So-net無料ブログ作成

第29回 雑記 東京都知事選混迷の小池氏 都議会議員解散問題の推察と改善策 [政治経済改革]

 今回はのんびり都知事選挙の混乱ぶりの解説でお送りいたします。 自民党のごたごたは見ていると楽しく思えるね。(自民党の政治家って問題を起こす人が豊富に集まっている党ではないでしょうか。(笑))

 小池氏が当選したら都議会議員の即時解散をさせると発言している件ですが、あれの目的として2つくらい推察できるのですが、1つ目は前都知事の舛添氏を辞めさせるときに最後まで守ろうとして行動していた議員さん達がいたから、その人達がいると東京を動かしていくときの障害になりかねないとして、その議員たちを排除しようとして発言したのではないのかという事と、2つ目はただ単に小池氏は誰から(東京都の議員達)も歓迎を受けそうになく、自分の発言することに納得してもらえる自信が無い(物事が進められそうに無い)から自分を押してくれた東京都民の皆さんに自分に意見の近い議員を新たに選んでもらおうと考えて、総解散と発言しているのか?と言う感じですな。他の別の思惑があって発言している可能性もありますが。
 舛添氏を主に擁護していた議員達(自公多数)を都議会から外すことになるのは良い事かもしれませんが、都民のために必死で頑張っている善良な議員(少なくとも何十人かはいると思いたいが)も辞めさせることになるので、総解散と言う手はあまり良い手であるとは言い難いだろう。それにそれをするとまた多額の税金を使う事になるからそこまでして自分のやりたいように勝手にするのかと、逆に都民から心を放す事にも繋がってしまうかもしれないと考えているのだろうか?

 ここで私が考えたのは、都民の心を裏切る考えを持つ議員を外してなおかつ解散で選挙の仕切り直しにかかるお金を減らすためにはどうしたらよいのか、そしてそのことをスムーズに行うにはどうすればよいのかという事を今から話していこうと思う。(なお、この策は小池氏に向けたものではなく、今から都知事選に向かう全ての人にできれば行なってほしい事であるのだが。(こういう事ができる人ではないと、今の政治不信の現状を解決できることは無いと思う。そして、こういう事も出来ない人は絶対に政治資金やそれ以外の事でまた問題が発生するだろう。もしくは、能力が高い人なら今度こそ都民に絶対ばれないうまいやり方で税金を湯水のように使える方法を見つける事だろう。(今までの都知事の失敗例を見てうまいやり方を探れる良い前例になるから。)))
 その策の内容は、最初に公約として挙げる事が最初の条件になります(これを行う事により都民のこれを行ってもよいという支持が得られることになりますので)が、都知事になる人も都議会議員も含めてこれから都知事に着いてから辞めるまでの間、政治資金にかかる費用や移動等(出張とか視察)に使われるお金(金額が少なかったらまとめて良いとかの項目も詳細に。)と行動目的を全て詳細(個人情報は載せなくてもよい)に紙媒体あるいはデータ化して都議会議員同士や都民やマスコミの目にもはっきり分かるように毎月公開するという事。 で、当選ができた時にこのことができるかどうかを、マスコミ等の目を入れて都議会議員1人1人に聞いていき、この条件が飲めない人は即座に議員を辞めてもらう事にすること。(つまり私は舛添元都知事のようなことはしていないと都民に言える人は残り、元都知事と似たような事をしていてそれを辞める事はできない議員=都民の事は議員に遊ぶ金(税金)をくれるバカのようにみている議員(都民を見下している。都民の事を大事には思っていない。)には辞めてもらうという事だ。) これを今残っている都議会議員全てに行ない、辞めることになった人数分だけ選挙を行えば、都民から見た無駄遣いをして税金を任せられない議員だけが交代にすることができる。 これなら都民にとっても悪い事のない新たな都議会議員選びになる。(どっかの号泣議員のような人に都政を任せようとは思わないでしょ。任せてもよいという人は、国民の税金は政治家が自由に遊ぶ金に使ってもよいという事になるけども。 ちなみにこれは、都知事が現役の間という事なので、この間に都議会議員が変わる時の選挙では、この内容が呑み込める人ではないと立候補に上がってはいけないという事になる。)

 という内容で話したけども、これができない都知事や都議会議員(都に限らず、他の県議員や議会議員は)はほぼ確実に政治資金等を遊ぶ金等に使っているだろうね。(使っていないなら公開はできるだろうし。東京は問題が多いから、しばらくの間はこんなことでもしないと、絶対にまた問題が発生して次の都知事も2年位で辞めることになったりして。(笑)) そもそもこんな内容の事は都民やマスコミの側から立候補する人に提示するぐらいの勢いがなければ、本当に東京都や各都道府県を良くしてもらおうと国民たちが思っているのかどうかも不思議に感じてくるのだがな。この発言は日本の国民全てに対して発言しているのだがなあ。(私のような発言ができない諸君は、本当は知事や議員や政治家の皆さんには、税金を遊びに使って国をぼろぼろにしてくださいと思っているのかと邪推したくなってくるというものだ。(笑)(笑))

 私1人がこうやって発言していてもこういう問題を皆に伝えるのには限界があるので、どうか皆さんの中で(この不可思議な私が怪しいなら皆さんの誰かが発言した内容に変えてもよいので)この国をより良く住みやすく変えていこうと考えている者がいるのであれば、もっといろんな人にも私の考え方を伝えてほしいと思います。(手段は問わん。今までの発言内容でも良いと感じたものがあれば、私の存在は無視してもよいから話を伝えていってほしいと思う。)(ちなみにこの内容は近いうちに今の私の総まとめでも載せるつもりである。こんな下の方に書いてても見る事の無い人が必ずいるでしょう?)


 今回は雑記として書いてはいるが内容的には、今までの長文と変わりが無いように思うが、変化があるのはこれを書いている私オウカハルが気分的に気が楽な感じで書けるから、雑記(その時に思ったことを書く)という表現にしているが、長い物は長くなるという事だ。(これからは短い物が出てくる可能性もあると思う。思いたい。) では今回の雑記と言うのに長すぎる話はここで終わりにしたいと思います。皆様ここまで読んでいただきましてありがとうございます。(毎回読むの長くて時間を取りますが、見ていただけて私としてはうれしく思います。(例えちらっとだけでも良いのです。こんな世界に対しての改善策を出す者がいる事を知ってもらえるだけでも)) 終了
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0