So-net無料ブログ作成

第1027回 新元号決定! 「0和」ですかね。 +1億総活躍の裏の意味 [授業]

 ああごめんごめん間違えた間違えた。(笑)(完全故意100%) エイプリルフール含めて、新元号に対する世の中では珍しい天邪鬼な批判的な言葉も加味してのタイトルです。 完全100%狙っての言葉です。(非常に狙い易い元号だったもので。)

 さて今回は時事も含めてのそのまま本題の話での新元号に対する話ですけども、日本の世の中では、きわめて好意的で喜ぶ人たちが多くいる事であり、言葉の内容も良いという事で総じて喜ばしい限りかと思われますが、ここに1人天邪鬼がおりまして、言葉に隠された意味での邪推に関して今日は語って行きます。ついでに後半では、再度安倍総理が語っていた1億総活躍社会の真実というか恐るべき内容に関しても話して行きます。

 それでようやく本当に新元号としての言葉を出しますが、「令和」という言葉だそうで、報道系統はこれ一色に染まる勢いな感じですね。(これも全ては、今の天皇さんが象徴としての役割の年齢的な大変さで持って、生きている内に喜ばしい形で代替わりしたいと慣例を破って発言されて行動になった事ですね。)
 それで私はタイトルに読みで「れいわ」という事で0と和をくっつけてあれにしたわけですね。
 そしてその意味は単純にエイプリルフール目的ではなく、「れいわ」と読める事から邪推する意味において、平和が終わって次の形になる事において、平和を0(れい)にするという所から令和という事でも意味が通ってしまうという所に気付いたわけですね。
 つまり平和の終わりを意味する意味でも使えてしまうのが新元号という事ですね。もしくは日本の和の心を無くして日本を消す意味においても考える事はでき、漢字の表現上は喜ばしい言葉で作られているとしても、読みの部分での「れいわ」というのは、マイナスの言葉にも同時に成ってしまい、皆さんが喜ぶほど私はそこまで好意的には思えない新元号であるという事ですね。
 ついでに言えば、令和というのは、昭和の言葉の綴りに何となく似たような感じに思えて、昭和に戻そうとか、平成の平和になる以前に戻そうみたいな意味にも思えてしまうのですよね。
 要は、この令和に決めた人たちのほぼ全てが昭和生まれだから、そのイントネーションの響きに近い言葉に戻そうとして、令和に選んだのかな?という邪推までしてしまうのですね。 つまり新しさがあまり感じられない言葉の感じになってしまっているイメージですね。
 「令」という漢字は元号においては初めて使われますが、読みの形において後ろに「和」を付けてしまうと、昭和の二番煎じのような元号にも思えてきて、昭和が好きな人たちが選ぶ感性はそういう事なのだと思う感じにもなりましたね。

 非常に喜ばしいムード一色な世の中の状況で、ここまで新元号に対して辛辣にディスる人は世界広しといえど、そんなにいない事でしょうかね。
 これを新天皇が自らの思う形で選んだという事であったのなら、ここまで言う事も無かったのですがね。(結局はご高齢者たちが勝手に決めた元号であるという言葉でしかない様に思えてね。まあ基本的に全ての元号においてそうと言えるのですけど、新時代に託そうとか言う気がまるでない決め方ですよね。)

 さて、ここまで真面目に読めれた人は、この辺りで新元号の令和にどのようなイメージが湧けますかね? こんなのは少数派の邪推に過ぎないと叩っ切れて、変わらず喜ばしい限りと思えるのか、それともマイナスのイメージも少し頭の片隅に残って、そうならないように変えて行こうかと思っていくのかという辺りでしょうかね。
 まあ全員が全員まっすぐだけを見ていたらまずいわけですし、嫌われようがこういう物事で意見を出来る人も世の中には1人ぐらいいても良いのではないでしょうかね? 少なくとも基本的なブログの観点で新元号の令和に関して、悪いイメージを持つのは私ぐらいでしょうし。
 あらゆる面で突き抜ける部分は予想外な方向に突き抜けるのが私の考えです。超個性ですね。

 さて、ここからは後編の話として、安倍総理が毎回語る1億総活躍の暗黒な意味に関しての話についてを話して行きます。
 この1億総活躍というのは、今の状況から考えれば、1億人以上に頑張ってもらう事を意味して、その具体的な意味としては仕事に従事してもらう事を意味し、またの名を1億総奴隷化計画で日本を一生働き続けないといけない国に変える意味にも捉えられるのですが、それ以外にも恐ろしいというか安倍総理の悪逆非道さが垣間見える言葉にもなっています。
 その理由はというと、1億総活躍というのは、今の人口減の少子高齢化の日本においては、既にまともな働ける人の数では普通に1億人を割っているかギリギリな所にあると見て、そこから推察する言葉で、1億総活躍という言葉にさせると、女性に活躍してもらうのは現在の基本でそれ自体には何の変な事も無いのですが、老人においては死ぬまで平穏な老後は迎えさせてやらずに死ぬまで働けという老人虐待の意味を持つような形となり、さらに数が下に割り込み続けると今度は、子供や赤ちゃんまでもが強制労働で働けというような超児童虐待ぶりで、海外の途上国もびっくりな意味合いに変わって行き、果てには病気や障害で動けない人にも強制労働を強いるような暗黒の国に変えるような意味合いにもなってきて、総じて安倍総理が企む暗黒計画でしかない様に思えてならないのですがね。
 虐待や虐殺に人種差別が大好きな安倍総理の考えそうな内容という事なのでしょうかね?

 人にそこまで頼ろうと考える方が悪い事なのだと思いますがね。
 人を使う事しか考えられないと、1億総活躍とか掲げがちですけども、実際に本気で好きに活躍してもらう人数はもっと少ない目標で良いと思いますがね。 せいぜい1億人比率の中から3000~4000万人ぐらいの人が活躍出来て、それ以外は活躍はしなくても好きな事で頑張れる人達や頑張る人たちに残りはのんびり過ごしたり楽しく過ごしたりする自由状況で良いと思うのですがね。 ちなみに、好きな事で頑張る人たちというのは、学生が主に含まれています。なので活躍の数が結構少なめに目標値を設定しているのですよね。(あくまで私が思う目標値ですしね。)

 だって今の時代は人をどんどん活用させていくよりも、AIや機械を当てて行く方が、効率の面でも経済の面でも人の活躍よりも効果性が高いのですから、過剰に働かせすぎる1億総活躍よりも、人が少し休める形での活躍目標で行く方が、国としての社会の在り方では良い気がしますけどね。
 全員が無理に頑張らなければいけない状況では、人口減の状況では近い内に必ず破綻するので、目標値を少なめにして、その少なくした分の所にAIや機械をどんどん当てて行くのが正しい形になると思いますね。
 というか、無理にでも人を使って経済的に海外に負けるのでは、今の日本の資本主義体系ではまるでダメな気もしますけどね。(黒笑)


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 新元号~終了~令和





























 さてこの新元号で平和が無くなるのかどうかは見物な気もしますね。だって現状安倍総理が日本を殺人武器輸出大国にしようとしたり、他国先制攻撃用の侵略攻撃ミサイルの準備を重ねたりしていて、新基地の強硬設置やイージス・アショワにオスプレイや超高額戦闘機の購入や上陸に好んで戦争参加の条件を整わせまくって、平和なんてぶち壊して戦争漬けの日本に変えようと動いている現状があるわけですし、あながち私の邪推も全く的外れでもないという現実があるわけですよね。
 それもこれも全部安倍総理独裁者の行動によるものですけど。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。