So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

第146回 学生を登下校時の通学路で危険から守る方法についての解説 [犯罪対策]

 はっきり言ってとても簡単なことでしょう?登下校時の通学中の学生が通る際に通学路に車等の横断を全て禁止にすれば良いだけの簡単なお話。なぜいろいろと難しく考える必要がある? 命と交通のどちらが大切ですか? あれだけニュースや街の人が可愛そうだとかどうにかしなければと毎回言っていても結局は子供の命よりも交通の方が大事だというつもりですか?だとしたら日本人の大部分は口で達者なだけの偽善者ばかりの大悪人ばかりという事になりますが、いかがですかね? 誰もがその時はかわいそうだとか改善をしなければと言っても、結局は何も行えずにただ無駄な子供の命がそこらの紙切れと同様に捨てられるだけのやり方で進めていくだけの馬鹿な人達ばかりの行為ではないでしょうか? 本気で考えられない者共は、人の命をなんだと考えているのでしょうか?そも生物の命を全て軽んじて行動しているのではないですか?
 こういう危険は0にすることはこの世界の仕組み上不可能です。ならばできるだけ0に近づけるように努力を果たす事が重要なのです。その努力を何もせずにその時に少し騒いで後は時間で流れてまた起きる事を繰り返すのであれば、まさにヒヨコではないですか?3歩歩いたら全て忘れてしまうお馬鹿な日本人の方々?そしてその時に流れる血は、全て無駄な血という事になる。生きるという意味すら否定された無駄な命という事になる。あなた方の今の所業は、無駄な命を増やしているにすぎないでしょう。 解決方法はとても単純だというのになぜ実行に移せないのか?理解に苦しみますね。 世界であれだけ子供の命が大切だと言っているのに、当の現場に居合わせたらその命は無駄でした終わりと言いますかあなた方は?だとしたらその人達はこの地球上で生きるにおいて不必要では?生物の本来の本能すらも完全に捨て去った生物などこの地球上にはふさわしくないと断言しますがどうでしょうか?あなたはそんな1人ですか? そんな人間達ばかりであるのなら、人間という種は滅んだ方が地球にとっては良いでしょうね。

 さて直接歩いての登下校に関して交通網を一区間ストップさせるのが絶対に不可能だという場所も当然あるでしょう。しかしそれがあるからこの話は全て無しにするというのは人間失格ですね。あなたは能無しのパーさんですか?交通量が多い場所での通学をさせる場合、守る為に必要なのは全てを覆える防御壁つまりバスなりの車で通わせればよいだけの話。さらにこのバスなりの大量に人を運ぶ類の車両には、たとえ事故が起きても中の人の安全を守れるだけの装備をする必要があるでしょう。この地球上では天災や人災などで事故が起きる確率は0にできないのが実情です。ならば確実に事故等に巻き込まれることを憂慮したうえでの対応手段が取れる仕組みが必要でしょう。ただしそれには多額の費用も掛かるでしょう。ならば1番守らなければならない子供達の命優先のバスから着手していけばいいだけの話。(ここでまずお年寄りからとか言ったら、未来をそんなに黒く染めたいのかと罵ってやりますが。いかがか?)

 また昔から話題に出ている「そもそも学生を学校に直接通わせること自体を無くせばよい。」という事を実行する事でも良いでしょう。今の時代ならネットを使って登校する事はすでに夢幻の時代ではないのですから可能ですし、今盛んなVR技術を駆使すれば、本当に通っている風にできますからね。(この方法は以前解説した。) つまり根底条件である通学路での事故を通学路を通らずに学校に行く事によって根底から覆してしまう方法もあるという事です。

 私でもこの通り3種類ぐらいは普通に考えられるのですよ。なのになぜこの考えにすら行き着けないのか?子供を守る意識が足りていないんじゃないですか?日本人は?老人守って子供は殺す社会が作りたいんですか?すぐに滅びますよそんな国。まさかそんな最悪な国作りが好きとか言うんですか? そんな国は早く滅んじまえばいいのに。  終了

















 子供の命が軽んじられる報道をして、それが普通に流れようとしている今に載せました。私は常に発言していますよ。防ぐ方法など前にも紹介しているのですから。 今回の話は簡単すぎて出す気もあまりなかったのですが、普通に皆さん忘れようとしていたので出しました。仮装大会のお祭りをして、子供の命の100や1000ぐらいは捨てても良いと考えているのでしょうか?どこの大虐殺者ですかそれは? さらに未来を考えれば1万以上の子供の命を無駄に捨てても治らないのですかね? 私はいつでもその改善策を提示し続けているというのに。 END
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0