So-net無料ブログ作成

第1067回 報道特集特集 北朝鮮問題 悪魔の作戦「超限定的人道支援&民主主義の誘惑」 [世界問題]

  さて今日は報道特集の北朝鮮問題の特集にて、食糧危機から来る1000万人クラスの餓死の恐れがある状況から見て思い浮かんだ、北朝鮮にとっての悪魔の作戦で、限定的に超確実に北朝鮮の飢えている人々だけを助ける人道支援の形を紹介して行きます。 そしてこれは私の作戦のお決まりパターンとして、作戦の直接の成否に関わらず北朝鮮に大打撃を与える事の出来る作戦です。(故に悪魔の作戦 まあやることがまさに悪魔ですからね。(北朝鮮目線))

 さて時事に関して今日はこれと言った物が無いですね。それなりに報道が出ているのは、運動会にてつむじ風が発生して子供が10人程度怪我を負ったという報道ぐらいですか。あれはあんな熱線で熱せられる環境下で、熱中症にさせるような形で行っていれば起きて当然の状況だとも思えますし、校庭全体に熱を遮る大きなひさしでも取りつけられたらかなり違うのでしょうけどね。それも子供たちの命の安全を守る為なら必要な事では?

 という感じで、本題の報道特集の北朝鮮問題の話に移って行きます。
 それで現状北朝鮮問題に関しては、いつもと相変わらずな感じが繰り返されているだけの形で、今の北朝鮮の体制上では、絶対に核を手放す気が無いという事は誰もが理解出来る所にはなったでしょうね。経済的に潤う事よりも核兵器の存在が大事というのが、今の北朝鮮の体制の意志であるという事です。それが北朝鮮国民が望まなくても、独裁国家では関係ないからですね。
 この形は頭の良い人なら大体その精神に今まで全く変わり無いという事には気付けていたはずで、それに気付けないバカ共が北朝鮮に配慮して平和路線で行こうとして、結局昔の過ちを繰り返しているだけという過去の反省を記憶出来ていない愚図な状況になっているだけですね。
 北朝鮮に対して下手な平和路線交渉には何の意味も持たないという事ですよ。本格的な意味合いで、違反行為をするならその際に経済以上に強い武力的な制裁も含めて行なっていくような形にしなければいけない。 違法な取引を行なう船に対しては、攻撃にて撃沈も辞さないというような感じでね。 もしくは、船の活動禁止とかね。それで見かける度に容赦なく撃ち滅ぼして行く制裁。

 まあ基本的に今の体制状況では、当たり障りのない所を進んでも意味はなく、核を保持してあわよくばさらなる大量保持を成して経済制裁全解除で超大国になろうと画策する北朝鮮に対して手ぬるい考えではいつまで経っても変えられない形にしかならないでしょうね。
 多分ですけど、国家として完全に成り立たなくなるその時辺りにならないと、核を手放す降伏交渉には出てこないでしょうよ。 今のミサイル行動もこれを止めてほしかったら核保有を認めて制裁解除しろという訴えですからね。今の状況でも折れる気配がないなら、国としての存続の危機かいよいよ国民大反乱で身の安全が危なくなった時ぐらいでしょうね。

 だからそんな相手に対して今の状況でただ会っただけでは何も解決できないのですよ。トランプの行動が良い例ですよ。直接会談できても、結局は停滞の歴史の繰り返しに留まっているわけですからね。
 だから拉致問題解決とか到底無理な話ですよね。今のやり方では少なくとも50年間ぐらいは無理な話でしょうから、簡単に会える方法としては、悪魔の発言として批判を大いに買うかも知れませんが、「あの世に行ったら多分会えますよ。」ですね。
 相手はこちらにとっての善人では無いのですから、被害者の善人が考える行動は絶対にやらないと考えた方が良く、血も涙もない非人道な輩と対話するという事を前提に考えて結論を話す方が良いです。その方がまだ生きて会う形の良案に結露を開けるでしょうからね。 今の望む形は、再会する為のスタートラインにすら立っていません。
 私は悪魔ですからね。夢や希望だけで生きているのではなく、ちゃんと現実も見据えた上で考えて行かなければいけないと言っているだけです。 こういう問題においては特にね。
 それに北朝鮮の状況から見ても、必ず生きている保証はどこにもないわけですからね。アメリカの人も帰還後すぐに死んでしまったようですし? その意味も含めてのあの悪魔の発言でもあります。
 それに、現実では知らない方が良い真実というのも割かし存在しますからね。希望を持ち続けたまま亡くなった方が良かったと思える事が真実だとすれば、今の形を絶対に不幸だと断定する事は出来ないのではないでしょうかね? 深い絶望の中で命を終えるよりもそれは幸せだと思えますがね。 まあ悪魔の戯言と思って下さればよいですよ。

 さて話変わりまして、今回の本題の悪魔の作戦の超限定的人道支援の内容説明に移って行きますけども、この方法は、今の北朝鮮体制にただ人道支援目的の物資を送ってもほとんど上に取られて、下にはほとんど回らない事が繰り返されるだけの形に対抗する超確実に人道支援を行なわせる事の出来る方法です。
 この方法であれば、確実に今北朝鮮で飢えている人達を救う事ができるでしょう。ただし、方法というのが、非常に北朝鮮目線で悪魔的な内容で、今までの惨状を踏まえて、北朝鮮の人道支援行動には信用性が皆無であるため、人道支援の物資は国際連合が見守る形の状況でのみ配給などの支援を行なうという形にさせる。しかも基本的には、食料などを含めた1回当たりに短期間その場で消費するような形で、後からの回収がほぼできないような形に限定させるという方法でね。
 つまり人道支援目的での行動として世界連合で北朝鮮の飢えている人達を救う事に賛同出来る国々の協力によって、人道支援物資の調達と現地で配給活動&その護衛を行なう部隊を集めて、世界連合としての人道的支援活動の名目でそれを北朝鮮が許可をすれば、独自に直接現地に入って支援物資の配給などを行ない、基本的に食料品などはその場で調理して振舞ってその場で食べてもらう事を基本とさせて、他の備品等に関しても基本的には、その活動部隊の目の届く範囲での使用に限定させるような形でのみの配給行為とさせると、その行為を認めた北朝鮮の国の軍が奪うような事を防ぐ形に出来て確実に渡せるようになる。
 そしてそれを実行する際には、そのような行動を起こそうとしている事を秘かに北朝鮮全体に渡らさせる事によって、それが出来なければ国が国民を殺そうとしているという事をはっきりと分からさせる目的に使えて、認めて行動が行えた場合は、そこから外部の状況や現在の北朝鮮情勢などを教えたりさせる事によって、民衆の思いの力のサポートの為の人道支援の形にする。 その直接の行動のサポートではなく、あくまで生きる事においての最低限のサポートと、民主主義に出来れば未来に繋げられるというような事を広められる形にするだけでよい。
 まあただしこの行動は北朝鮮体制の人道支援行動を信用出来ないとして独自に行動する事を、予め北朝鮮に願い出ての行動に出て行くわけですから、基本的にこの行動による現体制の崩壊に繋がるのでは?と考える形では否定的な感じになりそうですが、それを踏まえてその前に事前準備として、国際連合が独自行動で北朝鮮の人々を救う為に人道的に行動を起こそうと北朝鮮政府に訴えているという事を知れ渡らせる事が出来れば、その状況も踏まえて、断ればそれこそ大反乱が起きかねないという状況にする事も出来て、その作戦の形であれば、どちらになっても結果的に人道支援での救いを与える行動にする事が出来て、あわよくば北朝鮮体制の健全化にも役立てられるようになるでしょうね。

 これぞ、武力を用いずに北朝鮮問題を解決させる方法の1つです。この悪魔の作戦では直接的な行動の北朝鮮の返答の成否に関係無く、作戦行動を完遂させる事が最終的には可能です。
 つまりこれをされた時点で、北朝鮮にとっては民主主義化に近い物が遅いか早いかなだけとなります。 まあその状況で、現体制の命が助かる道も残されてはいますがね。その選択肢は、まあまず無理な話かと思われますが。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 報道特集~終了~悪魔の作戦





























 北朝鮮の国民が一致団結気力も十分な形に国連人道支援の形に出来れば、普通にそこから北朝鮮体制が崩れて行くでしょうね。北朝鮮では手に入らない韓国のにぎやかな部分や世界で流行っている物などを見せたりする事によってね。(人の映像記憶は誰にも現状取られませんしね。封じる事は出来ても奪い取ることは出来ない。) END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。