So-net無料ブログ作成

第275回 日本政府が主導する人種差別 被災地民は日本人ではない!? [政治経済改革]

 さあ今日はニュース的には怒涛のラッシュの日でしたね。森友学園不認可の話や、パククネ氏の罷免や果ては詳細はまだ不明ですが日本の自衛隊のPKO撤退の速報まであってまさに盛りだくさんの日となりました。そんな日の回ですが、これらの話については情報が集まり次第語るとして、今回は4月に福島原発の事故での帰還困難区域以外の解放が迫っている件での日本政府からの福島県民を始めとした原発被害者達への人種差別についての話をしていきます。(まあ沖縄県民を奴隷のように見ている点も人種差別であるでしょうが。) 見方によっては森友学園の人種差別よりも悲惨な人種差別にも見えるが。

 どうしてこのようなきつい見方で捉えているのかというと、現在日本政府は福島県民への十分な配慮をせずに被爆してどうぞ死んでくださいという虐殺に近い行為を正当化させようと企んでいる。被災地の放射線量が一定基準以下になってある程度のインフラが改善されてきたから、元居た土地へ皆さん帰ってください(半強制)という状況になっているのだが、その一定基準が日本政府が勝手に定めた基準で国際基準から照らし合わせると、非常事態の時の基準だそうだ。つまり永住を元にした基準ではなく、数年位で完全被曝するような放射線量の状態だというのに、それでも政府は福島県民達原発被害者に危険な土地ですけど帰るようにしてくださいと言っているのだ。つまり被曝して死ねと安易に申しているわけだ。国際的な基準は確か1ミリシーベルト以下(年間)だったかな? それが生命的には安全が確保される年間被ばく量だというのに、日本政府の現在の基準は20ミリシーベルト以下という安全基準の20倍の線量で開放して国民殺しをしようとしているのだ。また、これだけには留まらずこの政府が定める基準以上の場所まで存在(4月解放地や現在解放されている土地)しているのだが、場所があまり人が立ち入らないと思える場所だから放置という状況で行われている。その放置された場所として、家の裏手場所とかも含まれている為、実際に住もうとすると確実に日本政府が基準として定めるゆるい内容よりも確実に多く被曝するという悪質な内容となっている。 要は放射線量対策としては、国は福島を結果的に見捨てる行為をしているという事だ。 またその他での放射線量が高い地域や場所に関しても、政府が言いがかりや難題を突き付けて国主体の元の除染作業を行わない動きが多く見られている。感覚的には、人が多く存在すると思われるような箇所だけを除染してあとは放り投げて、被爆をどんどんして早く皆さん死んでくださいと責任を放り投げているというわけだ。 そのような土地に早く帰って死んでくださいという気持ち露わな状況の福島に気持ち良く帰れる人がどれだけいるでしょうか? もう見捨てられているのですよ、福島の原発被災地は。日本政府は福島を第2のチェルノブイリとしようと画策しているという事です。そして被ばく覚悟で住みたい奴だけ住んで、面倒な福島県民達はさっさと死んで文句を言わぬ骨と化してくださいと思っている行動をしているわけです。

 最初の方に話した国が被災者達に対して早く帰ってくださいというのには、現在の被災者向けの仮設住宅の使用期限を4月解放(福島被災地)に合わせた期間に設定している為です。福島の除染状況が完全とは言えないような状況なのにもかかわらず、仮設住宅から無理やり追い出して放射線に塗れた福島の地へと追いやろうとしているわけです。老若男女問わず。お金や支援が無い人は死んでくださいという虐殺行為を平然と行おうとしているわけです。それに最低限のインフラが何とか通っているだけで、生活において必要な施設等はあまり充実されていない状況にもかかわらず普通の生活が送れる状態と横暴を言っているのです。一部の病院などに関しても経営が苦しく医者の確保も難しい状況の所があったり、老人ホームや介護の仕事での人手が全く集まらずに困り果てているところもあるというのに、それらを完全に無視して福島で病気になったり介護が必要になったらすぐに死んでくださいと見捨てる行為をしているのです。これらの行為は立派に人種差別の領域に入るでしょう。 要は自分達が犯した失敗の責任を福島県民に転嫁したうえで、福島自体を見捨てるという判断を今しているという事です。 さらに別の話ではこれだけの大事になっているというのに、まだ原発ありきでしか考えられない馬鹿な頭脳経営も行なっている。 福島は現在の日本から見捨てられた土地となりつつある。狭い島国である日本というのに、こうやって失敗をしては土地を見捨てる行為をしようとする現在の日本政府の対応としてはいかがなものか?と思いますね。

 現在この帰還困難区域以外の全地区解放に際して、福島に帰還して住んでいきたいと考える人は大体3割ぐらいの人みたいですね。 ただしその3割の人達も大体は福島の地で骨を埋めたい人や自分を犠牲にしても国が放棄した除染活動をして未来の子供達への土地に変えたいと思う人がかなりを占めるみたいです。要は若者には絶対に住んでほしくない土地だとみられているようです。この意見だけでも国が福島を見捨てて、福島県民達をも差別対象として見捨てて殺そうとしていることが分かりますね。 またその事により、子育て世代の働き手や子供達の数がかなり少なくなるので、結果的に社会インフラ率もかなり低くなることは必須状況とも言えるでしょう。(被爆して苦しんでもいいから働きたいという人じゃないと務まらない。) また実際に住んでからの被ばくに関して政府が責任を一切負わないという立場も福島差別の状況と言えるでしょう。 現実的な問題として現在新たに解放される土地については、宅配や配送サービスが一切行えない状況となっていて、かなり不便な生活を余儀なくされるという事が判明しています。まさに陸の孤島のような状況にあるとも言えます。そしてそれを政府が主導して行なっているという事も。(人種差別における収監所的な位置合いですかね? そして大量虐殺と。 どこかの国と環境は違えど同じ事ですね。) こういった状況下において、現在帰還命令が下されている住民達が政府の横暴に対して司法に訴えている状況にありますが、政府は真っ向から対立する考えみたいです。(若干沖縄と似たような状況ですね。政府が自国民であるはずの人々を次々と見捨てて殺そうとしているから、反発が大きくなっているようですね。)

 今の政府の方針上では、人身震災事故や震災事故に対して絶大な被害を受けた土地の復興を後回しにして、そのまま見捨てるような動きを強めています。もはや被災地は日本にとって要らない土地であると考えているのでしょうか?そして被災地に住み被害を受けた人々は日本人にあらずだから助ける必要は無いという心境なのか。今現在も大きく被災した福島や津波被害を受けた東北地方ではがれきが片付いておらず放置された状況での開放などをされたり、津波を防ぐ為に観光資源を破壊して財政を苦しませたり、また一部の人達を守る気は無く津波によって死んでしまえという対応をしたり、原発の対応の悪さも祟っていますし、熊本も放置された状況が続いています。震災によって被害を受けた人々を見捨てて放置することが国のやる事ですか?だとしたら国民の事を思わない独裁者的な見識を持っていると言わざるを得ないでしょうね。 そういえば沖縄も状況的には戦後からずっと続く被災地という扱いになりますね。アメリカ兵のすることを全て黙認する対応しかしていないのですから。沖縄県民の命よりもアメリカ兵達の命の方が大事という国民を見捨てる行為を今も続けているわけですし。本当に沖縄奴隷島という言葉はしっくりくる状況ですね。

 そういえば東北復興予算も政府はちょろまかして他の事に使ったりしている点から見ても福島の事を大事にしていない政府だという事が分かりますね。えーと、現在の被災地を除いた44都道府県が日本政府が認める日本国という事でしょうか? さてお次はどこが日本から外されるのでしょうか? こういう政府の人種差別政策を皆さんはどう思うでしょうか? そしてこういう状況だからこそ、学校教育においての原発避難児童いじめが起き続けている原因の1つなのではないでしょうか?
 弱き者は見捨てて強気者を助ける事が現在日本政府が行なっている政策状況のように思えてなりませんね。国民を見捨てて、自民党関係者や政府をひたすらに守ろうとしている。たとえその過程で国民が犠牲になろうとも。(続きは第2部で。少々タイトルと話が逸れるので)


 それではここまで見ていただきまして誠にありがとうございます。
 人種差別~終了~福島






 さて第2部としまして、森友学園問題に際しまして自民党政府は参考人招致を嫌がってさせないように動いていますね。国民のかなりの人数が解明を望んでいるのに、自分達にとって悪い情報が流される危険性がある為にひた隠しにして証拠隠滅を図ろうとしている動きです。この不可思議な状況に対しては自民党が率先して解明に動き出すべき事態であるにもかかわらずに問題の解明を恐れているような動きには、自民党内で確実に不穏な動きがあってそれを隠そうとする動きに見えてなりません。これもまた与党の力を行使して情報統制による証拠隠滅で国民には何も知る権利は無いという対応を見せるのでしょうか?もはや民主主義の時代が終わりの鐘を鳴らし始める状況にあるとみえます。誰が見ても明らかな問題が発生しても国民の思いを受け取らずに闇に葬ろうとする政府の体制は独裁政権と言って何が悪いのでしょうか? 国民の言う事には何1つ言う事を聞かずに自民党だけで国を動かそうとする態度は、完全に悪性独裁国家です。 国際社会から見ても少しずつ独裁国家としてのレッテル張りが行われつつあります。その状況にもかかわらず、安倍総理は任期のさらなる延長をするみたいですね。ますます独裁国家と陰で囁かれる事となるでしょうに。1人の人物の任期が長すぎる国は総じて独裁国家だという事に気付かない馬鹿な国民が多いせいですかね? 本来の民主主義という国では、定期的に国の代表が変わる事で民主性を高めてきた行為ですが、それが今や崩壊状態にあると見るべきですね。(日本が独裁国家であると認めるのであるなら別に良いですが。森友学園騒動での自民党が北朝鮮を目指している動きがみられるし。) END
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0