So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

第1044回 射撃攻撃反射型無人防衛兵器~ピンクの悪魔~ [新アイテム開発]

 さて今日は昨今少し話題にも上がった対人殺戮無人兵器に対する圧倒的な対殺戮無人兵器用の防衛兵器の第1弾の紹介です。 その防衛攻撃のスタイルから「ピンクの悪魔」と名称する事にしましたが、任天堂のあるゲームをプレイしている方は、これがどのキャラの別称か理解できますかね?
 基本スタイルというか行動動作があれとよく似た形の無人防衛兵器なので、この名称にしました。(まあピンクの悪魔は通称名辺りですが。分かりやすい名称として。)

 さて本日の時事も特に無いですね。今日は天皇の話が多かったので、特段の気にする話題が無かったですかね。
 強いて挙げるなら、ミツバチの大移動でいろいろ一騒動起きているようですけども、ミツバチは基本無害ですからね。スズメバチみたいな攻撃性や猛毒性はありませんし、触らぬ神に祟りなしで挑めば基本平気でしょう。 まあどうしても邪魔な場所に陣取っている時だけ、警察に任せれば良いでしょうかね。
 ミツバチが増える分には特に問題はないでしょうよ。だってミツバチがいるから蜂蜜も簡単に取れるわけですし、恩恵受けている状況では、きちんと場所を用意して別の場所に移ってもらう方が良い。

 さてのんびりな小時事の後には、ピンクの悪魔な話ですけども、この防衛兵器の最大の特徴は、これ単体における攻撃能力を有していなくて、主に相手の射撃攻撃の弾やらミサイル等を吸い込んで、その勢いをほとんど殺さずに、小型レールガンシステムも加えてより加速させて撃ち返すという形の射撃攻撃反射型の無人防衛兵器となります。 先に言っておきますけども、この無人防衛兵器の弱点は、大型のミサイル等や近接攻撃となりまして、基本的に戦車等での白兵戦クラスの戦闘においては、圧倒的に強力な防衛兵器となります。なにせ射撃攻撃に類する攻撃を全部吸いこんで、それをそのまま相手にお返しするわけですからね。弱点の近接攻撃に対しては、付近に近接戦強化型の無人兵器を配置して近づいてくる敵に対してのみ行動するようにすれば、基本専守防衛型による強力な無人防衛兵器による守りを構築させる事が出来ます。(ちなみに、普通に歩兵などの物理射撃系も全て吸い込めますので、向かってくる対人防衛としても強いです。)
 現代戦闘において基本が遠くからの射撃重視なこの戦闘状況においては、物理射撃攻撃のほとんどを吸い込んで、そのまま相手にお返しして防衛攻撃できる無人防衛兵器は、専守防衛的な戦いにおいては、圧倒的な強さを誇れるように出来るでしょう。
 また、単純物量戦闘においては、第2弾の無人防衛兵器が強力無比の圧倒的過ぎる性能を発揮できるのですが、今回は紹介しません。(1千を超える飛行ドローンを全て瞬殺できる基本性能ですけども。ただし強すぎるが上の弱点も…)

 それではピンクの悪魔の具体的な機体能力の解説話に移って行きますけども、この無人防衛兵器の最大の要素は風ですね。 その力は全てを包み、地球上における物の移動の方向性を強引にでも書き換える事の出来る強力な力を最大限に活用させる基本構造を持たせれば、普通の射撃戦闘における弾丸や小型ミサイル等を全て吸い込んで、反射攻撃させる事が可能となります。まあミサイル等の着弾爆破系統は少し構造が違いますけども。
 まず弾丸類や砲弾類に関しての反射の仕組みは、そのピンクの悪魔に大きな吸引口を用意させて、強力なバキューム吸引にて、その吸引口付近にある物を構わず全て吸い込めるような形にさせて、小型台風か竜巻の如き威力にて吸い込むようにさせて、その無人防衛兵器の直線状にある弾丸などを吸い込んでいくようにさせます。そして吸い込んだ後は、基本構造で胴長設定として、吸い込んだ弾丸などを内部で強力な暴風により移動方向を歪曲させて、Uターンさせるように持って行かせます。(その際に衝撃簡易吸収防壁等と組み合わせて、内部へのダメージをほぼ0にしつつ曲げる方法でも良いのですが、基本的には強力な風のみによって曲げられる形にします。 もしくは冷気で一時的に凍らせる方法や弾丸磁力における吸着系の力を使う方法も考えられますね。)
 その後、曲げた後はその方向に向かって風の暴風による勢いをさらに追加させながら、弾丸磁力に反応する場合は、小型のレールガン機構を施させて、さらなる高速化とさせて、相手に吸い込んだ弾をそのままお返しする形の防衛攻撃とします。(ピンクの悪魔風に言うならば、吸い込んだ物を星弾にして返すという感じですかね。)
 ちなみにその際に大きな吸引口とは別に吹き出し口にて放出されるのですが、その発射口をいくつも複数のヶ所に用意させると、全方位防衛攻撃も可能となります。
 さらに言えば、最初に基本単体攻撃能力は無いと言いましたが、吸い込み用の弾丸物資補給や付近の砂粒などを吸い込んで、ある程度の自力攻撃も可能です。あくまでこの無人防衛兵器自体による直接の攻撃能力はないだけで、吸い込める物質さえあれば、風の暴風を利用して、発射させる事は可能です。(ただし、基本攻撃能力はそんなに大したことは無いのですけどね。基本形態が、相手の撃ち出された弾丸の勢いを殺さずに加速を重ねてお返しする機構となっているので、単純加速だけではそこまでの威力設定にはできません。基本相手のお金で戦う防衛兵器ですしね。)

 それでもう1つの反射の形として、ミサイルや小型爆弾等に関しては、衝撃吸収力の良い物で包み込むようにしながら、闘牛を返すように風の力も使って向きを変えて吹き飛ばして打ち返すという形になりますね。 まあこちらは勢いを暴風で殺させて、そのまま吹き飛ばす返し方でもそれなりに良いのでしょうけどもね。
 まあ基本白兵系統の小型ミサイル等に関しては、反射防衛用で飛行ドローンを連携型で用いて、跳ね返したりする系統で用いた方が早い可能性も高いのですがね。

 この射撃攻撃反射型の無人防衛兵器の戦い方は、専守防衛でありながら、主に相手のお金からの兵器を用いて、相手に防衛攻撃をしていくという形のある意味悪魔のような戦い方が基本となって行きますね。 攻撃費用の弾丸などをそのまま返して攻撃するわけですから、防衛側はほとんどお金使わずに向かってくる相手に攻撃が出来るという事になり、相手側の攻撃の意味を無くして行くような形に出来ますからね。
 特にそれを無人兵器相手に用いると、攻撃したら跳ね返されるけども、攻撃方法が射撃一択の場合は、どれだけ思考を重ねても打つ手が無くなる防衛兵器の形になりますからね。 ついでにピンクの悪魔の大きさ自体もかなり巨大化させて、通常兵器すらも飲み込めるような形にさせると、射撃無駄で、近付いたら本体丸ごと飲み込まれて相手陣営にそのままお返しされる爆弾(星弾)として利用されるというある意味最強な無人防衛兵器になってしまいます。 まあ吸引口の無い方向からの側面や背後からの攻撃には弱い(それも一部カバー可能だが)のですが、基本普通の戦闘において、そのような状況になる事自体が終わっていますから、基本圧倒的な強さになります。
 まあ現代兵器以外においてのあっさりやられる弱点としてビーム兵器等(吸い込める物が物理的な射撃攻撃に限るので。)がありますけども、現時点での小型化で使える状況が無い限りは、ほぼ無敵となりますね。
 ま、この兵器の運用場所は主に陸上においての直接戦闘が行われるような場所の形ですかね。あとは一部海上からの攻撃防衛用辺りの形。(艦砲射撃を吸い込んで返すと。)


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 射撃攻撃反射型無人防衛兵器~終了~ピンクの悪魔





























 今回紹介したのは、基本専守防衛型の陸戦用の無人防衛兵器ですね。それとは別に基本公開する気は皆無な、特殊攻撃用の次々世代型新型戦車のアイデアもあるにはあるのですが、完全攻撃系特化の形なので、公開する気は特に無いですね。ついでに言えば、この戦車もまた無限式です。(無限に動き続けられる戦車。)
 あとは第2弾の今回とはくらべものにもならないような圧倒的過ぎる極悪無人防衛兵器もあるのですけど、公開時期不明の次回という事ですね。 まあ基本コンセプトは今回と同じスタンスですけども。 END
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1043回 休憩 携帯情報端末のオーダーメイド制度~自分好みのスペックを~ [休憩]

 さていつも通りの休憩回ですね。 まあ今回はちょっと特殊な内容を話して行く予定ですけども。 まあ休憩ついでに話して行く内容ですがね。

 さて今日の時事は…特に無いですね。昨日の報道では日本の方でも熊本の阿蘇山また噴火とかいう報道がありましたけど、そこまで深刻なレベルでもないようですし、昨日のフランスの世界文化遺産のノートルダム大聖堂のニュースに飲み込まれている感は否めないですね。
 あとは細かい所で、私も好きな作品の1つのルパン三世の原作者のモンキー・パンチさんが亡くなったという報道も少し出ていましたね。
 あとは、そろそろ迫ってきた10連休について嬉しくないと答える人が嬉しいと答える人よりも上回っている事ですか。 ちなみに私は関心ない派です。だって、祝日休日関係無しにほぼ毎日ブログ作成に時間を費やしたりしている私には特段関係無いですからね。金銀銅の休日だろうが私には関係無いですね。
 まあその件で嬉しくないとか関係が無いとかいう人の大体の所では、休日系が関係がない仕事の人が日本には多いという事で、現状人頼りの仕事現場スタイルが普通の状況では、いくら休暇日が増えようがあまり変化が無いという事ですね。 やはり人を有意義に休ませようとするのなら、AIやロボットの導入をもっと進めていく必要があるでしょうね。そうすれば保育所系統や介護に病院系の仕事の人達にももっとゆっくりとした長期休暇を与えられるように出来るでしょうに。
 そういえば、とある都市部系の病院で、分娩医が居ない為にしばらく休む事になる病院が出ているという報道で、日本の深刻な医師不足がここでも露わになっているような感じですね。それでネットを繋げて他の医師がネット越しに立ち会えるようにしても、それも結局は医師1人当たりの負担が増して行くだけで、根本的な解決にはならない為に、医師の基本業務の負担率軽減の為には、AI医師をもっと増やして行くような体制にしていく方が良いかと思われます。
 どうしても人だけでは成り手の少ない職種も出てくるでしょうから、多少機械的にでもAIロボットが代わりをある程度担って行ける体制を構築していくべきだと思われますね。 人じゃなければいけないとした時、今の時代では相応の不便さも覚悟しないといけない時代になってきている。利便性や不自由のない形を目指すのであれば、AIロボットの積極的導入はしていくべき話になる。

 さて雑多な小時事終わりまして、休憩的本題の話に移って行きますけども、少し前から日本でも機種本体と月額支払いなどの金額をセットにした従来の販売体系を無くして行く試みが行われて、競争力をもっと上げようとする政府の思惑も出ていたりな状況になっていたりしますが、その状況で物の値段が上がる物が機種毎の本体価格ですね。
 この価格帯は新機種になって行く毎にどんどん値上がりして行って、果ては10万円台も普通になってくるという話になっていますが、そこまで行くと最早携帯通信機器だというのに贅沢品の産物となって、貧乏人には気軽に手に出来ない物になって行きますね。
 そこでの私のアイデアなのですけども、基本携帯電話に類する携帯情報端末はメーカー毎の組み立て完成品だけの販売体系が普通で、デスクトップ系のPCみたいな個人で改造したりオーダーメイドで自分好みのスペックで作ってもらうような試みはたぶんほとんど無いのかと思われますけども、携帯情報端末も機能要素的にはいくつかの要素に分かれているはずですし、それぞれごとの機能のパーツ等で性能の違いを分けさせて、オーダーメイド感覚で自分で選んでいって、自分が望む形の携帯スペックで選んで、組んでもらっての購入体系にするといった感じで、性能や機能のパーツごとにそれぞれの価格が違う設定で、本体(ボディだけ)の基本価格と共に個別の選択制の機能や性能ごとの違いで、自分好みの性能にしたり合計価格をなるべく下げるような形に組み上げるといった方法の販売体系もありなのではないでしょうかね?
 販売会社に通信企業にメーカー等も売れない商品を作っても意味はないわけで、顧客が望む体系である程度機能や性能の自由選択でなるべく自分好みの設計で金額も満足できる所にまで落とし込む事を自分で選べる形ならば、普通の販売体系よりも確実な購入率の上昇には繋げて行けるのではないでしょうかね?
 だって皆さん?全てにおいてメーカー毎の最高のスペックだけで組み込まれている端末において、そのすべての機能や性能をフルに使えている人ってどれだけいるでしょうか? 割合的には2割台ぐらいかなと思いますけども、携帯情報端末ごとの最高スペック全てを望む人はそこまで多く無いとも思いますね。
 どれだけ自分好みの性能であるのかを、現状はメーカーの大量生産の既製品の中から選ぶしかないのだけども、それでは今の状況価格帯が高騰していくのでなかなか手が出し辛くなって行って、多少性能が低くても良いという事で中古に流れる人も出てくるでしょうけど、そういう状況下でならば、新品でありながら自分好みの設計で、自分好みの機能や性能で組み込まれた納得のできる金額でのオーダーメイド形式の販売体系もありなのではないでしょうかね?
 それはメーカーが単体で行える形式にしても良いですし、複数のメーカーが合同でお互いの機能性能を持ち寄らせて選ばせる形でも良いですし、はたまた販売会社の方が専用の組み立て工場用意して、自社オリジナル組み立てブランドを作り上げても良いのではないでしょうかね。

 全てにおいてフルスペックを望まないのであれば、いくつかの機能性能を今の基本水準よりも低くさせて、安上がりに抑えさせるなんて形で新品を手に入れて行く形にする事も出来るでしょう。
 全員が全員メーカー毎の最高スペックだけを求める世の中で無いのならば、自分好みで機能性能を選んで組み上げて購入して行くような形にしても良いかと思われますけどね。
 それが基本価格が高くなっていくのならなおさら求められていくようにもなるのではないでしょうかね? そしてその後は、欲しい機能や性能のパーツなどが出てくるたびにその部分だけ追加交換して新しくしていく形の個別改造販売体系というのもありなのではないでしょうかね?

 まあそれとは別に従来基準の形の製品も同時に販売して行くようにすれば、緊急の用入りの人向けにも良いのではないでしょうかね?

 今や携帯電話というよりも1つの小型携帯情報端末という形式であるのならば、今のPCの形の1つでもあるオーダーメイド制度(もしくは個人改造型)の形も同じ情報端末の形としてありなのではないかと思った次第での話です。
 この顧客ごとの思う自分好みのスペックの形での販売体系であれば、日本のメーカー等でも販売戦略として海外メーカー等に立ち向かっていく事も出来るのではないでしょうかね? もちろん海外がやっても良いのですけども、そこは顧客の思う層によって決めて行けば良いでしょうかね。
 単純販売で行けるのならば、それでも良いでしょうし、それが難しいならばより顧客毎の思いや考え方に沿った形での機能性能スペックを構築させて選んで貰っての販売体系に出来れば、メーカー側としても顧客側にとっても満足の出来る販売体系に出来るのではないでしょうかね?
 つまりより自分好みな特化性能で携帯を持って行く形の販売体系にすれば、確実な形に持って行きやすいという感じですかね。
 今の形から行けば、通信速度体系だけを5G辺りとして、他の基本性能(通信速度に関与しない所)を1~3世代ぐらい前での構築体系にすると、結構本体価格引き下げられた状況で、5Gを得るといった新品を作り出す事も出来るのでは? メーカー毎のフルスペックだけを必ずしも求めないという人が結構いるのなら、この形は結構魅力的な形にもなるやもしれませんね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 携帯情報端末~終了~オーダーメイド





























 それで、この体系においてボディの方にもいろいろ改造やら改良を施せるようにして、色やデザイン系の形において、表と裏で違う色形の構築で組んでみるとかいう形に出来ると、それも1つの楽しみ方という事で人気を出せるのでは?(今まではカバーでしかできなかったけども、この形でならば本体の方にも自分好みの色形に。) ついでに、本体裏面を2以上分割で色を分けて組み合わせられるようにして、カラフルな本体を作り出せるとか、デコレーション柄本体とかも自分好みで選んだり作れるようにしたりとかできると、なお良いかもしれませんね。(追加費用形式で。 そしていつでも好きな時に交換して行けるような形にも。) そしてカバーと本体を組み合わせるようにしてまた新たなデザイン体系を構築して楽しませていくような形もありなのでは? まあ本体の柄などにそこまでのこだわりがある人が多いならの話ですが。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1042回 AI搭載の運動施設Ⅸ~バスケットボール~ [スポーツ]

 さてまだまだ続いていきますカテゴリスポーツのAI搭載の運動施設シリーズで、9回目はバスケットボールとなります。今回は基本に忠実にと、アレンジゲームをいくつかの紹介になります。
 それにしてもこれはコンスタントと言いながら、実際は大体週に1~2回ぐらいのペースですけどね。遠い目で見てコンスタント。

 さて黄昏気分少しどけて、今日の時事は私からは特に言う事はあまり無いのですけど、フランスのノートルダム大聖堂の火災により一部延焼した報道が今日のトップでしたね。
 黄色いベストにゴーンショックで荒れているフランスにまたもや襲い掛かる災害という感じで、フランスの人達にとってはテロ以上に精神的に傷つけられる出来事となっているでしょうね。
 マクロンになってから荒れるフランスというような出来事が続いていますね。実は疫病神?最悪の選択肢から回避しようとしたら、フランスの混乱と深い悲しみが発生するような状況になってしまったと。(まあ火災の方は因果関係まったくありませんが。)
 それとはまったく別件ですけど、フランスの今のプレジデントの名称を知らない人が結構日本にいるようですけども、フランスに限って今の名称ならば、洋菓子のマカロンから名前を覚えたら簡単に覚えられそうな感じですね。フランスの金持ちにとって甘いマカロンという感じで。(ああ、マクロンでしたか。)
 そんな話はさておいて、これからの世界遺産などの修復作業などにおいて、1%でも作業工程などにおいて火災が発生される恐れがある場合は、最低1台くらいの消防車なりを配備しておいた方が良いかもですね。 何事も発生してすぐの対応でかなり状況は変わってきますからね。

 という辺りで本題のAI搭載の運動施設のバスケットボール編の話に移って行きます。
 今回での基本コンセプトでは、AIコーチにVR練習を基本として、対戦式なのでレジェンドフリーバトルも一部追加されます。(アレンジゲームの方で使わないのがいくつかありますしね。まあ基本の方は普通にといった感じで。)
 それでいつものようにAIコーチとVR練習の方をまとめて説明して行きますけども、このバスケットボールでは試合形式の形であれば、基本チーム戦となり、個人の能力のコーチングの他にチームによるコーチングも機械的にAIに任せる形で出来るのは、サッカーと似たようなものですね。
 それで基本的な動き方やらシュートの決め方などを同じ施設内では現実方面で練習ができ、別の施設でだとVRを使って離れた所からのリンクによって練習を行なっていく事も可能です。 実質的な練習の形においては、基本バスケットボールが屋内競技なので、現実型でもVR型でも練習内容に特段の変化はありません。 まあ現実の方では、ガードの用意としてAI施設が動かす形でロボットを用意して、ガード配置に着かせて練習して行く事が可能で、VRならばウェアラブルデバイスとのリンクによってガードの衝撃や反動の状況等をウェアラブルデバイスでの動きに伝える事によって体感させていく事は可能です。
 まあロングシュートの練習においては、AIコーチでのサポートもしっかり行なえるでしょうから、そこら辺の練習においては普通よりも覚えやすく出来るでしょうかね。
 ついでにVRの形でならば、バスケネットの高さが自由に変更可能となる為、子供対応がさせやすく、ついでにその形式での試合も行い易いように出来る。(子供バスケ VRならば怪我の心配も少なく行えるしね。)

 それで基本対戦形式の形では、レジェンドフリーバトルによる過去の選手たちの能力情報をコピーして動きを疑似再現させて対戦する事が出来る機能も出来て、特殊なチーム編成なども自由に編成させて対戦して行く事も可能となる。(実際に戦うのは施設利用者達だが。)

 そしてAI搭載式とVRにおけるアレンジゲームのいくつかとしては、先にも話していたようにVR内においてはバスケのゴールネットの位置が自由に変更可能な為、どんどん上の高さを目指して行くシュート競技やどんどん離れて行くシュート競技の他に通常試合形式ながらゴールネットが通常一から上下左右に前後移動を決まった法則で動くようにしたり、相手チームの選手が自由に動かせるようにして、少し違った形でバスケットボールの試合を行なっていく形にする事も出来る。(まあ相手チームの選手が自由に動かせるとは言っても、ある程度の慣性の動きの部分では、一定方向に動かした後にしばらく操作を受け付けなくなる事、つまり上下左右に前後移動の形の基本行動でまた元に戻るまで、操作を受け付けなくさせる辺りが移動のルールにおける範囲内に設定すると良い。)
 また、VRにおいての対戦式において、攻撃陣4名と防御陣3名にゴールネット1名の編成にて、攻撃と防御の役割を一定時間決めた状況で交代で試合を行なう状況として、攻撃側は4名で連携して逃げ回るゴールネットにボールを入れて行く形で、防御側は3名が基本防御での防ぐ役で、残り1名はゴールネットを装備した状態にて、それをある程度自由に動かせる形式でかつ自分の移動で自由に逃げ回れる形で、防御して行くという形のゲームをすると追いかけっこ式バスケの形にする事も出来る。 もしくはどちらにもゴールネット役を1名ずつ付けて、乱戦形式での試合形式にしても面白いかもしれない。(ついでにボールを2つ用意したりして。) ただしゴール役はゴールネット以外の当たり判定はない状態で、完全に逃げまくる役にさせる。

 あとはゴールネットを両陣営のフィールド内に多数出現させて、お互いが本物のゴールネットを指定する形にして、それを探りながら試合を進めて行く形式のゲーム形式にしても面白いでしょうかね。 それにおいては、間違った場所にゴールさせてもポイントにはならず、相手にボールがすぐに渡される形になって、本物に入れてポイントを取った場合には、その際に相手がまた新たな場所を指定して、本物のゴールがどんどん変化して行きながらそれらを試合の中で探しながらゲームを進めさせていく一種の謎解きしながらバスケットボールをするような形にしても良い。 ちなみにその際はゲームを円滑にさせる為に、直接の試合のメンバー以外に控えメンバーか監督辺りで決めて行ける仕組みにすると良い。
 もしくは両陣営一定時間ごとに自動変化する形で、ポイント自体は全部入るのだけども、場所によってその入るポイントの倍率が変化して行くという形でのシャッフル制にすると、より多様な試合形式になって行く事も。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 AI搭載の運動施設~終了~バスケットボール





























 さて今回とは別に携帯ゲームにおける新たな形を思いついてしまったので、いつか紹介しますね。この形式での新規携帯ゲーム機の形ならば、事実上撤退方針のソニーでさえも参加する事が可能になったりする携帯ゲーム機業界の新体系でもあります。(この形でならば、ゲーム機のバリエーションを無限大に増やして行く事も可能。 まあ個人毎にオリジナルの携帯ゲーム機を簡単に作って特定ゲーム専用体系にしていく事も可能な感じですからね。 ついでに組み合わせ次第では、ゲーム機以外の様々な要素にも。) END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1041回 AI搭載の中間ゴミ集積地~カラス&漁り対策~ [建築]

 さて今回は昨日の夜の報道でカラスの集団の問題について話されていて、そこで話題の1つに上がった一般家庭用のゴミ置き場などの問題においての事からこのアイデアを思いつきました。
 街中におけるいつでも出せて誰でも出せる形のゴミ置き場の形として、配置させる事によって基本マナーの統一化と放置状況の可能性を減らして、ついでに回収作業も簡単に出来るという特性を持ったこの形です。

 さてその前にいつものように時事ですけども、今回は最近報道が多い踏切におけるのこぎり切断事件に関してですね。
 まあこれはたまたまのこぎりを車に積んだ職人さんが人身事故の影響で長時間降り続けた踏切のバーに腹が立って短気な性格もあってか苛立ちで切り倒して強引に進んだという器物破損事件の内容なのですけども、あれの続きとして報道量が少ないですけども、後続車両なども続いて無視して横断して行ったようですね。 もっと早い迂回路があったようですけども、どうしてもそこではないといけない理由があったのでしょうかね? 赤信号も皆で渡れば怖くない精神ですか?(そして轢かれたら自己責任と。)
 まあこれに限らず開かずの踏切なんかもありますけども、それらの対策としての地下道や一時的な上り坂による電車側簡易トンネル式通行の可能性にももっと突き詰めても良い気がしますけどね。 もしくはすごく簡易的に釣り上げ移動式とか非常用に設置できれば良いかもしれませんね。
(詳しくは、勝手踏切対策で解説中)

 さてそれでは本題の話に移って行きますけども、これは主に行政用の方法で、民間主体でも出来なくはないですが、利用料金を発生させようとすると本来の趣旨から外れて行く可能性もあるので、基本はカラス等の被害に苦しめられている行政が対策目的や街の美化や適切な分別作業能力の向上にゴミ回収業務の負担削減などに効果を出したい行政向けのアイデアになりますね。(ああ、行政からお金をもらう形で民間が行うという形式でも出来るでしょうかね。)
 それで中身の仕組みとしては、基本ゴミ置き場に関してはマンション等であればまとめて出す場所が用意されて、戸建て住宅等が並ぶ場所では自治区域ごとに固定の置き場が決められていたりしますが、基本はゴミの出す曜日が決められていて、分別の基準がバラバラであったりゴミ置き場の環境がバラバラであったりして、カラスや漁り目的に荒らされたりする事も出てきたりしているようですけども、そういうバラバラの体系だけでなく、それとは別にいつでも好きなタイミングで大型の粗大ごみ以外のゴミが出せて、マンションや自治区域に限らず全ての人が利用できる形の小型~中型の中間ゴミ集積地なる施設を街中に目立たない配置でついでに24時間管理用としてAIまでも付けて配置させる事が出来れば、少しは対策に繋げて行けるのでは?というアイデアの話です。

 このAI搭載の中間ゴミ集積地の施設は、自治区域ごとやマンションごとのゴミ置き場とは別に用意して、いつでもだれでも好きなゴミを出せるゴミ置き場という形ですけども、それを普通に街中に堂々と配置するのでは、景観的な問題やら設置における場所的な問題が発生してしまいますので、基本の体系として地下に埋めて、外にぽつんと配置されたデバイスにて、必要な時に地下からゴミを入れる入り口を出現させて、そこにゴミを入れて置ける仕組みにさせます。 ちなみに大きさはその街々の大きさや住民たちの利用状況に応じて各自決めてください。
 そしてゴミを入れる際には、ゴミ施設のAIがそのゴミの種類をある程度判別できるようにさせて、分別がされていない場合は受け取らないようにするか、施設内で分別して分けて行けるような仕組みを付けると良いでしょう。
 それで基本的には先ほども言ったように大型系の粗大ごみクラス以外の物を受け付ける中間ゴミ集積地としての形で、基本的なゴミの種類の形から一部の特定の場所や形でないと受け付けられないゴミ等も全部入れてまとめられるようにさせます。
 そして生ごみの種類に限り別途付加機能として、まとめて肥料などに変えていく機能を内部に持たせても良いでしょう。 あとはペットボトルや缶などの物を施設内でまとめて圧縮して潰す機能を持たせるという仕組みも追加できそうですし、一部雑誌類などで再利用が出来そうな物をAIが判断してリサイクル方向に自動で回して、最低価格が基本の古本買取施設(一般的なお店では断られる系)のような形にする事も出来るでしょうね。

 あとはAIならではの機能として、不法投棄しようとしたらすぐにカメラなど回して警察に即時通報できるシステムとかによって、大型の物を放置させない仕組みにする事は出来るでしょうし、先程のように個別にAIで判断する形の分別で細かく分けさせていく流れにもしやすいでしょうね。
 そして1番のAIを搭載する上においての強みで言えば、それぞれのゴミの溜まる状況量を常に把握して満タンになる前の状況を把握できるようになるので、その前の段階でゴミ収集に来てもらえる仕組みにさせれば、常にゴミを集めておける形に出来ます。ゴミ収集においてもまとまった段階から仕事する形なので、効率の無駄を削減させる事が出来ます。 ついでにこの形であれば基本決まったルートを移動する形で、この中間ゴミ集積地での地下からゴミを収集者に移す際は直接ゴミを移動させるような連結システムにまでさせられれば、様々な回収における手間も削減でき、無人化させやすい流れにもなります。中間の集積地と最終処理施設の間を行き来するだけの形になるので、無人運転化させやすい流れに組み込める。 そうなると最終的にゴミの流れの形を全部AIと無人機で動かす事が出来るようになるので、効率化と人材問題の状況解決に繋げられて、ゴミ収集におけるコスト削減にも繋げられるうえ、無人化ならばそれこそ曜日に関係せずに動かしまくれる。

 また、この仕組みに際して、小型のゴミ回収無人機を多数用意させて、住民サービスの形で一定回数までの利用は無料で回収してくれて、自動的に中間ゴミ集積地に持って行ってくれるような形も作れると、よりゴミのマナーを守らせやすい作りにしていく事も出来る。一定回数以上は低価格での有料式にする。
 ついでにそれと組み合わせて、中型のゴミ回収の無人機と主に粗大ごみ用や粗大ごみも含めた中間ゴミ集積地にて、簡単な粗大ごみ回収による仕組みを作って、その処理用の施設の仕組みにおいては、AIの判断によってリサイクル使用可能な物は自動的にリサイクル方向に回せるようにして、それ以外は細かくそこで解体したり分解したりして、ゴミの分別や使える物の選りすぐり等をAIが自動的に行なって、そこからまた別の回収専用車に任せて、各地の場所に送って行く流れにすると、作業効率に住民側の利便性などの向上に繋げ易く、不法投棄に至る確率を減らして行く流れにも繋げ易くなる。(その仕組みの中で、部分的に使える物等で後でそれに該当する買い取り代金などを返還したり、中間ゴミ集積地で直接受け取ったりできるシステムにすると、そこに運ばせる流れを作りやすくなる。)

 そして場所が基本的に地下の施設形式で守る形になるので、匂い問題の発生は完全に防がれ、カラス等に漁られる危険性を物理的に防いで行く流れにもでき、地下という事から地上の気象災害等の影響も防げてゴミの流出も防げることから、基本的な問題対策に繋げて行きやすくなる。

 あとは地下都市開発機構の流れから、各地の設置ゴミ箱固定式や自治区域やマンション等のゴミ置き場などから中間ゴミ集積地に地下から流れるような仕組みを蔓延らせると、よりゴミの回収能力を高めて、ゴミが1つの場所で溢れてしまう問題を防止させていく事も出来るようになる。
 ついでにその流れから専用の地下道でそれぞれの最終処分場所に無人機で自動移動出来る仕組みにさせると、無人運転化の技術自体も必要無く達成させる事も可能になる。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 AI搭載の中間ゴミ集積地~終了~カラス対策





























 ちなみに名称がなぜ中間ゴミ集積地なのかというと、基本のマンション等や自治区域のゴミ置き場以外にそれなりの大きさのゴミ集積場所を街中に配置させる事から、中間という位置付けの名称にしています。 ついでに可能ならばマンション等のゴミ置き場にも監視アドバイス用のAIと専用カメラを設置できるようにすると、そこのゴミ問題に関して対策が出来たりするでしょうかね。
 AIならば24時間常時いつでも見張っていて、状況対応もすぐに行なっていけますからね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1040回 たかじん委員会 EU危機にイギリス・フランス・イタリア問題 [世界問題]

 さてと、本日はたかじん委員会の話なのですが、3国の話というよりも私はEU連合国家群の問題の方に重点を置いた話で今回は進ませていきます。 まあ昨日の報道特集でこの中のイギリスとフランスの話を一部話したからというのもありますが、それ以上にEUの連合国家群としての現体制のあやふやさについて問題があると思ったので、そちらに重点を置きます。

 さていつものように時事は、バンキシャ冒頭で取り上げられていた日本の海産物売買の件で韓国に国際裁判系で負けたという報道がありますけども、あれは単に風評被害による影響ではなく、今の日韓関係が指し示す形の反日から来る流れだと思われますね。 要はそちらにおいても反日の流れで、判定基準を厳しくさせたりなどで拒否する流れにしているだけでしょうね。安全性に関しては特に話に挙げる事もなく、単純に現在の日韓関係から来る反日の感情がそちらにも影響しているだけと思われますね。
 その流れから来るものが韓国内で蔓延しているから拒否の動きが強いという事であり、現在の日韓問題を解決しない限りはあまり進展しないと思われますね。
 それにしても、そんなに嫌っている所に無理やりにでも売りたいものですかねえ? 絶対的に買われない物を売りつけられても韓国も困るでしょうし、日本にとってもたとえ売れても大量に廃棄される様を公開されて傷つけられたり、産地偽装されたりするよりかは、現在においての需要のない韓国に売りつけるよりも、別の販路を探して行った方が効率的かと思われますね。
 欲しくないとしている相手に無理強いしようとしてもうまくいくはずはありませんし、まずは他の国々での信頼回復や安全確認を十分に済ませてから、韓国側が欲するその時まで放置プレーで無視したらよいのではないでしょうかね? そしてその時になって多少高値で取引する所から始める辺りで、行けばよいのでは?(海外から日本産を間接輸入するよりかは安い辺りのギリギリな高値水準辺りでね。 この考えはあくどいですかね?)

 それに、韓国の人で日本産が好いている人ならば、日本に来て食せば良いという考えにもなるでしょうし、無理に韓国全体に対して売りつける意味は現状況ないと見て考えた方がよほど経済的です。

 さてそれでは本題のたかじん委員会のEU危機の話に入って行きますけども、これの基本的な考えは、昨日のアメリカでも出した話と似ている所がありまして、要は無理強いや強要をして、EU連合内での押し付け合戦やら1国がやったら全体でもやる必要がある等の不平等な平等を求められる状況によって、連合が危機に陥ろうとしているという話です。
 連合国家という物は、お互いに助け合ったり協力し合ったりする事によって共に強くまとまりを持って行動して行く事が出来るのですが、現在でのEUを見るにその状況はほとんど見られず、いくつかの国が移民の受け入れに寛容ならば、それ以外の寛容でもなく受け入れに批判的な国にもEU内での平等を持って不平等な受け入れを強制されたりする事によって、国が疲弊したりする事や国民たちの不満が高まる危険性に陥ったりもしている。
 また、相互協力が必要な場面で、お互いに物資や環境を奪い合ったりしている状況がEU内で散見されて、それによる弊害での不満や反EU派の行動も目立つ形となり、EU連合国家としての形は今限界を迎えようかとしている状況にある。 それも全て、EU平等という名の不平等制度の結果や制度による押し付けや無理強いが強められている結果によって起きている現象である。

 本来連合国家という物は、お互いが助け合えたり支え合えたりする状況により効果を発揮する物だが、それが機能しなくなれば、それに対して不満を覚える者達が出てき始めて、EU連合には亀裂が生じ始めて行く事になる。今回のEUにおいては、この亀裂を入れるに該当する物は、まず中東等で日夜繰り広げられている紛争やら戦争の影響で、毎年大量の移民や難民が流入している事に加えて、資本主義における経済格差における貧富の格差問題の悪化に地球規模での総人口総数の増加に値する地球温暖化現象の効果等にもよる地球規模での食料資源の低下による経済への影響等が大きく関係していて、要は国民1人辺りの十分な生活環境が整えられなくなってきたために、EU内での押し付け弊害から逃れて楽になろうとする国が出てき始めているという事である。
 助け合わなくては連合として固まっていけなかったというのに、平等という名において問題等を押し付け合おうとした結果EUの体制が崩壊へと導かれ始める結果となってしまったという事ですね。 大国~小国の状況は国ごとに大きく違うというのに、それを1つの国として同じ条件で平等にしようと強要させたら、それは不平等な形にしかなりません。
 さらに元より国ごとに基本的な文化や考え方等も違うからそれぞれ国の形式になっていて、その状況では国ごとに賛成できるか反対できるかも違うというのにEU連合の統一判断で制度等を押し付けられる行為では、当然ながら反発する国が出てきたり、それによる国ごとの格差の問題も出てくる事になるでしょうから、余計にEUに対する批判者達の行動も活発になって行ってしまうでしょうね。

 結果として先にイギリスが離脱の動きになることになったのですが、現状残留派と離脱派で大きく対立する結果となって、どちらが勝ってもイギリス内では大きな溝が残ってしまって、その後のイギリスに大きな禍根を残す事になりそうなので、現状的には私の最適な見解としては昨日の通りですかね。 まあEU側がイギリス離脱派が思う最大の嫌がる内容である移民難民の強要を無くす条件が出せられるのならば、大体残留意見でまとめる事も出来るのでしょうが、EUはその条件を認める事は出来ずに押し付ける事の平等を謳うでしょうから、問題は解決へと導かれないでしょうね。大体の人達が納得できる答えをEU側が用意する事が出来ないのですからね。まあそれが出来るのならば、イギリスがここまでの混乱に苛まされる事も多分なかったでしょうけどね。

 結局EUに蔓延する大きな問題は、経済状況の不安定な状況に対する貧富の格差の広がりと貧困家庭の生活水準が低くなりすぎる事による問題でしょうね。
 特にそれでの国内問題が酷いのがたかじんでも取り上げられたフランスであり、貧困層を切り捨てて富裕層ばかりを優遇してフランスという国とEUを守ろうとしたばかりに、フランスに住む大多数の一般から貧困の国民から大規模デモの黄色いベスト運動へと繋げられて、大混乱の渦中に貶められている状況になっている。
 ここは、国とEUを取るか一般以下の国民を選ぶかの選択肢に、国とEUに富裕層を選んでしまう決断を取ったが為に、最低生活水準も得られなくなった一般以下の国民たちが大暴動に転じてしまったという事での問題状況である。 国民を見殺しにしようと現政権が動いたから、そんな虐殺政権は要らないという動きですね。

 そしてイタリアに関しては、国としての貧富の格差問題をドイツに吸い上げられてしまっているが為の中国頼りの行動に打って出てしまったという状況で、周りの国々が助けようとする動きに出来ずに負担をむしろ押し付けるような形になって行ったが為に、落とされていった国という事でしょうね。 それを言うならばギリシャも似たような物ですが、EUの不平等によって国力が下げられてしまう国々も出てき始めているから、EUに対する離脱の動きも加速化されてしまっているという事です。 お互いに協力したり助け合えない連合は崩壊するだけです。外国の企業頼りではなく、EUにおける企業の力や国産企業の力を強めて行く動きが出来なければ、資本主義経済の中では連合国家を安定させる事は出来ません。 逆を言えば、現状の資本主義に社会主義に共産主義等以外の方法では可能なのですがね。

 つまり統合してのEUの問題は資本主義における格差の広がりの問題や最低生活水準における状況の問題の改善が必要という事であり、さらには移民などが入ってきても大丈夫な場所や環境の構築なども必要という事ですが、最終的には私のやり方が最善という所ですが、現状においての最善策は、まずEUにおいての連合の本来の持ち味を復活させてお互いに助け合える体制にする事と、EUにおける国産企業等の促進を広げさせて、EUのお金のユーロ1本化体制ではなく、元の各国家ごとのお金も用意できる形の体制に戻して、その上でユーロも使えるようにする状況にして、国内の生活状況を過度に貧困に導く事が無いようにさせる事と、移民難民の受け入れに関して負担平等ではなく、寛容な国だけがとりあえず受け入れを続けて、不可能な国はきちんと拒否権で拒否する事が出来る体制に切り替える事が必要なのですが、まあ老害体制のEU体制ではかなり無理があるでしょうかね。 資本主義の状況ではどう足搔いても最悪を遅くさせる事しかできませんからね。
 資本主義や共産に社会主義等でも貧富の格差の問題は酷い状況であり、国民1人当たりの最低生活環境が守られない事や夢を目指せず自由が得られない状況では、不満が溜まる事はどうしても仕方の無い事です。 だってそれが現状の主義の最大の欠陥なのですからね。誰かが誰かを食い物にし続けるだけの主義では、その犠牲者たちの怨念は晴れる事無く、やがてその状況が一定以上になったら突如として爆発する事になり、アメリカのトランプをプレジデントとしてこの世に生みだしたり、イギリスでの離脱大混乱が巻き起こったり、世界規模でのテロが勃発する事になったのですよ。 全部犠牲を求める主義において、主に資本主義の経済体質によって引き起こされていった反動の結果です。

 だからこそ、私がその犠牲体質から変わる為の新たな主義体系を作り出したのですがね。 まあただし、これは現状の腐敗政治家達や富裕層にとっては忌み嫌う主義体制の何物でもありませんから、受け入れられにくいのは分っていますがね。 本当に世界で平和を追求させていきたいのなら、絶対的に必要になる主義体制の形なのですがね。この独民自由主義はね。(ただし主に、衣食住最低保障制度だが。)


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 たかじん委員会~終了~EU連合国家の危機





























 食料資源の無意味な乱獲は、結果として経済の低下に繋がるのだから、もっとよく考えて話し合って行うべきですね。 そしてもっと世界全体で、今の総人口数の増加に対する対策として、食用魚の完全養殖体制も拡充させていくべきでしょうね。
 自然から乱獲して行くだけでは全く駄目である。 そして農業においても地球環境の自然任せなやり方は徐々に見直していく必要があると思われる。
 どんどん地球の環境も変化して行っているようなので、それに農業体質が付いていけられないのであれば、確実に強固な建物等で守りながら多少の地球環境の変化には耐えられる形の農業体質へと変化させていくべきである。あと、平面だけしか活用できないのはバカである。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1039回 無人海上防衛兵器(津波) +報道特集雑記 [新アイテム開発]

 さて今週は報道特集の中身が薄いので、そちらを雑記程度にまとめて、物騒そうな無人兵器の話をしますけど、これの原形はとある水力発電機構です。(というか、使い方のバリエーション説明になってくる。)

 それでは時事の辺りに今日の報道特集の内容を入れ込みますけども、ゴーン問題においては日本の人質司法と言えるというか拷問司法に対する世界の批判ですよね。
 容疑者の精神を著しく衰弱させるまで拘束して、警察の求める罪を認めるまで自白に追い込む体質は、人質というよりも拷問です。これで世界が認めるわけはないでしょうに。
 また、取り調べもよってたかって集団で容疑者をタコ殴りにするような取り調べ状況で、どんな暴行拷問が行われようとも検察側が情報公開しなければ明かされる事が無い状況というのは、やはり人権無視の拷問取り調べと言わざるを得ないでしょうね。 これが日本の実体であり、それにおける自白絶対主義による冤罪を多数生んできた現実もそこにあります。
 つまり警察検察側が罪もない人達を今までに多数虐殺しておきながら、その体質を今まで続けられている状況で、今この元号が変わる時まで続いているという日本の劣悪状況という事ですね。
 それで今回はゴーン氏の妻にまで容疑をかけて、隙あらば不当逮捕してゴーン氏に対して「自白しなければ妻の命はないと思え」とかやるつもりだったのでしょうかね? まあそれと似たような状況を作ろうとしていた気配は見えますから、容疑者に対する人権はもちろんのこと、容疑者を殺しても問題ないかのようにする日本の司法制度は、正しく拷問虐殺司法な形ですね。
 そして前にも言いましたけども、保釈中に逮捕する必要まではなかったと思いますがね。よほど容疑者にはしゃべられてはまずい検察側の不正の証でもあったのでしょうかね? それとも確実に罪を着せる為に容疑者に何もさせない口封じでの人権無視をする必要があったからでしょうかね?
 現状あの動画を見た限りで推察すると、表に立たせてしゃべらした方が、別の確定罪で罰を与えやすかったのではないのか?という思いすらありますけどね。(名誉棄損系統)
 やはりホテルなどへの軟禁に警察張り込み体制で行動を監視するぐらいの方がまだましな気がしますけどね。 よほど検察側が容疑者を殺しても良いとかいう極悪集団でなければの話ですけど。

 やはり自白だけにおける最高懲役年数の設定は必要でしょうね。せいぜい3~5年がいい所かな。それが嫌なら、警察検察側がきちんと物的や状況証拠を集める仕事をすれば良いだけですしね。
 自白だけというのは完全に税金の無駄飯ぐらいな状況である。というか暴力団に転職した方が良いぐらいな状況。

 それでもう1つはイギリスのEU離脱問題での再延期の話ですかね。
 こっちは話がまとまる可能性は皆無ですから、素直にイギリス内部でも残留派と離脱派で領土だけを分ける形にした方が良いような気がしますね。
 だって元は4つぐらいの国の連合国なわけですし、それで話がきちんとまとまるような事は無いと思いますし、どちらの道を選んでも現状イギリス内部での不満や不安が収まることはないでしょうから、イギリス内部で分かれた方が良いのですよ。
 そうですね。他国とかで見るならば、イギリス内部での自治区域での国体制としてもう1つのイギリスを作って、そこに離脱派の人達が集まって、イギリス内でのEUに縛られない枠組みの形を実現させて、残留派の領土では普通にEUルール内での状況になるという形が1番まとまりやすい気がしますけどね。
 結局このEU離脱系の問題は移民などの状況も強く影響しているわけで、今のアメリカの不法移民問題と状況で似ている所があるわけですね。 まあアメリカの方でも動きとして、受け入れる楽園都市に不法滞在者等を押し付けてみようとするトランプ氏の政策が公表されているようですけども、それを嫌がったりすれば、結局はトランプの思惑に乗っかる形になるでしょうね。
 寛容な楽園都市として認知されている状況では、受け入れるほか選択肢はないように思えて、その活動を他の場所にも広げて行けるようにそこが中心となって努力していく必要がある話で、それを全部トランプにやらせようかとするのは話が違うと思われ、それこそ責任放棄をこの形ではするのか?という意味での問題にもつれ込まされる事になる。
 それは楽園都市が増えて行けば良いだけの話であって、それに対してトランプ氏に抗議するのは話が違うと思われる。 だって不法滞在者に対して、寛容な人もいれば拒否する人もいる事は現実としてあり、拒否する人たちに無理やり押し付けて仲良くしろという方が人でなしのように思われる為、まずは受け入れられる人達で受け入れて行く形にして、その人達がその活動を広げて行ければ良いだけの話で、トランプがやろうとしている行為は、嫌がる人に無理やり押し付けられる分を寛容な人たちの所に送ろうとしているだけの話なので、それを否定する事は、嫌がる人に無理強いして困らせようとする差別行動になる。 だからこそ、寛容な人たちがまず受け入れてから、その広がりを自分たちで広げていくしか解決方法はないと見える。 それを嫌がる人たちに無理に押し付けようとしたら必ず反発と強い差別による反発行動が始まってしまう為ね。 それが今の大体の現状なのである。旧政権の無理強い体制が今の状況を引き起こさせているとも言える。

 という感じで報道特集での時事も交えた長い時事でした。
 そして本題はそれほど多く無いのですけども、この無人海上防衛兵器というのは、名称だけは防衛兵器と付けていますが、実際の形としては兵器という感じではなく、普通に前にも散々紹介してきた超絶大規模水力発電機構の人工滝発電の応用の形がそれとなります。
 そして防衛とは言っても、物理的な攻撃系能力ではなく、単に人工滝発電の副効果からなる津波発生効果における船や艦船の行動妨害系統の効果でしかありませんね。
 海上型人工滝発電の基本形態の状況では、津波を発生させる事は出来ませんが、その排水の形をまとめて一気に圧縮して押し流すような形に変えると、人工的に津波を発生させるようにする事もでき、それを比較的安全な防衛兵器として取り扱うようにする事も可能というだけの話です。
 要は違法民間漁船や近付いてくる敵戦艦などに対する津波や大津波による押し戻し効果狙いでのよしんば追加効果での転覆狙いの防衛攻撃となります。 要は近づけさせないようにする無人防衛兵器としても使えるように出来るという内容で、いくらどんな強力な戦艦などでも、津波によって度々揺らされて、さらに押し戻されて目的地まで進めない様に妨害されまくる状況では、その真価を発揮できないようになるという感じの防衛攻撃で、この津波攻撃に関しては、機械が壊れない限りエネルギー無限で無限津波が起こせるので、相手が燃料有限形式なら、普通にそれだけで勝つ事も可能です。
 平和的に勝つ事も可能な無人海上防衛兵器ですね。(笑)

 また、この海上型人工滝発電での人工津波の発生能力は、同時に自然災害での津波を打ち消す為に使う事も可能になり、海上型人工滝発電の津波飲み込み機能と対消滅狙いの人工津波の発生効果により2重に津波への対策も可能になるこの人工滝発電でもあります。
 また、夏等のレジャー用に海水浴場などの近くで小さな津波などを発生させて、サーファー向けの波の提供に使う事も出来るようになります。
 そしていずれの状況にしても、人工滝発電における基本効果の水力発電能力を活用発揮させる事が出来る為、無駄のない仕様に出来ます。
 その他、水のレジャー施設系の動力源兼アトラクションの1つとしても使うような形にさせる事も可能ですね。

 だからタイトルにはカッコで津波と記しているわけですね。
 私のアイデアの中でも、人工滝発電は原発を遥かに超える能力を持ちながら、様々な他の用途にも使えるので、非常に便利な物ですね。(例 津波対策)


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 報道特集~終了~人工滝発電





























 さて、今私が考えているアイデアの中に、対無人殺戮兵器用のオーバーキル的な無人防衛兵器のアイデアが少しあり、それを近い内に公開出来ればと考えている感じですね。
 これは、無人殺戮兵器たちを圧倒的な力で叩きのめせる無人防衛兵器なので、先の先を行く私の対策の考え方になりますね。 言葉的には違うかもしれませんが、ヒューマンハンターハンターのような無人兵器です。ちなみに、それらには単独における攻撃能力は無いのですけどね。 すべて相手の攻撃や特徴を生かして、相手にそのままお返しする防衛攻撃の形になりますからね。
 第1弾は、現実的に可能なのか?という辺りの物理反射無人防衛兵器辺りを紹介したいとしています。 END
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1038回 AI搭載の運動施設Ⅷ~ボウリング~ [スポーツ]

 さてコンスタントに行く事を目指しているAI搭載の運動施設の第8弾で今度はボウリングなのですが、運動施設と言いつつ実際はボウリング場にAIを搭載させる形で、さらに大改造するような感じとなりますね。 それにて、現実とVRの2種類の違った楽しみ方が追い求めて行けるようになります。

 それではいつも通りに時事の話ですけども、緊急報道的な物で発表されたのは、今度は大和ハウスですか。建築不正物件は。
 関東中心に耐火基準以下の物が約200件程度で、関西地方なども含めて約1800件程度が基礎建築で基準以下の物がようやく判明したとのことで、事の状況発覚が3年前にもあったにも拘らず、今の今まで秘密にしていて、それでようやく発表しても自分たちの落ち度はあまり無いというような報告で、部下に責任押し付けるような行動というのは、本当に情けない限りですね。
 まあこちらは、レオパレスのようにすぐに引越さなければいけない事は今の所ないようですけども、半ば騙す形で入居させている件に関しては、しっかりと責任は果たしてもらいたい所でしょうかね。
 まあ緊急報道でさわりの部分しか聞いていないのでこれぐらいにしますかね。
 ちなみに私の住んでいる物件は、表立った報告などはないものの、十分欠陥住宅的な状況で、現在引っ越しするかどうかを検討中にありますね。(マンションの管理会社が現在完全にブラック状況で、住民の不満などは知らぬ存ぜぬで無視し続ける状況になって、マンション内が半ば無法化してきているので。 あと欠陥に近しい事も無視されていますしね。まあその分相対的に多少家賃は安いのですけど。(不健康になってもかまわないのならば。))

 という感じでこちらの諸事情的近況も話した所で、そろそろ本題に移って行きます。
 今回はボウリングという事で、実際のタイトルはAI搭載のボウリング場に該当しますね。
 まあそんな話はさておき、今回のボウリングは完全個人スポーツなので当然ながら、基本コンセプトはAIコーチとVR練習のみとなります。 ただし今回のボウリングに関しては、ボウリング場を大改造させる事によって、様々なボウリングの形を実現させていく事が出来るようになります。枠にハマっただけのボウリングの形だけでなく、現実においても多種多様な無限にも近い配列のボウリングが出来るようになり、VRにおいては特殊な形のまた一味違うボウリングの形が楽しめるようになり、VRにおいてはそれがVReスポーツへとそのまま昇華させる事も出来ます。
 その事により子供から老人まで楽しめるようなボウリングの形にする事ができ、かつ飽きの全く来ない毎日が新しき道への挑戦に出来るようなボウリング場へと変えて行く事も可能です。
 今回はそんなボウリング場の進化の形も踏まえて説明して行きます。

 というわけでいつもの説明を今回は少なめに語って行きますけども、恒例のAIコーチとVR練習はまとめて話して行きます。
 今回のボウリングにおいては、AIコーチとVR練習では、基本フォームの練習とカーブの投げ方等の練習ぐらいとなって、基本的に他のスポーツよりかは要素は少なめです。 どこまで正確な場所に適切な力加減で投げられるようになるのかという所に能力的には尽きる為、それはAIコーチでの実技的やVRでの仮想現実内での動き方の感覚などをウェアラブルデバイスを通して体感して覚えて行けば良いものであり、VRだけに言及するのであれば、力加減などの補正を加える事によって、誰でも簡単にボウリングを楽しめるようにさせる事も可能となります。

 という辺りを基本的な説明と致しまして、応用練習などは先にボウリング場大改造の話をしないと説明が出来ませんので、さっさと進化ボウリング場の話に移って行きます。
 この進化型と言うのは、現実面での能力の大幅改造と、VRにも対応させる形への大改造で、従来のような決まったピンの配置の形のみの固定で変わり映えのしないボウリング場とはまるで違います。(まあボールを転がすレーンの形や人が移動できる場所等にはあまり変化は無いのだけども。)
 その大改造する部分は主に天井に側面壁にボウリングのピンが配置される場所で、ここに大掛かりにレーンがある場所全体ぐらいの状況で、上から横からロボットアームが出て来たりピンの配置がいろいろ工夫できるような形で配置できるように改造します。 要はボウリングのレーンのどこにでもロボットアーム等を使ってピンが配置して行けるようにして、ボウリングのピンの数もレーンごとに固定数の10ではなく、置ける限り用意できる用の数を用意させます。
 こうやってレーンのどこにでも自由にピンを配置できるようにさせると、基本の配置の形からそこから幾つかピンを抜いて難しい配置の形に変えたり、はたまた全く違う形にしたり横1列に並べてガーターなしにさせると、誰でも確実に1ピン以上は倒せるような配置で楽しませたり、いろいろ難しい配置でチャレンジを重ねて行くような形で遊んでいく事も可能です。
 また、この形式から子供用の形でレーンの手前側にピンを並べて、ミニボウリングとさせたり、基本形で1つずつ並べて行ったりコツを覚えさせる用の練習目的での配置でボウリングの基礎部分を覚えて行くように使う事も可能です。
 あとはカラーピン等も用意して、カラーだけを倒したりカラーだけを残したりするチャレンジ系統にもしていく事は可能で、ピンを縦1列に並べて、究極のストレート勝負などをしてみるという形にも出来ます。
 また、この形であれば、ピンが多少どこに飛んでも、ボウリングの球が途中で止まったとしても、AIがすぐに認知する形で、ロボットアームにて回収したりする事も可能なので、その辺の問題も必要ありません。 あとは改造の状況によっては、レーンの長さを引き上げさせる変化を加えたり、最初からカーブ重視の形になっているのを追加して、AIの対応によって自動的に切り替えられるような形にしても良いでしょう。(あとは上り坂下り坂のレーンとかね。)

 物理的な改造によってここまで様々ないろんな配置による無限とも思える配置のパターンによってチャレンジしていく事が可能ですけども、さらにもう1つの楽しみ方のVReスポーツでのボウリングの形として、レーン自体は現実の物を使って、VRバイザーの基本形式からウェアラブルデバイスからの現実へのバーチャル投影技術(立体的3Dやホログラム映像等)による現実のレーンを使ってのVReスポーツでの現実とは一味以上に違うVRボウリングの形も実現させる事が出来ます。
 そのVRボウリングに関しては、現実での改造型の配置なども可能ですが、むしろVRではVRでしか実現できない形を基本とさせて、差別化させます。
 動きの形としては、グローブ型のウェアラブルデバイスにて、誰でも簡単に重量を感じたりする必要(必要に応じて、肩までの形にて、疑似的に重さの影響を受けるような形にしたりする事は可能。)もなく、位置と投げる動作などで遊べるようにします。
 それにおいてVRならではの形としては、ピンが自動的に移動する形やレーンが曲がったりして自動移動したり波打ったりする変化の形に、ボウリングの球の物理的な当たり判定による影響値を無くしての純粋な力加減によりどこまでも飛ばせるような状況に変化させたり、ピンの形を変化させて、いろんな物を倒して行く形に変えたりボウリングでパズル的な要素の形に変えたりする事が出来ます。
 特に基本的な形においてのピンが自動的に左右や上下で空中に浮き上がったりする動作はVRでしか難しく、それによるアクティブな動きによるタイミングを見極めた形でのボウリングを楽しんでいくような形も可能です。
 さらには、ピンが一部横方向で浮遊していて、当てるとまた違った感じに吹き飛んで、それによる新たなチャレンジ系統を楽しむ事も可能になったり、ゴルフの要素と組み合わせて、投げる方向はVR内で決められるようにして、現実の形に投げた後のボールの状況が投影されるようにして、より多くのコースに散らばるピンを倒しながら倒した数も多くて最短でカップインさせていくというようなボウリングゴルフというような新競技を作ることも可能です。(ちなみにこれは、現実の場所でも出来なくはないですが、風の影響やボウリングの球と回転させる場所の問題状難しいので、VR内で合体させた方が楽しくなります。 あとピンの配置や回収も現実でする必要無いですしね。)

 投げるまでの動作状況は現実のボウリングと全く同じにさせれば、普通にVReスポーツとして確立させられるのでは? ついでにVRでなら水中ボウリングを楽しむ事も。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 AI搭載のボウリング場~終了~現実とVRのダブルボウリング





























 さて、VRの形であれば、私の好きなゲームの1つである塊魂と要素を組み合わせて、ボウリングの球を投げて転がしながらいろんな物をくっつけて行って大きくさせながら遊んでいくような塊魂ボウリングという遊び方も作って行けるのではないでしょうかね。
 ちなみに塊魂というゲームは、旧ナムコ(今はバンダイナムコ)のゲームで、塊を転がしてゲーム内に散らばる様々な物をくっつけて大きくしていくという単純ゲームで、最終的には島や星なども巻き込んでいくゲームです。 あれでのくっつけた際の鳴り物や悲鳴などが好きですね。(いや、普通に途中の過程で人を巻き込んだりしているゲームなので。) END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1037回 時事雑記「桜田五輪大臣・ブラックホール・賞味期限」 [授業]

 さて今回はいろいろ中ぐらいの時事記事を集めての時事雑記回と致します。 ちなみにタイトルとは少し違ってある意味本命なブラックホールについて語る話は最後にします。

 まずは昨日の夜に出てきた唐突な辞任劇の話ですね。今までも散々問題やら失言やらを繰り返して、その度に可愛がってくれる安倍総理に守られ続けてきた五輪大臣がついに禁句の絶対に言ってはいけない失言をしてしまっての辞任という形になってしまいましたね。
 被災地での議員の後援会にて、場を盛り上がらせて応援する議員を立てる発言をしようとして、その前にどれだけ被災地復興は大切であるかを言いながらも「被災地復興以上に議員個人の方が大切だ~」等と被災地の人々を傷つける発言をしてしまい、それを聞いていた議員の幾人かが「これはまずいのではないのか?」と、早急に上に上げた所での超短時間辞任劇と相成ったようですね。
 今までも言い間違いや失言などは相次いでいて、石巻市も「いしまきし」と何度も間違えるほぼ中傷行為をしての本命爆弾での辞任ですからね。 いくら大臣可愛くても、さっさと辞めさせるべき状況だったのではないでしょうかね?(そこまで国民や被災地の人達よりも大臣の方が大事だったというのでしょうかね?)
 今回の件で任命責任は免れないとかなっていますけども、実際に何かしらの責任を総理自らで被うとしていない限り、特に何も思っていないというのと同じ事だと思われますね。つまりそこまでしても、傷つけられた被災地の人達よりも自分と仲間内の大臣たちの方が遥かに守るべき大事な対象であるという総理の態度という事ですよね。(人としてクズですよね。責任を取る行動が出来ないのですから。)

 それにしても、五輪大臣は辞任する形になったけども、サイバーセキュリティーの方はどうなるのでしょうかね?(続けるのでしょうかね?) その辺がなんとも報道ではあまり語られない物でね。
 そして相次ぐ忖度副大臣からの被災地中傷大臣の辞任ドミノとなって、安倍政権の緩みや驕りに腐敗の問題がさらに浮き彫りになってきている感じがしますね。 ついで被災地復興の件では前民主党政権からも問題失言が多かったですけども、安倍政権入ってからはそれを抜いてしまう状況にまでなっているようで、被災地を傷つける政権政党ではNo.1になってしまった安倍政権ですね。
 まあクズ政治家ばかりが集まっている自民党ですし、新たに入ってくるのもクズばかりで少しでも光る原石がほとんどいない自民党では、安倍政権が続く限りこの悪の連鎖は絶対に止められないでしょうね。 政党として腐りきっているからクズばかりで、新しく入る人もそんなクズの環境で利益を得られるクズばかりだから、まともな人材がいなくてこちらも人材不足の少子高齢化状態になっていますね。(老害ばかりの腐れ政党)

 さて腐った話の後には、今日のビビッドで話されていた賞味期限切れの食料品を販売したりするお店が日本で増えてきている事の話ですね。
 これは日本の食品大量廃棄の問題とも絡んできて、私もそれに合うようなレストラン形式の話を出していたりしましたが、こちらは普通に販売体系として出しているようですね。
 内容としては、切れそうな物から確実に切れている商品を激安で販売しているという販売体系で、高級食品等もすごい激安価格で販売されていて、売り切れ相次ぐ状況になっているとのことですね。そして同時に貧困世帯等への無料配給地点としても使われていたりするようで、お店等から出る大量の廃棄ロス品をかき集めて、個人向けの激安販売に、貧困世帯等に向けた物資集積所での受け渡しの場所としても活用されているようですね。それで、消費されるのであれば、同時に食品廃棄ロスの方にも解消へ向かわれるという事ですし。
 ちなみに仕入れ値が安いので、少なからずとも利益は出せているようで、廃棄ロスを防ぎつつ社会貢献や世界の食糧危機への貢献にも繋げて行けるので、どんどん事業拡大して行ってもらいたい所ですし、こうやって頑張っている企業等に対する政府の支援ももっと増やすべきでしょうね。 それが出来なければただの能無し共ですよ。

 ちなみにここらで改めて再度賞味期限の説明ですけども、これ系の区分には「賞味期限」と「消費期限」という2種類が存在していて、後者の消費期限の方は、その期限を超えると食べて危険になる状態になる物で、少しでも過ぎたら食べるのを控えた方が良い物ではあるのだが、逆に前者の賞味期限という物は、それを基本的誰もがおいしく食べられる期限という事での内容で、直ちに食べられないような物になるという事ではなく、製造企業が思うおいしいと思える期限という事なだけで、保管状況さえ良ければ多少過ぎても特に問題ないのが賞味期限であり、保管状態さえ良ければ、1,2ヶ月過ぎていても問題なくおいしい物も多く存在する。
 つまりまだおいしい物であるはずなのに、賞味期限と消費期限を一緒くたにして考えて、捨てているバカや会社が多いという事ですね。 品質的に特に問題が無くても、日にちが過ぎたから確認なしに捨てている人は、ただの無知なバカであるという事ですね。
 ちなみにその賞味期限切れの商品を扱うお店では、きちんと従業員等が食べても大丈夫かどうかをチェックして出しているそうなので、その辺は問題ないでしょう。(おいしいと思える度合いは千差万別ですが。)

 またこの話において、新鮮な物や鮮度が良い物が良いという認識で、大量食品廃棄で世界から恨まれても平気だというような意見があったりしましたが、日本人が食べている物の中に明らかに鮮度が良く無くて腐っていると呼ばれている物を多く食されていたりしますが、あれは別なのでしょうかね? よく言われる発酵食品で、代表例は外国人から毛嫌いされる事も多い「納豆」ですけども、あれは新鮮関係無いですよね? あれを新鮮な状態にさせたらただの豆であり、納豆にはならない物になり、わざと発酵させての腐らせたからおいしくなった物であり、新鮮な物じゃないとダメな理由には当てはまらないと思うのですがね。
 他にも缶詰系も新鮮とかあまり関係無いですし、干物系統とかも新鮮系は逆においしくなかったりしますが、それでも全部新鮮物がおいしいと言えるのでしょうかね?
 そしてバナナに関しても腐りかけが1番おいしいと言われる事もあり、カレーも1番寝かせたらおいしいとか言われたりして、結構日付で書かれてはいませんが皆さん賞味期限切れの食品を食べまくっていたはずなのに、日付に騙されて捨てている状況というのは、無知で矛盾しまくっていませんかね? もっとその辺を日本の文化的にも勉強し直す必要があるのではないでしょうかね?
 そしてそれは社会制度的にももっと見直されるべき話でもあるように思われ、ただ捨てるのではなく、海外にも代表例として廃棄は禁止とされて貧困者などに配ることを義務付けさせるような形で食品の大量廃棄のロスを無くして行く事にしていける社会作りが必要な気がしますね。

 さて最後はブラックホールの話で、日本の科学者が率先して行った調査にてついにブラックホールの存在を明確に目視で認知できることになったことが大々的に発表されましたね。
 これは宇宙工学においては素晴らしき発見とも成果とも言えるでしょうね。 何しろブラックホールは宇宙において光さえも喰らって全てを闇に閉ざす最強の星だと言われている存在で、光さえも反射させずに闇に吸い込んでしまうので、人間には見る事が出来ないと言われていた物を、世界の天体望遠鏡を合わして、視力300万倍にまで引き上げて周りのガスからなる漆黒の中心部をまとめて見る事によって、初めてそこに確かにブラックホールが存在するという事を明確に見る事が出来るようになったという事ですからね。 これは素晴らしい事です。

 さてブラックホールというのは、先程も少し話しましたが現状の科学では重力の強さが凄まじい星だという事になっていて、周りの物を勢いよく吸い込んで行って光さえも逃げられないようにしてどんどん巨大化して行くとかいずれ爆発するとか言われていますけども、現状況では何も分かっていないのが現状ですね。
 まあ見る事が出来ただけでもすごい状況では、それがどんな状況の星なのかは推察の域を出る事は出来ず、全部憶測の話で、星かどうかについても謎な部分があるブラックホールの話となるのですが、現在出ている巨大化や爆発にホワイトホールの存在以外に私からの仮説としては、爆発に似た感じの物で、人間には未だ認知出来ずに重力にも縛られない物質やガス状の物等にブラックホール内で吸い込まれた物が変換されていって、同時に放出されているのだとしたら、現在までも変わらずに星々の影響をあまり与えずにそこに存在している理由が成り立ったりもしますね。 つまり宇宙にあるゴミなどを吸収して別の宇宙にとって役立つ物等に変換している宇宙の空間を維持させる為の物であるという仮説を新たに作ったりも出来ますね。
 また、ホワイトホールに似た考えですが、ブラックホール周辺や内部では空間自体も捻じ曲げられたりしている恐れがあるという見解もあることから、空間次元に空いた穴という見方において、空いた穴に勢いよく周りの細かい物等が吸い込まれていっている状況であるという推測を立てる事もでき、それならば無制限に吸い込めることにも説明は付けるでしょう。そしてその可能性であれば、空間すらも捻じ曲げるのだから、別空間にその穴の先が繋がっていて吐き出されていくという事の可能性も出てきて、それがホワイトホールであるという話から、そういう空間の穴がいくつも存在していて、この世界の空間と別の空間を繋ぐ為の穴である事の話もする事ができ、さらにはその過程の中に出来るこちら側の世界への別の空間のブラックホールの先であるホワイトホールがこの宇宙空間のどこかに存在していて、そこから同時に常に向こうの世界から物質等が送り込まれているのだとしたら、ブラックホールが大量に吸い込み続けていても一向に宇宙の状況にあまり変化が無い事にも説明を付けたりする事も出来る。

 この世界とは違う別次元の別空間という物は、必ず存在するはずの事でしょうが、今の人間ではそこまで認知できる知能や技術レベルにまでは至れていないでしょうね。 ちなみにいろんな人が思ったりするタイムマシンは完全に別次元などに行ったりする技術であり、別次元や別空間が存在しない事には絶対に作れない物でもあるでしょう。
 さらに言えば、いろんな宗教などで言われている死後の世界とかだって、この世界から見れば完全に別世界の別空間に広がる1つの世界でしょうから、それだけで見てもそれは存在するという事で、その世界同士を繋ぐ為の穴だとしてもブラックホールはおかしくない代物でもあるという事です。(そういう風に考えたらさらに夢が広がるのではないでしょうかね?)


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 賞味期限~終了~ブラックホール





























 さてブラックホールの小話的有効活用?な話として、付近の物を光さえも吸い込んで逃がさないというのであれば、日本にある大量の放射能汚染物質や核のゴミ等をあそこに撃ち込んで処理するという方法はどうでしょうかね? それに追加で、ブラックホール観測系の使い捨て機器等も積み込んで飛ばせれば一石二鳥な状況にも出来るし。
 というような考えも出来るが、現実レベルでは到底不可能なので、広大な宇宙空間内に放射能汚染の棺桶作って、太陽にぶち込むか太陽系外に送り出す辺りが無難な対処になったりするでしょうかね。 そして引責型で使い捨て観測機器をくっつけて、調査に用いるという形を使ってみるというのも良いかもしれませんね。
 宇宙のゴミ箱のように見えるブラックホールでも、遠くにあるから平気なだけであって、人が何らかの方法で有効に活用出来るのはあと数千年数万年以上は先の話でしょうからね。(そこまで人が生きていればの話でもありますが。) END
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1036回 休憩 小話 日本での殺人事件が減った理由 [休憩]

 さて意外なほどの反響呼んでいる昨日の回ですけども、私としては軽く考えた内容だったのですがね。(仕組み自体は本気で考えたけども、私自身の使う労力はそれほどかけていないという意味。)
 それで本日はいつもの通り休憩回として、本題に入れているのは小話程度での日本での殺人事件が減っている理由に関しての話ですかね。 まあ実際殺されている人の数はあまり変わらないのでしょうけど、殺人事件は減っていると言えるでしょうね。(警察基準で見れば。)

 さて時事に関しては、今日は天皇の祝いの日という事で、それらしいネタは収集できなかったのですけども、日本の防衛に関する問題としては、日米最新のステルス戦闘機の墜落問題がいろいろ騒ぎになっているようですね。
 それを場所が場所だけに中国やロシアに先に回収されると、機体の機密情報が漏れるという事で、日本が相当まずい状況に立たされるかもしれない感じといったようですね。 まあそんな場所で訓練行なうという方が悪い気もしますしね。(アメリカ側の海上で飛べばよいと思ったりもしますが。) やはりどこか日本の防衛体制は抜けている面が強いのではないでしょうかね?
 今回の件も問題としては機体的な所の整備不足のような気もしないではないですね。現状今の自衛隊においてはそれが深刻な問題として出ていて、それを知ってか知らずかそんなことは気合で解決しろという感じで、そこに予算は出さずに全部新機体購入費用とかにつぎ込んで、整備の質の問題が悪くなる一方という噂も出ていますからね。
 どんなに高性能な機体でも、整備が整えられていなければ最高のスペックは出せないというのに、そこら辺を理解出来ていない人たちが防衛の予算を握るというのは、最悪な状況ですよね。(ねえ?安倍総理&麻生財務大臣副総理?)
 これを人間に置き換えると、どんなにハイスペックなエリートでも、健康状態が最悪では、その力を存分に使えないのと同じという事です。そしてその健康管理はどうでも良くて、ハイスペックエリートの肩書さえあれば良いとしているのが、現安倍政権という事です。(大事な事なので置き換えてみました。)

 さて、現政権への恒例のダメ出しを終えまして、小話的な本題として日本での殺人事件は減ったけども、総合的に殺されている人の数はそう大して変わらない事に関しての話です。
 これは警察などが公開するデータ上では確かに日本での殺人事件や凶悪事件の件数は少なくなっているように見えますが、これが=治安が良くなっているというデータには決してありません。
 殺人事件等は確かに減っているのでしょうけども、その代わりに増えてきている問題は、殺人認定はされませんが結果だけを見れば殺人行為である車による交通事故事件ですね。
 この車による事故事件は、現状殺人行為での殺人事件として認定されていないので、これによる故意を含めて殺人件数で見たらあまり変わらなくなるかむしろ増えている恐れがあるという事です。 その代表例が高齢者運転による踏み間違い等での過失殺人行為ですね。これだけでも1度に大量の人達を殺す事件(事故)は度々報道されていて、その他狙ったような重過失による事故で殺される人の数なども含めて、さらにブラック企業に代表される長時間労働等での虐殺行為も殺人認定させると、あら不思議…日本の殺人事件に類される状況は昔よりも酷くなっているように思える状況となります。 ついでに、いじめ自殺等に代表される行為も、間接殺人と同じ行為であり、警察は認めませんがそれも殺人に加えたら、人が警察が認める殺人事件以外ではむしろ前よりも酷くなっている現状が垣間見える事になります。
 そしてそれらで主に被害を受けるのは若い人や子供たちであり、その殺人虐殺が横行しているから日本の少子高齢化が進んでいるというのも要因の中に入ってくるでしょうね。
 要は警察が自分たちの成果を誇る為か政府が成果として誇る為に殺人行為の認定条件を絞り込んで少なくさせて、それを誇れる成果として日本の治安は良くなっている風に見せているけども、実際に車使ったり間接殺人などで殺されている人は増えていて、むしろ日本の治安は悪くなっている感じにも見えると言った方が良いかと思われますね。 現状学校でも虐めて殺したもん勝ちな無法状況になっている所が散見されますし?ブラック企業も已然大量にあって長時間労働で殺されるケースや管理の悪さで殺されるケースが多いし、車を使えば故意だとしても殺人事件認定されにくいのだから、やりたい放題で罪の意識も軽く殺したい放題な状況になっている状況で、むしろ治安は悪くなっていると見た方が堅実ですかね。
 昨日の件も同様ですけど、盗撮や盗聴の犯罪道具が普通に購入しまくれて犯罪やりたい放題の国が治安が良いなんてとても世界に自慢できるレベルじゃありませんからね。
 ついでにブラック含めたら外国人の働き手に対する対応が世界でも劣悪過ぎる状況で、治安が良いなんてとても言える状況じゃありませんよね。

 安倍政権になってから治安がどんどん酷くなっているイメージしか湧かないですね。まあ現状政権の腐敗というか自民党政権での腐敗がこれを深刻化させているのでしょうけど、こんなに人が殺されまくる状況が続く状況では、とても日本は未来に生き残れないと思いますけどね。
 そしてお次は幼保無償化の件で、対象範囲を認可外まで認める形にして、子供の安全は二の次で高所得者たちの暮らしがさらに豊かになる為なら、低所得者たちの子供なんて皆殺しにしてしまえばよいという安倍総理の思惑が透けて見える感じの状況になっていますね。
 今やるべき対策は無償化よりも、安全安心の受け皿である場所をもっと拡充させる事なのですけども、東京に一極集中させているだけの状況では、何も問題は解決されないという事をおバカな国民も知っておいた方が良いと思いますね。
 どうせやるならば、東京以外で人口密集地以外の場所に子育て特区地域を設立して、そこに大量の安心な受け皿(幼稚園なり保育所なりに、小中高大含めた学園都市特区)を一気に用意させていく形にした方が良いでしょうね。 じゃないと狭い場所で土地価格の高い所に作っても、コスト面で不可能になるケースや保育士たちの状況で悪質にされて子供が大量虐殺されるだけになりそうですからね。

 ちなみに今の少子化問題というのは、何も生まれてくる子供の数が減ってきている事だけが問題ではなく、いじめや虐待に安全上の事で殺される数が年々増加してきている事も関係しているのですよ。 要は子供の安全を守る事が出来ない状況だから少子化が加速しているという状況であり、それが安倍政権では一気に加速して上がっているという事です。 だから私は安倍政権が子供を虐殺しようとしての政策ばかりを進めていると言っていたりするわけです。
 子供や若者を安心して守っていける政治や社会の体制になっていれば、このような少子高齢化の問題や人材不足の問題が引き起こされる事もなかったわけで、それらは全部高齢者ばかりに優遇して行った安倍政権の最大の過ちというわけです。 結局自分で自分たちの政治の首を絞めているけども、それで良いとしている醜いゾンビ共ですよ。(ゾンビだから脳みそは溶け落ちたのでしょうね。)

 現状でも、現在問題になっている子供の安全状況を改善するだけでも、少子化状況はかなり抑えられる形になり、それによる人材面の不足状況も少しずつ改善させていく事も可能なので、そちらに日本全体でシフトして行く事が必要だと思いますけどね。 まあこのまま問題がより酷くなって混乱を重ねたいのなら別ですが。 ちなみに、私の政策上ではAIやロボットの大量導入を掛けて行くので、どの道人材不足の状況はかなり改善されていくでしょうけどね。
 そして余るようになった人材は、お手軽農業に向けさせるか、造船技術からの海上都市構造で増設させて行ったり、地下都市の建設を進めたりして、新たなフロンティアの開拓を日本でも進めるようにして、そこに新たな仕事を増やして行けるようにしていくつもりですね。だからこそそれらをマニフェストにもしっかり記述しているわけですね。
 住める土地の広さが陸地上には無いのなら、地下に空に海に新たに作り出して行けば良い。地下を掘った土で、空や海の上に土地を作っていければ、無駄になったり余ったりする心配も必要無い。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 殺人事件~終了~子供の安全





























 私の考えやビジョン構想などは、大概遠くのより良い未来を見据えて考えているものがほとんどですね。 今の安倍政権みたいに1,2年先ぐらいしか見通せないバカとは違います。
 私は基本的に数十年から数百年ぐらいの状況を考えて政治の話をしていたりするので、その辺での違いは当然のようにあるでしょうね。 まあ即効性のある内容から、それが後により良くなるような形に持って行ったりする事も多いですけどね。
 ちなみに現状の考えでも、衣食住最低保障に関する制度的な物は、最初は確実に首都や大都市からは外しますね。(東京の人に嫌がらせ目的(主にバカにしている奴ら)で、埼玉や栃木らへんに作るというのもありかな。近畿ならば滋賀辺りに。) なるべく落ち着いた場所や閑散地域に作って、そこに新たな人を増やして行く過程の形で増設させて制度を大きくさせて行く形にします。
 だってこの制度では、特に働かなくても生活して行けるというのが基本なのですから、都心に作る必要性は皆無ですからね。(まあ人の分散化を狙う意味でもその方向性で大きくさせて行くと、全体的に良くなりやすくなる。先の子育て特区のような意味も含めてね。) END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1035回 盗撮盗聴用の小型機器の取り扱いについて(国家的話) [犯罪対策]

 さて今日の本題は今朝のビビッドで取り上げられていた長谷工の物件にて共用トイレ部分に現場所長が仕掛けた盗撮カメラの件で、問題発生後に新住居に住む人たちに説明がされていなかった県などの状況踏まえて、それらに関する国家的な今後の正しい取り扱い方としての提案内容の回ですかね。 まあ犯罪者が好き放題やった方が良くて、女性なんて侮蔑の対象だと国(安倍総理と権力一味)が思うのであればやらないでしょうがね。

 さて時事に関しては今日はいくつかありますけども、まず今注目されている報道は日本の現金の模様替えの告知で、様々に注目が集められているという事ですけど、一般的には名前を聞いた事のないような偉人とか出てきて、選考基準も不当面感が大きいような気がする形になっていますね。(麻生財務大臣の好み?)
 次はゴーン氏が予め撮影していた動画の公開がされていろいろ騒ぎになっていて、その内容を見るに、ゴーン氏も自分が事実上日産を滅ぼすように動こうとしたから逆に攻撃を受けたというような感じで話していましたね。それで仕方ないとか言っていますが、その程度の事で日産を捨てる行動を勝手に取ろうとしたのなら、逆に反撃されても仕方ないですし、それに勝手に行動を起こす事自体が株式的な体質の裏切りなどにも繋がりますし、完全無罪を言い切るのにはゴーン氏の話を信じたとしても無理があるような気がしますけどね。 日本のことわざで、煙のない所に火は立たないとも言いますし、何かしら不正を疑われるような行為をしていたことは事実でしょうし、それにおける株主たちに対する裏切り行為の罪は普通に存在するかと思われますがね。 まああとは現経営陣たちが、株主たちの言うとおりに責任を取る形が必要という辺りでしょうかね。
 それで最後は、豊洲市場の話ですけども、なんでも開いてから半年の間に死亡事故が2件発生していたことが判明されたようで、構造上の働く人向けの環境になっていない事が事故の原因ではないかとも言われていますね。
 あと東京都と都知事は否定している感じですけど、豊洲市場内の空気的にごく微量な有毒物質が含まれている恐れがあり、それによる健康被害が既にいくつも発生していて、それが酷くなったら本格的な毒魚パラダイスな状況になるかもしれないという感じで、問題が発生しているというのを少し前にも言いましたが、このままのペースだと前にも言いましたが、本気で呪われている事だと思った方が良いかもですね。築地市場と築地に関わる人たちの怨念が呪いとなって豊洲市場に暗雲をもたらしている?(都知事が築地は完全に潰して再興する事はないと言い切ったし。)
 見よ、これが都となったことによる最大の暗黒の問題状況の発生だが、これでも大阪都構想は良いと思えるのだろうか? というか、豊洲の下には大量の有毒物質が埋蔵されているわけですし、大きめの地震や何かしらで地面に強い衝撃が与えられたら、豊洲市場がそこで閉幕にならないですかね? 猛毒市場の毒魚天国で楽園な状況になって、働く人も食べた人も猛毒で苦しみまくる死の市場になりそうな強い不安感が。(日本って地震大国だし? 首都直下とか南海トラフの影響とかで大地震が起こると、直撃しなくても豊洲市場が滅びる恐れが強い気がする。 それでなくとも空気毒汚染が進んでいるようだし。)
 やはり前にも言ったように海上移動型市場の建築とか考えた方が良いのでは? 日本には大型の造船技術があるのですから、普通に可能なはずですけどね。

 さて少し長くなりまして本題の方に移って行きますけども、今回の話はあくまで提案程度のお話であり、こういう仕組みならば防ぎやすく出来るという話です。
 それで先に長谷工の問題の話ですけど、現場所長が盗撮やっていたという事で、その担当建設場所が疑われるのは当然ですけども、長谷工自体の対応としても問題発生からの対処が非常に遅く、ついでに居住者が使う場所での問題だというのに、周知徹底をせずに売り出していたりするわけで、一部詐欺と言っても良いような状況ですね。
 というかこの対応状況では、長谷工自体に盗撮系統の蔓延した体質があったとしてもおかしくはないような対応の様に思えて、長谷工が手掛けた建築物全てに対して大規模にチェックを掛けた方が良いかもしれませんね。もしかしたら他の社員もやっている可能性が現状無いとは言えませんしね。(会社の対応の遅さ悪さを鑑みて。 説明からも騙すような意図が散見されるので。)
 というか、建築問題ではレオパレスの次は長谷工ですか、大きな所も信用して良いものか悩むような腐敗状況ですね。 こういう現状はそれらのチェック体制が甘すぎるからという事が問題にもなってくるのでしょうかね?(主に自民党政権)

 ってな感じで問題の本質である盗撮や盗聴で用いられる小型機器にカメラ等が非常に簡単に入手しやすい状況で、犯罪を誘発させている状況とも言えるこの状況は、とても治安が良い国とは言えない状況にありますね。だってどこに盗撮機器や盗聴機器が潜んでいるのか分からずに、普通に蔓延していて誰でもすぐに出来る国なんてほとんどないでしょうし。 まあ女性の人権が紙よりも軽い日本でだからの状況なのかもしれませんけどね。(ねえ?自民党政権さん? ちなみに言っときますが、私は反現政治体制活動家でもありますからね。誹謗中傷大好きサイトにも言っときます。ただし私(悪魔)にとってはそれらのほとんどが誉め言葉ですが。以上小時事でした。)
 それで、現状はそういう犯罪道具が非常に手に入りやすい状況にあり、その状況故に盗撮やら盗聴の問題や事件が多発しているのだと思われますが、これ系統は販売においては子供やペットの安全確認用とかでうまく逃げているから取り締まれないという状況のようですけども、その販売体系の形をある形に押しはめるようにして、販売会社にも販売における責任を負わせるような形にすると、防ぎやすくなっていくでしょうね。
 その方法としては、販売における体系をレンタル(又はリース契約)だけに制限させて、販売元と販売個人主などに繋がりを持たせさせます。そしてレンタル販売におけるそれ系の機器には必ず固有識別に出来る形と、位置の特定が可能な発信機機能にそこから撮影録音されるデータを販売元にも自動的に送り付ける機能を持たせて、販売元による仲介監視体制と、そのデータの状況やレンタル状況に使用状況等の情報を国や行政に警察などの機関が不特定日(要は抜き打ちで、年3~4回)に確認できるようにして、犯罪に使われている疑いや情報の不備があった場合にはレンタル先の人物への犯罪の疑いをかけて調査させることにして、販売元のお店の人を犯罪ほう助の容疑で逮捕する形にして、最低でも懲役5年の実刑判決辺り(罰金形式だと、レンタルできる機器1つ当たり×50~100万円ぐらいに、レンタルの期間分含めた金額)に処させると、強い抑止効果を販売先並びに販売元に与えさせる事ができ、使用に対する厳重化を進めさせる事が出来るでしょう。
 ついでに、それで犯罪として見つかった場合も容赦なく販売元が普通に完全逮捕される形にする。つまりそれ系の機器をレンタル販売する為には、販売元にも一蓮托生する事が義務付けされるようになると、必死に監視するようになって、犯罪の抑止に繋げられるでしょう。 ちなみにそれで、先に販売元の方が犯罪に気付いて通告してきた場合のみ、やった犯罪者だけが罰せられて、販売元には厳重注意のみで逃れられるようにする。(ただし1年内に数回やると、犯罪ほう助となるが。)

 あとはレンタル販売の体系において、新機種などの導入などには国の許可が必要になるとさせて、不審な疑いなどが長期間無い事が必要となるとさせると、さらに抑止効果を生ませやすくなる。
 そして作成会社や部品の作成等にも犯罪にも関わる要素が強いという事での監視体制を強くさせて、問題のない安全実績のある会社同士での開発製造体系の確立にまで持っていければ、それらが普通に巷に流通する事も少なくなって、盗撮盗聴の問題を減らして行くようにも出来る。

 あとはそれらを実行して行く前に完全不意打ち気味に、国からその辺の法規制前の機器の強制買い上げが現場と知らせ同時に行なわれて押さえる形にもする必要がある。

 ついでにその辺で新たなビジネス体系として、盗撮盗聴機器発見調査の仕事(月1(仕事)契約など。 安全を守る系の警備の仕事等(ALSOKとか)が追加サービスで行ったりするようにすると楽。(単体でも個人家庭とかで契約数が増えるかも?))を作ったり、その仕事に用いられる発見器などの個人用レンタルを簡単に出来るような体制を作ったりすると、意外とビジネスとして成り立たせる事も可能でしょうかね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 盗撮盗聴器等の犯罪機器~終了~発見調査のお仕事





























 単純な話でもマンションごとの警備でその辺の盗撮盗聴機器の調査(発見)辺りまでを月1でも毎月やってくれるような形にすると、安全性の担保の形にはしやすいのではないでしょうかね?
 各個人家庭向きにしても、月1契約という形式で、作業時間を1回10~15分程度(家と間取りの大きさや数による。)で行えるような感じでならば、作業の負担率も少ないでしょうしね。
 そしてそれを専用のドローンが行なっていけるようにすると、さらに安全警備での仕事の利益率を上げる事にも繋げて、マンションやビルに各家庭の安全安心度も高めて行けるようにもする事が可能なのではないでしょうかね? ついでに、貸し会議室とついでに盗聴機器等の発見器を1回分レンタルできるような形で、自分たちでも十分な安全を確認できるようなサービスとかあっても良いかもですね。(ただし備え付けではなく、専用の体系のレンタル会社から直接形式。備え付けだと壊されている可能性も否めないし。) END
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -