So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

第581回 雑記 カヌー選手に毒物混入事件・北朝鮮関連・韓国と日本 [世界問題]

 さて今回は時事ネタが多いので雑記ペースで行きます。そして新たに考えついた便利アイテムに関して次回以降解説する予定。(今の時代の科学力なら十分可能。そして発展させて行き過ぎた結果、少々まずい状況まで行ったので、限定解説に止めるつもりです。最終的に日本のある仕事に関しての人材力を大幅に余らせてしまう内容の為。最悪これでコンビニに人が一切要らなくなってしまう。あとほとんどの小売店などで店員が消えてしまう状態になる為。なのであくまで便利アイテムの範疇に止める予定です。)

 さてここから雑記メインで行きますが、まずは日本の性善説重視の考え方を確実に悔い改める必要が出てきたカヌー競技選手のライバルに対しての違法薬物混入妨害事件についてです。これは今報道で盛んに取り上げられているニュースですが、海外に目を向ければさして大問題にすることは無い普通の話です。日本は性善説重視の傾向で物事を考えすぎるきらいがある為に、今回起きた事件に関しての衝撃が大きいと共にその対策方法に関して今までの考え方と確実に違う選手1人1人を守るものに切り替えて行かなくてはいけなくなります。事の状況としては簡略に解説すると、日本国内のカヌー競技の選手同士の試合前に切羽詰まってどうしてもオリンピックに出ようとしたある選手が、他の選手を妨害して出場禁止に追い込む為に違法薬物を飲料物の中に入れて摂取させたという内容で、その飲んだ選手は一時期ドーピング違反で出場停止になりましたが、それだけの行為を働いた事での自責の念に耐えかねて、犯人が自供して問題発覚となった事の顛末です。ちなみにこういう話は海外の話ではよくある話で、さらに複数の国の選手が入り混じる状況では油断すればほぼ確実に起きると言っても良いぐらいの話としてもあります。つまり自分の身は自分で守っていく必要があるという世界なのです。今回のように例え仲が良かったとしてもライバルがライバルである状況には変わりなく、お互いに数少ない選手枠の獲得の為に戦う相手である事は常に頭の中に入れておく必要のある話というのは、このスポーツの話の中ではよくある事なのです。このブログの中でいちいち既に出されている対策を語る気はありませんが、体内に入れる物に関しては、十分に注意を払う必要がある話という事ですね。まあその意味では今回の被害者の油断から来る不注意というのもありますし、日本の各大会での警備の甘さも露呈される形になったというのもあり、今後は目に見えて重要な大会などでの各選手の持ち物などの管理などにも十分注意を払っていく必要があるでしょう。そうですねぇ、厳重管理ロッカーの用意に監視者と防犯カメラの複数設置も込みで考えれば、かなり防ぐ効果を高められるでしょう。もしくは今こそAIロボット警備員の導入を考えるとかもありでしょうね。監視とカメラの両方の機能を有せるようになるわけですし。もしくはロッカー自体にAI機能持たせて不審者などが勝手に開閉出来ないようにさせたり記録したりできる機能を持たせるとか良いかもですね。
 この事件でもよく分かる事でしょう?性善説による守りではほとんど守る事は出来ずに不幸な犠牲者を発生させていく事になる。だからこそ人を守り自由を守って行く為には性悪説を基本とした考え方でルールを考えて行かなければ、清く正しい心は守り切れなくなるのです。 言葉と実際の行為は反対の言葉となるのですよね。性善説では犯罪者などこの世にはいないという考え方で始められて、性悪説では誰しも犯罪者の可能性があるで始められる。性善説は一見良いように見えますが、犯罪者などに狙われれば簡単に守りを崩されて穢され蹂躙される事になります。そして性悪説は一見悪い考え方のように見られがちですが、犯罪者などの悪気心を有した者から善良な人を守る為には最適な考え方であるという事です。そも性善説は素晴らしいというのなら、警察は必要ありませんよね?警察が必要と考えるその考え方はまさしく性悪説によるものであるという認識に至っていない人が多いからの今までの考えなのではないでしょうか? ことスポーツのオリンピックでこれだけドーピングはいけない事で今回はロシア国の出場停止にまで問題が深刻になるほどですから、日本が性善説でこのオリンピックに挑もうと考えれば、それは重大な間違いであるという事です。健全なスポーツ選手を守って行く為には、必ず性悪説による考え方で通せねば、守っていく事は出来ないでしょう。 ドーピング検査も性悪説が基本ですからね。

 さて次に北朝鮮の話ですが、今回の冬季オリンピック出場が決まったようですね。まあ最初からこれは半ば決定事項で考えていたから、会議の報道陣への全面公開を北朝鮮側が進めたのではないでしょうか?良い印象を前面に打ち出して好印象を与える為に。 まあこれで各種思惑はどうであれ、オリンピックの安全性が少し確保されるかもしれない状況になるので、ひとまずは良かったのではないでしょうか? ただ北朝鮮は対米姿勢は変わらず持っているようですから、韓国が望むシナリオにはほぼ持って行けないのが実情でしょうね。むしろ今回の事で韓国への疑いや疑心の芽が周りに芽吹かせる事になったから、その分マイナスになっているかもしれませんね。オリンピック成功を有望視して今の北朝鮮問題での韓国の信頼の段階を落とす事に繋がったという感じでしょうか? それも含めて北朝鮮の思惑通りといった感じでしょうね。報道などでも伝えられている通り、北朝鮮の今回の行動に関しては時間稼ぎや一時の緊張状態の緩和や資金稼ぎの面が強い内容でしょう。その点に関しては強い対応が必要なのでしょうけど、あの韓国のプレジデントの基本精神の甘い考えでは、北朝鮮にうまい事踊らされて捨てられる未来が容易に想像できますね。さらにこれから今回の事をきっかけにアメリカとの仲が悪くなっていって、北朝鮮との仲が疑似的にも良くなっていくと、最悪アメリカの攻撃に北朝鮮もろとも標的にされる危険性が出てき始めて、より韓国にとって悲惨な状況へ動き始めて行くでしょうから、それは避けるべき事柄でしょう。まあついでにそれで日本もとばっちりを多分に受ける事になるでしょうが、この問題の本質的問題としてはアメリカ国民の安全面が今脅かされそうになっているという所です。だからアメリカは現在国民間での先制攻撃などの武力攻撃系の話題が出てき始めて熱を帯び始める状況になっていて、軍隊の方もこれ以上は上がなんと言おうと自国防衛が第一という考えで行動しようという考え方になってきているので、この現状段階ではアメリカ国民に対して北朝鮮が喧嘩を売るというか生命を脅かそうとしているからの防衛反応という事になるのでしょう。この防衛反応に関しては戦争での余波を受ける事になる韓国や日本も同じで、そのため戦争回避を訴えているわけだけども、その戦争回避をしようとすれば現状アメリカ国民の安全が脅かされる事になるので、この北朝鮮問題は現段階上では、アメリカを守るか韓国や日本を守るかの話での戦争是非の話になりつつある。そして当事国はアメリカなのだから、そりゃ自国優先で考えるのは国として当然の話である。戦争回避ではアメリカ国民が犠牲になるから韓国や日本の為にアメリカに犠牲になってくれと両者が言ってもアメリカは当然無視するのは当然の話でしょ? どれかしか守れないのなら自分を守るという選択肢を選ぶ事は至極普通の考え方である。そしてそれを回避したいのなら自分の事を自分で守れるだけの力や行動を示さなければならないのだが、韓国は現状アメリカに犠牲になってくれというような行動を取り、日本はアメリカに全て依存する形での日本国民の安全を守る責任を放棄する行動を取っていて、これでアメリカがどう行動しようともその結果の責任は韓国も日本も同じ状況である。結局はアメリカも守るという選択肢を取れない時点で、韓国も日本もアメリカにどうこう言う資格は存在しないのである。そしてその責任の一端には存在しているのに無能で役立たずな国際連合というのもある。結局戦争が起きる要因は現在の中では国際連合が危機を訴える国や民族を全面的に守り抜こうという考えや行動が無いから起きる事なのである。つまり国際連合がその人々を見捨てるような選択肢しか取らないから、自分達で何とかするしかないという事で武力戦争の道に進まざるを得なくなるのである。国際連合が本気を出して平和の解決方法へ至る道はいくらでもあるのに、そのどれもを選択せずに問題を放置して終いには見捨てる行動に出るから、最終的戦争の道に進まざるを得なくなるのである。要は国際連合の存在自体が今や戦争を産み落とす要因になっているという事だ。存在しても存在意義を果たせないから故に。

 さてこの北朝鮮情勢に関するところで、韓国と日本の関係を左右する従軍慰安婦問題の事で韓国側は事実上約束は無かった事にしようという動きをして、日本の謝罪は未だに受けていないという行動に出ている。この問題は前にも話したが、韓国がこの解決で求めている話としては、これからもずっとこの話で日本を苦しめ続けてやろうという気持ちと、金の成る木という意味合いで持っているのだろう。そもそもの問題として韓国側は日本にこの問題での謝罪を求めているという立場なのに、その謝罪を受け取る気が全くないという矛盾思考で考えているからこのような状況になっているのだ。つまり、いくらどれだけ日本が誠心誠意の謝罪をいくらしようとも、その気持ちを最初から韓国側は1ミリも受け取る気持ちが無い状態で日本に謝罪を求め続けているという事なのである。恋愛では無償の愛とか言う言葉があるが、この場合は永遠と続く謝罪の気持ちと金をよこし続けろという意味合いそのものだろう。つまりは未来永劫許す気は無いけど、謝罪と金を貢ぎ続けろという傲慢な姿勢精神でいるという事だ。この状況での日本の謝罪行為には何の意味もなく、する価値も起こりえない。韓国側にはこの事で日本と仲良くしようという気持ちがまるで存在しなく常に敵対心剥き出しの状況なので、そもそもの平和的解決へ至る道は現状どこにも無いという話である。それに現在慰安婦像を世界各地に配置しまくっているという状況も謝罪をさせるが謝罪を受け取る気持ちが全くない表れとも言えるという事である。つまりその状況で何をどうしようがこの問題を完全解決の平和に導くことは不可能なのである。この話は韓国からしたら日本人という民族が死に絶えるまで続ける所存なのだろう。そこに仲良くしようという気持ちが全く無いが故に。まあこれは一種の激しい人種差別のようなものである。つまり韓国が日本に対して一方的に人種差別をして破滅に追い込もうと考えていると言っても良い行為という事である。国際間で人種を問わず仲良く出来ると国際社会がいくら理想を掲げても、絶対の精神で人種差別こそが正義であると信じ込む人間共には無意味という話なのである。
 まあ韓国は謝罪を受け取る気が無いと解説しているが、正確にはそれ+謝罪を受けた事実を簡単に忘れて無かったことにする民族であるという所でしょう。だからいくら日本が謝罪しても忘れたから受けていないと主張し続けるのである。たとえそれが国際法で定められた決まりだとしても本人たちの自覚として忘れ去ったから無効であるという考えだからこの問題は一生解決されないという事である。これを本当に解決に導こうとするのであれば、一度韓国とこの件に関して意味が見いだせないとして国交断絶を1回行う所まで持って行く方が良い。下手に謝罪しても意味が無くドロドロで進むよりも、1度その関係をきっぱり断ち切ってから国際社会全体を巻き込んでからの正式な謝罪を国際的全てに認めさせる形に持って行かせれば、それ以降韓国がその謝罪を反故にした瞬間韓国が国際社会から切り離される状況にすれば、今後永遠において問題が再燃する事が無くなる解決へと持って行けるだろう。ついでにそれの証明として、慰安婦像を1体残して後すべて撤去にまで持って行く事も必要な事である。1体残すのは今後このような事を起こさせないようにする意味合いだが、それ以外は完全に謝罪を受け取る意思がない事の表れの意味合いしか持っていないので、国際的に認定された謝罪の場とするのならその像の撤去はされるべき事柄である。 まあこれの詳しい事に関してはまたいつか話すかもしれない。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 性悪説~終了~戦争
















 そういえばまた高齢者による無差別車テロで若者が犠牲(意識不明の重体)になったようですね。今の日本は高齢者が車で若者を轢き殺していく時代というわけですね。だから少子高齢化が加速するのかもしれませんね。最近の高齢者は傲慢な態度の人が多いからというのもこのテロに繋がっているのでしょうね。「自分は大丈夫だ」とか、「運転に自信がある」とかと言って周りの意見を聞こうともしない高齢者が増えている状況だからこの車テロは増え続けているのでしょう。最近の若者は…という人が多いですが、若者から見れば最近の高齢者は…というため息が強い印象を持ちます。自分優先で自分ルールで交通ルールを考えたりしている高齢者が本当に多くなっていますから。長生きしているから偉いという考えがテロを招くのです。私はこういう考えの高齢者に対して全く敬う気持ちを抱きませんね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。