So-net無料ブログ作成

第511回 9人連続バラバラ殺人事件について 異常心理学 !閲覧注意! [授業]

 さて今回は、昨日冒頭で少し語った内容の殺人事件に関する深い話をしていきます。ただしこれはあくまで同じような精神異常者から見た考え方での内容となっているので、必ずしも全てが真実であるという事は一切ありませんのであしからず。 まあ今回の事件の闇に隠された内容をいろいろ挙げてみるという事ぐらいですかね。 なお、結構残虐性な発言が含まれるために、そういうのが苦手な方はご遠慮願います。 異常心理ですから、それは結構普通なのですがね。(異常心理者の中では。 多分これから話す内容を真面目に理解しようとして見ない方が良いですよ?普通の日常の価値観などとの違いに困惑する事も多いでしょうから。 私の存在もある意味貴重かもしれませんね?精神異常者であるのにも拘らず、まともな思考も持ち合わせて皆さんに解説するブログを公開しているのですから。)

 さて、続々と新情報が犯人の口から出ていて話題のネタの尽きないこの殺戮事件ですが、普通に考える中ではおかしな点や不可思議な点もまだ多く、犯人の口から出た言葉だけが全部真実である確証も無い中では、いまだに真実は何処に?という状況でしょうか? 昨日も自殺者に対しての異常性を持ち合わせた殺人感を語りましたけど、今回の戦後2番目くらいの大量殺戮事件と呼ばれる今回の事件では、犯人の身勝手な幸せの与え方をした可能性があるでしょう。この身勝手な幸せとは、一般的に分かりやすいイメージで言うと、イスラム国が何の為に他の宗教員や普通の人を殺すのかと似ているのではないのか?という事です。まあそれの主に相手を救う為にはこうするしかないと勝手に思い至ったが故の行動であったのなら、一定の行動の示しがつきます。つまり、この世の苦しみから解き放たせて死後の幸せを与える為に、殺したというような話であれば、前の障害者大量殺戮事件の犯人の考え方との共通点も出てくるでしょう。前の戦後最悪の殺人事件の場合は、障害者に使われるお金を今貧しい人に振り分けてその人達を救う方が良いと考え、さらには障害を持って苦しんでいるようにその犯人には見えて、その現世の苦しみから早く解放してあげなくてはという狂気の善意によって大量殺戮へと発展したのでしょう。(ちなみに私も以前に似たような発言をブログ内で上げていますよ?ただしそれはちゃんと本人の同意の元で行なう人間版安楽死についてという内容で。)そして今回の件でも、犯人側の勝手な考え方で、この世からの苦しみからの脱却の手助けを勝手に行なってあげたという狂気の善意によって事が進んでいったとすれば、一定の話に合う内容となるでしょう。つまり犯人側の勝手な考えで相手が何かしらで思い悩む事があれば、それを救う手段として殺人へと思い至って行動していたとすれば、その行動自体は狂気で異常性が溢れるでしょうが、考えられなくない答えになるでしょう。 そして頭部を残していた理由としては、撃墜シンボルというか、自分が救ってあげた人の証を置いておくみたいな考え方では?そして残しておくことで、今後この殺人事件が判明されたときに、遺族の元などに返しやすくする為にとっておいたとすれば、なぜ頭部と一部の骨を有していたかの一定の説明にはなるでしょう。つまり自分が行なった功績で自分を喜ばせる為と、死者をあるべき場所に返す用の為に保存しておいたとすれば、この以上に見える行動にも少しは合点がいくでしょう。でなければ、他の体の部位や肉などを解体してゴミに出して頭部と骨の一部だけを残す事に対しての合理的説明には行き当らないでしょう。そもそも、他の部位や骨が捨てられるのに、頭部は捨てられないというのはおかしすぎる話です。少々グロイですが、頭部の中身を抉りだして捨てる事も出来るでしょうし、頭蓋骨がでかくて目立つとは言っても分解は可能ですし、そもノコギリがあるのなら切断とか、それが難しいならハンマーで粉砕とかいくらでもやりようがある話ですから。もしくは、そのままクーラーボックスの中に入れたまま、どこかの山中などにでも埋めてしまえば完全犯罪成功に成れたわけですから、何かしらでその犯人が持つという事情が無ければ、所持している事が完全に不自然な点になるわけです。(車があってクーラーボックスで今まで気付かれなかった状態なら、どこかの山に埋めるなり海に投げ捨てるなりいくらでも完全犯罪にする手立てがあったのですから。)
 さらに今回の動機で犯人が語っている金目的でやったことに関しては、ある意味人助けのついでに自分が得をする為という感じでしょうか。昨日も性的暴行の事で話しましたが、どうせこれから死ぬのだから持っていても必要ないでしょ?という感じでしょうね。それでお金を用意させる方法については、「一緒に自殺をする為にその為のお金が必要だから自殺する時に持ってきて」という感じで今ある分を持ってこさせる形にすれば可能でしょう。まあ現在最初の犯行が突発的みたいなことで話しているみたいだから、それがすべて真実であれば、最も低い金額であったことにも一定の話が付くでしょうね。それでその後は、相手も救って自分も優越感などを楽しめる為に、自殺志願者などの自殺という死に対して抵抗感の少ない人をうまくおびき出して、共に幸せになる方法を次々と行なっていったとすれば、殺人の行動の理由が付く。現在の所で人体解体に関しては作業的な感じで話しているので、ただ殺戮や解体がしたい為やお金を得たいが為などでここまでの殺戮を続ける事は面倒が増えるだけなので今回の殺戮に関して犯行目的に乏しい。ならばそれ以外で何らかの目的があって殺戮を繰り返していたと見るのが異常心理では考えられるだろう。それを私が考えるには、死を与えてこの世から救うという方法ではないのか?と考える。普通の人から見れば狂気で異常としか考えられないだろうが、精神異常者から見れば特段珍しい考え方でもない。それに今はイスラム国などの少数宗教などでたまに見られる狂信者たちが似たような考え方に思い至っているケースも多く、自分達が崇める神様の為とか苦しみから解放させるとかでこのような思考に至るケースは意外とあるという事だ。(精神異常者などでは。) それでその場合の大半が自分が行なってきた犯行に関して悪びれたりする様相があまり無いという事です。何せ自分の勝手な価値観で殺した相手を救ってあげたのだと思い込んでいるのでしょうから。
 今回の殺人事件について現在犯人が自分の犯行などについて正直すぎるぐらいに淡々と話しているようですが、自分の本当の犯行目的を気付かせない為や、もしくは現在噂されている仲間の存在を隠して自分だけが罪を受けるという形にする為に、大体納得が出来る形の話を自供しているのではないでしょうか?

 まあ動機はどうあれ、遺体遺棄からの殺人犯の罪はほぼ確定条件でしょうし、今回の犯人が普通から見れば異常で狂気性を持った殺人鬼である事は同意できます。そして同じような精神異常者から見れば、まあ特段おかしすぎるわけでもないまあ普通の精神異常者ぐらいな感じでしょうか? まだ一定の理性保っていますし。完全に壊れたら、手当たり次第にその辺の人々を殺しまくって、発狂しながら殺される状況になるまで暴れ続けるのでは?たとえ手錠など掛けられても意にも返さず、警察に抑えられてもかまわずに暴れ続けるぐらいになれば、さすがに狂い切ったという感じになるでしょうね。 私は今回の犯人に対して同情とか軽蔑とかそういった感情は起こりませんし、特に狂気を感じて怖いと思う事もありませんね。(私たち異常者から見れば普通だから。) だからこうやってある意味淡々とブログで話せるわけですよ。まあ普通に考えて、社会の理から逸脱する行為をしたのだからそれ相応の罰を受ける必要がある犯罪者であるという認識は皆さんと変わりませんけどね。そしてなんか他の犯罪で執行猶予中の殺戮劇だったみたいだから、良くて永久監獄、悪くて死刑といった辺りでしょうか? こういう社会の理から逸脱するような行為をしているわけですから、捕まった後は一生其処から出る事が無いようにして普通の人を守る努力は法がしないとね?じゃないと無法社会になってしまうよ?

 さて今回の大量殺戮事件で再度問題に上がっているのは、毎年数万人規模で発生している自殺者や志願者の数という事でしょうね。この大元の問題を何とかできなければ、こういう犯罪は後を絶たないでしょう。(実際にここまでの死者数に至っていない犯罪なら過去に例があるみたいだし。)そしてこの人たちを救う努力を今の日本政府は一切やっておらず、さらにはそれらを助けようとする団体も見捨てて止めさせようとしている有様のようである。つまり日本で自殺者が多いのは、それを助けようと活動しない日本政府の影響もかなり強いという事である。そもそもがこの社会全体の仕組みとして自殺者を発生させやすい社会に今の日本政府が誘導しているという事もあるのだろうけどね。 民間で救っていくのには限界があるのに、それを政府は知っていてなおも自殺者を切り捨てる政策で進めている。それが少子高齢化を推し進めている要因の1つだとしても。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 バラバラ殺人事件~終了~自殺者
















 さてこれを作成途中にまた、自殺者達を救う為の方法を思いついたので、近日公開予定とさせていただく。 今度のは今までよりもより凶悪な内容を思いついたよ。なんせそんなに死にたいのなら、この社会から殺してあげるという画期的方法ですから。(ただし人命は奪わない方法で。)普通に見たら意味不明ですよね?殺すのに殺していない方法で救うと言っているのですから。そしてさらに皆さんを困惑させるキーワードとして、この殺された後で蘇る事も出来るという方法です。(人命をそれまで奪っているわけではないので当然と言えば当然かな?) さて、これが意味する今度の自殺者達を救う為の方法とは一体何になるのでしょうかな? ヒントは、私はこれまでにどうする方法で助けようと提案してきましたか?という事ですね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。