So-net無料ブログ作成

第479回 日本共産党って与党や他野党の批判を主に出す政党でしたっけ? [政治経済改革]

 さて今回は選挙での批判回共産党編です。はっきり言ってそんなに私の言葉数は多くないですが、共産党が共産党である事の意義をもう一度今の共産党が考えるべきだと私は思います。今はしがない野党の1政党のイメージが日本にありますが、本質的に他の正当とは考える主義が違う政党が共産党なのですが、それを本人たちは理解して共産党で頑張っているのか?という批判に関してです。なぜなら今選挙戦に入ろうかとしているというのに、共産主義で行こうとせずに与党や小池希望の党などの批判ばかりが目立つからです。 それではごく普通の野党感と変わらない立ち振る舞いではないでしょうか?

 ここで再度言っておきますが共産党というのは、共産主義を社会の柱に据えて政治を行なって行こうとする政党の事です。それ以外の党は与党を含めて全部資本主義をベースに考えています。つまり1野党と言ってもその本質は他の野党や与党とは全然違う主義で持って存在しています。なのにも拘らず、今の日本共産党はまるで資本主義ベースで考える1野党のような振る舞いを見せているというのはどういうことなのでしょうか?共産党という名前の意味を今の共産党政治家は理解して発言出来ているのでしょうか? そして基本的な主義が違う事がかなりの事で違うというのに他の野党と連合を組みたがるというのはどういうことなのでしょうか? 本質の政策の部分で全く違うはずなのに、それで仲良く手を取り合えるというのは少々おかしい気がします。それを与党を倒す為の連携と言っても、それが主目的に来てしまえば今の崩壊民進党が考えている事との違いはなく、国民に何の恩恵を与えられるではなく政治家が自分の野心の為だけに本来手を組んではいけない相手と連携を取っていたという事です。 今まで共産党や崩壊民進党は野党連合を組んでいましたが、その本質は与党を倒す事が主目的とされていたうえでの協力体制で、日本の政治を良くして国民を幸せにする政治を行なう為ではないのです。たとえそんな輩が勝ったとしても勝った直後に空中分解になり、日本の政治にかなり深い傷跡を残して騒乱状態となり何も機能しなくなるでしょう。ちなみにこの忠告は現在の小池希望の党にも当てはまる内容ですがね。名前こそ小池希望の党ですが、別称野党大連合でいろんな党から抜けてきた政治家の寄り集まり所みたいな風貌になっているからです。まさに選挙時のみの国民騙しの寄り集まり。集まる方も国民を騙す気満々だし、集める方も国民を騙して強くなろうという感がにじみ出ていて、大集団詐欺政党のような感じですね。 で、共産党に戻りますが、連合を組んだとしても資本主義と共産主義では絶対に相いれない事は現状明白である。(私はそれに違う要素を足して合成したが。)にもかかわらず連合性を大事にしようというのは、共産党として本質的に間違えている行為である。最初から他とはまるで違う主義を持つ政党であるのだから、1政党の力で強大な政党に立ち向かっていかなければならない事は、既に周知であるのにも拘らずそれを忘れてしまったかの如くの連合を大事にしようとするのは共産党として間違えている行為である。 さらにその上で今公共の場で声高らかにしているのは、与党の批判や新党の批判ばかりが目立つ有様である。あんたたちの政党がなんであるのか、そしてその強みと国民に理解してもらう点は全然別の所にあるのではないのか? 某このハゲ議員みたく「違うだろ~ち~が~う~だ~ろ~」共産主義を声高らかに掲げて今の政治のやり方とどう違い、そしてそれがどう国民の生活を豊かにしていけるのかを語るべきであるだろう。他政党の批判ばかりでは何も変わりがない。それでは共産党という名負けの状況下で共産党に支持できる人など少ないも当然ではないだろうか?逆にこの騒乱の状況で、資本主義で行なっているからこの混乱や1党独裁状態が続いているのだとして、ここぞとばかりに共産主義の良いところ悪い所で共産主義を進める内容に切り替えて発言出来れば、今の政治に不信感ばかりが目立つ多数の無政党支持者たちの票を集める事が出来るようになるかもしれないというのに。 共産党は共産党色を前面に押し出せなければ、存在している価値はない。そんなに他の批判ばかりや野党連合を強めにしたいのなら、まず共産主義に謝罪して政党名を変えるところから出直すべきである。 選挙で大事な事は、他の批判ではなく自分の所を選べばどう国民の為に尽くせるかを提示する事である。それが公約であるだろう? 今はそれが嘘ばかりで形骸化しているが。というか公約で掲げるだけで実際に詳しく話したがらない(もしくは過去全く違う意見で話していた等。その場合はどう考えの変化があったのかを詳細に話せなければ確実に嘘である。)のは確実にその公約は騙す為に掲げていると考えた方が良い。

 共産党の存在は資本主義社会が形成されている中では異質の存在であり、それでもなお存在出来ているからにはその存在意義を前面に押し出して変化を訴えていけなければ、存在する意味が無い事になる。そして選挙の際に本気で共産主義を目指しているのならば、過半数を取れるように頑張るか徐々にでも変化させていけるように頑張らなくては、その存在意義は何もなくなる。これで選挙で「毎回少し取れればいいや」的な考えで選挙に挑むのであれば、さっさと党を崩壊させるべきである。共産主義の名誉の為にも。

 ただ共産主義というのは、その国において借金が比較的少ない状態や無い状態でこそ真価を発揮できる主義であるので、今の日本ではその力を存分に発揮させる事は難しいだろうというのが私の憶測である。 それに今の日本共産党では、日本の政治を任せるに大事な要素がほとんど抜け落ちているので、再勉強や世代交代を強めにしなければ難しいだろう。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 日本共産党~終了~共産主義
















 ちなみに私が掲げる自由主義は、資本主義と共産主義を足した物に自由を大事にする事を組み合わせて作成した全く新たな主義思想です。内訳的には、自由:4資本:3共産:3の割合です。 何事も生きるにおいて自由あってこそ成り立つというのが私の主義の在り方です。

 さて、今日の私の不運なニュースですが、アマゾンで予約していた商品が届いたのですが、限定版を予約していたはずなのになぜか普通版が届きました。それもアマゾンが管理販売をしている商品でです。それで交換を求めたのですが、最初は限定版の在庫が無いという事で返金になりそうだったのですが、それだと限定版予約特価で購入したのでそれから再度買おうとしたらこっちが損をすることになるので、相手の不手際でこちらが一方的に損をすることになる事は嫌だったので、交渉を続けて発送がかなり遅くなってもいいからという内容で無事交換成立となりました。 私としてアマゾンに求めたいのは、商品の到着が多少遅くなることは私的に別に構わないのですが、商品の取り間違えだけには十分注意してほしいと思う所存です。 ちなみに私はそのスタイルをずっと貫き通していて、何度もアマゾンから当日配達便などを進められますが、配達員の負担なども考えて全部断っている状態で、時間指定の時も確実に存在する時間を指定していますが、99%特に指定なく配送を頼んでいる状況です。(まあ注文する際に注文する時間とそれから逆算でどの辺りの日時に届けられそうかを計算した上で注文する事が多いから、これで大体何とかなる。)
 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第478回 大地力発電~土木作業の合間に発電~ [新アイテム開発]

 長らくお待たせしました。(待ってないかもしれないけど。)大地の力で発電する大地力発電方法のご紹介です。 今のニュース報道は来たる選挙に向けての話題が多いので、私はそれと発電系などをメインにしばらくは進むつもりです。それにしてもさっそく小池都知事は国民騙しやら民進党騙しの連発のようで、騙しの女王の2つ名がしっくりきますね。その騙しとは、原発ゼロは選挙用に掲げただけで、選挙後に撤廃する気もあるようで、民進党の吸収に関しても独裁者としての力量でやりたい放題で甘い汁だけ啜って個人的に気に食わない人たちはごみ箱へ捨てるみたいですね。まさに政治家を食らう魔毒蜘蛛女のような?(似たような単語を適当に組み合わせてみました。これ普通に公言したら大暴言扱いになりますかね?) 小池都知事は民主主義とはなんであるのかを全く勉強されていないようで、政治家として都知事として嘆かわしいばかりですね。独裁者であるとはっきり公言するならまだしも。(選挙の為にも絶対できないでしょうけど。国民を騙して裏切る事が大好きな彼の人は。)

 さてそんな原発ゼロをも確約で国民に約束できない小池希望の党を選ぶのではなく、私のエコ自然発電の数々を大いに取り入れて、原発などむしろ邪魔で危険なだけの物にしてしまう今回のアイデアの紹介へと移りましょう。 ちなみに今回の発電レベルは中規模クラス。ただし大量の土砂等が必要になる為、それらを扱う会社のほぼ専用系の発電方法になりますが。 ちなみにそれは工事関係だけでなく、田畑を扱う所でも大いに期待する事が出来る発電方法です。何せ土砂を細かく分けたり改良したりする作業の合間に中規模発電も同時にこなして一石二鳥でお得にしようというアイデアですから。つまり工事現場や災害現場などで大量に出る土砂や田畑の整備などで耕したり交換する時の土などを土や小石などで分けたり、肥料などを加えたりする事のついでに発電も兼ねる装置を作って行なう方法です。 ちなみのこの発電方法の原理は、ダムや滝による水力発電系と仕組みは同じです。土砂を高い位置(装置の上 ただし、この発電装置を地下に建設したら地上部分から落とすだけ。)に持って行って、そこから土砂を流して土と小石などの分別が出来る網目の付いた受け皿的な装置を内部にいくつも用意させて、分別をしつつ重さが一定以上になった受け皿をその重みを利用しつつ別の場所へ移動させるようにしてからそれを落としてまた元の位置に戻させるという仕組みにする。ちなみに戻るのもまた重さが無くなったことによる反発の力で戻す仕組みにすると良い。そしてこの仕組みこそが発電の運動エネルギーとなる。こいしや粒の大きい土などの累積によって各種受け皿に重みが加算させられていき、その重みで受け皿が下がっていく際にも運動エネルギーに出来るし、その重みが無くなった際の反発して戻ろうとする際の力も同時に運動エネルギーに変換して発電を成す事が出来る。そして最後の土を溜める部分には網目の無い受け皿を用意して同様の重さと反発で元に戻る事をさせれば、土砂の量にもよるが中規模~大規模発電を成す事が出来るだろう。
 そして肥料や別の土との配合などを成しつつ発電をさせる方法では、水車のような物や歯車のような物を用いて、土などを流して混ぜ合わせつつその流れ落ちる勢いを発電の運動エネルギーの回転へと変換させて同時に成すという方法で行く。この時は、土砂の時と違いただ上から落とすやり方よりも、土などが通るレーンを用意して、それが幾重にも重なって少しずつ流れ落ちる(ただし流す量でどんどんと流れる仕組みとなる為に少しずつとは言っても、直上から落とすよりはゆっくりという感じである。坂を流れる土(水)などの図。)ような仕組みでそのレーンの上下左右の位置合いに運動エネルギーの水車や歯車などを付けたり、レーンの切り替わりで落ちるところなどに付けたりして、配合させつつ同時に流れ落ちる勢いを利用しての運動エネルギーからの発電へ変換という形に出来る。 そしてこの方法では高さはそれほど高く設計しなくても十分な発電量を得られる事にもなる。(直上型の方が発電量は高いだろうが、その分建物全体の高さもそれなりに必要となる。ただ発電スタイルの仕組みは至ってシンプルなので、工事現場や災害現場に合わせて即席でその場限り用を作って活用させるスタイルでも十分に出来るだろう。それで都合が良いのは、パーツごとに分けて再度組み合わせられるようにして、どこでも作れるように出来ればメリットは多くなる。)
 ちなみに欠点は、発電に際して大量の土などが必要な事とその装置用の場所も意外と必要になるという所だ。それさえなんとかできれば、工事現場などでの電気代削減や電力会社を兼任も出来るようになるし、災害現場などでは大量に存在する邪魔な土砂などを用いて非常用発電装置の代わりにさせて活用する事も出来るし、畑作農業の副業で電力ビジネスに少し参戦も出来るようになる。(広い面積の田畑を擁している場合。それ以下の場合は普通に電気代削減効果ぐらい。) ちなみに、土砂類も流れ落とす系で作ろうと思えば作る事は可能で、折り返しの部分で分別出来る網目の受け皿を用意して行う方式なら十分に可能である。これならそこまでの高さを持たせる必要はなくなるが、分別に掛かる所要時間は少し長くなるので、それを検討条件として入れることをお忘れなく。

 この発電方法では今回は土砂や土と表現して表したが、別に泥水などでも工夫すれば可能だし、重さで落ちていき別の場所に持って行って落としてまた戻るという仕組み上、仕分けのような仕組みの機械と併用させて発電へと成す事も可能だし、木材や廃材加工で切り落とし分けの工程にこの発電方法を組み合わせるなども可能な応用性はかなり高い発電方法である。ただし何かしら物量のある物が必要になるのだが。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 大地力発電~終了~土砂
















 ふむ、ようやく出せた。そしてあと現段階で、大小3つの発電方法を思いついている。その内の大の発電方法では、原発を軽く超える規模の大型発電を24時間365日フルで活用させる事も出来る物も含まれています。これで大自然発電なのだから、自然の力の凄さに改めて驚愕いたしますね。 というかこの発電方法になぜ気付かないのだろうか? 自然の驚異部分ばかりに目が行っているから思いつかなかったのだろうか? 近日公開予定。 これを含めたら本気で電気代0円の私の公約も普通に果たせられるレベルでしょう。(私を担ぎ上げるもしくは、私の思想をなるべく再現できる人であれば可能な話。ちなみに各市町村レベルで実現させる事も出来なくはない。) END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第477回 崩壊民進党 そしてその怨念を食らう小池希望の党 [政治経済改革]

 さて衆院解散の日ですが、何やら民進党での不穏な動きが一気に爆発して崩壊&小池希望の党への吸収と相成る様子ですね。そこまで政治家であり続けたいのか?安倍総理を倒すという怨念のようなもので私怨によって政治を変えようというのか?という形の批判回民進党版です。当初今回は土の発電を考えていましたが、こちらの政界ニュースの方が強いのでこちらにしました。(ちなみに発電の正式名称はもう少し違います。普通の漢字で行くと、別の読みと一緒にされそうなので。) というか私のブログ、終焉系タイトルが続いているな。(まあブログ名自体も破壊者だしねえ。)

 さてこの事実上民進党の崩壊状況の事ですが、この話は小池希望の党が本格参入する辺りで噂が出始めて本日衆院解散の時を同じくして事実上崩壊状態のような状況へと至りました。とは言え、崩壊したのは民進党衆議員の方で、参議員の方は残るようです。とは言え事実上民進党の崩壊であることには変わりないでしょうが。そして崩壊した後は小池希望の党に吸収されるようです。この経緯については、両者の利害というか野望思惑が合致した為の吸収となったみたいですが、民進党はこのままの状況では選挙に絶対に勝てないと悟り、まだ生き残る可能性の高く安倍打倒の目的を果たせそうな小池希望の党への参入をする形となった。逆に小池希望の党は民進党が持つお金とその選挙での支援勢力を目当てにまさに物欲で民進党を吸収するという形となったようだ。ただ物欲の為と選挙に勝つ為に腐敗民進党議員を入れるというのは、所詮小池希望の党も有象無象の集まりの新政党という事になるな。代表が目立つだけで選挙に挑むこのやり方はまさに独裁者が行なう選挙の方式。そして無能で役立たずで国民の気持ち丸無視な議員が選挙で勝つ図式そのままの構図である。中には無所属で行くと公言している輩もいるが、のちに既存腐敗政党や新政党へ入る事を目的としているのなら、無所属だろうと変わりはない。
 この件で民進党は安倍打倒の目的で今回の崩壊を引き起こしたというが、それは完全に私怨の話であり、それだけで選挙に挑もうという気概なのでは、暴走自民党と見た目は違っても中身はまるで変わらないという事となる。国民の為国民の平和や幸せの為にの具体的な内容を語れず公約にも表す事が出来ないというのに、ただ安倍打倒だけを目標とする行為はそれをは既に政治家に在らず、ただの怨念だけの戦いを仕掛けようとしていたという事だ。政治家として持つべき目的が国民の為から誰かを倒す事を目的としたらそれは政治家のすることに在らずだからな。倒す事は本来の国民の幸せの為の通行点であるのならよかったのだが、それ自体を主目的のように語っているというのは、これぞ語るに落ちるというのかな?(全体の意味というよりも言葉単体だけの組み合わせの方で。) つまり簡単に話すと、安倍総理を倒せたらそれだけで日本は良くなるとでも言うのか?という事だ。現実はそんなゲームのような話ではない事は子供でも分かるだろうに、彼の民進党の代表が言うのは、そんなゲームの話を信じて言っているのと同じという事である。(それにゲームの話でボスを倒したら即ハッピーエンドになっているが、あれのその後で経済立て直しなどの現実要素を入れると今度は人間同士の戦争に発展するだろうから、あの良い流れはゲームの中だけの話という事だな。だって現実の戦争でもボスを倒したら終了という事はなく、残存戦力との戦いが続いたりする場合がほとんどでしょ?)

 そして今民進党では選挙に件について民進党所属のまま選挙では小池希望の党で挑むという不可思議な現象で選挙に挑もうとしているが、これは選挙の法律では許されているらしいが、国民騙しの為に作ったに違いない方法である。というのもこの方法は、民進党所属のまま選挙においては小池希望の党の1員として戦うが勝った場合は民進党に舞い戻るみたいなことを行なおうとしている事らしい。つまり国民を選挙で欺いて騙して当選しようという国民をうまく裏切る為の方法のようだ。日本では今もバカで阿保で無能な国民が山ほどいるから、この方法で騙して当選させやすくさせる為の方法みたいだ。まさに国民の気持ちや希望を踏みにじる為の制度を民進党や小池希望の党が使おうとしているという事だな。小池希望の党とは、国民の希望を集めて一気に捨てる事を目的とした政党という事に見えるというわけだ。だって代表が裏切りを行ないまくる人ですよ? 昔は政党の渡り鳥と言われていたようですが、要は使えなくなれば裏切って捨てるという事を繰り返してここまで来た人物です。そして今度都民の気持ちと希望を捨てた時、仲間だけでなく国民すらも平気で裏切れて捨てされる代表という事になるでしょう。使えなくなれば捨てる精神だというのであれば、いつか日本も捨てる可能性があるという事です。そんな独裁者をあなた方は求めますか? 怨念の塊の腐敗議員すらも自分の野望の為に食らって腹に収めようとする人が代表を務める小池希望の党をあなた方は求めますか? 私としては今回の選挙は、悪性独裁者(安倍)VS悪性独裁者(小池)の戦いでどちらを選んでも国民の望む平和で幸せを得られる未来が訪れないという事です。

 そして民進党はこの崩壊でもわかるとおりに国民よりも政治家としての生命や野望を優先する国民の期待や希望を裏切る政党という事です。そして小池希望の党に一部吸収された後は、小池独裁者の下でのんびり税金食らって寝て過ごすという腐敗議員が多く出てくるでしょう。今の自民党の腐敗ぶりと同じように。(小池独裁日本帝国が誕生した時の話。)


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 崩壊民進党~終了~小池希望の党
















 ここで軽く思った事ですが、私のマニフェストに誰もが考えつかない物を入れてみたらびっくりするでしょうか? それは私なら原発即時ゼロで停止させる事はもとより、今迄やこれからの出す自然発電方法含めて既存の自然発電の増進を推し進めて、?年後(本格取り組み開始以降数年~十数年以内)には一定量以下(基本家庭の平均以下)の電気代を0円に設定するといった事を公約に加えると言ったら。(ちなみに超えた分に関しては超えた分だけの金額請求とする。) これは私のやり方では決して不可能ではない事だからな。 まあそれに追加で、電気代自体の平均価格もかなり下げさせる取り組みを加える。 これって経済後押し策になるのかな? それとも電気会社の数を減らすという意味で、むしろマイナスになるのかな? END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第476回 小池希望の党が大躍進すると、日本は戦争への道へ辿る事になる。 [政治経済改革]

 さて今日もかなり物騒なタイトルでお送りしますが、選挙に挑む2大政党への攻撃回小池希望の党編です。(安倍政権に対しては普通にいつも行なっているので。)というか、もう私のブログ内では小池希望の党で固定しているので、あれ?こんな党合ったっけ?と思う方は、小池と希望の間にスペースが存在していると思って認識してください。(私は皮肉も込めてくっつけているだけなので。) そして今回はタイトルの解説だけでなく、小池希望の党が公約として出している物の批判や都知事の問題などに関しても突っ込みを深く入れていきます。(ついでで安倍自民党にも攻撃する事はあるでしょうが。似ている面が多いので。)

 ではタイトルの解説から始めますが、なぜ?と思われる方々が大半というかほぼでしょうが、小池都知事はこれまでの行動において強い敵が存在する状況で元気になって強くなりましたが、いざ東京都でトップにまで上り詰めてしまうとそこでの敵がいなくなり、元気がなくなり都民に対して裏切りの行為が目立つ状況となりました。その落ち目の状況でこの選挙が迫りまた元気を取り戻した小池都知事です。またもや強大な敵を見つけたのでそれに立ち向かう事で元気を得て国民や政治家共などの支持を集められるようになって今の状況がありますが、もしも今回の選挙において小池都知事が率いる小池希望の党が大躍進をして政権交代まで進んだ場合、今度は小池都知事の敵になる存在が日本からいなくなってしまうという状況となるでしょう。となると、そこからまたしばらくしたらまた元気がなくなっていって、新たな元気の出る敵を見つけて勝負を仕掛けていかなければいけなくなるでしょう。その状況での敵とは、外国の国家という事になります。そこで仲良くするのでは小池都知事は元気が得られないのですから何を行なうかと言えば、経済戦争を仕掛けるかもしくは武力戦争を仕掛ける動きのような形となっていくでしょう。そしてそれに対してちょうど良い相手が今アメリカと揉めていますよね?となると、これまでの傾向から見てもその国を利用して、本格武力戦争にまで持っていく流れを作りかねない状況になる可能性が高いという事になります。(現在の安倍総理も似たような感じになっていますが。敵基地攻撃能力の保持に関して。) それで常に敵を作らねば元気に政治が行なえないという事だとすると、先に待っているのは血みどろの戦乱にまみれた日本という事となるでしょう。(あらゆる紛争戦争に介入して敵を作って武力で討ち果たしていくという感じで。) まあ現状それは行き過ぎた考えだとしても、最低でも経済戦争などで激しく他国と勝負を常に仕掛けていく政治運営となる事は確かでしょう。常に何らかの形で戦争を行ない続けなければいけない政治というのは狂っていると思いませんか? そしてそれに日本が巻き込まれて平和な時を送る事が出来なくなる可能性が高いという事です。あなたは常に戦乱を求む人々を国の政権に推し進めたいですか?

 さてでは選挙での公約類の話に移りますか。まず消費税の増額延期という事に関しては、一見今の人たちを助けるような感じで見られるでしょうが、国の借金問題の件で言えば安倍自民党が公約する内容とあまり違いはないでしょう。どちらも借金という未来の子供を苦しめる事に対して大賛成の事は一致しているという事ですから。今の高齢者を助けて未来の子供は見殺しにしようとする政権に国の未来を任しても良い国にはならないでしょう。だが単に上げただけでは、少子化をより加速させるだけになる可能性が大いにあるので、私の掲げる消費税の形が今の日本を救う方法として適切だと私は思う。(需要と供給を確実に増やしつつ税収も増えるし、国民の貧困状況の改善にもつながる最適な方法だと思うのだがな。ただし仕組みが少しややこらしいが。) 次に原発ゼロを掲げているが、言うだけならとても簡単。逆に安倍自民党は国民の批判は全部無視して自分の利益になる為だけに国民を例え犠牲にしてでも行い続けるつもりだろう。(まあ現状続けないと世界的大犯罪者にされかねない状況でもあるのだが。核爆弾の材料大量保持&大量生産の件で。) 原発ゼロは行おうとすれば出来るだろうが、それだけでは何かあった際の電気が確保できない状況になる可能性がある。それを防ぐためにも代替案を含めて国民に提示しなければいけないと私は考える。つまり原発ゼロという簡単な事だけでなく、クリーンエネルギーの促進をどのように行なっていくのかとか、何をどれだけ増やして国民の心配を増やさないように努められるのかをなるべく具体的に示す事が出来なければ、その件に関してあまり考えてなく、ただ選挙の為の都合の良い公約という事だけの話に思えてしまう。それが出来なければ原発ゼロを掲げただけの騙し行為である。そして選挙でこの原発などの発電に関して各政党に聞きたいのは、何を主電力発電とした運営体制で行くのかという事である。ここまで考えられていなければ、そこはこの事に対して大した事も考えられていない選挙の為だけの軽い言葉を言っているに過ぎないという事だ。(安倍自民党は自己保身の為だけに原発一択しか取れないようだが。)

 さて公約の現在報道で特に議論になっていたものの話はこれぐらいにして、続いて現都知事への批判などに移るが、何やらその都知事すらも電撃辞職で衆議院選挙に参加という噂も出てき始めているようだが、それを行なえば確実に東京都民で小池都知事を応援した人々を完全に敵に回す事になるだろう。ひいては自分の野望の為なら平気で人を裏切り捨てるという事となり、完全に悪いイメージしかつかなくなる。まあそれでなくても、都知事と政党の代表の兼任でどちらかをおろそかにおざなりにしそうな状況自体に不満を抱く人の数はかなり多いようだがね。安倍総理と同じく自分が起こしたことの責任を果たそうともせずに逃げて次に行こうとするというのは、政治家ではなく人として失格ですね。東京の希望を持って都知事となったのにその希望を投げ捨てて別の希望を掴もうというのは、今後も絶対同じことをする=今度は全国民の希望すらも投げ捨てる事がありうるという事です。こんな期待と希望の思いを簡単に捨てられる人を選んでしまえば、絶対に国全体が不幸に包まれることになるでしょう。
 それに東京都庁や都議会内部でのブラックボックス化を直せていないというのに、国政での透明化を果たすなんて嘘八百に尽きるのではないでしょうか? 絶対的に小池希望の党が成そうとする改革は、独裁者の入れ替えだけで後は何も変えない保守という事ではないでしょうか? それに小池希望の党だって昔の民主党のような構成メンバーだし、結局は変わらないのではないでしょうか?この日本が抱える問題を解決できるかどうかに関しては。悪性政権は続き続ける。 だって今の都議会を見れば、昔の自民党の時代とほぼ変わらない始末で、それを国政に移しても今の自民党のやり方とさして違いはない事となるでしょう。 小池希望の党の今までの判断材料は、その代表が行なってきた都知事の行動でもって考えるべきでしょう。何を行なってきましたか?問題を巻き起こしまくってその最終解決も行わずに別の場所に逃げて、その説明責任から逃げようとしている事は今の問題だらけの総理と違いはあまりないのではないでしょうか? 私から見ればどちらも今後の国を任せるのには分不相応な政党であるという事です。もちろんその他の政党には期待する余地もありませんが。1党独裁政権は全ての政治体制を腐らす。直すには全てを浄化して清めるか、きれいさっぱり全部焼却処分するかです。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 小池希望の党~終了~選挙と公約
















 ああそうそう、私はこれからもたびたびこの選挙の間は批判的な回を上げるだろうから、自民党支援者又は小池希望の党支援者は見る回数を減らした方が良いかもね?(民主主義を否定して独裁政権を容認するのであれば。)
 さてそろそろ新発電技術の公開でも行うか?次の予定は大地属性である。主に工事現場や災害復旧現場での発電方法となる。想像がつくだろうか?土を使って発電する仕組みを? というか、ついで発電形式なんだけどね。(笑) END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第475回 少子高齢化社会が辿る末路 [授業]

 今回は以前から予告してきたこれからの日本を待ち受けるかもしれない怖いお話です。(残暑の肝試し?)これは今の問題をほったらかしにした場合確実に起こり得そうな現実へと至るかもしれない怖いお話となっているので、そんな未来は信じないというおバカさんたちは見なくて良いですよ?(ついでにその未来には多分生きてないだろうという方も特に見る必要のない話です。子や孫がいる場合、その者たちの運命の先に何が待っているのかなんてどうでもよいという高齢の方などは。) まああくまで、怖い話として多少最悪方向に偏った話の内容となっておりますので、その辺はご注意を。(私サディス暴言王だし。) あ、そうそう話は打って変わりますが、発電系の新たなネタはすでに2つぐらいストックしております。出さないだけです。現在そんな気分にはないだけです。(いったん発電系のクールタイム)

 さて少子高齢化社会が辿るであろう最悪の末路とは、若者の完全奴隷化&従僕化状態で高齢者が国を腐らせまくる社会です。そして数少ない子供を保護しようとする動きとそれらを高齢者の利益目的のみで捕獲しようとする世紀末のような光景です。つまり今で言う絶滅危惧種の保護とそれを狙う密猟者の構図が、少子高齢化社会の末路の図というわけです。ちなみに密猟者の大半は高齢者や介護を求める人々です。そんな光景を軽く想像すると壮絶な世紀末状況と思えるでしょう?数少なくなった若者を自分の世話係として奴隷化させるために様々な策謀を擁して、若者の人攫いが横行する社会は。その状況で子供に未来は存在しませんし、そもそも年齢によって人間扱いさえされない完全奴隷化制度が出来上がっているのでしょうから。大体50~60歳までは人間ではなく奴隷という身分で、それ以上が人間という扱いで、奴隷はほぼ一生自由な人生を自由な時間を与えられずに一生を送るという社会で、その時代の高齢者がいなくなる時その場所にいる人類は滅亡を迎えるという社会です。何せその時には子供の数を増やさせる事よりも、高齢者の世話をする奴隷を満足分与えるだけで使い切ってしまい、子供がほぼ生まれない社会で若者が高齢者に縛られ続けるだけの社会構造となるでしょうから。 その状況下では、若者は奴隷として一生を終わるか、数少ない保護の楽園の場所だけの狭い世界で一生を終えるか、海外脱出しか選択肢はないでしょうから。
 なぜこんな荒んだ社会構造となってしまうのかという理由は、現在発生している少子高齢化が進むと、子供の全体数が減少して高齢者の全体数が増大する事は言葉の意味通り理解できますよね?その状況下で高齢者や介護を必要とする人が人による介護や世話(身の回りだけでなく、医療関係なども含めて。)を望んだ時、それは数少なくなった若者たちをそれに当てなければならなくなるという事です。そしてその需要と供給のバランスは年を追うごとに酷い状況となっていく。そしてその状況の中で国が選挙目的の為だけに高齢者を優先する状況が続けば、さらに状況が悪化して若者の働き環境においてある制約などが始められだす。それは、始めの内は高齢者の世話や介護関係の仕事への希望転職を国が始める事で、人材不足が酷くなるごとにそれは希望転職から強制転職へと変わっていき、それによって若者の人権なども法整備の改変によって低く下げられていく状況となる。そして完全に若者に自由な職を与えては高齢者を満足できなくなれば、ついに若者の完全奴隷化制度が出来るようになり、立場の低い若者には何の権利や人権すら与えられなくなり、奴隷として扱われるようになる。そして若者の男性は高齢者用の医療や介護を優先して押し付けられ、女性もまた同じようにだが、それと同時に子供を産む機械としての役割を与えられるようになる。さらにその奴隷状況下では、妊婦であったとしても動ける状態であれば奴隷としての高齢者介護や世話を従事させらる重労働となり、たとえ子供が出来てもすぐに高齢者に奪われてまた介護や世話に戻されて産む機械にされる日々となる。最早その状況で若者にとってその国はまさに地獄でしかない状況となるだろうし、そこで誕生する子供たちはイスラム国の教育と同じように洗脳されて、そこでの奴隷の暮らしが当たり前という教育にされるだろう。もしくは若者の完全奴隷化が決定された時点で、若者は奴隷なので反抗したりする自我は不要と命じて自我を破壊させて、従順な機械奴隷のようにされたり完全洗脳状態にされたりする可能性もある。 まあただその状況での子供の出生率は今よりもさらに低くなるだろうし、高齢者がいなくなる時は何もできない人であった者だけが残るので自然と国が亡びる事となる。当然ですよね、子供を育てないで高齢者の為だけの奴隷化状態にさせれば当然の末路である。
 ただ全てが全てその状況になるというわけでなく、子供たちを昔のように守ろうとする民間団体などが確実に生まれたり若者だけの反抗組織が結集されたりするでしょう。そしてそれらを奴隷にするべく高齢者が奴隷や機械を用いて刈り取ろうとする社会という事です。そしてその時点では、あらかたの会社は機械で構成されて高齢者の為だけの社会となっていますが、そんな発展能力の無い状況で他の国に勝てるはずもなく経済もまた沈み続ける事になる。(そもそもの賢い者たちは国外へ逃げるでしょうし、その国にいる若者も奴隷として知識無く生かされているか反抗して戦っているかの状況になるので、良くなるはずがない。さらに国内のニーズが高齢者のみとなるので、海外も高齢化社会が深刻でない限りは通用しなくなる。) これが少子高齢化社会が辿る最悪の未来図です。時代の逆行での奴隷文化の復活と、国の発展能力全部を奪う高齢者優遇社会での経済の崩壊、そして自己保身の利益中心で来た高齢者が満足な死を迎える時、その国は滅びる事となる。高齢者をひたすらに大事にしすぎた結果によって。

 まあその最悪の未来へたどり着かなかったとしても、少子高齢化が進めば経済発展への重要な役割を担う若者の数が減って経済が傾いて行く事となり、様々なサービスや医療や建築・救助等においても人が少なくなり、人を助けられることが出来なくなっていき、多くの死者が発生するようになっていく。(最近多い公共交通機関の事故や点検ミスはこの前兆現象。)さらにそれで子供たちへのしわ寄せを強めればさらに少子化を加速させまくる事になり、高齢者によって自分たちのそして国の首を絞めまくる状況となる。 これを回避するうえで1番重要な事は高齢者は大事だろうがそれ以上に子供たちを大事にする政策で行かなければ、解決へ導くことは不可能である。その予算が見つけられないのなら、偏った比率になっている大きい方から小さい方へ移す事も考えなくては、解決には辿り着けない。これを未来の子供たちのお金から奪い取ろうとするやり方しか思いつけない政党は、少子高齢化を何とかしようと思う気持ちは塵1つ分も持ち合わせていないという事である。すべてが選挙(高齢者)重視の民主主義では国は絶対的に滅びる事になる事は断言できる。それは子供は必要ないとか、子供は不必要だから殺してしまおうとかいう精神と同じである。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 少子高齢化社会~終了~最悪の末路
















 ちなみに今回同時に借金大国の辿る末路も公開しようかと思いましたが、時間が足らなくなったので別の回で公開する予定です。
 ちなみにこの少子化問題は、高校や大学の教育費を無料にさせても影響はほとんどないでしょう。その前の段階で貧乏によって学校へ行けない子供がいるのですから。学生カバンが買えなかったり、筆記用具などが揃えられない家庭の子供には何の対策保障を考えられない政党が少子化の対策の為に必要と言っても何の説得力の欠片すらありませんね。そも今は給食費が払えない子供や満足に食事を出来ない子供がいるというのにそれを無視して高校まで行けるだけの余力のある人を支援しようとか何様のつもりだと訴えたいですね。(私1人の言葉など何の効力も無いのでしないですが。)それで待機児童問題ではどんどん解決は先送りにしまくってアベノミクスと同じ雰囲気ですし、そもそもなんで少子化が進んでいるのかの分析もできていないのでは少子化対策を掲げるのはただの人気取りの為だけという気がしますね。(これは全政党に言える言葉ですが。発言できる若者議員がいないから、なぜ?どうして?が分からないのでしょう。) 若者の余裕が無い時間が無いお金が無いから少子化は加速する。先の問題も含めますが、学校教育の無駄が多すぎる事や教育に関する完全無償化がほとんどなされていない事や子供を安心して育てられる環境が全然なっていないこと、さらに結婚観念などの1つ1つの要素が個々として強調されて少子化を推し進めているのです。今言ったことは簡単な内容ですが、それらを解決できないもしくはする気が無いのに少子化問題を解決できると言えることは無いという事です。 そも、働かなければ生活できないのに子供を作るように命じて、子供を安心して預けられる場所が存在しない状況を作り出したままにするというのは社会の仕組みとして矛盾しているような気がします。 これはマイナスの環境ですよ。もしかしてこれは高齢者たちが今から子作りなんかよりも高齢者の為だけに働けと言っている前兆なのかもしれませんね。最悪今から子供を殺してでも高齢者の為に尽くせとか考えている高齢者が多くいるのかも?(特に高齢政治家共)

 ある程度の自由が無ければ結婚や子供のいる家族の想像はできない事にいつになったらこの国は気付くのでしょうか? END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第474回 政治雑記 混迷の解散総選挙 そして総理はやっぱり信用に値しない [政治経済改革]

 さて今回は今日入ってきたニュース内容とたった今見た総理の話に関しての話をメインにしていきます。 ついでに経済活性化の意義についての話もする予定です。(まあ私は経済活性化なんて二の次に考えているわけですがね。だからそれ系の対応策とかをほとんど話さないのです。) ちなみに私の感性としては、かなり基本と離れた所に存在していますから、他の有識人達と考え方にはかなりの違いがある事を再度ご理解いただきたい。(私は相当な特殊に分類されますので。まあ今まで最初辺りから見ている人には既にご理解いただけていると思っていますが、この辺りで再度ね。自らを奇人変人で鬼才なマッドサイエンティストと自負して自称日本の暴言王まで名乗っている存在は世界広しと言えども私ぐらいでしょう。いくつか本人が自覚していてどうなのかというのも含まれているし。)

 さて今日の最新ニュースでは、小池都知事が正式に選挙への参入を小池希望の党の代表経由で入ってきましたね。やっぱり都民の思いや希望は弄んでいたという事ですか。そして使えないと判断(自分の意のままに付き従わないのであればゴミと考えて。)したら使い捨てるといった具合にするという事ですかね。よしんばうまくいったとしても東京での信用性は今回の事でかなり下がるでしょうね。これも全部自分の野望の為で、この政界への舞い戻りを夢見てうまく東京都民を騙せたというべきでしょうかね。詐欺師としてならすごいセンスがありそうですね。
 それで今の所の小池希望の党は本気で政治家としての生き残りがしたいと考えるハイエナ議員の寄席集まりな党になっているようですね。自分だけ(もしくは現所属政党)ではこの選挙に勝つことが難しいと考える老いぼれ腐敗政治家共が新党の期待感と小池都知事の知名度を武器に振りかざして、何とか政治家にしがみついて私腹を肥やしたいと思うハイエナが結構いるようですね。建前は国民の為や日本を良くする為と言っているが、本当は自分の利益優先と政治家としての地位が何よりも優先での行動である事は大体分かります。だって本当に国民の為や日本の為というのならこの選挙では自分の力を示す絶好の場ではないでしょうか?それを他人の力やまやかしの力に頼ってうまく国民を騙して生き残ろうとする行動は、建前の言葉は全て嘘で全部自己保全の為だけの行動という事に行きつくわけです。 そして勝ち上がった後に、民意を用いて選挙で掲げた行動が成せるように行動して、そして必要とあらば既存政党と個人や民意のまとまりで立ち向かえるような行動が出来る人こそが本当に国民や日本の為に行動出来る人です。 本来の民主主義ではこのような形だと考えるのに、なぜか政治家になったとたんに自分は偉い存在で普通の国民は自分よりも格下だと考えてぞんざいに考える人が非常に多いのですがね。 大事なのは選挙の為のご機嫌取りだけでなく、自分を選んでくれた人たちの暮らしを楽にさせて笑顔でいられる状況を増やす事ではないでしょうか? 大事なのは何か決めたことをやり遂げられる結果です。掲げた目標を成し遂げられずに延々と長引かせてまだ諦めていませんと己の失敗を認められない人やその責任から逃げまくる政治家共です。(また犯罪に手を染めまくる政治家共もゾンビ以上に腐っていますが。もう骨まで腐ったスケルトン(骸骨)のようだ。)

 そして肝心の総理の言葉ですが、良い言葉ばかりを並べ立ててどれだけ出来たかだけを言う人は全く信用の第1段階にも到達できませんな。第1雇用の現在の増加状況は総理や政権の力ではなく、高齢者層の大量増加が1番の影響なのですから、それを自分たちの手柄のように語るというのは盗人猛々しい状況ですね。さらに日本の借金事情を非常に軽く見すぎている点も国を預かる身分の人間としては非常に不適当な存在と言えるでしょう。これは国事情だからピンとこない人も多いでしょうが、毎年赤字しか出せない会社の社長がいつまでもふんぞり返って会社を低迷させ続けている状況ですよ。普通ならもうとっくに経営破綻か社長の交代を行なっている状況でしょう。というか今の国の経営状況はまさに自転車操業よりも酷い状況だという事を理解出来ている方はどれだけいるのでしょうか? そしてこのままいけば日本はほぼ確実に2050年(あくまで現在のペースの目安の1つ)までには、日本が借金で潰れる運命にあるという重大な状況に陥る事にどこまで真面目に考えられているのでしょうかね? ちなみに潰れた場合真っ先に高齢者はホームレスで日の無い人生を送る事になるでしょう。(だって年金システム自体が消去されることになるだろうから。)さらに様々な国のサービスなどのほとんども消え去る状況になる。日本で起きたらギリシャショックよりも酷い有様となるだろう。 それにアメリカでも毎度借金問題で国の直轄機関が行動停止になりそうな状況になったりしているでしょ? あれがずっと続く状況になる事が普通に予想されて、それでも日本の借金を増やしまくる政府の行動に賛成できますか? それがひいては未来の子供を残虐なまでに殺戮しまくる負の究極兵器だったとしても。あなた方はその開発に1票を投じますか? 未来の子供たちが無残にも虐殺された状況を思い浮かべながら。 喫緊の子供を救って、未来の子供は虐殺しましょうという提案にあなた方は乗れますか? まあこの辺りはまたおいおいと話しますか。

 さて経済活性化という言葉が日本を良くするうえで重要という言葉が良く出てきますが、本当にそうなのでしょうか? アベノミクスも普通の庶民の間ではほとんど恩恵を得られていないようですし、たとえ経済が活性化されたとしてもそれが普通の人たちにまで行き渡らなければいくら活性化しても本来の意味を持っては意味が無いのではないでしょうか? そもそも論で経済活性化が日本を本当に良く出来るのでしょうか? この経済活性化で日本を良くするという話は、資本主義社会の土台を持って成立する話であり、その仕組みで貧富の格差が酷くなっている状況では、この経済活性化まで持っていくことは普通には無理な感じの事でしょう。それにこの現状で例えその意味での経済活性化が成ったとしても資本主義の仕組み上必ず貧しい人は生まれます。という事はそれは国を良くする事には本来の意味を持ってはならないという事なのではないでしょうか? 大事なのは人々が平和に安全に人生を暮らしていく事が出来る社会でしょう?そしてその追加で自分のやりたい事が出来る事や夢を追いかけられて自由にできる社会である事です。 それの手っ取り早い仕組みとして資本主義やそれに連なる経済活性化が大事という状況で来ましたが、結果はどうでしょう?今日本では貧富の格差が広がりを続ける一方で、小学校にすら満足に通う事もできない子供が出てきたりする始末の状況です。それなのにも拘らず政府はそんな子供は無視して高等教育費や大学の教育費の無償化にだけ執着して、お金がある子供だけを優先して守ろうとしています。まあこれは日本の政府のダメの典型例ですが、この現状にある中で経済活性化が出来ない事は必然の事でしょう。 そして経済活性化を必死に各国行なおうとして大体が、貧しい人たちを作ったままで良いという流れで、本来の国を良く豊かにする目的はどこへやらの状況です。
 なればこそ、私の掲げる独裁的民主主義の自由主義でなら、国を良く豊かにする事に関しては1番の近道なのではないでしょうか? 簡素に話す方法としては、経済活性化はひとまず置いておいて、まずは国民全体の生活水準を良くするために安い衣食住をさらに安くして命の安全を確保させてから、食の自給率を高めて安心安全な食を確保できるようにして、ほとんど働かなくても生きていける状況を作り出す。 まあこれの対価として経済の状況は必ず一時期低迷するでしょう。しかしそこから緩やかに経済も回復傾向に向かって行く事になるでしょう。(楽の対価は退屈なのですよ。) まあそして私のやり方で思いっきり反動というかダメージを受けるのは、お金持ち連中ですね。なんたって恒久的に稼げる場の割合が低下する事になって、満足のいく稼ぎ方が出来なくなるのですから。(資本主義時代から見れば。) つまり私の主義の基本は、経済力よりも国民1人1人辺りの幸せや自由の方が大事と考える主義という事です。 必ずしもすべてをお金で買える世界ではありませんからね。 まあ詳しくは、私の独裁的民主主義絡みの回を見てもらえれば良いです。あとマニフェスト回の中身。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 解散総選挙~終了~経済活性化
















 選挙絡みで久しぶりに私の独裁的民主主義と自由主義の話をしたな。まあこのような混迷極まる選挙だからこそ、私の言葉も少しは聞いてほしいと思ったわけだ。なんと言っても私は、世界の破壊者(資本主義とは別の主義の提示)で闇魔導士(それを成そうとする行動方法が経済戦争であること。)のオウカハルだからな。 今の政治家に期待が出来ないと考えるのであれば、アメリカのトランプみたく私のような奇人変人の鬼才発明家に国の未来を1度は託してみるなどの博打を打ってみてはどうかな? きっと何かしらの劇的な変化を出す事は約束できよう。 今の誰もが信用ならない政治家ばかりなら、この大博打を国民が打ったとしてもそこまで酷い事にはならないのではないかな? ああ、簡潔でも上文の混乱状況は確実に引き起こさせるが。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第473回 乗り物用特殊強化窓ガラス [新アイテム開発]

 さて今回は最近もまた報道に出ていた電車での窓ガラスが突然壊れるという事件で、それの弱点を解消しつつなるべく取り換えの必要性すらも克服するような特殊な強化窓ガラス?のご紹介と行きます。(一部は普通に強化窓ガラスですので、今の所はこれで。特殊の部分がね。) まあとは言っても、窓ガラスの強化方法についてではなく、特殊の部分で窓ガラスに至るまでに威力を大幅に消去してしまおうという感じなので、特殊の部分の説明がほとんどですね。ただそれだけだと、乗客側からの圧力には非常に脆いので強化窓ガラスも使用という形です。つまり片面だけ超強化という特殊という事。 構造的には盾と同じですね。前面からの攻撃を防げれば、横や後方からは考えなくて良いような構造。まあそれも乗り物だと基本前面防御さえ高ければ、壊れずに被害無く済ませられるという事です。

 さてこの電車での窓ガラスの破砕問題ですが、原因としては線路の下にある衝撃吸収用の小石が偶然弾かれてぶつかる事や誰かの故意の攻撃で破壊される場合の大体2通りがあります。偶然の方では大体年間2~3件発生している模様で、故意での攻撃も最近多発している模様です。(最近の続けざまに2件発生の方は誰かの攻撃による可能性が高い。) ただ、強化窓ガラスだというのになぜこうも簡単に壊れてしまうのかと言えば、この強化窓ガラスは面の攻撃には非常に強いが、点の攻撃には非常に脆いという特徴があって、1点特化型の物体がぶつかれば軽い力でも簡単に壊れてしまうようです。(乗り物系統は大体この強化窓ガラスで、破壊しようと思えばハンマーのような面が大きい攻撃ではなく、先が物凄く尖っていて強度のある物体で攻撃をすると意外と簡単に破壊できるでしょう。 鈍器に強くて槍や弓矢(もしくは銃弾)に弱い構造と。 あと強化ガラス系は、普通のガラスと比べてヒビが無数に入って衝撃を緩和して、なるべく破砕時の破片で怪我をしにくい構造になっています。だから壊れない事を主軸に作られているのではなく、壊されたとしてもその被害を最小限にする為の構造なのです。) その為たびたび電車での窓ガラスが壊されたという事件が起きているわけですが、今現在でも完全に防げるような強化窓ガラスはあるのですが、防げるとは言ってもそれは防弾ガラスとなるわけで、1つ辺りのコストはそれなりにかかるようになりますし、それに壊れなくてもヒビは無数に入って全くの無被害というわけにはいかずに乗り物などでは発生するたびに交換の必要性が発生するでしょうから、乗客の安全性を守れる代わりに非常にコストが掛かるコストパフォーマンスが悪い代物であるから、採用が見送られているというわけですな。だとしても乗客側からすれば、それがあるならそれを用いて安全にしてもらう事が大事だと思う人は当然いるでしょうが、多分それを全車両で行なおうとすれば確実的に乗客の運賃の大幅な引き上げで返ってくる事になるので、それを聞かされると悩ましい所でしょう。 公共交通機関などでは、窓ガラスに少しでも傷やヒビが入っていたりすると取り替えなくてはいけないような状況になりますが、安全面を重視して防弾ガラスにすると確かに多少のことでは壊れなくなり乗客の安全面は非常に良くなるでしょうが、全くダメージが無いというわけではなく、傷やひび割れが見え始めていくことになるでしょうから、それで交換という事で行くとコストが非常に高くついてコストパフォーマンスが悪くて経営にもダメージになりやすくなる。かといって現状の強化窓ガラスのままだとコスト的には採算が取れるだろうが、乗客を守り切れない事態が絶対に発生していくことになる。 現状はその2択で悩むところで、利便性や運賃の問題を重視して安全性が多少低くても利益率の高い方を選んでいるのが実情である。(それに現状壊れる発生率はそれほど高くないのだから被害が出たら運が悪かったねで済ませればよいと考えるだろう。例え死者が出ても現状況のままでは特に変更される事もないだろう。(大半の乗客が多少運賃が高くなっても安全性の方が大事と言わない限りは。))

 そこで私はこの度、強化窓ガラス以上の強度で防弾ガラス以下の強度で、細かなダメージを受け付けない形の特殊な強化窓ガラスのアイデアを思いつきました。正確には窓ガラスの部分というよりも車体の外側に取り付ける特殊ジェルで強化窓ガラスに到達させるまでに威力のほとんどを消失させて、あとはガラスで弾いて無効化させるという仕組みですが。要は瞬間的に非常に強力な一撃が来た際だけ非常に強固な状態にできれば、窓ガラスをそして乗客を守る事が出来て、コストパフォーマンスさえも守れるように出来るというわけです。 それで具体的な中身に関しましては先の説明で大体ピンと来る方もいるかと思いますが、基本構造として内側は普通に強化窓ガラスで乗客からの面の圧力に耐えられる構造とします。そして車体の外側の窓の部分に特殊なジェルの層が張られる状態にします。(なお、このジェルが普段外に漏れないようにさらに薄いガラス等で覆うか、ジェルが固形状で窓ガラスに張り付くような形で維持されているようにする必要があります。さらに言えば公共交通機関仕様なので、ジェルはなるべく透明である必要があるでしょう。)そしてこのジェルの性質は弱い衝撃であればジェル本来の吸収力で威力を無くしてはじき返す形で、強い衝撃に対しては一気に凝固させて防弾ガラス並みの強度でその奥の強化窓ガラスに達する前に威力を打ち消すという形にすれば、守りきる事が出来るでしょう。そしてその威力が無くなればまた元のジェル状に戻るという仕組みで行けば、何かが飛んできても無事乗客も窓ガラスすらも守りきる事が出来るでしょう。ちなみにこういう存在の物質は普通に存在していますので、あとはこれを公共交通機関の窓ガラス対応用に研究が出来れば、完成は普通に出来るでしょう。また瞬間凝固で強力な強度にする事が難しければ、なるべく威力を減退させて奥の強化窓ガラスで後は弾いてもらうという形の仕組みでも大丈夫でしょう。
 なおジェルの凝固威力減退のメカニズムの一部として、ジェル状物質の中の目に見えないレベルで硬い物質を含めておき、それを凝縮させて強く固めさせるかそれを隙間が迷路状にさせて1点の威力を様々な方向に分散させる仕組みにするのかでもジェルの防御方法の違いが出てくるでしょう。
 また追加項目ではありますが、そのジェルのさらに前面部分に風が噴き出る状況にさせると、細かな物がジェルや窓ガラス自体に近づかせないようにする効果や強い衝撃物体の威力の緩和効果を得させる事が出来るでしょう。(効果は低くて消費電力等が意外とかかりそうなので、さらに守りを厳重にしたい時以外は無くて良いです。)

 この特殊ジェル強化窓ガラスであれば、初期のコストは掛かりますがそれ以降の偶発物の接触や多少の攻撃程度では強化窓ガラスが破砕される恐れが無くなるので、常用のコストが少なく出来るでしょう。また、外からの衝撃などには強いですが、内側の窓ガラスさえ破れば後はそこから出る事等が簡単に出来る構造でもあるので、非常時の脱出の際に困るなどの心配もないでしょう。(慌ててぶつかれば別ですが。)この方式は別に電車専用ではなく、あらゆる窓ガラス等にも使用可能なので、ぜひ研究や推奨をしてみてはいかがでしょうか?


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 特殊ジェル~終了~強化窓ガラス
















 ちなみにこの手の物は別に窓ガラスだけなどを守る用だけじゃなくあらゆる危険回避の物としても考える事が出来る物です。危機回避の安全性をさらに高める為にもぜひ開発をしてほしい物ですね。自然災害などからも身を守る事が出来る代物に出来るでしょうし? ただ悲しいかな、その部分を強化するというだけという事と、弱く永続的な力には無力という点が、弱点という事ですな。
 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第472回 雑記 米朝大バトル と 小池都知事の不穏状況? [政治経済改革]

 さあ今回は久しぶりに北朝鮮とアメリカの戦い(口戦争)の話題と、ほぼ本決まりの解散総選挙に小池都知事の関与に現在?マークが出ている話やその周辺状況の話。 世界情勢も日本情勢も不穏な状況渦巻く状況となっているようで。(他人事のように。世界情勢では今の所私は第3者でしかありえないし、日本の選挙に関してもこの民主主義とかけ離れた選挙に参戦する気はほとほとござらぬ傍観姿勢で行くので直接関与する気はないという意味です。選択肢が用意されないのであれば何も選択しないというのもまた民主主義では正しい行動という事です。非難される謂れはありません。)

 さてまずは現在不穏情勢の緊張が最高潮に近くなっているのかと思うような米朝の言葉での大バトルの状況ですが、私から見たらアメリカのトランプ氏の安い売り言葉の挑発を北朝鮮のトップが高い値段で買い叩いてしまったような構図にも見えます。というのもトランプ氏が暴言を吐くことに関しては普通であるし現在の北朝鮮との情勢下でアメリカとしての取りえる選択肢の中の1つがあの完全破壊のような言葉として当然あったでしょう。それまでのロケットマンに関してはそちらを目立たせるための軽い挑発でしょうし、トランプ氏としては本気で相手を怒らせる目的も含めて今回の挑発を行なったと見る事もできます。なぜならこれで北朝鮮が本気で本格攻撃の情勢まで進めば、世界的に北朝鮮を攻撃する事の必要性と正当性を得る事が出来ますし、そこまで行かなくても中国やロシアにこれまで以上に北朝鮮との付き合いをしていたら戦争に巻き込まれる恐れが出てくるもしくは発言している対話が難しくなるという考えを持たせる事によってアメリカの言葉に少しでも近づけさせることもできるでしょう。さらにここで挑発を買ってくれることによって、アメリカの立場の優位性を見せる事にも繋げられますからね。 まあ逆にここで流されておとなしい北朝鮮を見せられたら、アメリカの立場が少し悪くなっていたでしょうから、今回の挑発合戦はトランプ氏の勝利の状況ですかね。何せ北朝鮮は本気でアメリカと戦争で事を構えたら現状勝ち目は薄いし、何かを世界無視で行なえば瞬時に全世界との全面戦争に発展するかもしれない軍事力にまで発展していますから、その何かを非常に行ない辛い状況なのにも関わらず、トランプ氏の挑発に乗ってしまったという感じでしょう。というかある意味これで2回目ですね。1回目はグアム攻撃。少しは挑発合戦の情勢を見る目を覚えた方が良いのでは?(妄言おいぼれ爺の発言には何も響かず、これまで通りの対応で行なっていく辺りで行けば、アメリカにもといトランプ氏にうまく返せたかもしれないというのに。ついでに世界での悪いイメージも少しは拭えたかもしれないというのに。)
 まあ今回の北朝鮮のお返し最大級の挑発行動に関しては、現状強行発射からの太平洋上での水爆実験はまず行えないだろう。というか勝手に行なえばそれこそ世界から総攻撃を許可させる行動になりえる事であるし、現在の支援国が一気に離れる事になりうる行動で自分の首を一気に絞める事になるので、まず行えないであろう。(そして巻き込まれた船所属の国が確実にアメリカとともに戦争参加を表明する事になるので、むやみに敵を作る真似をあえて行わないだろう。自殺覚悟の上なら別だが。)せいぜい水爆実験に見せた大規模爆薬での爆発威力実験(もしくは不発)ぐらいだろう。(それでもあまり状況は変わらないだろうが。) まあ今回のトランプ氏の過激な暴言挑発はアメリカ優位に北朝鮮情勢を動かすための挑発であった可能性が高い。うまく食いつかせれば、アメリカのこれから行う行動などにある程度の正当性を生ませる事が出来るし、もし交渉などになるとしてもかなりの優位性を持つ事が出来るし、どうやれば相手がまともな思考をしなくなるのかの判断にも出来るかなと考えての行動であれば、ものすごくアメリカとしては意味のある挑発暴言行動であったと考える。
 ちなみに私から北朝鮮のトップに対して挑発暴言のあだ名を付けるとしたら、小型犬ですね。理由としては、相手が強そうであればあるほどキャンキャン怖いのによく吠えて強く見せようとする感じから小型犬というイメージが当たるなと。まあ後付けるとしたら小型雑種犬という感じかな?(そこまでの品位をあまり感じない事と、強く見せようとする小物感が。大物であればもっとどっしりと事を構えられるぐらいの気概でなければ。)

 さてと、お次は小池都知事関連の話ですが、なんか解散風の流れでの都知事の知り合いお供議員からの新党設立での小池都知事の人気を得ようと画策しての新党関連に引き入れようとする動きですが、多分今の状況で小池都知事が新党の代表系に仮に就いたとしても都議会選挙ほどの人気はまず得られないでしょう。というのも現状の都民が小池都知事に解散総選挙での選挙に参加してほしいと半数以上が思っていない事や、現在の小池都知事の情勢が昔の悪政都議会自民党の事と変わりない事態がばれ始めてきな臭くなっている事も含めて昔のような熱烈な小池都知事の人気は現在失いつつあるので、それに追い打ちをかけてお亡くなりにさせるような行為はしない方が良いと思いますね。多分今回の選挙に小池都知事が何らかの形で出てきても良くて東京の信頼の半数を失う事で悪くて東京都議会でも都民からの批判殺到で何も事が運ばなくなる可能性があるでしょう。それを無視すれば=新党にも致命的なダメージになりかねないでしょうし、小池都知事が瞬時に悪役の大本命クラスにジョブチェンジという事となるでしょう。 それにその新党の今の名称が日本ファーストで現在新党名として名が挙がっているのが希望の党という事ですが、それらは全て小池都知事を立てる為の名前で、正式名称は小池希望の党という新手のいかがわしい宗教団体名のような感じに映るでしょう。 そもそもが今の都民ファーストもほぼ小池ファーストになっているのですから、新党の名前に事実上の小池の文字が付くこともほぼ必然でしょう。 これだけを見ると何やら独裁政党のような風貌にも見えますな。 まあ現状新党とは言うものの小池都知事がいなければ今の民進党と同じく高齢ザコ議員の寄席集まりが主力のゴミ捨て場政党のようなものですし、その他雑多なパッともしないザコ政党とあまり変化はないでしょう。(もう民進党もザコの仲間ですが。) 新しい有力な風が入らなければ、いくら新党を立ち上げてもゴミの腐臭感が漂うばかりなのです。 高齢者の考えではいくら頑張っても日本を元気付かせる事は出来ないでしょう。だって高齢者議員共は自己保身欲が強すぎて、日本の為よりも自分の為とする傾向が強すぎるので。今の安倍総理のように。

 あと小池都知事が今回の選挙に出たらまずい事には、今回選挙に向かえば都知事というのは今回の為の地盤作りで遊びのようなものだったという見方をする人が出てきて、小池都知事は自分の野望の為なら安倍総理と同じく平気で期待する人や希望を抱く人を裏切り使い捨てる人のイメージが強くつくでしょうから、今回の選挙にはいかない方が賢明という事です。というかここで行けば同じく安倍総理と同じように責任ある任期を全うする気のない不誠実な人のイメージが付く事になるでしょう。 現在総理は責任から全て逃れようとわがまま放題をやってのけられる独裁者のような状況ですから、質が悪いですが。自分に都合の悪い責任問題からは逃げようとするし、新内閣作っても国民にほとんど還元させることなくただ希望や期待を完全に打ち砕こうとするし、民主主義での話し合いを無視して国民や日本に住む人の不幸を増幅させようとしたり過労死を助長させようとする総理は、全てにおいて日本に死と不幸を振り撒こうとする最低の総理ですね。今回の選挙ではこの物の怪を喜ばせるか政治家の欲望の為しか考えないゴミ捨て場の集まり政党どもを喜ばせるしか選択肢が無いというのは、日本の現在の状況としてまさに地獄絵図さながらですね。というよりも日本は地獄のような状況へと引きずり込まれていく感じであるというか。 日本の借金事情も世界規模で見ても最低最悪ぶっちぎりでいつ滅んでもおかしくない国ワーストトップですしね。日本の未来は真っ暗地獄色というのが正しい評価でしょう。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 米朝大バトル~終了~小池希望の党
















 さてそろそろ日本の少子化と現状政治での未来地獄予想図でも公開する考えで行きますかな? 高齢者ばかりが生き残って、若者が使い捨て殺されていくだけの壊れた国の有様を。高齢者だけでは人類の未来を紡いで行けないというのに、高齢者擁護の精神で罪もない子供たちを惨殺していく世界に何の意味があるのだろうか? 分からないのだろうか?今の政府が行なっている事は未来の子供たちの未来を奪い去り残虐なまでに殺戮し上げようとしている凶悪さを。罪も無き子供の命をただ殺そうとする政府の行為を許そうとする人もまた、殺戮者であるという事だ。 これが何の事だか理解できるかな? まあその回を見れば少しは考えがまとまるかもな。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第471回 電気自動車の普及率を促進する為の新環境作成方法 [NEWビジネススタイル]

 さて今回はいやに真面目なタイトルですが、いつも通りな私からの未来のアイデア1つと、今からでも行える(準備含む)電気自動車の活用範囲が大きく広がるNEWビジネスの方法をご紹介します。まあ正直言うと、前半は出来るのであればすごく電気自動車社会が発展する方法で、後半は現在の電気自動車のウィークポイントになっている部分の補填が出来て、その問題をかなり解消方向に出来る方法である。(そこ単体でも今よりも売り上げが上がる事は間違いないだろうし、コンビニなども取り組めればさらに売り上げを伸ばす事が出来るような方法である。まああれがある店などであれば大体有効なビジネス方法だが。さて答えは後半にでも。)

 さて普通に飛ばされるかもしれないが、私としてはこちらも将来の電気自動車の普及率を上げる為に真面目に考えている物なのでしっかりと紹介をしていく。とはいえこちらは主に道路事情なので、個人に関する事ではないために今はいいやと思う人はどうぞ2番目の方に飛んでください。ただこれが本格採用されれば、電気自動車並びに自動車関係での最大のウィークポイントである燃料問題をほぼ解決出来るようになるので、全く無視しても良い内容の話ではないのですが。(燃料の残量気にしなくてよくなる話ですから。つまり電気自動車での充電が必要なくなる方法の話です。正確にはわざわざ個人でする必要が無くなるですが。)
 さて長い前置き2でしたがいよいよ話します内容が、道路で電気自動車に電気を充電させる方法についてです。つまり電気スタンドや家庭で電気自動車に電気をわざわざ充電させる手間を省いて、道路を電気自動車が走るだけでほぼ自動的に電気自動車の充電をしてしまえるシステムの話というわけです。これが世界全土で普及させられれば、燃料問題気にせずにずっとどこでも走り続けるなども可能になるというわけです。だってそこに電気自動車対応の道路さえあれば自動的に充電されていくからです。

 そこで現在考えている充電方法は2つあります。

 まず1つは道路の側面部分に電気自動車へ充電用の電気を空気を通して直に電気自動車に当てて充電させる方法で、電気自動車の側にもこれに対応する装置を付ける必要があります。(まあ基本的にどの案でも必要な事ですが。) そしてこの方法からさらに2つに方法が分かれるのですが、1つは車が信号で止まっている時に自動的に道路の側面部分又は白線部分から充電用装置を上昇させてその電気を車に送れるようにして充電する方法で、2つ目はこの充電用電気を車が走行中は自動的に放射し続けるようにしてその電気を電気自動車で自動的に受けて走りながら充電する方法です。 しかし1つ目の方法では、信号などでわざわざその対応道路の場所で止まる必要性が生じる事になり、電気スタンドなどの必要性も生じてくる事になる恐れがあるのと、止まる時間が短ければそれだけ充電が出来なくなる恐れがある事等が出てきて、2つ目の方では走りながら充電が出来るが車線によっては十分な充電が出来なくなる恐れも出てくるし、万が一人などが踏み入った場合の危険性が生じてくる恐れがあるので、この点に気を付ける必要がある方法である。

 2つ目は同じく道路上で充電する形ですが、こちらの方は道路自体に直接充電用装置を取り付けるという形で、対応の電気自動車が道路上にいる限り道路から上に向けて充電用電気をほぼ直接送り続けるという方法です。(上に対応電気自動車がいる事の確認が出来次第、上に向けて道路から充電用放電をするというイメージ。)これなら走っている最中でも止まっている最中でもずっと充電をさせる事が可能で、人の立ち入りなどで怪我をさせる心配などもほぼ無くなります。 ただ、道路上の対応路面全部等にその装置を設置する必要があり、メンテナンスの量が膨大になる事と、総額の費用がこれまた膨大になる事が予測される方法です。まあメンテナンスに関しては無人機などで任せられれば関係はあまり無くなるでしょうが。

 そしてこの充電用電気代に関しては、電気自動車の個人識別が成されてる状況で充電が出来る仕組みにして、道路での充電電力を後から支払う形式で行なえば電気使用量問題に関してはそこまで考える必要も無いでしょう。まあなんにせよこの2通り(正確には3通りかな?)の方法でなら、道路上から電気自動車に対して充電用電気を送って半永久的に電気自動車を動かし続けるといった事が出来るようになります。そしてこのような方法が出来るのは現状電気自動車くらいです。(似たような例でソーラーカー(太陽発電自動車)もありますが、ソーラーのみではそこまで快適には無理でしょう。) まあ、この方法では今のガソリンスタンドや電気スタンドの意味合い性が無くなっていくことになるので、そこからの反発がありそうな考え方となりますがね。(世界で電気自動車だけにならない限り全滅にはならないでしょうが。) 何せ車の開発において電気自動車だけは燃料問題を考えなくてよくなる方法ですから。(燃費の方は考える必要があるでしょうが。)

 それではここから後半の電気スタンド大量増加方法についての新ビジネスの話なのですが、伝える事はとても簡単です。現在電気自動車を家庭以外で充電させるためにはまだ数が少ない電気スタンドの所に行って充電させる必要がありますが、この電気スタンドで行なえる充電の場所を各駐車場でも行えるように出来たら電気自動車の充電を行なえる場所が飛躍的に増加出来て電気自動車をもっと利用しやすく出来るのではないでしょうか? 具体的には、各駐車場に1つ配備する形ではなく(予算が無ければそれでも良いですが)車を止める事が出来る場所1つ1つに充電が行なえるような装置を設置できれば、電気自動車の利便性は飛躍的に高まる事となるでしょう。そしてこれは別に駐車場に限った話ではなく、車を駐車できるスペースがある所であればどこででも可能な話です。だから最初の辺りでコンビニなどを話として挙げたのです。 まあそれで駐車場などでその電気自動車の充電を行なおうとする時に充電代金を支払う形にすればしっかりビジネスに出来ます。さらにそれを含めて電気自動車に駐車場の利用率を上げさせたり、店などの利用率を上げさせたりする追加効果を見込んだりすることも可能です。 つまり電気自動車の充電が出来るで客を呼び寄せてついでに本来の駐車をしてもらう事や店の活用をしてもらう事を狙う事が出来るようになるという事です。こう狙えばお互いにwin-winで行く事が出来るでしょう。

 さらにこれらで電気自動車関連の燃料問題に関してかなり改善できれば、電気バイクや電動自転車や電動車いすなどでも同様に活用の幅を広げられるように出来るでしょう。車体が小型で蓄電容量が低くてあまり有効的ではなかったとしても、このような方法で電気車両が飛躍的に便利にできれば、蓄電容量をあまり気にせずに開発を大いに進めていく事が出来るようになり、さらに発展させる事が出来るでしょう。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 電気自動車~終了~道路型充電
















 そしてこの道路型充電スタイルと以前に話した道路上での発電方法などを組み合わせれば、発電&充電が出来るようになり、電気自動車社会の効率性はさらに高まり続ける事になるだろう。これぞ電気自動車の弱点を解消する為の方法です。

 それにしても昨日のは軽い感じで紹介したけど、人気がすごいな。お手軽発電だからかな? まあその前の冷気力や振動&重量発電もかなりの人気だけど。 ついでに最近は私のブログ状況で私のブログならではの現象の発生率がやたらと高いですな。(作成当日の人気が低い回のその後の伸び率の上昇具合) end
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第470回 水力発電 もとい水(推)進力発電 [新アイテム開発]

 いわゆる洒落ですな。今回は非常に軽い回です。(内容的にも文章量的にも。休憩回に近い。)というのも今回のやつは使える範囲が非常に限定的かつ発電量もそんなに大したことはないという感じの物なので、こんな使い方の発電方法もありますよ?的な軽い回です。(冷気力発電よりも限定的ですし。使用場所だけで考えると1番広範囲だが…) というか今既存報道では、平成の大歌手の引退騒ぎや解散風騒動で碌なのが無いので、私の発電シリーズ等で進んでいます。(他の持ちネタもまだいくつかあるけどね。)

 さあ今日はさっと進んでさっと終わりますか。(水だけに)今回の発電に関しては主に水の上を走る乗り物である船などでその勢いを元に発電するタイプの方法です。つまり水の上などを走る船の推進力で得る移動のついでに発電をしようとするタイプの発電方法です。なので発電効果範囲や発電方法的にはかなり限定的な事だが、場所が水の上なので川や海の上全体で発電が可能という事で非常に広範囲であるという事です。(ただし得られる発電量自体にはそこまで期待するほどの量は無いと言える。せいぜい消費電力量の軽減くらい。) そして肝心の発電方法の仕組みは、一応水力発電ベースなので船が水と接する場所に運動エネルギー発生装置を配置する必要がある。という事で船底辺りに設置するか、もしくは外部取り付けで船の上から装置を下す感じでその下した装置が回転なりして発電させる運動エネルギーを作り出して上の装置で発電させるという方法で電力を作り出す。いわば船などの進む推進力目当てで、その進む勢いによる力を発電装置で勝手に発電するという方法である。
 ちなみにこの方法での発電に関しては、水を使わない形で風を使う風力発電の推進力使用パターンでも似たような発電が可能である。つまり、車や飛行機の上部またはどこか邪魔にならない部分に風力発電系の装置を付けて、走行や飛行時に発生する進む力の推進力で発生する風力によって風力発電を成して電力を作り出す事も可能という事だ。(まあ車だと本気でたかが知れているというか、電気自動車での本気のサブ発電くらいにしか使えない発電方法だな。飛行機だとかなり稼げるだろうが、そもそも飛行機であまり発電して使う必要も無いだろうからどこまで良いと思えるかだな。それにそれでの重量増加が入るからさらに敬遠されがちになりそう。乗客半ば無視して飛行発電所感覚で飛ばすとかなら使えるかもしれんが。) それで水に戻すと、船やボートや帆船などでも発電可能という事である。そしてまた風に流すと、自転車などでも使えない事はない。(メリットがかなり低いが。) まあ高速で移動できる物でない限りは消費電力軽減のサブ発電止まりの発電方法です。この発電スタイルでの1番のメリットと言えば、特に発電の方法意識することなく装置付けてほったらかしで良いという事と、誰でも簡単に作成可能な発電方法という事くらいですかね。で、デメリットがその分発電量の見返りも少ない事がほとんどという事です。まあ手軽に電気代を多少でも安くしたいと思える方には良い感じぐらいの今回の発電方法です。(あまり真面目に発電するタイプでもないので、面倒くさがりでも消費電力を少しでも削りたい方などには良いかも? だって設置後放置プレイでも自然と少しは発電できる方法ですから。)


 それではここまで見て頂き誠にありがとうございます。
 推進力発電~終了~放置発電
















 さて新発電系スタイルはまだまだ考えております。ちなみにこの発電系も立派にエレメント系の話ですしね。雷といった感じか?(電気でもよいが。) まあ後全然違う話として少子高齢化を放置した場合の怖い未来の話も考えています。なんと文化自体までもが高齢化してしまうという恐怖の現象が!! …昔の人種差別全盛期辺りになってしまうという話です。なぜそこまでの話になるのかは、その回でお話しします。少子高齢化現象…放置すれば人類の命取りに!? まあ今でも様々で悪影響が発生しているし、そこまで盛った未来予測の話ではない。 fin
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感