So-net無料ブログ作成

第488回 いよいよ始まる独裁者決め選挙 各党、他党の批判はまず自分のを何とかして発言してください。 [政治経済改革]

 さて選挙前の連休も終わりですね。明日からはいよいよ日本の次なる独裁者を決める為の選挙ですね。(意味が分からない?第485回に詳細がありますが、知りたく無い方は謎なままスルーしてください。その方が自分の幸せの為になります。)まあいよいよ始まるというよりも、既に始まっていた。と言う方がしっくりくる感覚なのは現在の日本の選挙の悲しい所ですが。(政党が勝つ為ならルール無視乱闘何でもありの現状。)まあ後は選挙期間中に北朝鮮が日本の選挙を祝して、祝いのロケット花火を日本上空に打ち上げてこないかを気にする事が注意点でしょうかね?(どのタイミングで発射しても北朝鮮にとっては二重においしい状況ですし。もしくは終わった後というのもまたおいしいかな? 祝福の門出をへし折る感じで。 いやあこのタイミングでの選挙開始は、日本の防衛の安全意識的にどうなのでしょうかね? まだ任期満了で行なった方が精神的被害は少なかったでしょうに。ある意味今回のは脅しながらの選挙という事になるから。(守ってほしければ自民選べと。))

 さて今回も選挙雑記な感じですが、連休中に党首討論なども行われましたし、各地で演説なども盛んなようですし、戦闘モードの高まりが日増しに強くなっていっていますが、ここで1つ水を差しますが、各政党が公約などを打ち出して他政党との違いを宣言して、他の政党の批判などをする場面が多いですが、発言している内容の多くが「それ自分たちの政党は本当に出来ているのか?」と疑いたくなる内容の発言が多いですね。(特に安倍自民党と小池希望の党。)次に多いのは中身が無くて原発反対とか教育保証整備や無料化を叫ぶとか消費税の是か非かを叫ぶだけの方が非常に多いですが、そんな外面だけの虫の良い発言だけなら2,3歳児の子供でも覚えさせれば繰り返せる程度の言葉ですよ?もっと大人の言葉で納得させられるような言葉を紡いでいく必要が大人なら必要なのでは?(国会の会議中に寝るつもりのバカなら仕方ありませんが。)そんな最低限の行動すらできないのでは、選挙目的の都合の良い言葉だけで本当は全然行なう気が無いと言っているようなものです。同じ言葉を繰り返すだけならオウムなどでもできますしね。あとはボイスレコーダーとかでも良いのでは?(笑)
 それで、先の「その政党は他を批判する行動が自分たちは出来ているのか?」に関してですが、安倍自民党に関しては丁寧な説明を行なってきたとか言うのは、臨時国会を潰しておいて言う資格はどこにも無いという事でしょうか? あとこの野党のドタバタの原因は安倍総理の責任が1番であって、野党の責任は2番目くらいです。そして小池希望の党は情報公開での透明性をどうとか言っていますが、地盤の都民ファーストでつい最近に都民ファーストが情報公開に関して昔と変わらないとかブラックボックスのままだとか言って辞めていませんでしたか?ついでに今現在でも都民に公開する必要のある情報のいくつかを公開できていない状況で何を言う資格があるのでしょう? これらはまず自分たちの反省もしくは改善をしっかり行なってから物事を言っていくのが政治家としての国民に対する筋というのではないでしょうか?じゃないと発言に対する信用性が全く持てません。

 あと、毎回日本の選挙で思う事は「親の七光り」に頼りすぎている部分が大きいなあという事ですね。つまり政党党首や有力議員の事です。今の日本のただの民主主義の選挙では、政党党首の応援や有力議員の応援などは普通でそちらがやけに目立ちすぎる面が多々見られます。国民が投票を行なう人はその目立つ人たちだけですか?立候補した人ではないのでしょうか?と思うぐらいに親の七光りの部分が強く反映された選挙になっていると感じます。ちなみに親の七光りの常用意味では、親はすごいけど子供はそんなにすごい人では無い?というような親の威光や権力があって凄いと思われるような状態の事を言います。 つまり何が言いたいのかと言うと、政党立候補での有力議員や政党党首が駆けつけてくれている議員はそんなに本気になって政治の為に取り組みたい立候補者ではないのではないのか?という事であり、この親の七光りが漫然と輝くような選挙では、バカでも金さえ持っていたりコネさえあれば当選できる状況なのではないのか?という事だ。実際に今回の選挙ではこれが如実に表れている政党が現在騒動の渦中だしね。そう小池希望の党です。小池代表という現在すごく知名度のある人の人気や注目度を求めて、崩壊民進党から100人と少しぐらいが政策がまるきり違う小池希望の党に選挙目的だけで入ってくるほどで、さらに自民党や他の党からも親の七光りにあやかりたいと縋って来る人が大勢いる状況ですから。それに小池希望の党からの立候補者でも大半が小池代表の権力を糧に選挙に挑む人ばかりですから、ますます親の七光りな状況であるという事です。というかその光が無ければ挑む事すらままならない人が大勢いるでしょう。何せ小池代表は自分の独裁を成す為に自分に逆らわない人を優先的に選んで自分からは決して民の為に行動しない犬にしているのですから、そりゃ親の七光りが無ければ行動すらできないでしょう。まあその状況が嫌で自分から都民の為に行動したいという理由で都民ファーストを抜けた都議会議員が2名いますけどね。
 こんな親の七光りを使わなければ当選できないような人が大勢いる選挙など、その選挙を行なう事自体が国民に対して大規模な裏切り行為であるという事です。これでは単に政党の存続の為だけの選挙ではないでしょうか?立候補者から政治家になる人の個人意思はあまり関係なく、政党を動かすだけの手駒を決める為だけの選挙になっている気が多大にあります。こんな仕組みで国民に選択を迫るとか言うのは、腐りきった今の政治の成れの果てな状況ですね。これで民主主義とは片腹痛い状況ですね。(ああ、ただの民主主義では当然ですか?)これを変えていくのは現状内側からでは無理でしょう。だって変える為にはその毒を食らう必要があり、その上数十年は必要で、そのうちに必ず毒に侵されきってしまうからです。 だってただの民主主義を維持する為にこの選挙があるのですから。(何でしょうね?ただの民主主義とは?)

 さて追加でもう1点ありますが、小池希望の党からは誰を総理候補に挙げるのでしょうかね?これを提示しないままというのは、情報公開の透明性を完全に自分から否定する事に繋がります。あとから決めるというのは、説明責任から完全に逃げる行動であり、これもまた小池代表が批判する行動を自分から行なっている事になります。また、現状小池希望の党はこのままの状況では選挙に勝つ事はかなり厳しい状況なので、都知事は多分出てこないでしょう。(自己保身の為だけに。)それで選挙が終わったらまたこの代表の座を誰かに明け渡したら、それは選挙の為だけの国民騙しの行動であったという事になりますし、続けたとしても都政を軽く見すぎた都知事のレッテルとなり、今後のマイナスにしかならなくなるでしょう。さらには公約系の中にユリノミクスたる発言が含まれているようですが、これで選挙に出なかったら堂々と影の総理を行なう気満々であると宣言する気の状況ですね。つまり罷免された韓国のプレジデントの操る人になるという事です。これでもこの人を国政の選挙で信用できますか? というかもし選挙に出た場合でも新都知事に対して同じような事をしそうな感じですが。つまり何が何でも独裁者に絶対なりたいと行動している人という事です。今の安倍総理のように。

 さあこれから本選挙模様はどうなるのでしょうかね?この戦国の乱世を騙し取り、独裁者の椅子にふんぞり返るのは誰でしょう?


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 衆院選挙~終了~批判ブーメラン
















 そういえば現在の状況でまた選挙熱というか政治家信用率が低下している状況のようですね。まああれだけ批判ブーメランを飛び交わせていたらそうなりますよね?(投げたはいいが、キャッチできずに自分にもクリティカルという状況。)後は選挙目的だけで国民を騙して権力で睡眠政治家を目指したい人が山ほど判明している状況では、そりゃげんなりしますよね? もうこのただの民主主義の選挙では、政治家をダメにするしかできないのですから、小さな所からでも良いですから、民の為の民主主義が行なえるように行動していけたらまだ本当の民の為の希望は見つけられるかもしれません。日本をよりよく変えて行く為には、ただの民主主義の維持にこだわる政治家ではなく、民の幸せを考えられ行動できる人達の力が大事なのです。大事なのは国を良くする事でなく、民をどれだけ幸せに出来るかです。それがひいては国を良くする事に繋がるのですから。これを国と掲げている奴らは民の事は二の次と考えているという事です。忘れなきように。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。