So-net無料ブログ作成

第449回 海上森林~海上緑化計画~ [建築]

 さて月日としては夏休みのラストですね。どんな感じだったでしょうか?(成人越えるとあまり関係無いですが。) 今回は海上都市の次の段階の為の布石の回です。という事で中身自体はほとんどありません(森林ですよ?)が、バリエーションの数というか応用例的にはかなりの応用範囲が持てる内容となっていますので、そちらをメインに話していきます。ついでにその次の段階に進むための必要物の構想もしていますので、それをまとめ上げてこれに載せた後に次の段階に進もうかと考えています。(その構想物自体はその次の段階以外でもかなり有効的利用方法があるので、お楽しみに。というか一足飛びにそこまで話を持っていくのか?という内容です。) ちなみにサブタイトルはある意味恐ろしい名前ですが、そこまで大規模で考えていません。
 そして今回は中身軽いので、別に見なくてよいと告げておきます。(タイトルだけで十分でしょ? まあ応用例の中にいくつか有用例が含まれていて検討に値する物も含まれるかもしれませんが、海上に森林を作るで大体思いつくのではないでしょうか? なので見る必要は無いと改めて告げておきます。 ただ大体こうやって念を押す回の下側で面白い事載せたりもするんだけどね?前のメイド回避術回のような。(絶対ではない。))

 海上森林は一応海上都市の1つですがこれは単に海の上に森林を作れる様にしようという事以外の何物でもないです。(一応海の塩や波風などから防ぐ為に、他の海上都市同様ある程度のバリア機能は持たせますが。(今回はほぼドーム型))ひいては密閉の環境でも空気や酸素を作り出せるようにする為の物でもあります。ゆえに今回は主に都市部分よりも森林部分が重要で、都市としての機能はあまり必要としません。(最低限の最低限で良い。) 各地での災害や人間の居住範囲などでの拡大によって地球上での森林の範囲が減少して地球温暖化の増進や空気中の酸素量の低下などで引き起こされる大規模災害などを防ぐ目的としても有効でしょう。現在砂漠化が進んでいるところで木々を育てるのが難しい所もあるでしょうが、それなら代わりではないけども海の上に森林をいくつも作り上げて地球の緑化能力の維持と光合成の量を増やす事等で二酸化炭素の量を減少させて酸素発生量を増やすという取り組みにも繋げられるでしょう。(ちなみに砂漠化対策は、今後の展開内容で防いでいく事も可能。(都市シリーズの次段階応用で。)) そして森林を作るという目的の為、伐採専用の木々をこの都市で作り上げる事も可能です。ほぼ密閉型でなら、花粉問題などでの被害まるで考えなくてもよくできます。(海上杉森林という感じか?) さらに森林濃度を同じ横面積上で効率を上げさせるために、縦で層を分けて鏡の屈折などを利用して海の深い所まで森林濃度を上げて作り上げる事も出来るでしょう。
 さらに別な使い方で、海上森林公園(外来危険生物を入れない徹底管理も可能&駆除も容易い=高い安全性を確保可能。)として利用するなどの使い道もありますし、人間達や災害などで本来の住居を追われた自然動物達(達の中には、鳥類や爬虫類など全般含みます。)の新たな住家を作り上げる事にも利用できますし、また保護したい動物や絶滅が危惧される動物達の住みよい環境を外敵などがほとんど無い状況で作り上げる事も出来ますし、海上に作る本格的な自然環境が施された動物園にも可能であるとも言えるでしょう。(動物達の自然環境を人間達の身勝手な事から守るという意味でも利用可能という事です。その場合は森林などの管理などを機械やAIに任せて人間は許可を得ない限りは入れないように徹底するといった事も可能に。) ついでに動物に限らず昆虫類や植物に関しても同様な事が可能になります。 まさにむやみやたらな人間の勝手が入らない其処の生物達にとっての楽園というか人間のいない世界として作り上げる事も可能。(この感じで人間を害獣みたく言っていますが、いくつもの生物種を人間の勝手で絶滅させてきたのですから、こう言われたとしても普通でしょ? 私は人間の勝手な都合などで被害に遭う動物や生物が発生する事を許せないのですよ。地球における動物や生物が行なっている弱肉強食は該当しませんが。) ちなみにこの動植物活性化の場合は都市というよりも海上森林島(浮島)という感じでしょうね。


 それではここまで見ていただき誠にありがとうございます。
 海上森林~終了~海上森林島
















 まああとは普通に、海上での休憩所を兼用させても良いですし、果樹園みたいにしても良いですね。(果物補給も可)

 ちなみに都市シリーズの次段階は既に名前だけ公開済みの海底都市(海中都市)です。海の底に都市を作る物で、そこで生活能力を得させる為にはどうしても森林による二酸化炭素の減少と酸素の増加が必要なのです。さらにそれで光合成出来る物が必要になりますが、それに関しては今考え中です。(名前言わなくても考えようとしている事は大体分かりますよね?) まあ水深が比較的浅ければ、ケーブルで光を送ったり、海上都市と連動させたりでの活用も可能でしょうが、それでは真なる意味で海底都市とは言えませんから。ちなみにこの方法は地下都市でも応用が出来ます。


 さて新パソコン購入先はマウスで行こうかと考えています。(あのCMもフレーズ等良いですね。ネコにも内心の言葉があればまだ面白くできるかも? 動物がしゃべるCMも結構あるし。) end
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。