So-net無料ブログ作成

第97回 犯罪対策 監視カメラの有効設置場所とちょっとした犯罪抑制システム [犯罪対策]

 今回は軽い内容でお届けいたします。このアイデアは、少し前にふと考えた時に浮かんだ内容となります。監視カメラを最近警察が悪用した(隠し撮りに使うという事で)という事件のようなものが出てきましたが、監視カメラの存在自体は犯罪を未然に防ぐ為の良い方法でもあります。そこで私は、犯罪が良く起こるような場所にこそ監視カメラを分かりやすく配置することで、犯罪が出来る箇所を減らしていき、うかつには出来ないようにする所まで行くための第一歩の方法として今から話していきます。

 まずは普通の犯罪がどこで多発するのかというと、皆さんすぐに分かるとおり人通りの少ない夜道でしょう。日本は比較的安全な国といっても、こういう場所は犯罪が起きやすい場所になりますよね。(正しくの比較的安全というのは、人通りが多い場所での安全という意味になるでしょう。) しかしこういう場所でも人通りが少ないと言っても0ではないので、通る人はいます。そして移動のルート上に必ず通らなければいけない人も出てきます。こういう場所の安全性を少しずつでも上げていく事が、全体的な安全性の上昇に繋がっていく事でしょう。(安全地帯をより安全にしていくのは比較的簡単な事だけども、そうして行くとそこから出る事が難しくなっていく。これはいろいろマイナスである。ならば犯罪が起こりやすそうな場所を少なくしていくのは大変な事だが、そうしていくと人々はより外へも出やすくなる。)
 という事で、この人通りの少ない道に監視カメラが分かりやすく見える状態の街灯の設置をお勧めしたいと思います。街灯ならばそこにあっても不自然性は全くないし、そこに監視カメラが設置されていれば、少なくともの一時的な安全地帯にする事も出来る。(その理由は後程) そして街灯自体は普通の夜に明るくなるでよいのだが、それに+付加価値を付ける事でより安全性が高まる。 その付加価値とは、街灯に非常時の場合の緊急SOS用のボタンを付ける事だ。(ちなみにこれは悪ふざけで簡単に押せないようにカバーなどを付けておくと良い。) このボタンを押した際には、監視カメラの映像が瞬時に警察に送られるようにして、さらに警察がそのカメラの向き等を移動させることが出来、通話も可能にさせる。さらにその際にパトカーのサイレンの音をだんだん近づいてくるような感じで鳴らしていく。(犯人等へのかく乱目的での使用。押す事で鳴る為、本当に付近にパトカーが潜んでいるのかどうかわからなくさせる目的がある。そして犯人等がその人を追い難くさせる効果が見込まれる。 これで、襲う確率をかなり低くさせることが出来る。最悪すぐ捕まる事も予想されるようになる効果もある。)
 そして監視カメラにもいくつかの機能を持たせておく必要がある。 まず人通りの少ない場所に設置するので、常時カメラを起動させておく必要は無いので、対人センサーや熱源センサー等で人が通った際のみにカメラを起動するような設定にする。(その際にその人に対してある程度追尾する形にする。 他の人が通った際はその人達が移るようにさせるなどの工夫にする。 いろいろな証拠にも使う事なども出来る為。(人通りが少ないという事は、犯罪後の抜け道に使われる可能性も高いという事なので、顔が認識できるような仕組みづくりをしておく必要がある。 また被害者特定等の確認にも使うことが出来るようになる。)) そしてこの記録を保存しておく機能ももちろんつけるべきだが、常時とは別に非常時の際の時は別枠での記録もする必要がある。(確認をしやすくさせる為に。) そして夜に起動する際は、監視カメラ自体にも光を発することが出来る機能を付けて、顔の確認等を良くできるようにする。

 まあこの機能自体は全ての場所で効果があるのだが、私が日本の安全をより良くするために今付けるとしたらと考えた場合には、まず人通りが少ない場所にこれを設置して、犯罪の防止率と検挙率+言い逃れ防止機能も含めての全体的な安全性の上昇効果を見てこの場所に設置を進めるでしょう。そして、犯罪が行える場所を徐々に減らしていくと言うふうにしていく。(それに人通りの少ない場所に設置するのであれば感謝などをされるとしても、迷惑という人はいないだろう。(迷惑と言った人がいたら、その人は何か犯罪めいたことをしている人になるからな。) つまり普通の街中に設置するよりもハードルは下がるうえ、犯罪の抑止効果は高まるという事になる。)
 という事でこのアイデアをぜひとも思案してほしい。(痴漢や通り魔やスリ・ひったくりなどや強姦事件等がかなり減る結果に繋がるだろう。)


 というようなちょっとしたアイデアの発表を終わらさせていただきます。(こういうアイデアはすでに出ていそうなアイデアなのだがな。なぜ?気付く人がいないのだろうか? やはり平和ボケが多すぎるのか?)
 ここまで見ていただきまして誠にありがとうございます。
 ちょっと考えれば気付く事~終了~なぜ?気付かない~ 日本の安全対策は遅れてる~





 さて一言 ただ今子供(ひいては人全体)の事故防止用の耐瞬間衝撃吸収用の安全装置の仕組みのアイデアの研究をしております。これがうまくまとまれば、子供の交通事故やふとした事故・落下した場合などのダメージを極力減らすことが出来、死亡に繋がる事をかなり減らすことが出来るようになります。(機構制御が完全にできるのなら、死亡を無くすことも可能。) ただ今構想を考えておりますので、出来次第報告させていただこうかと考えております。 (不注意や子供の無邪気な飛び出しや好奇心旺盛による行動などで、悲惨な死を迎えさせないための新たな技術の開発です。 ただしこれにもマイナス要素はあります。医者の仕事が少なくなってしまうという効果が!ついでに製薬会社などの売り上げの減少効果などが! まあ私はこういう要素を排除して考えておりますのでご注意(医者・製薬会社の皆様)を。(笑))
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0