So-net無料ブログ作成

第610回 独裁的民主主義 生活水準回復から経済の降下上昇までの流れ3 高齢者・介護編 [政治経済改革]

 一気にまとめて行こうという感じで進めています第3弾は、高齢者と要介護者に重きを置いた内容になっています。そしてこの内容の2と3は主に最後の4で話す経済の流れをより分かりやすくさせる為の補足の話でもあります。1つ1つがフローの中の主題ではありますが、最後のこの仕組みによって起きる経済の変化に関してどこがどう変わってくるのかを分かりやすくするためにも必要な話であるという定義付けにもされていますので、1と2を見られている方は最後の経済の仕組みに関してより理解を深める為にもこの回を見ておくことをお勧めします。(まあ見なくても大体の所は理解できるでしょうけどね。具体的な全体の流れだけを知りたいのなら、1と4でも構いませんから。) ただ、今回の話の内容は、最低の生活保障を確保する為に人員を大幅に削減された内容になっていたりするので、介護などにおいて人が行なう事が絶対であるとか思っている方は閲覧を止めておいた方が良いかもしれません。(最低保証においてそれらと両立させるのは少々厳しいので。ついでに無理に働かなくても良いシステムとの組み合わせで矛盾が生じてきますからね。)

 さて今日の時事は、北朝鮮が普通に軍事パレードをオリンピック前に行なってきましたね。まあ一定の配慮はあるようですが、オリンピックを軍事の道具として扱っている事は確定なので、行為自体は最低でしょうね。あと、大雪の影響で何十時間にも及ぶ渋滞が発生したりしていますが、地上だけでは何度も同じ目に遭う事を理解できないのでしょうかね? 道路に炎熱処理の仕組みを追加するなり、地下国道を本気で考えないとバカを繰り返す羽目になって困る人が何度も発生する事になるでしょうね。 あとは、銀座の公立小学校の制服代が高級ブランドと結託して前の2倍高い5万円前後になっているという報道がありました。時代と逆行している感が否めませんね。どこの貴族小学校なのでしょうか?というか教育費無償化されているからせめてここら辺でぼったくろうとか言う魂胆なのでしょうかね。小学生は割と遊びたい盛りの子供が多く、汚したり傷つけたりする可能性が高いので、ブランドでお高くするよりも子供の安全面に気を遣うかできるだけ安くまとめる方が経済的だと思います。(上流階級専用の小学校とかなら別として。)この動きは完全に私のこの仕組みの方法と真逆以上の考え方となりますね。(前回の流れ2参照)

 さて本題の生活水準回復から経済の流れを解説する内容の高齢者と介護に関する話ですが、これの正確な時間軸としては、衣食住最低保証システムの初期が設置されていく段階からの話になります。つまりそれらによって衣食住最低保証の効果の主に介護が必要な人や高齢者に関する専用の老人ホームも作り出すという形になります。当然このシステムの流れ上、日本国民であれば誰でも気軽に利用する事が出来る仕組みです。(まあ介護が必要な人や行動の自由が難しい高齢者専用になっていますけどね。)なのでこちらも基本的には、衣食住最低保証の流れと同じような仕組みなのですが、自動機械農業に関しては動けない人もいるでしょうから、ここに関しては部屋ごとの専用デバイスからの閲覧で行った事と同義にするという方法にします。(最低限自主的に動く仕事を与える意味合いがあります。まあ関心を持ってもらう意味合いが高いですけどね。動けなくても農業に携われるという意味で。)食事に関しては基本的にシステムとして無償なので特段説明は不要(ただし、こちらはそれぞれに合わせたメニューで設定されます。ただし最低レベルですが。)として、あとの基本的な所の変化は特にありませんが、バリアフリー化と常時それぞれ専用の介護士が付くという点は大きく違うでしょうね。ただここでは介護士というあたかも人のような言葉を使っていますけど、厳密にはロボットがこの業務を行ないます。つまりここでは、職員と呼べるのはほとんどがロボットという事になる施設という事ですね。この理由に関しては、成り手が少ない事と、それによる人材の確保が出来るか不透明になる点と、ストレスなどによる事件事故などの発生を防ぐ意味合いが強いです。その点全面ロボットであれば、全体的なコストの削減効果に適応者の確保が容易になる事と、人間のような感情によって仕事の放棄や怠慢・ストレスによっての問題を発生させない事が利点として挙げられます。まあそれに衣食住最低保証という事も相まってか、最低保証であるから故の主にロボットによる介護などという位置付けにします。(ランクを上げて人にしてもらいたいのなら、それまでにお金を稼いでおくか、このシステムの中の自動機械農業でお金を稼ぐなどをするという形にします。) それと、通常老人ホームや介護ホームのような入居者が集まる場所のような場所や遊戯施設なども同時に併設されるので、単純にそれ系の集まる場所としての利用も込みで考えています。(ちなみにこの仕組みは、そのシステムの回参照で基本の仕組みとして書かれているので、この衣食住最低保証の基本システムの一部として理解してください。) ちなみに、比較的自由に動ける高齢者は、こちらの施設に来るか普通の施設に行くかを選ぶ事が可能です。
 まあロボットによる介護行動といいますけど、最近のロボットの能力の成長は著しく高く、またAIによる人工知能によって人との会話機能や雑談機能も大幅に高められているので、人肌を求めない限りは、特に不自由に感じる事が今よりも少なくなるでしょう。

 この施設(というか高齢者等用の衣食住最低保証システム)の登場によって、高齢者1人生活で大変な人や高齢者での住居探しが大変な人にさらに高齢者でのホームレスの人などにとって救いの施設になるでしょう。さらには、持ち家を持っている人でも気軽に利用出来るので、一種のコミュニティの場としての意味合いも持たせられます。 その結果、老後に関する心配事が減る結果となるので、安心して老後を迎えられるようになるでしょう。 このシステムにおいて、生活保護や年金のシステムの代わりとして新たに用意されているので、総合的な老後の生活面での支援の効果や、現金支給型では無い為に、そのお金を奪われる心配もなくなり、独り身だとしても基本的に困ることなく暮らしていく事が出来る環境となるでしょう。(詐欺によって全部奪われて今後どう生きようか悩む必要は無くなりますし、電子マネーシステムで衣食住は基本的に無償なので、使い過ぎで生きる事が難しくなる事も無いですし、散財(主にギャンブル)も起きにくくなる。) まあ残りの経済との絡みについては、流れの第4回で主に話していきます。
 これによってこの衣食住最低保証のシステムが全国各地に完全普及する形になったときには、一昨年の年末でも話したようなホームレスの大掃除を開始して一掃させます。(というか、途中から入らざるを得なくなるのですが。年金と生活保護ぶち壊す為。 そして失われる自由な金銭使い。電子マネーのせいで。)

 ちなみに病気等の治療やそれに付随する介護などに関しては管轄外です。つまり病院機能は有さないという事です。(処方箋の投与などは一般介護にも分類されて行なわれるのですが。)まあそれらでお金が無くて入る場合は、そちらまで全面対処はしないという事ですね。(農業で稼ぐとか、高齢者なら医療負担額の減免制度などでやりくりする形。 あくまで生きる事においての最低保証の仕組みですから。)
 あと、番外編ですが、主にホームレスになっている方で多いギャンブル依存症の方々に向けたものという事ではないのですが、衣食住最低保証システムの施設内には、遊戯場のシステムの中にギャンブル依存症対策の特効薬システムを入れるようにするという事にすれば、むしろそれらの人々が喜んで飛びつくように出来るでしょう。ちなみにそれで支払うのは電子マネーとなり、得られる報酬も電子マネーになりますが。(ギャンブルは半無限に楽しめるが、見返りの金銭面が悪用や乱用しにくい状況になる。ちなみに、安酒や安タバコなどは、施設内の電子マネー専用で少し割高金額で買えるようにする。これも詳細回で話している内容です。)これによって、主に今のホームレスたちが完全に街中に出て来る事自体が少なくなる事でしょう。施設内だけで全ての行動が自由に行なえるようになる為。よってそれに付随する形での治安の悪化や犯罪が活気付くという事が無くなり、治安の回復改善効果に大きく働いていく事になるでしょう。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 独裁的民主主義~終了~高齢者・介護編
















 この話までで、主に全体的な生活水準の回復の話は終了です。そして最後に4から始まる経済の一時的な大崩落からその後の急上昇にかけての変動における詳細な話をしていきます。まあ先に少し語ると、衣食住最低保証によって今生きる為に働いている人が一時的にかなりの人が職を一旦辞めて安住を求めて移動するでしょう。それによって一時的に日本の経済に痛烈なダメージが与えられることになります。ただしそれも一時までで、安住における生きる事においての最低環境が整えられた後は、人は今度こそ夢や趣味の追及などに向かって自由に進みだし、それの為の仕事や新たな仕事の発掘がより活発に動き出していく事になるでしょう。そうする事で、今よりもお金の動きが活発になる事になり、経済が円滑に動き出していくようになり、ロボットによる普遍的仕事の働きと人によるロボットではなかなかたどり着けない仕事による行動で、より経済活動の流れが進みやすくなっていくので、上昇傾向になっていくという話の詳細を次回語っていきます。あと経済上昇の流れに衣食住最低保証がある意味決定打の1つとして含まれる内容もあります。(一見経済の上昇に逆行するような意味合いとして見られがちですが、今起きている経済停滞の流れを断ち切る効果が強い事に気付けている人はいるでしょうか?) END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。