So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

第799回 休憩 独民と天皇制度に関して雑記 [休憩]

 さて先に昨日の誤字修正しました。(結構大事な所。) そして今日は休憩回です。まあ休憩がてらに独民と天皇制度に関しての話を少し話しますけどね。

 さて本日の時事としましては、大阪での警察の大失態事件で逃走犯が大阪内でひったくりを連発しているという状況に発展しているようで、警察の失態ぶりも日々増加している状況にありますね。 これに関しては初期対応の酷さで苦情などが該当警察署に多数押し寄せているみたいですけど、当然の状況ですね。判明してからすぐに市民等にメール等で情報を知らせていれば、ここまでの大失態にまでならなかったのかもしれませんが、警察としてのバカのプライドが警察の使命を上回っていたのですから、これぞバカの極みですね。 あとついでに、この逃走犯はすでに何度も犯罪を犯している常習犯のようで、その中には女性を襲う犯罪も含まれた凶悪犯罪を繰り返しているという情報があります。何で司法の裁判によってこいつに重懲役を科せないのでしょうかね? だから犯罪者は調子に乗って犯罪を繰り返すのですよ。どうせこのタイプはほぼ何をされても反省する気は無いのでしょうから、現行法では無期懲役ぐらいにするのが妥当なのでは? 私の独民だと軽く数百年は突破するでしょうけど。(どんなに改心しても出てくる頃には、精魂尽き果てたおじいさんに。)
 そしてもう1つは今の喜び報道の陰に隠れていますけど、アマチュアボクシングの騒動が何やら秘かに収束したという情報があるようです。詳しくはまだ不明ですけど、何やら批判や反発などが大きかったのでしょうかね?

 さて休憩回の独民と天皇制度に関しての小話ですけども、私の独民のマニフェストには天皇制度にて女性天皇の制度を作る事と、天皇の政治参加復活について記載しています。今回はそれについての話を少し詳しく話していくという感じです。
 それに関して昨日は終戦の日だったようですね。私は戦後の者(平成生まれ)なのであまりその日に馴染みは無いのですが、日本にとっては歴史的な日という感じのようですね。それで天皇の言葉がどんどん強い思いの言葉に代わって行っているという報道もありましたけど、日本から好んで侵略戦争を仕掛けるようなことは今後断じてあってはならない出来事であるのは確かですね。また同盟国の侵略戦争に加担する事もあってはならない事ですね。 ですが戦争自体から全部回避する事は国である以上完全に回避する事は出来ません。それはなぜかと言えば、例え防衛だとしても相手が本気で軍隊等を用いて武力的に攻めている状況で日本が防衛の為に戦う事もそれは世界的に見れば戦争です。戦争という物は必ずしも両者がお互いにぶつかり合って始まる事だけではなく、相手が一方的に侵略したり略奪しようとして始まる戦争もあるからです。だから国を守る戦力を何かしらで有している限り戦争から完全に回避する事は不可能なのです。 だからと言ってその守る為の戦力を全部放棄すれば戦争から回避されるのかというと全然違います。戦争ではなくなりますが、その代わり虐殺や略奪などに遭って皆殺しのような目に遭うだけです。それは戦争よりも悲惨な状況であり、それを防ぐ為にはどうしても防衛の為の戦争の準備は必要不可欠なのです。かつての大虐殺を受けた者達や集団で奴隷化された者達は、そのほとんどが戦う力が無かった為に一方的に攻撃を受けて亡くなっていったのです。現在でも人種差別の問題や人同士の価値観の違いで突発的に争いは生まれています。その状況で戦力を全く有さないから誰からも狙われない道理はどこにもありません。ほんの些細な事だとしても、例えば周りよりも豊かな物を持っているだけでも一方的に攻撃を受ける対象になりかねないのですから。だから何かを守れるだけの戦力は必ず持つ必要があるという事です。 これはこの戦争終結の日にちなんで毎回のように戦争自体だけが悪者のように扱って、武力を放棄しようとバカな事を主張する人に対しての言葉です。 今もこの世の中でも多数の犯罪は常に発生していて、上の時事でも挙げたようにひったくり犯が普通に存在している世の中です。その状況で武力を放棄すれば引き起こされるのは、ひったくりによって金品その他を奪われて2度と戻ってこないというような状況に陥るだけという事です。世の中において戦争と呼ばれる事は常に存在している状況で、その存在を否定する事は間違った認識であると言えますね。ちなみに、スーパーのタイムセール等は人死には出ませんが、立派に戦争と同じ状況ですよね?(まあ状況によっては人死にが発生するかもしれない事はありますが。) それを皆さん止めることは出来ませんよね?(それ系に参加したことがある人に向けて。)

 さてそれでは独民と天皇制度に関しての小話をようやく始めたい(上?終戦の日にちなんだ話)と思いますが、女性天皇制度の確立については今までにも何度も語っている通り、日本に長く蔓延する男尊女卑の突破口の1つとして象徴天皇である天皇にも女性の立場と権利を普通の正常な事にするという事で、男女平等の象徴天皇の姿にします。ですが、それと同時に成人を迎えた後は天皇の皇族であることを辞めて一般民の様に普通に過ごす事も出来るようになる事をこれも男女平等に制度としてします。その際は一般国民と同じような状況になりますが、皇族の家族や親戚等とは多少の警備チェックは受ける形になりますが、それまでと変わらずに触れ合えたり出来るようにします。それは普通の国民の権利の1つでもありますからね。(今がどこまでの状況下は詳しく知りませんけどね。まあ今よりは緩いとは言えますかね。) まあ成人迎えた後というのは、これからの生活を皇族として仕事にするか、他の自分のやりたい道に進むのかを選べるようにするという事です。 これは日本国民であれば普通に受けられるはずの制度であるはずですよね? まさか天皇・皇族に生まれたから人種差別するとか言いませんよね? 私はそういう人種差別も無くしていく方向性なのですよ。 まあこの国が好きかどうかやこの国の人達が好きかどうかによる差別は行ないますがね。一方的に追い出そうと攻撃してくるような人まで受け入れる気はありませんから。(移民系に対して。)
 そしてもう1つの天皇の政治参加の復活ですけど、戦前辺りのような強い権限は与えません。あくまで1政治家としての権限に留めます。あの日本の悪しき戦争は上に立つ者として天皇の責任は当然あるでしょうが、その非道なまでの首謀者達は日本軍と政治家達にありますからね。奴らが天皇を利用して国民を支配下に置いた上での戦争です。天皇の責任が全くないとは断言しませんが、全ての責任を天皇に向けるというのも間違いでしょう。主に悪いのはA級戦犯とか国の執行機関の上位者達ですからね。それでその責任を取っての政治から追放ですけど、天皇が政治から離れても過去の悪しき歴史が繰り返されようとしているので、天皇が政治に参加しても別におかしい事ではないと言えるでしょうね。というよりも私が思う独民においては、天皇等の皇族もまた1国民であり、独民国会においては討論における関心のある国民たちも自由に参加できる状況としますから、それに天皇たちが参加できないのは人種差別に当たります。 しかしその状況で一般の政治家の選挙の立候補にも参加できるような国民権利を与えてしまうと、立場の特性上民主主義が崩壊する恐れもあるし、国民側と共にとは言ってもその人達の言葉ばかりで普通の国民が発言出来る機会を奪う事も民主主義としてはダメな事になるので、1政治家としての権限を与えて、1政治家として天皇政党の名目で政治に参加できるようにします。 ただし独民国会体制では、討論ごとに関係する政治家や専門家たちに関心ある国民たち等が集まって討論をしていく体制になるので、基本的に参加は自由という所も1政治家と同じという条件です。つまり天皇として参加すべきではないと思えば参加しなくても良いという事。また、その参加の是非に関しては国民の思いなども考慮していく形にします。まあ要は関心ある国民たちが討論ごとに天皇皇族の人達にも話し合いに参加してほしいかどうかの希望を聞いて、その討論が始まる前に天皇の人達にその状況を伝えて、参加するかどうかの目安の1つにしてもらうという感じですかね。 まああくまで国民や普通の政治家達と同じように全部の討論に参加する必要は無いというのが私の独民の基本制度ですけどね。ついでに言えば皇族であり討論の中身に意見や話がある状況なら誰でも国会討論に参加可能という条件にはしますがね。

 天皇にも同じ国の者という事で人種差別のない仕組みに変えたいというのが私の独民の1つでもあります。そこに通じる簡単なフレーズは、「天皇を開放する」ですかね。天皇という固定の人種差別から解放してより国民と共に良い国の発展に進めるようにする。これも私の基本改革の1つです。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 独民と天皇制度~終了~終戦の日と戦争
















 まあ私のこの主張には必ず賛否はあるでしょうが、否定する人たちは天皇を人種差別している人達であるという事は言えるでしょうね。 そしてその人種差別は悪しき戦争の道具にされる。私はそれを防ぐ意味合いでも解放としているわけですね。生まれた時から立場を全て決められて自由が無い状況ではなく、誰もが自由な選択肢を選び取る事が出来るようにする。そこに天皇だとか貧困だとか影響しない環境を作り出す事がさらに良い環境を作り出せると考えていますからね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第798回 現実+仮想現実のVRビジネスゲーム第8弾‐VR無差別級玉入れ&的当て‐ [魔法&ゲーム]

 さて久しぶりのVRゲーム回ですね。今回はだいぶん昔に出した新競技の無差別級玉入れのVR版ですね。そしてどこでも全年齢版という感じになっています。(VRだと重さのコントロールが行なえるようになるので。実感体感的な。)そして内容も的当てが追加されて、同じような動作で行なえる2つの競技を組み合わせるような形で、球どころの話ではなくなっていきます。

 さて時事に関しては朝から大きく取り上げているのは山口での行方不明児が3日ぶりに無事に見つかったという事で盛り上がっていますけど、私はその辺放置して、現在政府が配置を検討しているイージス・アショワに関しての話なのですけど、現在でも大きく配置予定とされている山口県と秋田県は住民たちが猛反発の状況のようですね。具体的にはどのような危険性があるのか等を軍事機密事項という事で一切教えてくれず、説明会がほぼ政府が押し通すだけのような形になっているせいで、住民たちの不安感が増大しまくっているせいですね。それを意にも介さずに強制的に沖縄基地と同じように配備しようとしているのが現在の安倍政権の行動方針のようですが、このままだと沖縄基地反対の状況に呼応する形で大規模な反対運動での政府との衝突が起きかねない状況を作り出しているような状況下にあり、安倍政権は主に国民との対立軸を生み出す政策が多い状況になっていますね。説明無き説明でもう説明終えましたという政府の対応は、真に独裁思考で国民の意見は聞こうともせずに全部政府の言いなりになれば良いという考えが透けて見える状況になっていますね。 そして主に安倍政権が国民との深い分断の溝を作り出しているというのに、他人のせいにしたり責任逃れをする事が本当に多いようで、まさに独裁者としての風格しか見られない状況になっていますね。 国民を守る為と言いながら実の所国民を傷つける兵器をアメリカから購入しようとしている行為はまさに独裁者であり売国奴です。 知ってますか?あの高額兵器を買う為に自衛隊の基本装備費等が削られて、自衛隊が動きにくくついでに事故が起こりやすくなっているという現実を。さらに言えば、今後も多発するであろう日本の災害に対応する力を安倍総理は削って高額兵器に使おうとしている事を。つまり国民の命よりもアメリカが大切だという安倍総理という事です。日本の災害に対してどんどん死者が出ればよいとか思う行動に他なりませんからね。

 さて暗い話は終えて、本題のVRゲームの話に移っていきますが、名称では玉入れ&的当てになっていますが、実際には無差別級の方が正しいというか基本的に投げられる物投げられない物全部まとめての投げる競技ですね。現実では球状の物で限定させていましたが、VRにする場合は特に形状や大きさで区分けする必要無く、最終的にはスーパーマンやウルトラマンみたく何でもかんでも投げられるようにします。車やビルにタワーや家に果ては山とかも投げられるようにしますが、まあ一般的なモラルや犯罪に該当しそうな行為に関しては行なえるけども、ペナルティが発生していくという仕組みで対処していきます。(ついでに「現実では違法です。」みたいな警告文も付けてね。) という感じの超フリースタイルスローイングゲームという感じですね。
 それで装着するVR機器(ウェアラブル)は必須の基本装備のバイザーと重さ等も感知体感できるグローブに同装備のシューズです。(あと場合によってはの追加装備で体部分と関節部分にも対応装備が作れると良いでしょう。) さて、グローブは基本投げる競技ですから必須だと思われるでしょうが、なぜシューズ?と思われる方が多くいるでしょう。今回は玉入れに加えて的当ても追加する形なので、蹴る競技等も加えられるようにする対応ですし、上に投げるだけが玉入れではなく、サッカーにおいてキックしてゴールにボールを入れる事も玉入れの一種だからという理由が強いです。 まあなのでサッカーのフリーキックの練習みたいな感じにも今回のゲームは用いれるわけですが、基本的な根幹部分がサッカーとは違う為、単純的な代用が可能というだけですね。 あくまで今回の競技の基本コンセプトは、手足等を使って物を指定場所等に入れる事や物体等に当てる事がメインのゲームですのでね。 ゲーム部分はとてもシンプルです。ただし、そこに現実とのリンクやレベルの上下システムに基本的な天候や重力設定等を掛け合わせると、無限の楽しみに繋げられるゲームとなります。 単純だからこそ誰でも簡単にゲームが出来るのだけども、意外とその中身は奥が深く長く楽しめる競技ゲームになります。

 さて、基本的なゲームシステムの説明の方に移っていきますけども、基本的な部分は球等の物体を手で持って投げたり足で蹴って指定された対象に対して物を入れたり当てたりするゲームなのですが、その他の要素としては、まず現実とのリンクにおいて基本的な状況は現実の状況の中にVRの仮想現実の中だけで表示される投げられる物等の物体を探して、それを様々な方法で入手した後に同じくVRでのみ表示される対象物に対して、物を投げ入れたりする事や対象物に当てたりする事でポイント(得点)が得られる仕組みにします。そしてどちらの物体においても街中等の現実の状況に対応する形でランダムでいろんなところに配置されて、どちらをも探しながらゲームをしていく形になります。また、簡単なコンパクトゲームモードとして、自分の手が伸ばせる範囲に物体が現れて、それを掴んで同じく自分が視認できる範囲にランダムで現れる対象物に向かって投げ込むというコンパクトゲームモードも用意します。これは主に現在自由に移動できない場所にいる人や、怪我や病気等で自由に動けない人でもゲームに参加できるようにする為のゲームモードだと考えてください。
 その他のシステムは現実との必ずしものリンクではないのですが、天候の影響を受けるようにしたり、ゲーム内だけで発生させたりして投げられた物体等がそれの影響を受けて方向が変化するという仕組みを追加すると良いでしょうし、基本は普通の重力が発生している状況で、アイテム等を使用すれば、一時的に重力を無効に出来るシステムなどを組み込むとさらにゲームの幅が広がるでしょう。さらに天候操作や重力操作に球等の物体や対象物等を近くに多く発生させたり、レアな物を発生させたりできるアイテムを追加するのも良いでしょう。そしてそのアイテムの獲得においてをビジネスとの連動部分にすればよいでしょうね。 それとさらに特定の店舗等では特定の物が発生しやすいという場の効果を出せるようにする仕組みとかも良いでしょう。
 そして最後にこのゲームにおいて重要なシステムが、レベルです。まあ基本的には何それ?と言われるでしょうが、基本的なステータスをレベルとリンクさせる事によってレベルがより重要な位置付けになります。それで、今回のゲームにおけるレベルの役割は、投げられる物体にもレベルを設定して、そのレベルに合わせた形でプレイヤーにその物体の重量を体感させる仕組みとします。 それで基本的には適正レベルというか同じレベルの物では現実感覚と同じ重量感覚で持てる仕組みとして、自身のレベルが上がるごとに持てる物体が増えて行く仕組みにします。まあこれは基本的なRPG要素ですね。そして自分のレベルが上がった状態で自分よりもレベルが低い物体を持つ際には、レベル差によりどんどん重さを感じないようになる仕組みとして、レベルが1離れるごとに重さが10%軽くなっていき、最終的には掴んだ感触等はあるものの重さ0の体感として投げられるようになります。(足で蹴る場合も同様。)ただし、レベルが低い物はいくらでも持つ事が可能ですが、自分よりもレベルが1でも高い物体に関しては持つ事や蹴る事が出来ず、すり抜ける状態になります。さらに自分よりも10レベル以上高い物体に関しては表示もされないようになります。これによってレベルが低い状態での物体等は少ない状況ですが、レベルが上がるにつれてVRでの視認できる物体や対象物が増えて行く仕組みとします。 このシステムによって通常は同レベルであっても重たい物等をレベルによって持てるように出来るシステムとなるので、レベルの要素が非常に重要視される事になります。そしてレベルの上げ方はゲームでポイントを稼いでいく毎に経験値が加算されていき、上がっていく基本的な形なのですが、レベルに関して私は上下といった事とペナルティの発生の言葉を上の方に入れましたね? その上下の意味とペナルティはレベルに深く反映される事になります。つまり言いたい事は分りますよね?ゲームにおいては基本的に何でも投げていく事が出来るようになりますが、ゲームだからと言っても現実に悪影響を及ぼすようなモラルに反する行為や犯罪の影響になりそうな行為(持つだけならセーフで、それを投げたり蹴ったりするとアウトという感じです。)の事をした場合は、「現実では違法です。」というメッセージ等と共にペナルティとして行為の状況に応じて経験値が勢い良く下げられてしまうペナルティの発生にします。それによりVRで見えていた物が見えなくなったり重量を感じる状況になったりします。(重量に関しては、ペナルティ後の一定時間物体等に触れられずにすり抜ける状態にさせて危険の回避とします。) そしてこのシステムにより、一般的な社会のモラルなどを勉強させる目的としても活用させる事が出来るゲームにもなります。

 そしてゲームの楽しみ部分としては、基本的には自由に物体を投げたり蹴ったりして楽しむのですけど、プレイ中の総合計のポイントを世界各地のプレイヤーと競ったり、タイムアタックでのポイント勝負にしたり、同時間帯での特定のエリアにおいてのポイント勝負をしたりという感じでゲームをしていく形になります。総合計は基本的に通常プレイとして自由に遊びながらポイントを稼いでいく状態ですね。 そしてタイムアタック等はレベルの上限設定等が行われたりする形で行なう形にして、ゲーム中でも経験値を得られるのかどうかも設定できるようにすれば良いでしょう。あとは追加の仕組みとして、スポーツ等の競技だと説明早いのですが、投げる物体等とその対象物が同じ共通の物である場合は、ポイントや経験値が増える仕組みも追加すると良いでしょう。(サッカーであればサッカーゴールやバスケであればバスケゴール等。)
 そしてペナルティ後はしばらくポイントや経験値が低くなったり、アイテム等によって上昇値を上げたりも出来るようにするとなお楽しく出来るでしょう。
 あと、コンパクトゲームの方では遊びが簡単になるので、経験値は低めにします。ついでにポイントも低めにして、通常プレイとコンパクトプレイを分ける形にすると良いでしょう。経験値とレベルはリンクしますが。

 それでこのゲームは先程も言ったモラル等の勉強用にも子供の遊び用としても大人の遊び用としても怪我人等の暇つぶしとしても高齢者の遊びやボケ防止等の遊びとしても自由に活用できるゲームとなるでしょう。 まあ基本の動作が誰でも分かるし、少々ボケても教育的知能が低くても楽しめる競技であるので、誰でも楽しめる全年齢対象競技として活用して行けるでしょう。 そして基本的な所のゲームとしてはフィールド等をくまなく移動したりする競技となるので、集団での乱戦バトルや公式な国際的なスポーツにする事も十分可能でしょう。誰でも参加可能なスポーツとしてね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 VRゲーム~終了~VR無差別級玉入れ&的当て
















 基本的に球等を投げたり蹴ったりする競技体系なので、いろんな競技や球技等の簡単な部分を入れたりする事も可能です。VRなので複雑な球種コースを用いたりするのは難しい(できなくはないが、そこに重くなるプログラムを詰め込むのもね。そういうのは本格的なVRで導入すればよいわけですし。)ですが、基本的な要素によるものであればいろいろと追加できるでしょう。 ああそれと、投げるだけでなく、道具持ってかっ飛ばすという形を追加しても面白いでしょうね。あくまで追加要素ですが。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第797回 徳島県 阿波踊り 総踊りを揉めて市長と踊り手の戦い勃発 [政治経済改革]

 さてそろそろVRゲームの新作の前にこちらの時事ネタが気になったので、徳島の阿波踊り騒動に関していろいろな解決策交えて解説していきます。

 さて本来はここに時事を入れる所ですが、新作VRゲームの小出しを少し。これは以前人気の回になったある競技のVRバージョンです。ただ、ゲームや競技としてのレベルと質は現実を遥かに超えるレベルになりました。ついでに現実だと難しかった全年齢対象(現実だと重さがね。)にもなるので、より楽しい競技に成り得るでしょう。という予告情報です。さて何の競技かは少し考えてみるのも良いでしょう。ヒント 運動会でよく見かける。

 さて本題の時事ネタの話に移っていきますけども、今回の問題は主に市長VS人気踊り手たちと市民や観客たちという上の人達VS下の人達のような感じにも見られる構図です。 まあそれで起きたのが徳島県で毎年行われる阿波踊りのラストの見せ場の総踊りと呼ばれる物を行なうかどうかという所で、市長たちは主にお金の件で会場の席の売り上げが見込めないからと言って市長たち独断による強制的な総踊り中止を勝手に取り決めましたが、それに一部の踊り手たちが猛反発をして、一昨日は寂しい状況に終わりましたが、昨日は市長側の猛反対を押し切っての強行の独自開催で総踊りを本来行なっていた場所とは違う場所で行なって大盛り上がりを見せたことで、対立の問題はさらに深くなってしまっているという状況のようです。
 なぜこんな状況になっているのかと言えば、もともとの問題はこの祭りにおいての収益性が低くて赤字額の累積問題を市長側に追求されて、市長側の強制介入で収益性を高めるといった目的で行なわれたことなのですが、市長側は踊りの歴史と良い伝統は金にならないという判断で勝手に中止にして、4か所ぐらいある踊りの会場それぞれに人気の踊り手たちを振り分ける形での開催なら収益性が見込めると感じて総踊りの中止と新たな踊りの形を進めたわけですが、それらにまつわる事はすべて金金金という祭りの事をお金の為に行なう事だと勘違いしているかのような状況で、市民や観客の喜びや何よりも踊り手たちの気持ちを何1つ鑑みずに祭りの全てはお金でしかないという決めつけで行なった事が今回の問題の発端部分にあるのでしょうね。
 収益性はもちろん必要な事の1つかもしれませんが、祭りに関して1番大事で重要視される事は市民や観客が喜んで何よりもそれに携わるメインの人達も喜べて楽しめる状況にする事だと思います。そんな祭りにとって1番大事な事を忘れたからこの問題は大きくなり、市民や観客の喜ぶ顔が見たいからと踊り手たちは総踊りを強行したのでしょう。もちろん総踊りの効果によって生まれる物を踊り手たちも得たいからというのも含まれているようですけどね。(一緒に踊るという絆)

 そんな感じで市長たちが金儲けの為だけに企んだ祭りは現在当初の予想よりも大幅に質の落ちた状況で客入りの減少が酷い状況にあるようですね。誰が為の祭りか分からないで市長やっているのでしょうかね? 全てはお金としか考えられない市長は辞めるべきでは? 市民の為に行動出来ない市長は要らないでしょう。 それに客入りが落ちている当然の理由としては、市長が放った総踊りの中止の言葉の影響が相当酷く関係しているのですからね。みんなが思う強い願いの気持ちをお金の為にならないと言って切り捨てた事の当然の結果でしょうね。 この後の状況がどうなるのかはまだ分かりませんが、このまま総踊りの歴史と文化を根絶やしにしようと行動すれば、それは収益性の急落によって自分たちに跳ね返ってくる事になるでしょうね。まあ市民や観客に踊り手たちの気持ちや願いを全部切り捨ててその文化を滅ぼす事が目的であれば別ですがね。まあやろうとしたら確実に暗殺されそうですが。

 さてそんな感じで状況を整理したり語ってきましたけども、お金に関しては祭りを存続させて行く為にも必要な物であることは確かであり、収益性もある分には多い方が良い事もあるでしょう。ただしそれで祭りのメインを無くすのでは何の意味もないので、それを何とか出来る解決策を考えなければならないのですが、現在の底の市長はお金の亡者的バカな考えしか思いつかない様なので、私がいろいろと策を話していきます。その中で良さそうなのがあれば、今回の問題の中心部にいる人達やその他の祭りの運営で悩んでいる人達にも教えて見たらよいでしょう。

 あの祭り系に関してで言えば、決まったルートがあって会場も設営して有料席にて収益性を取ろうとしているようですけど、単純にルートを長めに取って、その分会場の席数も長く増やしたらより収益性は上がるでしょう。それで採算性の取れない場所は縮小させる動きにすればよい。もしくは総踊りのルートを1筆書きのような形で全会場を回れるような感じにして見るというのもありでしょうね。その長さであれば、後ろの方に普段は参加できない踊り手たちも参加させられるように出来るでしょうし、会場以外では普通に行進するといった感じで、さらにメインの最後の会場では他の会場よりも何かしら付け加えるなり派手にするといった感じで、全体で盛り上げるという方向にもする事は可能なのじゃないでしょうか? もちろん踊り手たちの体力等も考えて、時間配分はうまく設定して、全体で楽しめる形に出来れば、分散会場でも収益性は高められると思います。

 そして一般的(既にある仕組み等の活用)な考え方で言えば、行政等が介入しない形ならクラウドファンディングという形で世界からお金を集めて開催していくという方向性がありますし活用している場所があるようです。 さらに行政が介入をする(しなくても良いけど)のならば、こんな時の為の「ふるさと納税」を活用するという事にはできないのでしょうかね? ふるさと納税にてお祭りを総踊りを存続して行く為の資金を募る形でお返しは祭りのより良い楽しみで返すとか席に数はあるけど、有料会場の席の割引券を発行するなりも考えられるでしょうね。もしくは単純にその祭りの期間のみ使える割引券をお返しにするという事でもお祭り効果の副産物による活性化をより高める効果にも繋げられるでしょう。 それにこの形でお金を集めるのであれば、さらなる祭りの状況の発展にも力を注いでより祭りを楽しく喜ばせられるようにもしていけるのではないでしょうかね? それこそが故郷や田舎に対しての最高の恩返しに出来るのではないでしょうかね。
 ふるさと納税をこんな形で展開して運用していく事が全国レベルで出来れば、それはまさに正しいふるさと納税の在り方に出来るのではないでしょうかね。 お返しというか返礼品はその祭りなどの全体的文化のような楽しみで返してもらうという方向が良い方向なのではないでしょうか? まあ私の個人的主観も入っていますが、この考え方はどうなのでしょうかね?


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 阿波踊りの総踊り~終了~ふるさと納税
















 やはりふるさと納税はその地域の歴史や文化に祭りなどを存続させてより発展させていく事に力を注ぐべきではないのかと考えますね。 その方向であれば必然的に過剰なお返しを期待する人も少なくなるのでは?だってその金額以上のお返しはその存続や発展などに投じてきた事でたっぷりと返されるのでしょうからね。それにそれの存続に力を貸したみたいな事での守っていくという一体感のような物も芽生えそうですしね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

桜国回 マニフェスト 目次録 [初めての方へ]

 この回は主にマニフェストの目次用の回です。
 それで基本的な閲覧方法としては、 第何回 月日(西暦/月/日) 特徴的なメモ
 という順で記載していきます。(今後他の項目が追加されるかもしれませんが。)
 ちなみにこちらもマニフェスト同様更新型の回です。ただしマニフェストよりは更新ペースは低めです。

 レベル2 (バージョンのレベル記載) 18/8/17

 第5回  2016/6/12  消費税
 第15回 2016/6/23   独民 衣食住最低保障
 第18回 2016/6/26  男女平等ハーレム法案
 第21回 2016/6/29  ニュートロンジャマー
 第26回 2016/7/4  小中高完全無償化
 第27回 2016/7/5  特化型教育
 第34回 2016/7/12  犯罪者重罰
 第37回 2016/7/15  タバコ増減税
 第38回 2016/7/16  選挙の民主化
 第39回 2016/7/17  女性天皇
 第40回 2016/7/18  犯罪者重罰
 第53回 2016/7/31  オリンピックのドーピング防止
 第58回 2016/8/5  不要な子供買い取り制度
 第63回 2016/8/10  警察の取り調べの透明性向上策
 第68回 2016/8/15  特化型教育
 第69回 2016/8/16  災害回避の浮かぶ家
 第70回 2016/8/17  特化型教育
 第79回 2016/8/26  選挙の民主化
 第81回 2016/8/28  歩きスマホ根絶策
 第84回 2016/8/31  登山遭難対策
 第85回 2016/9/1  独民 民主国会
 第86回 2016/9/2  独民 民主国会
 第87回 2016/9/3  VR授業
 第89回 2016/9/5  独民 民主国会
 第92回 2016/9/8  滞空型対空迎撃レーダー
 第99回 2016/9/15  消費税
 第116回 2016/10/2  独民
 第119回 2016/10/5  滞空型対空迎撃レーダー
 第122回 2016/10/8  犯罪者重罰 男女平等専用車両
 第123回 2016/10/9  無人機防衛体制
 第126回 2016/10/12  無人機の高齢者・要介護者対応
 第130回 2016/10/16  無人機防衛体制
 第132回 2016/10/18  災害救助に無人機 原発作業に無人機
 第136回 2016/10/22  安楽死の薬制度
 第140回 2016/10/26  麻薬天国地下都市
 第141回 2016/10/27  勝手踏切対策
 第143回 2016/10/29  衣食住最低保障農業 土と森のダンジョン
 第144回 2016/10/30  独民
 第145回 2016/10/31  移民難民の地下都市
 第149回 2016/11/4  学校給食の食堂化
 第152回 2016/11/7  無人機農業
 第156回 2016/11/11  独民
 第168回 2016/11/23  独民
 第170回 2016/11/25  牢獄都市
 第173回 2016/11/28  独民
 第174回 2016/11/29  麻薬天国地下都市
 第176回 2016/12/1  犯罪者重罰
 第179回 2016/12/4  電車内での商業自由化
 第183回 2016/12/8  いじめられた子供に高待遇制度
 第184回 2016/12/9  カジノのテーマパーク化&ギャンブル依存症対策
 第185回 2016/12/10  カジノのテーマパーク化&ギャンブル依存症対策
 第186回 2016/12/11  カジノのテーマパーク化&ギャンブル依存症対策
 第190回 2016/12/15  女性天皇
 第194回 2016/12/19  ふるさと納税の健全化
 第195回 2016/12/20  風力エンジン
 第203回 2016/12/28  特化型教育
 第205回 2016/12/30  ホームレス大掃除
 第211回 2017/1/5  選挙の民主化
 第217回 2017/1/11  犯罪者重罰
 第222回 2017/1/16  犯罪者重罰
 第225回 2017/1/19  オリンピックメダル報奨金制度
 第230回 2017/1/24  雪下ろし道具
 第232回 2017/1/26  自転車強制回収
 第236回 2017/1/30  ストーカー対策民間ボディガード
 第238回 2017/2/1  衣食住最低保障
 第241回 2017/2/4  酒税増減税
 第243回 2017/2/6  衣食住最低保障
 第257回 2017/2/20  属性バリア
 第261回 2017/2/24  犯罪者重罰
 第266回 2017/3/1  衣食住最低保障の保育システム
 第283回 2017/3/18  電車内での商業自由化
 第285回 2017/3/20  食品廃棄の減少禁忌の法
 第292回 2017/3/27  通学路の安全確保に無人機
 第302回 2017/4/6  輸入動物や飼育放棄に対する増減税
 第305回 2017/4/9  輸入動物や飼育放棄に対する増減税
 第323回 2017/4/27  風力エンジン
 第324回 2017/4/28  犯罪者への罰し方
 第326回 2017/4/30  犯罪者への罰し方
 第327回 2017/5/1  犯罪者への罰し方
 第328回 2017/5/2  男女平等専用車両
 第337回 2017/5/11  受動喫煙防止&安全喫煙マスク
 第338回 2017/5/12  犯罪者重罰
 第340回 2017/5/14  デジタル図書館
 第342回 2017/5/16  男女平等専用車両
 第351回 2017/5/25  犯罪者への罰し方
 第356回 2017/5/30  浮遊都市
 第360回 2017/6/3  原発のゴミの処分方法
 第369回 2017/6/12  海上都市
 第371回 2017/6/14  海上都市
 第373回 2017/6/16  海上都市
 第375回 2017/6/18  海上都市
 第378回 2017/6/21  特化型教育
 第379回 2017/6/22  教育デジタル端末
 第380回 2017/6/23  教育デジタル端末
 第381回 2017/6/24  海上基地
 第382回 2017/6/25  教育デジタル端末
 第383回 2017/6/26  海上都市
 第386回 2017/6/29  特化型教育
 第388回 2017/7/1  特化型教育
 第389回 2017/7/2  海上都市
 第397回 2017/7/10  ヒアリ殲滅作戦
 第400回 2017/7/13  逃走シェルター
 第401回 2017/7/14  クイックエレベーター
 第406回 2017/7/19  天然養殖海上都市
 第410回 2017/7/23  地底湖
 第419回 2017/8/1  海上都市
 第429回 2017/8/11  浮遊都市
 第431回 2017/8/13  浮遊都市
 第438回 2017/8/20  文字翻訳メガネ
 第439回 2017/8/21  メガネ+補聴器&翻訳機
 第440回 2017/8/22  近所迷惑防止法
 第441回 2017/8/23  犯罪者への罰し方
 第442回 2017/8/24  浮遊都市
 第443回 2017/8/25  子供の夏休みの宿題簡素化
 第449回 2017/8/31  海上都市
 第461回 2017/9/12  冷気力発電
 第466回 2017/9/17  振動&重量発電
 第469回 2017/9/20  音楽発電
 第470回 2017/9/21  水進力発電
 第471回 2017/9/22  電気自動車用充電道路
 第478回 2017/9/29  大地力発電
 第485回 2017/10/6  独民
 第486回 2017/10/7  待機児童&保育所問題
 第487回 2017/10/8  選挙の民主化
 第489回 2017/10/10  国家借金0
 第490回 2017/10/11  選挙の民主化
 第494回 2017/10/15  太陽光発電LvUP
 第495回 2017/10/16  衣食住最低保障
 第496回 2017/10/17  国家保証人&国家金融制度
 第500回 2017/10/21  国防軍&災害救助軍
 第504回 2017/10/25  磁力の盾
 第514回 2017/11/4  堅牢の部屋
 第515回 2017/11/5  配送再配達防止策
 第524回 2017/11/14  海底都市
 第531回 2017/11/21  人工滝発電
 第533回 2017/11/23  教育での身体的差別反対
 第536回 2017/11/26  学校基本校則の変更 いじめ対策
 第541回 2017/12/1  国家討論体制
 第542回 2017/12/2  冷却消火爆風弾
 第544回 2017/12/4  台風発電&防護
 第552回 2017/12/12  公園に無人機
 第553回 2017/12/13  大雪発電一部
 第561回 2017/12/21  超電磁砲交通
 第562回 2017/12/22  病院に無人機
 第564回 2017/12/24  ギャンブル依存症治療
 第566回 2017/12/26  レンタルシェアガードシステム
 第570回 2017/12/30  NHK受信料撤廃
 第583回 2018/1/12  地下道
 第584回 2018/1/13  モグラハウス
 第589回 2018/1/18  犯罪者への罰し方
 第597回 2018/1/26  従軍慰安婦問題の永久解決
 第602回 2018/1/31  酒税増減税
 第607回 2018/2/5  地下歩道
 第608回 2018/2/6  原発から自然発電 衣食住最低保障
 第609回 2018/2/7  保育 教育
 第610回 2018/2/8  衣食住最低保障
 第611回 2018/2/9  タバコと酒増減税 衣食住最低保障
 第617回 2018/2/15  衣食住最低保障
 第620回 2018/2/18  男女平等車両
 第621回 2018/2/19  法人税特別減税
 第622回 2018/2/20  近所迷惑防止法
 第624回 2018/2/22  犯罪者重罰
 第626回 2018/2/24  衣食住最低保障
 第628回 2018/2/26  地下歩道
 第632回 2018/3/2  国民栄誉賞の判定基準
 第636回 2018/3/6  車の運転免許証認証式運転システム
 第639回 2018/3/9  不要な子供の買い取り制度
 第640回 2018/3/10  原発解体方式
 第641回 2018/3/11  津波対策の人工滝発電
 第645回 2018/3/15  人工滝発電
 第652回 2018/3/22  VR車
 第654回 2018/3/24  移民不法移民特別税
 第659回 2018/3/29  移民難民受け入れ態勢
 第660回 2018/3/30  移民難民受け入れ態勢
 第669回 2018/4/8  死刑制度の廃止
 第673回 2018/4/12  普通の街中警戒の警察官の拳銃の所持禁止
 第681回 2018/4/20  刑務所からの逃走防止のおしゃれな首輪5点セット
 第695回 2018/5/4  犯罪者への罰し方
 第696回 2018/5/5  子供の夏休みの宿題簡素化
 第697回 2018/5/6  VRバイザー型デバイス
 第698回 2018/5/7  VRバイザー型デバイス
 第699回 2018/5/8  空き家問題の早期解決法律
 第700回 2018/5/9  空き家問題の早期解決法律 登下校の安全に無人機
 第701回 2018/5/10  VR教育
 第704回 2018/5/13  セクハラの判定基準
 第712回 2018/5/21  医療現場でのVR&AIロボット活用
 第717回 2018/5/26  高齢者・介護でのVR&AIロボット活用
 第718回 2018/5/27  セクハラの判定基準 死刑制度の廃止
 第720回 2018/5/29  マンション等の騒音問題対策法
 第721回 2018/5/30  使い捨てプラスチック対策法&自然プラスチック活用策
 第725回 2018/6/3  犯罪者への罰し方
 第733回 2018/6/11  新幹線の指定と自由の車両切り離し
 第736回 2018/6/14  土と森のダンジョン
 第739回 2018/6/17  新・働き方改革案
 第740回 2018/6/18  麻薬天国地下都市
 第742回 2018/6/20  小型人工滝発電 地下歩道
 第743回 2018/6/21  暴力団天国地下都市
 第744回 2018/6/22  多レンズ構造調節方式型メガネ
 第746回 2018/6/24  喫煙タバコ天国の地下都市
 第748回 2018/6/26  普通の街中警戒の警察官の拳銃の所持禁止
 第749回 2018/6/27  水流循環式ウォーターベッド&マクラ
 第751回 2018/6/29  保育所に無人機
 第755回 2018/7/3  発電
 第756回 2018/7/4  特化型公務員募集制度
 第758回 2018/7/6  河川氾濫対策の人工滝発電 建築現場の完全無人化
 第761回 2018/7/9  地下歩道+水路
 第764回 2018/7/12  モグラハウス 地下歩道 地下車道
 第765回 2018/7/13  海上都市 人工滝発電
 第766回 2018/7/14  地下通路+ライフライン
 第767回 2018/7/15  VR授業 特化型教育
 第771回 2018/7/19  ドローンの影の日常化
 第772回 2018/7/20  浮遊都市
 第773回 2018/7/21  天然養殖海上都市
 第784回 2018/8/1  自転車のマナー違反取締法
 第786回 2018/8/3  学校給食の食堂化
 第788回 2018/8/5  防災省
 第793回 2018/8/10  超電磁砲 ニュートロンジャマー
 第794回 2018/8/11  登山遭難対策
 第795回 2018/8/12  日本の防衛 沖縄基地問題
 第797回 2018/8/14  ふるさと納税
 第799回 2018/8/16  女性天皇 天皇の政治参加


 VRスポーツ&競技(次回更新以降)

 終
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第796回 猛暑対策 自動打ち水効果タイル [新アイテム開発]

 さて今回は熱中症・猛暑対策に戻ったアイテムのアイデアの紹介です。ただし仕組みはすごくペラいというか簡単です。設置もそんなに難しい事ではないでしょうから、日本全国に配備して行ければよいかな?(まあそんなの必要無い所もあるでしょうけど。高地や海が近い場所等。)

 さていつもの時事ですけど、アマチュアボクシングは本格的に問題の第2ラウンド開幕といった状況になっていますね。結局終身独裁会長は連盟などに居座り続けて牛耳ろうと画策しているようですし、側近幹部たちや周辺理事たちもその独裁の恩恵にあやかろうとしたりする者ばかりで、日本のアマチュアボクシング界に明るい兆しは見えなくなってきている状況ですね。それに何やら審判不正の問題はあの終身独裁会長が世界にも幅を利かせているようで、山根マジックと呼ばれる物が世界大会でも発動している感じで、今度の日本オリンピックでも普通に使うというような感じで発言しているようですね。もうあの連中がいる限りアマチュアボクシングに公平性は一切無い皆無の状況であると見てもいいでしょうね。それはもはやスポーツの体を成してはいないし、それは不正という名のドーピングをオリンピックで堂々と日本がやると公言するような物であり、オリンピックを侮辱する者共でもあるという状況になっています。こいつらは近い内に反撃すると言っていますが、その中身も自分たちの不正ありきの反撃材料のようで、自爆攻撃のような感じになっていますね。それで崩壊してスポーツの体も無くなって人気も全く無くなった所で支配して裸の王様にでもなるのが目的なのでしょうかね? もしくは暴力団たちが行なうスポーツ競技にでも変える気でしょうかね?  この状況に対抗するとしたら、オリンピック委員会とも協力する形で、一旦オリンピックから種目を削除してもらい、終身独裁会長ら周辺人員も含めて全員アマチュアボクシング界からの永久追放辺りにしていなくならない限りは、オリンピックの復帰はあり得ないという条件設定にしたらどうでしょうかね? まあそれを日本だけに設定しても良いでしょうけどね。 どうせ不正判定しか行われないような状況では行なう意味は無いですから、正式競技の形としては全面禁止の方向にしたらよいのでは? まあ趣味で選手個人などが行なう分には自由という感じで。
 さてもう1つの時事は、大阪の警察さん達が今度は重大なミスを犯して、拘留中の凶悪犯人に逃げられたという情報が出ていますね。なんでも弁護士との面会中に完全放置状況で気付いたら逃げられていたというオマヌケ状況で、現在全国指名手配で行方を追っている最中のようですね。それにしても4月頃にも似たような事が起きましたけども、犯罪者を逃がす事が警察の仕事ですか? 今回もそうですけど、対応がアホすぎますね。もう少し警察機関の人間としての危機感を持った考え方の行動に出来ないのでしょうかね? 今回はブザーの所に電池入れ忘れていたというようなアホな状況になっているようですけど、せめて出入り口(部屋のではなく、それに通じる所)の辺りには最低でも1名は人員もしくは無人機のセンサーぐらいは配置しておくべきでしょう。 そして弁護士にも出る際は声掛けなどを厳命にさせて、それを怠ればしばらく出入り禁止ぐらいの対応にするとか必要でしょうね。もしくは弁護士などと接見できる部屋の必要な出入りの通路部分には、警察だけが開閉できる扉を設けて、警備を厳重にさせる等の仕組みも必要でしょうね。(刑務所と似たような形ですね。) あとは、逃走の恐れがあるような場所では、発信機仕込み済みのおしゃれな首輪等の装着を義務付けさせる用の仕組みにすれば、万が一逃げられてもすぐに後を追えるように出来ますし、そもそもの逃げる気すらも消失させられるでしょうね。 重要参考人とか以外で捕まえた人に対しては、最低でも1つの発信機仕込み済みの首輪を付けさせるべきでは?(首輪と言っていますが、付けられる箇所は首に手首に足首とありますから、犯罪の程度によっていくつ何処に付けるのかをあらかじめ決めておけば良いでしょう。足首であれば大して目立ちませんし。)

 さて最初にも言いましたが時事が長い時のお馴染みパターンですけど、本題は簡単な内容です。
 それで、自動打ち水効果タイルという事ですけど、タイルと言っていますが、基本的な歩道にある部分という扱いでそこに人工物で歩きやすく出来る物であればなんでも良いです。 そして打ち水効果は今政府等も実験検証に入っている内容で、かなりの効果が見込まれるとして次の日本オリンピックでも使われるようです。それに大阪等でも打ち水効果を長く持続させられるタイル等が配置されて、その効果を実証されてどんどん増やしていく方向のようですし、打ち水の重要性が再度注目を集めているようですね。
 そこでの私のアイデアなのですけど、いちいち水を撒いたりして打ち水効果を発生させるのは面倒ですよね?東京の方では園芸や畑用の水まきチューブ等で全体に広げようとする工夫がされていますが、全体的な効果は低くなりますし、その放水に当たる人等も出て後々問題が発生する可能性も出て来るでしょうから、新しいタイル等の形を考えて作り出した方が良いでしょうね。 そこで提案するアイデアが、タイル等に水を良く吸収させられる効果にするのは上から水を撒く際に必要な事ですが、それを下からでも良く吸収させられるようにして、タイル等のすぐ下に水を流せる仕組みを用意します。もしくは、タイルに連結させる形で細かな放水管を地中から地表のタイル等に直接当てて広げる形にして、水を無駄なく効果的にタイル等に広げてまんべんなく打ち水効果をタイル等に発揮させられるようにすれば、簡単に打ち水タイルの効果を出す事が出来るのでは? それも全ヶ所で一斉に発揮させる形に簡単に出来るようになるでしょうね。それを機械コントロール式に出来れば、好きな場所に好きなタイミングや時間で打ち水タイルでの効果を出す事が出来るようになるでしょう。 この方法はそんなに難しい話ではないですよ? まあ難点はその分の水量が必要になるという事でしょうかね。 あとはその辺を破砕させると、水浸しになってしまうという感じでしょうか?(まあそれを察知してすぐに止められる機構も付けられると非常対策としても万全に出来るのでしょうけどね。 ただコストがその分増える。)

 まああったら基本便利になる物ではあるでしょうけどね。そして意外な効果として、温水を流せるようにして、歩道面の雪解け効果にする事も?(冬仕様)


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 おしゃれな首輪~終了~自動打ち水効果タイル
















 さてここらで皆さんにとってはどうでも良い内容かもしれませんが、私のマニフェストの所が暫定的にマスターアップしました。(少し前までの回までは基本的に全部入れました。) あとはもうしばらくして、回毎の日付メモ目次欄を作って月日で探しやすくする調整を行なうぐらいですね。 マニフェストは、レベル1の時と比べると、最低でも5~6倍くらいには内容量がボリュームアップしているので、1だけ見た方などは再度見て見ると良いかもです。(というかマニフェストの方にだけ書き込んでいる内容も結構ある。) まあ目次が出来上がるまでもう少し待っても良いかもですけど。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第795回 たかじん委員会 日米地位協定等と日本の防衛能力 [日米地位協定]

 さて今回はたかじん委員会での主に日本とアメリカの関係性を表す特集でしたけど、後半の会話はかなり時代遅れな古い会話になっていましたね。防衛能力にいつまでも高いお金やミサイル頼りに人がたくさん必要とか、何世紀前の軍事的な話でしょうかね? 現代の科学技術や私が考える未来的な戦略思考からはすごい時代遅れな討論が繰り広げられていた感じですね。 防衛に頼る形では、人はあまり要りません。それに防衛能力をしっかり固められて、向かってくる物全てを完膚なきまでに叩き伏せられるほどの防衛能力があれば、敵基地攻撃能力は不要です。向かってくるであろうミサイルや戦闘機に軍艦に潜水艦等も含めた全てを尽く叩き撃ち落とせれば、攻撃するだけ無駄という事になるでしょうし、それによる世界的なデメリットの影響により、いずれ攻撃する事が出来なくなるでしょう。相手が一方的な侵略戦争で攻めてきた場合にはね。

 さて今回は時事ネタにするものが無かったのでさっさと本題の方に行きます。(無いことは無いけど、皇室での結婚事情に挟む口は特に無いのでね。)

 という事でさっさとの本題ですけど、上の方は私の考える軍事戦略の1つですけど、本題の方は主に日米地位協定の内容を重視で行きます。 それで、日米安保条約の話は地位協定とも被ってくるので省きます。まあ私は含めて安保条約や地位協定が憲法よりも事実上上位に来ているという見方ですが。砂川判決と呼ばれる事件に関しては、どちらにせよアメリカ軍基地の土地内に無断で入ったことが事実であるのならば、それは罰せられて当然の判決だと思いますけどね。日本国憲法だって相手の家等に勝手に入ったら犯罪ですしね。住居不法侵入で。 まあ私は当時の詳しい状況をあまり詳しく理解出来ていないので、客観的な第3者目線のような見方ですけどね。
 それで日米地位協定の事に関しては、パネラーの皆さんやアメリカのゲストの人達とおおよそ同じのかなりの分野において改善していく事が必要と言う見方ですね。まあ一部元防衛省の国民の考えとは乖離している人が猛反発していましたけども、あれは政府の飼い犬の発言です。今の政府状況は大きく国民の気持ちとの乖離が激しいので、あの人の発言はあまり良い内容とは言えませんね。というか主に沖縄県民の人達を救おうと思う心が全く無いと言って良いでしょうね。ひいては国民を救おうとか言う気も全く無いと言える状況ですね。現状今だって事実上アメリカの植民地支配を受けているも同じ状態なのにそれを甘んじて受け入れている言葉や態度ですからね。日本をより良くしていこうという志が微塵にも感じられません。まあそれは今の政府の状況にも言える事ですがね。
 話が少々脱線しましたが、ゲストのアメリカ人の左側に居た人(名前忘れた。頭文字がたしかロとエの人。)の言う事での日米地位協定の変え方が大体あっていると思いますね。 法律やらなんやらも日本で管理できるようにして、今の日本の警察対応というか司法の体制の透明化も当然のように必要な対策でしょうね。 私のマニフェストの方では大体それらしいことの記述はしていますが、弁護士やらマスコミの立ち合いは徹底させて、自白などの有効性も低くするべきでしょうね。私としては自白による罪の決め方では、最高5年の考え方になっています。それ以外の物的や状況証拠でかなり確定の物が何もない状況で自白だけの場合には、どんな大犯罪だろうとも懲役刑は最高5年までとする形に私なら変えますね。(まあその上で完全無罪であまり苦にならないと思う反省を証明できるのであれば、私の方法で1,2年で刑期終了になるでしょうね。独民では。) もっとその辺りの透明性と取り調べの平等性を日本も海外に負けないほど引き上げる必要性はあるでしょうね。 ああついでに私であれば死刑制度も廃止の方向ですしね。 そうですね。自白だけの案件は私の考える罪の償わせ方は一律で週間単位の反省文にしますかね。一見簡単中身は結構大変な内容です。それで自白だけで後に無罪を訴える場合は、その内容文を反省文の中に書き加えて綴っていく形ですかね。 これは甘いと思われる方もいるでしょうが、証拠を何1つ取ってこれなかった警察側の責任という事にします。自白だけの重罪はふざけた内容ですよ。大半は冤罪なのではないでしょうかね?警察が楽したいが為の行動では?

 まあ日本の警察と司法の問題はひとまず置いておいて、日米地位協定はなるべく対等な感じになれるように海外の成功例を基準にして考え直していく方向性で行くとして、それにおいて日本がすべきことで必要な事は司法以外に日本の防衛能力の方でしょうね。たかじん委員会の最後の方でも最終的にはアメリカは守ってくれないという形に近い形になるでしょうから、どうしても日本を自分たちで守れるだけの強固な防衛能力は保持する必要があるでしょうね。その為に必要な憲法の改正は行なう必要はあるでしょう。アメリカが突如日本を見捨てた場合、日本はたちまち何処とは言いませんが侵略国によって火の海にされるでしょうからね。自衛隊の戦力では本格的な軍隊とは勝負にならないでしょうから、虐殺の限りが平気で横行する火の海であり死の国へと変貌する事になるでしょうね。もしくは完全独裁者による植民地支配で、日本人全員侵略国の奴隷扱いで酷い有様になるでしょう。そういう危機感を抱いていない平和ボケのアホ共は日本に結構いますがね。古来より人が他所を侵略するのは豊かな物がある事が条件でそれを一方的に欲しいと思うからの行動です。つまり日本に資源や技術がある場合それをどのような手段を用いても奪おうと考える者共は必ず存在するという事です。そのような者共から守る力が無ければ一方的に搾取されて虐殺されるだけです。いくら平和を謳っても相手がそれを聞く気が無い状況では何の意味もないでしょう。何かしらの抑止力となる力が無ければ平和の話し合いの場に立つ事さえ不可能という事です。現在日本はその力をアメリカに依存し過ぎているというだけで持っていると勘違いしているだけです。
 だからこそ日本はその防衛力が必要なのですよ。せめて日本の基本的領土(離島を含まない47都道府県)は守れるぐらいの防衛能力がね。 それに核無き世界を本気で実現したい場合でも日本にもそれ系の装置や兵器は配備する必要がありますから、どうしてもそれが現在の状況から見れば過剰な力になりますよ? たとえ世界から核兵器を無くす為だとしても、それ単体ではそれだけの力を有している事になりますからね。 だからどの道に進もうが平和を目指すのであれば避けては通れない所という事です。

 それで最上段の話にも若干戻りますが、今どきの軍事防衛体制において、今の少子高齢化の日本の少ない人材力とそれだけの予算は掛けられないと言いますが、それらは基本的に無人機に切り替えて配備していく防衛体制であれば、人的コスト削減にも繋げられますし、育成費用もいりませんし、何より比較的安価に防衛能力を大幅に強化していく事は可能です。何せ人とは違って疲れや不安やストレスに恐怖心等はほぼ持ち合わせない機械による防衛能力ですからね。いずれは戦闘機や軍艦含めた物も全て無人機化にして、万が一の事故等でも人死にが発生しないようにする事が可能となりますし、離島防衛などに関しても人型の無人機による配置型防衛体制を取る事が可能になりますので、より安全に強化させる事が可能になります。さらに世界平和の活動で必要とあれば、無人機による海外での行動によって、日本を活躍させる事も出来るでしょう。この方法であれば人はほとんど必要無いのですから、日本国民が海外派兵で悩む必要は無くなります。
 そして基本の防衛体制でも私の考える独民スタイルでは、超電磁砲やビーム(圧縮電撃)兵器を多用に用いていく形にするので、完全専守防衛体制というか向かってくる敵をただひたすらに完膚なきまでに全滅させ続けるだけという状況でも、十分に自国防衛能力は築けるでしょう。直接的な敵基地攻撃能力は必要ありませんからね。 まあ必要とあれば、相手国が自国からミサイル等を発射したすぐ後にその国の直上で迎撃して、その中身の爆発物や破片等を思いっきり落下させるという防衛型攻撃をする事も出来ますからね。その場合高確率でミサイル発射台などが損害を被る事になるでしょう。(闇笑) 対空防衛はそれでよいとして、地上戦は主に無人機や人型ロボットで対処し、海の分野においては、ミニ空母を思いっきり活用していく形にすれば、アメリカや中国が保有する空母でさえもものの数時間で沈没か撤退までに追い込むほどの火力が出せるでしょうね。 ちなみにミニ空母というのは、今の日本が保有するヘリ空母ではなく、それよりもすごくコンパクトな超高速型のボートか小型船に小型で高威力の爆弾くっ付けたドローンを用いて、自動回避させながら海面すれすれもしくは海中を潜らせて突っ込ませて、船底に爆弾くっ付けて退避させての完全沈没大作戦です。さすがにいくら空母とは言え、そばに護衛艦とか侍らせても海面すれすれなどを高速で飛来する爆弾持ったドローンは迎撃しにくいでしょうね。艦砲は意味無いですし、その他対戦艦用装備はまるで効果ないですし、それで残るはマシンガン等になるでしょうから、それすらも海に少し潜られたら効力が薄まるので、回避(ドローン接敵)がほぼ不可になります。ついでにミニ空母は超高速型で遠くから指揮するだけにしますので基本艦砲射撃には当たらないでしょうからね。こうなると軍事費用がバカ高い方が無残に海の藻屑にされるというみじめな状況になります。ミニ空母は大編成を組んでもせいぜい数億円ぐらいで普通に他国空母を迎撃できるようになるので、その差額は酷い物になるでしょうね。 さらに私のまだ公開していない軍事面での技術には、人機一体の究極系がありますからね。(ああ、基本的ロボットアニメの強化版と思っていただければ) それによって軍事的強さの形は一変するでしょうね。 ただしこれらのほとんどは自国防衛用の体系なので、他国滅ぼし用の戦争目的の方にはあまり使えない戦い方です。(まあ私はそちらの方でも色々と現代軍事戦闘を凌駕する技術とアイデアを持っていますがね。)

 まあつまり可能という事ですよ。今の日本でも日本を守れるだけの軍事力を有して維持させる事はね。 3つの最後の選択肢で私は、どちらでもない第3の選択肢を選ぶべきかなと思いました。それは、日米の防衛上の絆を壊すことなく日本も防衛軍事力を要す事です。それにおいて日本は日本の防衛を守り、アメリカは日本の近くで普段は行動して、何かしらの事態には日本の内外に移動しながら軍事的行動をしてもらうという方法です。それを可能にするのは、海上基地の存在です。

 私の形であれば十分に可能な話という事です。別に独民がどうのではなくて、私の超技術の軍事戦略要素だけを今の形に当てはめるだけでもかなりの強さを発揮出来はしますがね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 たかじん委員会~終了~日米地位協定
















 ちなみに海中戦は、対空母戦と基本構造同じですね。そしてさすがに海中でマシンガンぶっぱなすというのは基本装備としてあり得ないと考えそうですしね。(効力も低いし。)
 あとドローン爆弾は、どこかの国のプレジデントへの攻撃用テロにも用いられましたね。

 そしてミサイル防衛の方で話した防衛攻撃は核ミサイルに対して強烈な抑止効果を持たせられる。なにせ飛ばした直後に迎撃されて自分たちの下にそのまま落っこちてきたら例え不発だったとしてもとんでもない状況になるのは言うまでもないですからね。 それこそ最強の核ミサイル抑止効果に成り得るでしょうね。 まあ核攻撃に関してはニュートロンジャマーの効果によって完全無力化させても同じような事にはなりますが。特にロシアだと動かなくなるし、あと原子力系の動力である空母も動かせなくなりますからね。空母がただの鉄の箱になってしまう。普通の動力に切り替えられれば別ですが、コストがとんでもない事に。 END
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第794回 山の日 登山を楽しく安全にも強化させる方法 [授業]

 さて山の日…私には特に関係無いな。 そしてお盆休みに入って皆さん遊びやら帰省やらしている状況ですかね? 年中ブログやってる私にはこれまた関係無い話ではありますがね。 まあそれでも今回は山の日にちなんだアイデアを紹介しますので、山の事故を少しでも減らしたいと思うのであれば、検討して見ても良いでしょう。

 さて時事はいろいろありますけど、山の日前の防災ヘリが墜落して搭乗者全員の死亡が確認された事故がありますけど、まあ酷い航空機事故という感じですかね。 これに限らずヘリの墜落事故は結構発生していますけども、ヘリにもボディを守る為のエアバックでも備えさせられたら少しはこういう痛ましい事故死は無くせるのではないでしょうかね。
 あとは安倍総理が総裁選での石破氏との対決における話し合いの場からも逃げているような感じが見て取れますね。どこまでも民主的な形を否定する総理であると見て取れますね。現在自民党の国会議員も国民との対話をするやり方に否定して、多くが安倍総理のような国民との話し合いは不要と考える議員が多いようですし、これで民主主義とか国民から選ばれたとか言ったらその時点で嘘100%の状況にしかならないでしょうね。私から見たらあの2人の構図は自民党の良心が石破氏側で、自民党の腐った非道の悪の心が安部総理側という感じですね。公明党の苦言にも無視を決め込む安倍総理ですからね。 日本の改革と改善を少しでも望むのなら、自民党の中でまだ希望があるのは石破氏くらいなのでしょうかね? 小泉氏は国民の心を弄んでいる気も。まあその状況でこの総裁選で、国民を取るか権力を取るかの選択肢を選ぶ状況になっているのもまた確かな事ですが。
 さて最後は沖縄基地問題に対してのわずかばかりのアドバイスですが、工事用の車を一定時間入らせないようにする方法で良い方法があるのですが、あの主要道路を走らせる前の段階で緊急補修工事入れて、ほったらかしにしたらどうでしょうかね?土砂で山盛りか超悪路状況にした状態での放置にして、完成予定日を遅らせた状況にする。まあ少なくとも、政府側が無理やり舗装し直す方法を取らない限りは一時停止に出来るでしょう。姑息な手ですがね。そしてその間に別ルートで一般車のみ(小型トラック等も含めて)は通り抜けられるルートを作って市民の生活には何ら影響が出ないようにする。 まあこの状況下で船から直接でも政府側はルートがあるのですがね。それでも遅れることは必至でしょうね。ついでに船ルートだといろんな面での攻防がより激しくなりますからね。最悪それで政府側が強行したせいで沖縄県民に怪我人等が発生する状況となれば、世界の目もより厳しくなるでしょうね。自国民を攻撃する日本政府の図として。
 そういえば、北朝鮮に旅行に行っていた日本人が北朝鮮にいきなり捕まったという情報がありましたけど、北朝鮮の人質策ですかね? 返す代わりに大金用意しろとかテロリスト並みの要求でもしてくるのでしょうかね?それとも即刻殺処分して、世界の非難を集中する状況でも作るのでしょうか?

 さてそれでは山の日にちなんだアイデアですけど、まあ大体の予想通りペラいです。まあ単純な仕組みで山の事故を防いで行こうという内容なのですけどね。 その仕組みというのは、山には基本的な登山道とか言うルートが存在しますよね?そして基本的に人が通りやすいように舗装されていたり整備されていたりしますよね?山の中の登山道だろうと比較的分かり易い作りで迷わないように遭難しないように作られているはずですけど、それでも迷われる方がいる事もまた事実です。少し前には親子も遭難して残念な状況になっていますし。
 そこでの対策方法として、なるべく自然に溶け込ませられる作りで無人情報発信端末をルートの一定間隔毎に配置していく形にして、その発信情報をスマホ等で常時受け取る事が出来るようにします。それによってルートの位置確認やその場の位置情報を確認したり、山の情報などが気軽に見られる作りにします。それによって山の天候情報等も別地点で計測して情報がそこから送られる形に出来れば、山の天気情報を知る事も出来るようになるでしょう。 ついでに便利要素として、その端末の付近の自然環境の情報や動植物に昆虫類の情報とかも詳しく調べる事が出来るようにすれば、山をより知って楽しむ事にも繋げられるでしょう。 また、次の端末ポイントまでのルート情報も表示できるようにして、より迷いにくくする仕組みを作る事が出来るでしょうし、たとえそれでもルートを外れて迷うような状況でも、その無人情報発信端末から特定の周波数で常時情報を確認&位置の索敵が行なえるようにして、元の場所へ戻りやすくさせる工夫とさせます。

 さらにさらにそれでも迷うような方向音痴の方などに対しては、山登りに参加する前に無料で配布する形の位置情報発信機を1人1つ持って行ってもらう形にして、万が一の際の救命道具として山登りを終えるまで所持してもらう形とします。山登り終了時に返してもらう形です。まあ持って行って逃げても見つかりますが。(持ち逃げする意味が全くない。というよりもそのまま持ち逃げによる犯罪歴が付く形になる。) まあ基本的に迷い易い山や森などの探索用に貸し与える形にしていきます。

 あとは無人情報発信端末にVRによる情報表現能力を追加して、より見やすくより分かり易くより深く楽しめるようにする工夫もする事が出来るでしょう。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 山の日~終了~無人情報発信端末
















 あとは、飛行型ドローンによる誘導案内の形を作るとかもよさそうですね。まあ森林深い所では地上の動物型の方が良いかもしれませんがね。 特定の場所では、特定の毒に効く解毒剤を持たせるとか、害虫やら害獣対策の装備を持たせた無人機を用意するというのも良いかもしれませんね。
 FIN
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第793回 時事雑記 核兵器無き世界を実現する為に必要な事 綺麗事だけでは実現不可 [授業]

 さて昨日の長崎原爆の日に合わせた形の話ですけども、核兵器禁止条約というのは単なる絵空事の綺麗事の話でしかない条約ですよ。だから核保有国とそれの恩恵を受ける国は賛同しないのです。核兵器を捨ててもし何かあっても国際連合は見捨てる状況であれば、捨てるだけ自国防衛にとっては損でしかないわけですからね。そんな自国を滅ぼすような真似に同意しろとか言われても賛成しないのには普通の反応でしょう。そんなことも分からないで世界の非核化こそが正しいからみんなで核兵器を放棄しましょうとか訴えても何の意味も無いのですよ。この世界で争いの心が完全に潰えない限り、そんな綺麗事に賛成するバカはいないでしょうね。もしも核兵器の強さが全くの無力化にされない限りは。

 さて意味深な言葉の後に時事ですけど、昨日も少し話した日大チア部の問題ですけど、弁護士通じてマスコミばれてからの対応はすさまじく早く口封じの監督解任劇へと至りましたね。それまでは被害者のことは全く放置で見殺しにしようと動かなかったのに、マスコミに叩かれると思ったら口封じを速やかに行なう行動は、前回の失敗の反省を全く生かしきれていない証拠でしょうね。 これは今年の台風12号と同じ流れかな? 日大の部活は総じて学生に対する締め付けやら嫌がらせやら精神的暴力事件が絶えないという事でしょうね。今後の学生さんは日大本部に行くのはしばらく止めた方が良いのでは?(部活方面) というかこの状況では就職活動にも嫌な雰囲気をダブルパンチで届けられそうな状況ですね。
 そしてアマチュアボクシングは問題の第2ラウンドが始まった?状況でしょうかね? どうにも終身独裁会長の未練たらたらで居残り続けて再支配という気が満々のようですし、その周辺幹部の副会長による再独裁とか女性幹部による裏工作による体制維持とかもう黒い話ぐらいしか出てこない状況ですね。このままアマチュアボクシングを日本から消滅させる事がこいつらの本当の目的かと思うぐらいの傍若無人ぶりですね。 まあ終身独裁会長は世間の事を気にしないというか世間の一般常識を全く理解できておらずに自己中心的にやって何が悪いのか?という感じにも見えますね。要は動き方が子供という事です。 まあよくある箱入り我儘お坊ちゃんがそのままこの年まで変わらずにやってきたらこんな感じ?というような感じですね。 果たして日本アマチュアボクシングの未来は如何に。続く。(ヒーローアニメ風)
 あとは自民党の石破さんが総裁選に立候補したぐらいですか? 安倍総理3期連続当選での国民無視政治が正しい事ではないという事を正す為に。国会内部からも今の政治のやり方はダメだという不満が出始めている状況で、安倍総理が無視し続けて独裁行動に突き進むと、すぐにまた4期とか5期とか連続で出来るような改革から始めて終身総理とかやり始めるでしょうからね。 まあ軽くリフレッシュさせる意味でも私は石破氏を応援させてもらいます。それでも日本の既存腐敗状況は変えられないでしょうけど。変えられるのは、国民の声を聞いて地方にも分け隔てない活性等を届ける政策が行なえるというごく普通の事でしょうね。 今の総理には総理として基本的な事も一切出来ないのですから。 この後の核禁止条約系での話でもこの辺りには触れますがね。 国民の思いを言葉をすべて無視して自分勝手に突き進むのが日本の総理のやる事か? それは自己中心的な独裁でしかない。

 さてそれでは本題の話ですけども、核禁止条約に関して日本政府は現在完全無視で話し合いすらも持とうとしない最低最悪の行動を貫いています。これは被爆国のリーダーとしては最低の行動ですね。国民の思いを何1つ汲み取ろうとも考えていない。全てはアメリカの犬としての正しさが日本国民の思いよりも上であるという表れでしょうかね。総理として話す場は複数あったにも拘らず被爆者たちの思いの言葉を聞いてもそれを全く受け取らずに無視し続けるのは、被爆者を見下している事と同義です。心根ではうるさい奴らだとかぐらいしか思っていないのではないでしょうかね。その証拠に被爆者たちが話している最中何やら転寝している場面があった感じで、まともに聞いていない感じがはっきりしていましたね。嫌な雑音ぐらいにしか総理の耳には届かなかったという事でしょうかね。 苦しむ人の叫びを聞きながら平気で寝られる人という事ですよ。つまり何も思っていない。 これがまだ少しは声明の中にそれらしい言葉が混じっていればよかったのでしょうが、被爆者たちや核兵器を嫌う人たちを一蹴するだけの感じでしたね。
 私も現状核禁止条約には何の力もない無意味な条約だという考えはありますけども、相手が無知だからと言って完全無視する気は毛頭ありません。なぜそれが無意味なのかやそれを有効にする為にはどうするべきなのかを深く議論させる方向に話を持って行くでしょうね。 総理は両者の橋渡しとかムシの良い発言をしていましたが、現実は核禁止条約の人達には完全無視で核保有国との話にしか従事しない嘘でたらめな状況という事です。世界が望む事や国民が望む事には真っ向反発してアメリカの意見だけに従う様はまさにアメリカの犬ですね。

 さてそれではなぜ核禁止条約が無意味なのかをもう少し詳しくと、どうすれば実現可能に出来るのかという話をしますけども、先ほども言ったように核兵器は現在での攻撃にも自国防衛にとっても非常に重要な兵器であるという事です。それを世界にとって危険だからという事で無条件に手放せというのは同意しかねる内容でしょうね。それに例え手放したからと言ってその代わりの防衛力を国際連合がしばらく負担してくれるとかいうのは全く無い状況では、他国に滅ぼされて自国民を虐殺される状況を整えなさいと命令されているも同じですから、絶対に賛同できないでしょうね。それに核兵器の技術自体は既にこの世界のどこかには存在する状況にあるのです。だとしたら現状完全に0にする事は事実上不可能であるという事です。だから無意味なのですよ。核兵器が強力な状況であり続ける限りはどこの国も最終防衛兵器として核兵器を追い求めるでしょうね。自分の国に何らかの他国の脅威がある状況下では。ここで人から争いの心が完全に削除されたら核禁止条約も完全に結ばれるのでしょうが、世界に犯罪や人種差別に宗教対立が無くならない事と同様に完全に人間が人間であり続ける限り不可能な話です。
 ならばどうすれば実現可能な所まで持って行けるのかというと、言葉ではとても簡単です。要は核兵器の強みを完全無力化させて持っていて例え使ったとしても何の効果も発揮できないゴミクズ兵器にしてしまえば、普通に何処の国も放棄しまくるでしょうよ。そして世界非核化はすぐに達成されるでしょうね。 まあ言葉で言うのはとても簡単ですけど、実行するのはとても大変です。あの現代最強兵器とも言われる核兵器を事実上無力化状態にしなければいけないわけですからね。さらに今では主にアメリカとロシアにおいて核兵器の強化を必死に取り組んでいる状況にありまして、アメリカでは核兵器の小型化による戦闘機にも付けられるサイズにしていて、ロシアは核燃料にも用いての半無限飛行可能核ミサイルや最大十数発の核ミサイルを一気に上空から発射する形の多弾頭核ミサイルを開発している状況で、アメリカは戦闘機等も警戒範囲に入りますし、ロシアは多弾頭攻撃の全撃破が出来る防衛兵器でなければいけない状況になってきていて、現状のミサイル防衛では現実上不可な攻撃能力にしようとしています。ちなみに現在日本がアメリカから購入しようとしているイージス・アショワでは普通に迎撃不可能な感じになって、完全無駄金にしかならない状況です。
 しかしミサイル防衛のバカな古代戦闘法でなければ、十分に多弾頭ミサイルだろうが長時間飛行し続けられるミサイルだろうが戦闘機取り付け型だろうが容赦なく完膚なきまでに全弾叩き撃ち落とせます。要は対空砲バルカンの超長距離砲を実現させて数多く設置できれば、どんなミサイルだろうと飛行系だとしても、数千数万近くの弾丸の雨あられには避け切れないでしょうからね。 そしてそれを可能にするのが超電磁砲です。もしくは電気エネルギーの収束砲によるビーム攻撃でも似たような事は可能ですね。超電磁砲では飛ばす物体は多少固ければ何でも良いのですが、現代ビーム攻撃は純粋なる電気超圧縮攻撃です。まあ早い話が、雷の破壊力を小型化して上空に向かって勢いよく発射しまくる感じと言えば分かり易いでしょうかね。 まあこの2つは攻撃能力に関してもすさまじい破壊力を有するのですが、何分単発攻撃型になるので、核兵器ほどの広範囲爆発能力はありません。それに兵器の大きさ自体も基本的には大きくなりがちなので、純粋な強襲攻撃能力としては低いので、基本的には防衛に回されるでしょうね。 この2つの形であれば、有効射程範囲の上空で見ればゆうに月ぐらいまでは軽く飛ばせられるでしょうから、高高度ミサイル防衛としても使えるでしょう。(まあ小さいと大気圏で燃え尽きそうですが。) そしてとある工夫をすれば、超連射は比較的簡単な技術となります。(毎秒数十~数百発?) ちなみに超電磁砲の基礎技術はモノレールや新幹線などです。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 核無き世界~終了~無意味な核禁止条約
















 まあもう1つの手段としては核禁止条約に加盟する国々と世界の非核化を求める人達で超合同研究開発する形のニュートロンジャマー(核分離に核分裂に核融合を行なえなくする装置)を本格開発すれば核兵器は事実上使用不可に出来るでしょうね。ただし弊害として原子力発電は使用不可となりますがね。 でも地球上では一切核兵器に関する事を実験すらも不可能に出来るのですから、効果はかなり高いと思いますけどね。 まあ難点としては効果範囲が限られる事と、地球上のありとあらゆる場所に効果範囲を広げる為に強制行動で設置していかなければいけないという所でしょうかね。 やはりGseedは未来の地球の有様を予言して作られたアニメなのでしょうかね。 だからそれに必要な非核化兵器を用意したという事かな? END
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第792回 休憩 沖縄県は良き英雄を1人失った [休憩]

 さて休憩回ですけど、今回は沖縄県知事の翁長氏ががんにより急死したという報道を昨日の夜知っての話です。 惜しい人がこの世を去りましたね。沖縄を守る為に必死に頑張っていた勇ましい人だったのですがね。都道府県知事の中でもあれだけ頑張った知事はほとんどいないでしょうに。何せ国と真っ向から沖縄を守る為の戦いをした人ですからね。本当に沖縄を愛する人にとっては英雄視されてもおかしくない人でしょう。(まあ安倍総理らは邪魔者が消えて清々したとか思っているのでしょうけど。)

 さて本題を長く語る前に時事を少し話しますけど、日大で何やらまた不祥事が起きているようですね。アメフトで飽き足らず今度はチアの方で監督からの執拗な嫌がらせを受けていた生徒がいるようで、アメフトと基本体質があまり変わらない様相でしたね。もしかして日大の部活関係は全部問題がある体質構造だという事なのかもしれませんね。次は何が出て来るのか?それよりも先に改善できるのか、それとも今度こそ理事長がTVの前で謝罪と反省できるのか分からない所ですね。 まあこちらは早急対応しているようですが、日大部活に対する信頼度はかなりガタ落ちになっているでしょうね。

 それでは沖縄県知事に対する追悼の話と、ある意味恒例の沖縄と基地問題に関してもいつもの通りな展開で話していきます。 私は沖縄も日本の1つとして尊重されて守られるべき存在であると思って発言しているわけですからね。基地問題に対する解決案も繰り出しながら。
 さて翁長氏は沖縄県を守る道半ばで病に倒れたという事なのですけども、必死になって沖縄と沖縄県民を守ろうと行動して主に日本政府やアメリカ側とも戦った姿は誇らしいと思えますね。大抵の都道府県知事は政府の犬になりがちなのに真っ向から守るべき物(者)の為に立ち向かえた行動力は素直に素晴らしいと称賛できます。そしてあくまで民主的に行動していたことも良い点ですね。(政府は実力行使ばかりなのに。)あれはまさに民主主義の沖縄と独裁の政府の戦いとも言える構図ですね。まあ沖縄の全体が反対(基地集中負担)ではないけども、反対の人やそれによって苦しめられ続けている人達が多くいることは確かだし、その人達の期待を一身に受けて大差で知事になれたことに対する行動力はまさに正しき道であるとも言えるでしょう。まさに沖縄を守る為に最後まで戦い抜いた1人の英雄ですよ。この意思が今後も受け継がれるのかはまだ分かりませんが、沖縄が真の意味で日本の圧政からもアメリカの植民地からも解放されるまでは、その志を本当に沖縄を愛する人々で守り受け継がれていく事が大事でしょうね。 そこを完全支配しようと企む安倍自民党からね。

 さてここからはほぼいつも通りの沖縄と米基地問題に関しての話ですけど、沖縄に基地負担を集中させてそれしかないとか断言する行為は、民意を完全否定して沖縄県民に対しては人権すらも剥奪しようとする民主主義を語ろうとする国にとっては最低の行為ですね。人種差別には飽き足らず人権無視も平気で行なうその行動はまさに悪鬼羅刹の行いでしかない。北朝鮮のトップが行なう気に入らないから殺すのとあまり大差ないでしょう。結果的には間接的にアメリカ軍を通して沖縄県民やその場所にいる人を無差別で大量に殺させているわけですからね。日本政府はこれまでもずっと沖縄に限り大量虐殺を認めているという狂気の行動で静観しているというわけです。だからそのような状況を本島にあまり持ち込みたくないから、沖縄を生贄に封じ込めてしまおうとしているだけです。だから沖縄県内での移転が最善とか唯一とかほざいているわけです。本当は他に選択肢などいくらでもあるのに、46都道府県の意見は尊重して1県の意見は完全無視の全否定で強制的に国が決めているという行動です。そしてその状況に満足する沖縄の市長共もまた、沖縄県民達の安全を売って、それをお金に変えて納得している人身売買の輩共です。人の命よりもお金が数十倍大事と考えるお金と権力にしか興味の無い沖縄にとっての敵ですよ。 基地負担を無くす確かな方法があるというのにそれを行なわないもしくは考えようともしない輩は全部人殺しを楽しむ殺戮者ばかりである。そんな殺戮者を自民党は沖縄に送り込んでばかりいるという事である。(まあ中には自民党を欺く者がいるのかもしれないが、現状沖縄の敵ばかりがほぼ自民党だという事ですな。まあだからと言って他の野党が味方である確かな事は何も無いのですが。)

 沖縄から及び日本の島々から米軍基地を無くす事は現実的に可能な話です。それを政府は思いっきり否定していますが、それは政府が行なう情報統制の行動でしょう。ある意味催眠に日本国民を掛けていると言っても良いですね。北朝鮮や中国で良く行われているものとほぼ同じですよ。 考えさせることを否定してそれが唯一の考えであると主張し続ける行為は情報統制のそれと遜色はありません。というか今の安倍政権下では情報統制を結構行なっているのですが、気付けている方はいるのでしょうかね?まあ現状政府だけが行なっている事で、SNSやら民局には行き渡っていないあくまで政府だけが行なっている情報統制の形なのですが、バカヒヨコに成り下がっている人には十分の効果があるでしょうね。
 それに別件として、この問題は人権問題で世界から注目される状況にも少しはなっているようですし、アメリカ側も独裁的な無理やり強行で基地負担を押し付ける行為自体には批判的な人も結構いるようですから、日本政府が現在行なっている事は独裁者の行動と同じで実力行使で民主主義を否定する行動そのものになっています。それを批判されても何も思わないその行動は、今のアマチュアボクシング日本連盟終身独裁会長とほぼ質は変わらないという事でしょうね。 自分達が絶対の正義であり、沖縄県と県民を犠牲にする事が正しいと考えている独裁者たちの考えそのものです。
 そしてこの独裁的な行動はアメリカとしての基地負担の本意にも反している事はご存知でしょうか? つまりこのような行為はアメリカの本筋からも嫌われているのに日本政府が無理を言って沖縄に犠牲を強いる形に強制して行なっているという事です。まあ今の日本政府の安倍総理らが無理を押し付けてアメリカに沖縄を売る事で日本の安全保障の要を担ってもらおうとしているだけです。
 そこでのアメリカが日本に望む本意というのは、日本に安全防衛面で自立してほしいという事です。要はアメリカの助けが無くても最低限は日本の防衛を行なえるまでになってほしいという事です。それを行なってもらえれば、アメリカ側もこれだけの基地を置かなくて米軍人員もかなり減らすという事を言っているようですし、それを行なえれば自然と減っていくのですが、それを安倍政権が頑なに断って沖縄県民を殺せみたいな感じでしているわけです。

 それで私は国土防衛が完全に行なえるだけの軍事防衛力の強化を行ない、残りの米軍基地を海上基地に移設させれば、日本としてもアメリカとしてもそして主に沖縄としても円満にこの問題を解決できるというわけです。 まあ現状で基地を海上基地に全部移設させるという事でも解決は可能なのですがね。 沖縄県を優先させたとして、あの基地分を全部海上基地に移設するとなると、最低でも諸々含めて3~4年ぐらいは掛かるでしょうけどね。 それでも現状でも十分に可能な方法であることは確かです。 私に任せてもらえればその他の方法も普通に考え出せるので、政府の発言は嘘ばかりという事になりますね。

 私は沖縄県民などとの深いつながりが特にあるわけではないですけども、現状虐げられている人々を救いたいという思いはあるので、こういう活動をしているという事です。世界平和を目指す前に目の前にある日本平和を成せなければスタート地点にすら立てませんからね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 沖縄県知事翁長氏~終了~沖縄と基地問題
















 それに実質問題このまま政府が独裁を貫くと、沖縄県が一揆を起こして、米軍追い出しやら自民党関係者の追い出しでの反乱を起こしかねませんからね。そうなれば日本のイメージが最低レベルにまで急落する内戦状態になり、それの治め方次第では日本は世界を敵に回す状況にまで陥る事になるでしょう。 このまま行くといずれかアメリカでのトランプの乱みたいなことが起きる可能性があるという事です。日本も現状この問題で他人事では全く無いのですよ。 人種差別をし過ぎた結果はいつも混沌。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第791回 時事雑記 日本アマチュアボクシング連盟の動乱 未だ収束せず [世界問題]

 さてこの問題は日本だけに収まらない可能性もあるので、一応カテゴリは世界問題の方に置いています。 それで今回は主にこれ一本で行きます。 ああそれと、今回も結構言論的に叩きまくるので、ちょっとご注意を。(タイトルに載せるほどではありません。) 特に、見ていないとは思いますが、当の会長と側近幹部共が見たらかなり腹を立てる内容になるという感じですかね。現実の事実ばかりで並べたてるので、反論はあまり言えないでしょうけど。

 さて時事は本題はあれで、あとは台風接近してますね。というぐらいですね。まあ遅い台風のようで、前回の追い打ち台風みたいな感じなのでしょうかね。自然にも意思があるとすれば。

 それで本題の時事の話に行きますけども、本日は昼頃いろいろありましたね。けども、あの連盟終身独裁会長は何を辞任したのでしょうね? 主語がどこにも見当たらないのですよ。そして言いたい事だけ言ってさっさと帰ったし、今回告発されたことに対しては今でも怒りしかなくてほぼ全否定の考えは変わらずで徹底抗戦するというような状況のようで、事の本質的な問題は何1つ解決されない状況のままという事になりますね。 単に暴力団との付き合いの形において世論や一般的な考えとの齟齬について指摘を受けて辞めたような感じになっていますし、それを昨日の理事会で会長周辺の理事たちにこのままだと現状不利でしかないという事で、一旦辞任だけして問題解決し次第元に戻るという感じで説得を受けた形じゃないのでしょうかね。
 だが問題の核心部分においては、その後に開かれた告発側の第2波によって確定的な音声情報が出される事となり、その問題に対する告発側の真実味がさらに高められる状況になった事は明らかでしょうね。 それによって今回の音声情報では、山根マジック(奈良判定とも)の決定的な会長の関与を示す証拠が出ましたし、それ以外の幹部の会話データもありましたので、これに対して嘘だというのは現実的に無理があるでしょうね。
 それに現状は会長並びに側近幹部や理事たちも完全に連盟の中から除名などの排除される形にならなければ、もうこの問題が解決されることは無いでしょうし、裏で手を引こうとか考えている状況では、アマチュアボクシングを自分たち諸共完全消滅させようと企んでいる悪の巣窟にしかならないでしょうね。

 そういえば、終身独裁会長があの辞任発言の時に次の日本オリンピックには多分無理だろうから次に期待してとか言う発言がありましたけど、何様での発言だったのでしょうかね?自分達がその問題を引き起こしておきながらそれに対する謝罪の言葉や気持ちが一切感じられず、どこまでも選手の事等どうでも良くて会長ファーストでしかないという感じが透けて見える発言でしたね。 それにまだ確定的ではないのに、確定させようというあの発言は、わざと自分をここまで追い込んだ選手やそれに無関係な選手まとめてたっぷり苦しめようとする悪意しか籠っていませんね。この状況から見てもあの終身独裁会長には選手に対する愛情やアマチュアボクシングに対する熱意は微塵にも感じられない状況だと判断できますね。 せめて、何とか選手たちだけはオリンピックに出られるように独力でも働きかけるとか言葉はあったはずなのに、あの突き放して選手たちを苦しめようとする発言は連盟会長としての資質を何1つ持っていない単なる暴力団関係者でしかないとも言えますね。

 そもそもあの終身独裁会長は歴史を作ったとか偉大なとか自分を誇張して大きく見せようとする発言がやけに目立ちますけど、正しい方ではほとんど作っていないと言えるでしょうね。言葉を正しく付け足すとするのなら、悪しき歴史や暴力的な偉大さという言葉を付け加えると、あの終身独裁会長らしい功績だとすんなり思えられるでしょうね。悪しき淀んだ歴史を作り上げた暴力と独裁で強制支配する偉大な会長という言葉が正しいかな? 完全に悪の総督ですね。 というか、昔暴力団等の反社会勢力が巣くっている所から脱却させたとか言う話を自己伝みたいなので自慢話に語っていますけども、本当の所は自分が暴力団の強い兄貴の下について、そこのアマチュアボクシング連盟を自分がどうにかするので手を出さないでほしいみたいなことを言って、手を引かせる代わりに使途不明金をその暴力団に流して契約していたというのが実情なのではないでしょうかね? もしくは暴力団の隠れ蓑的な物や場所を用意していたとか。お金に関しては不明な事が多いですし、ボクシンググローブの独占販売による利益に関しても、暴力団との関係性も疑われそうな話だと思いますけどね。 何せあの終身独裁会長は嘘ばっかりつく詐欺師系の人なのでね。
 まあ選手への愛というのは、奈良の選手だけにはあったでしょうし、ファンとかに関しても奈良の一部からはあったのでしょうし、アマチュアボクシングへの愛とかも自分が支配できるスポーツ競技としての独占的な愛はあって、国際的な愛は全くもって存在しないという事でしょうかね。 全ては自分とその周り中心的で独裁的な我儘放題の会長だったという事でしょうね。それに付き従って恩恵を受ける側近もいるでしょうし。虎の威を借る狐の如く。まあその後ろには、虎という名の暴力団の威を借る終身独裁会長の狐も存在していたのでしょうけどね。

 まあなんにせよこの問題は、次の日本オリンピックにおいてアマチュアボクシングの存亡に関わる問題ですから、告発側には頑張ってもらう他ないですし、スポーツ庁等の行政側もさらに本腰入れないと自分たちの責任問題にまで発展するので大変でしょうね。 あの終身独裁会長は自分の為なら平気で選手を裏切る最低の男ですからね。 あの発言の場でほとんど逃げた行動しかできない男は最低でしかないですよ。どこに偉大さや歴史的な要素(本人誇張)があるのですか? 自分の責任も満足に背負う事が出来ない輩など会長という組織の長には全くもってふさわしくありませんね。さっさと永久追放されて確定的な事に対する罪を認めてください。それが現状の選手たちを守る最善の方法ですから。 まあ会長ファーストな精神である限りそれは出来ないのでしょうけど。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 アマチュアボクシング~終了~オリンピック
















 さて今後の行方はどうなる事やら。アマチュアボクシングに吹き荒れる台風は夏が終わるまでに収まるのでしょうかね?
 とりあえず一掃が出来て、その後はビデオ判定の徹底とルールに関しての明確化にそれをファンや観客にも広く知ってもらう活動が必要でしょうね。何よりもこの問題において大事なのは、試合の公平性ですからね。 ルールはきちんと守れなければスポーツは成り立ちませんからね。 end
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -