So-net無料ブログ作成

第901回 危険 テロ&大混乱を非常にしやすい国 日本 !超危険地獄級! [授業]

 さて祝の後に続きましたるは久々の危険回ですが、今回は以前までのと比べて超ド級です。何せ日本においてこんなにも大規模テロを引き起こさせやすい身近な弱点を今回話すからですね。 本当に今回話す弱点を狙えば、非常に簡単に日本全国を混乱の坩堝で阿鼻叫喚の地獄絵図に切り替える事が出来るでしょうね。 世界のテロリストの皆さん?私と組みませんか?と言いたくなるほどの弱点が普通に存在しまくって、これを現段階のままで防ごうとしても100%以上不可避という日本が抱えるお国事情的なスーパーデンジャラスなウィークポイント(日本名 超危険な弱点)です。
 そして今回のこれを参考にすれば、皆さんも日本でテロが非常に行ない易くなるという物でもあるので、閲覧には重々注意してくださいね。まあ世界のテロリストがなぜ今まで日本を狙わなかったかと言えば、この弱点から来る狙おうと思えばいつでも日本沈没クラスのテロが行えるからだという事でしょうね。 これだから日本は平和ボケしすぎていざテロリストに狙われたら国家転覆の恐れがある国であるという事なのでしょうね? 狙うのは簡単すぎるから、逆に大きなイベント事があるまでは狙わない方が警備が緩くて楽だという認識なのでしょうかね? まあその辺の弱点に私も普通に大発見して、改めて日本での大規模テロのやり易さに納得してのこの公開です。 車でのテロや自爆テロ以上に効果的でやりやすい日本の風土上の弱点ですね。 ちなみにここで出すヒントとしては、度々自然災害で被害に遭っている事に関してです。

 それで時事の方も危険性というか見積もりに関して非常に甘い事に関しての注意喚起の話なのですが、大阪万博において日本においての開催費用が1250億円ぐらいの目算が出ているようですけど、前にも言った通りこの金額は非常に現段階であやふやな数字ですね。今の少子高齢化に関する問題や建設業の人材不足の問題等を考慮に入れてなく、また、現在でも開催予定地の整備が整えられていなく、埋め立て工事等が進められている途中である事や、長年計画自体が頓挫されていた地下鉄計画の事を再開しようとしている事まで計算式に入れると、現時点だけでも軽く2~3倍には膨れ上がるでしょうね。そして関空でも起きたような事故防止や警備の事まで含めて、さらに人工島という特性における自然災害対策での高潮や津波対策に地震の可能性による地盤沈下の恐れへの対策なども含めたら、普通に4~6倍くらいには膨れ上がってもおかしくはないでしょうね。そしてその費用負担を現在の体制で賄い切れるかと問われれば、かなり難しいと言えるでしょうから、やはり見通しが甘すぎるとしか言いようがないですね。 その件で昨日報道番組に出ていた橋本さんは現在の金額少し上で必ず出来ると豪語していましたが、地下鉄計画再起動の事は頭に入っていないようでしたね。あれだけで軽く500億円以上は行くと予想されるので、どうなる事でしょうかね?もし放置した場合はただの無駄な負の遺産にしかなり得ない場所でもある為に、判断が問われる所でもあるようですけど。 あと言いたいのは、予期されている南海トラフ大地震が万博までに来ないと良いでしょうかね? 来たらほぼ壊滅しそうですし。(人工島の特性上崩壊の可能性大。)

 それでは本題の方の超危険地獄級な話に移って参ります。 それで、日本で大規模テロが非常に行ない易いという話ですけども、現在日本の主なライフラインは整備や補修がやりやすいからと目に見える街中や道路や歩道のすぐ下に設置されていますね? その為、地震や台風に高潮や大雨の影響で度々甚大にも繋がる被害が多発して、その度にすぐに整備したりするの繰り返しで現状の問題を解決してこようとして来ませんでしたが、この自然災害に弱いとする問題は同時に人為的なテロでも狙い易い大混乱ポイントに使えるという事です。 わざわざ警備の硬い発電所や人が集まりやすい場所を狙うよりも街中の至る所に張り巡らされたライフライン網を優先的に狙うようにすれば、容易く大規模テロへと発展させる事が出来るようになるでしょうね。
 この大規模テロの形で分かり易いのは、北海道などでも発生した大停電が分かり易く、発電所を狙うよりも街中の至る所に張り巡らされた電柱から伸びる電線を片っ端から切り落としまくって行けば、それで引き起こされる大停電からの交通マヒによる多重事故の発生に各種会社への経済的な大損失が狙え、さらに各個人への大混乱(エレベーターパニックや自動ドア絡みなど)も同時に狙いつつ切れた電線の近くに発火物質を用意しておけば、同時にあちこちで発生する火災現象でさらなる大混乱とあわよくば大火災まであちこちで巻き起こす事が出来るでしょう。 警備のしようがない街中での突然の大停電とあちこちで火を噴く火災現象の連続発生により、街中は普通に大混乱の坩堝へと落とし込まれる事でしょうね。 それは電気のライフラインが非常に狙い易い地上の上にあるから故の大弱点と言えるでしょうね。 さらについでに、切れた電線から大量の水を撒くような形にすれば、そこから繋がる感電死の水の流出現象へと発展して、さらに逃げ場のない混乱状況へと発展させられる事になるでしょう。 そしてこれらの実現に関しては、絶縁装備で直接切っていく方法やブーメランに刃を仕込んで適当に投擲したり、ナイフ等の短剣等を射出できる銃や強力な弓矢などがあれば、比較的誰でも起こす事が出来る大規模テロの道具となりうる。 要はある程度の切断力さえあれば、電柱の電線を切って行けば良いだけのお手軽大規模テロに出来るので、簡単に事が行えるという物である。 まあその他には、電柱に即席の爆発物仕込んで根元から倒して行きつつ同様の効果を狙う方法も出来るし、切れた電線を直接通行人に向けて狙ったり、車等に狙ってもかなりの効果を発揮させる事が出来る。 場所は日本中そこら辺にある物であるので、警備のしようがなく、防ぐ事は不可能であるという事になる。 これをオリンピックや万博開催地から少し離れた所からやり始めれば、それだけでも大混乱の超絶大規模テロに発展させられるようになる。何せこのテロは防ぐ事がほぼ不可能ですからね。無電柱化による対策を行なわない限りは。

 そしてお次は地下のライフラインの話もしますが、こちらも電気の電線系統と内容はほぼ同じです。地下のライフラインとは言っても、地下深くではなく補修工事のしやすさの面を取って浅い場所にガスや電話線に水道等のライフラインが複数通っていますけども、こちらに対してはアスファルトを破壊する系の爆発物をそこら辺で爆発させたり、地下掘削用の小型ドリルを小型射出武器で持って射出攻撃しまくる形にすれば、簡単に地下ライフラインを破壊して周囲に大被害を与える大規模テロへと発展させられるようになるでしょう。また、地下のみならず関空やらの橋にもライフラインが通っている事が多いので、橋の爆破を狙っても良いのですが、それよりも水中に潜ってからのライフラインだけを狙い撃ちにする形でも同様の大規模テロへと発展させられるでしょうね。 それによるガス管ぶっ壊しての大爆発大火災大炎上やら水道管破壊しての水没状況に水が出ない事による大パニックは相当な被害になる事は自然災害でも痛烈に体感している事であり、それがオリンピックや万博の際に引き起こされた時の被害は超絶規模のテロとなりうるでしょうね。

 また、その他にも電気関連の鉄道網でも大体の鉄道関連は線路の上の方に無数の電線がございますよね?あれを全部叩き切られまくったら、電車の交通網はどうなるでしょうかね?それを各区間どころではなく至る所で行なわれれば、大停電合わせて大交通マヒ状態へと発展する事になるでしょうね。 その他線路も剥き出し状態が数多いので、何かしらの異物を投げ込みまくっても大脱線や急停止による交通マヒやらが普通に狙える状況となるでしょうね。そしてその脱線をホームに帰ってくる所で行なうと、ホームに突っ込む圧倒的な暴力の嵐で大被害炸裂になる大規模テロに成り得るでしょうね。
 そして飛行機類の滑走路に対しては、直接忍び込む必要は無く、あれだけ広いのですから大砲や投擲機などによって放物線を描く爆弾や大岩を降らせれば、簡単に滑走路の破壊や妨害に飛行機への大規模被害を発生させる大規模テロへと発展させられるでしょうね。

 あとはこれらの行動実行をドローンで行なうという事も出来るでしょうし、本当に日本では大規模テロが非常に行ない易い国であると言えるでしょうね。 何せ簡単に大規模テロへと発展させられる弱点が街中の至る所に点在している国ですからね。 そこは日本にとって何気ない普通の場所でしょうが、テロを行なおうとする犯罪者心理の視点から見れば、どこも非常に魅力的な大規模テロの発生源となるわけですね。 それは発電所や重要機関に人が集まる警備の堅い所ではなく、普通の街中で警備のしようがない場所に点在しているからこそテロとして非常にやりやすく大規模テロとしての効果も非常に高めやすい日本の弱点と言えるのです。
 だって重要な場所だけ守って、普通の住民が過ごす場所での凶悪な大規模テロが繰り返される状況を無視してオリンピックや万博を続けるなんて真似できませんでしょうからね? そんなことを無視して進めば国の威信は全部丸つぶれになるし、仮に警備をその被害地区などに向けた場合、今度は重要区周辺の警備がその分少なくなり、狙われやすくなるという事になるから、さらなる多重連続大規模テロの引き金にもなってしまう可能性が出てきてしまいますからね。 もうその状況になってからでは、阿鼻叫喚の地獄絵図で埋め尽くされる事になる戦後の壊滅状況以上の地獄を見る事になるでしょうね。 そしてその状況で逃げ惑う人が溢れかえって大パニックになる事でもさらなる被害を乗算的に生み出していく事になるので、最悪正常な場所が見つからないほどの大混乱の坩堝へと発展していくでしょうね。

 まあこれらの防ぐ為の対処法はあるのですが、これから迎える日本の重大イベントには到底間に合わないでしょうから、こうなるテロが起こらない事を祈りながら過ごすしかないのでは? 今までこの問題を放置してきた報いが今祟るだけですから。
 オリンピックや万博で喜び勇むバカ共たちへの多大な冷や水含めた危険勧告ですよ。 この現状を国に伝えたら、国は動けるのでしょうかね? まあ99%動かないで大規模テロを甘んじて受けつつ日本の世界的安全神話を崩壊させるようになるだけですかね?
 日本では大規模テロを引き起こそうと思えば非常に簡単に出来るのですよ? それは、街中にありふれたライフラインを狙う事によってね。 別に重要施設や人が集まる場所を狙わずとも大規模テロの大被害大混乱を引き起こさせる日本の弱点は普通に存在するわけですからね。 その弱点を曝け出しているのに平和とか、平和ボケもここに極まっていますね。 私1人でも普通に大規模テロが簡単に行なえそうな無防備体制ですからね。ここまでテロがやりやすい国はそうそうないのでは? 守る必要がある物を守ろうとしない国ですからね。だからテロリストたちはいつでも日本沈没クラスの大規模テロが出来るからと基本狙わないのでしょうね。今後国際的な催しがある時までそれが狙われないとは限りませんが。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 大規模テロ~終了~日本の弱点
















 ちなみに、対策というのは今までに既に話していて、地下深くに地下道の近くにライフラインをまとめて守るという方法ですね。これなら、地上で野放し状態や地下浅い状態での狙われ被害を防ぐ事が出来ますから、今までよりも非常に守るを強く固める事が出来るようになります。 まあここを突破されたら全部危険になりますが、それは地上での重要施設や人が集まる場所でも似たような事になるので、安全性は全然違うでしょう。 少なくとも空中剥き出しの電線類は全部地下に埋めるなり別の形に変換するなりする方が良いでしょうね。 じゃないと大規模テロが非常に狙い易いだけなのでね。 END
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。