So-net無料ブログ作成

第1111回 AI搭載の交番~夜間の警備も普段対応に警察官防衛に役立つ~ [犯罪対策]

 1並びで間違えていないか心配な状態での今回のある意味記念回的な状況で、AI搭載の施設の新しい内容をふと思いついたので公開して行きます。
 これは最近の日本の交番での警察官が襲撃されて拳銃などを奪われやすくなっている事等に対する危険性から回避して行く為に必要な対策の1つとして、交番自体にAI搭載としての防衛対応能力を持たせて、普段の警察官対応の代わりから警察官自体の防衛までを交番の判断で行えるようにしたら、交番への襲撃のリスクの軽減に繋げて行く事が出来るのではないでしょうかね? これなら、交番閉めで後ろから襲われる事は確実に無くなりますよ。

 さてそれではいつもの時事ですけども、令和になってからも日本や世界の異常気象は相変わらずの様子で、各種気候変動の状況は多く発生しているようですが、これを元に戻そうと考えるのはナンセンスですよ? だって地球は生物として生きているわけですし、生きている証拠での大地の移動に起こる振動地震も人間に例えれば皮膚が新しく変わる事と変わらない状況であり、それを止めようとする事は地球を殺す事になりますからね。 そして変わりゆく気候変動も地球が生物として成長する過程で発生する変動状況であるのならば、それらを人間から見て害悪だと感じてどうにかしようとする行為は、それこそ地球に取って見たらウイルスの行動にしかならず、それを新陳代謝でどうにかしようとする事はごく自然な感じだと思うのですけどね。
 大事なのはこの地球で生きる生物にとっては、昔が良かったから昔のままが良いと進化を止めるよりも変わりゆく地球環境に応じた形で進化の過程を進めて行く必要があると思いますね。
 どっちにしろ地球温暖化なる現象の最大の要因は地球の総人口数の増加が原因なのですから、これをどうにかできない限り変化率を少なくする事は不可能ですよ。変動増減値を多少少なくしようとした所で、その基礎値が爆発的に増加されていっているのですから、雀の涙ほどの対策にしかなっていないでしょうね。 だからこそ対応出来る形で進化をした方が良いという事です。
 完全にまねしてはいけませんが、トランプ氏のやっている事はあながち間違いではないという事です。(何度も言いますがね。)

 あともう1点非常に軽い内容ですけど、野党が今行なっているような政治パフォーマンスは安倍政権の腐敗対応より酷いのでどうにかならないのでしょうかね? あんな無駄なことやるよりも大多数の国民から支持と理解が得られる今の問題等への対抗策や代替案を考えるべきなのでは? だから基本支持率が低いのでしょうしね。わずかな基礎を守るよりも浮遊票を確実な物(政党支持)に変える努力をすべきです。

 それでは多少久しぶりなAI搭載の施設の交番編の話をしていきます。
 このAI搭載の交番というシステムは、最近相次ぐ警察官を襲撃して拳銃を奪ったりする状況等に対しての対策案であり、人口減少で警察官の人手の確保も大変になってきているでしょうから、それに対する補助の意味も込められており、ついでに交番が無人になっても交番自体が警察官対応の代わりが出来て、非常時に中に人を入れて守れるという機能を持ち得れば、今以上に地域の安全を守れる場所へと変える事もでき、独自の防衛能力を持たせる事で、暴漢や悪漢などの犯罪者達から一般の人達に警察官までも守れるような形に出来て、完全24時間常時交番付近の治安を守る行動を取らせる事が出来るようになるので、安全地帯を作るという意味においても非常時の対応も取りやすくなるという意味においても今よりも能力が格段に引き上げられる事は言うまでもないかと思われます。
 そして交番にAI機能を搭載させれば、その時点で完全に全世界の言語に対応出来る能力を持たせる事にも繋げられるので、より国際対応能力豊かに高められる事に繋げられ、交番を開けたり閉めたりする必要もなく、簡単な対応程度ならばAIの機能でも十分に対応させてより明確に言葉を聞き漏らさずに記憶して行くようにする事も出来るでしょう。それにより落し物対応や道案内の対応等は今よりもスムーズに出来るようになるかと思われますね。

 また、防衛や治安維持の観点も含めた既存の防犯カメラには、防衛迎撃能力でカメラに水流放射能力(低温~高温)や麻酔銃にペイント弾や強力粘着弾等の能力を持たせて、その防衛防犯カメラを複数取り付けさせれば、かなり強力な防衛能力で持って、付近の危険人物などから一般の人や警察官に中に避難した人たちを守りながら対応できて、ついでにAIから遠隔操作できる警官ロボ(ロボコップ)を駆け付け対応出来るようにさせれば、付近の警戒などでは人間の警察官の必要性無く、今まで以上に治安を守りやすいようにする事も出来るようになるでしょう。
 そして基本的にロボボディであれば、多少の刃物程度では怖くもないでしょうし、人間以上に修理すればすぐに直せるという意味も込めたら、直接の危険荒事対応では警官ロボの方が有効になるケースも今後は増えてくるのではないでしょうかね? それにその形なら殺傷武器を携帯させる必要もなく、普通にロボ的捕縛系の対応能力(先の防犯カメラの防衛迎撃のような形含め)で行けるようにすれば、交番による地域安全を守る形での拳銃の所持の必要性は無くして行けるのではないでしょうかね?

 そしてこういう系統であれば、全国各地の様々な場所に交番を設立させていく事ができ、人が少ない過疎地においても普通に設立させて増やして地域の安全に貢献させていくように出来るので、より危険な状況に対応させていきやすくなるでしょうし、AIからの対応であれば、常時警察本部とも対応は出来るでしょうし、情報交換意思疎通に周りの同能力の交番とも情報共有が非常に行ない易く出来て、落とし物検索や迷子に道案内対応や凶悪犯などの逃走対応にも役立てやすくなると思われます。
 そして有事の際の対応としても常駐配備できる警官ロボを複数保有させておければ、各種トラブル対応にも役立てられ、交番自体の防衛能力も含めて、さらなる交番の能力の向上に役立てられるようになると思われますね。
 それに、警官ロボから遠隔通話の機能で持って本職の人間の警察官がリアルタイム動画で声と顔で持って対応させるようにする事も出来るので、あらゆる場面に対応させていく事も出来るようになるでしょうね。

 この系統の仕組みで持ってAI搭載の交番とする仕組みにすれば、それこそ全世界でも普通に配置させて増やして地域の安全の貢献に繋げて行くようにする事も出来るのではないでしょうかね?
 何せ24時間常時付近の状況に完全対応出来る能力(交番として)を持った交番に出来るわけですから、多少の危険地帯にも配備させていくようにして安全地帯を徐々に押し広げて行くようにする事も出来るのではないでしょうかね?
 それに人も追加で配置して行くようにすれば、いざという時の危険対応での安全の確保の状況は今よりも交番を安全な場所という事に出来るはずですよ?(警察官が突然の襲撃に危機感を覚える事が確実に減少するという意味でね。)

 あとは普通に警官ロボの可能性も普通に見出して、凶悪犯の取り押さえ用や突撃時の戦闘メンバーとして活躍させるなどでも活用して行くようにしたら、人間の警察官への被害も少しは抑えられるようになるのではないでしょうかね? 人の回復は遅いですが、機械ならばそれなりに早いですからね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 AI搭載の交番~終了~警官ロボ(ロボコップ)





























 全て人が対応するだけでは、今の日本の少子高齢化な状況では対応しきれなくなっていると見るべきであり、世界的に見ても人間では練度の習得までには時間がそれなりに必要だが、AIや機械ならば1度覚えさせれば、後は全部それを使いまわして簡単に覚えさせられるので、必要な練度の状況や基礎能力は人間よりも上達させやすく数も揃えやすいので、特に危険地帯等の状況においては、人よりもその有効性は高いと見ても良いのではないでしょうかね? いざとなれば普通に盾としても使えますし。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。