So-net無料ブログ作成

第1136回 時事雑記「ジャニーズ裏表・吉本反社会・京アニ爆発テロ+α」 [授業]

 さて今日はいろいろ話があるので、時事雑記という事にしていろいろ話して行きます。
 順番的にはタイトル順に話して行くつもりで、+αは先に話す韓国との事について少しですね。
 まあ今日の内容は芸能2つにアニメ業界へのテロ1つといった構成です。

 それで時事雑記の本題にも入らない辺りでの日韓問題の話ですけど、どうやら韓国国内でも徹底的に日本と戦う事を決めている集団も結構いるようですね。日本ではそういう争いの姿勢を国民感情的にはしていませんけども、韓国は一方的にでも民間攻勢に出ようという国民感情なのでしょうかね。 それが関係をさらに悪化させるとしても、徹底的に日本を倒そうという気でいる反日集団がいるという事で、これはもう人種差別にも該当する韓国の状況とも言えますね。
 そして、手に入らない物の一部は中国に頼ったり自力で作ると豪語していたり行動していますが、これまでの日本の生産レベルが高かった物だから、今後はどんなに頑張っても今以上の質の製品をしばらくは作り出せないと言っているような物でもあるのでしょうね。それは世界経済界にとって何を意味するのか理解出来ているのでしょうかね? サポートを受けながら地道にやって行くのならともかく、サポート無しに近い状態でやるのは非常に大変な事だと思うのですが、どこまで短期間で頑張れるのでしょうかね?(韓国経済が崩壊しないうちで。)
 あと韓国政府は徹底的な反日攻勢に出ていて、民主的な意見を排除しているようですね。その様は米トランプのやり方とよく似ていますね。日本だけでなく韓国も毒されていましたか。

 それでは本題の時事の方へと移って行きます。
 まずはジャニーズの裏表に関してですが、先週ジャニーズの社長が亡くなったと報道されて大きな衝撃が芸能界に轟いて、世界にもその影響を与えた形になって多くの人がその存在を悔やんでいましたが、彼がやった事は偉大な功績ばかりというわけではない事実が先日ひっそりと報道されていましたね。
 その内容はSMAP騒動にて辞めた3人に対して芸能界で仕事をさせないような嫌がらせ的な圧力をかけていたことが判明して、公正委員会の所から注意を受けていたという事があったという事で、やはり恨み的にやっていたという事なのでしょうね。 自分を慕う子供は愛するけども、自分の言うとおりにしない子供には嫌がらせをするというのは、偉大な人物というよりもその辺の普通にいるおじいさんと大して変わらない性格であったとも言えますね。 人間味があってそこまで偉大には見えないという所ですね。SMAPを解散させるに至った原因を作ったのも社長の独断からSMAPの母を事務所から追放したことが原因ですから、そういう人間味のマイナス面もあるので、私的にはそこまで偉大な人物だとは思えませんね。 SMAP解散はファンの事を思うよりも自分の感情を優先させたが上に起きた現状ですからね。
 それにいくら偉大とされている人の子供でも、犯罪を行なったバカ息子たちは結構いますからね。似たような時期に法廷に出廷して法廷内で愛を語ったバカ息子もいたようですしね。
 ただしあちらのあの行動は否定する人も多くいるようですが、覚醒剤系の大麻に関して言っても、別れたとしてもそれで寂しくなったら昔を思い出して使ってしまう可能性も十分にあるので、どっちでもそう変わらないと思いますけどね。男性の方が愛しい人と別れた際の心の傷が大きい人って多いようだし? 新たに心の支えになれるような人がすぐに現れない限りは、別れた方が再犯の可能性は十分に高いと思いますけどね。まあだからと言って付き合う状況でも再犯率が高いのは言うまでもないから、どっちもどっちというわけですよ。

 それでお次は今日辞めさせられる事になった吉本芸人の有名芸人ですけども、少し前の直営業反社会勢力パーティーの話での無期限謹慎処分から、今日新たに報道された反グレ金塊強奪犯たちとのパーティーにも出席して、そちらの方は確実にその反社会勢力と認識した上での参加の形だったことから、事務所が今の所一方的に契約解除するという所で、その後の面倒を何も見ないという芸能界にとっても報道関連から見ても無責任極まりない対応を見せているようですね。
 アコギな芸人商売で儲けている割には、使えなくなったら書面1つですぐに捨てるという内容で、事務所的な事後対応を一切せずに切り捨てるというのは、吉本興業自体も反社会勢力に身を置いているかのような対応ぶりですね。 自分たちの闇に気付かれないようにする為に、明らかにされた闇をすぐにでも切り離そうとする状況は、何かしら裏にあると噂されてもおかしくは無いような感じにも見えますね。 辞めさせられる芸人に会見等されてまずい内容でもあるというのでしょうかね? それとも自分たちが報道会見で話してまずい何かがあるから公の場に出てこずに書面だけでの対応で乗り切ろうとしているのでしょうかね?
 まあ吉本興業は、芸人のギャラの多くを事務所が有して、芸人にはほとんど渡さないブラック職場の状況のようですし? 闇営業や直営業を誘発させる状況を作り上げたりもしていた感じで、普通の事務所よりも多くの取り分を吉本事務所が有していた状況から、その金の一部が反社会勢力に流れていてもおかしくは無いような構図も見え隠れしそうな状況でもあるのですがね?
 そこからのルートで直営業にも関与していたりするのだとしたら?問題はどうなるのでしょうかね? まあこれは全部私の勝手な状況を見ての憶測推測ですけどね。
 でも、闇営業やら直営業を誘発させる環境にしていたことは紛れもない事実ですけどね。 だとしたらそこだけでも、芸人たちを反社会勢力に近づけさせようとしていたという疑いは出てくるわけですけどね。それで疑わない方がどうかしているとも思えますけどね。
 この問題の本当の闇はいったいどこにあるのでしょうね?

 そして最後は京都アニメーション会社への爆発火災テロ事件に関しての続報からの話ですけど、死者は現状30人越えの大惨事になっていますね。そしてさらなる凶器なども用意していたことから見るに、用意周到だったテロ事件となって犯人が生き残った場合には、二度と刑務所から出られないような刑が処されて欲しいと強く願いますね。
 そして犯行動機の方がちらほらと出てきて、現在の内容では、小説をパクられたからの強い恨みでアニメ会社へのガソリン爆発テロを実行したという辺りの内容になっていますけども、小説をパクられたと言っても、既に似たような作品が出ている状態からいきなりアニメ会社に持って行って、似たような作品があるから無理と断られたら、それを勝手にパクられたと勘違いして犯行に出たという感じのシナリオが想定されるのですけど、アニメにそこまで精通していないにわかの小説家にはありそうなシナリオみたいにも見えますね。
 つまり、犯人が気付かないうちにオマージュ作品(似たような)を作っていたけども、自分が絶対であって他人の作品は勝手に自分の贋作だと思い込んでしまう自己中の性格で、いきなりアニメ化絶対の自信の所から断られての逆恨みからの身勝手な犯行というシナリオが想定されるのですけど、現状ではこんな所ですかね?
 というかいきなりアニメ会社に持って行ってもほぼ断られる現実を知らなかったのでしょうかね? 基本は小説という話なら、それ系の出版社に持って行ってから人気が出て初めてアニメ化の話にまでつながるのが一般的ですけど、このバカはそこまでの自己中心的で短絡的な考えで、俺様中心で動かなければ殺すという基本的社会不適合者だったという事ですかね? 主に勉強不足と自己中心的な性格からして。 まあ勉強不足の点は、ガソリンの気化爆発性能の形を詳しく知っていなくて、自爆型のテロになってしまったという誤算の所でしょうかね。
 それでいて、アニメを作る会社を標的にテロを起こすというのは、アニメ愛が一切無かったという事であり、その小説もオマージュでなくても人気が出ない作品だったのではないでしょうかね?(少なくともアニメ化しての人気という面で。) そんな自己中心的な輩が勝手に逆恨みして起こしたアニメ業界に対してのテロ攻撃だったというのが現状分かっている範囲からの推測ですね。

 亡くなった方には深いご冥福を。そして生き残った方には、亡くなった方の無念も含めて回復後にまた良い作品作りに志してもらえたらよいと思いますね。
 まあ私もオタクの1人ではありますから、今回の事件に対してはこの文を載せておきますよ。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 芸能界の闇~終了~京アニ爆発テロ





























 あと言える事は、建物設備の防火防災設備をもっと高めた方が良かったのでしょうね。性善説で攻撃されないという安全神話はどこにも無かったのですから、今回の大規模テロをきっかけにでも安全対策をもっとしっかりさせていく必要はあるでしょうね。
 少なくともスプリンクラーは必要ですよね。もしくは火災の熱に反応して発動する爆発式の消火剤の仕組みとかね。 あとは、スプリンクラーは無理でも、いざという時に働いている人への対応として、大規模火災などが起きたら水場からの水を大量に溢れさせるぐらいに発生させるようにさせたら、それなりに火災への対応にさせる事も出来るでしょうから、その辺の安全対策への危機意識を覚えさせておいても良いでしょうね。 紙や機械なんかも、燃えるよりは水没の方がまだましでしょうしね。 END
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。