So-net無料ブログ作成

第520回 政治系雑記 好きですね。暴言無双議員・迷走失望の党・国民が望む自民党の乱 [政治経済改革]

 さて今回は久しぶりに政治系の話題メインで行きます。とはいえ、あまり大きな内容が無い為雑記形式でのご紹介となっております。(最近のTV報道はトランプ氏の情勢ばかりがメインの為。)
 で、本題の前に今年の流行語のノミネートの情報が入ってきましたね。1度は聞いたことのあるフレーズから聞いた事の無い物まで様々ですが、私のブログでも取り上げた物もいくつか入っていますね。(〇〇ファースト等) それにしても「ちーがーうーだーろー!!」は、ちーがーうーだーろー!!という意見が多いようですね。どうしてもあの人の発言で有名なのは、「このハゲー!」ですからねえ。とは言え、このフレーズは人種差別などを助長する言葉でもあるので、ノミネートできなくなったようですが、こっちの方でないと流行語としては弱いですね。にしても、ノミネート委員会も言っていたようですけど、今回は主たる流行語が無いですね。どれもが期間限定で、今年を通じて長く流行ったフレーズが無いように見受けられます。

 さて本題というか政治系雑記の方ですが、まずはまたもや報道関係の注目を集める事になった熊本での暴言無双市議会議員(また女性 良くも悪くも目立ちますな。(報道関係から))です。この人は主だったフレーズとかはまだ見つかっていないようですが、その態度はまさに女帝のような態度で市職員に暴言などを浴びせたり業務妨害を幾度となく働いているようです。(市議会議員って知事よりも偉い立場でしょうか?そもそも議員を昔の王制度の貴族か何かのように考えているのかな?) それでいて、市議会から本人以外の全員一致で議員辞退を考えるように警告を受けても平気な面して聞き流して現在も独裁者然として議員を続けているようです。報道で上げられている行動だけ見ればまさに独裁者のような暴君的行動ばかり見られますが、存外地元支援者からの支持は厚い模様で、少し前のこのハゲ議員と同じようなタイプの人だと見受けられます。自分の下に着く人は奴隷か何かのような存在として認識して扱い、票を入れてくれる有権者にはうまく善人の仮面を被って騙して存続を図るといったような行動をしているようです。(まあ報道で取り上げられている以外にこのタイプの議員というのは数多くまだいるのでしょうけど。(主に男性)氷山の一角が取り上げられているのに過ぎないのでしょうね。) あと何か今回の暴言無双議員には税金の無駄消費疑惑が出ているようで、いずれは犯罪発覚まで至る可能性があるようです。まあ現状は主だった誹謗中傷や暴力沙汰を引き起こしていない様なので、強制辞職や逮捕沙汰にまで話を持って行かれずに暴君市議会議員による暴言無双での熊本の復興妨害が続けられる模様です。(うまく立ち回ればいかに悪逆非道の行いをしても議員でい続けられるシステムというのは、やはりこの政治管理システムが間違っている証拠なのでしょうね。 こういう状況下では、市議会での決議のほかにもっと強い決定力を持つ次の段階として、そこの都道府県でのみ選挙を行なって過半数又は2/3以上の票によって市議会議員を強制辞職できるような制度を新たに作るべきだと考えます。こうやって悪をのさばらせないようなシステムを作り上げる事こそが民の為の民主主義としては必要な事だと考えます。)
 次に失望の党が相変わらず迷走を続けている状況の件ですが、新たに小池都知事サイドの共同代表が誕生しましたね。これで名実共に小池失望の党が何とか達成の様相のようですが、不満たっぷりの反乱分子が現在大量にいる様子で、いつ崩壊するか分からない現状になっているようですね。というのも、今回失望の党で当選した人のかなりの人が元崩壊民進党の出のようで、今の失望状況を見て納得がいかない人がまた勝手に騒ぎ立てている様子のようで、本当にこの人たちは国民の期待を裏切り続ける事が大好きな国民からの裏切り者の様相を呈していますね。政治家としての椅子に座りたいだけのような人が多く、又は今の安倍総理のように好き放題政治を自分勝手に動かしたいと思うような人ばかりの集団のようですね。(そのくせ地盤固めはうまくて、うまく悪徳企業なんかとつるんでよく見せているだけなのでしょうね。権力と金があれば何でもできるという感じで。ただ行く政党を間違えただけであまり好き勝手出来なくなっただけの奴ら。)それで、この裏切り政治家共が現在失望の党で反旗を翻そうと行動したり、勝手に分離しようと行動したりとやりたい放題で、失望の党を希望の党に復活させたいのなら、最弱政党の1つになったとしても小池都知事みたく今回も排除すべきなのではないでしょうか?というか、本来排除すべき人達を受け入れて排除すべきではない人たちを排除してしまったからゆえの今回の失望感たっぷりの様相なのではないでしょうか? 崩壊民党から出た大量の膿を丸ごと吸収して希望から失望へと変貌したという有様なのでしょうね。(そして一つまみの砂金を排除すべきと言ってしまったからダメになった。) ただその排除された人たちの立憲民主党にも多少の膿が紛れ込んでいるようで、何やら揉めているような情報があるようです。(本来の政治では不必要な選挙目当ての政治家がまだまだたくさん存在するという事ですね。そしてその大元は自民党内部にたくさん存在しているという事でしょう。 産業廃棄物と膿とどちらが酷い暴言になるのでしょうか?)
 そして最後は、国民が望む自民党の乱という多少おかしなタイトルですが、これは今の安倍総理を引きずり倒して、自民党から別の新しい総理を今こそ出す時ではないのか?という内容です。その候補としては今の状況下ではまだまともな小泉進次郎氏です。前にも話しに上げましたが、現在の自民党の中で1番国民寄りの考え方で発言&行動出来ている議員としては彼が代表格です。なので、現在の状況下で彼の次代総理を望む声は高まっている様子で、本人もまんざらでなくて行動をし始めようとしている様子です。ただこれを自民党に対してのガス抜きの為に行動しているという分析を行なっている知識人もいるようですが、この行動は自民党に対して+に働くとしても安倍政権にとっては+にならない行動ですので、ただ自民党のガス抜きの為の行動としては少々危険な行為となるでしょう。なぜなら安倍総理率いる自民党である場合なら、そのトップに牙を剥く様な分裂行動をしているという事となり、むしろ自民党の危機を煽っている行動となるからです。むしろ今回の行動で当人は、総理と自民党の関係を分断して、きちんと良い自民党が存在するうえでの総理を目指すという野望の為に行動しているのではないでしょうか? 安倍自民党ではない自民党議員もちゃんと存在していて、そこからちゃんとした国民寄りの総理を目指そうと今は行動しているのではないのか?と見受けられます。(まあこの先、国民にとっての悪毒に染まるかどうかはわかりませんが。) それに今回の行動は明らかに時期総理を狙っているかのような動きで、たとえ本人にそのような意識が無くとも、それで感化される国民の期待が高まれば自然とその方向に向いてゆかなければならなくなるでしょう。それが今の安倍1強を揺るがしかねなくなる事だとしても。 期待の眼差しを一身に受け続ければ、まともな政治家であればその期待を裏切るような行動には移れないでしょう。
 まあそれにしても現在の日本の政治状況で言えば、政治家の2世3世ばかりが渦巻く状況で、本当に民の事を考えられる議員が存在するのか不明になるような現状ですね。それに世代揃って政治家ばかりが支配する政治状況というのは、古い王政の貴族ばかりが支配する政治と何が違うのでしょうか?真に民に寄り添う政治家があまり存在しない民主主義は民主主義と呼べるのでしょうか? やはり今の日本の民主主義は偽りでただの民主主義であるという事なのではないでしょうか? 元から民の為の民主主義の本質からかけ離れているのですから、当然と言えば当然ですけど、ここまで顕著に明らかになってくると、最早民主主義と偽る方が難しくなってきていませんでしょうかね? それも全て金持ち貴族(政治家の家系やお金持ちの家系など)優位の王政の選挙体制だから起こりえている現状なのでしょう。 最早今の現状は根っこから民主主義と呼べるか定かでも無いのですから、これを民主主義と呼ぶのは民主主義に失礼な状況でしょう。ああ、ただの民主主義であるのなら別ですけどね。 私が目指す形は、民の為の民主主義の形ですから。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 暴言無双議員~終了~自民党の乱
















 さて、無人機の新たな可能性を思いついたので、それを近い内に公開する。買い物や勉強においては、さらに便利な世の中に出来ると思うよ。 無人機とVR(仮想現実)システムを合体させれば更なる無限の可能性を生み出す事が出来る。 そして現実の話として、兵器転用される事も含めていずれ話していく。(軍人が戦地で死ななくなる技術。) さらに先の未来としては、景色などを楽しむだけなら、最早外出する事をしなくても良くなる未来の話。(というか、自分の体でなくては出来ない事以外の行動を自分の力でしなくても良くなる未来。=寝たきりの人でも常人と変わらないような生活を楽しめるようになる未来。 出来るのだよ?夢ではなく未来の現実の話として。そんな夢を現実にする為の話を近日公開予定。) END
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。