくればよいという事です。そしてギャンブル要素を高める物として、この稼いだ積立ポイントを次回以降使うかどうかを選択できるようにします。使った状態では、その日の回復状況によって積立ポイントが増減する仕組みにします。そして回復を行なうごとに積立ポイントがどんどん減らされていく仕組みで、褒賞がもらえるコイン数まで稼げれば、積立ポイントが倍になるという仕組みにすると、そこに大きなギャンブル性を組み込む事が出来ます。そしてここにも途中でギャンブルをその日止めるように考える治療部分も含まれており、積立ポイントが減らされる前に止めて、その日は終了してポイントを守る行動にさせるという思惑も含ませられます。つまりポイント倍増狙って少ない可能性に懸ける事か、気にせず複数回の可能性に懸けるかを選べるという事です。(それに回復しまくる状況では、後にプレイが連続続行しにくくなる仕組みですし。) そうやってポイントをいかに高く守って優勝まで漕ぎ着けるかの戦いでのハイリスクハイリターンでのカジノにさせます。 この方法でなら、基本料金を比較的少なめに設定すれば、ギャンブル依存症治療に役立てつつ同時に正規のカジノとして大いに楽しませていく事が出来るようになるでしょう。 あとはこれにプレイ者使用の現金が絡まないイベントなどを開催してさらに盛り上げて行けばよいのです。

 さてこれの基本料金に関してですが、治療を主としてプレイをさせる場合なら1日の遊戯料金を1000円ぐらいにすると良いでしょう。カジノ性を強める場合でも2000~5000円ぐらいまででしょうね。そして子供料金は100~200円ぐらいで遊べるように。 そして初期コイン数は基本料金と同じか2倍くらいがちょうどよいでしょうかね?(ただし子供は少ないコイン数でも同じように遊べれるように工夫する必要アリ。)そして褒賞の基準額は基本料金の2~4倍くらいで、必要コイン数は5~10倍くらいでしょうか? 倍率に関してはまあお好きに。 そして優勝賞金などはどれぐらいかの期間にもよりますが、1ヶ月程度なら30~100倍程度でしょうか?(3万~10万円) まあこれも運営の仕方で決めると良いでしょう。 これなら楽しくカジノをプレイさせつつギャンブル依存症の治療にも繋げていく事が出来るようになるでしょう。長く楽しみたいから自発的な我慢や戦略を身に付けさせるという意味でね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 ギャンブル依存症治療特効薬~終了~楽園地獄
















 クリスマスイブのプレゼントになりましたでしょうか? これこそが私の考えるカジノの新しい形でもあり、適正な形の遊戯としてのカジノの形だとも考えます。楽しませる事を目的とするのならば、私の考えに基づくカジノはまさに王道を行く内容にもなりましょう。(隠されていた王道)
 カジノと適正に付きあっていく方法を自発的に見つけさせていくこの形ならば、きっとギャンブル依存症への特効薬に成り得るでしょう。何せ最初は楽園状態ですしね。(笑) END
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第563回 リリメイク 交差点などの安全確保法in磁力の網+暴走車の根絶 趣味回 [犯罪対策]

 好きですね私も。何度もリメイクしているこの内容ですが、完全に今回は私の自己満足兼それ以前の雪辱晴らしのような回なので、特に閲覧する必要はないです。というか磁力の網についての解説を見ている方は大体の事が既に理解できると考えるので、より一層見る必要はないでしょう。まあ今回の時事でも以前に語った内容+の話にしているので、見る必要が無い方は見る必要が無いという事で、休みに花開かせていてください。

 さて時事の内容は以前にも話したことがあり、今日の報道特集でも語られていた内容のスペインのカタルーニャでの独立騒ぎの話ですけど、政府が主導して選挙行なっても独立派がかろうじて勝利してしまいましたね。まあこれだけ現スペイン政府やこれまでの政府とカタルーニャ人の根深い対立の溝は深いという事でしょう。前にも話した事ですが、これの発端は民族弾圧から生まれた騒動です。つまりスペイン政府が戦争を生み出す要因となる民族弾圧を強めているから独立の動きが強まったという事みたいです。それ以前はさらに酷く民族弾圧をしていて、カタルーニャ人をドイツのユダヤ人の如き様相で扱う状況もあってカタルーニャを本気で潰そうと動いていた時期もあったぐらいですし、それによる元からの対立があったのに加えて、カタルーニャの財政を苦しめるようにスペイン政府が行なって、それの抗議を一切受け入れずに奴隷のような扱いで現政府が扱っている事から、我慢の限界となって独立の機運が高まったという事です。全てはスペイン政府がカタルーニャの人々を対等な存在として認めずに不当に扱っていたからの騒動なのです。ちなみにこれと似た動きは日本でも起きていますよ。起きている現象は違えど日本と沖縄の関係状況も同じ構図であると言えますからね。日本政府が沖縄を冷遇して奴隷のような扱いをして沖縄人を不当に見て居続けるから、今の沖縄でも日本からの国脱却の機運が出ているのです。全ては国が国内の民族などの存在を対等な国民として扱おうとしないから騒動や果ては戦争にまで進んでいく結果となるのです。これらの国が世界平和を望む事は到底できない国でもあるという事です。国内の他民族を認められないのに、他の国々を対等に平和共有で見られるわけないでしょう?戦争の火種を増やし続ける行動をしながら世界平和を考える事等不可能と言いたいのです。 なので私の考えとしてはカタルーニャ独立の動きに関しては独立寄りの中立派ですね。スペイン政府がこの騒動においてカタルーニャを認めて対等に扱っていくと方向転換をして仲良くしていけるのなら、スペインの国に留まるべきだと考えるけど、スペイン政府がカタルーニャの存在を認めないとか使い潰す目的を変えようとしないのなら独立をして対等な国関係でやっていくべきだと考える。その時には同時にEUや国際連合が支援を行なって多様な民族を守っていくべきという事でこの地域の平和の礎を築いていくべきである。 先の強硬独立の動き自体には私も反対に回るが、それによるスペイン政府の行動も十分世界平和の民主主義基準で見たら非難に相当する行為である。つまりどちらも民主主義から逸脱した行為をしている民主主義を否定する輩共である。ついでに今のスペイン政府は民主主義の最低条件すらも忘れて完全独裁国家の状況を呈しているので、国際社会の1国であるのなら最低限の民主主義の礼節くらいは維持するべきだと考える。(独立推進派で現在海外逃亡している人が話し合おうと言っているのに無視をするというのは。それではカタルーニャを絶対に認めなくて潰そうとしているという考えであると示しているようなものである。=その為なら虐殺もいとわないという考えに結び付けられていく事になりかねない。過去のドイツの二の舞である。) それに今回の選挙でも明らかになっている事だが、独立賛成反対を問わない形でカタルーニャを尊重して認めさせようという気持ちで行くと、それの支持率は8~9割にも及び、カタルーニャを認めようとしないスペイン政府とは必ずしも反対派が政府と同じ気持ちというわけではないという事になる。カタルーニャを守ろうとする事に関してはどこの政党も大体同じで、その大筋の方向性が独立の賛成反対で分けられてしまっているだけで、現在のスペイン政府の圧政に不満を覚えるカタルーニャの人々の気持ちは大体同じであると考えられる。つまり今回の独立推進派のトップで現在海外逃亡中の者は守ろうとする最初の一手の方向を間違えたという事だろうな。 ちなみにこのままスペイン政府がカタルーニャに対してまた酷い圧制弾圧を繰り広げようとすれば、独立派の機運が高まりを止められなくなっていき、内戦にまで発展して混乱を擁する状況になるだろう。他の民族を認められなければ、戦争に陥るという心理になぜ気付けないのだろうか?それだから世界平和は実現不可能な話になっていくというのに。無理に仲良くする必要はないが、お互いの文化を押し付けようとせずにお互いの存在を認め合うだけで、無意味な戦いの連鎖は止めて行けると考えるのだが? 最低不干渉辺りが妥当。

 さてリリメイク回ですが、交差点や横断歩行のある場所などに磁力の網(壁)を発生させる装置を付けまくればよいというだけの簡単な話ですが。この方法であれば、横断歩行の外側に車の侵入が出来ない見えない壁を出現させて、歩行者たちを守っていく事が出来るようになるでしょう。磁力によって車を反発又は、網で捉えて動けなくさせるという方向にすればよいのですから。さすがにこれで人に対して発動させるのには、磁力の影響を受ける装備を必ず身に着けさせる形でしか対応が出来ないですが、それも普及させられれば、認知症の徘徊者の飛び出しや子供の飛び出しなども防いでいける方向に出来るでしょう。(それの面白い使い方として、子供に磁力対応の服や靴を身に付けさせて、公園などの出入り口に磁力の網を設置すれば、不要な飛び出し防止や勝手にいなくなる&誘拐防止などにも繋げて行く事が出来るようになるでしょう。まあそれついでで、認証カードを作成させる事や他の必要性も結構課題がありますけどね。説明全部はめんどい。)この方法では車テロを防いでいく方向に出来ますし、たとえ車の完全自動運転化が成されても二重の保険として役立てて行く事が出来るようになるでしょう。ついでに恒例の暴走車両なども完全に安全に捉えて行く事が出来るようになるでしょう。(磁力で引き寄せられて動かなくなるから。)

 ちなみに先程から磁力の網と何度も言っている内容ですが、なぜ単体磁力による内容で網かというと、前回の方で詳しい構造の説明を一部省いた内容の中に、1つの輪の中から単一の磁力だけを放射させる形ではなく、輪の内側の磁力を放射させる部分にはさらに細かい区分けをして磁力が放射できるようにさせて、1つの輪でも網のように磁力の強さを変えて行けるようにする構造だからという内容です。磁力の強さを変えて捕縛する事の詳しい説明に関しては超高速超電磁砲交通の回を見てね。これを網のように発動させて、真ん中に寄らせつつ動けなくさせるとか、完全に同じ強さで放射して壁のように形成させるなどの変化を行なえるようにさせるという事です。
 それでこの形を完全実現が出来る形になれば、ガードレールにも応用が出来るようになり、白線部分に磁力の壁を即席で出現させて、歩行者などに合わせて出現させて守っていく事にも出来るようになります。これなら狭い道などでもガードレールは物理的に無理でも即席物量の無い壁で守っていけるように出来ます。とは言え、磁力に関係が無い物に関しては無力なので、普通のガードレールが必要な所もあるでしょう。(ついでに同じ理由でフェンスなども可能。弱点も同じ。)

 磁力の効果は日常生活の中で普通に使われている技術ですから、それを高度安全管理に使っていくという事であれば、皆さんも理解がしやすい事でかつ実現が行ないやすい物となりえるでしょうから。不要な事故などを防止して不幸な事故などによる悲しみを無くす為の手段としてぜひ活用する方向に動いてほしいですね。(私にそんなことを実現できるコネやツテと、交友関係があればすぐにでも取り掛からせるけどね。無いのですよ。ロンリーマッドサイエンティストには。)


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 磁力の網~終了~カタルーニャ
















 さてお次はいきなり閃いて忘れていたギャンブル依存症を直す為の特効薬についてを話す予定です。無理なく負担や我慢なく治療していく新たな治療法であり、1つの商売にも出来る方法です。そしてこれの基本精神はいつかのカジノ系のお話を参照してください。 まあ特効薬というよりも一種の娯楽施設のような形ですけどね。ギャンブル依存症の人に対しては延々とギャンブルを行ない続けられるから天国のような場所になるでしょう。天国な監獄?延々と続けられるのにギャンブル依存症が解決されるこの矛盾はどうなっているのでしょうか? いろんな意味でお楽しみに。(注:私ドS) END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第562回 AIロボット活用術~医療・障害者編~ +雑記 登下校の安全に関して [NEWビジネススタイル]

 さあ昨日とは打って変わって、今回は割とまともな内容の実用性のある回です。(昨日のも実用性だけなら十分以上にあるけども。様々な事故要因のリスクを減らせて、その上世界最速交通手段にすることが可能な話ですから。全世界規模で行なえれば、一気にグローバル化ですね。他の一部交通産業が死に絶えそうだからやっぱまずいかも?) その実用性というのも病院内での看護師負担の大幅軽減効果や障害者等へのサポート効果や最近発生率の高い孤独死対策などにも効果を発揮できる内容ですから。ついでに育児関連とAI&IoTを組み合わせての話も少しする予定です。

 さてその前に時事を少し話しますが、最近でもTVをつければ相撲かパンダぐらいしかやっていませんね。私はこれ関連で即座にOFFしてますけど。 というかパンダは論理的な思考で考えると、温和なクマですよね?それで希少性が高いからの人気だと考えると、そこまで騒ぐほどの物でもないと考えるのですが…別にかわいい動物なら他にもたくさん存在するわけで、そこまで騒ぐというのも世界基準でどうかと思いますがね。配合変換で全身黄色一色の温和なクマが誕生したらまた世界が騒ぐことになるのでしょうかね?(蜂蜜好きのフ0-さんです。)
 さてそんな中でまた酷いとされる女子児童傷害事件が発生している報道がありますが、それに関して催涙スプレーの危険性や管理に関してとやかく報道が出ていますけど、それはキリが無い話という事に気付かないのでしょうかね?そもそもが女性などが使用する防犯目的の代物ですが、これによって本当に防犯効果になったりも出来る代物ですが、防犯に使える効果があるという事は犯罪にも同時に使えるという事で、性善説によって普通に出回っているのが現状です。これを別に悪いという事はありません。さらに言えば管理などを徹底化させる必要も無いでしょう。なぜならその行動に関して何も意味が無いからです。管理を徹底化させようとすれば本当に困る人が購入しにくくなってかえって被害が増える可能性もありますし、そもそもの話こういう系統のアイテムであれば別に催涙スプレーなどよりもさらに購入が簡単な物があるのですから、これを限定させても意味は無いですし、これから話す他の品物まで範囲を広げると、ほぼすべての品物に関して厳しい管理をしなくてはならず、完全人間監視社会(人間の自由を一切封じる人間牧場化)を築こうとする以外ではできない事になりますからね。それにそもそもの話で対策云々では全く話のベクトルが違いますからね。 催涙スプレーが危険物だと考えるのなら、他のガス類を使用するすべてのスプレー缶も同様に危険物指定をしなくてはいけません。あれらも直接顔に吹きかければそれなりのダメージ効果を発生させられますし、ついでにライターを用いれば即席ファイアバーナーのような事にも出来ますからね。(威力が桁違い。軽くて重傷。)さらには化粧水や医薬品に洗濯用などの洗剤類まで含めれば山のように数も種類もあり、到底全部を管理徹底させる事は出来ないでしょうからね。(というか行なえば、資本主義の中で大暴落&大低迷社会が建築される事になる。)だから物自体を管理するという流れには意味が無いのです。即席武器ならこの世界どこでも簡単に作成可能な世の中に既になってしまっているのですから。あとはそれを持参するかしないかの問題で、そしてみだりやたらに使うかどうかの話であり、それを防ぐ為には場の環境において防いで行く流れをいかに作れるかどうかになる話です。そしてその意味を持ってすると、日本での催涙スプレーやら刀剣類からアメリカなどでの銃の所持などは同じレベルの話という事です。要は所持者と周りの環境によって安全が作られていく。既にこの世に存在する物自体を縛ろうとしても完全に封殺する事はほぼ不可能である。ならば残りの問題は、その所持者の考え方による行動と環境をいかにして危険から防いでいける環境に出来るかどうかの話である。
 さて別の方向に行き過ぎたが、話を戻して登下校時の危険から子供たちをどうやって守っていくのかの話に関してだが、答え自体に関しては私はかなり昔から話している通り、登下校で学校に直接行かせる事で限定をするのなら、最終的な解決策としては乗り物を使っての登下校しか防ぐ方法は無いと考える。今回は個人での登下校での事件の発生だったから、これを集団登下校に切り替えようとする話で解決しようと安直に考えているようだが、別に集団だからと言って安全ではなく、今までにも集団登校中の児童への車の突っ込み事故例は数多く見ているだろう?つまりそれから考えても安全であるとはとても言い難いのが実情なのである。さらに言えば今回の登下校ルートはガードレールもほとんどないような場所があったことから、その場においての集団登下校ではむしろ危険性が増える可能性が高い事になり、何の為の集団登下校になるのか?という感じになってしまう。となると最終的に行きつく安全を最も確保できるのは乗り物による登下校での完全なる送り迎えが成される状況を作るしかないという事になる。非常に大変な事になるが、完全に安全を備えて守ろうと思うのであればこれで行くか、もしくは学校と各家庭を直接地下道などで繋いで、外部からの横やりが絶対にないような環境を作り上げるしかないだろう。まあこれからの未来、無理に頑張って直接学校へ行かなくても同じような環境で授業などを受けられる仕組みを新たに構築する事も可能ではあるけどね。もうそれらに関してはすでに私のブログでまとめているので、ここで新たに語る事はしないとする。

 さて長い雑記を終えて、軽い本題へと行きます。(どのような形で使えば良いかを説明するだけなので。) さて昨日にも話したナースコールの代わりというのは、現在では何かあったらボタンを押して呼び出すという形式が一般的だろうが、これではいたずらなどにも使われて他の患者が危険になる可能性や看護師たちの疲労が無駄に増えたりする事にも繋がり、仕事的にきついとされる1要因にもなっている。そこでこの代わりにAIロボット会話標準装備を配置して、追加でナースコールや様々な医療系の簡易版を搭載などが出来れば、この無駄な部分が大幅に解消される事になり、さらには緊急性がある場合でもボタンなど関係なく早急に対応させていく事が出来るようになり、病院業務を大幅に良くしていく事が出来るでしょう。詳しい内容としては、基本的な寂しい時の会話相手に出来る点は基本の機能として、その会話などによって患者の体調などが思わしくない時にナースコールの機能が働くようにすれば、無駄の解消に繋げられるでしょう。さらに追加機能系の話で、患者の体調や状態を簡易で調べられてAI判断とそれを管理ルームなどでいつでも見られる状態にすれば、異常事態に気付かせやすくなりますし、たとえ看護師などが見落としてもAI判断で異常の知らせなどを行なう防衛線を張る事も可能になります。さらに周辺医療機器とのネット連動をさせて、異常などが見られればすぐさま報告なども行えるように出来るでしょう。つまり常時患者の様子を専属で見てくれるAIロボット看護師を配置するというような流れですね。それで患者側にはそれの安全の確保が成される事と、基本的な会話などでの寂しさの解消などにも繋げられることになるでしょう。
 次にAI会話機能付きのロボットによって、障害者の手となり足となり目や耳となって支えて行く事にも繋げて行けます。手や足の事に関しては義手や義足の話ですね。一見必要ないかと思われますが、AIによるその状況への即時対処などが出来るようになるという点を見て、装着時当初の操作の補助機能や緊急時の対応に動作させる事や装着による装着部の異常を判断させていく事での着用者への体調管理を行なっていく際に必要と思われます。そしてそれをすぐに着用者や管理者に報告させる事が出来るように会話機能を持たせれば、判断をスムーズに行なっていけるように出来るでしょう。さらに目や耳の部分では視覚障害者に対しては、AIメガネなどで着用者の現在の状況などを確認させて、それを着用者に会話機能などで伝えるという事や、聴覚障害者にはAIが聞いた音の情報をメガネなどに表示させて知らせる機能などを持たせる事が出来るようになるでしょう。そしてついでに同行者がいる場合などに向けても同時に会話機能で状況を知らせる等の事も行えるようになり、様々な面において便利に出来るでしょう。さらにどちらもの場合には、今も開発が進められている情報を直接脳に電気情報で伝える事の応用を行なえるようになれば、それなりの対応は出来るようになるでしょう。
 さて最後は対応に困る人たちへの対策にも使える方法ですが、まずは孤独死対策として、AIロボットによって会話が出来る状況で、何か異変があればすぐに知らせる機能を持たせれば対策としては十分に持たせられるでしょう。(突然倒れる事や平時長時間動かない事や人に近寄っての簡易状態チェックを行なえるなどでの緊急連絡等。)さらに認知症の人達のお相手役として利用する事も検討出来ます。普段の会話系は基本として、何かしら行動しようとする事に関しての監視として機能させて、どこかに行こうとしたらすぐさま報告が入れられるようにするという機能なら、徘徊防止などにも繋げて行けるでしょう。ついでにIoTと連動させて、家のドアなどをAIが管理できるようにさせて、勝手にどこかへ消える事の防止に繋げる事も出来るようになるでしょう。それで、WCの自動開閉とかも。 1番のポイントとして徘徊防止機能としてAIロボットはかなり有効でしょう。(ついでに各出入り口になりそうな辺りにカメラを設置してIoTで連携させれば、徘徊などの完全防止&どこかに隠れてもすぐに見つける事が出来て、介護者の負担を大幅軽減させる事に繋げられるでしょう。)


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 AIロボット~終了~登下校の安全
















 さて今回はかなり真面目系の内容で終始終わったな。久しぶりなまとも回かな?
 さて次回は車テロ対策~磁力の網編~で行きますかな?(別にテロだけじゃなくて、暴走車両の完全捕縛等での話にもなりますけどね。) FIN
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感