So-net無料ブログ作成

第539回 北朝鮮の最終局面ミサイルの新型 そしてVS北朝鮮の日本の海上防衛の脆さ [世界問題]

 打ちましたね北朝鮮が新型のミサイルを。長い準備の下手掛けていたのは、これの調整というわけでしたか。それにしても何の因果か分かりませんが、毎回私が北朝鮮関連を取り上げ始める際にミサイルなどの行動を起こす確率が高いのはなぜなのでしょうか?精神的なテレパシー繫がりでもあるのかな?(無いけど。)まあ今回はその件も少しで、主に今日本に北朝鮮の漁師?のような奴らが度々簡単に日本に侵入出来ている件についてを話していきます。
 さてもう1つ皆さんが驚きのニュース時事ネタとしては、数週間続いた相撲暴力事件の加害者が電撃的に引退宣言を出したというのでも騒動になりましたね。 まあ最終的な結論から見れば、私としましては引退にならざるを得ないだろうと判断していましたが、結構早めの選択肢にも見えましたね。せめて最後は横綱としての威厳と矜持は残しておきたかったのかなと思います。それにしても最後の最後まで完全な暴力としての謝罪を被害者にはしませんでしたね。あくまでしつけや愛あるしごきの一環という感じで話していましたけど、加害者側が話していた10発程度でも十分にその域は軽く超えている話だと一般の考え方では思うのですが、今の相撲界には本気で10発程度殴る事は暴力にすら値しないという考えが一般的なのでしょうかね? その上での理事長の暴力はダメという言葉は、「相撲界での暴力でなければ殴ってもいいよ。」と言う言葉にも受け取れそうな感じの話にも受け取られそうな言葉となりましたね。結局相撲界で昔から蔓延する暴力系問題の根っこは存在したまま過ぎ去ろうという考えなのでしょうかね? あと単純に暴力はいけないという話になっていますが、それ以外なら何やっても良いという事なのでしょうか?それよりも大事なのは力士として問われる資質や普通の一般常識に関してではないでしょうかね? あとついでに燻る火種の1つにその場に同席していた他の横綱が数発殴る時点でなぜ止められなかったのか?という事ですね。突発的な1発2発は無理としてもそれ以降黙って放置して見ていて、最低でも10発程度は殴るのを見ていたというのは、その行為自体も横綱としてはあってはならない行為には該当しないのでしょうか? 仲間が同郷の力士に暴行を働いているというのにしばらく見ているというのは十分に同罪のような気がします。それにしつけで何発も殴るのは行き過ぎという認識には至らないのでしょうかね?普通常識の範囲内で片付けられるのはせいぜい2発程度まで。それ以降は何をどう言い訳しようが完全なる暴行目的の暴力行為である事に。その認識にすら欠けていたのであれば、横綱を辞める行為は横綱という品格にとっては正しい行為であったと言えるでしょう。(横綱であれば多少の暴力は全て許されるという認識であれば別ですが。)

 さて本題に至る前段階の北朝鮮の新型ミサイル発射に関してですが、これは明らかに先刻発表されたアメリカからのテロ国家再指定への強い反発の意の表れと、さらに少し前堂々と南北軍事境界線からの脱北劇の成功の事を何とかして気をそらしたいという思惑が加味されたことでの行動でしょう。そして今回の発射はまたロフテッド軌道という高く空に打ち上げる方法を用いましたが、理由としては簡単。これを普通に横向きで発射すると即アメリカに対しての先制攻撃(奇襲)と受け取られかねなくなるので、高い方で打ち上げたという事でしょう。 まあ今回の事で北朝鮮との緊張状態はほぼ最終局面な状況まで北朝鮮が進めているという状況となり、今後の一触即発な状況はさらに緊張度合いを高めて行く事になるでしょう。まあそれでも当面はアメリカが行なう行動としては、昨日の脱北劇の兵士の状況から鑑みる兵糧攻めが効いているという確かな状況からのさらなる追い込み行動になるのでしょうけど。(具体的には中国やロシアに加えて、その他外交的な繫がりのある国に対しても圧力を深めて行く目論見あたりかな?) その件に関して言えば、国際連合も核爆弾の増産反対という立場から考えるとアメリカにある程度は同調傾向に入らざるを得ないというのが現状でしょう。(あれだけ核兵器反対を謳っておきながら北朝鮮の行動は許すというのは筋が全く通っていない話となりますからね。この点を考えるとそれを言いつつ北朝鮮と仲良くしている国は悩ましい所でしょうね。) まあただ、兵糧攻めだけで決着が着くかと考えればそれはたぶんないでしょう。それを決定的に押したいのなら、前に私が考え出した北朝鮮での大規模な平和的人命救助行動をアメリカと国際連合が協力して行なえば、相手にほぼ何もさせずに決着まで持って行く事が出来るでしょうね。(手足がまるっきりいなくなったら、最悪ミサイルを打ち上げるだけがやっとで、他は何もできないというのが内外関わらず顕著なものへとなるでしょうから。陸に打ち上げられた魚と同じような感じに。最後の抵抗の跳ねる事は出来るが、それ以外をする事が出来ない状態。(打ち上げ直後に白旗状態。))

 さて、ようやくここから話の本題へと向かうわけ(今日の話題部分がかなり長い。)ですが、この問題は最近になって日本海を渡って北朝鮮の漁師?と思われる人と木船が漂着してくるという状況が頻発して起きているという点です。これが本当にただの漁師であるのならばまだ安心かもしれませんが、軍人などが紛れている危険性があるわけですから、この日本海に面している日本国民は以降注意をしておく必要があるでしょう。(日本政府が役立たずで国民の安全を守る気が毛頭ないと感じられるから。)今はまだ全体像が分かりませんが、この状況に乗じて新たに拉致を追加で行なおうとしている可能性も十分に考えられますので、警察への連絡や日本政府への抗議の声をしっかり挙げて安全管理をさらに徹底させるように迫る必要があるでしょう。(不法上陸を許して、かつその状況をまるで把握できていない体たらくですから。) これが今の日本にとってどの程度危険な状況か分かるでしょうか?ミサイルが飛んでくるの比ではなく危険な状況に位置している問題です。何せこのように漁師?と思われる北朝鮮人が簡単に海上警備の目をかいくぐって日本の領土に不法侵入出来ている状況です。この状況では、今もどこかで北朝鮮による新たな拉致被害が発生している可能性を否定できない状況にあると言ってよい状況という事になりますし、もしもの北朝鮮との有事に至りそうな時に北朝鮮が日本に簡単に攻めてこられるルートにもなりえてかなりの危険性が出てくる問題となりえるからです。(最悪日本での民間人の死者数が数千~数万人は発生する可能性が考えられる問題です。)この状況を現在の日本政府はほとんど対応できていません。つまり警備網が緩すぎている状況にあるという事です。上ばかりに注目しすぎて足元が完全に見えていない灯台下暗しな状況にあるので、その点に関して国民側として政府に異議を申し立ててもおかしくない状況です。国民の安全と平和を守る気が本気であるのか?という事を。あれだけ北朝鮮からの危険に対して選挙の時も言っていたのに、その対応はミサイルだけで足元の民間の安全のレベルに関しては何も守ろうと行動出来ていないというのは、危機意識が全然足りていないバカの行動であると。さらにこの件で警備の船を追加するという発表は出しているが、それでは全くもって対応不足も甚だしい状況である。いくらでかい船増やしても小さな船にはあまり対応できないのが現状である。さらに言えば現在の日本としての対応に関してもかなり問題があり、なぜ保護なのだろうか?という事だ。難民や漂流民かもしれないが、軍人である可能性も否定できない状況にある中では拘束が妥当な判断であるだろう。さらに言えばこいつらはほとんどが違法密猟者でわざわざ日本の排他的接続水域に入り込んで違法密猟を行なっているいわば海賊と同じような存在である。それらに対して生ぬるい対応やその行為が頻発される事による日本の漁師の被害状況を国は軽く見過ぎている節が多く見られる。これでは国民の安全を守る気が全く無いと断言していると同じ行為である。見つけ次第拿捕して日本の刑務所(完全自給自足制=昔の日本生活(肉無し))に次々叩き込むぐらいできなければ、意味が無いだろう。(ついでに専用系でどこかの島に建設。)相手は不法侵入者で密猟者かつ国際的にも違法漁業者なので、国際的な観点で言えば日本に完全に理となるので、日本の安全を守ると豪語するのならこれぐらいは行なうべきである。(ついでにこれでどんどん捕まえていければ、兵糧攻めの追加攻撃にも出来うる。)さらにフィリピンみたく違法船の木船も次々と海の藻屑(若干公開形式)にしていけば、日本としての国際的な強さも見せられるだろう。(犯罪は許さない的な?)まあというか持っていても邪魔なだけだし、海に被害が出そうな物は取り外して、魚の新たな住処を作ってみる行為としてはいいかもね。
 さてこの日本の海上の防衛面がかなり不安というか穴だらけな状況は分っただろうけど、それをどうするのかという点に関しては、監視艇を増やすというのも手の1つではあるのだが、それではほとんど意味が無い。何せ相手は木船だからいくらでも数を持ってやってくるので、大きい監視艇を数隻増やしたくらいでは焼け石に水よりも悲惨な状況にしかならないだろう。これの対策として現状手段で出来そうなのは、監視艇+大量の小型ドローンを用いての人海戦術が有効的となるだろう。さらにこのドローンに関してもカメラでの判断では見落としの可能性が高くなるので、海面上での人の温度や船のエンジンの熱を探知できるシステムの装置を組み込んで、カメラによる視界+熱での発見を組み合わせて探索を広範囲で行なう形に出来れば、今よりも海上の防衛能力は高められるだろう。さらに追加でドローンに放水能力やそれが無理なら小型ボート型の無人ドローンなどの作成で、木船の破壊&乗組員の捕獲を出来るようにする方法を用いれば、絶対数の困難状況を改善して日本の安全性を高める事が出来るでしょう。将来的にはこれらをほぼ無人で動かして24時間常時巡回&防衛拿捕の図式で出来ればよいでしょう。 また更なる安全性の向上兼不法密猟者などを根絶やしにしていく対処策としては、海上都市系の監視網を作って守る形式にしていければ、日本の漁業の安全を守っていく事が出来るでしょう。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 新型ミサイル~終了~日本の海上防衛の危機
















 日本政府は空の上の北朝鮮の行動には把握できているような感じで言っていますが、足元の海上からやってくる北朝鮮犯罪者の群れは丸無視で日本国民の安全を脅かしまくっている状況は、国民の安全を守るという最低限の責任すらも放棄している状況にあり、誰か死なないかなとか新たに拉致被害者が出て拉致問題をもっと長引かせられないかな?と考えているという事も邪推できてしまう最低な状況です。最早今の安倍自民党は自分たちの事ばかり考えていて、日本政府としての最低限の責任である事も忘れ去って放置して、逃げている状況にも見られて、十分これは日本国民全体に対する重篤な国家反逆罪行為を地で行っている可能性が高いでしょう。これを本格的に国を挙げて何とかする行動がとれなければ、完全に日本のトップとしては失格以下の政治家としても最低以下です。国民の安全を守る気が無いのなら、さっさと辞めて頂いた方が国民の安全がより守られる事でしょう。(笑顔)
 さて次は国が男尊女卑で見捨てる日本人の子供に関して話をしていきますかな? 日本で生まれながらにして日本人ではないと国が定める子供が日本にかなり存在するようです。それらは全て今も日本政府が法で定める男尊女卑の法によって生み出されているようです。それを守る政府はゴミクズですよね? END
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感