So-net無料ブログ作成

第57回 イージー アンチ グラビティ ルーム [建築]

 タイトル訳して、簡単に作成可能な無重力空間のつくり方を今回説明していきます。(面倒な高性能機械を使わないやり方で。) とはいっても実際に試そうとしたらかなりの費用がかかる事は言うまでもないが。 ついでに、無重力と言ったが完全なタイプではなく、発生した効果が無重力空間に近いというだけの代物だが。

 使う物はいたってシンプル。「磁石」を使って地面と人間を反発させて空中に浮かせようというわけだ。 簡単な理論としては、片方の極だけを地面(床等の下)に敷き詰めて、人間の方でそれに反発する磁石を体中に取り付けて反発させて浮かすようにするというものだ。(全身ぴったりだと動けないので、重要部位や間接等だけに絞って取り付ける。場所としては、頭(天辺とその周囲にいくつか)と、胴体のおなかと背中、肩(斜めに1つとその周辺)、肘と手(手の平と甲の部分)、腰(前後左右)、膝と足(足の裏と表)) ただしこの方法だと簡単に作れるが、磁石が大量に必要な事(床面積が広ければそれだけと、利用人数予定によって。)と、磁石同士の磁力の影響が体に何らかの作用があるかの事も対策に入れる必要が出てくる場合がある。(大量に磁石を使う可能性があるので。 体に取り付ける際にこれらを防ぐ方法があるのならば問題はないだろうが。例えで出すならパワードスーツみたいな。行き過ぎか?) ついでに言うと、磁力を高めるために少し大きめの物が使えると良いのだがな。 磁力の影響をほぼ防げるのなら、無重力に近い状態にできるだろうが、普通にしてできる範囲はせいぜい少し地面と常時浮かせる状態にできるくらいかな。(磁力が少し強ければ転んだりしても怪我をすることも無くなるだろうし。弱くても衝撃の緩和効果はあるだろう。)
 これで浮くという事の理論は説明したが、これだけでは足りない。 体に付ける装備に、体を動かす際や地面と接触しそうな際に補助をするための送風装置を付ける必要があるだろう。(内向きでは無く外向きという事をお忘れなく。) 地に足を蹴る感じで移動することが難しくなる(踏み込む要領で行けば行けるかもしれないが。)ため、歩く等を機械で感じてそれをスムーズに行うための補助を風の力を借りて行うというものだ。また、それぞれの送風箇所(つける場所は先ほど述べた場所と大体同じ)と地面が近づいた際に風を吹かして衝撃を和らげ磁力で防げるようにするという効果も含まれている。(これだけの対応を取る事が出来て、こけても衝撃等を無くすことが出来れば安全なスポーツ等にもつなげる事が出来る可能性がある。)
 また、人間に付けるスーツ型ではなく、磁力で反発して浮く乗り物を作ってそれに搭乗するやり方もできる。こちらならあまり磁力の影響を考えなくても良い可能性がある。(移動は主に風力等になるだろうが。)
 この乗り物であれば、下側に大きいのを1つと、転倒防止のために斜め下か横側に計4~8個を設置すればひっくり返る事も無くなるだろう。(できれば乗り物と人を腰や足の部分で固定できる仕組み等があった方が良いが。)

 こんな感じの場所が作成できれば、今までのいろんな競技やスポーツ等の別のやり方や、全く新しいスポーツや遊びなどを作る可能性が高まる事だろう。
 いわゆる球技と呼ばれるものでは、球自体の中にも地面と反発させる工夫をすることが出来れば、今までの楽しみ方とはまた違ったことができるようになるだろう。
 野球の場合は、投手側の調整で球の軌道を磁力で変化を付ける等の事が出来るかも。(打者までの道の一部の地面の磁力の変化が可能となれば。)
 サッカーなら、ボールが常に浮いている感じになるため勝手が違う事になるだろうし、今までとは逆に地面に打ち込んで反発で上げる等の事が出来るようになるかも。
 テニス等では、常に浮ける為にかなり無茶な飛込み等も出来るようになるだろう。(地面にぶつかる心配が無ければ。)
 あとは射的や弓みたいな感じで、地面ごとに磁力の調整をさせて、的の位置を上下で変えたり風で横に動かしたりできるようになるだろう。
 磁力の調整は意外と簡単に行える。地面の下の磁石の塊を上下できるようにすれば簡単にできる。強めたいなら上、弱めたいなら下にすれば、地上との差で磁力の変化を付ける事が可能となるだろう。
 これで無重力のスキー等の山すべりのようなことも可能ではないかと思う。


 後半は若干遊び感覚になったが、このアイデアはどうだろうか?もし面白いと思ってくれるなら、これを実現できるようにしてもらえたら嬉しい。(まさにほぼ全ての人が怪我等がかなり無くなる良い場所になりえると思うのだが。 ちなみに前の方で言うタイミングを忘れていたが、地面と反発するという事は、人同士も同じく反発するシステムだという事でもあるという事をここに記しておく。 ・・・とすると、人とぶつかる事を主義にする競技では(アメフト等)・・・面白い事態に。) もし本気で実現しようと思う物好きが出てきたのなら、質問等があれば協力はするぞ。(詳しい詰め等。アイデア類のみだが。)
 これで今回の長めに話を終わりにしようと思う。ここまで見ていただきまして誠にありがとうございます。(今回建築だけど、シリーズ物のやつでは無いよ。これ地方創生目的じゃないから。未来の建築物の可能性の1つ)  磁石        磁石
    反発 ~終了~ 反発
    磁石        磁石
タグ:建築 無重力
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0