So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

第473回 乗り物用特殊強化窓ガラス [新アイテム開発]

 さて今回は最近もまた報道に出ていた電車での窓ガラスが突然壊れるという事件で、それの弱点を解消しつつなるべく取り換えの必要性すらも克服するような特殊な強化窓ガラス?のご紹介と行きます。(一部は普通に強化窓ガラスですので、今の所はこれで。特殊の部分がね。) まあとは言っても、窓ガラスの強化方法についてではなく、特殊の部分で窓ガラスに至るまでに威力を大幅に消去してしまおうという感じなので、特殊の部分の説明がほとんどですね。ただそれだけだと、乗客側からの圧力には非常に脆いので強化窓ガラスも使用という形です。つまり片面だけ超強化という特殊という事。 構造的には盾と同じですね。前面からの攻撃を防げれば、横や後方からは考えなくて良いような構造。まあそれも乗り物だと基本前面防御さえ高ければ、壊れずに被害無く済ませられるという事です。

 さてこの電車での窓ガラスの破砕問題ですが、原因としては線路の下にある衝撃吸収用の小石が偶然弾かれてぶつかる事や誰かの故意の攻撃で破壊される場合の大体2通りがあります。偶然の方では大体年間2~3件発生している模様で、故意での攻撃も最近多発している模様です。(最近の続けざまに2件発生の方は誰かの攻撃による可能性が高い。) ただ、強化窓ガラスだというのになぜこうも簡単に壊れてしまうのかと言えば、この強化窓ガラスは面の攻撃には非常に強いが、点の攻撃には非常に脆いという特徴があって、1点特化型の物体がぶつかれば軽い力でも簡単に壊れてしまうようです。(乗り物系統は大体この強化窓ガラスで、破壊しようと思えばハンマーのような面が大きい攻撃ではなく、先が物凄く尖っていて強度のある物体で攻撃をすると意外と簡単に破壊できるでしょう。 鈍器に強くて槍や弓矢(もしくは銃弾)に弱い構造と。 あと強化ガラス系は、普通のガラスと比べてヒビが無数に入って衝撃を緩和して、なるべく破砕時の破片で怪我をしにくい構造になっています。だから壊れない事を主軸に作られているのではなく、壊されたとしてもその被害を最小限にする為の構造なのです。) その為たびたび電車での窓ガラスが壊されたという事件が起きているわけですが、今現在でも完全に防げるような強化窓ガラスはあるのですが、防げるとは言ってもそれは防弾ガラスとなるわけで、1つ辺りのコストはそれなりにかかるようになりますし、それに壊れなくてもヒビは無数に入って全くの無被害というわけにはいかずに乗り物などでは発生するたびに交換の必要性が発生するでしょうから、乗客の安全性を守れる代わりに非常にコストが掛かるコストパフォーマンスが悪い代物であるから、採用が見送られているというわけですな。だとしても乗客側からすれば、それがあるならそれを用いて安全にしてもらう事が大事だと思う人は当然いるでしょうが、多分それを全車両で行なおうとすれば確実的に乗客の運賃の大幅な引き上げで返ってくる事になるので、それを聞かされると悩ましい所でしょう。 公共交通機関などでは、窓ガラスに少しでも傷やヒビが入っていたりすると取り替えなくてはいけないような状況になりますが、安全面を重視して防弾ガラスにすると確かに多少のことでは壊れなくなり乗客の安全面は非常に良くなるでしょうが、全くダメージが無いというわけではなく、傷やひび割れが見え始めていくことになるでしょうから、それで交換という事で行くとコストが非常に高くついてコストパフォーマンスが悪くて経営にもダメージになりやすくなる。かといって現状の強化窓ガラスのままだとコスト的には採算が取れるだろうが、乗客を守り切れない事態が絶対に発生していくことになる。 現状はその2択で悩むところで、利便性や運賃の問題を重視して安全性が多少低くても利益率の高い方を選んでいるのが実情である。(それに現状壊れる発生率はそれほど高くないのだから被害が出たら運が悪かったねで済ませればよいと考えるだろう。例え死者が出ても現状況のままでは特に変更される事もないだろう。(大半の乗客が多少運賃が高くなっても安全性の方が大事と言わない限りは。))

 そこで私はこの度、強化窓ガラス以上の強度で防弾ガラス以下の強度で、細かなダメージを受け付けない形の特殊な強化窓ガラスのアイデアを思いつきました。正確には窓ガラスの部分というよりも車体の外側に取り付ける特殊ジェルで強化窓ガラスに到達させるまでに威力のほとんどを消失させて、あとはガラスで弾いて無効化させるという仕組みですが。要は瞬間的に非常に強力な一撃が来た際だけ非常に強固な状態にできれば、窓ガラスをそして乗客を守る事が出来て、コストパフォーマンスさえも守れるように出来るというわけです。 それで具体的な中身に関しましては先の説明で大体ピンと来る方もいるかと思いますが、基本構造として内側は普通に強化窓ガラスで乗客からの面の圧力に耐えられる構造とします。そして車体の外側の窓の部分に特殊なジェルの層が張られる状態にします。(なお、このジェルが普段外に漏れないようにさらに薄いガラス等で覆うか、ジェルが固形状で窓ガラスに張り付くような形で維持されているようにする必要があります。さらに言えば公共交通機関仕様なので、ジェルはなるべく透明である必要があるでしょう。)そしてこのジェルの性質は弱い衝撃であればジェル本来の吸収力で威力を無くしてはじき返す形で、強い衝撃に対しては一気に凝固させて防弾ガラス並みの強度でその奥の強化窓ガラスに達する前に威力を打ち消すという形にすれば、守りきる事が出来るでしょう。そしてその威力が無くなればまた元のジェル状に戻るという仕組みで行けば、何かが飛んできても無事乗客も窓ガラスすらも守りきる事が出来るでしょう。ちなみにこういう存在の物質は普通に存在していますので、あとはこれを公共交通機関の窓ガラス対応用に研究が出来れば、完成は普通に出来るでしょう。また瞬間凝固で強力な強度にする事が難しければ、なるべく威力を減退させて奥の強化窓ガラスで後は弾いてもらうという形の仕組みでも大丈夫でしょう。
 なおジェルの凝固威力減退のメカニズムの一部として、ジェル状物質の中の目に見えないレベルで硬い物質を含めておき、それを凝縮させて強く固めさせるかそれを隙間が迷路状にさせて1点の威力を様々な方向に分散させる仕組みにするのかでもジェルの防御方法の違いが出てくるでしょう。
 また追加項目ではありますが、そのジェルのさらに前面部分に風が噴き出る状況にさせると、細かな物がジェルや窓ガラス自体に近づかせないようにする効果や強い衝撃物体の威力の緩和効果を得させる事が出来るでしょう。(効果は低くて消費電力等が意外とかかりそうなので、さらに守りを厳重にしたい時以外は無くて良いです。)

 この特殊ジェル強化窓ガラスであれば、初期のコストは掛かりますがそれ以降の偶発物の接触や多少の攻撃程度では強化窓ガラスが破砕される恐れが無くなるので、常用のコストが少なく出来るでしょう。また、外からの衝撃などには強いですが、内側の窓ガラスさえ破れば後はそこから出る事等が簡単に出来る構造でもあるので、非常時の脱出の際に困るなどの心配もないでしょう。(慌ててぶつかれば別ですが。)この方式は別に電車専用ではなく、あらゆる窓ガラス等にも使用可能なので、ぜひ研究や推奨をしてみてはいかがでしょうか?


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 特殊ジェル~終了~強化窓ガラス
















 ちなみにこの手の物は別に窓ガラスだけなどを守る用だけじゃなくあらゆる危険回避の物としても考える事が出来る物です。危機回避の安全性をさらに高める為にもぜひ開発をしてほしい物ですね。自然災害などからも身を守る事が出来る代物に出来るでしょうし? ただ悲しいかな、その部分を強化するというだけという事と、弱く永続的な力には無力という点が、弱点という事ですな。
 END
nice!(0)  コメント(0) 

第472回 雑記 米朝大バトル と 小池都知事の不穏状況? [政治経済改革]

 さあ今回は久しぶりに北朝鮮とアメリカの戦い(口戦争)の話題と、ほぼ本決まりの解散総選挙に小池都知事の関与に現在?マークが出ている話やその周辺状況の話。 世界情勢も日本情勢も不穏な状況渦巻く状況となっているようで。(他人事のように。世界情勢では今の所私は第3者でしかありえないし、日本の選挙に関してもこの民主主義とかけ離れた選挙に参戦する気はほとほとござらぬ傍観姿勢で行くので直接関与する気はないという意味です。選択肢が用意されないのであれば何も選択しないというのもまた民主主義では正しい行動という事です。非難される謂れはありません。)

 さてまずは現在不穏情勢の緊張が最高潮に近くなっているのかと思うような米朝の言葉での大バトルの状況ですが、私から見たらアメリカのトランプ氏の安い売り言葉の挑発を北朝鮮のトップが高い値段で買い叩いてしまったような構図にも見えます。というのもトランプ氏が暴言を吐くことに関しては普通であるし現在の北朝鮮との情勢下でアメリカとしての取りえる選択肢の中の1つがあの完全破壊のような言葉として当然あったでしょう。それまでのロケットマンに関してはそちらを目立たせるための軽い挑発でしょうし、トランプ氏としては本気で相手を怒らせる目的も含めて今回の挑発を行なったと見る事もできます。なぜならこれで北朝鮮が本気で本格攻撃の情勢まで進めば、世界的に北朝鮮を攻撃する事の必要性と正当性を得る事が出来ますし、そこまで行かなくても中国やロシアにこれまで以上に北朝鮮との付き合いをしていたら戦争に巻き込まれる恐れが出てくるもしくは発言している対話が難しくなるという考えを持たせる事によってアメリカの言葉に少しでも近づけさせることもできるでしょう。さらにここで挑発を買ってくれることによって、アメリカの立場の優位性を見せる事にも繋げられますからね。 まあ逆にここで流されておとなしい北朝鮮を見せられたら、アメリカの立場が少し悪くなっていたでしょうから、今回の挑発合戦はトランプ氏の勝利の状況ですかね。何せ北朝鮮は本気でアメリカと戦争で事を構えたら現状勝ち目は薄いし、何かを世界無視で行なえば瞬時に全世界との全面戦争に発展するかもしれない軍事力にまで発展していますから、その何かを非常に行ない辛い状況なのにも関わらず、トランプ氏の挑発に乗ってしまったという感じでしょう。というかある意味これで2回目ですね。1回目はグアム攻撃。少しは挑発合戦の情勢を見る目を覚えた方が良いのでは?(妄言おいぼれ爺の発言には何も響かず、これまで通りの対応で行なっていく辺りで行けば、アメリカにもといトランプ氏にうまく返せたかもしれないというのに。ついでに世界での悪いイメージも少しは拭えたかもしれないというのに。)
 まあ今回の北朝鮮のお返し最大級の挑発行動に関しては、現状強行発射からの太平洋上での水爆実験はまず行えないだろう。というか勝手に行なえばそれこそ世界から総攻撃を許可させる行動になりえる事であるし、現在の支援国が一気に離れる事になりうる行動で自分の首を一気に絞める事になるので、まず行えないであろう。(そして巻き込まれた船所属の国が確実にアメリカとともに戦争参加を表明する事になるので、むやみに敵を作る真似をあえて行わないだろう。自殺覚悟の上なら別だが。)せいぜい水爆実験に見せた大規模爆薬での爆発威力実験(もしくは不発)ぐらいだろう。(それでもあまり状況は変わらないだろうが。) まあ今回のトランプ氏の過激な暴言挑発はアメリカ優位に北朝鮮情勢を動かすための挑発であった可能性が高い。うまく食いつかせれば、アメリカのこれから行う行動などにある程度の正当性を生ませる事が出来るし、もし交渉などになるとしてもかなりの優位性を持つ事が出来るし、どうやれば相手がまともな思考をしなくなるのかの判断にも出来るかなと考えての行動であれば、ものすごくアメリカとしては意味のある挑発暴言行動であったと考える。
 ちなみに私から北朝鮮のトップに対して挑発暴言のあだ名を付けるとしたら、小型犬ですね。理由としては、相手が強そうであればあるほどキャンキャン怖いのによく吠えて強く見せようとする感じから小型犬というイメージが当たるなと。まあ後付けるとしたら小型雑種犬という感じかな?(そこまでの品位をあまり感じない事と、強く見せようとする小物感が。大物であればもっとどっしりと事を構えられるぐらいの気概でなければ。)

 さてと、お次は小池都知事関連の話ですが、なんか解散風の流れでの都知事の知り合いお供議員からの新党設立での小池都知事の人気を得ようと画策しての新党関連に引き入れようとする動きですが、多分今の状況で小池都知事が新党の代表系に仮に就いたとしても都議会選挙ほどの人気はまず得られないでしょう。というのも現状の都民が小池都知事に解散総選挙での選挙に参加してほしいと半数以上が思っていない事や、現在の小池都知事の情勢が昔の悪政都議会自民党の事と変わりない事態がばれ始めてきな臭くなっている事も含めて昔のような熱烈な小池都知事の人気は現在失いつつあるので、それに追い打ちをかけてお亡くなりにさせるような行為はしない方が良いと思いますね。多分今回の選挙に小池都知事が何らかの形で出てきても良くて東京の信頼の半数を失う事で悪くて東京都議会でも都民からの批判殺到で何も事が運ばなくなる可能性があるでしょう。それを無視すれば=新党にも致命的なダメージになりかねないでしょうし、小池都知事が瞬時に悪役の大本命クラスにジョブチェンジという事となるでしょう。 それにその新党の今の名称が日本ファーストで現在新党名として名が挙がっているのが希望の党という事ですが、それらは全て小池都知事を立てる為の名前で、正式名称は小池希望の党という新手のいかがわしい宗教団体名のような感じに映るでしょう。 そもそもが今の都民ファーストもほぼ小池ファーストになっているのですから、新党の名前に事実上の小池の文字が付くこともほぼ必然でしょう。 これだけを見ると何やら独裁政党のような風貌にも見えますな。 まあ現状新党とは言うものの小池都知事がいなければ今の民進党と同じく高齢ザコ議員の寄席集まりが主力のゴミ捨て場政党のようなものですし、その他雑多なパッともしないザコ政党とあまり変化はないでしょう。(もう民進党もザコの仲間ですが。) 新しい有力な風が入らなければ、いくら新党を立ち上げてもゴミの腐臭感が漂うばかりなのです。 高齢者の考えではいくら頑張っても日本を元気付かせる事は出来ないでしょう。だって高齢者議員共は自己保身欲が強すぎて、日本の為よりも自分の為とする傾向が強すぎるので。今の安倍総理のように。

 あと小池都知事が今回の選挙に出たらまずい事には、今回選挙に向かえば都知事というのは今回の為の地盤作りで遊びのようなものだったという見方をする人が出てきて、小池都知事は自分の野望の為なら安倍総理と同じく平気で期待する人や希望を抱く人を裏切り使い捨てる人のイメージが強くつくでしょうから、今回の選挙にはいかない方が賢明という事です。というかここで行けば同じく安倍総理と同じように責任ある任期を全うする気のない不誠実な人のイメージが付く事になるでしょう。 現在総理は責任から全て逃れようとわがまま放題をやってのけられる独裁者のような状況ですから、質が悪いですが。自分に都合の悪い責任問題からは逃げようとするし、新内閣作っても国民にほとんど還元させることなくただ希望や期待を完全に打ち砕こうとするし、民主主義での話し合いを無視して国民や日本に住む人の不幸を増幅させようとしたり過労死を助長させようとする総理は、全てにおいて日本に死と不幸を振り撒こうとする最低の総理ですね。今回の選挙ではこの物の怪を喜ばせるか政治家の欲望の為しか考えないゴミ捨て場の集まり政党どもを喜ばせるしか選択肢が無いというのは、日本の現在の状況としてまさに地獄絵図さながらですね。というよりも日本は地獄のような状況へと引きずり込まれていく感じであるというか。 日本の借金事情も世界規模で見ても最低最悪ぶっちぎりでいつ滅んでもおかしくない国ワーストトップですしね。日本の未来は真っ暗地獄色というのが正しい評価でしょう。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 米朝大バトル~終了~小池希望の党
















 さてそろそろ日本の少子化と現状政治での未来地獄予想図でも公開する考えで行きますかな? 高齢者ばかりが生き残って、若者が使い捨て殺されていくだけの壊れた国の有様を。高齢者だけでは人類の未来を紡いで行けないというのに、高齢者擁護の精神で罪もない子供たちを惨殺していく世界に何の意味があるのだろうか? 分からないのだろうか?今の政府が行なっている事は未来の子供たちの未来を奪い去り残虐なまでに殺戮し上げようとしている凶悪さを。罪も無き子供の命をただ殺そうとする政府の行為を許そうとする人もまた、殺戮者であるという事だ。 これが何の事だか理解できるかな? まあその回を見れば少しは考えがまとまるかもな。 END
nice!(0)  コメント(0) 

第471回 電気自動車の普及率を促進する為の新環境作成方法 [NEWビジネススタイル]

 さて今回はいやに真面目なタイトルですが、いつも通りな私からの未来のアイデア1つと、今からでも行える(準備含む)電気自動車の活用範囲が大きく広がるNEWビジネスの方法をご紹介します。まあ正直言うと、前半は出来るのであればすごく電気自動車社会が発展する方法で、後半は現在の電気自動車のウィークポイントになっている部分の補填が出来て、その問題をかなり解消方向に出来る方法である。(そこ単体でも今よりも売り上げが上がる事は間違いないだろうし、コンビニなども取り組めればさらに売り上げを伸ばす事が出来るような方法である。まああれがある店などであれば大体有効なビジネス方法だが。さて答えは後半にでも。)

 さて普通に飛ばされるかもしれないが、私としてはこちらも将来の電気自動車の普及率を上げる為に真面目に考えている物なのでしっかりと紹介をしていく。とはいえこちらは主に道路事情なので、個人に関する事ではないために今はいいやと思う人はどうぞ2番目の方に飛んでください。ただこれが本格採用されれば、電気自動車並びに自動車関係での最大のウィークポイントである燃料問題をほぼ解決出来るようになるので、全く無視しても良い内容の話ではないのですが。(燃料の残量気にしなくてよくなる話ですから。つまり電気自動車での充電が必要なくなる方法の話です。正確にはわざわざ個人でする必要が無くなるですが。)
 さて長い前置き2でしたがいよいよ話します内容が、道路で電気自動車に電気を充電させる方法についてです。つまり電気スタンドや家庭で電気自動車に電気をわざわざ充電させる手間を省いて、道路を電気自動車が走るだけでほぼ自動的に電気自動車の充電をしてしまえるシステムの話というわけです。これが世界全土で普及させられれば、燃料問題気にせずにずっとどこでも走り続けるなども可能になるというわけです。だってそこに電気自動車対応の道路さえあれば自動的に充電されていくからです。

 そこで現在考えている充電方法は2つあります。

 まず1つは道路の側面部分に電気自動車へ充電用の電気を空気を通して直に電気自動車に当てて充電させる方法で、電気自動車の側にもこれに対応する装置を付ける必要があります。(まあ基本的にどの案でも必要な事ですが。) そしてこの方法からさらに2つに方法が分かれるのですが、1つは車が信号で止まっている時に自動的に道路の側面部分又は白線部分から充電用装置を上昇させてその電気を車に送れるようにして充電する方法で、2つ目はこの充電用電気を車が走行中は自動的に放射し続けるようにしてその電気を電気自動車で自動的に受けて走りながら充電する方法です。 しかし1つ目の方法では、信号などでわざわざその対応道路の場所で止まる必要性が生じる事になり、電気スタンドなどの必要性も生じてくる事になる恐れがあるのと、止まる時間が短ければそれだけ充電が出来なくなる恐れがある事等が出てきて、2つ目の方では走りながら充電が出来るが車線によっては十分な充電が出来なくなる恐れも出てくるし、万が一人などが踏み入った場合の危険性が生じてくる恐れがあるので、この点に気を付ける必要がある方法である。

 2つ目は同じく道路上で充電する形ですが、こちらの方は道路自体に直接充電用装置を取り付けるという形で、対応の電気自動車が道路上にいる限り道路から上に向けて充電用電気をほぼ直接送り続けるという方法です。(上に対応電気自動車がいる事の確認が出来次第、上に向けて道路から充電用放電をするというイメージ。)これなら走っている最中でも止まっている最中でもずっと充電をさせる事が可能で、人の立ち入りなどで怪我をさせる心配などもほぼ無くなります。 ただ、道路上の対応路面全部等にその装置を設置する必要があり、メンテナンスの量が膨大になる事と、総額の費用がこれまた膨大になる事が予測される方法です。まあメンテナンスに関しては無人機などで任せられれば関係はあまり無くなるでしょうが。

 そしてこの充電用電気代に関しては、電気自動車の個人識別が成されてる状況で充電が出来る仕組みにして、道路での充電電力を後から支払う形式で行なえば電気使用量問題に関してはそこまで考える必要も無いでしょう。まあなんにせよこの2通り(正確には3通りかな?)の方法でなら、道路上から電気自動車に対して充電用電気を送って半永久的に電気自動車を動かし続けるといった事が出来るようになります。そしてこのような方法が出来るのは現状電気自動車くらいです。(似たような例でソーラーカー(太陽発電自動車)もありますが、ソーラーのみではそこまで快適には無理でしょう。) まあ、この方法では今のガソリンスタンドや電気スタンドの意味合い性が無くなっていくことになるので、そこからの反発がありそうな考え方となりますがね。(世界で電気自動車だけにならない限り全滅にはならないでしょうが。) 何せ車の開発において電気自動車だけは燃料問題を考えなくてよくなる方法ですから。(燃費の方は考える必要があるでしょうが。)

 それではここから後半の電気スタンド大量増加方法についての新ビジネスの話なのですが、伝える事はとても簡単です。現在電気自動車を家庭以外で充電させるためにはまだ数が少ない電気スタンドの所に行って充電させる必要がありますが、この電気スタンドで行なえる充電の場所を各駐車場でも行えるように出来たら電気自動車の充電を行なえる場所が飛躍的に増加出来て電気自動車をもっと利用しやすく出来るのではないでしょうか? 具体的には、各駐車場に1つ配備する形ではなく(予算が無ければそれでも良いですが)車を止める事が出来る場所1つ1つに充電が行なえるような装置を設置できれば、電気自動車の利便性は飛躍的に高まる事となるでしょう。そしてこれは別に駐車場に限った話ではなく、車を駐車できるスペースがある所であればどこででも可能な話です。だから最初の辺りでコンビニなどを話として挙げたのです。 まあそれで駐車場などでその電気自動車の充電を行なおうとする時に充電代金を支払う形にすればしっかりビジネスに出来ます。さらにそれを含めて電気自動車に駐車場の利用率を上げさせたり、店などの利用率を上げさせたりする追加効果を見込んだりすることも可能です。 つまり電気自動車の充電が出来るで客を呼び寄せてついでに本来の駐車をしてもらう事や店の活用をしてもらう事を狙う事が出来るようになるという事です。こう狙えばお互いにwin-winで行く事が出来るでしょう。

 さらにこれらで電気自動車関連の燃料問題に関してかなり改善できれば、電気バイクや電動自転車や電動車いすなどでも同様に活用の幅を広げられるように出来るでしょう。車体が小型で蓄電容量が低くてあまり有効的ではなかったとしても、このような方法で電気車両が飛躍的に便利にできれば、蓄電容量をあまり気にせずに開発を大いに進めていく事が出来るようになり、さらに発展させる事が出来るでしょう。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 電気自動車~終了~道路型充電
















 そしてこの道路型充電スタイルと以前に話した道路上での発電方法などを組み合わせれば、発電&充電が出来るようになり、電気自動車社会の効率性はさらに高まり続ける事になるだろう。これぞ電気自動車の弱点を解消する為の方法です。

 それにしても昨日のは軽い感じで紹介したけど、人気がすごいな。お手軽発電だからかな? まあその前の冷気力や振動&重量発電もかなりの人気だけど。 ついでに最近は私のブログ状況で私のブログならではの現象の発生率がやたらと高いですな。(作成当日の人気が低い回のその後の伸び率の上昇具合) end
nice!(0)  コメント(0) 

第470回 水力発電 もとい水(推)進力発電 [新アイテム開発]

 いわゆる洒落ですな。今回は非常に軽い回です。(内容的にも文章量的にも。休憩回に近い。)というのも今回のやつは使える範囲が非常に限定的かつ発電量もそんなに大したことはないという感じの物なので、こんな使い方の発電方法もありますよ?的な軽い回です。(冷気力発電よりも限定的ですし。使用場所だけで考えると1番広範囲だが…) というか今既存報道では、平成の大歌手の引退騒ぎや解散風騒動で碌なのが無いので、私の発電シリーズ等で進んでいます。(他の持ちネタもまだいくつかあるけどね。)

 さあ今日はさっと進んでさっと終わりますか。(水だけに)今回の発電に関しては主に水の上を走る乗り物である船などでその勢いを元に発電するタイプの方法です。つまり水の上などを走る船の推進力で得る移動のついでに発電をしようとするタイプの発電方法です。なので発電効果範囲や発電方法的にはかなり限定的な事だが、場所が水の上なので川や海の上全体で発電が可能という事で非常に広範囲であるという事です。(ただし得られる発電量自体にはそこまで期待するほどの量は無いと言える。せいぜい消費電力量の軽減くらい。) そして肝心の発電方法の仕組みは、一応水力発電ベースなので船が水と接する場所に運動エネルギー発生装置を配置する必要がある。という事で船底辺りに設置するか、もしくは外部取り付けで船の上から装置を下す感じでその下した装置が回転なりして発電させる運動エネルギーを作り出して上の装置で発電させるという方法で電力を作り出す。いわば船などの進む推進力目当てで、その進む勢いによる力を発電装置で勝手に発電するという方法である。
 ちなみにこの方法での発電に関しては、水を使わない形で風を使う風力発電の推進力使用パターンでも似たような発電が可能である。つまり、車や飛行機の上部またはどこか邪魔にならない部分に風力発電系の装置を付けて、走行や飛行時に発生する進む力の推進力で発生する風力によって風力発電を成して電力を作り出す事も可能という事だ。(まあ車だと本気でたかが知れているというか、電気自動車での本気のサブ発電くらいにしか使えない発電方法だな。飛行機だとかなり稼げるだろうが、そもそも飛行機であまり発電して使う必要も無いだろうからどこまで良いと思えるかだな。それにそれでの重量増加が入るからさらに敬遠されがちになりそう。乗客半ば無視して飛行発電所感覚で飛ばすとかなら使えるかもしれんが。) それで水に戻すと、船やボートや帆船などでも発電可能という事である。そしてまた風に流すと、自転車などでも使えない事はない。(メリットがかなり低いが。) まあ高速で移動できる物でない限りは消費電力軽減のサブ発電止まりの発電方法です。この発電スタイルでの1番のメリットと言えば、特に発電の方法意識することなく装置付けてほったらかしで良いという事と、誰でも簡単に作成可能な発電方法という事くらいですかね。で、デメリットがその分発電量の見返りも少ない事がほとんどという事です。まあ手軽に電気代を多少でも安くしたいと思える方には良い感じぐらいの今回の発電方法です。(あまり真面目に発電するタイプでもないので、面倒くさがりでも消費電力を少しでも削りたい方などには良いかも? だって設置後放置プレイでも自然と少しは発電できる方法ですから。)


 それではここまで見て頂き誠にありがとうございます。
 推進力発電~終了~放置発電
















 さて新発電系スタイルはまだまだ考えております。ちなみにこの発電系も立派にエレメント系の話ですしね。雷といった感じか?(電気でもよいが。) まあ後全然違う話として少子高齢化を放置した場合の怖い未来の話も考えています。なんと文化自体までもが高齢化してしまうという恐怖の現象が!! …昔の人種差別全盛期辺りになってしまうという話です。なぜそこまでの話になるのかは、その回でお話しします。少子高齢化現象…放置すれば人類の命取りに!? まあ今でも様々で悪影響が発生しているし、そこまで盛った未来予測の話ではない。 fin
nice!(0)  コメント(0) 

第469回 音楽発電 +騒音発電 [新アイテム開発]

 さあ世界ではトランプ氏が過激な発言でざわめかせていますが、あれぐらい普通の言では? まだあれでも抑えた方では?私なんてテロ支援国じゃなくてテロ国家と言っているほどだし。今までの行動内容から鑑みて。
 さて本題の内容ですが、今回は音楽というか音による発電方法を主軸で話していきます。(かなりの部分で音楽による所が多い為音楽発電としています。)そして追加で音絡みでの騒音に関しても発電に還元できるのでは?という観点の話もする予定です。 この発電方法は前にも紹介した衝撃系の発電方法と分類が似ていて、音による振動を持って発電が行なえるのではないのか?という考えの下に話しています。というか音や声を機械を通して相手に伝えたりできる電話などの技術があるのならそれを発電技術に応用すれば活用できるというわけですし、何も特段新しい技術とかは別に必要なく作成する事が出来るでしょうが、音を利用しての発電となる為にこちらはあまり大規模発電には向かない発電方法となるでしょう。(常にうるさい又は、常に音楽の大合奏が行なわれる場所での発電活用でない限りは難しい。)

 先に音の解説を少ししますが、音や声などは一種の衝撃波の様な物であり、それ自体が空気振動などで音という振動を届けられるから人や動物はその音や声を感じ取り判断する事が出来るのです。という事は、その空気の振動の衝撃波が無くなる場所に位置すれば聞こえないという事だし、そもそも振動が出来ない状況下では音を届けられないという事になります。その状況下で音を届けようと思えば、その音の振動情報をいったん記憶してから、別の場所でそれとほぼ同じ振動を響かす事が出来れば同じ音を離れた場所まで届ける事が可能になります。この技術を主に活用しているのが電話やテレビの音声などです。ただこれは一種の小話ですが、完全に同じ音は現在の技術では届けられていません。それもそうです。その場所で発せられた音をその場で機械などに記憶させて、それとほぼ同じ音を出せるように機械で処理してから音を作り出すので、最初に記録した音と機械を通して届けられる音が同一になる事はないのです。つまり機械の技術を用いて離れた所の音を違う場所から聞いたときは、同じように聞こえてもそれが完全に同じ音であることはないという事です。(当然ですよね?機械が真似て音を作り出しているのだから。)なのでその微妙な違いに気付ける人は、機械越しと実際のその場での音や声では少し違うという事に気付くことになるでしょう。
 さて音の解説で音の振動を記憶して音を届けると説明しましたが、音の振動を記憶できるという事は振動を感知して何らかの機能を作動させる事が出来るという事です。これならば音や声の振動を利用して発電の為の運動エネルギーを作り出す事が出来るのではないでしょうか? そして音の振動は音量が高ければ高いほど振動の力も上がるので、大きな音が出る場所や環境下で発電環境も整えられれば、その場所で発電が可能という事になるでしょう。それで簡単に思いつくであろう場所は、ライブハウスやコンサート会場などの主に歌手が音楽を披露する場所に同時に音の振動を利用しての発電装置を設置できれば、音楽を楽しみつつついでに余波効果で発電もできるという一石二鳥の効果が得られるのではないでしょうか?さらにここで客たちのボルテージが上がればさらに発電効率を高める事も可能になるのではないでしょうか? そういう意味合いで行くと、大規模の応援が成されるスポーツ会場などに設置させてもかなりの発電効果を生み出す事が出来るようになるのではないでしょうか? さらに音楽系での音楽の練習場所や防音施設の中にこの発電装置を設置しても良いでしょうし、カラオケ店に設置しても発電効果を見込めるでしょう。(使用電力のいくらかを音楽発電で回収が可能になる。設置状況によっては上回る可能性も?)さらにカラオケ繫がりで、絶叫大会や大声大会などでも発電効果を強く出す事が出来るでしょう。(声の大きさを競う大会ですから発電との相性も抜群。)
 そして…音が大きいほど発電効率が高められるという事は、普段はうるさくて迷惑以外の何物でもない騒音の多発場所にこの発電装置を設置できれば、いくらか気持ちを抑える事が出来るようになるのでは? まあそれでうるさいのを我慢しろとかいうのではなく、公共交通機関などの立地上逃れる事が出来なくて発生する騒音に対しての対処策というか代替策のような感じで、うるさい代わりに電気代が安くなるというようなサービスの類の物件販売の活用にも利用できるのではないか?という事です。音楽発電の小型版は今のミニミニ携帯電話の普及時代では普通に作成できるでしょうか、それを部屋物件に取り付けられるサービスなどをすれば、うるさい立地が大変人気の立地にする事も出来るのではないでしょうか? まあそれに限らず踏切の場所に設置して、いざという時の非常発電電源としての利用&日常利用の電気代削減に鉄道会社が利用する事もできるし、街中の特にうるさい場所などに設置してうるさい代わりの電気代削減恩恵を発揮させる事もできる。 さらに音楽発電では、音や声によって発電が出来るという事で、非常時の電気をすぐに作り出したりして応急対応用に使う事も可能である。(だが人間が普通に出せる程度では発電効果もたかが知れてるだろうが。ついでにそれで街中全体で音楽発電活用しまくったらうるさくて仕方なくなる(良いように思えるだろうが)ので、緊急放送や無事の確認電話などが聞こえなくなる恐れが高いので、マイナス面も大きい。)
 まあそれで簡単に大きな音を出せるのが、音楽楽器という事だな。それでの演奏であればそれをそこまで騒音と認識することなく、元気や活力を与えると同時に発電にも繋げられるので良い方法という事だ。

 あと、意外な場所で言うと爆発が良く発生する場所だろうか?


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 音楽発電~終了~騒音発電
















 この音楽発電は発電効率を考えなければどこに設置しても発電をさせる事が出来る発電方法である。さらに小型化させて持ち運びが出来るようにすれば、どこかに持っていくだけで自然と発電されていく小型発電充電器にして活用する事もできる。(ただしあくまで非常時用。 普段使いでそこまで発電効率的に溜まるとも考えにくいし。) また天然の滝や人工物のダムと併用させても発電効果を高くさせる事もできるだろう。とまあ、この発電方法も汎用性は高い内容だが、環境に強く依存するタイプの発電方法である。 まあ発電装置の開発は案外簡単に行なえるであろう事なので、それでバランスが取れると考えるべきかな? END
nice!(0)  コメント(0) 

第468回 「このハゲー」議員はブラック議員 その理由… [政治経済改革]

 さて昨日に引き続き選挙関連の話を少し入れつつ今回は、「このハゲー」で有名な議員が先日行なった謝罪会見の話とこの人の政治家の資質について話していきます。 タイトルのブラック議員とは、部下というか秘書を次々と使い捨てにする議員の事をこう命名します。 それにしてもこの人は表と裏がはっきりしているみたいですね。謝罪会見に猫かぶりで相対したけども、確か新潮とのラストバトルの際に裏の顔がはっきり出てしまい、今までのが表の謝罪用演技であったことが判明するくらいですし。ただ演技とは言っても、何か会見当初からそこまで謝罪の気持ちはなかったようですが。(会見始まってから数分間くらい無言空白時間があって、記者がこの会見について質問してから初めて謝罪の言葉を発したようですし。やる気が無い?もしくは会見での時間稼ぎ?)

 さてこの問題の事の発端は、かなり昔に週刊新潮でこの議員の「このハゲー」暴言や暴力を振るったりする音などの情報が流れて疑惑追及で自民党離党にまでなった問題です。その後体を崩して療養治療を続けつつ議員自体は辞めずにここまで来て、いざ選挙風が吹き始めたらまた舞い戻ろうと謝罪会見をして選挙に挑もうとしている状況のようです。その間に新任秘書が地方議員との兼ね合い問題で話題になったり問題起こして離党にまでなっているのに議員の職にしがみついて税金を貪りつくそうとしていたりで、問題の話題に事欠かないこのハゲ議員ですが、今回の謝罪会見?は私から見ても弁明や反省の気持ちの無い会見のように思えてなりません。先に書いた事もそうですが、終始反省の言葉は述べて頭は下げるけどもどこか他人事のように反省言葉を並び立てるので、自分が悪いという事で反省するというよりもあの暴言状態は自分ではなく別の誰かで自分はあまり関係ないけども音声の証拠があるから一応謝罪しますという感じに見える。さらに暴力に関しては警察の事情聴取や事件性絡みで話せないという感じは、森友学園の籠池氏と同じような言い逃れのようにも思えます。(事件性をはっきりと認識しているから言い逃れようとする行動。) それに辞めた元秘書が警察に傷害事件で提出して受け入れられている時点でそれなりに証拠のような物が存在しているという事です。それともこのハゲ議員は自分が議員という国の役職だからこれぐらいは免除されると思っての考えなのでしょうか?(元自民党だし) そして今回の謝罪会見?で話している暴言系の話では、辞めた元秘書とは言い分が全く違うという事を本人も認めているようですが、なるべく問題にならない程度の解釈と話を良い方に盛ったりで、全体的に酷い事はしていない的な体で話していましたね。いくら秘書が間違いを続けていたとしても1国民の代表である政治家が部下でもある秘書にあれだけの暴言や暴力を相手が傷つくくらいに行なうというのは政治家としての質として問題がありますね。 というか、あの間違いを続けられた状況というのは、秘書に対してかなり過酷な勤務状況を課した上に重要な案件を数時間前にやるように伝えて十分な時間を与えていないブラックな仕事を与えまくった挙句の状況みたいですから、このハゲ議員の秘書への仕事の振り方に酷く間違いがあっての秘書の連続ミスの状況のようです。それでそれをミスしたら暴言や暴力で攻撃するというのは、日頃の恨みや疲れを秘書にぶつけてストレス解消の一方的なはけ口にしたくてそう行なっていたとみてもおかしくはない状況です。それに単に秘書にミスが続くような事態なら、秘書を変えるなりしても良かったわけですし仕事が大量に入って大変というのなら秘書の数をそれだけ増やして交代で活用する形のようにもできたはずだというのに、それをせずにあたかも秘書を使い捨てるような形で運用していたというのは、秘書に対して攻撃用のサンドバック目的で活用する感じで働かせて、動けなくなったら使い捨ての感じで考えていたのではないでしょうか?(もちろんそれで何か言われないように口封じを行なうなどして。わざとミスをするよう誘発して、それで自分から辞めるようにできれば反撃されることもないでしょうし。)
 それで今回賢い元秘書の1人がその状況を録音していて、反撃されて撃沈間近の状況にまで追い込まれたという事ですな。しかも丁寧にその音声データを小出しにする感じでじわりじわりと攻めていく感じで、長くこの問題を知っておいてもらう為に。 このハゲ議員はこの暴言に関してはこの時だけでその時が初めてだと発言していましたが、秘書の辞めた数と見てもその発言はほぼ嘘と見るべきでしょう。それに明らかに話の中でわざと大きく盛っているような箇所がいくつか見られて、話の信憑性自体にも疑問が湧く状況ですから。(夫は何も知らなかったなど) それに会見の最初から最後の少し前まで、体調が回復しておらず休憩が必要な状況もあったという感じでありますが、最後の新潮とのバトルの際には、途端に元気が満ち溢れて敵対心剥き出しで食って掛かるように話したという状況を見ると、今までのが全部自分を良く見せる為の病弱演技であった可能性まで疑ってしまう状況です。
 それもすべてこの近く開催されるという解散総選挙の為というのであれば、政治家にどうしてもしがみついて税金を貪ろうとしているのかと思ってしまいます。そもそも本気で国民の為や地元の為に頑張ろうという意思や行動をしたいというのなら、自民党離党の際についでに議員も1度辞めて完全に0からやり直すという選択肢が1番国民の為で民主主義として大事な行動であったはずなのに、政治家の仕事残留に固執して働けない間も税金を得て問題秘書まで勝手に雇い入れて税金を無駄に消費していたこの行動は完全に私利私欲の為に政治家を続けたいという意思表示に他ならないでしょう。国民の為の政治家としてあるのなら、問題起こして病院療養の期間があるというのなら、1度辞めて税金を浪費しない状況を作り出すのが大事であり、辞める事によって本気で反省している態度と行動を見せられるので、そこから頑張るというのならまだしも反省の気持ちを見る事が出来るのだが、何も働かないまま税金を貪る状況のまま選挙に挑むというのは、選んでくれた有権者に対する裏切り行為に他ならない。まあ、そこですぐ辞めたら自分の回復が成っていないから、選挙に行けないからという事で完全私利私欲目的の復活目的で議員にしがみついていた可能性が非常に高い。それに本気で反省の気持ちがあるのであれば、たとえ病院療養の状況でもビデオメールの動画配信などで簡単に謝罪をするなどもできたはずなのに、それすらも行わずに今回解散風が吹いたから急遽謝罪会見で復活を目論むというのは自己中心的で私利私欲目的がはっきり見えている状況である。
 また、このハゲ議員は一応無所属立候補だが、私が前回話した無所属とは完全に違う。こいつは元自民党で元政党員だからだ。元政党に入っていた議員は政治家の腐敗の影響を受けている可能性が高いし、何よりも当選を果たしたらまた舞い戻る可能性が高い(もしくはほかの既存政党参加)ので信用性がない。私が話した無所属は、政党の支援を受けておらず、既存政党との現在の関係なく、自分の力量だけで選挙に戦い向かおうとしている無所属だ。その人物こそが日本のより良い将来への布石の一歩となるだろう。

 さて飽いているかもしれないが、選挙での自民党が掲げようとしている大儀というか公約の様な物の話だが、消費税の上がる税金分を借金返済ではなく子供の環境改善へ向けて使うなどほざいている件だが、公約をこれまでほとんど果たせていない自民党にこの公約を果たす気はあるのだろうか?もし行なったとしてもその金額が1円とも限らない。増収分と言っているようだが、その全部とは言っていないようだし、それなら例え1円入れても増収分という拡大解釈に当てはめられるだろう。そして残りは高齢者の方に回されるか政治家の懐に入れられるのがこれまでの自民党の公約破棄状況から鑑みても考えられることだろう。それに借金返済をしないという事は結局のところ未来の子供に対して思い負債を重ね上げると言っているのだから、なにも良い事は言っていないという事になる。というかそれは公約ではなく、国が最低限行うべき義務だというのに、何か自民党は思い違いをして考えているように思う。(国家経営の何たるかを未勉強で政治を行なっているかの様。) そして政治家の任期の意味すらも理解できない自民党やその他政党には、任期の意味とその重要性を他の民主主義の国から猛勉強しなおして国民にはっきりと勉強結果を報告する必要があると感じる。 責任を勝手に放り投げる会社など普通は経営破綻のはずなのに、自民党はその体制を地で行っている。(学生で言うなら、問題起こしては途中退学を繰り返す不良学生? 決まった年数学校にいる事もできない。)


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 このハゲ議員~終了~選挙
















 さて次はまた発電系行きますかねえ?今度は学校授業科目の1つにしますかな? それともまだ何か問題系ネタでもあったかな? というか発電系地味に数が日々増えていっているな。まさしく新生代型の発電方法の卵な感じのアイデアだからだろうな。これからも増やしていきますよ~ というか私の発電系は大体が人力発電に該当するエコ発電ですな。 このエコ人力発電方式を活用すると、今後増産が見込まれる電気自動車との相性ばっちりで、道路を走っているだけで常時車にも電気が充電されるといった事も考えつけるようになるだろう。(そうなると双方利点同士で結ばれて更なる活性化が見込まれるようになる。) ふむ…いろいろアイデアがすぐに思いついたので詳しくはまた今度にしよう。 END
nice!(0)  コメント(0) 

第467回 解散総選挙権を与党が持つ国=世界で見たら独裁国家 [政治経済改革]

 さて一昨日に引き続きこの話題で持って話をさせていただきますが、何やら解散風がいよいよ強く吹き始めそうな状況になりつつある状況で、その話をさらに深く解説していこうとする回です。もう今回も例にもまれず、自民党=独裁の構図のオンパレードで話していくので、自民党心酔支援者の方はお引き取りください。(笑) まあすでに今回の話では、日本の選挙制度を世界で見るとほぼ独裁国家が行なう選挙スタイルであるという事がはっきりとしており、日本は民主主義導入されたとされた時から民主主義ではなく、民主主義の仮面を被った独裁体制であったという事です。(表面上は民主主義で、中身の制度などはほとんど独裁体制の物を使用。世界に対しても昔から日本は嘘つき国家だと。)

 さて先にタイトルの解説から行きますが、与党が解散総選挙権を持つ民主主義の国は現在世界を見ても1つあるかないかのようです。少し前まではイギリス辺りであったみたいですが、民主主義から外れた制度という事で撤廃されたようです。というのも、この制度を与党が行なう事は完全に与党を長く存続させる為の制度という事で、それはすなわち独裁体制のやり方と中身全く変わらない制度であるからです。与党が好きなタイミングで選挙を行なえるというのは、本来公平性が求められる民主主義の選挙において与党が圧倒的有利な状況で選挙が始められて公平性の欠片も無い状態だからです。これは与党を長く存続させる事だけの目的の制度であり、それは民主主義の国民の為の制度とは逸脱して、1つの政党が長らく政権を握れる独裁体制を長く続けさせるが為だけの制度だからです。そしてこの制度から導き出されるのは、国民の民主制を無視した選挙を勝手に行なわされて、独裁を容認させられる選挙が与党の企みによって実行されるという事です。 あらかじめ選挙における選択肢のほとんどを奪い上げておいて、選挙で選ばざるを得ない状況でも勝ったもん勝ちで国民に支持されたと勝手に公言できるように。例え99%の国民が反対しても1%の票だけで、全ての国民の支持が得られたとかできる選挙制度に何の民主制があるのでしょう?(実際の話で無投票勝利で国民の支持を一身に受けたとかほざく自民党議員が結構存在する。選択肢を与党の力で完全に潰した所(自民党候補以外を立候補もできない状態にして。)で選挙を行なって。これでも自民党は民主性選挙と言い張る。独裁選挙の間違いでは?)
 さて解散総選挙権の執行についての軽い解説だが、この制度は与党が好きなタイミングで与党がなるべく勝てるタイミングで自由に選挙を開く事が出来る制度であり、与党にとって今後ダメージになりそうな国会が開かれそうなときの回避策としても用いられる。(与党の説明責任の放棄=民主主義の完全否定) しかもこの選挙では多額の税金が投入されるほか、その期間中は政治の空白期間を発生させる為に、今のタイミングで使えば北朝鮮から何かあっても国民を守る責任からも放棄しますと言っているにも等しくなる。さらにそれは国家防衛や国民の安全を守る上での自衛隊を半ば私有化しているような行動にも繋げられるので、これは法律にも違反しそうだが、与党は法律違反などいくらしても無罪となる(証拠隠蔽などでもみ消す)為与党が好き放題にできるという事である。さらに緊張が高まる状態では、国民に対して自衛隊の行動において脅しをかけているような状況にもなっている。というのも、この状況で下手に政権状況が変わるなどという事になるとそれにおける混乱が生じる事になるので、国民の安全が脅かされる可能性が増す事に繋がる為に、これからも今の体制のまま守ってほしければ与党自民党に入れろという脅しにも取れるという事だ。日本国民の安全を守ってほしければ独裁体制を容認しろという脅しとなるわけだ。このタイミングで行なうとな。こうやって国民に対して好きなように脅しをかける事が出来るというのも、この制度が独裁体制の維持の為の制度である事の1つである。

 それにわざわざ今この野党が壊滅状況な時に選挙を行なうというのは、民主主義の存在を完全否定する行為である。国民に対して公平で幅広い選択肢を与える必要があるというのに、その選択肢があえて少ないタイミングを狙って与党の維持をする為だけで行なうような選挙は、国民の為の選挙ではなく与党政治家の為だけの選挙である。そしてこれは国民の税金をドブに捨てる行為をして、国民をむやみに傷つける為の選挙であるとも言えるだろう。(それによって独裁体制を長く維持させる為に。)
 そして今現状そんな行動の結果、自民党の1党独裁状況が長らく続いて、政治の表舞台に立って成長する事が出来ない野党は粉微塵にされていき、1党独裁の影響で与党内部では腐敗が進行し続けて、数十年放置した生ごみ屋敷よりもひどい状況になっています。 それで選択肢がごみ屋敷か粉ごみかのどちらかぐらいかごみ屋敷1択しか存在しなくなったこの日本の選挙体制は最悪な状況という事です。

 そして前にも言いましたがこのタイミングでの選挙は自民党独裁容認選挙という事です。選択肢は国民目線で信用の無い自民党1択しかほぼ存在しない状況で、自民党の独裁を完全樹立をさせる為に選挙を行なうとしているという事です。これはすでに国民の為ではなく、独裁体制を完全にしたい与党自民党の為だけの選挙という事です。そのために今回ので民主主義とは完全におさらばする為の選挙という事です。そして日本を戦争が行なえる国にする為に憲法改正を強行または、国民の投票をいらない形で与党だけで押し通せるようにするでしょう。これからは国民全体をまるで奴隷か何かと思うような行動をし始める事となるでしょう。(何はどうあれ与党圧勝なら。) そして批判する人たちを極秘裏に暗殺しまくる国となりそうですね。中国や北朝鮮のように。
 選挙の選択肢も奪って国民の幸せも奪わんとする自民党は悪性独裁体制の政党としか言えないでしょう。真に民主主義で公平性を重んじるのであれば、解散総選挙権を放棄して選挙を確実に一定期間の下行なう形にするべきです。 まあ独裁体制を敷きたい政党ほどこれを完全否定するでしょうが。

 この国民の事を大事に思わない自民党に対して、再度きついお灸を据えさせる方法としては、極力自民党へ票を入れずにさらに無能野党にも入れずに、できるだけ無所属の立候補者に票を入れるようにするか、それすら存在しなくて選択肢がゴミ(自民党)またはクズ(無能野党)かゴミしか存在しない場合は、完全なる白票またはこんな選挙を開催させた自民党への批判文をつらつらと綴るか、そもそも民主主義を否定する選挙にはいかないという意思表示で、全国各地で投票率を10%以下まで下げられれば、いくらなんでもその状況で例え自民党が圧勝しても国民性の無い選挙という事になり、民主主義を行なう各国から信用されなくなり、非常にきつい反省へと向ける事が出来るだろう。 それにその状況で力で国民を支配しようとすれば、国が絶対的に止まる事になるのでできないだろう。(日本もろとも自殺する気なら別として。)

 説明責任から遁走を繰り返して、国民に知らす必要のある情報を隠蔽しまくる自民党は日本の民主主義の政党としては存在してはいけない政党である。この政党が存在するから日本は幸せになる事が出来ないのである。そしてこの政党が作り上げた政治家優位な体制制度もまたすべて1度消失させるべきである。この体制制度が残っている限りはどの政党がこの座についても同じ独裁体制にしかなりえない。


 ここまで見て頂きまして誠にありがとうございます
 解散総選挙権~終了~独裁国家日本
















 さて本気で説明責任から全て逃れるように解散総選挙を開いて国民の安全を脅かすという大罪を平気で犯して来るのでしょうかね? そこまでしたら最低値を突き抜ける愚者政党だな。
 まあ野党も腐敗が自民党の影響で進みまくっているのと、元から国民の事を思って政治家していないのがほとんどで、日本の政治体制は根本から全て狂いきっているとしか言えませんな。 このまま過去の大罪の反省をせずにまた同じ過ちを繰り返して世界を大混乱へ導くというのか。ここまで人が愚かであるというのなら、私がそこまで干渉する必要も無いのかもしれんな。人間が自ら滅びを受け入れるというのなら・・・ END
nice!(0)  コメント(0) 

第466回 振動発電&重量発電 身近に溢れる発電の場所 [新アイテム開発]

 さて日本列島に大型台風直撃な本日ですが、今日こそはいよいよ協力的だろうが非協力的だろうが構わず強制的に人力発電に参加させるほぼ回避不可の大規模発電の仕組みについて解説していきます。 まあ要は日常風景にある場所に人力発電所を作って、所かまわず不特定多数を勝手に人力発電に参加させる形の発電方法です。大丈夫です。普段の光景と変わる事は特に無く、知らず知らずの内に勝手に協力させられる形となっていますので、何のマイナス面もありません。しいて言うなら、その発電システムを本格的に取り入れようとするとかなり大規模な設置工事が必要になる事くらいですかね。 なんと言ってもそのうちの数種類は、毎日数万~数十万人以上が利用する場所ですから。 さてこの時点でどこに設置をするのか予想できるでしょうか?

 答えは(早いですが)駅の階段です!! この場所に人力発電システムを組み込ませられれば、毎日大量の利用客のおかげで、大規模発電を人力で稼ぐことが可能という事です。しかも階段上であれば、ほぼ回避不可能!!(急いでいる方は特に。)さらに追加でエスカレーターにも同様の発電システムを組み込めれば、死角(階段以外で通る人など)をかなり減らして発電効率を高める事に繋げられるでしょう。 それでこれに採用する発電方式は人の足の振動による発電方法で、これの小規模版だとすでに一部会社の階段などに取り入れられている仕組み(発電かどうかはともかく(もっぱら発電というよりもそれで作った電気で楽しませる事に利用している事が多いみたいなので。))です。それの大規模活用大規模発電版という事です。 この発電スタイルは、普通に通路などに取り入れたりする事も可能ですが、階段であれば必ず足による振動量は大きくなるので、効率性を見たらこちらの方が費用対効果での発電効率としては良いでしょう。階段では登る際には足に力を入れて上がる必要がありますし、降りる際にはその重力がより振動の力として加えられるので、振動発電においての効率性が良くなるでしょう。 この振動による人力発電方式では、主に階段でその次に通路や歩道などに組み込ませられると、高い発電効率に出来るでしょう。 また、電車の車内やバスの車内などの交通機関内にこの仕組みを組み込んで発電させる事も出来るでしょう。(いざという時の人力発電で公共交通機関を動かせられるようにも出来るでしょう。大規模停電時など。)

 そしてもう1つは重量が掛かる事によって発電できる方法の発電です。こちらは軽く説明しますが、重さが掛かる事によって発電の為の運動エネルギーが回って、逆にそれが離れる事でも元に戻ろうとする力で運動エネルギーが回るという仕組みの発電方法であれば、その場所に重たい物が乗ったり離れたりを繰り返せる事で発電としての機能を持たせられるという事です。 そしてこの仕組みでの発電に向く場所と言えば、まずは駐車場。車がまあまあ利用する状態であればそれなりに発電をする事が出来るでしょう。次にエレベーター内。これも利用があればあるだけ発電が出来る仕組みになりますし、この方法では別に人の所専用ではなく車用とか大型貨物用とかのエレベーター内に組み込ませられれば十分な発電量を作り出す事も可能でしょう。さらに船や飛行機などの大型輸送機の中に設置して電力をついでに確保する発電方法なども考えられる。そしてこの重量での発電で面白い設置場所というと、車両系だと信号機の前、電車系だと駅内の線路部、そして航空系だと発着する部分にこの仕組みを取り組めると、意外と毎日十分な発電量を確保出来るのではないだろうか?

 こういった方法の身近の中の様々な場所で発電が出来る方法で行けば、別に大規模な発電会社だけに頼らなくても良いほどの電力量を確保出来るのではないだろうか? それにこの方法をフルに取り組んで国が大いに活用する形で行けば最終的に電気代をほぼ0にするという事(さらにそれ+でクリーンエネルギーの活用)も不可能な話ではなくなるかもしれない。 さらに今回の方法では、すべてがほぼ人力発電という大変エコな発電スタイルとなっているので、原発や火力などの危険性の伴う発電方法無くとも十分以上に電力確保が出来るようになるかもしれないな。 そしてこの方法の発電方式の特徴としては、その人力発電所内で優先的に電力の使用が出来る形で、余りは保管出来る仕組みなどで行けば、何かしらの被害での大規模停電時のリカバリー(応急回復)に使用できたり、電気の販売系や同じ会社や企業形態で電力の受け渡しが出来るという方法もとれるようになるのではないのかな? ただでさえ最近は発電所トラブルなどによる大規模停電などで不便状況が増す事になっているのだし。


 ここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 振動発電~終了~重量発電
















 ね?日常風景内の回避不可の場所に大規模発電を設置できるでしょ?さらに勝手にご協力状況の人力発電となるから、発電システム設置後は放っておいても自動的に発電されていくという仕組みとなり、大変エコで楽な発電方法となっています。(まあメンテナンス等は必要になって、その分の行動が増える事になるがそれも機械で自動的に行えるようになれば、活用するデメリットはかなり減らせるだろう。) さらにこの発電方法は、普通のマンションデパート・ビルなどにも取り入れる事が出来るので、いざという時の人力発電として取り入れる事を狙う事や、その建物としての発電能力の確保を狙うといったビジネスも考える事が出来る仕組みとなっている。まあ人や物が移動する場所であれば大体活用して人力発電として電力を生み出す事に繋げられるだろう。 そしてこの方法なら、余暇電力での格安電力会社をついでに設立させたりも可能となる。(それだけこの方法を取り組めればの話だが。) この方法なら、多額の電気代に苦しむ中小企業などでもうまく活用できる方法があるかもしれないな。 工場内に重量発電とか取り組めれば・・・ END
nice!(0)  コメント(0) 

第465回 雑記 独裁を公の下にしたい自民党 と 学校給食の危機 [政治経済改革]

 さてようやく私のブログが落ち着いてきたので、もう少し落ち着かせる為に今日も雑記で行きます。というか私のアイデア前に雑記において言いたい事が少々多かった為に。 まず、またイギリスでテロが起きたみたいですね。よく標的にされている様に思えますが、何かあるのでしょうか?(テロが比較的行ないやすい?) また北朝鮮情勢に関しては、この状況下の中で韓国のプレジデントの対応能力に対して韓国国民が怒りや不安を感じ始めているようで、また弾劾罷免まで行くという不可思議な状況にならないように対応を見誤らないようにしてほしいですね。(そうなると本当に韓国の混乱情勢が酷くなるので。) あとは国連会議での北朝鮮に対しての非難声明というのは、最早建前だけの状況になりつつありますね。今の状況でまともに聞く耳持たないでしょう。

 それではこんな状況下で自民党が何やら本格的に自民党独裁を形作る解散総選挙を狙っているというまさに国民の一大事とか北朝鮮情勢での混乱などどうでもよいかというような暴挙をしようかという情報に関して、私なりの意見を述べていきましょう。ちなみになぜ独裁を形作るのかというと、自分たちが選挙において少しでも有利に1党独裁が続けられるように解散総選挙を企もうとしているからです。というか今の政党情勢下で解散総選挙を行なうというのは、1党独裁を嫌々国民に無理やり押し付けて認めさせようとする悪性独裁の行なう事と同じだからです。今現状では、民進党は問題発覚やら離脱者多数などで壊滅状態。そして残る本命とされる日本ファーストも立ち上げがまだうまくできていない状態なので、これで選挙を行わせるというのは、国民から全ての選択肢を奪い上げた上で自分たち自民党を選ぶしかない状況を作り上げるという民主主義において史上最低の方法を取ろうとしているからです。さらには、現在北朝鮮情勢で混乱が激しくなっている最中に解散総選挙を行なおうとするのは、防衛上の危機意識が完全に欠如している表れと言ってもいいでしょう。今が独裁を完全に決めるうえでタイミングがいいから国民の安全を無視する自民党に無理やり入れさせようとする行いは、民の上に立つ存在として絶対にやってはいけない行為をこの自民党が企んでいるという事です。これではトランプ氏個人の数千倍以上悪人ですね。国民からほぼ全ての選択肢を無理やり奪った挙句に、国民の安全を守る事を事実上放棄して守ってほしければ自民党の独裁政権を認めろと国民に脅しをかける様はまさに1党独裁を成そうとする悪性政党の証ですね。さらには意味のない憲法改正案の規定提示まで行なう状況を漂わせて、どこまでも国民の為というよりも己の野心だけを追求する様はまさしく安部独裁者という言葉がしっくりくるでしょう。今少し支持率が再度回復しているからと言って、このような暴挙というか国民に対しても強硬議決を迫ろうとする様は、今までの反省の態度は全て見せかけの真っ赤な嘘だと表しているも同然の状況ですね。なんでしょうねえ、この自民党の行動の様が旧日本軍の行動とかなり被っている状況は。このままいくと日本からまた侵略戦争を自民党が提案して行なうなんて状況になるのでしょうか? また虐殺を行ないまくる日本に戻ろうとしているのでしょうかねえ?過去の過ちは全て忘れ去ってヒトラーの如くの人種差別による血の雨を安倍総理の名の下に日本を真っ赤に染めようという事でしょうか? この今の状況での解散総選挙にはこの最悪の未来を十分に予感させるだけの状況証拠があります。 そもそも国民の選ぶ権利を事実上奪う行為が出来る状況を自民党にとって好機だと考える体制こそ独裁を考える政党である事の明確な表れですから。中国のように本格的な1党独裁で、自民党に対して一切反論などが出来ない国家へと日本は変わっていくのでしょうか?もしくは現野党が次々と謎の消滅へ追いやられていく状況へとなっていくのでしょうか?(完全なる1党独裁を名実ともに日本に知られ渡るように。)
 もうこれをどうしても防ごうと思ったら、無所属候補を各地に大量に出現させて、その中で1番まともな人に票を入れまくって、独裁政権樹立を目論む自民党を叩きへし折って、国民の為に役立つ事の無い野党にも入れないという意思表示で立ち直させる道を選ぶしかないのでは? そしてその無所属の人たちで、どこの政党とも違う形の国民目線の政党を作り上げてもらうという形にすれば、まだこの惨状でも起死回生の手段はあるのではないでしょうか? どこにも属さないからこその強みというのもあるでしょう。現状役立たずで国民の事を思う事を忘れている既存政党では、日本を再興できないなら、どこにも染まっていない新人議員を大量に作り出すという事をしてみれば、少しは回復の兆しの芽の様な物が出来るのではないでしょうか?

 次は神奈川県のある地域で今問題になっている学校給食での食べ残しが大量に発生している問題についてだ。このニュースの全体図を知らない人がこの文だけを見ると、子供たちが悪いように思えるだろうが、実際は給食を決めたり作ったりする大人たちが非常に悪い状況を作り出しているからの状況なのである。この給食に関してはその地域が依頼を出してある会社に大量発注する形で給食を出すという形にしているのだが、基本的に学生たちの意見では味がまずいからとか安全に給食が食べられる状況にないからという理由で、食べ残しが大量に出ているらしい。このまずい理由に関しては、その給食の内容を決める教育の責任者が、子供たちに対して食育を教える為にと健康的で食塩少なめの味の薄い病院食みたいなのを学校給食で出しているからという理由と、全体的に品質を保つ為に完全に料理が冷めた状態で出される事と味のバランス等でもバラつきがあって給食の味がまずい状況にあるから、食べ残しが多発しているようだ。さらにそれだけならここまでの惨状になっていなくて、止めとばかりにその給食では異物混入が日常茶飯事で安全には絶対に食べられない状況だという。(完全に児童虐めの状況だ。給食会社による。)まあその状況で完食が出来るかというと様々な状況を鑑みても無理だと私は考える。 つまり私から見れば完全に子供たちが犠牲者のような状況だという事だ。 ただ古い世代の辛い時代を送ってきた人から見れば、冷たくて健康重視でまずい給食など当たり前で、教育の責任者の考えは正しいだとか考える人も多いだろうが、昔と今を一緒くたで今の子供に押し付けるなと私は言いたい。確かに健康面においては優秀な給食であったとしても、食べて貰えなくては何の意味もない。むしろ食べ残しを大量に発生させている状況は、子供たちの成長に悪影響を与える要因にもなりかねるし、食料の大量廃棄を同時に生み出すから、これは日本が行なう悪しき文化であり、外国で飢えている人々をけなす行為であると思えという事だ。そして同時にその食材を生産している人たちにとっても裏切り行為であるという事だ。自分が思う食育を押し付けようとして結果子供たちや食材生産者たちを傷つける行動を平気で行なうというのは、間違っている行為だと私は思う。それは食育を教える行為ではなく、ただの自分勝手の押し付けであり、子供たちをむしろ虐めている悪い大人であるという事だ。 時代は日々変化しているというのに、昔を強制的に押し付けて子供の意見を聞けないというのは、状況対応力の無い独裁者のような人である。教職に就く人間の考える事ではない。 それに安全に食べられない給食である状況もなお質が悪い。これの改善を出来ない状況で何が食育だとほざくのか? ただ単に子供たちを妬み恨んでの蛮行だったのではないのか? 今の曲がりなりにも食材の確保が十分に出来ていておいしい食事にありつける子供たちにわざわざまずい食事を押し付けるというのを虐めのような行為と見て何が悪い? それで仕方なく食べても異物混入で安全面もない状況では、給食の意味など無いと言えるな。 おいしいが贅沢であるとするなら、日本の子供たちにはどれだけ貧しい食事を押し付けようとするのだろうか?自分が味わった苦しみを子供に押し付けようとするなよこの弱い者いじめ好きな犯罪者予備軍が。 それに今の時代冷たいだけの給食だと、健康は満たせても心を温めるという大事な教えは教えられないという事を勉強するべきだ。教職者として風上にも置けぬ不勉強者だな。
 そも料理をわざわざまずくさせる行為は食材を生産してくれる人々に対する重大な反逆行為であると知れ。生産者たちはまずい物を食べさせる為に日々頑張って作っているわけではないのだぞ。


 ここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 独裁政党自民党~終了~学校給食の危機
















 食事に関して健康面は二の次でしょう。まず食べても良いと思える味で毒物などが混じっていない事が大事でしょう? それなのに健康面だけが大事でそれ以外を捨てるとか、食材に対する感謝の気持ちが無いと見るなあの行為は。 現に毒物混入で今O157で死者まで出る騒ぎになっているし、健康よりも安全が重視でしょう。そして何より食べる事が出来る味が大事でしょう。特に学校給食のような状況では。それに大人と子供の味覚の感じ方も違うというのに、大人の意見だけで決めるというのも学校給食の意味を理解していない行動でしょうね。 もういっその事、可能な範囲の保護者達呼んで、料理を作ってもらうとかできればいろいろ解決できそうですね。健康的で温かくておいしい料理を。 もし学校で準備が無理なら、そういう場所を用意してもらう形で、家庭的な給食作成を行なってもらうとか。 END
nice!(1)  コメント(0) 

第464回 何度も申しますが、北ミサイル予測率が高いのはただの偶然です。 [世界問題]

 いやあ・・・またなぜか昨日の発言の今日という感じですね。そろそろやるだろうなあ・・・と思いつつ予想外のタイミングでと言ったり、その前で辺りと付けていたのがある意味予想通りで、今回はクリティカルではないですよね?限りなくその一歩手前感だと私は思いたいです。というかほぼ4連続な予測命中性能なブログとなっていますから、実はこの作成者が裏で北朝鮮と結託していて、発射前に連絡があるのでは?と疑いたくなるぐらいの命中率ですが、そんな事は全くもってありません。というと今の状況では疑わない方がおかしい感じもするような状況ですし、最早その辺りは皆さんに丸投げします。もう釈明とかもやるだけ無駄な感がある感じの命中率ですし、参考予測率では命中率が高いブログという認識でも構いません。(偶然か裏で繋がっているのかともかく。) ただ私はいつまでも偶然として私の戦略的思考が北朝鮮と似ているという一点張りで押し通すつもりですので、深い関係者と疑われたとしてもそちらの情報は何も知りませんので話せる事はありません。あくまで軍事戦略上の話ぐらいしか北朝鮮の話ではできませんので。(一部代弁者のような不信行為をしていたりしますが、相手の行動原理を理解できなければ、何も始まりませんしね。)
 それにしても日本の対応は毎回あまり変わらなく強力な抗議を大安売りセールで売っていますね。毎回セール品の如くの強力な抗議では、北朝鮮に何も示す事はできないでしょう。正直何もできないから国民向けのアピールぐらいですかな?

 さて本題というか今回の状況の整理をしますが、今朝方北朝鮮が前回日本を超えたミサイルと同じようなルートでまたミサイルを発射してきました。そして今度は飛距離が増えてよりミサイルの性能を示す挑発にできている模様です。今回のこのタイミングで撃ったのは、少し前の国際会議での制裁決議に反対する目的でのアメリカへの強い抗議心から来る物と、その前の日辺りに行われた韓国のミサイル発射への反発というのも強いでしょう。(ならなぜ韓国側へではない?というのは、それでは同時にアメリカへの強い抗議にできないからです。) まあうまい感じで世界の予想日外しで予想外性を持たせた時期合いで発射出来たのではないでしょうか?今回も。それにこのタイミングでは今回は何もしなかったかと少し落ち着きを取り始めの段階であったから、余計に効果性が高く北朝鮮としても愉快であったと見るべきだろう。 世界全体で強い反発や日本が騒ぐほど北朝鮮にとっては楽しい状況なのだろうから。(それだけアメリカとの対等性に示しが付ける事になる。) ああそれと、北朝鮮がこれからも何が成されてもミサイルを日本上空に飛ばして来る事は、報道が告げる通りある意味普通の様相という事だ。北朝鮮がとりあえず当初の目的を達成するまでは、絶対に止める事はないだろう。たとえ表上石油を完全に止められてもミサイル発射断行は止められないだろう。何せ北朝鮮には国家維持の為には核開発とミサイル開発以外には取り柄が今の所ないのだから。 私が考える予想外過ぎる交渉案でもない限りは平和的に解決して丸く収める事はできないだろう。(とは言え、私のやつも裏切ればただじゃすまないタイプの危険な平和的交渉案だがな。(これなら日本がアメリカに成り代わり強く平和的交渉の場に無理やり着く事も可能。)こういう案は北朝鮮と戦略的思考が似ている人でないと考えつく事は難しいだろう。開示希望が無い限りは私の胸の中できっちり保管しておく。まあここで発言したところで、それだけの事が出来る覚悟を持った政治リーダーは存在しないと考えるがな。)
 また今回のことで再三(というか何度も行われているが・・・)の国際会議開催を日本が望んでいるようだが、またすぐにミサイル発射を行われたいという事だろうか? 国際会議での制裁決議を決める事は、北朝鮮に対してミサイル発射などを行なう為の目的作りをしている事になっているという事も認識した方が良いだろう。つまり何の解決意味にもなりえない。まあアメリカがその場で、北朝鮮に対しての軍事オプション本格始動の可否を提示し始めたら、また違う展開になるだろうが。(もう我慢ならんからそろそろ力づくを堂々と公言する辺りぐらいまでなれば。)

 それに、北朝鮮にとって核開発とミサイル開発は貴重な資金確保の為にも必要な事になっているので、それに代わる対価が無ければ絶対に北朝鮮は手放す事が出来ないだろう。ある意味唯一と言っていいほどの北朝鮮が貿易相手に誇れる強みだからな。それを完全に無くされると北朝鮮が 国として資金確保する事が難しくなるというのであれば、それを十分に補うだけの何かが無ければ、前交渉にも応じる事はできないだろう。(他にも資金確保の方法はなくはないが、北朝鮮ならではの強みという部分では、現在軍事部門(核開発とミサイルのみ)が1番の強みであることは事実だろう。貿易等での1番の強みを無くす対価が無ければ、全員死ねと同じ意味だからな。だから現在死なばもろともみたくの挑発で来ているのだろう。)世界が平和になっても北朝鮮がそれで貧しくひもじい国にさせられるというのでは、納得は絶対にできないだろう。どこの国でも自分の国(支配地域)というのは大事に思うのだから。 日本はその事を少しは考えられての内容だろうかな? ただ単にほかの国の民が全員飢えで死んでもかまわないからという感じな事ではないのだろうか? まあ北朝鮮は現在どちらに舵を切っても飢えや貧困を回避できないからそれならこのまま突き進めという感じでいるのだろう。(というか現体制で、昔よりは貧しい人が少なくなったみたいだし。いやそれに該当する人たちが大体逃げたからとも言えるのかもしれないが。もしくは粛清乱発で他にお金を回せるからとか。) そして最終的に強国の仲間入りかつ悲願達成を目的の1つとして、自国をより豊かにする為の手段として今の強硬世界無視体制で行なっているのだろう。


 ここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 北ミサイル~終了~経済制裁
















 次いつ撃つのかは現段階不明ですが、まあ現状ペースだと9月末までに1発程度あるかないかで、10月は普通にあるでしょう。ただ国際会議の状況によってはまた違うでしょうが。もしくはアメリカや韓国の動き次第で。そういえば韓国もさすがに関係良好策はしばらく断念する方向に行かざるを得ないようですね。まあ現状無理だと嫌でも気付かされるという感じかな?
 それにしてもよく当たるな、私の北朝鮮行動(ミサイル)予測。(他人事のように) 当てる気は特に無いのですが、何となくの勘で当たるのですよね。どのタイミングで発射や行動を起こせば世界に衝撃などを与えられるのかという事で。 決して国際電話等のチャンネルが通じていたりするわけではないのです。こう言うと疑わしく思う人が出てくるだろうが、こうやって惑わせられる様になるのも私としては楽しいというか・・・ なぜこんな感じなのかは、私のプロフの性格参照。適度に分からない方がミステリアスで奇人変人度合いが高まって良いだろう? END
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -