So-net無料ブログ作成

第463回 雑記 小池都帝国 と 食の安全性について [政治経済改革]

 さて久しぶりに時事ネタ行きますが、そんなに量多くないです。 それにしても北朝鮮は今の所静かですね。やはりあの程度ではあまり効かないぐらいという感じでしょうかね?とは言え準備は進めているみたいですし、何かしらでタイミング外し(予想外を狙う)て行動するでしょうね。 それともアメリカの本気度を見て少し様子見段階でいるのかな?

 では本題に入っていきますが、タイトルの小池都帝国というのは、なんか今の感じが東京独裁支配のような昔の自民党そのままと何の変わりなくな状況になっているという前話した内容よりもさらに酷さが増している状況みたいです。というのも公言した内容に嘘偽り有りという状況がだんだん増えてきているみたいです。ついでに少し前に都議会議員にもメール1つだけで通知した都民ファーストの代表交代の状況は、まさしくブラックボックスで小池都知事が選び出したような物である状況です。というか都民ファーストの代表は少し昔のボロボロ民主党時代の総理交代の如くの速さで巡るめく変わっているようです。1年経たずして、今回で4人目だそうです。(正確には3人目。 1人目は都知事補佐がやって、2人目は選挙時のみの小池都知事が成り、3人目は1人目がまた舞い戻り、そして4人目がまた小池都知事補佐(秘書だったかな?)が就いているようです。全員小池ファミリーで構成されています。権力者ってこういう人しかいないのか?) そしてその選任プロセスも小池都知事と都民ファーストの幹部2人で話し合って決めたそうで、全部内密(ブラックボックス)に話を進めたみたいで、就任するまで都民ファーストの都議会議員ですら知らされていない有様のようでした。これのどこに透明性があるのでしょうか?ついでに選挙後の小池都知事の言葉では、このような人事には関わらないとか発言していたようですが、まあ軽くなあなあで都民の意見を無視する方法で抜けようとしていますね。都知事は昔(歴代都知事)から何も変わらない。(都民の期待を裏切り騙す事に長けた人がその座にふんぞり返っている。)
 さらにこのブラックボックス状況もさることながら、都知事成り立て辺りで確か2元代表制の本来の形復活へと声高らかにしていたようですが、完全嘘八百の状況になっていますね。都知事とその支持政党が完全に合体している状況で何をほざくのかという状況です。ま、これは今の自民党が吠える事が出来ない内容なのですがね。(悪しき日の自民党の図そのまま) もうこれで透明性を確保する事は不可能に近くなったし、都知事を止められる政党は存在しないという独裁帝国樹立の状況といっても過言ではないでしょう。だからこそ小池都帝国と名付けたのです。そしてその支持政党も今や小池ファーストに改名する状況でしょう。 都民は例の如く今までの自民党よろしく小池都知事にうまく騙されたという状況なのでしょう。それに彼の人も元自民党所属ですから、自民党員が最初に習う馬鹿な国民をうまく騙す方法をしっかりと覚えての行動でしょう。 結局はいつも劇場型などに流されて本質を見誤うバカヒヨコ共と言う事なのでしょう。 次があるのなら、政党支持や元政治家を外した人が最低条件にでもして考えたら、少しは東京の腐敗撲滅を思いて変えようとする都知事が誕生するのではないでしょうか? 政党の支援を得ている人は、その政党に流される手腕になりがちですし、政治経験者では腐敗していて騙す感じでやっている人が大半でしょうから。

 さて次は食の安全性についてですが、最近埼玉県や群馬県近辺でO157による食中毒事件が多発しているようですね。それで最新のニュースではついに死亡者まで出てしまう状況だとか。まだ正確な原因元は判明していないようですが、どうにも「でりしゃす」という店の総菜の販売方法に問題があるような感じで現在見られているようですね。その方法はバイキング方式で取りたい量を適当に取ってパックに購入者が詰めて買うという形のようですが、そこでの取る物のトングの衛生管理が悪い状況にあったようです。そこに運悪く病原菌が付いてばらまかれて現在のような集団食中毒状況になったのでは?というのが今現在1番の有力説のようですね。 というか・・・その方式は確かに便利で消費者にとっては利便性やら経済的に良さそうな販売方式ですが、1番大事なはずの安全性の部分がかなりおざなりな販売方法であるという事になぜ誰も気付かないのでしょうか? だってその販売中は誰でも好きなようにその食品に触れる事が出来る状態にあるという事は、毒入れたい放題という事じゃないですか!! 行おうと思えば、トングで取るふりをして食品の物色をしつつ、服の袖の中に潜んだ毒物をトングを介して盛り放題という愉快犯にとっては楽しい盛りな状況ではないでしょうか? そして今回の集団食中毒状況の惨状が実はこれだったり?という可能性を捨てる事はできないのではないでしょうか?つまり作っている所ばかりを重点的にではなく、被害者になりえる人の中に毒物を入れている人がいたとしたら?という事を考えると、一定のつじつまが合う事もあるでしょう。まあ現状ではこの可能性も数ある可能性の1つにしか過ぎないのですが、端から見落とす事の無いようにお願いしたい所ですね。
 利便性や安さを重視して安全性を排した商品に安全性重視な日本人が引っ掛かりまくるというのはいささか間抜けな構図ですね。それとも危機意識の欠如から来る行動という事でしょうか? まあ安い物には何かしらのデメリットがあり、それを承知の上で買うというのであればまだ良いのですが、そこまで安くない状況で死ぬ可能性まであるとなると安全管理性の双方欠如から来たこの問題状況なのかもしれませんね。
 これを解決しつつ安全性と利便性を確保しつつ安さも込みで提供したいのであれば、店側の初期コストは掛かるでしょうが、このバイキング形式のシステムの完全機械化で購入者は欲しい量を選択すれば自動的にパックに詰めてくれる機械とか、クレーンゲームの簡単版みたいな物にするとか、AI搭載させて購入者の希望に沿って選び出して詰めてくれる機械などを導入できれば、簡単便利でお手軽で安くて安全性も確保された販売形式にできるでしょう。(初期コストが掛かりますが。大事な事なので再度言いました。)


 ここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 小池都帝国~終了~食の安全性
















 さてさて、このブログでのプロフィール情報を一部追加しましたので、気になる方はどうぞ?
 それにしても冷気力発電が今やたらと閲覧数が増えている状況ですね。私のブログの負の逆転効果の特徴例となるのでしょうか? 現段階では大規模発電には向きませんが、地味に効力が期待できる発電方法ですから、電化製品製造系の方に教えてあげると良いかもです。 あと次の発電スタイルでは、現段階でも少し取り入れられている物の大型版を紹介する予定です。一種の人力ですけど、無意識で発電に大量人材ご協力?な方法です。そこに協力的か非協力的かは必要ありません。だって進行ルート上に嫌でも設置されている物ですから。それも見た目気付かない形で。(悪笑)
 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。