So-net無料ブログ作成

第405回 学校教師の児童殺人未遂事件と孫による祖父母など5人死傷事件について !閲覧危険! [犯罪対策]

 さあ今回は少し恐怖系の話を2本行きます。1つは教師が問題児を殺人未遂したけども、教師にお咎めがほとんどない件と、今ニュースで話題になっている孫が祖父母などを包丁と金属バットで惨殺した事件についてです。(惨殺の方は、事件にまつわる話というよりも狂気性の話ですかね。) タイトルの方で分かり辛いかもしれませんが、本日は危険回となっているので、精神的に不安定な方や残酷な恐怖系の話が苦手な方はご遠慮ください。さらに今回は、精神異常者の殺人動機に関して深く話すので、若干中身がグロ系となりますので、精神異常者たちの闇を知りたくない方は直ちに閲覧を中止してください。(そこら辺の怪談話よりも肝が冷えますよ。 同じ精神異常者だからこそ詳しく語れる話ですから。この奇人変人でマッドサイエンティストなオウカハルはね。というかこれを自分で認めている時点で・・・(ループするね。))

 さて、与太はこれぐらいにして、学校教師の児童殺人未遂事件についての話をしていきます。と言いましたが、実際的には教師が問題児に対して自殺を強要したという事件です。話の顛末から語ると、教師から見て気に食わなくて学校のルールや自分に従わない問題児の児童に対して、学校3階の窓から地面へ飛び降りて死ねという言葉をかけて殺そうとしたという内容です。実際に直接殺す為に手を下していないし、結果としてその児童はその場から逃げだして不登校になったから何の落ち度もない(学校側判断)という事なのでしょうけども、客観的に見てこれは重大犯罪の予備軍に当たりますね。なにせ児童を脅して殺そうとしたわけですから。(しかも例え児童が死んだとしても知らぬ存ぜぬで押し通せるやり方で。パワハラによる殺人方法ですかね。) 教師の行動は完全に法規的に違反性を持っていますが、学校側が擁護しているようです。ただ、その児童の方にも学校側から見て問題児であったという事は認知されているようで、完全な加害者被害者の関係性であったかと言われれば判断に悩むところです。ただ、学校側と児童の関係では悩むところですが、当の教師と児童の関係性では、悩むところが少ないです。というのも、問題児に対してこの事件の前から教師は必要以上に厳しい態度を取ったり暴力を振るっていたみたいで、問題児とその友達がふざけていたところに遭遇して、問題児だけを厳しく注意したり問題児の言葉は何も聞かずに悪者扱いを決めつけていたりする行動が見られており、これで教師の言葉に耳を向ける児童がいるかと問われれば無いでしょう。つまり教師からの必要以上の暴力などがあったから問題児と化した可能性もあるという事です。そしてそれが続いて今回の自殺を強要して殺そうとした事件にまで発展したのですが、その現場はクラス内で他のクラスメイトが全員居る場において教師がその児童に対して自殺するように強要をしたという事です。幸いその時のクラス内のその児童の友達が危険性を感じ取ってうまく逃がしたから凄惨な事件にまで発展する事は無かったのですが、教師側にはその時明確な殺意があったと十分に判断できるでしょう。なにせ言葉でお前はこのクラスには要らないから死ねという内容を発したようですし。(ただし実際は若干言葉を濁していますが。) そしてその後児童は逃げ出して学童保育で保護されて、現在も不登校状態で、殺人未遂教師はのうのうと学校の教職についているようです。さらにはうわべだけの反省で戻ってくるように言っているようですが、たぶん戻ったら今度は本当に殺されかねないでしょうね。そしてこの件で教師を守っている学校側も子供の未来よりも教師の方が大切であると言っているも同然ですし。何かあれば子供は守らない学校であるという事にもなります。さらにこの学校では殺人方法を子供に教えているような学校にも思えてくるという事になり、ついで殺人は別に悪い事ではないという教えまでしているように受け取れます。このような状況でこの教師を守る事は学校全体で子供に学を学ばせる事に対して何の常識も持っていない連中の巣窟なのでは?と思ってしまいます。 問題児以外には比較的良い方の教師だから守ると言っているようですが、最近の凶悪犯罪者って、そういう人がやけに多いですよね?この後話す事件でもそんなタイプですし? 2面性があって、片方天使で片方残虐殺害というような人が。そんな人に罰を与えられない学校も同じような殺人OKな教育者しかいないという事でしょうか? 嘆かわしいとしか言いようがありませんね。

 さて次は最近のニュースで連日報道されている孫による祖父母等を5人死傷した事件についてですが、事件の詳しい話に関してはあまり情報(事件の確執)が無いよう(状況や手口等は判明しているが。)なので、これに関して今回は精神異常者による殺人動機の観点の話をしたいと思います。 ここからグロ系が入るのでくれぐれも注意!!
 事件としましては、孫が突然誰でもいいから殺したくなったという事で手近な人間を次々と包丁や金属バットで死傷していった事件という事みたいです。(ついでに追いかけられた人も複数人居るようですが。)しかもその時の表情が無表情で単純に殺しをしているという感じだったとか。そして今は逮捕されていて動機の解明に注力を入れているみたいですが、犯人は黙秘でだんまりをしているようです。ところで精神異常者である私が皆さんに問いたいのですが、人を殺すのに必ず動機って必要ですか? ただ単にそこにいるからとか邪魔だからとか言った特定な動機が無い状態での殺人もあると考えるのですが?どうでしょうか? それに精神異常者の中には人を人と認識しない人もいると思いますし、ただ単に近くにいる物を殺したいという純粋な殺人欲求だけで殺人をする者が居てもおかしく無いように感じます。以前にも動物を殺して行って、次は人間を殺してみたいと思って実行した殺人者もいましたが、純粋な欲や動物性の感覚によってただ単に殺したいと思う人がいても何も不思議ではないでしょうか? そして酷な話ですが、そこら辺のアリや昆虫などを殺すのに動機や殺意は必要ですか?毎日食べているであろう魚や牛豚鶏等に関しても動機や殺意は必要ですか?はたまた、ゴキブリや害虫やノミやダニなどに関しても動機や殺意は殺す為に必要でしょうか? 無条件にその場にいたからとかなんか気に障ったとかいつもしている事だからという事で大体は明確な動機や殺意無く殺しを行なっているでしょう人間は。その対象を人に移したとする人間がいても何もおかしい事ではないでしょう?と言いたいのです。 つまり人をそこらへんにいるただの動物や昆虫などと認識してただ単に殺したいから殺すという明確な動機や殺意が無い状態でも人は殺せるという事です。 悪例で言うと、アリを踏み潰して死なせてしまったという感じで人殺しを出来る人がいるという事です。ただその場にいたからというだけの理由で。そういう面で見ると大量殺人テロなども似た様な感じかもしれませんね。動機はともかく、殺意は実行自体には必要ありませんし。 それに頭に血が登り過ぎた状態とか逆に放心状態等でも似た様な事象にはなりえるでしょう。夢遊病とかでも出来そうですし、ドッペルゲンガーの話などで相手がただ殺す対象に映ったとかの可能性もあるでしょうね。 まあ今回は単純な動機で、社会に対する不満や自分の環境に対する不満という事で、全てを無に帰したいと思っての犯行とかが1番可能性が高そうですが。 極稀にいるじゃないですか、死刑希望で殺人する人などが。あれ、明確な殺人動機無いですよ。(まあ純粋欲で殺しを楽しみたいという気持ちがあるのでしょうが。)


 それではここまで見ていただき誠にありがとうございます。
 児童殺人未遂事件~終了~殺人動機
















 さていつものように話は打って変わって、エレベーター協会に売り込みに行ってきました。(無視される可能性高いけど。) そして何の変化も起きないようであれば、各会社に突撃(迷惑)しようかと考えております。(100社ぐらいあるけど(日本)) あと報道爆撃も次の目標準備に入ろうかと言ったところです。
 さてお次は、海上都市の名称矛盾な内容を公開しようかな? 今の海洋産業をより発展させて守って行く為のベストな手法を。(本気でおかしな名称になるのでご期待を。) END
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0