So-net無料ブログ作成

第996回 時事雑記 米朝会談補足 と 自衛隊募集チラシへのオタク意見 [政治経済改革]

 さて時事ネタが多いので、2回続けて時事雑記行きますけども、今回の構成は米朝会談のずれの補足説明と統計調査不正問題の続きに、原作も知らぬバカ自衛隊が見た目のイメージだけで起用した問題作のアニメチラシで批判を受けている件に関してのオタクからの意見です。 先に言いますけども、原作知っている私から言わせてもらうと、その問題の話は主人公が最初の方で問題にしていた事ですからね。 少しでも原作の話を知っていれば、普通に気付ける問題点であったはずなのに、見た目のイメージだけで選ぶからそうなるのですよ。 まあそれの詳しい話は後ろの方にでもね。 そしてここのラストで言う事は、アニメを汚すな自衛隊という事ですかね。

 というわけでオタク発揮から米朝会談の補足説明に真面目に切り替わって行きますが、あの後の深夜の北朝鮮側からの会見ではトランプ氏の発言とは違う内容で話されていまして、どっちが正しいのか?という議論が今日の報道の話題でしたけども、一部の番組が言っている事と同じように双方間違いは言っておらず、単なる認識の違いなだけでどちらも本当のことを言っているものだと私は思います。 それがアメリカトランプから見れば全部であり、北朝鮮から見れば一部だったという話で、それにお互いが誇張する為に省いた説明を加えると、どちらも正しい事を言っているという事になります。
 まず北朝鮮が言っていた一部というのは、全体から見て一部なのですが、その一部というのが制裁解除において主要な部分全部をまとめての全体の中の一部という話であり、その他別に解除が後回しでも良いのが残っているから、全体においての一部しか求めていないと言っているのですが、それをアメリカトランプ側から見れば、制裁解除において重要な主要の部分全部を解除しろと求めてきているから、それは既に全部を解除しろと同じような事だろうという事で、全部であったという発言になったのでしょうね。
 そして施設の検査等においても、北朝鮮は1つだけでアメリカから10を得ようとしていたようですけど、アメリカとしては10が欲しいのなら北朝鮮も1つではなく同じく10の施設のリストを公開して来いという要求をして、それを北朝鮮は受け付けなくて1で10を得る事に固執して何とかアメリカからだまし取ろうと調子に乗った行動で求めて行った為に、アメリカ側が話にならないと会談の席を蹴ったというのが大体の所の真実でしょうかね。 要は北朝鮮が現在の状況と今のアメリカの状況を見て、調子乗ってアメリカを低く扱っての要求をした為に、トランプがそれを蹴ったという事でしょうね。それを呑んでしまったら、職の弾劾にまで一気に進められてしまうでしょうしね。
 自分の首が危ない状況で、調子に乗った北朝鮮と話し合いをするのは危険という事で、調子に乗るなという意味を込めて会談で何も合意はせずにアメリカに対して何もしないのであれば、「いつまでも話し合いのチャンスは待つよ」という感じでのあの分かれ方だったのでしょうね。
 まあ現状それが最善であり、北朝鮮をおとなしくさせたままにさせる釘差しとしては十分だったのではないでしょうかね。

 まあ現状では、アメリカ相手のは1つで十分と考えている現状は、非核化の意思はほぼ無いと見た方が良いでしょうね。現状でも何とか核戦力を保持したままうまく世界やアメリカを騙しぬいて、制裁の全解除で潤った状況から核戦力も持つ経済大国として成り上がろうと考えているという事でしょうね。 つまり北朝鮮の目的としては、今の中国やアメリカのような大国的存在の位置を狙おうとしていて、その為には核戦力の保有は絶対に必要だという意思は変わらないという所でしょう。 だからこそアメリカが思う等価の要求には絶対に応えられないという事ですね。どうにかしてでもアメリカよりも強い形を維持できなければ、非核化しなければいけなくなりますからね。しかしそれは北朝鮮の本来の目的とは大きく違う為に、どうにかして非核化せずにアメリカからの制裁の事実上全面解除(どうでも良い所を残した上で、それを一部とみなす。)を狙っているという事でしょうね。
 まあ早い話が、99%と残り1%を見て、99%を要求してきて、まだ1%残っており99%も全体で見れば一部であると思うのか、99%ではほぼ全部ではないのかと思うのかの違いというわけですね。 こう表すとお互いの発言の意味が分かりやすいでしょ?

 それでお次は短めに厚生労働省の統計調査不正問題での厚生労働省の第3者調査委員会(弁護士共)の調査内容では、大体の予想通り隠蔽無しの判断を出しましたが、どうせ今回も大臣のチェックは行われているはずで、その状況で隠蔽があったなど出るはずもなく、真実をひた隠しする事に注力を置いた説明にて、隠蔽の問題はなかったで済まそうとしていますね。 というか1回目の調査の仕方自体が既に隠蔽問題だと思われるのですが、それも問題無しというのは、身内の犯罪者は絶対に処罰しない安倍政権の腐敗状況だからという事なのでしょうかね。安倍政権の息の掛かる所では、絶対にハエもトラもゾウでさえも叩く事は無いという事でしょうかね。 これこそ自民党クオリティいや、安倍総理クオリティですかね。
 厚労省が第3者を呼んでもそれが弁護士集団ならば、それは真に第3者ではなく、2.2者ぐらいの立ち位置にしかなりませんね。 つまりやる気が無く国民の為に解決する気が無いという表れであり、統計調査不正という問題はそれほど大した問題ではないという厚労省と安倍政権の意思が読み取れますね。 まあ実際には今回の事も踏まえて、世界の信用は確実に落ちたと思いますけどね。安倍総理のしてやったりな感じで。 せめて自民党と協力関係に無い野党か報道側から専門家を招集してそれを第3者調査部隊として組まない限りは、絶対的に第3者にはならないでしょうね。
 政府のお抱え弁護士団では、何も調査の意味がない。どれだけ調査をしつくそうとも、最終結果の段階で隠蔽が無かった事を前提に話すだけでしょうからね。 それが今の腐敗ですよ。

 という感じで、タイトル2番目の自衛隊募集チラシ問題における私オタクからの意見を述べて行きます。 先にも語った通り、今回の募集チラシの問題になったアニメに関して原作を知っている私からすれば、普通の人が見て絶対に思われる問題だろうなあと思いますね。そのままの絵を使えば、確実に問題視されてセクハラだと言われてもおかしくはないでしょうね。 ちなみにあれは下着ではなく、水着です。しかも主人公は確かスクール水着着用だったと思います。その水着着用の上に軍服(上だけ)羽織って戦うというある意味問題な状況で、アニメが構成されており、その水着に関してもそれがズボンであると表記されて、アニメ当初の主人公もその軍隊の形に戸惑う状況になっていましたからね。(アニメの中では、軍服の下が装着する特殊装備の影響で付けられないから、便宜上水着の下を軍服扱いでのズボンと呼称させているという話があるのですが、まあこれは単にアニメ見る大人男性に向けたシチュエーションなだけの設定でしょうね。なのでそれは一般大衆向けではない。そしてそれに気付かず原作も知ろうともせずに自衛隊がバカやらかしたというわけですな。)
 ちなみにそのアニメは確か初期が「ストライクウイッチーズ」だったはずで、今は「ワールド」に変わった名称だったかな? その手のアニメ界では人気アニメで、いろんな種類のアニメや漫画が作られていますけど、一般的な倫理観としてはかなり問題があるアニメですので、航空系であれば他の作品で今やっている「ガーリーエアフォース」を採用した方が良かったのではないかと思われますね。というかこちらならガチ戦闘機での戦闘型(F-15J出てるし)なので、航空自衛隊には最適なアニメだと思われるのですがね。 あとその他の所で、陸上自衛隊ならば「ガールズパンツァー」、海上自衛隊ならば「ハイスクール・フリート」が、ほぼそのまま軍事兵器を使って戦う形のストーリーになっていて、キャラがかわいい女の子な点は変わらないにしても、お色気要素よりも無邪気な点と本格戦闘要素でガチバトルとかやったりしているので、広告系としては及第点かと思われるのですがね。 まあ基本的に戦闘を行なっているので、今の自衛隊の形からすれば、やや攻撃的なイメージではあるでしょうが、そこは軍事物のアニメであるという事ですしね。
 ちなみにその中において、ストライクウイッチーズは最初の数話見て途中で止めました。 そしてガールズパンツァーは見ておらず、ハイスクール・フリートだけは全部見ましたね。 ああ後、ガーリーエアフォースは今見ている最中ですね。ただしこれの主人公機は、グリペン(スウェーデン機)ですが。

 まあ日本が推しているクールジャパンの中にもアニメ文化が入っておりますが、自衛隊はそれの悪用をして間違えたという事でしょうかね。というか問題のアニメは、自衛隊のイメージとは掛け離れすぎているはずなのですがね。生身で空飛んで機関銃構えて戦ったり対戦車ライフル構えたり日本刀構えたり等々は、どう考えても航空自衛隊とは違い過ぎる内容で、セクハラ問題云々言う前に自衛隊は少しはアニメの勉強をした方が良いでしょうね。広告に使おうと考えるのであれば。
 でないと、いたずらにアニメのイメージを汚して悪くするだけです。それではFool Japanになってしまうでしょう。


 という感じで自衛隊に対するオタクの意見でした。
 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 米朝会談補足~終了~自衛隊募集のチラシとアニメ





















 そういえば自衛隊の募集に関しては少し前にも総理が各自自治体側と揉めていましたね。総理の言いなりにならなければ、それは全て反旗を翻す行為で間違っていると強く安倍総理が言っていましたけども、総理のやり方は個人の人権や個人情報の保護に関して倫理的に違反する事の無理強いであり、最低限の対応はかなりの自治体が行なっていたようだが、その最低限では納得いかずに全て総理の言いなりになるのが正しいみたいに不満を言っていましたね。 それは独裁者の言い分でしか非ず、強制徴兵制の可能性も示唆しそうな状況と見ますね。そして行く末は戦争を起こすつもりでしょうかね。
 直接防衛において、人は要らない。むしろ練度にばらつきがある分私の戦略では邪魔である。防衛においては、人の犠牲が無くなる無人機の形こそが最適である。 上の勝手な軍事の争いに直接の無関係な人を扱うような戦争の形は無くしていくのが必要である。 争い自体を無くしていくのがすぐには難しくても、無関係な人が死んでいく状況を無くしていく事は意外と早く行えるという事ですよ。直接において完全に無関係な人はね。 つまりそれ以外はあるという含みは残しておきますがね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。