So-net無料ブログ作成

第451回 今日の報道特集の過去の東京での朝鮮人大虐殺について [政治経済改革]

 さあ今回は今見て深く知りえた過去の東京で起きた朝鮮人(間違われて中国人や日本人も犠牲になった模様)への人種差別からなる大虐殺について私なりの解釈を踏まえて話していく。ちなみに最初に言っておくが、私は人種差別による大虐殺がある事を容認してそれによる人種差別が今も続いている事に日本人として悲しい事だと思う派である。(ヒトラーによる大虐殺と同じような事が東京でも起きていたという事に。まあそれ以前に旧日本軍は敵味方関係無く無差別に大虐殺をしまくっていたがね。だからヒトラーと気があったのかもしれないな。真正の殺人鬼として。) そしてその歴史を無くそうとしている人種差別容認行動をする小池都知事率いる都民ファーストについても話していく。(都民ファーストだからこその行動だとある意味納得できてしまう今回の行動だがね。前にも都民ファーストは人種差別を行なっているといったが今回もその傾向強めで動いたというわけだ。 この問題はトランプ氏(人種差別問題)よりも問題性が深くなる可能性も・・・) それと今回は、結構昔の日本の行動と今の小池都知事側に対して厳しめの発言過多で行くので、少々ご注意を。(日本人の天狗の鼻を叩き折りに行きます。)

 さてこの過去の東京で起きた朝鮮人達への大虐殺の事の始まりは、まだ旧日本軍がいた時代に関東で大地震が発生してその混乱復旧の最中朝鮮人達が暴動などを企てているという根の刃も無い噂が行政機関から出されて、それが民間にまで広がり報道機関もそれに合わせて盛り上げて武装民間団体や旧日本軍が朝鮮人と疑われし人間を虐殺しまくったという状況だ。(ちなみにその事で、中国人や日本人の一部も疑われて即虐殺された模様。) その時の状況は見つけ次第殺しても良いという人種差別の行き過ぎた行為で、今のテロリストたちの行動と何も変わらない様な行動である。それが昔の東京で起きた日本人が反省をしなければいけない大虐殺という事である。 そして主に反省をするのは、今でも人種差別を平気で行なっている日本人である。アメリカで言う所の白人至上主義者のような団体が日本にかなり存在している模様。で、行動起こしてKKKのような存在になりかけている模様。そしてその団体を小池都知事が擁護しようとしている疑いがある。(どこかで見ましたね?この構図。) そしてその大虐殺時は、武装民間団体は棒や日本刀などで武装して旧日本軍も同様に銃剣などで朝鮮人らしき人種を捜索&見つけ次第殺してよいという人種差別の行き過ぎた大量虐殺を平気で行なっていたようです。(ヒトラーが行なった人種差別による大量虐殺と行動は同じ。) ただそれに疑問を感じて守る行動をした優しい日本人がいた事も話にありました。(人種によって善悪を決めない正しい知識を持った警察官が。)
 そして時代は現代に移り、今も過去の大虐殺を語り継いでその歴史を守ろうとする人々がいる一方、そんな大虐殺など起きてはいなかったという日本人至上主義のような団体が最近行動を強くし始めて、日本在住の朝鮮人に対して強い人種差別を始めているような動きが見られ始めているようです。そして今回その動きに都民ファーストと深いつながりを持つ小池都知事が日本人至上主義団体の話も聞いて、そちら側に沿う形の行動を取ったという事が今回の問題です。それはまさに過去の東京で起きた人種差別による大虐殺の歴史を無かった事にして、人種差別を容認する行動に等しい問題です。それに今回なぜ問題かというと、今までは東京や日本として反省の態度でもうこんな事は起きてはいけないという内容の文言があったのに、今回の小池都知事はそれを発せずに過去を無かった事にしようとした疑いが強いからです。(まあ都民ファースト精神の元では仕方ないかもしれませんが。都民以外全てを見下して人種差別する精神の元では。) さらに日本全体でも未だに人種差別の行動であるヘイトスピーチなどの行動を自由にさせている状況も平和を謳い願う日本では存在してはいけない状況です。だって人種差別ありきで世界平和などありえない事ですから。ヘイトスピーチなどの人種差別の大々的行動には国法で強い制限が掛けられたように見えますが、意外とそのあたりは緩くて、人種差別行動がまだ意外と簡単に行なえる状況にあるようです。そして人種差別を強くする者達が守られて、平和にみんなで仲良くを訴える者達が排除される事が多いのもまた事実のようです。 つまり日本人が良く言う世界平和とは、日本人を人種で頂点クラスに置いたうえでの日本人を世界で崇めさせた上での世界平和という事でしょう。何様ですか?バカ共?? 人種差別を平気で行なって大虐殺をするような人種が世界で頂点に位置するなどどんな独裁的思考で自己中心的すぎる人々なのでしょうか? 世界一般にはそんな人々こそが世界の敵で世界平和を乱す存在なのです。自分とは違う存在を認める事が出来ない奴らに世界の平和を語る資格はありません。 その道は世界の国々をほぼ全て滅ぼしつくした後で生き残った人々とそれに従う者達だけが得る世界平和でしょう。ただしそれは同時に人類の終焉でもあるでしょうが。(現状どうあっても核戦争は免れなく、地球が死の星となってわずかに生き延びた人も世界平和の直後に息絶える事になるから。そして多分その後同士討ちで終了でしょう。)

 なんにせよ人種差別による大虐殺が起きた歴史を無かった事にする行為は大問題です。中国の天安門事件と同様の事を日本でもしようという気ですか? そしてまた大虐殺を起こす為に過去の過ちの歴史を消そうとしているのでしょうか? 都民ファーストだから都民が大事でそれ以外は人種差別の対象で、都民の為の独裁行動を平気で行なう事が正しいという事でしょうか? そんな行動をするのであれば、東京でオリンピックを開く事に私は反対ですね。人種差別を平気で行なう都市にオリンピックを開く資格は無いのではないでしょうか? そもそもそこのトップや国のトップが人種差別を容認するような場合にも同様にオリンピックを開く資格は無いと断言できます。(都民ファーストだからこそオリンピックでも都民を大事にして海外の人々に対して強い人種差別を持って接しても良いという状況になるやもしれません。ついでに日本ファーストでも同じですが。グローバルな世界を否定する政治集団。) 人種差別によって世界では戦争が絶えないというのに、人種差別を強くする団体が自由に行動できるのはおかしな状況ですね。 そういう人達と一緒に生きる場合には、正しい住み分けが非常に重要ですね。混ざるから不味いのです。他者に平気で危害を加えられる人種差別主義者たちには集まって生活してもらってその場所でのみ自由に行動してもらえば良いのです。そこから勝手に出てきて他の人を傷つけようとしたら捕まえれば良いだけです。人種差別主義者を狭い場所で自由にさせるという方法です。そしてみんなで仲良くできる人達を広い所で自由にさせれば、衝突が起きたり誰かが傷つく可能性はかなり減らす事が出来る。 だがこれも人種差別だとその人種差別主義者たちは言うだろうが、これは人種差別というよりも仲良く共存をする為のルールに近いだろう。だって家族ごとに家や部屋を分ける事は人種差別とは言わないだろう? お互いが自由に生きる為の住み分けをするというだけだ。そして自分達の主張をするのは、その自分達の場所でのみとしておとなしく出来れば、人種差別による戦いは起こらなくなる。それを勝手に破れば違反者として犯罪者にすればよいだけである。 こういう事がはっきりとできないからこそ世界で戦争が無くならない原因の1つなのだろう。
 事を軽く見られがちだが、今回の小池都知事としての行動はアメリカのトランプ氏よりも問題性が強い行動である気がする。なんといっても過去に起きた大虐殺の歴史を消そう(日本人至上主義的改ざん)として、人種差別を容認するかのような行動であるからだ。

 私は総じて旧日本軍は完全に悪に染まりきった殺戮者達という認識だな。(旧日本軍の高官などの上層部が主。 下っ端はむしろ虐殺された被害者でもあると言える。同時に虐殺を行なった加害者でもあると言えるが。) 私はこれこそが日本の歴史の上での絶対に反省すべき点で、このような事を二度と犯してはいけないと国家で取り組むべき事象であると認識する。 ただ安倍総理は旧日本軍をリスペクト(尊敬)しているようだが。(※私の英語と使い方は必ずしも一致はしない。) だからかなり酷い暴言として言うが、私がこの国のトップに成ったら靖国神社の英霊まとまりを破壊してやろうかとも考えている。祀る以外であればそれで良い。


 それではここまで見ていただきまして誠にありがとうございます。
 朝鮮人大虐殺~終了~人種差別
















 旧日本軍は存在自体が汚点であり日本として恥ずべき点で反省すべき点ですね。部下を平気で使い殺す今のイスラム国同様の使い方をして、守るべき自国民も平気で虐殺して敵も虐殺して生きる事を許さずに殺しまくる事を本能とする殺戮集団。このような殺戮集団を日本で再度呼び起こす行為は禁忌である。何度も話していますが、日米の戦争で日本国民が大勢亡くなる原因を作った張本人は旧日本軍ですからね。民間人を平気で巻き添えにしながら戦ってたんですから。ついでに邪魔な日本国民を虐殺しまくった情報もいくつか存在していますし、あれこそヒトラーに並ぶ世界の大犯罪者もしくはそれ以上の存在でしょう。だからこそその反省しなければいけない歴史の事実を受け継いでいかなければいけないのです。同じような悲劇を繰り返さない為にも。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。